こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

ぬか漬けの季節です

2017-06-16 06:12:41 | しっかり家ゴハン

冒頭画像のキュウリ・・・

 

なかなか、みずみずしいでしょう?

我が家の菜園(・・・というには、あまりにも、ささやかですが)のキュウリ、

おかげさまで、今のところ、好調です。

 

 

たった二本の苗しか植えていませんが、

とりあえず、毎日、きゅうり一本はいただけ、

もう何度か、隣りの義父母にも届け、好評!

 

朝採りですから、多少見てくれが悪かろうが

大味だろうが、新鮮さに勝るものはありませ~ん。

 

 

実は、冒頭は、ぬか漬けのキュウリなんです。

 

今年も、ぬか漬けを楽しんでいます。

 

この家に住み始めると、庭仕事を嫌がる私のために、

母が菜園を作り、手伝ってくれるようになりました。

その指南の下、キュウリやプチトマトを植え始め・・・夏のお楽しみになっています。

 

で、せっかく新鮮なきゅうりがあるのだからと、ぬか漬けも始めました。

といっても、私は、ぬかどっ子さんを使っています。

その日から使える、便利で安心ぬか漬けです。

 

 

 

去年は・・・ここ数年のぬか漬けライフで最悪。

 

まず、年越しをさせた、ぬか床が失敗、どんなにしても嫌な匂いがとれません。

実は、初めて年越しにトライしたのです。

いつもは、はなから年越しなんて考えずにいたのに・・・

 

さらに、菜園のキュウリも、異常気象のせいか、早々に病気になりました。

 

万策尽きて、夏のまだ暑いうちに、ぬか漬けから撤退した次第。

 

今年は捲土重来を期し、

五月の半ばには、糠床・・・いえ、「ぬかどっ子」さんを用意。

キュウリが成るのを待ちかねて、さっそく漬けこみました。

 

・・・おいしいですっ!

 

キュウリが採れないときは、

こだわり野菜の大根や蕪を漬けています。

急ぐときは、キャベツも良いですね、短時間で漬かるので、お勧めです。

 

(画像はアマゾンから)

 

 

梨木果歩さんの小説「沼地のある森を抜けて」(新潮社)。

生命をテーマにしたこちら、糠床が重要な意味を持ちます・・・

これを読んで以来、何だか糠床をかきまぜることが、たまらなく愛おしくて・・・

 

う~ん、でも、年越しはどうかなぁ・・・?

母なんて、サクッと、「そんなの、毎年新しいのにすれば良いのよぉ・・・」と、

申しておりました。

 

私も、やっぱり割り切っちゃおうかなぁと思いつつ・・・

こんなにおいしいのだから、冬越しをぜひ成功させよう、と

今は志高く考えています。

 

これが、キュウリが採れなくなり、秋風が吹き始めるとねェ・・・

・・・え~い、大事なのは、今!

先のことは、考えないのっ!!

 

 

 

ちなみに、冒頭の画像のぬか漬けキュウリ。

実は、こんなランチだったんです。↑

 

浅目に漬けたキュウリは、サラダ感覚。

サンドイッチのランチプレートでも、ぜんぜん違和感がありませんでした。

残念ながらパンは、お店の品ですが・・・、

 

さて、畑のキュウリ、いつまで採れるかなぁ・・・

さっき、花芽を確認したら、あまりついていなくて、

キュウリではなくて、私がちょっと青くなっちゃいました。

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「さよならの向う側」・・・ | トップ | 定例・おんな友達ランチ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
拍手! (hiroべ)
2017-06-16 13:18:52
いや〜〜、新鮮で美味しそうですね。
新鮮キュウリのぬか漬け、これ最高でしょうね。
便利なぬか床もあるんですね。
手作り第一のぴあ野さん、流石です。

さすがにぬか漬けまでは手を出す気は無いですが、
ぬか漬けは大好きです。
きゅうりも便利なので、スライスした一夜漬けを
買うことが多いですが、時々ぬかのついたままの
ぬか漬けも買います。全く味が違います。
それが新鮮キュウリの自家製ぬか漬けなら、なおさら
断然美味しいでしょうね。
Unknown (あっこちゃん)
2017-06-16 21:33:22
キューり、元気に育っていますね。
トマトなどと比べたら採れる時期は短いと思います。
美味しい時にしっかりと美味しく食べてくださいね。
我が家も”糠漬け始めました~”。
2年間続けたあの糠床、今年は新しくしました。
ずっと続けるって難しいですね。
気温が高くなってるし、糠床をいい状態で保存する場所がないので、ついダメにしてしまいます。
キューり、茄子、人参、大根、そしてキャベツ、美味しいですねぇ。。。
hiroべさま (ぴあ野)
2017-06-17 09:59:59
ぬかどっ子、使われる糠も安心、美味しくて助かっています。
一度、近所の自然食品のお店で、同じような品を買ったのですが
お味が・・・(T△T)
糠床は自分流に仕立てていくものだとしても、
やっぱり最初の糠の力は大切だなぁと、よくわかりました。

やっぱりぬか漬けは別格ですよね!
市販の品も同じだと思います。
なんなんでしょうね~、あのおいしさ。
私はお米好きなので、これと白ゴハンにお味噌汁が
あれば、オッケ~です。
今、やはりの一汁一菜ですね♪
さすがに夫からブーイングが出そうなので、一人ゴハンのときだけに留めていますが・・・(;^_^A
あっこちゃんさま (ぴあ野)
2017-06-17 10:03:25
そうですね、キュウリの採れる時期って、長い夏でも一時ですね。
プチトマトは秋を過ぎても収穫できますものね。
今年は、母を真似て、二番苗を植えてみようかなと思っています。

あっこちゃんは、糠床をどうなさっているのかなぁと思っていました。
ああ、やっぱり、新しくなさいましたか!
難しいですよね・・・
昔と比べて、最近の夏は暑いことも関係あるかもしれませんよね・・・
と、ついつい言い訳を考えてしまいます。
おいしくいただける今は、しっかり楽しみたいですね♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。