こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

「せーの、キャッスル、キャッスル!」

2016-10-17 08:06:02 | 日々のあれこれ

あ~っ、やっぱり雨になりそう~~~(T△T)

 

今日は夫が代休・・・

100名城のスタンプ集めがてら

お出かけ・ゆるゆるウォーキングをしようと、計画していたのに・・・

 

こりゃ、ダメだ・・・

 

あ~あ、こんなに私が城モードに入っているというのに

残念~~~~~!!

 

(「日本100名城」岡山・鬼ノ城。案内も詳しく、良いお城でした。2015年春撮影)

 

 

夫が予約をしているので、

我が家は、お城番組の録画がたくさんたまっています。

そんな中、もんのすご~~~~くハマる番組ができました。

 

「中島卓偉のお城へ行こう!せーの、キャッスル!キャッスル!」(tvk)

 

夫が再生するので、仕方なく観始めたら・・・

私の方が面白がってしまい、二回も観ちゃいました!笑。

 

どこに惹かれた??

前振りが長くなりましたが、それが本日のお話です。

 

 

 

まず、番組冒頭で

「中島卓偉と『城』や『城跡』を訪ねて 当時をイマジン(=想像して)

ニヤニヤする番組である」と、宣言(!)されます。

 

中島さんとの会話に出てくる「虎口」だのなんだのと、

城用語はテロップが出るものの

築城年や時代背景などの解説はありません。

 

ただただ、中島さんがスタッフ(人数不明)と歩いて、

感想を言い合うだけなんです。

 

(「100名城」ではありませんが、私がもう一度、ゆっくり歩きたい城筆頭。

滋賀の小谷城。お市さま~~~っ!)

 

 

このスタイルって・・・

水曜どうでしょう」(HTB)じゃん!笑。

 

大泉くんと鈴井さんが、同行ディレクターと共に

だらだらとおしゃべりしながら旅する、まさに、あの雰囲気!

 

私、お声がそっくりなので、「どうでしょう」の藤村Dが、

中島さんと歩いているのかと思っちゃいました。 

 

中島卓偉さんって、失礼ながら存じ上げなかったのですが

お城マニアの一方で、

音楽業界の評価も高いミュージシャン。

 

 なるほど、納得。

とっても良い感性をしていらっしゃるなぁと、感心していたのです。

 

「どうでしょう」初期、大学生だった大泉くんの

あの不思議な感覚、おしゃべりの面白さは鮮烈でしたよね。

もはやもう・・・押しも押されぬ大河俳優でいらっしゃいますよ!

 

昨日の「真田丸」でも、真田信之の老けた感じを好演。

(この後、信之は息子よりも長生きするんですけれどね 笑。) 

 

それを思えば・・・中島さんも、

いずれ、誰もが知る存在になられることを確信しました!

 

(HTBにちなみ・・・北海道。「日本100名城」で最難関と言われている、根室のチャシ。

行くのも大変、想像するのも大変の名実ともにNo.1 2013年8月撮影)

 

 

さて、第一回で、中島さんが歩いたのは、奈良の高取城。

(先週の第二回放送は冒頭の松本城でした)

 

「日本100名城」のひとつなので、いずれは訪ねるでしょうが・・・

これが、わたしの苦手な、山城なんです。

 

山城って、ひたすら登るでしょう?

(築城した先人は偉すぎるっ!)

歩くだけなら苦ではないんですが、登りは全然ダメ・・・

 

 

番組で、中島さんが、ダラダラと続く登り坂に、息をを切らしながら、

「観音寺城を思い出すなぁ」と、おっしゃったんです。

 

観音寺城!(↓)

ああ、私、泣いたわ~~、去年のちょうど、今頃だったなぁ。

あんなに辛い登りは初めてで・・・

 

中島さんのこの一言で、私、たちまちファンと化しました。 笑。

 

(滋賀の観音寺城も「日本100名城。」

登りはじめ。こんなの序の口で・・・永遠に続くかと思われた辛さでした)

 

 

高取城(跡)に着くと、中島さんとスタッフさんが、歩き回りながらおしゃべり。

お互いの感想を言い合うだけなんですが、

なんだか、面白さのツボに気づかされた気がしています。

 

もともと、歴史好きですから、

城(跡)を見ることで、その背景や、そこに暮らしていた人を想像するのは

楽しかったのですが・・・

 

中島さんに倣って、こらからは 

もっと「イマジン」して、「ニヤニヤ」できるなぁと

城めぐりが、ますます楽しみになりました。

 

・・・ということで 

せーの、キャッスル、キャッスル!

 

 

 

・・・・・・と、城めぐり気分上げ上げだったのに・・・

この雨じゃぁ・・・・・・残念!

『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ショパンさまの声を聴く | トップ | 「我が家」記念日 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しそう (hiroべ)
2016-10-17 13:52:52
またまた、松本!、と思ったら、今度も100名城のお話でした。

お城の番組は一時期録画していました。歴史や構造のかなり
学問的番組で、姫路城は観て、あとはそのままになっています。

番組のタイプは全く違いますが、モヤさまのあのテーマなしの
ぶらぶら感が好きです。
お城番組も雑談しながらの、力の入っていない雰囲気が楽しそうです。
ちょっと覗いてみます。
Unknown (あっこちゃん)
2016-10-17 16:32:12
シッテル!シッテル!
この番組。
最初に始まるときの予告のような番組があったときに
見ましたぁ。。。(それ以後は観るチャンスはないのですが)
テキスト本も出ているようですね。
お城は奥が深いですよね。
何げなくただ見学しているだけでなく
目の付け所を変えると興味深く見ることが出来ますね。
hiroべさま (ぴあ乃)
2016-10-18 08:01:39
お城番組って、観たいのだけれど、眠くなっちゃうんです。
同じことを本で読むのは大丈夫なのに・・・
とことん活字派のようです 笑。

そこへいくと、中島さんはゆるゆる感が良くて
ふつ~にお散歩するる感じが楽しかったです。
お城の専門知識は、あとで活字で調べても良いわけですから・・・

「モヤさま」・・・人気番組なので
名前はもちろん知っているのですが、観たことがないことに
気づきました。
バラエティ系って、ほとんど観てなくて・・・
(たまに「VS嵐」くらいでしょうか 笑。)
あっこちゃんさま (ぴあ乃)
2016-10-18 08:05:12
こちらにもどうもありがとうございます。

あっこちゃん、すご~~~っ!
こんなローカルな番組をご存知なんて。
HTBの「どうでしょう」以降なのか
地方局の番組って結構面白いんですよね♪

私はどうしても、お城の物語性に走ってしまい
歴史的なエピソード頼みなところがありまして・・・
中島さんのおかげで、ちょっと別の楽しみが出来そうです♪
まずは・・・ (albi)
2016-10-18 08:47:47
水曜どうでしょう・・・を録画してみてる我が家。
我ながらマイナーだなぁと思ってました。
が、お仲間がいたんだ!と、嬉しくて・・・
アノ番組って確か地方局のローカル?でも我が家ではメジャーなんです。

さて・・・お天気・・・今週辺りは大丈夫かな?
最近、週末に荒れますよね!?
是非是非キャスっちゃって下さいね(笑)
Unknown (森須もりん)
2016-10-18 17:13:37
まあ、おもしろそう。

ぴあ乃さんのブログを読むだけで
私も
気分はキャッスル!キャッスル!です。

お城番組、けっこうみているのですが
最近は多忙で、なかなかテレビをみていない状態!

これは、ぴあ乃さんご夫婦に遅れを
とってしまうぞ!
番組を探さなくては!
albiさま (ぴあ乃)
2016-10-19 07:08:13
いやいや、albiさん、「どうでしょう」ファンは全国にごちゃまんと生息しております。
横浜は、とりわけファンが多いと聞いてはおりますが・・・
「どうでしょう」ステッカーを貼り付けた車もよく見かけます。
昔のDCDがずっと品切れで、ヤフ☆クなどで、もんのすごい値段がついていますし・・・
おかげで、ローカル局のどこかしらで、いつも再放送されていますよね 笑。

この代休を除くと、これからは予定がぎっしりで・・・
それもあって、がっかり感が強くて、いまだに、ぼやいているんですよ、実は。
あきらめの悪い奴なんです。
森須もりんさま (ぴあ乃)
2016-10-19 07:11:04
ミュージシャンのせいか・・・
「キャッスル、キャッスル」の乗りがよくて・・・
ついつい私もご一緒に発声。笑。

お城ものって、私の場合、観たい気持ちはあるのですが
毎度、毎度、寝落ち・・・・
活字だとオッケーなのになぁ・・・

中島さん、ぜひお探しになってみてくださいね♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。