こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

菜園、大ピンチ!

2017-07-23 15:21:13 | お気に入りな我が家

ただいま、ブログのモロモロが滞り、失礼いたしております。

 

ここのところ、仕事が忙しいこともあるのですが、

とにかく・・・泣かされているんです。

・・・家庭菜園に!

 

数年前、この家に住んでからは

きゅうりとプチトマト(アイコ、中玉、ミディトマト)を

ささやかながら、実母の指南の下、育てています。

 

お蔭様で、今年は豊作・・・!

調子に乗って、追加のキュウリの苗を植えてしまったほどです。

 

とりあえず、どんなに忙しくとも、

出勤前と帰宅後には、必ず、水やりがてら、庭に出ていました。

 

トマトのわき目を摘んだり、キュウリの黄葉をとったり・・・

それぞれ、枝やツルの誘引も、まめに。

 

(苗を植えた時、母が勘違いして取り付けた、防虫ネット付トマト。

本来の役目をなさず、かといって、もはや取り外せず。)

 

 

ところが・・・・・・

 

つい数日前、気が付きました。

トマトの実に穴が開いている???

キュウリの葉っぱが妙に白っぽい?

 

最初は気のせいかと思いましたが、

翌日は、もっとひどくなっているようです。

 

これって・・・ムシ?病気?

 

ググってみたところ・・・

 

トマトの実の穴は、蛾の幼虫が巣食い、中身を食い散らしている。

また、葉にも一筆書きのような模様が付き、

やはり虫が棲みついていることが判明。

 

きゅうりには、葉が白くなるうどんこ病だけでなく

蜘蛛の巣のようなものが葉についており

ハダニがついていることもわかりました。

 

これ、全部、窒素過多、肥料のやり過ぎだったのです。

 

でもね・・・

 

キュウリに関して言えば、実が曲がるのは、

肥料不足と聞いたので、半月に一度ほど、化成肥料をパラパラと・・・

その甲斐あって、実はまっすぐになったものの、こんな結果になるなんて。

 

 

いろいろググって、さんざん悩んで、ついに決断。

もう、ダメもとです。

 

まず、疑わしきは、全て除去!

元凶をとりさることで、葉を減らし、風通し良くすることを狙いました。

 

さらに、少し小さめのトマトもキュウリも収穫したうえで

使わないようにしていた、薬剤(「カダンセーフ」)を散布。

 

その作業の間にも、トマトの実に付く、青虫やら

葉の裏にいる、小さな芋虫を発見。

もう手でつまんで、踏み潰します。

 

そんなの、ヘッチャラになりました。

(あ、さすがに手袋はしています)

 

昨日は、朝食前と、

午後から、片道1時間半以上かかる歯医者さんから帰り

日が傾きかけた頃も作業。真っ暗になるまで頑張りました。

 

ああ、それなのに、それなのに・・・

 

今朝、5時半から作業に入ったところ

トマトの黄色い花に付く青虫も、葉の後ろに蠢く芋虫もみつけちゃいました!

どうやら、こ奴らに、薬剤の効果はなかったようです・・・・・・(T△T)

 

もう、がっくり、ヘナヘナでした。

 

 

母に聞いたところでは・・・

同じ苗を使っているにもかかわらず、実家の菜園は、虫も病気も無縁だとか・・・

肥料だって、母のアドバイス通りにしていたのに・・・なぜ!?

 

ネット情報では、トマトの青虫の原因の一つは

天敵となる、蜂のような益虫がいないせいもあるとか。

 

それかぁ・・・

 

実家は、毎年、スズメバチやらアシナガバチやらが

巣をつくるほど、蜂も多けりゃ、鳥も多いのです・。

うちは、たま~に見かける程度。いつも、蝶だか蛾だかがヒラヒラしています。

 

蜂が多いのはコワイですが、

そのおかげで、母の作物は助かっているのかもしれません。

 

まぁ、窒素過多にしてしまい

葉をワサワサに茂らせた、わたしのミスなんですけれど・・・

育てている環境も違いますし・・・難しいものです。

 

(きゅり、う~ん、既にコミコミだったなぁ・・・)

 

もう一つ言えるのは、雑草!

 

限られた時間しかないのに、

私一人で、草むしりをするのは、限界がありました。

 

夫は、皮膚が弱いからと・・・今まで、遠慮して頼みませんでしたが、

もう、ムリ!

 

今朝、夫に、草むしりの協力を、正式に依頼しました!

 

なんか、今まで、私が家庭菜園にひとり奮闘しているのに、

な~んにもしないで、涼しい顔でして、ただ、食べるだけだった夫にも

今朝は、腹がたっちゃって・・・!

 

敷地内別居の、隣りの義父母の宅にも、

私、ちゃ~んと、キュウリもナスも、紫蘇を、一日おきには持っていき、

ぬか漬けのキュウリや、トマトのはちみつ漬けだって、しょっちゅう届けているのですよ!

 

 

・・・・・・夫にも、今日は、夕方、涼しくなったら、精を出してもらいます。

ただし、今日は、突然の、にわか雨がパラパラと・・・

はたして、夕方、作業ができるか、微妙な様子ですが・・・

 

去年までも、梅雨が明けると、同じ状況に見舞われていましたが、

なんとなく、もう、イイかぁとあきらめていたんですよね。

今年は、違います。

 

精いっぱい、努力するつもりです!

 

さて・・・わたしのとった、荒療治。

はたして、効果はあるのでしょうか・・・

 

 

 画像は快調だった頃の菜園。

この時、まめにチェックしていれば・・・(T△T)

 

来年の私へのメッセージ。

☆化学肥料だけではなく、いろいろ肥料はとりまぜて。

☆虫や病気対策として、木酢などを早くから定期的に散布。

☆草むしりは、夫の協力を早くから要請。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« アクシデント!?のランチ会 | トップ | 菜園がんばれ!・・の理由 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あらあら! (hiroべ)
2017-07-23 22:30:37
何やら大変そうですね。
トマトもキュウリもとても美味しそうに育っていますから
虫に取ってもいい餌ということなんでしょうが、困った
ものですね。

残念ながら、野菜はまったくわからないですが、おっしゃるように
カダンセーフはアブラムシでもそんなに効かないですね。
それと、風通しは大事でしょうから、荒療治がうまくいくといいですね。
いずれにしても、治りずらいものですから、ご主人の
皮膚病が出ては大変です、師匠のご意見も聞きながら、
無理せず対策してください。朗報をお待ちします。

下の記事、こんなこともあるんですね。
続きも気になています。

お疲れ様です! (albi)
2017-07-24 07:47:56
大変!
でも、ちょっとだけ分かりますヨ~ぴあ野さんっ。

レベルは全く違うけれど・・・
我が家のテラス、今年は毛虫の大発生。
よく観察すると、なんと!蝶にかわる・・・ミノムシのような・・・なんだっけなぁ???殻までびっしり。
そりゃ、お花の元気がないはずだ!と。

お互い頑張りましょうね。
hiroべさま (ぴあ野)
2017-07-24 09:26:10
ああ、やっぱり!

カダンセーフって、そんなに強くない薬剤だとは聞いていますが・・・
それだからこそ、野菜にも使えるのでしょうね。

うちは、亡き父が、スミチオンのような本格的な農薬を
家庭菜園に使っていました。
素人のうえ、アバウトな父のこと、適当にしていたのでしょう。
晩年は神経系の病気になったことと、どうも因果関係があるような気がして・・・
あまり薬は使いたくないので、カダンセーフでも躊躇。

でも、もう、そんなことは言っていられません!
風通しを、とりあえず、確保・・・がんばります!

↓記事の続きは、またいずれ、おつきあいくださいませ。
albiさま (ぴあ野)
2017-07-24 09:29:00
いつも、きれいなテラスのお写真を拝見していたので
ご無縁なのかなぁと・・・

ああ、やっぱり、御苦労なさっていましたね!
お仲間で、申し訳ないですけれど、ほっとしました。

我が家は、毛虫ではなくて、青虫系なのが救いでしょうか・・・
毛虫だと、かぶれたりするから、こわいですものね。
albiさんも、どうぞ、お気をつけて。

エール、ありがとうございました。
頑張りましょうね~

Unknown (あっこちゃん)
2017-07-24 14:13:44
畑や庭をやっていると
日々病気や虫との戦いですものね。
あっ、最近はヒヨドリやカラスなんかも狙ってますし・・・

ちょっと前まであんなに元気だったのに・・・
『あっ、ちょっと変!』と思いだしたら不安になりますよね。
我が家のゴーヤ、あっという間に種から育てた苗が
(すごく元気で良い蔓を伸ばしていたのに)
3本を残してすっかりとかれてしまいました。
ほんとうにがっくり!!
でも残った3本が頑張ってくれています。

殺虫剤はなるべく使いたくないし・・・日々戦いですね!
頑張ろう!ぴあ野さん!
あっこちゃんさま (ぴあ野)
2017-07-24 20:26:08
あっこちゃんは、トマトが烏にやられていましたものね・・・
連中には、説教するわけにはいきませんし・・・

ああ、それにしても、ゴーヤ、残念でしたね。
残った三本は、きっとたくましいはず。
元気に実をつけてくれると良いですね。

なんだか変、と思ったときは、既に進行しているんですよね。
植物は命が短いせいか、人間から見たら、あっという間に
力尽きてしまうのかもしれません。

殺虫剤はなるべく使いたくないですよね。
益虫が増えてくれるのが一番なのですが、
なかなかねぇ・・・

あっこちゃん、エールをどうもありがとうございます。
ご一緒にがんばりましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。