こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

春がいっぱい、久里浜へ♫

2017-01-04 18:10:29 | ちょこっとお出かけ

菜の花に、水仙、侘助椿に、なんとチューリップまで!

 

横須賀、「くりまは花の国」では、もう咲いています。

今日は、三月並みの陽気だったので、春気分で楽しんできました。

 

 

三が日は箱根駅伝で明け暮れ・・・

今週末は三連休・・・

夫も私も、仕事始めは5日です。

 

・・・じゃ、4日のお休みは、ちょっとゆっくりする?

・・・でも、週末は、母の家の新年会だし、寒くなるっていうし・・・・・・

どうする??

 

え~い、でかけちゃえっ!

 

 

「春の花と、歴史が楽しめるところがベスト!」

と、私が申せば、夫は・・・

「渋滞に巻き込まれるのは、避けたい」と主張。

 

ならば・・・ということで、三浦半島に落ち着きました。

横横道路(横浜横須賀道路)を使えば、わが家から一時間ほど・・・

混雑もないだろうと踏んだ次第です。

 

「くりはま花の国」の花情報は、遠出を避けたい夫が

必死で検索した結果です 笑。

 

 

結果、大正解!

 

渋滞にも巻き込まれることなく

まだ人出の少ない園内で、春気分を静かに楽しんで・・・

正月休みの最終日を飾ることができました。

 

ああ、こんなに春の花が迎えてくれるなんて、

予想外の嬉しさです。

 

 

私は、秋分が過ぎて、日々、日暮れが早くなる頃がが苦手です。

大病して治療の辛かった記憶が、ふと蘇り、

胸がバクバクしてしまうことが、まだあって・・・・・・

 

でも、冬至が過ぎれば・・・元気ハツラツ♫

ああ、もうあとは、春が来るのを待つだけ・・・

気持ちが前向きになれるのです。

 

 

 

あの年も、治療が完了したのは、年明け、春の訪れが感じられる頃。

早春の花を愛でながら、お日様の日差しがまぶしくて・・・

これぞ「一陽来復」・・・と、つぶやいたものでした。

 

ああ、私も、これからは、きっと元気に生きていける・・・

お腹の中から力が湧いてくるようでした。

お蔭様で、元気に、今に至っています。

 

(見下ろせば久里浜のフェリー乗り場。学生時代、フェリーで浜金谷までわたり

千葉でサークルの合宿をしました)

 

 

あれから何年も経ったけれど・・・

今でも、年が明けると、いち早く春を探しに行きたくなるのです。

 

夫も、そんな私の気持ちを察してくれて・・・

毎年、付き合ってくれるのだと思います。

 

 

さぁ、早春の日差しをいっぱい浴びて・・・

今年も、元気に過ごせますように。

明日は仕事始めです。

 

 

さて・・・・・・私の本日のお出かけは、花と歴史・・・

本日は「お花編」・・・ということは、「歴史編」もあるわけで・・・笑。

どうぞ、またおつきあいくださいませ。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 箱根駅伝・復路★観戦 | トップ | あんな風に年を重ねたい »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春! (hiroべ)
2017-01-05 13:18:23
菜の花が春です!
菜の花というと房総のイメージですが、向い三浦半島も
同じように温暖ということですね。
チューリップや水仙まで咲いて、楽しいお花見になり、
ご主人には感謝ですね。

いつもながらの先達、三浦半島も一度ゆっくりと思っていて、
いつの間にか大分に時間が経ちました。
この刺激が残っているうちに出かけないといけないですが・・・
hiroべさま (ぴあ乃)
2017-01-06 08:25:45
菜の花は春の花ですよね~
以前、菜の花やら水仙を探しに、房総まで足を延ばしたのですが
海を渡らなくても、十分でした 笑。

本当に、夫には感謝、感謝です。
肩をもんでおきました 笑。

三浦半島、意外と穴場ですよね。
横須賀あたりでは、昨今、人口減少がはなはだしく
移住者ををつのっているそうです。
当然・・・人出も、さほどでもなく・・・
花のシーズンになれば、混雑はするでしょうが・・・
今が狙い目です!
ちなみに、↑の公園は無料です♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。