こもれ日さんぽ

緑の中で深呼吸・・・そんな気持ちで自分と向き合えたらなぁと・・・

「さよならの向う側」・・・

2017-06-14 14:53:57 | 日々のあれこれ

BS日テレ「地球劇場―100年後の君に聴かせたい歌」・・・

ツタエビト・谷村新司さんが、ウタビト(アーテイスト)を招き、

100年後に伝えたい歌を「新発見、再発見」する歌番組です。

 

先週のウタビトは、宇崎竜童さん。

 

少女の頃、ラジオの深夜放送で、

初めて「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を聞いた衝撃、

夜更かしが苦手だった私には、忘れられない記憶です。

 

谷村さんと、宇崎さんと言えば・・・

山口百恵さん!

 

宇崎さんは、奥さまの阿木燿子さんとのコンビで・・・

谷村さんも・・・・・それぞれが百恵さんに提供した名曲がいっぱい!

 途中には、百恵さんのご長男・三浦祐太郎も加わって・・・♫

 

ということで、当時のエピソードを盛り込みながらの

山口百恵SP、楽しい番組でした。

 

(番組HPから)

 

 

私が小学生の時に、百恵さんはデビューし、高校生で引退・・・

 

とりたてて百恵ちゃんファンではなかったけれど、

それでも、百恵・友和コンビの映画は何本か封切りで観ており

新曲が出れば、その度に、クラスで話題にしたものです。

 

百恵ちゃんの自伝とされる『蒼い時』(集英社)も

赤裸々な、かといって下品でない告白(?)に、ドキドキしながら、立ち読みしました。

(高校生ですもん、少ない小遣いでは買えませんでした~笑。)

 

百恵さん去りし後、数年たって、

大学へ通うようになると・・・電車から、

百恵さんが新婚生活を送っているマンションをよく眺めたものです。

 

(画像はアマゾンから)

 

 

結婚三年目だったか、記者に囲まれた百恵さんが

赤ちゃんについて訊かれ、「皆さんのご期待に沿うような話はないです」と

笑顔で答えていた姿が、それはそれは輝くようで・・・ああ、お幸せそうだなと・・・

 

やがて、誕生したのが、祐太郎さん。

 

祐太郎さんの入園式だったかで、メディアが押し掛け、大混乱・・・

百恵さんが、お子さんをかばって、「子どもを撮らないで!」と

叫んでいた姿も、思い出されます。

 

あのときの坊やが・・・

(わたしの記憶では声を上げて泣いていた)

こんなに立派な青年に成長して・・・感無量。

 

 

近く、百恵さんのカバー曲のアルバムを発表するそうで・・・

当初、祐太郎さんが悩んでいると、お母さまは

「私が生きているうちに、歌ってくれたら嬉しい」と、おっしゃったのだとか・・・

 

番組では、アルバムから「さよならの向う側」を歌ってくれました。

 

百恵さんの引退・ファイナルコンサートの最後の曲・・・

この曲を歌い終わると、マイクを静かに置き、去っていかれましたっけ。

あれが、歌手・山口百恵さんの最後・・・

 

 

祐太郎さんは・・・弟の三浦貴大さん以上に、

友和さんと百恵さんのお子さんだなぁと・・・

失礼ながら、モンタージュしたみたい・・・っていつも思うんです。

 

この日の歌も、

不思議なことに、お声は、友和さんによく似ていらっしゃるのに

歌いまわしというか、表現は百恵さんなんです。

 

宇崎竜童さんや谷村さんも「DNAを感じる!」と驚き、

ご本人も「ファイナルコンサートの母が歌うのをイメージしました」と

おっしゃるだけあって、なんとも、不思議な感覚でした。

 

(画像はアマゾンから)

 

 

百恵さんの曲は、どれも良い曲ばかり。

 

とりわけ、「さよならの向う側」は・・・

あらためて歌詞を噛みしめて聴いていると

百恵さんのファイナルのイメージが、まず蘇ります。

 

また、百恵さん自身のお幸せな時間の流れが感じられ

そればかりか、私自身の過ごしてきた時間も重なっていきました。

 

あれから、これまで・・・

わたしも悪くなかったなぁ、なかなか良い時間だったよね

そんな風に感じたのでした。

 

 

それにしても・・・どの曲も、メロディはもちろんですが

歌詞の素晴らしいこと!

 

阿木燿子さんや谷村さんが百恵さんのために作った歌はもちろんですが、

谷村さんがカバーした来生たかおさんの「夢の途中」(作詞・来生えつこ)・・・

どの詞も言葉の深いことに、驚いています。

 

昨年のノーベル賞文学賞をボブ・ディランが受賞し、

賛否両論が巻き起こりましたが・・・個人的な想いはともかく

研ぎ澄まされた言葉は文学に通じる、と感じ入ってしまいました。

 

 

 

最後にお知らせ。

このときの再放送は7月2日に予定されているそうです。

百恵さんファンは、ぜひ・・・

 

残念ながら、肖像権や著作権の問題からか、

百恵さん自身の動く映像はありませんが・・・

それでも、歌はもちろん、トークも楽しい一時間です。

 

・・・と、先ほど、録画を観て、

興奮冷めやらぬまま、アップしています♪

こりゃ、明日は、拙ブログ、力尽きて、お休みですね 笑。

 

 

 近所では夾竹桃が、冒頭のように、きれいに咲いています。

70年以上前、玉音放送を聴いた日は、夾竹桃が咲いていた・・・と

何かで読みましたが・・・季節が早まっているのでしょうか。

『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 久々・・・大倉陶園さまへ♫ | トップ | ぬか漬けの季節です »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あっこちゃん)
2017-06-14 23:10:16
それぞれの家庭の歴史なのですね!
あの百恵さんのお子さんがすでに次の歴史をつみかさねてきるのですね!
素晴らしい才能の皆さんに恵まれて
百恵さんをより輝かせたのでしょうか❗
本当に良い唄にめぐまれ素敵な人生をいしていらゃいますね
私、デビューしたての素朴な百恵ちゃんにそっくり!なんて言われていたのですよ。
まだちょっと垢抜けしてないころのね
他人とはおもえすをずっと応援しております。
まさしく・・・ (albi)
2017-06-15 07:15:01
ジャストな年齢の百恵さんですから、私はとてもよく覚えております。
加えて同じ頃結婚したもので、親近感いっぱい。

でも、なんだか大人な女性だったなぁ~と印象的でした。
それが、素敵な妻になられ、そして素晴らしいお母さんでしょう。
凄いなぁ~

宇崎さん&阿木さん、ご夫妻も素敵ですよね~
確かお子さんがいらっしゃらなかった!?
仲良しで理想的なご夫妻だなぁ~と拝見してます。

追記
今朝の報道、お母様ショックでは?
我が母も・・・です。
何億光年、 (hiroべ)
2017-06-15 10:44:12
輝く星にも寿命があると・・・でしたでしょうか?

良いですよね。百恵ちゃんのラストコンサート、
ビデオですが2回観ました。

1980年に引退、それから11年経った12月にNHKのBSで
3日間にわたり、百恵ちゃんの特集を放送しました。
NHKでの歌番組の出演シーンやTVドラマ、映画の
出演シーン、篠山紀信のアルバム撮影のドキュメント
もありました。そして、最後がさよならコンサートでした。
番組の進行は、やはり宇崎、阿木夫妻でした。

3年ほど前にはやはりNHKのSONGSで2週にわたり、
百恵ちゃんの特集が放送され、2週目はさよならコンサートの
場面からでした。

そうそう、NHK紅白歌合戦の百恵ちゃん出演シーン
のみの手作りDVDもあります。

とは言え、最近ご無沙汰です。
いつでも観られるのですが、今日あたりまたSONGS
の録画を観てみます。

息子さん二人、残念ながらあまり名前を聞きませんが、
少しづつ認知されてきた気もします。頑張ってほしいですね。

BS日テレ「地球劇場―100年後の君に聴かせたい歌」
良さそうな番組ですね。チェックしてみます。

あっこちゃんさま (ぴあ野)
2017-06-15 20:56:37
こちらにもどうもありがとうございます。

あっこちゃん、ウチの母も同じことを・・・
自分の若い頃は百恵ちゃんによく似ていると・・・
確かに、「絶唱」だったかの花嫁衣装姿の百恵ちゃんは
母の結婚式の写真に似ているような・・・
そんなこともあって、私は、なんとなく、百恵ちゃんに夢中になれなかったのかもしれません。
だって、娘としては、面白くないでしょう?
今をときめくアイドルが母親に似ているなんて!
あっこちゃんのように、ご自身が似ているんだとしたら・・・
良いなぁ・・・!

あっこちゃん≒百恵ちゃん≒母・・・
ってことは、あっこちゃん≒母って、図式も成り立つ?
あっこちゃん、どうぞよろしくお願いいたします。

今聞いても、百恵さんの歌は素晴らしくて・・・
お母様の願いどおり、祐太郎さんを通して歌い継がれていったら良いですね♪
albiさま (ぴあ野)
2017-06-15 21:00:15
確かに!
私より少し上の百恵さんは、まさにalbiさんと重なるかも・・・
しかもご結婚もとなれば、なおさらでしょう。
お小さい時に、苦労をなさっておいでなので、
なおさらご家族への想いがお強かったのでしょうね。
あれだけオファーを受けながら、遂に戻ってこられなかったんですもの

宇崎夫妻、素敵ですよね。
お子さんがいらっしゃらないですから、私も注目のお二人です。
番組内では宇崎さんが今でも、「奥さんが大好きなんだよ~」と
おっしゃる過去映像が流れていました♪

さっきも、朝の件で、母と電話しちゃいました・・・(T△T)
hiroべさま (ぴあ野)
2017-06-15 21:06:10
うひゃあ~、さすがです。
hiroべさん、百恵ちゃん・愛・・・

私、ファイナルコンサートを通してなんて見たことがありません。
ラストのあのマイクを置くシーンは、何度もテレビで当時から流れていますから・・・
でも、それだけで・・・
しかも紅白のお手製DVDって!!
ああ、やっぱり王子ファンの奥さまとそれぞれ、熱いご夫婦だなぁとあらためて感じ入りました♪

百恵ちゃん特集は、確かに多いですね・・・
納戸か取り上げられているのは、私も知っていたのですが
見たのは、今回が初めてかもしれません。
息子さんの祐太郎さんを見たかったというのが大きいんです。
弟の貴大さんは、役者さんとしてよく見ますが、お兄さんの方は・・・
歌手ってやっぱり、露出が少ないせいもあるのでしょうが・・・

↑の番組は、純粋に音楽番組で・・・
百恵ちゃんはジャケ写真とBGMのように歌声が流れるだけですが
祐太郎さんの歌は、おススメです。
7月の再放送・・・チェックなさってみてくださいね♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。