染物屋生活

神奈川県の住宅地(でも片田舎)の染物屋日記と、電気代が月1500円(原発反対なので)の節約生活を紹介「染め吉」と言います

2016年の冬至の写真はこんなだった

2017-01-03 23:06:16 | 日々の政治・哲学


2016年の冬至の写真をみてみた。

このスーパーには、「冬至がゆ」はなかった。カボチャを食べてゆず湯に入ると風邪を引かない、と、江戸時代から言うのだそうだ。

私がちらっと思ったのは、ゆずの黄色と、カボチャの黄色。古くは、赤いカボチャであったとも聞いている。

「ん」が二つつくものを食べるといい、として、
いんげん、きんかん、にんじん、れんこん、ぎんなん、なんきん(カボチャ)、なんばん(トウガラシ)が出ていた。

これは、関西の風習みたいに思えるが。まあ、面白いのなら、なんでもやってくれ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「冬至粥」は、今年はでてな... | トップ | うちにある食糧は、たくさん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の政治・哲学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。