染物屋生活

神奈川県の住宅地(でも片田舎)の染物屋日記と、電気代が月1500円(原発反対なので)の節約生活を紹介「染め吉」と言います

最近見かけぬ生活用品調査(朝日新聞)

2017-05-19 09:15:08 | 日々の政治・哲学



黄色くなった新聞のスクラップが出てきた。「最近見かけぬ生活用品調査」1992年11月19日。たぶん朝日新聞だ。

「いつの間にか見かけなくなった生活用品」をテーマにアンケートを取った結果だ。
建材メーカー、トステムが、首都圏会社員約500人を対象にこの年(1992年)に実施した。1955年ごろにはよく見かけた生活用品を、現在持っているかどうかをきいたそうだ。
ベストテンが、

①ハエ取り紙(使用率3%)②七輪(7%)③火鉢(8)④かや(8)⑤掘りごたつ(8)⑥びょうぶ(9)⑦ハエ帳(11)⑧よしず(13)⑨和式トイレ(14)⑩神棚(19)
昭和30年代には、ほとんど我が家にあったものだ。
ハエ取り紙は使わなかった。

さすがに「びょうぶ」はなかった。かわりに「衣桁(いこう)」があった。着物を広げておくもので、母が嫁入りのとき、持ってきたのだと思う。(狭いうちなので、使ってなかった)


年代で差が大きいのは、「水まくら」「風呂敷」。40代より上は、けっこう所有している。
ゲームはトランプ(89%が所有)、碁盤、将棋盤(47)、花札(39)、麻雀セット(34)だった。

うちは、麻雀をするうちだったので、麻雀セットはずっとあった。ほかのゲームは、昭和30年代によくやった。父や兄や隣の人や私たちが。

花札は教育上よくないと母がいい、禁止だった。高校のとき、友人に教えてもらった。昭和50年代の沖縄では、民宿でやった。地域差もあると思う。

写真はイタドリ。高知から、冷凍で送ってもらい、塩出しして、カツオ、油揚げと煮た。お金では手に入らないものの一部だ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いたどり、送ってもらった。 | トップ | 生活のヒント◆絵のない絵本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。