染物屋生活

神奈川県の住宅地(でも片田舎)の染物屋日記と、電気代が月1500円(原発反対なので)の節約生活を紹介「染め吉」と言います

桑畑書店再度開店!6年4カ月ののち

2017-08-08 23:27:56 | 日々の政治・哲学
岩手県釜石市の桑畑書店が、店を出した。震災から6年4カ月ぶりである。復興商店街のプレハブから、やっと出ることができた!
桑畑書店は、釜石市の大きな書店だったのだが。
震災後、すぐに建った「イオン(皆がこう言うので。本当はバリュー何とかと言う)」には、文房具屋を兼ねた、チェーン店の大きな本屋が入っている。

商売をして、勝ち目はあるのだろうか?すごく心配。

桑畑書店の入ったのは、復興マンションの1階だ。

〒026―0024釜石市大町1の4の7大町復興住宅4号棟1階

どうか近くの人は、行ってみて欲しい。
震災関係の本が揃っている。
この前出た、震災の俳句(「龍宮」からだと思う)と、震災の写真と、エスペラント語を組み合わせた本を送ってくれると言っていた。

遠くからの注文も受ける。

写真は、スーパーマーケットのトイレにある、トイレットペーパー。持って行く人が行くらしく、太いマジックで、スーパーの名前が書いてある。なるほど。

今、私が読んでいる本は、「世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉」「神々の山嶺」(夢枕獏・谷口ジロー)「ピンポン」(松本大洋)「死を想う」(石牟礼道子・伊藤比呂美)
「あの家に暮らす四人の女」(三浦しをん)
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年の広島原爆記念式典を... | トップ | 「みたま」ってなんだろうなあ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の政治・哲学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。