そもそものそめものや、実践編

実際に藍染、柿渋染、草木染をやります。

漂着物の展示と布のコラボレーション

2017-07-13 01:49:38 | そとで見たこと、考えたこと
前に書いたと思うけど
7/14(金)から7/19(水)まで、逗子市の逗子プラザホールギャラリーで、漂着物関係の展示をやる。(18日は休館日)

貝のからに布を貼ってみたい。「夜」というイメージの。巻き貝の芯に糸を巻いてみたい。
フエルトで作った「半魚人」「脚のある魚」「直立魚人」とか魚の中に、ビーチグラスや、貝や石を入れてみたい。
始まりは、井上さんが、ナカニシという巻き貝に綿を入れ、ハワイアンタイプのブルーのフエルトをかけ、針刺しを作った。待ち針も貝を頭につけたすてきなもの。それに影響されて、針刺しをいくつか。

もっと手がきいたら、かぎ針編みで、小さい貝を袋で包み込んでやりたい。
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓬(よもぎ)で蚊取り線香!? | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な展示でした! (ひさのまさこ)
2017-07-16 19:46:57
 ますます内容が充実した展示を拝見させていただき、いろいろ勉強になりましたし、漂流物を見て考えさせられましたし、とてもよかったです ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。