我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

人生万歳!/Whatever Works

2010-12-13 14:07:34 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click



しばらく離れていたNYに5年振りに再び戻ってきた、ウディ・アレン監督40作目

アレンの映画、好き♪
来年1月28日をもって、17年間の歴史に幕を閉じることが決定した(閉館)恵比寿ガーデンシネマで最後の鑑賞となった。
(もう1作は「クリスマス・ストーリー上映中)


最近はアレン本人は監督に徹して、自身は主演の男に任せ、仮想で出来ないことを楽しんでるかのようにも受け取れるのがまた一興(笑)

今回も還暦を過ぎてから、養女にした22歳のスン・イーと結婚しちゃったアレン本人にかぶる。


アレン出演なしで、かつてノーベル賞候補にもなった天才物理学者ボリスに、
『サタデー・ナイト・ライヴ』脚本などアメリカでは名の知れたコメディアン、ラリー・デヴィッド。
皮肉屋で偏屈、人生なんてつまらないものだと信じてる。

近所の子供に教えるチェスすら、子供相手にバカ扱いの物言い



毎回、その時お気に入りの美女をミューズとして登場させてきたアレン爺さん、しばらくスカちゃん(スカーレット・ヨハンソン)が続いてたけど
今回は意外!
「アクロス・ザ・ユニバース」「レスラー」「ダイアナの選択」のエヴァン・レイチェルウッド
こんなお爺ちゃんを好きだと勘違いしていくメロディ。

これまでにない、世間知らずなおバカでキュートで個性的なお嬢さんをコミカルに演じてる☆
もともと綺麗な顔立ちだから、濃いメイクよりもこっちの方が断然可愛い


ほんとは(実生活)、こんな爺さんとは真逆の マリリン・マンソンの婚約者なんだから恐れ多い


そんな 元天才科学者が、元ミスコン女王の無知な若い子に、出会ったぁ〜

原題は「Whatever Works」    
恋愛にはなんでもアリ。うまく行くなら形式はどうでもいい。
何がどんな風に働いてもこんなもんだよ、的な、皮肉入った意味合い。


メロディの母親に、パトリシア・クラークソン。

このママの変わり具合にも注目♪
真面目なイメージのパトリシアが演じるから余計面白い♪



自殺未遂騒動の後、大学教授の地位を捨て、妻と離婚し、高級マンションや財産も手放し、残りの人生をぶつぶつ文句を言いながら嫌々生きることにした。
だがある夜、彼は自宅のボロアパートの前で、家出して行くあてがないという田舎娘のメロディに出会う。
食事と数日の宿を提供するという約束で彼女を部屋に泊めたボリスだったが、何日たっても彼女は出て行かず、
やがてふたりは結婚!すると母親までもやってきて…!。





7/10(76点)



爺さんが主役かぁ、と正直あんまり期待してなかったんだけどそのせいか思ってた以上に面白かった〜♪
実はこの脚本、ウディ・アレンによって70年代に書かれてたもので、
当初はゼロ・モステルという人を主人公と考えていたのが、77年のモステルの死により映画制作は闇に葬られ、
再び原題風にアレンジして生まれたんだとか。

最初の30分くらいは、偏屈爺さんが人生はいかにつまらないか、延々と会話の中で、
時にカメラ目線で観客に訴えかけ、 愚痴を聞くようなもので
人生は楽しまなくちゃ!楽しんだもの勝ち!と常に思ってる私と対極なので
決して聞いてて気分いいものではなく うんざり〜って思いかけてた。
それにこんな若くて綺麗な子が、爺さんと住みたいなんて
NYに住むあてないからって単に利用してるだけかと思ったら。。。。

どうやら、人を利用するってことすら思いつかないような、ほんとに純粋におばかさん。
こんな子いるか!?って思うけど(笑)
天然でお茶目でキュート

若くて綺麗。当然、外に出ればお誘いもかかるわけで、若い男が登場してデートに行く辺りから面白くなる。
(話が合わずに結局帰って来るけど)

二人の会話では、歳の差カップルならではのジェネレーションギャップがやっぱり面白く。
メロディという名前をメラニーと間違え、「風と共に去りぬ」のメラニーとスカーレットなら断然スカーレットだ
とかコアな話にまで発展(笑)

久しぶりにアレンの撮ったNYの街並み。それも楽しみのひとつ。
今回はユニクロ店内まで出て来ちゃう☆

ひと目惚れして来る男がまた、絵に描いたような完璧なイケメンくん。
そりゃあ、皮肉ばかり言ってる絶望的な爺さんより断然こっちでしょ。
惹かれるのは当然。でも遊び目的のダメなスカシ男じゃなくてラッキー☆


皆、色々取り巻く環境やしがらみに解放されていき、なんだか知らないけど
自分の中に眠ってたものが目を覚ましていくー。
勇気を持って新しい世界に飛び込んでチャレンジすれば、人生はこんなにも面白い!

何事も経験、何でもアリだよこの世は。 一つの出逢いも全てが偶然の重なり。

そんなメッセージが気持ちのいいラストも楽しい、
シニカルな中にもユーモアと可笑しみたっぷりのアレンらしい作品でした〜


1時間半でスッパリ終わるとこもちょうどいい感じ♪

エヴァン・レイチェルのファンの方はもちろん、
都内近郊にお住まいの方は、最後の恵比寿ガーデンシネマでの鑑賞、是非どうぞ。
(回し者ではありません





  公式サイト
Whatever Works  2009年    アメリカ 91min
12月11日〜恵比寿ガーデンシネマにて公開中〜 



NYプレミアにて。

エヴァン・レイチェル、本作と普段の濃すぎメイクとのギャップがスゴイ☆



何度かここにも書いてるけど、次回のアレン作には「スラムドッグ・ミリオネア」の美女、フリーダ・ピントと、ナオミ・ワッツも出演

「ユー・ウィル・ミート・ア・トール・ダーク・ストレンジャー/You will meet a tall dark stranger」
共演にはアンソニー・ホプキンス。
もう完成してるけど、日本での公開はいつになるのかな〜
早く観たい




応援して下さると嬉しいナ
クリックして下さってる方、感謝です
←please click




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (16)   Trackbacks (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このオッサンに注目〜! (ティム... | TOP | ハリウッドゴシップ★News (キャ... »

16 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
migさん (xtc4241)
2010-12-13 16:02:04
こんにちは(いま13日3:55頃です)

まったく、同感です。
「白いリボン」といい、この「人生万歳!」といい
migさんと、意見がばっちり(ほぼ)合ってるというのは、
僕にとってとてもうれしいことです。
なにしろ、migさんは僕にとっての先生ですから(笑)。
特にエヴァン・レイチェル・ウッドについては、
その評価が高かったというのが最高にうれしいです。
(彼女の目を開かせてくれたひととしてマリリン・マンソルを評価してます)

それにしても、migさんの写真と記事の多彩さには感心してます。

PS)
僕のブログにも書きました。
ぜひ、観てくださいね。
邦題が・・・ (ノルウェーまだ〜む)
2010-12-13 17:03:39
migちゃん、おはよ♪
邦題がイマイチすぎて、全く観る気がおきなかったけど、どうも面白そうね。
原題の「恋愛はなんでもあり」とかのほうが、たのしそうなのに〜

ウッディ・アレンは22歳の子と実際に結婚しているのね!そりゃ、すごい!
主役の女の子は、じいさんと結婚するのもビックリだけど、実際マリリン・マンソンの婚約者ってのもビックリじゃよ。
ある意味同じくらい凄いっ☆
人生なんでもありですな。
Unknown (hino)
2010-12-14 09:23:45
migちゃん、おはよう!!

冷たい雨でいや〜ね〜。

じーさんの作品(笑)

ウディ アレン、仕事頑張るね〜
クリント イーストウッドもだし。
自作品にはホプキンズも出演なんて、バリバリだね。
嬉しいことです。

内容も面白そう。
彼女の衣装が可愛いわ〜。綺麗だし。レイチェルかあ。マークしておこうっと!!

良い一日を〜!!


xtc4241さん☆ (mig)
2010-12-14 10:31:44
こんにちは☆

アハハ、先生、、、、(笑
これ、観たんですね!
確かエヴァンレイチェルファンって言ってましたもんね。
多分、ファンの方にはますますたまらない魅力的なキャラでしたよね☆
夜にでも覗かせてもらいますね。
まだ〜む♪ (mig)
2010-12-14 10:34:53
おはよ☆

人生万歳!ダメ?でもそんな感じなのよー、ダサいけど(笑)
前の「ウディアレンの夢と犯罪」よりまし

爺さん頑張ってるよね☆もう75歳だよ〜!
☆hinoちん (mig)
2010-12-14 10:36:12
おはよう♪

少し落ち着いたのかな?
これなかなか面白いヨ。
アレン映画ダメな人には相変わらずダメだろうけど、、、

アレン爺さん75なのにこれからあと50本は作れる!って豪語してたよ☆
頼もしいわ〜♪

日本映画って (佐藤秀)
2010-12-15 23:08:47
ユニクロも出てきたけど、日本映画を見るシーンもありましたね。何の映画だったのかなあ、と。
佐藤さん☆ (mig)
2010-12-16 17:13:03
日本映画、あれ?その時はわかったのに
なんだったかな??
もう記憶が飛んでる〜
書き忘れたしー
日本映画は (クラム)
2010-12-18 03:38:42
確か"Japanese Film Festival"と書いてましたよ。

先ほどコメント入れた「キス&キル」同様に、
こちらも私の意見は大勢と合わないみたいです。
クラムさん☆ (mig)
2010-12-18 07:35:07
あれ?
ってコトはダメでした??

あとでお邪魔しますね!
今朝は早くから英語レッスンで

私はこれ、好き。
というかアレンの映画、基本どれも好きなんです♪
何だってアリアリだぜ (q  (You should do)Whatever that works)
2010-12-21 22:47:24
多少のアレン流 皮肉も入りつつ
それでもやっぱり面白かったわ
私。アレン好きなのよ〜

私はどんなに酷くていても世の中にふれていたい人間が愛しい
これまた素敵
qちゃん☆ (mig)
2010-12-22 17:24:08
アレンの映画、いいよね〜☆

若い人(っていいたくないけど)は笑えないのかな?
わたしはTVの芸人の持ちネタよりこっちの方が笑えるわ〜。
こんにちは。 (かのん)
2010-12-23 12:21:46
ウディ・アレンの皮肉たっぷりの喜劇(悲劇もですけど)は面白かったですね。このウディ調の映画は他ではなかなか味わえないものがあるだけに新作はいつも楽しみになっちゃいます。
かのんさん☆ (mig)
2010-12-24 10:30:24
おはようございます。

そうなんですよね、相変わらずのシニカルコメディ。セリフも笑えますね
毎回手洗う時にハッピーバースディの歌とか(笑)
どこからそんなアイディアが
こんばんは (オリーブリー)
2010-12-28 01:18:24
TBだけで、プチご無沙汰でした。
今月はアクシデントがあり、年末が迫ってあたふたしてます(滝汗)

面白かったですね〜。
アレン苦手で、期待してなかったのが返って良かったのかな。
何かね、年取っても頑張ろうかな〜なんて(笑)
パトリシア・クラークソン、良かったです。
両手に男は要らないけど、キャリアが羨ましい。
☆オリーブリーさん (mig)
2010-12-28 13:47:25
こんにちは♪

久々コメント嬉しいです☆
バタバタの年末ですね〜
早過ぎ〜!

アレンのは苦手だったのね、でも楽しめたようで良かった♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

30 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『人生万歳!』:久々NY戻りのアレン節は不発 @ロードショウ・ミニシアター (りゃんひさ MyBlog〜映画レビューなど)
ウディ・アレン監督作品も40作品目。 記念作品と銘打って、2011年1月に休館が決まった恵比寿ガーデンシネマのトリを飾ることになりました。 ここ数作品は英国、スペインとヨーロッパを舞台にしてきましたが、今回の作品はニューヨークに戻っての作品。 70年代『ア...
人生万歳! (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Whatever Works。ウディ・アレン監督、ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、エド・ベグリー・Jr.、コンリース・ヒル、マイ ...
「人生万歳!」@恵比寿 (映画コンサルタント日記)
上映館: 恵比寿ガーデンシネマオープニング土日動員: 1600人オープニング土日
「人生万歳!」 (Con Gas, Sin Hielo)
本当に何でもありと思ってるの? W.アレンといえば恵比寿ガーデンシネマ。 就職して東京に出てきたのと時を合わせて開館し...
『人生万歳!』 ニューヨーク賛歌 (Days of Books, Films )
ウッディ・アレンがニューヨークに帰ってきた。『人生万歳!(原題:Whatever
人生万歳! (Said the one winning)
監督・ ウッディ・アレンキャスト ラリー・デヴィッド エヴ...
『人生万歳!』はある種の達観からくる一席だよ。 (かろうじてインターネット)
   今週の『天装戦隊ゴセイジャー』は、さらばロボゴーグ閣下、最終決戦。ロボゴーグ閣下は最強といううたい文句のなか、なんだかんだと歴代ボスの中でいちばんパっとしませんでしたね。というか膜インの...
人生万歳!/ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド (カノンな日々)
ウディ・アレンはもうニューヨークで撮るのはやめたんだと勝手に思い込んでいたので、予告編を観てアレレ?と思いましたけど、監督40作目となる本作は舞台を久々になるニューヨー ...
『人生万歳!』(ウディ・アレンならではのコメディ) (ラムの大通り)
(原題:Whatever Works) ----これってウディ・アレンの映画だよね。 舞台がニューヨークに戻ったんだって? 「うん。 それもあってか、なんとも懐かしいタッチの映画だ...
人生万歳!(2009)◎●WHATEVER WORKS (銅版画制作の日々)
 これぞ、ハッピー・エンディング! 京都シネマにて鑑賞。ウディ・アレン監督...
人生万歳! (心のままに映画の風景)
かつて物理学でノーベル賞候補にもなったボリス(ラリー・デヴィッド)は、気難しい偏屈で人間嫌い。 妻と別れ、社会から孤立していたが、ある晩、南部の田舎から家出してきたメロディ(エヴァン・レイチェ...
人生万歳! (LOVE Cinemas 調布)
『それでも恋するバルセロナ』など語り部ウディ・アレン監督の通算40作品目のラブコメディー。久々に舞台をヨーロッパからニューヨークに戻し、偏屈な天才物理学者とちょっとおバカな田舎娘の奇妙な恋愛模様を描き出す。主演にコメディアンのラリー・デヴィッド、共演に...
〜『人生万歳!』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、ウディ・アレン監督、ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、エド・ベグリー・Jr.、コンリース・ヒル、マイケル・マッキーン出演。
人生万歳! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 世の中をこれだけ否定していれば、あとは案がいと楽かも。
人生万歳! (ここにあるもの)
ウディ・アレン監督通算40作品目、NYが舞台のヒネクレ恋愛狂奏曲!? って言ったら観にいくよね、しかもガーデンシネマ最後の上映作品。 恵比寿ガーデンシネマの休館が発表されたの ...
ウディ・アレン『人生万歳!』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレン監督記念すべき40本目の作品『人生万歳!』。久しくニューヨークを離れロンドン、バルセロナを舞台とした映画を撮っていたアレンが古巣に戻っての(しかも、いささか
人生万歳! (映画的・絵画的・音楽的)
 恵比寿ガーデンシネマが、来年1月一杯で閉館することになり、その最後の上映作品だということで、気は早いのですが『人生万歳!』を見に行ってきました。 (1)『人生万歳!』は、ウディ・アレンの監督40...
人生万歳! (とりあえず、コメントです)
ウディ・アレン監督40作目となるラブコメです。今年最初の作品はこれ!と決めていました。 このところ、殺人とサスペンスを描いていたウディ・アレン監督ですけど、 今作ではN.Y.に戻って、とても楽しそうだなあと予告編を観ていました。 まるで監督の分身のような主...
人生万歳! (Movies 1-800)
Whatever Works (2009年) 監督:ウディ・アレン 出演:ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン 偏屈老人と天真爛漫な家出娘、娘を捜しにきた両親、それぞれの恋愛模様を描くコメディ。 原題の「何でもあり」が意味するのは、邦題...
『人生万歳!』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
人生万歳! 【拗れても ちょっと変でも 幸せです】 (猫の毛玉 映画館)
『人生万歳!』 Whatever works 2009年・アメリカ=フランス ウディ・アレン監督40作目、NY舞台の軽妙洒脱コメディ。  東京では恵比寿ガーデンシネマ単館上映中。ウディ・アレン映画といえば恵比寿ガー...
『人生万歳!』 楽しい映画をありがとう! (映画のブログ)
 もう上映期間も終了間際だというのに、映画館は意外に混んでいた。私と同じように考えた人が多いのだろうか。  時間の都合がつかないので、『人生万歳!』のロードショーに行くのは見送ろう、いったんはそ...
人生万歳! (映画三昧、活字中毒)
■ 恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞人生万歳!/WHATEVER WORKS 2009年/アメリカ/91分 監督: ウディ・アレン 出演: ラリー・デヴィッド/エヴァン・レイチェル・ウッド/パトリシア・クラークソン/ヘン...
人生万歳!  Whatever works (映画の話でコーヒーブレイク)
内容はあまり覚えていないのですが、ウッディ・アレンの初期の映画は好きでした。 いつの頃からかサスペンス仕立てのドタバタっぽいものになって、ご本人がちょっとどもりながら気弱に とぼけて話す姿に興味を引かれなくなりました。 前作の、それでも恋するバルセロナ同...
人生万歳!  (eclipse的な独り言)
ウッディ・アレンはいつまでもウッディ・アレンです。
人生万歳!/エリックを探して (あーうぃ だにぇっと)
4月2日(土)@ギンレイホール 2週間前の演しもの ソフィアの夜明け/彼女が消えた浜辺 より少し観客は多め。 内容は、今回の2本の方がだいぶ良かった。
人生万歳! (こんな映画見ました〜)
『人生万歳!』---WHATEVER WORKS---2009年(アメリカ)監督:ウディ・アレン 出演:ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド 、パトリシア・クラークソン、ヘンリー・カヴィル 名匠ウディ・アレン監督が「メリンダとメリンダ」以来、久々に故郷ニュ....
「人生万歳!」 Whatever Works (俺の明日はどっちだ)
老いてなお盛んというか、クリンスト・イーストウッド翁とともに70歳代になってからもさらにコンスタントに映画を撮り続けているウディ・アレンの通算40作目となるこの作品、ひと言でいえば『 wellcomeback to New York City 』。 「メリンダとメリンダ(2004年)」以降...
人生万歳! (だらだら無気力ブログ)
名匠ウディ・アレン監督が「メリンダとメリンダ」以来、久々に故郷 ニューヨークを舞台に手掛けたロマンティック・コメディ。ひょんなことから 出会った偏屈な中年学者と世間知らずな家出娘の、おかしな共同生活と 恋愛模様の行方を軽妙なタッチで描く。 主演はTVシリ...
mini review 11546「人生万歳!」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
『それでも恋するバルセロナ』などの名匠、ウディ・アレン監督の通算40作目となるラブコメディー。久々に舞台をヨーロッパから古巣ニューヨークに移し、くたびれた中年男性と若い娘の奇妙な恋愛模様を映し出す。主役を務めるのは、アメリカを代表するコメディアンのラリー...