我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメたまーに日記
12周年✨ありがとです❤️TBは受付送信共にやめました

スティーブ・ジョブズ/STEVE JOBS

2016-02-17 23:51:11 | 劇場&試写★4 以下

 

 

 

 ダニー・ボイル監督がメガホンを取り、故スティーブ・ジョブズの半生に迫る伝記ドラマ。

ウォルター・アイザックソンのベストセラー評伝を基に、アーロン・ソーキンが脚本を手がけた。

ということで楽しみにしてた本作。

 

わたしも、Apple製品のシンプルなのに可愛い洗練されたデザインと機能性に惹かれて

20年前からPCはApple🍎だし、もちろん携帯はiPhoneを持つひとり。

だけど、スティーブ・ジョブズその人については興味はさほどない。


ジョブズの生涯の最も波乱に満ちた時期の3大製品

1984年のマッキントッシュ、アップルを追われて作った1988年のNeXT Cube、

そしてアップルに復帰して発表した1998年のiMacの新作発表にフォーカスを当て、

それぞれの本番直前の舞台裏を描く形をとっている。

そこに、嫁や娘との確執にかなり時間配分を費やした感じ。



そっくりである必要性よりも、立ち居振る舞いや動きででジョブズを体現したマイケル・ファスベンダー。


以前やったアシュトン・カッチャー版、スティーブ・ジョブズも、実は若い頃はけっこう似てる。

アシュトン版スティーブ・ジョブズ レビュー


仕事上の妻ともいうべき、ジョブズの片腕ジョアンナに、ケイト・ウィンスレット。

登場して30秒はこれがケイトって気づかなかったけど。笑

本作で色々な助演女優賞などノミニーや受賞してるがいつものケイトでそこまですごいと思わなかったが。



ジョン・スカリー。元、アップルCEOであり、元ペプシコーラ      ジェフ・ダニエルズ。

ジョブズが彼を引き抜く際「このまま一生、砂糖水を売りつづけるのか、それとも私と共に世界を変えるチャンスをつかみたいか。

と言い放ったのは有名。

(←ジョブズ&ジョン・スカリー)



アップルを創ったもう一人であり、ジョブズの元親友。スティーブ・ウォズニアックに、セス・ローゲン。

この方は、AppleとApple2をほぼ独力で開発。

セスはコメディのイメージ強い人多いかもだけど、「50/50」(レビュー消えた)や「ティク・ディス・ワルツ」(どっちも)などもいいよ♡

今回も切ない感情伝わり素晴らしかった


ジェサベル」「プリデスティネーション」(どっちも)のサラ・スヌークも出演。



ジョブズの人生よりも、アップルで成し遂げた功績や商品開発に至るまでの過程などの方が興味深かったのだけどな。

よほどのジョブズファンかAppleファンじゃなきゃついてこれないような内容にがっかり。



1984年。Macintosh発表会の40分前。“ハロー”と挨拶するはずのマシンが何も言わず、激高するジョブズ。マーケティング担当のジョアンナ は、そんなジョブズにいつも振り回されてばかり。するとそこに、ジョブズの元恋人クリスアンが娘のリサを連れて現われる。いまや公然の秘密である娘の認知を頑なに拒絶するジョブズだったが…。



4/10(48点)



ダニー・ボイル作品好きだし、楽しみだったけど正直、期待はずれ。

おおまかなジョブズのAppleにおいての立場や経緯などは

アシュトン・カッチャーがジョブズを演じたアシュトン版で観ていたので知ってたけど、

マックオタクでないと分からない専門用語をばんばん使った会話や、かつての友人(親友含む)たちとの言い合い

シーンが多くて、はじめは見入っていたけど、マニアックな感じの内容に段々と置いてけぼりになり、眠くなってくる。

なんかとにかく、口論というか、言い合いというか揉めてるシーン多い。

ジョブズの功績、Appleが成功を収めるまで、や商品開発の裏話的なものはなく。

ジョブズの人生や人となりを知りたいわけではなく、単にApple製品が好きなわたしみたいな人が観るには、期待はずれすぎ。

内容が随分とシリアスすぎるというか、商品に関しての話よりジョブズその人に関しての内容で、

娘との関係とか、別にジョブズのファンでないわたしにはどうでもいい事で。

そこにオスカー狙いなのか知らないけど、感動とか、親子の関係を描かれても退屈というもの。

ファスベンダーのファンにとっては楽しめるのかな。


これまでのダニー・ボイル作品は観る者を楽しませようとするエンタメ性に優れてたけど

本作はこれがダニー・ボイル作品?って思えちゃうほどなんか違う。

出来不出来という意味ではなく、面白いかという点だけで言うと過去作品全部観ているけどこれまでで一番つまんなかったな。

キャストはもちろん、皆さんよかったけど。

それにしても上に立つ人ってやはりワンマンで強気でっていうのはわかるけど

ジョブズってこんなに頑固で頑で、そして子供すら絶対認知せずに相手から恨まれるほど満足に養育費なども出さないような

男だったんだなって。ウォズがあんなに頼んでるんだから一言くらい発表会の時に言ってやれよと思ったり。

コレ観たらなんか凄いイメージ悪くなったけど


しかし、亡くなって4年でもう2本もハリウッド映画化したなんて。

ご本人が観たら本作どう感じてたかな。


ダニー・ボイル監督 映画『スティーブ・ジョブズ』予告編

 公式サイト

STEVE JOBS        2015年     アメリカ     122min

2月12日より、公開中~



素敵

 

 

 

NYフィルムフェスティバルにて。

 

サラ・スヌーク(左)出演シーンわずかだけどこの人ほんと、存在感あり。

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨコハマ・フットボール映画... | TOP | ゾンビスクール!/COOTIES »

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-02-18 18:01:09
正直なところ、彼らの会話内容はよく分かりませんでした。なんせ専門用語が多いもので。
でも3度に渡る同じ人物との口論だけで1本の映画を見せちゃうこの面白さは結構好きでしたね。
口論のテーマは一緒なのに、内容が14年も経つとこうも変わるのかと。
にゃむばななさん☆ (mig)
2016-02-19 12:06:34
こんにちは~☆コメントありがとうです。
もちろん好みにもよるんだけど、ダニーボイル作品として期待してたし、Macの話もききたかったのだけど、そういうのはなし、
マジメに口論シーンや彼の人間性や人間関係を浮き彫りにする内容メインに描かれていて、当然批判映画ではないけどどうにも楽しめない造りが残念で。
これはある程度の知識あって、というのではないと楽しめないですよね。
やっぱり (ノラネコ)
2016-02-21 22:44:27
台詞の大半がAppleヲタじゃないと分んないんじゃないかなあと思ってたのですが、やっぱそうなんですね。
話の背景を観客が全部知ってる前提ですからねえ(´ェ`)ン-
ノラネコさん☆ (mig)
2016-02-23 12:05:00
こんにちは~。
いやほんとに何でこんなつまんないの?ってくらい
今回ダメなダニーボイル作品となってしまいましたよー
この脚本家が苦手なのかも。
こんばんは (yukarin)
2016-02-24 23:35:23
遅くなりました...申し訳ないデス。

ずーっと口論ばかりしてて疲れたー(^_^;)
でもジョブズ氏の人となりを知ることができたんでこれはこれでよいかなと。

アシュトン・カッチャー版は観てなくて...今さら観るのもどうなのかと。若い頃はすごく似てるね。
yukarin☆ (mig)
2016-02-25 23:49:45
そっか~。yukarinアシュトン版観ていないのね、、、、
そっちでジョブズの人柄などわかったからこちらではなんかなー、イマイチだった、、、
アシュトンの方がyukarinも楽しめる気がするな、
今からでも観てみてー!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics