我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

コン・ティキ /KON TIKI

2013-07-11 00:05:05 | 劇場&試写★6以上

 

1947年に自説を証明すべく、古代ペルーの筏を再現して太平洋横断に挑戦した

ノルウェーの人類学者で海洋生物学者、トール・ヘイエルダールの航海の実話を、

ノルウェー映画史上最高の製作費を投じ、映画化した海洋アドベンチャー


第85回アカデミー賞と第70回ゴールデン・グローブ賞の外国語映画部門にWでノミネートされるという、

ノルウェー映画初の快挙で本国で大ヒット、ノルウェー在住の妹yueもDVDを持ってるというほどの作品。

大海原での大冒険の話、好みなので観て来ました~

ノルウェー、イギリス、デンマーク合作。

監督は「バンディダス」「ナチスが最も恐れた男」のヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ。

この監督コンビは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の5作目の監督決定なんだとか。

すごい~出世!

っていうか,まだパイレーツって続くの!?

 

観る前からyueやマリーさんに言われてたけど、ほんとだ

主演がライアン(ゴズリング)に似てる♡

あとティム・ロスにもネ。

ノルウェーのライアンと名付けました

ポール・スヴェーレ・ハーゲン。今後も注目しちゃおう

 

無謀だけれど、男の、夢とロマン

ノルウェーには妻も子どもも待ってるが、

自分の夢を実現するために生きる男。

よくこの無謀な冒険にチャレンジする仲間がほかに5人も

うまいこと集まったな。(一人はかつて溺れたのを助けてくれた幼友達)

国からの食料などの支援があり、注目されながらの渡航。

もちろん、簡単にはいかず 

途中、サメに遭遇したり嵐にあったり

 

8/10(81点)

 

 

面白かった~☆

これはこんな暑い日に観るのは大正解

大きな海みてるだけで癒しだし、涼しくなる

たとえサメのエグいシーンちょっと出て来ても

 

個人的なこといえば、主演のライアン似がカッコ良くて好みだったのも

思いがけないポイント。

ひげもじゃでムサくなるも、カッコイイ。

これ、むさ苦しいオッサンばかりだったらちょっと

絵(画)的にいまいちかも 笑

6人中、3人がなかなかのいい男。

 

ハリウッドなら、ライアン・ゴズリング、フィリップ・シーモアホフマン、

ヴィゴ・モーテンセン、ジョセフ・ゴードンレヴィッド、あと適当な誰か2名。

ってところか。いやリメイク希望しないけど 

 

ストーリーは、劇場にはってあったインタビュー記事を読むと

本当のところはこんなにドラマチックではなく、1、2度大変なことあったくらい

だったけどそれじゃ映画として面白くないからね。 って

アハハ、そりゃそうだ。

というわけで、特にドキドキな面白さってほどではないんだけど

(あ、サメをいかだにあげて、グサグサ刺すシーンにはびっくり。)

 

やっとのことで目的の地へ皆で辿り着いた時の感動、爽快感は最高

興味ある人はぜひ、劇場で

 

1947年、南米ペルーの港から南太平洋のポリネシアをめざし、1隻のいかだが航海に出た。その名は”コン・ティキ号”。1500年前の航海を忠実に再現 するために、12本の丸太と麻のロープで組み立てられたシンプルな乗り物だ。船長はノルウェーの人類学者トール・ヘイエルダール。10年に渡りポリネシア 文明と南米の古代文明の類似を研究してきた彼は、「ポリネシア人の祖先は南米から海を渡ってやって来た」と、誰ひとり信じてくれないその学説を実証するべく、コン・ティキ号による太平洋横断に挑戦する。風と波を動力に、星を道しるべに、8000キロの大海原を渡っていく。

 

 

  公式サイト 

KON TIKI         2012年   イギリス=ノルウェー=デンマーク   113min

6月29日より公開中~

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月公開☆新作映画リスト | TOP | This is the end /ディス・イ... »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかったよね~ (マリー)
2013-07-11 21:08:12
こんばんは~~♪
わ~い。ノルウェーのライアンと名付けてもらった!
本名長いから覚えられないし(笑)よかった。

migさんに言われちゃった~。そうそう、彼がイケメンなのと他2名ぐらいいたからよかった。
ムサイおっさんばかりだとちょっとなぁ~。

サメのシーンがドキドキしたのと、絶対到着までに3~4人は亡くなるだろうと勝手に思っていて
嬉しい誤算。
でも、奥さんのことは意外・・・待ってるのかと思ったの。

海が本当にきれいで癒された~。
夜のシーンもね。
こんばんは (ノラネコ)
2013-07-13 22:45:29
コンチキ号を知ってるのは昭和世代で、平成世代は知らないみたいです(´-ω-`)
私が始めてコレを読んだのは夏休みの課題図書だったかな。
パイレーツ5の監督に抜擢なのは面白いですね。
確かに海の撮り方は熟知してそうだけど(笑
マリーさん☆ (mig)
2013-07-15 23:58:58
ほんとにライアンにものすごく似てるときあった!
素敵だったわ~こちらも 笑
そうでしょ?けっこう可愛いのもいたし、
ヴィゴ風なのも渋くてよかったし、
シーモア系の電気屋はいまいちだけどいい相棒だったね☆
この夏にはいいよね~涼しげで。
ラストの爽快感も最高だった♪
ノラネコさん☆ (mig)
2013-07-16 00:00:16
私もおもいきり昭和世代(たぶんノラネコさんとおなじくらい)だけど
コンチキ号知りませんでした 笑
パイレーツ5はまったく興味がないんだけど
面白かったらみます 笑
おまたせー! (yue)
2013-07-16 19:18:10
バタバタと楽しくオスロ観光ガイドしてて
やっと落ち着いたところだよ^^

コンティキ面白かったんだ~!!良かった!!
しかも、そっちの猛暑の中観て涼めるのもいいね!!
そう、じょの俳優実は知らなかったんだ。
映画に良く出てるんだけどね、カッコいいよね
ポールさん。ソーヤやライアン系でmigたんのタイプだね♪

いつ観ようかなー。DVD持ってても、Nett Flixってので
いろんなの観れちゃうからついつい忘れてた。

オーウェンとヴィンスのインターンシップ
いつものノリのコメディで好きだったよ。
内容はともかく、このメンバーね。
Google本社も興味深いよ、日本はいつかな!!
yueちん☆ (mig)
2013-07-18 07:02:47
楽しんでるね!!
コンティキ、名前はつまらなそうだけど
楽しめたよ~
そうそう、この主演の北欧のライアンカッコ良かった~♪yueも早くみてみて!
せっかくもってるのに。

オーウェン&ヴィンスのにウィルフェレル出てるんだね、
日本はスルーだろうなぁ、観たい、、、!!
this is the end もオススメだよ♪
こんにちは♪ (yukarin)
2013-07-19 12:50:29
へぇ~ノルウェーのライアンはカッコいいんだぁ。
高評価~気になる^^
こういうのは大きなスクリーンで観るのがいいよねぇ。
yukarin★こんばんは (mig)
2013-07-22 01:14:42
これ、良かったよー!
主演もタイプでカッコ良かったし♪
ぜひぜひ観て欲しいーしかも夏にね☆

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

9 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ショートレビュー「コン・ティキ・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
大洋の冒険者たち。 おそらく「コン・ティキ」というタイトルに胸の高鳴りを覚えるのは、私の世代くらいまでなのではないか。 今の子供たちは余り知らない様だが、昭和の頃には教科書にもその抜粋が載って...
コン・ティキ (風に吹かれて)
ティキを信じて8000キロ海は障壁ではなく道である 公式サイト http://www.kontiki.jp実話の映画化米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作本作のヨアヒム・ローリングとエスペン・サンド
「コン・ティキ」 (みんなシネマいいのに!)
 昔、学研のひみつシリーズに「できるできないのひみつ」というのがあった。 これは
太平洋8,000Kmの航海『コン・ティキ (Kon-Tiki) 』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
トール・ヘイエルダールによる1947年のコンティキ号の航海を描いた『コン・ティキ』(Kon-Tiki)。監督はヨアヒム・ローニング(英語版)とエスペン・サンドベリ(ノルウェー語版)。第85回アカデミー
コン・ティキ (あーうぃ だにぇっと)
コン・ティキ@よみうりホール
『コン・ティキ』 2013年7月2日 ヒューマントラストシネマ有楽町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『コン・ティキ』 を鑑賞しました。 冒険心が駆り立てられる映画でした 【ストーリー】  ノルウェーの学者、トール・ヘイエルダールは、南太平洋ポリネシア諸島の住民の起源が南米にあるという説を信じていた。ヘイエルダールはインカ帝国を征服したスペイン人の図面...
『コン・ティキ』 (pure breath★マリーの映画館)
            いかだ“コン・ティキ号”で挑む、太平洋8,000kmの航海。                  歴史大冒険を描いた感動の実話・・・世界初の映画化! 『コン・ティキ』 監督・・・ヨアヒム・ローニング / エスペン・サンドベリ 製作・・・ジ...
コン・ティキ / Kon-Tiki (勝手に映画評)
実話に基づいています。1500年前と同じ筏で太平洋を東から西へ横断した事で知られるヘイエルダールの物語の映画化。 不勉強だったんですが、ヘイエルダールって、現代の人だし、コン・ティキ号の冒険も現代の事だったんですね。当然第二次大戦前の話かと思っていたんです...
コン・ティキ ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ノルウェーの人類学者で海洋生物学者、トール・ヘイエルダールの実話を基に、太平洋の航海をダイナミックに描いた海洋アドベンチャー。南太平洋に浮かぶポリネシア諸島の人々の起源が南米にあることを立証すべく、ヘイエルダールが敢行したいかだ「コン・ティキ号」による...