我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
12周年迎えます✨いつもありがとうございます!

カフェ・ソサエティ/CAFE SOCIETY

2017-05-06 22:28:21 | 2017年 劇場公開☆6以上

 

 

わたしが言うのもなんだけど ウディ・アレン爺、脚本がマンネリ気味。

そういわざるを得ないくらい、ちょっとありきたりでメリハリのない作品になっちゃってるけど

キャストが新鮮なおかげで助かってるのかな。シニカルな笑いはそんなに今回はない感じ。

 

アレン爺の映画は、わたしと同じカリフォルニアよりNY贔屓というのもあって

よく観てたけど、「ブルージャスミン」以降のここ3本はキャストに興味なくて観てなかったのでちょっとお久しぶり。

個人的にはアレン爺が出てない作品の方が好き(昔の作品はいいけど)

 

 舞台は1930年代のハリウッドとニューヨーク。

2人のヴェロニカに翻弄される青年の恋を描く、アレンお得意のロマコメ。

 

今回はジェシー(アイゼンバーグ)が主演

彼もアレン爺さん同様、ユダヤ人(ポーランド系)なので自身に重ねやすいのかな?

 

ジェシーは過去に「ローマでアモーレ」でアレン映画に出てるけど、他は大体初めての顔ぶれかな?で新鮮。

特にスティーヴ・カレルが起用されるとはちょっと意外。

ものすごく年下の秘書と付き合っちゃうのは自分(アレン爺)に重ねてるのかな。笑

 

 

 

 

著名人を相手に忙しい大物映画プロデューサー、フィル。

甥っ子が田舎から出てくることになり、下働きで自分の下に置く。

案内させた秘書ヴォニーに一目惚れした甥っ子ボビー。

彼女は実は離婚を考えてまで愛している、フィルの愛人だった。

クリステンはなんだかピンクとか可愛い系の感じが似合わなくて

どうしても可愛いという感じではない。素朴な少女というより

結婚してから再会して派手になった方が衣装は似合ってる。

 

ちなみにコスメのシャネルと契約してるクリステンは衣装(ドレス)もシャネルが全面協力だけあって、

ゴージャスで素敵なものばかり

 

中盤もう一人の美女(親友に彼を寝取られた)と出会い、恋に落ちる

ボビーはそのヴェロニカと結婚することに。

 

 

結婚してから会ってデートをする二人。

お互いを選んでいたらどうなってたか想像するも、お互いに今は幸せ。

(「ララランドもそれ系の話だったけど、昔のロマコメにはよくある話)

 

 

1930年代、黄金期のハリウッド。業界の大物エージェントとして活躍するフィル・スターン。ある日、ニューヨークの姉から電話があり、息子のボビーがハリウッドで働きたいというので面倒を見て欲しいと頼まれる。やがてボビーが現われると、秘書のヴェロニカ(ヴォニー)に街を案内させる。美しいヴォニーにすっかり心奪われるボビーだったが、彼女にはワケありの恋人がいた。その後ニューヨークへと戻ったボビーは、ギャングの兄が経営するナイトクラブの支配人となり頭角を現わしていく。そんなある日、奇しくもヴォニーと同じヴェロニカという名の美女と出会い、たちまち恋に落ちるボビーだったが…。

 

5/10(58点)

 

 

お得意のクダグダロマコメ。

見どころという見どころがないから二時間もないのにすごく長く感じる

ボビーの兄貴がギャングという設定で、隣の迷惑な住人がいると言っただけで消しちゃったり

どうでもいいいらない設定もありで無駄な?シーンも多い。

 

叔父が誰と付き合ってるか知らない甥は、まさか自分が恋してるヴォニーと思わずに

叔父も自分の甥がまさか自分の愛人と親しくしてるとは思わずに、、、

結婚相手のヴェロニカが出来すぎたいい女で、

あまり出番もなくてキャラも弱くて、せっかく美しいブレイク・ライヴリーが演じてるけどもったいない。

クリステン・スチュワートもあまり魅力的に見えないのよね。

途中眠気も来たし、アレン作品はもうずっとこんな感じでいくのかなー

ミッドナイト・イン・パリがここ数年ではやっぱり一番良かったな。

ジェシーも魅力発揮してる気がしない。

 

ってことで、全然DVDでもいい感じでした〜。

 

 

 公式サイト

CAFE SOCIETY         2015年     アメリカ  96min   

5月5日より、公開中〜

 

 

カンヌ映画祭にて

なぜかダコタちゃんも。

 

クリステンはやっぱりここでの衣装もシャネル提供

爺さんいつまで現役で頑張ってくれるのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (2)   Trackbacks (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノー・エスケープ 自由への国... | TOP | ネイバーズ2/NEIGHBORS 2 SO... »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらにも (yukarin)
2017-05-11 14:11:44
めずらしくこっちでも上映があったんだけどウディ・アレンなのでスルーしちゃった(^_^;)
どうも寝ちゃいそうで....なのでDVDでもいいかなーって 笑
yukarin⭐︎ (mig)
2017-05-12 07:36:04
あら!アレン爺の苦手だっけ?
でもこれ、最近のはマンネリでわざわざみなくてもよいかもね〜
前の3作もスルーしたまんまだわ💦
ジェシー好きだからみてよかったけどね

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

12 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
カフェ・ソサエティ / Cafe Society (勝手に映画評)
ウディ・アレンによる、1930年代の社交界の人々によるロマンティック・コメディ。ウディ・アレン自身が、ナレーションを務めている。 タイトルの『カフェ・ソサエティ』とは、社交......
カフェ・ソサエティ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) ウディ・アレンにしてはシニカル要素が影を潜め
映画:カフェ・ソサエティ Café Society キラキラと輝く1930年代の ハリウッド & NY を舞台...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ウディ・アレン(写真:右)の新作。 時代は1930年代。 親戚のツテをたどり、NYから憧れのハリウッドに挑戦する主人公(ジェシー・アイゼンバーグ 写真:左) キラキラして......
カフェ・ソサエティ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
「ミッドナイト・イン・パリ」「ブルージャスミン」のウディ・アレン監督が1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台に、2人のヴェロニカに翻弄される青年のほろ苦い恋と成長を......
カフェ・ソサエティ (試写会) (風に吹かれて)
大人になると... 公式サイト http://movie-cafesociety.com5月5日公開 監督: ウディ・アレン 1930年代。ニューヨークに暮らす青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は
カフェ・ソサエティ (だらだら無気力ブログ!)
個人的にはブレイク・ライヴリーの方が好み。
映画『カフェ・ソサエティ』★恋する青年with隣人トラブル(>_ (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170736/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督:ウディ・アレン  というだけで見ました(^^♪ 1930年代。 ハリウッドで、......
『カフェ・ソサエティ(Cafe Society)』ウディ・アレン監督、ジェシー・アイゼンバーグ、クリ...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『カフェ・ソサエティ』CAFE SOCIETY 監督 : ウディ・アレン出演 : ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワートスティーヴ・カレルブレイク・ラ......
カフェ・ソサエティ (♪HAVE A NICE DAY♪)
ウディ・アレンの最新作ですが今回も楽しめた 面白かった~ 今回の女優さんはクリステン・スチュワートかー・・・と失礼ながら思ってましたが 綺麗なんだけど・・・なんか違う・......
「カフェ・ソサエティ」:腹八分目の伝統芸能 (大江戸時夫の東京温度)
映画『カフェ・ソサエティ』は、ウディ・アレン印全開の佳品。アレン節たっぷりのスト
カフェ・ソサエティ (映画好きパパの鑑賞日記)
 ウディ・アレンのシニカルなラブコメディ。軽妙洒脱だけど、だから何という気持ちも。まあ、この手の映画でいうのは野暮というものでしょうけど。  作品情報 2016年アメリカ映......
カフェ・ソサエティ (映画的・絵画的・音楽的)
 『カフェ・ソサエティ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)ウディ・アレン監督の最新作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、プール付きの豪邸にお......