我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

マリー・アントワネット/Marie Antoinette

2007-01-25 15:12:01 | 劇場&試写★4 以下
『ヴァージン・スーサイズ』も『ロスト・イン・トランスレーション』も★5でした。(10段階ね)
もともとソフィア・コッポラ監督作品はそんなに好きってほどじゃなかったし、
フランス、アメリカともに公開後は様々な理由からブーイング、酷評を受けていたし
マリーアントワネットがキルスティンダンストだなんてぜんぜん高貴なイメージないし、、、、
ってことで全く期待してなかったけど
キラキラとした
絢爛豪華なマリーアントワネットの世界
淑女たるもの、観なくてはね
 (笑)

パリのヴェルサイユ宮殿、行ったのは遥か昔の15年くらい前
マリーアントワネットという人物には特に思いいれはない。
ベルサイユのバラも漫画も読んでないしアニメもみてないわたし。

当時は美人といわれていた



 
14歳でフランスに嫁ぎ、18歳で即位。
まだティーンだった無邪気なプリンセスが突然、大国フランスの矢面に立たされる。
決まりごとだらけの宮廷生活、自分に無関心な夫、意地悪な貴族達。
そんなプレッシャーからの反動か買い物三昧、贅沢三昧な日々にどっぷりつかっていくマリーだった、、、、。


これはキルスティン・ダンストのプロモーションビデオですか?


セリフ少なめ、描き方も浅い。どんな人物だったかどんな人生だったかを深く描かずに
表面だけをビジュアル重視で描いた感じ。
耽美派を納得させるにはソフィア監督お気に入りのキルスティンダンストじゃ
私見でいえば最初からダメ。
お手伝いさんに見える、、、、。美しくナイ、、、。
オープニングからもう引き込まれず、面白いと思わせるセリフもない。
ミスマッチとも思える、レディオデプト/ニューオーダー/バウワウワウ
などのロック曲を合わせたのは意表をついててこれはこれで
楽しいとは思うけど、ヴィヴァルディの協奏曲ト長調などのほかにも
もう少しクラッシックを使って欲しかったな。
歴史ものには珍しく、色彩にみちていて"キュートでポップ"カラフル
なのにその楽しさが伝わってこない!!

本人が楽しんでるのを”みせられてる”だけという感覚、、、、
途中からどんどん退屈に、、、



夫、ルイ16世にはソフィア監督のいとこでコッポラ一族の濃い俳優、ジェイソン・シュワルツマン
ニコラスケイジともいとこ。

サエないのよね、この人。(笑)


良かった点をあげるとすれば、
マリーアントワネット生誕250周年の年に撮影ということでフランス政府の全面協力の下、
本物のヴェルサイユ宮殿での撮影が可能になったことで
さすがに本物ならではの、つくりものにはない煌めきがちょっとは感じたかな。

マリーの寝室から、「鏡の間」、「平和の間」、「ヘラクレスの間」、「オランジュリー」、「プチ・トリアノン」など、通常立ち入り禁止になっている部屋での撮影が敢行された。
← ホンモノ一度寝てみたい


お菓子とお花、調度品の色合いは可愛らしくて好き

マノロブラニクの靴の登場シーンはちょっとだけアリ


2/10
(極端に低いけど、、、、)
先にも書いた通りほとんどキルスティンのプロモ?なので、それにハマれるかどうかかなぁ。
音楽のポップな感じと、ヴェルサイユ宮殿本物でロケという視覚的ゴージャスさは
良かった★
でもキレイ、カワイイという監督の好みで作っただけという風の
あまりに内容なさすぎで想像以下でした。
主演がハマっていればもう少し違ったカモ。



 公式サイト
公開中~

ソフィアコッポラ監督作品の音楽センスは好き
「ヴァージン・スーサイズ」の選曲は70年代の曲満載で最高

 「ヴァージン・スーサイズ」 サントラ






人気blogランキング←please click

 クリックしてくれると嬉しいな♪♪
いつも読んでくれて&応援ありがとう



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (133)   Trackbacks (88)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラスト・キング オブ・スコッ... | TOP | ママの遺したラヴソング/A LO... »

133 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
私もキルスティンは・・・ (non)
2007-01-25 15:42:43
migさん、こんにちは
TB、ありがとうございましたぁ~

イヤイヤ実は、私もやっぱりどう見てもキルスティンがダメで・・・
彼女がダメって時点で気持ちも入って行かなくて。
『スパイダーマン』の時よりはキレイに見えたけど、
どうしても王妃には見えませんでした~
内容も単調でしたね・・・
あわわ (AKIRA)
2007-01-25 15:50:09
ワースト候補ですか。。

たしかに,上映時間長いわりに
ドラマは薄かったですね。

映像は豪華なのになぁ
もったいない・・・
2!! (由香)
2007-01-25 16:37:34
migさん、こんにちは!
2点ですか!!
厳しいですねぇ~
確かに内容が薄かったですよね。
豪華な宮殿と衣装、綺麗な色彩には魅了されたけど、
結局アントワネットの何を描こうとしたのか
分からなかったもの
マノロブラ二クの靴ってどれだったの??
私は、毛がついている靴に目を付けて
欲しいなぁ~って思いました~
低い~ (ALICE)
2007-01-25 17:49:29
出ました2点・・・
って感じですね。

この映画は合わないと絶対に無理かもですね。
生理的に受け付けないような感じがします。
確かにキルスティンのプロモのようなとこも。

でもソフィア・コッポラ映画好きな
私はすごく楽しんでしまいました。
マリー・アントワネットには思い入れないけどね。

ジェイソン・シュワルツマン・・・コッポラ一族
でしたか。ソフィアは自分のいとこやら
親戚やらを起用しますね。仲良しってことかな。
Unknown (gisele)
2007-01-25 18:33:55
こんにちは。初めてコメントします。

昨年末から拝見するようになりました。更新も頻繁ですし、とても楽しく読ませていただいておりました。


ぶしつけな質問で申し訳ないのですが…本当にこの映画、ちゃんとご覧になりました?

私も個人的にマリー・アントワネットに思い入れはありませんし、ソフィア・コッポラ監督の作品もそこまで好きなわけではないです。キルスティン・ダンストに関しても同様です。

スパイダーマンのヒロイン役について、いろんなところで批判されていることは知っていますが、あの映画で彼女が演じたマリーはとてもチャーミングだったと思います。好き嫌いで眼鏡がくもりすぎていたのではないですか?


また、内容が薄いとおっしゃる根拠がわかりません。確かにルイ16世を演じたジェイソン・シュワルツマンは2枚目ではないでしょう。しかし、頼りなかった皇太子が、徐々にマリーとの絆を深め、王としての自覚と責任感で妻と子を守ろうとする姿は、胸にせまるものがありました。2枚目でない彼の容貌だからこそ、ぐっとくる部分があったと思うのです。

それに、贅沢に浸かっていった背景やプチ・トリアノンでの生活を愛した理由など、彼女の人生はきちんと描けていましたし、何よりも民衆に頭を下げるシーンで少しも心を動かされなかったのだとしたら、上映中に眠っていらっしゃったとしか思えません。


ビジュアルに関しては、前評判が高かった通り、とても美しかったと思います。同感です。しかし、その美しいビジュアルやポップな現代音楽を多用したことだけにしか目が行かず、「表面だけをビジュアル重視で描いた」という評価に行き着くのは、あまりに短絡的です。

前評判をご存知のようですから、この映画が歴史を忠実に描くことに重点を置いていなかったことは、初めから承知の上でご覧になったのだと推察します。だから、マノロの靴を探したりなさったのでしょう?
この映画の目的は「人間マリー・アントワネットを描くこと」であり、「18世紀フランスの歴史を描くこと」ではありません。

マカロンカラーとも呼ばれる色彩にこだわり、ミスマッチともとれる現代音楽をあえて用い、徹底してビジュアルを美しく仕上げた理由を、理解することが少々難しかったのでしょうか。

ガーリーなビジュアルと悲劇的な物語を重ねて、そのコントラストで映画全体を深め、物語の層を厚くする手法は、ソフィア・コッポラ監督が『ヴァージン・スーサイズ』でも見事に使っていたと思いますが。

日頃、多くの映画レビューをお書きになっていらっしゃるのですから、もう少し、映画全体を見渡せる目をお持ちになったらいかがでしょうか。


また、カンヌでのブーイングに関してですが、実際に何が起こったのか、事実をきちんとご存知ですか?私は実際にその場におりましたから事実を知っていますし、日本でも雑誌(ゴシップ記事ではなく良心的な記事として)などで報道されました。その事実を、改めて書きます。

カンヌでのブーイングは、この映画の上映前に起きました。理由は、「アメリカ娘なんかにフランスの歴史を描いてほしくない!」という偏見です。ご存知だとは思いますが、フランスの文化背景からして、このような偏見は特に珍しいものではありません。

しかし、カンヌでの上映後、場内からは割れんばかりの拍手が起こりました。この映画への賞賛の拍手です。


映画に描かれていた通り、「パンがなければケーキを食べれば?」とは、マリー・アントワネットの発言ではなく、ルイ16世の妹の発言であったということでした。この有名な逸話からもわかるように、悪い噂というものは、とてつもないスピードで拡がるものです。それは時に、真実を覆い隠してしまうものにもなり得ます。

この映画に対して、カンヌでブーイングが起きたことは事実です。けれども、そのブーイングが起きた理由、タイミング、そして上映後の観客の反応などからは、「ブーイング」という言葉とは全く違う事実が浮かび上がります。

もう少し、事実を考慮した上で発言なさってはどうでしょうか。自由に感じたことを発表しているだけだ!と思われるかもしれません。しかし、事実が捻じ曲げられているということは、決して良いことではないと思います。

自由な考え、自由な発言、大いに結構です。
けれども、どうか、公的な場に書いているということをお忘れなく。

あなたのレビューを観た方の中で、この映画を観るために映画館へ行こう!とは考える方は少ないでしょう。今回のように、事実ではない記述に影響され、他人の行動に変化が生じるということが起こり得ます。特に、批判なさる場合は、今よりも多少思慮深く行動されることを望んで止みません。

今回の記事で、大変に落胆してしましたので、私個人はもう拝見することはないかと思いますが、映画は素晴らしい文化だと、私も考えています。これからも多くの映画を紹介していかれて下さい。長文失礼致しました。
私も、、、 (TOMOKO)
2007-01-25 19:32:37
こんばんは!昨日観てきましたよ~。

migさんの意見には同感です。

期待して観に行ったけど正直がっかりだねと一緒に観た友人と話してました。

あの終わり方も私は嫌いです。

上の方のコメント読ませてもらいましたけど、自由な感想を書くのは当然のことですよね。

一人一人意見が違って当たり前ですよ~

新作のレビュー楽しみしてますね★

がんばって (mikimama)
2007-01-25 19:39:34
migさんがんばってね。とりあえずクリックしといた。この長文のコメントはいくらなんでもキツすぎると思う。自分と感想が違う、っていうことは、相手が映画を理解してない、っていうことじゃないもの。理解してても感想は違うもの。がんばってね!
面白い! (きらら)
2007-01-25 19:55:47
migちんさま

映画よりmigちんのレビューの方が面白かったよぉ~バッサリ!気持ちいい!!

↑なんか言っている人いるけど
あの民衆にお辞儀するシーンがイチバンがっかりだった
威厳ないし、あんなんじゃ民衆の心はつかめないよ~

ベルバラ読みまくっているから、ルイ16世はイメージどおりだったよ☆

でもお話はともかくカラフルな世界は可愛らしかったね~
酷評 (kossy)
2007-01-25 20:10:39
>mig様
長文のコメントも読ませていただきました(笑)
ほんとにmig様のブログをよく理解してたのか・・・気になるところでもありますね。

人間マリー・アントワネットを描くソフィアの視点だなんて、かなり胡散臭いんですよね~いったいどれだけの文献で研究したのかわかりませんが、細かいところばかりに拘って大きな史実と心理描写が全く描かれてなかったですよね。
待ってました! (NANA★)
2007-01-25 20:13:31
こんにちは
実は珍しく初日に観てきて、かなりつまらなかったので
migさんがレビューに書かれるの楽しみにしてました
で、ずばっと言ってくれてスッキリしました。
面白いのは面白いと、つまらないのはつまらないとはっきり言う潔さがmigさんのレビューの楽しいところです。
上の人が長文でコメント?してますけど
逆にmigさんがこんなに低いと観たくなるのでは?
と私は思いますよー
キルスティンはともかく、作品自体に面白味なかったですよね
観にいかないこと決定! (へー太)
2007-01-25 20:30:34
実は酷評を待ってました(笑)

観にいかない踏ん切りをつけたかったので。

記事を読む限り予想通りの映画みたいですね。

予告編とmigさんの記事の画像観れば十分かなー。

長文コメントついてますけど、正直にバッサリやるとこういうコメントつきますよね。私もたまーにあります。

カンヌのエピソードはともかく、人の感じ方は人それぞれだと思いますけどね。

私の映画選別のためにmigさんが正直に書いてくれないと困るので、これからもつまらなかったらバッサリやってしまってください。
Unknown (りお)
2007-01-25 21:37:12
☆2つか! 「墨攻」より下じゃん(笑)

ベルばら世代ですので(笑)、一応観に行くつもりです。
観たらまた遊びにきますね~

まぁ…映画の見方なんて人それぞれよ。
面白いと思う人もいればつまらんと思う人もいる。
みんな違ってみんないい(←違う)
nonさん★ (mig)
2007-01-25 21:43:23
コメント早速ありがとうございます~

最初から覚悟はしてましたけど、、、
それ以下でしたね。
雰囲気は明るくって音楽もノリノリなのは良かったけど
描き方、単に楽しいだけの世界が強調されていて、
本当の内面など、あっさりすぎでした
スパイダーマンの時よりは確かにまだかわいかったですね
AKIRAさん★ (mig)
2007-01-25 21:45:00
あわわ、、、に笑いました

上映時間!
それに触れるのを忘れてました、、、
どう考えてもあの内容で二時間ちょっとは長いです、
長過ぎでしたxxxxxx
由香さん★ (mig)
2007-01-25 21:47:55
こんばんは

キビしいですかね?(笑)

色彩はよかったですよね♪
あとキルスティンの着てるネグリジェがかわいかった

でも内容は、、、
じっくり観たけど、どこにも面白いと感じる部分なかったなぁ、、。残念です。
期待してなかったのでがっかり度もそんなにはないかな。
ALICEちゃん★ (mig)
2007-01-25 21:50:04
評価が良かったALICEちゃんにはわたしのレビュー、
嫌な思いだったかなー?

コッポラ一族!シュウワルツマンのキャラ嫌いじゃないけどね。。。♪
ソフィアコッポラも子供を産んで、
ああいう穏やかな子供とのシーンも強調したかったのかな。
giseleさん★ (mig)
2007-01-25 22:05:33
こんばんは。
わざわざ長文でのコメントをありがとうございます。

低い点をつけたのでこういうコメントがくるかな?
というのも思っていましたがここまでいわれるとは
ちょっとショックですね。

お言葉ですけど、、、
うとうとしそうにというのは表現ですので
寝たわけではないですし、寝てレビューを書くのはやってはいけないこと、といつも言ってるくらいですので
退屈と感じながらも最後まできちんと観ました。

それと、思うのですが、
わたしは評論家ではないので、お金をもらって書いているわけではないですし、頼まれて書いてるわけではないからこそ
正直に思った通りに書いています。
これが誰かに気を使って書いたり、読む人のことを考えて
取り繕った言い方をするなら、書く意味がないんです。

そしてわたしの評価の方法ですが、
giseleさんは去年から見ていただいてるようですので
ご存じないかもしれないですが、
自己紹介ページの最後に書いています通り、
★の数は映画の作品としてのどれだけすばらしいか、
よくできてるか?という評価ではないんです。
あくまで、わたしが個人として、楽しめたかというのが
基準なんですね。
だから当然、役者の好き嫌いもちょっとは反映するかと思います、
ただ過去10年くらい映画を見て評価を勝手につけていますけど、好きな女優が出ていようが、つまらないものはつまらないと評価しています。
例えばユマサーマンが大好きですが、彼女が出ていればいいというものではないんです、面白く作っていなければ、
面白いと感じなければだめなんです。
だから逆にたとえ嫌いな俳優が出ていても、面白く感じる場合だってあると思うんです。それは見せ方だったり、、、
台詞だったり、、、いろいろあると思う。

そして、役者のことは間違っても悪くは言ってません、
あってないとかはいいますが。
シュワルツマンについても、サエないとは書きましたが、
いい役者だと思ってますしね。

これでも映画関係の仕事に携わっていたこともあるので
映画を作る側の大変さもよくわかっていますし、
書くことで読んだ人が受ける影響もあることはわかります。
でもあなたのいうのは、わたしがあなたの評価と違ったからといって、この映画はいい映画ですよ!と
考えをおしつけてるにすぎません。

こちらにコメント下さる方たちは皆、ひとそれぞれの意見があるというのをわかっている、大人の方達ばかりなので、
こういうようなコメントはめったにこなかったのですが、
ご理解していただきたいと思います。
私の記事で、今回失望したのでしたら残念です。

それと、マノロの靴のことは、
わたしマノロの靴のファンではないですが、
読んだ人がマノロの靴が登場するんだ、とわかるようにたださらっと書いたにすぎません。

そういうわけで、長くなってしまったのですけど、
本音でこれからも書かせていただきます。
migさんへ (由香)
2007-01-25 22:08:35
こんばんは!
migさん、長文コメント大変ですね。
心中お察し致します。

人それぞれ感じ方が違うのは当たり前なんだから
migさんの感じたことを書いていいと思います。
めげずに頑張って下さいね~
TOMOKOさん★ (mig)
2007-01-25 22:10:26
こんばんは

TOMOKOさんも駄目でしたか?
楽しんでいるひともいるので、正直に書きすぎるのも
大変なんですね。

難しいな。
わたしも、一人一人意見は違うのは当然だと思うんだけど、、、
mikimamaさん★ (mig)
2007-01-25 22:14:39
ありがとうございますー
すごく嬉しいです!

びっくりして悲しくなったので、励まして下さって嬉しいです。
楽しいもの、楽しめなかったもの、
嘘をつけない性格なので本音でいっちゃうので、
わたしの書いたことに頭にくるひとがいても当然かと思うけど、映画はけなしたくはないんですよ、
面白くなかったけど、、、、。
わかってもらえないひとがいても、仕方ないかもしれませんね。
脚本に難☆ (パフィン)
2007-01-25 22:16:41
migさん、この映画、すごく楽しみにして
観にいったのよ~。でも、ちょっと失望。

「ロスト・イン・トランスレーション」を
2度劇場で観て、サントラも購入したほど
ソフィア・コッポラ監督が好きです!
淡々とした描写、透明な空気感が魅力

「マリー・アントワネット」では彼女の軽さが
裏目にでた感じでした。フランス宮廷のやり方を
ridiculous(けなして、馬鹿馬鹿しい)と言ったり、
朝まで遊んだり、ケーキを指で・・と驚くような
演出でした。撮影も単調だったな~。
惜しいと思います、再度編集しなおせば、良い
映画になるかもしれないですね
きららちん★ (mig)
2007-01-25 22:17:47
きららちんも、ありがとう

酷評しちゃったけど、わたしなりの思ったことを書いたつもり。
きらりんの意見も同感!
ベルバラ読んでたのね

もうちょっとはみせる部分があるかと思ってたので、ちょっとその部分がっかり、だったなぁ。

でもネグリジェとか、ドレスはさすがに可愛かったね
TB・コメント有難うございました! (パピのママ)
2007-01-25 22:22:20
こんばんは!、忙しいのにコメント有難う!!。
私は、ブログの映画レビューは自分が感じて思った事書けばいいと思っている方なので、migさんの酷評もいいと思いますよ。
いろんな人いるのよね!、私もパッシング受けたことあるので、それから気をつけて書いています。
この映画は、去年フランス旅行した時ヴェルサイユ宮殿いったので、貸切で撮影~さすが”ソフィア”懐かしく観る事ができました。
気にすることなくドンドン記事アップしてくださいね。一ファンより
kossyさん★ (mig)
2007-01-25 22:22:29
こんばんは

kossyさんのレビュー、同感でした。
暖かいコメント、ありがとうございます

わたしのブログの趣旨をわかってくださる方ばかりが読んでくれているわけではないですもんね、
せめられても仕方ないのかな。、、、、

kossyさんの言ってた、タランティーノの出演、
ソフィアコッポラとタラちゃん、仲がいいのでありえたかもですね(笑)

観たかったなぁー
NANAさん★ (mig)
2007-01-25 22:27:11
ありがとうございます

NANA★さんも観られたんですね、昨日はレディースデイで
女性たくさん!!やっぱり皆美しいもの、
華やかなものが観たいんですね

もう少し、面白く作ろうと思えばできた気もするし、
あえてそうしなかったんだったら、
あんな風に楽しいところばかり描くのはどうなのか?と思いました。
うーん、わたしの評価低いと
そのせいで観よう!と思うひとがいたらそれはそれですごいことですね。
深く考えずにいきたいです。
一言、言いたくて (あん)
2007-01-25 22:31:21
私も、この映画のレビューを”退屈だ”と書きました。

だから、ここのレビューの意見に賛成です。migさんは、気になさる事ありません。
私は、プロの映画評論家の意見なんか聞きたくありません。
率直ないちブロガーの意見を聞きたいのですから。

私自身はキルスティンは好きだし、ソフィー作品も気になるのでなるべく観ますが、それでもこの作品の内容は浅いと思います。

断頭台まで描かずに綺麗に終わるのも、いかにもソフィ的だと思います。
好きな色、好きな物に囲まれても、寂しい迷ったまんまの少女...それがソフィなんですもの。
へー太さん★ (mig)
2007-01-25 22:31:32
ありがとうー

嬉しい
わたしもへー太さんもハッキリ書くから注意しなきゃいけないのかな、、、、。

わたしは初めてだったからちょっとびっくりしたけど、
こんな風にいわれたらヤル気なくなっちゃうところでした。。。。
へー太さんの言葉もすごく嬉しかった★
参考にしてもらえるように、極度な気を使わず
思った通り書きますよー

あ、さっきのフォレストウィテカーの映画、
脚本家はアカデミー賞ノミネートの『クイーン』の脚本家と一緒なんですよー!
ゴールデングローブ賞もとった人!
レビューに書きわすれたので加えなきゃ★
そういう意味でも必見です
りおさん★ (mig)
2007-01-25 22:35:01
りおさんらしいコメント、ありがとー
嬉しい。
墨攻よりもちょっとダメだったなぁ、、、

りおさんがどう観るか、かなり興味深いなー。
早く観てね!(笑)
由香さん★ (mig)
2007-01-25 22:37:18
感激です~
わざわざ、再度のコメントありがとうございます

悲しくなったけど、皆さんの暖かいコメントすごく嬉しかった。
これからも書きます
パフィンちゃん★ (mig)
2007-01-25 22:40:53
パフィンちゃんはきっと楽しむだろうと思ってたので、
レビュー、きつく書いて気分害しちゃうかな、、?とも
思ったんだけど、わたしと思ったことが似ていてびっくり。

ちょっと今回は想像以上にダメでしたね、、、、
キルスティンだけの問題ではもちろんないし、、、
パフィンちゃんのいうように、軽さが裏目に出たのかなぁ。
ポップでもなんでも、楽しませようという感じがするのならわたしはOKなんだけど、今回のにはそれが感じなかったのよね、、、
パピのママさん★ (mig)
2007-01-25 22:45:49
こんばんは
コメントありがとうございます
とっても嬉しいです

わたしも自分が好きな映画のことを
仲の良い友達や評論家に悪くいわれるとかちんとくるけど、ブログですからね、
ブログ上だとぜんぜんどんなこと書かれていても
いろいろなひとがいるからそういう意見もありだよね、と広い目でみちゃいます(笑)
自分の意見をかかないでどうする?と思います。
あ、わたしももう一度ヴェルサイユ宮殿行きたくなりました、
そういう意見も書くべきでしたね
あんさん★ (mig)
2007-01-25 22:51:04
ありがとうございます

すごく嬉しい一言です!!
感激です。。。。

そういってもらえて、本当になんだか気持ちがラクになります。
自分のブログですし、取り繕うことはしたくないんですよね。。。
みてくれる方が増えると、いろいろな方がいるので
気にしなくちゃいけなくなる部分もでてくるかもしれませんけど、評価は低くしても自分が楽しめなかったというだけで、
みにいかなくていいよー!といってるわけではないので
はじめたときと同じ気持ちで、思った通り書いていくつもりです。
わかってもらえない人のコメントはとても悲しいです。
本当にすてきな励ましのコメントをありがとうございました。
好きなのに(笑) (にゃんこ)
2007-01-25 23:23:34
こんばんは~
マリー・アントワネットは好きなのにねーーー(笑)
寝なかったけど、居心地が悪い後半が
我ながら切なかったです(爆)
キルスティン・ダンストは前歯以外は、なかなかはまってたんだけど(ぉ
やっぱり彼女はブロンドのほうが、よいみたいです。
migさんのダンストPV・・・ある意味同感かも(笑)

追伸:blogはあくまでも自分のサイトです。
管理しているその人の想いを綴った日記なので
migさん 自由に思ったこと書いて行ってくださいね♪
Unknown (yurie)
2007-01-25 23:31:16
ヴァージンスーサイズ私もあまり好きくないなぁ。
退屈だったのかぁ☆まず音楽が美妙だよね~
なんかアディダスの靴が出てくるらしいね!
しかも監督の遊び心だとか(苦笑)
とりあえず、ケーキとお花と可愛い靴のタメに観に行きますわぁ(*≧ω≦)
どんまい (かえる)
2007-01-26 00:02:13
こんばんはー。
私はこの映画大好き派なので、記事を読みながら反論したいモードになったんですが、コメントを読み進むうちに、方向性が変わりましたです。(笑)
感じ方は人それぞれですもんねー。
ブログのレヴューは本音で書かれているものこそ読みごたえがあると思いますよー。
2点というのはむしろ気持ちがいいです!
こんばんは♪ (ミチ)
2007-01-26 00:23:58
これだけ人気ブログなんですから、たくさんの読者の中にはいろんな方がいるということですね~。
映画ファンって人それぞれの好みがあるってわかっているからこそ、他人の意見に寛容なのになぁ。
逆の意見こそ面白いって私は思います。
migさんめげないでね!

この映画、私の場合ベルバラと共に青春を過ごして、ロココ時代にメチャ詳しくなっちゃったもので、思い入れが深いんです。
映画の人物描写や時代背景の薄さは自分で脳内補填しております(笑)
Unknown (baoh)
2007-01-26 00:28:39
ここまで酷評されると逆に見たくなってしまいます・・・劇場は無いですけど、DVD出たら要チェックですね(笑)

私も結構ボロカス書いてるんですけど、長文反論コメント全然きません・・・あ、アクセス少ないからか(爆死)精進します

反論コメントつくのは人気ブログの証だと思いますよ(笑)
Unknown (MASA)
2007-01-26 00:37:42
俺も、、、上のbaohさんと同じく
migさんがこんな低いのは逆に気になる、、、、
いやマリーアントワネットに興味ないからムリだ。
しかしこうやって反論してくる人いるんだね。
それをきちんとコメントで返す、、、エライです
Unknown (koko)
2007-01-26 00:44:00
migちゃん!私も公開初日に行ったの~!主人を連れて行ったんだけど途中からカレに申し訳ない気持ちになってきちゃって・・・
久しぶりに早く終わってくれないかな~と思ってしまった・・・(><)
“本人が楽しんでるのを見せられてるだけ”っていう感覚すごく同感
フェルゼンとの恋愛の高揚感もあんまりなかったね
おかしや小物はすごくかわいいね!!映像もきれいだし
ソフィアコッポラの洗練された世界観というか、透明感がいいナ~って思う気持ちもあるんだけどね^^

あとバウワウワウのI want candyってロミー&ミシェルでも掛かってたじゃない?iTunesで買っちゃった

今日こちらのコメント欄を読んで、どうしてmigちゃんのブログがおもしろいのかよーくわかりました!!migちゃんのブログへの情熱や姿勢は素晴らしいと思う
私はいつも楽しみにしてるよん
ごめんなさい! (koko)
2007-01-26 00:53:59
↑途中で切れてた!気づいてよかった!!本当はもっといっぱい書いてたのー!失礼いたしました!

フェルゼンとの恋愛の高揚感もあんまりなかったね 
“本人が楽しんでるのを見せられているだけ”って言う感覚、すごく同感
小物やおかしはかわいかったね~!!
映像もきれいだしソフィアコッポラの洗練された世界観というか、透明感イイナ♪って思うんだけどね~、、

あとバウワウワウのI want candyってロミー&ミシェルでも掛かってたじゃない?iTunesで買っちゃった

今日こちらのコメント欄を読んでどうしてmigちゃんのブログがおもしろいのか、よーーくわかったよ
migちゃんのブログへの情熱と姿勢素晴らしいと思う!! 

いつも楽しみにしてるよ~~!!
migさんステキ。 (mikimama)
2007-01-26 01:09:21
migさんの長文の方へのお返事、読みました!とっても落ち着いてて、とっても正直に上手に書けてて、わたしのなかの「migさん像」通りってかんじでした。わたしとしてはこの件でますますmigさんのことが好きになったかんじ。こういうのに感情的な返事を書くのをみるとガッカリきちゃうこともあるものですけど、と~っても常識的なお返事でよかった~。
こんばんはー (やまたく)
2007-01-26 01:46:02
いろいろと読ませてもらいましたが、
ホントお気になさらずに!!!
(あの長コメは内容以前にルール違反ですから)
migさんのブログのように
読まれている方がたくさんいらっしゃると、
なかにはそういう方も、ネ(^^;)
しかも「マリー・アントワネット」はとくに
好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思いますし。。。

ちなみにボクはけっこう楽しめました★
キルスティン・ダンストのPVというのも
また違う意味で「言いえて妙」というか、
あながちソフィアの狙いとズレてないのかも、
なんて思ったりも。

(こんなワタシのタワゴトを含めて)
雑音は気にせずに、多くの読者のために、
率直なレビューを書き続けてくださいネ!!!
あらら (moviepad)
2007-01-26 02:34:51
migさん、こんばんわ。
TBでは数え切れないほどお世話になってますが
はじめてコメントさせていただきます。

この映画は見ていないのですが

<というより見る気ゼロ。
キルスティン主演&ソフィア・コッポラでアウト。レンタル代さえ払いたくない(笑)
お手伝いさんに見える、には笑わせていただきました。

長文コメントの件ですが、個人ブログは提灯記事書いてちゃ存在意義がないですよ!遊びに来てくれる人も、絶対にそういうものを求めてないし。これからも好き嫌い、ばっさり書いてくださいね。
これも人気ブログゆえのこと。僕のとこなんてクレームきそうなこと山ほど書いてるのに全くきません。ははは(^^;


あらら2 (moviepad)
2007-01-26 02:42:42
なぜかコメントが途中までしか反映されていないので続きを。

長文コメントの件です。
個人ブログは提灯記事書いてちゃ存在意義がないですよ!遊びに来てきれる人もそんなものは絶対に求めてないし。これからも好き嫌い、はっきり書いてください。これも人気ブログゆえのことでしょう。僕のとこなんてクレームきそうなこと山ほど書いてるのに全然きません。喜ぶべきことなんでしょうか(笑)
こんばんわ☆ (りんたろう)
2007-01-26 02:54:07
確かに内容の薄い作品でしたね(>_<)
「汚いものを排除した夢見る乙女のための映画」のようで、観終わった後は豪華な衣装と食事しか残りませんでした(^-^;w

人の意見はさまざまです。
観る人によって感想は違いますし、全員が同じ意見だったらつまらないでしょうし(^-^;
だから映画は面白いんだと思います♪
これからもmigさんのブログ楽しみにしてます☆
頑張ってください(^-^)♪♪♪
Unknown (ジジョ)
2007-01-26 06:31:10
こんにちは(^-^) TBさせていただきました☆
いろんな意見がありますよネ☆
わたしはこの映画大好きですけど、
ワーストにしたくなるキモチも理解できますw
また読ませていただきますね♪
TBありがとうございました♪ (テクテク)
2007-01-26 08:01:13
こんにちは
いつもTBやコメントをありがとうございます

実は、この映画、私もイマイチでした…
しかし、色んな方の感想を拝見して、
この映画に対する絶賛のレビューが想像以上に多かったので、
正直なところ、驚きました

この映画が大好きな人からすれば、
酷評のレビューは面白くないのかもしれませんが、
人の感性なんてモノは違って当然なので、
自分とは違った感想を知る事で新たな発見もあったりして、
それは悪い事だとは私は思っていません

「キルスティン・ダンストのプロモーションビデオ」
この言葉には、なるほどなぁ…とも思いました

これからも、映画に媚びる事なく、
自分の感性を大切に、正直な感想を書いて下さいね
楽しみにしています
再コメント失礼しますm(_ _)m (non)
2007-01-26 08:59:12
migさん、こんにちは
再度のコメント、失礼します

私もね、あるんですよ~こういうの・・・
ネットって色んな人が見てるから、はっきりした事を書いたりするといろいろと来ちゃいます
その時はどうしても落ちちゃいますよね。
ネット生活を始めて7年ぐらい経ちますが、
その間バッシングに遭ったりもめたり、
その都度しばらくPCを開けなくなるほど落ち込んで・・
で、何度目かの正直で再開した今のブログ、
migさん含め、皆さんほんとに大人で良識的。
その事にとても感激している毎日ですが、それでも実は時々あるんです。
削除しちゃったりしてますけど・・・

でもほんとにmigさんはとても人気があって、
これだけ沢山の方がコメントを寄せられてるし、
全然大丈夫
みんなちゃんと分かってますしね~
私もまた多分いろいろあると思うけど、
お互い支え合いながら、楽しくやっていきましょうね~
追伸です★ (やまたく)
2007-01-26 09:07:21
自分のコメントで「ルール違反」と
書いたことについて、
ちゃんと根拠は書くべきだなと思ったので。

映画への批評は100%自由。
but 映画を批評した人への「批判は」はアウト。
直接ならまだしも、公の場ではとくに。
ルールというかマナーですね。
言葉足らずでスイマセンm(_)m
Unknown (千幻薫)
2007-01-26 09:42:35
星2つはシブイっすね~。
それぞれが自分のブログで自分が映画を観た感想を書いているんだからどんな評価だっていいはずなのにね~。
気にしてたら何も書けなくなってしまうから、これからも思うがままに書きまくりましょう
再登場~ (ALICE)
2007-01-26 09:59:25
私も上の長文コメント読みました。
ちょっと嫌な書き方でびっくりしたんですが
世の中にはいろんな人が居ますね。
私はmigさんの評価が低くても
全然なんとも思わないしむしろ
意見が正反対の時なんか
なんだか読むのが面白いですよ。
あまりにも低かったらあえてチャレンジしちゃろ
とか思うもんね。
これからもmigさんのスタイルが変わらないとは
思うけど直球なブログ楽しみにしています。
だってプロじゃないんだからね。
これで文句言われたらmigさん
パリス・ヒルトンに訴えられるかもよ。(笑)

これからも応援してるね♪
自分らしく (シャーロット)
2007-01-26 12:55:14
遅くなってごめんなさい。
えっと実は家族中で風邪を引いてまして。
昨日はさっさと寝てしまった。。。

なーんか盛り上がってますねー。
色々と読ませていただきましたが。

実は私、この作品に関しては見る前はどうやって酷評しようかと思っていたくらいです。爆
でもきっとmigさんはばっさりいくだろうなとその点期待して待ってました。笑

やっぱりダメでしたかー。
でもそういう自分の基準を明確に書いているmigさんはある意味とても周囲に対して親切ですよね。
なんでダメだったのか、きちんとした理由があるわけで。「それでも私は、ダメだったー」ですかね。笑
自分のところで嘘書いても仕方ないし、正直に書くことは決して悪くないですもん。
それに色んな方がいますからこれからも気苦労があると思いますが、今まで通りのスタンスで良いと思いますよ~。
これも人気の証拠ですって!
ちなみに私はこの作品は気に入りました。
ビジュアルと音楽優先なんですもの~
「それでも私は、好きだった」爆
あ、「~やってない」っていう映画は見てきたのですが、まだ記事が書けてませんー。
また遊びに来ますねん♪

やっぱりー。 (まみ)
2007-01-26 13:13:21
migさん!
これ、友達が先に観ていて「つまらない」って言ってたのでやめようと思ってました。
migさん観るの待ってました
自分の意見と違ったからってもうきませんなんて
どういう人なんでしょう、何様ですかという感じです。
まみも皆さん同様、はっきりしてわかりやすいmigさんのレビューが大好きなのでこれからも気にしないで
書いてくださいね
にゃんこさん★ (mig)
2007-01-26 13:22:29
ありがとうございますー

気に入った方には批判的に聞こえるかもしれないけど、だめだったのは本当で、、、、
にゃんこさんは眠くはならなかったんですね★
キルスティンの前歯はチャームポイントでもあるけど
時に憎らしさを醸し出してますよね(笑)
yurieちん★ (mig)
2007-01-26 13:24:40
観てきてね~。
賛否両論だけど、可愛いもの好きならビジュアルには満足できると思う
遊び心もいいんだけど、それならもっと徹底してほしかったなー。(キビしすぎ?)
観たら感想聞かせてね!!
かえるさん★ (mig)
2007-01-26 13:27:21
反発は勘弁して(笑)
人と違う意見読むの、わたしは好きなので大歓迎なんです。
だからこそブログで意見を交換しあう楽しさもあるわけですし。
激励の言葉嬉しかった。
ありがとうございます
ミチさん★ (mig)
2007-01-26 13:33:15
ありがとうございます~

わたしもそう思ってるのですが、色々な人が読むので
仕方ないかもですね。
でもいつも思うのは皆さん大人だなぁってことです。
きちんとわかって下さる方ばかり。

言葉は難しいけど、気を遣う文章は極力書きたくないです。

この作品、ミチさんのように、ベルバラやマリーアントワネット好きな方には比較的評判いいみたいですね★
わたしは思い入れないから余計楽しめなかったのかなぁ、、、、。
でもひとつの意見として聞いてくれて嬉しい。
baohさん☆ (mig)
2007-01-26 13:36:39
ありがとう~
baohさんとこ沢山人見てるでしょう!
でも分かってくれてる人が多いってことじゃ。。。。

言いたい放題書くことはいくらでも出来るけど、
よっぽどお金かえせーって作品じゃない限り
(それはそれで面白かったりするけど)
キツく書けないなんてそれもつまらないですよね、
baohさんの辛口レビューも好きですよー
MASAさん☆ (mig)
2007-01-26 13:39:29
こんなとこにありがとうございますー
アハハ、MASAさんマリー見そうな感じしない(笑)

色々な人がネットではみてるってことたまに
思い知らされます。。。。
kokoちゃん!! (mig)
2007-01-26 13:43:28
メールまでくれて、ここにもコメントくれて、、
本当感激
kokoちゃん先にいまいちっぽいこといってたから
余計期待しないで観たんだけどね、、、
そうそう、ソフィアコッポラの作品、透明感あるね

あとドレスとかは可愛かったけど、、、。
そうそう!ロミー&ミッシェルでかかってたっけ。
あのサントラ良かったよね
もってたけど人にあげちゃった(笑)
聞きたくなったなぁー。
kokoちゃんすごいよく気付いたね~♪

そのひとこと、何より嬉しいほんとにありがとう!!
mikimamaさん☆ (mig)
2007-01-26 13:48:31
再度のコメント、ありがとうございます

そんな風に言われると照れちゃいますけど
自分の考えは持っているので、
読んでくださる人には分かってもらいたいです。
mikimamaさんのお言葉、すごく嬉しくて
励まされました。
はじめてのことでしたけど、
言葉って大事ですね。

これからも、そうぞよろしくお願いします
やまたくさん★ (mig)
2007-01-26 13:54:58
こんにちは!
わざわざ二度も訂正含めて書いてくださり、
感謝しています

やまたくさんは楽しめたんですね!
確かに狙いだったのかもですね、、、
自分の好みに合うかどうかというのもありますね、
キルスティンじゃなかったらもっと楽観的にみられたのかなぁ?とも考えましたけど、、、
でもキャスティングの問題は好み以前に合う合わないがあるような、、、
でもそれをどう感じるかもそれぞれ違いますモンね。

moviepadさん☆ (mig)
2007-01-26 14:00:57
こんにちは、いつもお世話になっています!

ありがたいお言葉、すごく嬉しかったです。
ありがとうございました。
その言葉ですごく安心感を覚えました。
たぶん、この方わたしと意見がそれまで似ていたのに
今回のがすっかり低い評価なので
頭にきてしまったんでしょうね。

いいたいことがかけなくなるのは辛いです、
書いてる意味もないと思います。
分かってくださる方が多くてこのように言葉をいただいてありがたいなって思います。

moviepadさんのところへもいつくるかわかりませんよ!(なんてね、)
どんな言葉で書かれていても、個性だと思って受け入れますよー
りんたろうさん★ (mig)
2007-01-26 14:04:08
ありがとうございます

楽しんだ方にはちょっと嫌な気分になるかもしれませんね、、、、
ひとつの意見として流してもらいたいです

りんたろうさんのレビューもいつも読ませてもらってます、応援してくださってほんとにありがとうございます
ジョジョさん★ (mig)
2007-01-26 14:14:53
ありがとうございます
わざわざコメントでそれを伝えて下さって感謝です
これからもよろしくお願いします
こんにちわ (ななな)
2007-01-26 14:15:00
migさん♪
何か・・・大人気ない人(笑
映画の感想は人それぞれ。好きって言う人もいればつまんない人だっている。
それって当たり前のことですものね。
逆にみんなが同じ意見で自分の気持ち隠してたらそれこそつまんないし映画観る意味無いじゃん!って思うのでした。
migさんの感想はmigさんのもの。
だから今までどおり大切にしてあげてくださいね


私はこの映画を観て出来ることならこの映画出たかったとずれたこと考えていました(笑
だってドレス着たいしマノロの靴も履きたいし・・・
もともとそういう世界が大好きだからかな。
楽しんじゃいました
ジジョさんでした、ごめんなさい!! (mig)
2007-01-26 14:16:34
お名前間違えて失礼しました
正直な感想は大事ですだ! (NY支店長)
2007-01-26 14:18:39
映画を観た後の感想や意見は千差万別であって当然でしょう!

私は、批評というものは堂々と「これは全く面白くなかったぞ」と言える人にこそお金をもらって書いてもらいたいと思ってます。いつも正直に自分の意見を書くからこそ、批評を信頼できるんですもん。
なので、migさんのこの記事は大変面白く読めましたよ。ほほう、migさんはそう思ったのかってね。

私が何よりも残念なのは、お金をもらって書いている不正直な提灯記事の存在です。批評のフリをして、実はただの広告っていうのは読者をちょっと馬鹿にしてますよぅ。紛らわしいので、広告は広告ページに書いてくれー!

正直な批評、適切な批評は映画や芝居などの芸術をより良いものにする、次の段階に進めるのに役立っていると思いますが、逆に提灯批評は百害あって一利無しです。(あ、利を得ている人はいるか!)

日本ではマイナスの評を発表すると叩かれることが多いようですが、なんだかおかしいですよね。何のために批評をするのかと言えば、それをこれから観る人の為もありますが、より良いものを産み出すためっていう意味もあるのではないでしょうか?
なので私はmigさんのように、正直に自分の感想を書いてくれる方にこそ恐れずにドシドシ批評文を書いていただきたいです。

正直という意味ではgiseleさんのご意見も正直で、恐れずにmigさんのご意見に反対意見を書かれており素敵だと思います。でも、個人的には「もう拝見することはないかと思います」などと、もう聞く耳を持たないなんておっしゃらずに、自分の意見とは正反対の方の意見にも耳を傾けて、議論してくださってたら良かったのになと思いました。
反対意見に耳を傾けて、自分の肥やしに出来てこそ人間成長していくんですものね。

これからもmigさんの正直なご感想をとーっても楽しみにしていますヨ。
テクテクさん★ (mig)
2007-01-26 14:20:26
コメントありがとうございます!

本当に色々な方から思ってもなかったのに
優しいコメントいただいて、
すごく感謝しています

わたしと同じように考えている方がそれをわざわざ伝えてくれたこと、ありがたいなぁと思っています。

これからもどうぞ宜しくお願いします。
わたし、言葉キツいときもあるので
そのへんは気をつけないとだな、、、と思ってます。
nonさん★ (mig)
2007-01-26 14:27:48
再度コメント下さりありがとうございます!

nonさんもそういう事があったんですね、、、
色々な人がみているということを実感したのと同時に
だからと言って気持ちを控えめするのもいけないと再確認した思いです

いつもnonさんも応援してくださって本当に感謝しています。
小さなことだけど、重要なことですね。
これからもお互い、正直にいきたいですね
やまたくさん★ (mig)
2007-01-26 14:29:28
わざわざ、補足をしに来て下さって
感謝です、すごくよくわかります。
ありがとうございました
千幻サン★ (mig)
2007-01-26 14:32:52
ありがとう~

★2つって、よっぽどみたいな感じですよね
あは。
んー、、、でもそのくらいハマれなかったの
千幻サンも思うままの記事書いて下さいねー
ALICEちゃん★ (mig)
2007-01-26 14:39:03
ありがとう~
それを聞いて安心した、、、、
わたしも反対意見聞くのも自分と違う見方で感じるのが楽しいと思えるから、全然OKなの。
でも見てるのはブログを書いてる人ばかりじゃなくて
普通にその映画のファンのひととか、俳優のファンの人もいるわけで、面白くない思いをする人がいるのも事実。

そこでそういう人の為に遠慮してしまうのは
やっぱり本心のレビューではないよね。
ALICEちゃんの言葉、すごく嬉しかった、ありがとう
パリスに訴えられるのもいいね!(笑)
シャーロットさん★ (mig)
2007-01-26 14:49:49
コメントありがとうございます
風邪、大丈夫??
寒くなってきてるから気をつけてね、、、、

それでもわたしは好きでしたかぁ(笑)
シャーロットさんもダメだと思ってたからちょっと意外★
でも楽しめた勝ちだと思いますよー
できるならわたしも楽しんだ記事ばかりにしたい

でもそれも嘘くさいし(笑)
ベルバラに感心がなかったわたしだから余計にだめだったのかも、、、、
まみちゃん★ (mig)
2007-01-26 14:52:42
ありがとう~

お友達もだめだったのね、、、、
でも逆にまみちゃんの意見も聞きたかったりして。
いろいろな人が読んでくれていて色んな意見があるのもわかるけど、
流してほしいなと思う、、、
いつもコメントありがとうね、嬉しい
なななちゃん★ (mig)
2007-01-26 14:57:45
コメントをありがとう
皆さんがここでこんなに反応してくださると思ってもみなかったけど、
とっても嬉しかった

ブログをやってる人かどうかはわからないけど、
書いてる人と読むだけの人との違いもあるのかな?
自分の気に入った作品の評価が低いのが、
その書き方がイヤだという気持ちもわかるけど、、、、分かってもらいたいとも思う、、、、

なななちゃんの意見面白いね!
そういう考えもあったかぁ~って納得。
そっか、自分が出たと過程して?空想を楽しむのもアリだなぁ(笑)
NY支店長さん☆ (mig)
2007-01-26 15:06:22
こんにちは!
率直でありがたいご意見、丁寧にありがとうございます

わたしも同じように思っています。
確かに皆が読む場所かもしれないけど、
映画のレビューだって日記を書いてるブログと変わりないと思います。
それにケチをつけるのはどうかなと思います。

皆さん大人で分かってくださっていると思ってたけど、そうじゃない人もいて、、、、
どうしてもいいたかったんでしょうけど、
言われた方はやっぱり悲しくなりますし、
言われたことが違えば頭にもきますよね。
それをこういう場で口論するのは違うと思うし、
映画は楽しむもので、批判するものではなく、
批判するために書いてるわけではないのだし、
コメント欄は見た人も、観ていない人も、あれこれ語りあう場だと思うので
たとえ言いたいことがあったとしても押さえてほしいとわたしは思います。
聞く耳をもたないということじゃなく、
この場で言い合いしたりするのを望まないからなんです。
他のブログさんでもこんなことはよくあることと言われる方もいるかもしれないけど、
出来ればもうこういうのはいやだなぁ、って思います。
平和主義で楽しくいきたいです。
支店長、嬉しいコメントありがとうございました!
感謝しています
またお邪魔します (NY支店長)
2007-01-26 16:12:49
>映画は楽しむもので、批判するものではなく、
>批判するために書いてるわけではないのだし、

ここで大きくうなずいてしまいました。その通りでーす!
結果的に批判になっただけですし、それに、上でどなたかが書いてらっしゃいましたが、批判したことを批判するのは筋違いですよね。

今後の記事がますます楽しみです!
はじめまして♪ (くろねこ)
2007-01-26 16:45:54
私もこの映画に酷評しました~(笑)
「バイジンスーサイス」にも思いましたがどうも
ソフイァコッポラ様の感性は私にはわかりずらいようです(笑)
感性や心の在り方はこうしてみんな違ってる事が
楽しいと思いたいです♪
質問です☆ (まるこ)
2007-01-26 18:37:57
はじめまして☆いつも楽しく読んでます♪

長文コメについて批判&励ましが続いているなか、流れを止めちゃうみたいで申し訳ないんですが★
結局、カンヌでのブーイングのことって、本当はどううだったんですか??ちょっとわからなかったので、良かったら教えてくださーい!
Unknown (こーたろー)
2007-01-26 21:50:25
ボクも観てきましたよ!migさんのいう、キルスティンダンストのPV、納得
てか、楽しんでるばかりの宴会シーンええかげんもうええっちゅーねん!と思いましたね。長すぎ。
それにあのラストの尻切れとんぼはなんじゃありゃ
こんばんは (みっしゅ)
2007-01-26 23:47:06
まぁ、確かに内容は面白くなかったですよね。
ただ、宮殿や服なんかは、良かったかも。
でもそれだけではね~。(^_^;)

私は、この作品がなければ彼女の名前さえ知らなかったので、そういう意味では、ありがたかったかな。
こんばんは。 (うさぎ)
2007-01-26 23:52:57
★´ω`)ノ+゜*ォ。.:.ヒ.:.。サ*゜+☆です

うさぎはベルバラ世代だったので迷わず行きました~
最近忙しくて見に行けてなかったんだけど。
これだけは行かなくちゃ!!!

でも、うさぎはキルスティンが苦手?
スパイダーマンのときもダメだったな~

でもでも
人物以外は最高だったので(きらきらひらひら大好きだから)
よかったです~
キルスティンのPVに爆笑 (nomad)
2007-01-27 00:16:57
コメントとTBありがとうございました。

キルスティンの牧歌的な雰囲気は、
この映画の最初の15分を最高に
盛り上げていましたね。

残念ながらその後は、実に単調に感じました。

あの一瞬だけ映る数々の衣装に
あれだけのお金をかけるなら、
できれば映像と編集に
もっとお金をかけて欲しかったです。

朝日のシーン・・CGでもっと美しい朝日を
作っていたら、もっと意味あるシーンになっていたのにと思います。

この映画は日本の某○北○社が出資しているようで、宣伝も凄く、各雑誌絶賛ですよね。
思ったこといえない環境の日本にいる
プロの映画評論達って可哀想ですね。
そんな中で、正直に自分の感想が言える
個人の方がきままに書いてるブログの方が
よっぽど信頼できると思いますが?
その中でどのブログの意見を取り入れるかも、
個人の責任です。
自分と違う意見があってあたりまえで
自然だと思うのですが・・。
同感! (未来)
2007-01-27 01:57:55
もうmigさんのレビュー、笑いが止まりません!
言いたいこと全部書いてくれてますよ。
私も何度か眠りに落ちましたし。。。
キルスティンが・・・ダメです。
まさにビジュアル系の映画でしたね。

ワースト候補間違いなしですか。。。
豪華さの代償 (たましょく)
2007-01-27 08:22:12
 ども、たましょくです♪

 絢爛豪華ではあったのですが、それ以上に
伝わってくるモノはあまりなかったですね。
政略結婚で王妃させられ、最終的に国民から
忌み嫌われた彼女の数奇運命をもっと垣間見
えてるか思ったのですが。
はじめまして (プリシラ)
2007-01-27 08:24:00
migさんはじめまして。
人気のブログであちこちでTBお見かけするので、コメントつけるの気が引けちゃってました。

でも、ワタシも酷評したこの映画、酷評されててとっても嬉しい!です。どうして人気があるかわからないけど、美術館で2時間過ごすカンジで「みずみずしい青春」とか言ってるからかなぁ?と。2時間あったらもう一回Babel観ますけどね、自分なら。

長文コメントできついこと書かれてるようでしたが、気になさらないで下さいね。よほど好きでいらした映画で、けなされたのでむっとされたのでしょう。これも人気ブログだからの宿命とあきらめて、これからもどんどん、自由に書いてくださいね!ついでにTBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
NY支店長さん☆ (mig)
2007-01-27 10:29:22
再度のコメント、ありがとうございます
また
あそびにいかせてもらいますね♪これからもよろしくお願いします
くろねこさん☆ (mig)
2007-01-27 10:32:36
はじめまして

ありがとうございます!

そうですよね、わたしもそう思います
好みはひとそれぞれですしね

これからもよろしくお願いします♪
まるこさん☆ (mig)
2007-01-27 10:36:06
こんにちは☆
いつもみていただいてありがとうございます

ごめんなさい、カンヌでのことはわたしがわかっていることを述べても、もしかするとここを読んだ方から、説明不足です、なんていわれてしまうのも困るのと、
申し訳ないんですが、これからでかけなくてはいけないので
、、、、
マリーアントワネット カンヌ ブーイングで
検索していただくのが一番よくおわかりいただけると思いますよ★
こーたろーさん☆ (mig)
2007-01-27 10:39:18
こんにちは♪

男性はとくにそう感じる方も多そうな、、、、
でもわたしも同じでした
ラストもプツって感じでしたよね、、、、。

コメントありがとうございます
みっしゅさん★ (mig)
2007-01-27 10:41:57
こんにちは♪

うーん、雰囲気を楽しむ映画で
内容求めちゃだめだったのかもしれないですよねー

コメントいつもありがとうございます
うさぎさん☆ (mig)
2007-01-27 10:45:08
こんにちはお久しぶりです♪

楽しめたんですね
華やかな世界はもちろん好きだったんですけど
今回はそれだけで満足!にはなりませんでした
かなり長く感じちゃいました。
楽しみたかったなー(笑)
nomadさん☆ (mig)
2007-01-27 10:51:39
こんにちは♪

コメント、ありがとうございます。

おっしゃる通りです、
お金をかければいいというものでもないんですけどね、、、

本当に映画なんて好みによって100人いたら
100通りの考え感想があるものですし
ここで良かった良くなかったと議論するのではなく
わたしはこういう部分がすきで、、、
という意見の交換という気がします。
日本では、宣伝力がかなりものをいいますね。
最近ではブログの効果というか、生の一般人の感想などがすぐにきこえる状態なので、それと比較されたり
評論家さんたちも大変かもしれないですね(笑)
未来さん☆ (mig)
2007-01-27 10:55:02
こんにちは♪


いつもコメントありがとうございます☆
あ、未来さんも同じでしたかぁ。

ほんとビジュアル重視でしたよね。。。
ノレるかどうかにかかっていますね。

ワーストは、、、、
まだ決めるには早すぎるので、文章削除しました(笑)
でも☆2つけちゃったからたぶん、、、、
たましょくさん☆ (mig)
2007-01-27 10:57:34
ども♪

そうなんですよー、わたしもその辺もみたかったんですが、
どうもそういうのを期待しちゃいけなかったんですね(笑)

とにかく楽しんでるシーンが長すぎだったように感じましたよ~。
コメントありがとう
プリシラさん☆ (mig)
2007-01-27 11:02:39
はじめまして

ええ~、ぜんぜんそんな気をつかっていただくことないんです!
どんどんTBしちゃってかまいませんよー

やっぱり退屈でしたね、見せ場がないんですもん。

バベル、ご覧になったんですか!いいな★
すごく楽しみです。

うれしいお言葉、ありがとうございます
これからもどうぞよろしくお願いします
好きだけど、わかるよー (kino)
2007-01-27 13:30:28
私はこの映画、気に入ったけど、migさんのレビューも
納得だし、その気持ちもよーくわかる!
"キルスティンのPV"はピッタシな表現!!

私だって、「ベルばら」の下地があったからよくわかったようなもんで、
脳内補完しながら観てました。
そして、緊迫しているはずの、民衆が押し寄せるシーンあたり、
眠くて仕方なかったの・・・。

べつにこの映画に歴史ドラマや"人間マリーの真実”とか
誰も求めてないんだし、目に楽しい女の子ムービー、ってことは
ソフィア・コッポラの映画を見たことある人ならわかってますよ。

映画の良し悪しや好き嫌いなんて 人それぞれだからこそ
面白いんですよね。
映画みました! (はなこ)
2007-01-27 13:34:04
migさま

初めてコメントします。
映画を観てあまりにもつまらなかったので
この映画の評判を探してた賛否両論のようです。
いやよかったってコメントの方が多かったかも。

納得できなーい!!
と思ってたところmigさんのコメントを見て安心しました

★2は気持ちよかったです
今後も本音トークでお願いしますね
またお邪魔させていただきます
100本目のコメント! (きゃんでぃー)
2007-01-27 15:30:34
きゃぁ~、、migちゃん、、 あたしのコメントが100番目かもよ!!
それにしても、、コメントが三桁になるなんって、、スゴすぎよ


、、で これ、、 久しぶりに見たよ、、migちゃんがつける ものすっごく低い星の数
そうとうにヤバかった作品なんだろうな、、って 想像しちゃった。
キルスティンのプロモーション映画だったのか。

そういえば、昔『カクテル』っていう映画で、、トムさんのプロモーション映画って酷評があったね~。。それを思い出しちゃったよ。
ま、確かに、、migちゃんのおっしゃる通り、、ファンじゃなかったら耐えられないものだね。。。


、、、っっていうかさ~、、聞いてくれる?
今年はまだ映画館初めをしてないのよ!! 旦さんが忙しくしているのだからしかたないんだけどね~。。
あたしゃ、そろそろウズウズしてきてるよ。。。あぁ~あ。。
Unknown (AnneMarie)
2007-01-27 16:39:55
いつもTBでお世話になってます、アンマリーです。

この映画、楽しめなかったようで残念でしたね。
私は、そもそもソフィア・コッポラ監督作品とは相性が悪いので、はじめから期待なしで観たんですよ。
いや、あのポップな感じだけは観てみたい気分になっちゃったんで。
それがよかったのかそこそこ楽しめました。
歴史ものとしてみるとガックリきちゃいますね。
うん、キルスティンのプロモとしてみると豪華です。
Unknown (Marin)
2007-01-27 22:59:18
しばらく振りです、、Marinです

migさんご覧になられたんですね。
☆2なんて本当、久しぶりですね
私はまだ観にいけてません がなんといってもこの映画、フランスの老舗ラデュレのお菓子が沢山出てくるから
写真見てたらマカロンが食べたくなりました(笑)

感想に対して、いろいろあったみたいですがmigさんのレヴューは楽しいし大好きです。いつも楽しみにしてます~。
これからもmigさんなりのレヴューで楽しませてください
kinoさん☆ (mig)
2007-01-28 09:23:32
ありがとう~

楽しめたkinoさんにそういってもらえると嬉しいワ

そうですねー、ソフィアコッポラだし(笑)
あ、でも「ロストイントランスレーション」では
一人の男の孤独をちゃんと描いていたような、、、

ソフィアの予想通り
日本の女の子の方がウケが良かった感じですね
はなこさん☆ (mig)
2007-01-28 09:29:03
はじめまして

コメント、ありがとうございます♪
思ってたよりも良かったという人多かったですね(笑)

でもノレるかノレないかに分かれるという感じですよね



極端に☆の数低くしてしまったけれど、
こうして同意見の方からコメントもらえると
うれしいです

またあそびにきて下さいね☆
もし別の映画で意見が違ってても、怒らないで下さい
きゃんでぃさん☆ (mig)
2007-01-28 09:40:32
やっぱり皆見てる映画だとたくさんの人がコメント下さるね

今回は☆2ってことで思いきり低くつけちゃったので
最初の方で、1人の熱狂的なこの映画が気に入ったという方から長文で抗議のコメントが入ったの。

それに対してみなさんが自分の思いどおり書いていいよ!
っていう優しいコメントたくさんいただいたの

☆2っていうのは極端に思えるかもだけど
本当にそのくらいつまらなかったんだもの。
寝てたんじゃないですか?なんていわれちゃったよー
いろんな人が読んでると再確認させられたけど、
だからって誰かにこびたりしないで正直に
これからも書いていこうという考えは変わらず、、、

『カクテル』あー、確かにトムちんのプロモ、、、、。
でもあれは一人の男の向上心がきちんと描かれてたじゃない?
わたしは好きだなー

きゃんでぃーさんの初映画、楽しみにしてるよー★
いっそ一人で観にいっちゃうとか
AnneMarieさん☆ (mig)
2007-01-28 09:46:36
おはようございます
こちらこそ、いつもありがとうございます!
コメントなかなか書けずにごめんなさい、

わたしも全く期待していなかったんですけどね、、、、
想像よりもダメだったので余計に評価低くなっちゃったのかもしれませんxxxx

キルスティンダンストが一人で楽しんでるような印象で、、、、
あれを二時間もみせられるのはちょっとキツかったです。

でも楽しめた方がいいですよね、映画は
コメントありがとうございました
Marinちゃん☆ (mig)
2007-01-28 09:51:35
久しぶり~
わたしもなかなかあそびにいけなくってゴメンネ
勉強ははかどってるかな??

そうなのー、ひさしぶりに2がでちゃった、
雰囲気はポップで華やかだから
それだけで満足している人も多いみたいよ☆
Marinちゃんは楽しめるかも??感想聞きたいなぁー。
ユマの映画試写もはじまりだしてるね!
そろそろ公開、、、
Marinちゃんレビュー、楽しみ


私は (ひめ)
2007-01-28 15:32:05
これ、見てみたいんだけど・・・
キルスティンがマリー・アントワネット・・うぅむ?
というのと
ビジュアルすごそうだけどはたして・・・
というので、なかなか映画館に行けません。
なので、私はこれは写真集とかで楽しみたいと思ったりしてます(笑)
ヴェルサイユ宮殿本物だったんすねー!すごい。

上の方のコメント読みましたが
私はmigさんのブログ大好きですよ~。
あらすじとか内容はどこででも見れますしね。
正直な感想だからこそ読み甲斐があると思ってます!
ひめさん☆ (mig)
2007-01-28 22:49:47


わたしのまわりのコも、同じ理由で観にいくの躊躇してる人多いです、
キルスティンダンスト嫌いならちょっとキビしいかも、、、
そうでもなければきっとビジュアルで楽しめちゃうかな?
迷ってる人にはぜひ観てほしいけど(笑)
ひめさんはどうでしょう?気になる~

とってもうれしいお言葉、どうもありがとう~
コメントありがとうございます (ロイ from 週末映画!)
2007-01-29 23:00:01
migさん
コメントありがとうございました。

ガールズ達から結構な支持を集めていました。
やはり「かわいい」の意見が多かったですね。
男性からはイマイチの声が多かったです。

migさんのはもっとも厳しい意見のひとつでしたが、分かりやすくてよかったです。
これからも正直レビューを楽しみにしてます。
Unknown (りお)
2007-01-29 23:15:49
観てきたよ~ん
う~ん…やはりという感じ(笑)
わたしは、そこまでダメダメとは思わなかったけど、
migさんが☆2つなのも頷けます。
何か浅いんだよね。

バルコニーのシーンは、結構、は??状態だったかも。
(しかもその後すぐ終わっちゃうし…)
ロイさん☆ (mig)
2007-01-30 11:23:34
こちらにもありがとうござます!
ガールズかぁ。。。
わたしも乙女なのになぁ~(笑)
男性にはキビしそうですよね、キルスティン好きならともかく、、、

ありがとうございます!そういっていただけるのはすごく
うれしいですよー
りおさん★ (mig)
2007-01-30 11:27:54
りおさんとこにも書いたけど、
ベルばら好きだったりするのと、
興味ないで観るのとはそこからちょっと違うのかも、、、、。

わたしもゴージャスな世界はすきだけど、
それを見せるだけじゃぁ、、、
流れもさらっとだし。
そうそう、あのおじぎのシーンだって
一応やりましたー。って感じで。。。。
まぁ、意図してるんだろうし、いいんだけど!(笑)

コメント、重複しちゃってゴメンネ!
はずかしいので削除しちゃってくだされ、、、、
Unknown (りお)
2007-01-30 22:50:28
>コメント、重複しちゃってゴメンネ!
はずかしいので削除しちゃってくだされ、、、、

了解しました~
livedoorって、すぐに反映されないことが結構あるんですよ…
ホントすみません。懲りずにまた遊びにきてください。
りおさん☆ (mig)
2007-01-30 23:18:43
わざわざありがとう。。。。!
あそびにいきたいのは山々なの、今のテンプレートはコメントが書けるので、懲りずにいきますよー(笑)
りおさんこそいつもコメントありがとー★
今頃すみません (あさこ)
2007-02-03 22:23:05
migさん、こんばんは。
すっかり出遅れてしまいましたー。
皆様のコメントひとつひとつ読みました。
私は小心者なので思ったこと中々書けなくて
「?」と思った映画でも脳みそフル回転させて
作った人の気持ちとか考えて
なるべく悪く書かないように心がけてるのですが
友人からは「あさこさんらしくない、つまんない」と
言われたことも。
でも以前にネットで嫌な思いをしたので怖くて
この路線でしか書けないのです(涙)。
なのでmigさんの感想、スカッとしました。
「つまんない」と思った映画をコキおろしてる記事は
全然悪くないと思います。ルール違反なのは
「こんな映画を見る人の気が知れない」とか
「作ってる人は何を考えてるんだ?」とか
人に矢を向けることだと思います。
完成品の映画をどう見るかは観客のそれこそ人の勝手だわっ。
TBさせていただきました (timbits)
2007-02-04 00:54:52
こんにちは。TBさせていただきました。
わたしもmigさんと同意見です!!!!
ポップでキュートなのですが、何も伝わってこないですよね~(-_-;)
これからドラマチックな事が起こるのに、エンドロールが流れた時にはビックリ!
なんだか、本当に物足りない映画でしたね。。。
あさこさん☆ (mig)
2007-02-04 12:02:47
お返事、遅くなってごめんなさい
今実家のあるさっぽろにあそびにきてます☆
そうだったんですね。
ひとつひとつ、コメントを読んで下さってなんだかありがたいです。
そうですね、どんな方がみてくれているかわからないし
良かったと感じた人に対して文句をいうのもどうかと思いますし、、
感想はよくてもけなすのは作った人にも失礼ですよね

嬉しいひとことをありがとうございます

timbitsさん☆ (mig)
2007-02-04 12:05:29
こんにちは☆
TB とコメント、ありがとうございました♪
完全にわたしにとっては物足りない映画でした
☆2っていうのはめったにないので「ええ!?」とも
思われちゃったのですけど、
ビジュアル重視ならもっとキャストもビジュアル重視で
徹底してほしかったんです~(笑)
こんばんは♪ (ゆかりん)
2007-02-10 23:32:11
まさにキルスティン・ダンストのプロモーションビデオのようでしたね。
私は原作のファンなので、いろいろと場面を思い出しながら見てました。でも確かにちょっと退屈かな~と思うところもありましたね。
豪華な衣装とベルサイユ宮殿がステキだったので目の保養にはなりました。
ゆかりんちゃん☆ (mig)
2007-02-11 00:31:52
みたのね~☆
そうですね、豪華な衣装、雰囲気はよかった
でもキャストが、、、
(またいってる)

そのせいも大きくて極端に低くしちゃったんだけど、、、★
好みにわかれる映画よねぇ、、、、。

コメントありがとうー
あとでTBお返しにいくね
migさん☆ (orange)
2007-02-12 09:45:04
こんにちは☆TBありがとうございました~!
お返し大変、遅れてごめんなさい・・・

★★2つですか~・・・
でも映画って見方が違うから面白いもので、この作品、見せられてる感覚っていうのも分かります。
僕は見せられてもいいかなと妥協して観ていたら、何故か・・・惹きこまれてしまいました。
『ロスト~』はダメだったんですけれどね。

migさん☆それと、批判的なコメントがあったみたいですけれど、落ち込まないで下さいね~・・・
でもしっかり対応しているmigさん、勇気があってちょっと感動しました。
きっとその内良い事もあるはず。
美味しいもの食べて、楽しい作品を鑑賞して、一緒に冬を乗り切りましょう♪
orangeさん☆ (mig)
2007-02-12 22:09:33
こんばんは!
励ましコメントありがとう~

言われたの一人だけなんだけど、はじめはびっくりしてちょっとブルーになったけど
たくさんの皆さんにひとことコメントいただいて
元気でちゃいました♪

大丈夫です!
思うままに書いていきますよ~☆
ちなみに、今日観て来たウチの母
私よりもダメダメで干しだって(笑)

でも賛否両論わかれても皆が満足いく作品はないのですし仕方ないことですよね☆
おぉ (kazupon)
2007-02-13 07:25:56
migさん、うはっかなりの酷評だったんですね。
ちょっと意外でしたけど、清清しいまでの酷評で
読んでて気持ち良かったです(なんだそりゃ)
自分も書いた通り、ソフィアの映画ってなんだか
浅いなぁと思っていながらも結構気に入ってしまう
という不思議な現象がいつも起こります(笑)
確かに人物の掘り下げってまったく無いし、
それがワザとだとしたら、じゃぁ何を描きたかったのか?ってのが今回はあんまり伝わって来なかった
気がしますね。
ソフィアがUKロックとか70年代の曲とか
使うのって、なんか次回からはやらないような
気がしてます。自分でもちょっと気恥ずかしくなってるんじゃないかなぁ。常に「センスいいもの」を
目指している感があるから、もうちょっと飽きて
こられてる感ありますし!^
kazuponさん☆ (mig)
2007-02-13 15:01:44
うんうん、わかりますよー、
kazuponさんの言うことなんかね、
kasuponサンはこの映画結構好きかも?なんて思ってました☆実は。

確かに、ソフィアコップラ、そろそろ気恥ずかしさ出てくるかも??

でも彼女はきっと自分の好きなように好きな世界を
作っていく中で、ああいった音楽との一見ミスマッチさを好んでいる確信犯なので
ずーっと貫くかもですね♪
なるほどねー。 (ぽつ)
2007-02-21 02:45:06
私も観てきました。
わたしはキルステンのPVを大変楽しく拝見しました(笑
この感覚はMI:2を観たときと同じ感覚?
でも彼女って実は可愛かったんだって発見しました!
笑顔とシリアス顔の対比が彼女の魅力かなあって。
スパイダーマンってシリアスな顔が多いから可愛く見えないのかな…
個人的には「エンターテイメント」として楽しんできました。
映画的には…ですけどね。

さて。
例の長文のご批判について私も一つ感じたので言わせて下さい。

なんか長文で長ったらしく主張されているので刺々しく感じられましたが、要は、
「事実と異なることを書くのはいかがなものか」っておっしゃりたかったんじゃないですかね?
カンヌのブーイングについてです。
この点はわたしも同意です。
彼女のそもそものコメント動機はこれのような気もしますし、
あの長文の主張も論点はこれですよね。
migさんほどの影響力がある方ですからこの点はご注意された方がよいのではと感じました。
わたしも自分の書くことには気をつけなくてはと思いました。
最近の某大臣の「生む機械」発言もそうですが、
何となく雰囲気や言葉尻だけでなく、その人のほんとの主張が何かということにもうちょっと気を配れたら、と感じました。

もうこの記事自体ちょっと古いのでmigさん以外のこのブログの読者の方が私のコメントを読むことはあまりないかもしれませんが、
どうしても気になったので書かせていただきました。
生意気言ってすみません。

これからもmigさんのレビュー、楽しみに拝見させていただきますので
更新がんばって下さい!
ぽつさん★ (mig)
2007-02-21 08:34:06
ご意見、ありがとうございます。

楽しまれたんですね☆
良かったです。

わたしは本当につまらなく感じました。
楽しんだ方にはムッとするかもしれませんね。。。。


すみません、あのコメントにつきましてはその後に返答させてもらったのが全てです。
間違ったことを言ってるなら問題ですしまた「この映画をみるな」といってるわけでもなく
一人の率直な意見としてのレビューです。
言葉尻をそこだけとらえたとは思っていません、
ごめんなさい。あの方はその部分だけを言ってるのではなく
意見がご自分の見解と食い違ったからといってもうきませんなどというのがちょっと違うと思うんですよね。
それもリンク先もなく匿名で、、、、

ごめんなさい、もうこの件で気持ちを述べるのは終わりにしたいです
このコメントはもうわたししかみないというのは違っていまして横にコメントでマリーの名前が入りますし、これ以降コメントする方は読むかと思います。ぽつさんのご意見もわかります。匿名であることがちょっと残念ですけど、、、、。
応援して下さってありがとうございます
これからもよろしくお願いします
こんばんは~♪ (Aki.)
2007-05-05 04:58:45
あは♪二つですかぁw
う~ん、確かにプロモですよね^^;
ワタクシもビジュアル的には大満足だったのですが、内容がアレだったのでもう一つ楽しめませんでした(^^ゞ
流れの大部分を自分で脳内補完しなきゃならないってのは映画として微妙ですよねぇ^^;

ではでは~、TBさせて頂きましたので♪
これからもよろしくお願いします♪
Aki.さん☆ (mig)
2007-05-05 09:29:15
おはようございます
わたしかなりキビしくつけちゃった
賛否両論になってるけど、映画のできじゃなく自分が楽しめたかが基準なので
全般的に退屈だったのです
Aki、さんはふつうに楽しめたのかなー
あとでおじゃまします
Unknown (アガサ)
2007-08-26 03:03:44
こんにちは。

migさんの「お手伝いにみえる」に笑ってしまいました。たしかに!!
冒頭のオーストリア部分に関しては、ただの「遊びに来ていたアメリカ娘」に見えてしまいました(笑)

オサレと言うのはこういうものなのか・・と言う事が、よく勉強できて、ためになる映画でした。
TBさせて頂きますね♪
アガサさん☆ (mig)
2007-08-26 08:34:38
おはようございます☆
昨日いただいたコメントお返事もまだなのにこちらにもありがとうございます♪
これ極端に低い評価にしてしまったので熱烈なファンの人に怒られましただからココにコメントくるのちょっと怖いんですけど(笑)
でもわたしも極端に低くしすぎたかナ?
キルスティンが似合ってないなと思っちゃって
TBありがとうございます
悲劇 (ゆり)
2016-03-09 23:44:31
マリーアントワネットは姉の身代わりに戦争になるのおさえる約束で輿入れ貴族はマリーアントワネットを嫌いな方はビラまいたりおなじみのポリニヤク夫人はマリーアントワネットにおねだりばかりして一番はマリーアントワネットを悲劇の妃したのはフランスが歓迎していない長い間中の悪い国同士本来姉だったのがアントワネットにたぶん姉が嫁いでも同じとアントワネットはフランスの人身御供にえらばれた悲劇の妃と耳にベルバラのアントワネットは実のアントワネットより綺麗とみんな語るたしかに
ゆりさん☆ (mig)
2016-03-13 23:53:39
懐かしい記事です、
コメントありがとうございます☆

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

88 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
マリー・アントワネット (Akira's VOICE)
淡白なドラマに眠気を誘われるも, 主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。
『マリー・アントワネット』 (Sweet* Days)
監督:ソフィア・コッポラ CAST:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン 他 STORY:オーストリア皇女、マリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)はフランスとの同盟のため14歳でフランス王太子、ルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュワ...
「マリー・アントワネット」  Marie Antoinette (俺の明日はどっちだ)
うっ・・・・・。 ニューオーダーを使った思っていた以上にポップな予告編そのままに、懐かしの Gang Of Four の曲が流れ、パンキッシュなタイトルクレジット、そして出演者クレジットにはなんとなんとマリアン・フェイスフル姉さんの名前が!という思わずワクワクさせら...
マリー・アントワネット 30点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ポリニャック伯夫人…誰だったかな 公式サイト ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演で、本物のヴェルサイユ宮殿を使用して撮影された、米国製映画。(だから全編英語) 日本でも、池田理代子の『ベルサイユのバラ』のマルチメディア的大ヒットによ...
マリー・アントワネット (★YUKAの気ままな有閑日記★)
キルスティン・ダンストは苦手です。。。でもマリー・アントワネットは、とても興味のある女性。。。え~い、ガタガタ言ってないで観に行こうっと―【story】わずか14歳で単身オーストリアからフランス王家へ嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット(キルスティン・...
感想/マリー・アントワネット(試写) (APRIL FOOLS)
こいつも女性誌中心に話題沸騰、ソフィア・コッポラ最新作で一大歴史絵巻の『マリー・アントワネット』1月20日公開。世界で最も有名な王妃の1人、マリーをソフィア流に描き上げました。賛否わかれそうだけど、オレ的にはすっごい好み。 マリー・アントワネット 『ベ...
マリー・アントワネット (Alice in Wonderland)
ソフィア・コッポラの新作である『マリー・アントワネット』を観てきました。ソフィアの世界全快の映画だったけど私は嫌いではなかったです。素晴らしい映像に大満足しましたよ。あっ、内容はどんなだっけ? オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16...
マリー・アントワネット (ネタバレ映画館)
オスカル(oscar)が見えた?
マリー・アントワネット (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃マリー・アントワネットに、新たな光をあてた物語。・・・・有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの物語を、1人の女性の成長期としてとらえた宮廷絵巻。幼くして故郷を離れ、異郷フランスの王室で必死に生きた女性の激動の...
マリー・アントワネット (パフィンの生態)
2005年、ソフィア・コッポラ監督、脚本。 悲劇の女王マリー・アントワネットの内面を描いた映画だと 思って楽しみにしていたが、ただ異国に嫁いだ少女(マリー)の 視点で異文化体験し、恋をし、朝まで遊んだり、別宅に農園を 作ったり・・特にひねりのない編集で残念...
【2007-7】マリー・アントワネット(MARIE ANTOINETTE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
14歳で結婚、 18歳でフランス王妃、 彼女の名は、マリー・アントワネット 恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語。
マリー・アントワネット☆独り言 (黒猫のうたた寝)
嘘みたいだけど(笑)キルスティン・ダンストが14歳の少女に見えたのにはほんっとびっくりしました。ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』観にいってきました。オーストリアの皇女アントワーヌは、フランスとの協定に基づき後のフランス国王ルイ16世と結...
『マリー・アントワネット』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
歴史ものではなくて、甘酸っぱい青春ものなのです。 カンヌでは別に評価されなかったし、拡大上映されている日本での評判もたぶん・・・。 でも、こういう試みは大好きなの。 マリー・アントワネットが主人公のガーリームービー。マリー・アントワネット生誕250周年...
映画~マリー・アントワネット (きららのきらきら生活)
 「マリー・アントワネット」公式サイト久しぶりの映画館鑑賞でした恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。14歳のオーストリア皇女(キルスティン・ダンスト)は、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令でフランス王太子(ジェイソン・シュ...
映画「マリー・アントワネット」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「マリー・アントワネット」 ソフィア・コッポラ監督が描く世界一有名な王妃マリー・アントワネットの物語。 映画全体がピンク色であふれかえるほどのガーリームービーに仕上がっている。これはもう池田理代子の『ベルサイユのばら』と共に青春を送った私には...
『マリー・アントワネット』 (ラムの大通り)
----ソフィア・コッポラ監督の新作だよね。 まだ3作目だけど、こんな歴史劇を撮るとは ちょっと意外な気がするニャあ。 「うん。でも観てみて納得。 これまでの宮廷映画とはまったく異なる。 まず、その色使いからして全然違うんだ」 ----へぇ~。どういうところが? 「18...
マリー・アントワネット~ソフィア・コッポラのセレブなお遊び (シネマでキッチュ)
ありゃりゃ。とんでもなく贅沢なお遊びやってるソフィア・コッポラ監督ね。 さすがセレブな生まれのお嬢様監督よねえ~。 セレブにしてサラブレット。 貧乏映画小僧な若手監督にはありえない感覚をお持ち。 新感覚歴史もの。 豪勢なマリーアントワネットのイメージフィル...
マリー・アントワネット~ソフィア・コッポラのセレブなお遊び (シネマでキッチュ)
ありゃりゃ。とんでもなく贅沢なお遊びやってるソフィア・コッポラ監督ね。 さすがセレブな生まれのお嬢様監督よねえ~。 セレブにしてサラブレット。 貧乏映画小僧な若手監督にはありえない感覚をお持ち。 新感覚歴史もの。 豪勢なマリーアントワネットのイメージフィル...
「マリー・アントワネット」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「マリー・アントワネット」 監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、ジュディ・デイヴィス、リップ・トーン、スティーヴ・クーガン、ジェイミー・ドーナン、シャー...
マリー・アントワネット (ジジョの五感)
「恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。」 ↑断然、こっちの海外版広告の方がカッコイイ☆ 「キルスティンにマリーやらせるなんて、無茶するなぁ、、、」 と思った制作第一報。 でも、同時に見た衣装やセットの色彩に心臓を打ち抜かれて、 それ...
贅沢三昧なセレブ生活。『マリー・アントワネット』 (水曜日のシネマ日記)
有名な悲劇の王妃マリー・アントワネットの生活を描いた作品です。
マリー・アントワネットを訪ねて~ベルサイユ宮殿 (カメラと一緒にパリでお散歩*)
日本よりママの大学時代のお友達が訪ねてきたのでベルサイユ宮殿へ。久しぶりにNATURAを使って撮影してきました。
マリー・アントワネット (シャーロットの涙)
マリー・アントワネット生誕250周年ということもあって、(モーツアルトもそうなのよ)色んな記事やいく種もの舞台も見てきたけれど。。。 これはソフィア・コッポラのカラーで描く、等身大の娘っ子マリーのお話{/hikari_pink/}{/hikari_pink/} 私はべるばら漫画も大好き...
マリー・アントワネット (映画を観たよ)
彼女に憧れていました。
マリー・アントワネット (映画を観たよ)
彼女に憧れていました。
マリーアントワネット (★しゃべりば ★)
  豪華絢爛模様に似つかわしくないポップなオープニング曲。 嫌な予感がしたのよねぇ。 なんだかうすっぺらな作品でしたわ・・・ 「悲劇の王妃」と謳われている彼女の苦しみは子を産むことに終始しているのはあんまりだ。「ベルサイユのばら」でのアントワネッ...
マリー・アントワネット (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ファンキーロックなプリンセス青春物語 
マリー・アントワネット (Good job M)
公開日 2007/1/20監督:ソフィア・コッポラ 「ロスト・イン・トランスレーション」出演:キルスティン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツマン/マリアンヌ・フェイスフル/ジェイミー・ドーナン 他【あらすじ】オーストリア皇女マリーは14歳のとき、母マリア・テレジアの...
マリー・アントワネット (ちわわぱらだいす)
もしかして今年初めての映画&#63912; 悲しいな~週に1本は見たいのに~&#63896; 見てきました~&#63889; 面白かったです&#63898; 子供と見に行ったんだけどさ~ うさぎの年代ってみんな知ってるでしょ?すごく流行ったからさ&#63901; ベルサイユのバ...
マリー・アントワネット (The House of Nomad)
**おもちゃのような映画** 「マリー・アントワネットは今の時代のティーン・エイジャーと変わらない 普通の女の子だった。」という解釈で書かれた英国歴史文学者アントニア・フレーザーの 伝記小説をもとに、ソフィア・コッポラが脚本を書き、監督した映画です。...
マリー・アントワネット (悠雅的生活)
14歳で嫁ぎ、18歳で王妃に。もうひとつのマリー・アントワネットの物語。
マリー・アントワネット (future world)
カラフルな‘おもちゃ箱みたいな映画’~~予告編のイメージでは、煌びやかで華やかなマリーの世界を魅せる、まさに女性が楽しめる映画かと。 コスチューム、小物、髪型、宮殿、風景がハイトーンでセンスも良くワクワクさせてくれる。 衣装をオーダーするための鮮やか...
キルスティン・ダンスト Kirsten Dunst 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),30 April 1982,Point Pleasant, New Jersey, USAUntitled Kirsten Dunst Project (2007) スパイダーマン3 Spider-Man 3 (2007) マリー・アントワネット Marie-Antoinette(2006) エリザベスタウン Elizabethtown (2005) ウィンブルドン Wi...
ジェイソン・シュワルツマン Jason Schwartzman 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),26 June 1980,Los Angeles, California, USAマリー・アントワネット Marie-Antoinette (2006) ショップガール Shopgirl (2004) 奥様は魔女 Bewitched (2005) "Cracking Up" TV Series (2004) ハッカビーズ I Heart Huckabees (2004) Jus...
アーシア・アルジェント Asia Argento 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),20 September 1975,Rome, ItalyCoin Locker Babies (2008) Terza madre, La (2007) Une vieille maitresse (2007) Boarding Gate (2007) Friendly Fire (2006) (V) Transylvania (2006) マリー・アントワネット Marie Antoinette (...
ローズ・バーン Rose Byrne 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),24 July 1979,Sydney, New South Wales, Australia28 Weeks Later... (2007) The Dead Girl (2007) Sunshine (2006) マリー・アントワネット Marie-Antoinette (2006) The Tenants (2006) Casanova (2005) (TV) ホワイト・ライズ W...
マリー・アントワネット (何書☆ねくすと)
評価:○ 波乱度:35% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  14歳でフランスの王太子(ルイ16世)の妻として、
「マリー・アントワネット」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「マリー・アントワネット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、マリアンヌ・フェイスフル、リップ・トーン、ジェイミー・ドーナン、オーロール・クレマン、アーシア・アルジェント、ジュデ...
「マリー・アントワネット」 マカロンでマノロでガーリィなのよ (目の中のリンゴ)
どこから見てもソフィア・コッポラな映画! あれ?これ「ヴァージン・スーサイズ」だっけ? と思わせるようなシーンも多々あり、相変わらずの 女子映画っぷりです。 「マリー・アントワネット」 (Marie Antoinette/2006年/日本・フランス・アメリカ) 言わずと知れた、...
マリー・アントワネット(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
監督にはこだわらん! といいつつもソフィア・コッポラ監督作品は意識しちゃう。 だって、ごっつ相性悪いんだもん。 だけどあの予告を観ちゃったら、年齢関係なく女子はワクワクしちゃうでしょー! ということで、「マリー・アントワネット」を観てきました! ( →...
マリー・アントワネット (気まぐれ961部隊!)
本日は『マリー・アントワネット』を観てきました! 公開後、まあ1週間のはずが場内ガラガラ・・・観客は数えるほどしかいませんでした#%V:436%# (こんな映画、久しぶりだなぁ・・・)  ※チラシ画像はクリックで拡大表示。裏面はコチラ ...
映画「マリー・アントワネット」感想 (自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪)
今日、無事に映画「マリー・アントワネット」観行ける事が出来ましたァ| ^∀^)ノ 感想は続きから読んで下さいね(´▽`*)
「パンが無ければ、ケーキを食べれば良いじゃない。」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
映画界の巨匠、フランシス・フォード・コッポラ監督。その娘で、やはり映画監督のソフィア・コッポラ女史が監督した作品「マリー・アントワネット」を鑑賞。 ***************************** 時は18世紀。プロイセンの脅威からフランスと...
「マリー・アントワネット」 わたし自身を見て欲しい (はらやんの映画徒然草)
マリー・アントワネットが王太子妃としてフランス王家に嫁いだのは14歳の時。 そし
「マリー・アントワネット」 (不良中年・天国と地獄)
1月22日(月)新宿アカデミーにて。マリー・アントアネット(1755‐1793)フランス国王ルイ16世の妃。オーストリアのマリア・テレジアの娘。1770年結婚。優美にして軽率,奢侈(しゃし)を好み,〈首飾事件〉などで世の非難をあびた。フランス革命の際,国王に反抗を勧め...
マリー・アントワネット(映画館) (ひるめし。)
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら・・・
マリー・アントワネット Marie-Antoinette (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル出演 オーストリア・ハプスブルク家 女帝マリア・テレジアは プロシアの脅威から逃れようとフランスと同盟を結ぶべく 娘マリー・アントワネットを国王ルイ15世...
【劇場映画】 マリー・アントワネット (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、...
マリー・アントワネット (Diarydiary!)
《マリー・アントワネット》 2006年 アメリカ映画 - 原題 -MARIE
~☆『マリー・アントワネット』☆~ (~青いそよ風が吹く街角~)
2005年:アメリカ+フランス+日本合作、 ソフィア・コッポラ監督の3作目、キルスティン・ダンスト主演。
★「マリー・アントワネット」 (ひらりん的映画ブログ)
衝撃っ ひらりん、ダンスト派に転向か??? 今週も、見たい作品が目白押しなのに・・・ついついこの映画をチョイスしちゃうとは・・・。
マリー・アントワネット (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞 マリー・アントワネット/MARIE ANTOINETTE 2006年/アメリカ/123分 監督: ソフィア・コッポラ 出演: キルスティン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツマン/リップ・トーン/ジュディ・デイヴィス/アーシア・アルジェント ...
『マリー・アントワネット』 (映像と音は言葉にできないけれど)
ソフィア・コッポラという人はどこかで日本と繋がってくれているので、応援したくなります。もちろん『ロスト・イン・トランスレーション』もありますが、ソフィアが仕切るMILK FEDという日本フランチャイズによるブランドも有名でして、今回のこの映画もベルサイ...
マリーアントワネット ~MOVIE VIEW~ (すきなものもの★きになるものもの)
今年は月に最低1本は映画を観たいなぁと思ってます。 洋邦問わず、好き嫌いなく観たいな。 ということで、新春1本目の観賞作品。 あらすじです。(goo映画の提供でお送りします) ********************* 最も愛され、最も憎まれた、伝説の王妃...
マリー・アントワネット (Cinemermaid)
正直、ちょっと期待外れだった( ̄∇ ̄;) この作品は写真集のようなものを見る感覚で鑑賞した方が良いと思う 波乱万丈な王妃の感動物語だと思うと肩透かしを食らうはずだ 先日鑑賞した【大奥】と同じで、女性なら溜息出ちゃうような煌びやかな映像には終始目を奪われ...
映画 マリー・アントワネット(主演 キルスティン・ダンスト)動画有 (エンタメ動画日記 -映画等の紹介-)
  ※サウンドトラック盤 実際に観てきたものの、書くとなると・・・難しいですね(T_T)/~~~ ですので、今回は歴史には触れず・・・38歳という若さで生涯を終えた一人に人間として、女性として私の感想を述べたいと思います。 というか・・・そういう観点で...
【マリー・アントワネット】 (NAO-C☆シネマ日記)
ヴェルサイユ宮殿に、悲劇の王妃マリー・アントワネットとくれば・・ 何と言っても『ベルサイユのばら』ですね~ 映画を観ながら、つい「オスカルは?アンドレは??」などと思ったりして(笑) マリー・アントワネットやフランス革命など、歴史的なことは全て“ベルば...
ソフィア・コッポラ監督「マリー・アントワネット」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
監督のソフィア・コッポラが語るとおりガーリッシュなファンタジーといった表現がピッタリの「マリー・アントワネット」。物語・弱冠14歳にして母国オーストリアのためにフランス王太子のもとに嫁ぐことになったア
マリー・アントワネット<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
キルスティン・ダンストってこんなに可愛かったっけスパイダーマンのヒロイン役で出てきた時は (=_=;)ナント マア!と思ったもんですが マリー・アントワネットになった彼女はめっちゃ可愛かったですね~とっかえひっかえ出てくるドレスは(今風になってるみたいや...
映画:マリー・アントワネット (駒吉の日記)
マリー・アントワネット(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「バカみたい」「これがベルサイユでございます」 最初、キルステン・ダンストがマリー・アントワネットと聞いたときにはえ”と思ったのですが、美女っていうより可愛い系だったらしいのでまあいいのかな。実際...
だって女の子なんだもん【マリー・アントワネット】 (犬も歩けばBohにあたる!)
さすがソフィア・コッポラです。 時代劇をここまでアレンジしてしまうとは。 この衝
マリー・アントワネット (とっさの絵日記)
平日の昼間、劇場内は女性でいっぱい。まるで宝塚大劇場のような客層。そう、マリー
マリー・アントワネット (利用価値のない日々の雑学)
今年の期待度でこの作品を第2位にしたのは、明らかに「期待度」という言葉に相応しく、作品の良し悪しでなく「期待」が高いということである。おっと、そんな書き方をすると、この作品の出来が悪かったように聞こえてしまうが、それに関しては後述する。 何故、この作...
【MOVIE】マリー・アントワネット/Marie Antoinette (::: Glittering Happy Days @BH!!!BA!!! :::)
 ベルサイユ宮殿で撮影を行った「マリー・アントワネット」ですが、絢爛豪華な当時の生活を再現はしてると思うし、キルスティン・ダンストもやっぱり女優としてきちんとマリー・アントワネットになってる。でも、伝記としてみる映画としてはどうしても「???」になっち...
マリー・アントワネット (映画とはずがたり)
「教科書に出てくるマリー・アントワネットなんて無意味よ!」 と言い放ち、18世紀のルイ王朝を生きた実在の王妃を “今どきの女の子”的に描いてみせた、 かつてないほど大胆なソフィア・コッポラ監督流歴史絵巻! このゴージャス感は、新年気分にまさにピッタリ♪ ...
マリー・アントワネット (PLANET OF THE BLUE)
監督自身がマリー・アントワネットなんじゃない? ってほど豪華だった^^ 監督 ソフィア・コッポラ 出演 キルスティン・ダンスト 70年代後半から80年代にかけて流行った、 ポップミュージックを織り交ぜて、 マリー・アントワネットがフランス王太子に...
『マリー・アントワネット』最も愛され、最も憎まれた伝説の王妃 (銅版画制作の日々)
  MOVX京都にて鑑賞しました。1日のファーストディーということもあり、19:00からの上映もたくさんのお客さんで、いっぱいマリー・アントワネットと言えば、フランス革命を思い出す。オーストリアの皇女マリーが若干14歳の若さでフランス王太子の元に嫁ぐのだが...
【マリー・アントワネット】時代を把握できなかった王妃の目線 (見取り八段・実0段)
パンが無ければお菓子を食べればいいのよ。のセリフで有名な、フランス国王ルイ16世の王妃。もっとも、この言葉、劇中でもアントワネットが言っていたように実際には王妃が言ったわけではなく、でっち上げらしい。不評が多い映画だったので、迷ったのだけど「ベルばら」...
マリー・アントワネット (紅梅日記)
14歳のオーストリア皇女マリー・アントワネットは、母マリア・テレジアの命令でフランス王太子に嫁ぐことになる。 期待を胸に馬車に乗り込んだ彼女だったが、国境では衣装から下着までをフランス製のものに変えさせられ、愛犬まで取り上げられてしまう。 監督/ソフ...
『マリー・アントワネット』 (映画館で観ましょ♪)
この作品の感想をあちこちで読ませていただくと、 ほとんどが不評... おまけにワタシはキルステン・ダンストが苦手。 でもそんなに不評なのは何故なのかを確認したくなったから、 観に行ってみた。 期待しない
マリー・アントワネット (映画鑑賞★日記・・・)
『MARIEANTOINETTE』公開:2007/01/20(02/09)製作国:アメリカ監督:ソフィア・コッポラ出演:キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、リップ・トーン、ジュディ・デイヴィス、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、ローズ・バーあんなにケーキ...
マリー・アントワネット (とにかく、映画好きなもので。)
 オーストリアの皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は、母の命令によりフランス王太子の元に嫁ぐ事になった。  オーストリアとパリの国境で祖国を捨て、迎えの儀式により彼女は涙を見せる。しかし、新しい生活への期待と眺望はアントワーヌの...
マリー・アントワネット (It's a Wonderful Life)
ソフィア・コッポラの映画ってこれで観たの3本目なんですが、 毎回ちょっとムカツクんです(笑)でも毎回気に入るんですよね。 何なんでしょう・・・・恋かも?違うか・・。 よく考えたら、前作「ロスト・イン・トランスレーション」も主人公は 20歳そこそこ...
マリー・アントワネット (青いblog)
あらすじはこちらで。 マリー・アントワネット 公式サイト レビューの評価がどこも辛口というか最悪だったため覚悟して観に行ったせいか、音楽にもそこま
映画『MARIE ANTOINETTE』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
Sofia Coppola監督&Kirsten Dunst主演で話題の映画『MARIE ANTOINETTE』を観て来ました。今年に入ってからなかなか映画館に足を運べなくて、やっと今年の初映画鑑賞となりましよ~。 日本では『ベルサイユのバラ』のお陰で悲劇の王妃として有名なMarie Antoinetteを、S...
『マリー・アントワネット』 (きぶんしだい)
   ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演『マリー・アントワネット』をTOHOシネマズ橿原にて鑑賞          ●あらすじ● 16歳のオーストラリア王室の末女マリーは、国の同盟のため、ルイ16世と結婚することになった。 結婚し、あとは子...
マリー・アントワネット 2007-08 (観たよ~ん~)
「マリー・アントワネット」を観てきました~♪ オーストリアの皇女マリー(キルスティン・ダンスト)は、母親の命令でフランスの王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐ事になる。期待に胸を膨らませベルサイユ宮殿に乗り込んだマリーだったが・・・ 人気Bl...
マリー・アントワネット (ロッタのひなたぼっこ)
世界で最も愛され、憎まれたフランス王妃、マリー・アントワネット。 歴史を知らなくても、『ベルばら』を筆頭に様々なエピソードで有名な彼女の、ティーンエイジャーとしての姿を描いたのが、この映画です。 今年は生誕250年だとかで、なーんとヴェルサイユ宮殿での...
マリーアントワネット ソフィアコッポラ (マリーアントワネット ソフィアコッポラ)
マリーアントワネットは、2007年に映画で公開されました。ソフィアコッポラ監督!!ココでは、映画、監督、その他関連など幅広く紹介します!
マリー・アントワネット (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) CMや予告編がかなり良い感じだったり、実はこっそり『ベルばら』好きだったり、 今更言うまでもなく重度のダンスト病だったりといくつかの理由からこの作品を 観るのをかなり楽しみにしてました。 が・...
マリー・アントワネット (Blossom Blog)
マリー・アントワネット MARIE ANTOINETTE 監督 ソフィア・コッポラ 出演 キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン アメリカ 2006
『マリー・アントワネット』 (すきなものだけでいいです)
「ブサ可愛い」ではない・・・! 「可愛い」ではないのだよっ ・ ・ ! !  それはつまりブサしか残っていないと言う事・・(モゴモゴ) よろしかったら一押し!  もともと、あまり女っぽいものが得意でない
『マリー・アントワネット』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ14歳のオーストリア皇女(キルステン・ダンスト)は母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令でフランス王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐことになる。期待を胸に、馬車に乗り込んだ彼女だったが・・・感想プリンセスMの苦悩慣れないしき...
マリー・アントワネット…写真素材を別で使いたい映画(女優除く) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_fine/}も今日{/kaeru_rain/}も昼過ぎまで寝て{/kaeru_night/}しまっているピロEKです。 連休は何の予定もなく、ダラダラと過ぎて行っています。 少しだけ予定はあったのですが、そちらもお流れになりそうですし{/face_hekomu/} 昨日、初めて「まんだらけ小...
マリー・アントワネット (mama)
MARIE ANTOINETTE 2006年:アメリカ・フランス 原作:アントニア・フレイザー 監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト、アーシア・アルジェント、オーロール・クレマン、リップ・トーン、ジェイソン・シュワルツマン、スティーヴ・クーガン、モリー...
マリー・アントワネット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語』  コチラの「マリー・アントワネット」は、1/20公開になった世界一有名な王妃マリー・アントワネットを描いたヒストリカル・ロ...
マリー・アントワネット (映画感想)
この映画は女の子か女の子だった人は楽しめる要素があると思うのですが 歴史モノとしてみると??な映画になるかも知れないです。 史実と違...
マリー・アントワネット (むーびーふぁんたすてぃっく)
「マリー・アントワネット」 感想 マリー・アントワネット 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユに暮らす孤独な王妃の物語。 ...