我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

イントゥ・ザ・ワイルド/INTO THE WILD

2008-08-20 00:51:14 | 劇場&試写★6以上

 

 

名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現監督、脚本した会心作


試写行って来ました。

全米で大ベストセラーとなったジョン・クラカワー原作の「荒野へ」で実話。

持ってたチラシをじっくりみてなかったから、てっきりショーン・ペン主演してるのかと思ったら
完全に製作にまわってきっちり裏方でした。
主演は、『ロードオブドッグタウン』などを経て『スピードレーサー』で主役のレーサー役だったエミール・ハーシュ。



この子(←この子呼ばわり)『スピードレーサー』の時は主役級じゃない!カッコ良くないしー
ナンテ思ってたけど 今回はすっごく良かった
ちょっとどこかディカプリオにも似てた。
最後の方はウルヴァリン化してたけど。



パパにはウィリアム・ハート、 ママには どっかで最近観たなぁ〜(←近所のおばさんじゃあるまいし)
って思ったら、『ミスト』ですごい存在感放ってた、マーシャ・ゲイハーデンでした。


お話はー。
大学を優秀な成績で卒業し、ハーバードへの進学も決まっていた22歳の若者が、
ある日、車もクレジットカードも捨て、貯金は全額寄付をし、バックパックひとつで最終目的地アラスカのあてのない旅に出る、、、、、。


ロードムービー×サバイバル×幸せ探し?

いや、サバイバルって言うほどサバイバーではないんだけど。


旅の途中では様々な人たちとのかげがえのない出逢いが

キャサリン・キーナー演じるヒッピーカップルや、、、、



ヴィンス・ボーン演じる陽気なアニキ、



孤独な老人フランツとは家族同様の絆で結ばれたり、、、




人生は長い旅のようなもの


7/10


全体的には、旅の経過を追うもので とりわけ大事件が起こったり
ホプキンスじいさんの夢を追いかける旅『世界最速のインディアン』のようなのともちょっと違う、

大きな展開はなかったけど、大自然の中での自炊生活や、一期一会の人との出逢いを観てると
自分もそこにいて同じ経験をしているという錯覚を少々起こす(映画の醍醐味?)
穏やかな気持ちになって、退屈にはならずに観てた。(一種の癒し効果?)

ひょっとしたらアカデミー賞編集賞にノミネートされただけあってその効果かもしれない。



2時間半かけて、じーっくり映し出される、一人の若者の旅の記録。
はたしてその結末は...




最後の章にたどり着いたとき、
もうそろそろ終わってもいいよ〜ぅって思ったら、そこからが良かった

彼は頭がいい。
野生生活の上で、食べられるもの、食べられるものをしっかり頭に入れてるはずだった、、、

それなのに、、、、、。

旅は大好きだけれど、1人の旅はキライ。

人に頼らず一人で行動出来る事は大事だけど、やっぱり誰かと楽しさ、感動共有したいって思う。

けどこの旅は何かから開放されたくてする旅、
自分の中の何かを、別の遠い場所に自分を置くことで何かつかめると思ったのかもしれない。
映画の中で、
人生において必要なのは実際の強さより強いと感じる心だ。
一度は自分を試す。
一度は太古の人間ののような環境に身を置くこと
自分の頭と手しか頼れない過酷な状況に一人で立ち向かうこと。
と言ってる。

それでも、結局彼が旅の終わりに感じるのは、、、、、。


ラストはちょっと意外だった〜。
涙はでなかったけど、ちょっとほろり

流れてる曲も通して良かった。
と思ったら、主題歌はパールジャムが特別に書き下ろし曲を提供したらしい

旅好きな方、ロードムービーが好きな方にオススメです


賞受賞の冠マークがいっぱい並んでる!と思ってよーくみたら

主題歌でゴールデングローブ賞、
助演男優賞(ハル・ホルブルック)と編集賞でアカデミー賞ノミネート、
2007年 ゴッサム賞作品賞、ブレイクスルー賞(エミール・ハーシュ)ノミネート
2008年 グラミー賞主題歌賞でノミネート。



 公式サイト
INTO THE WILD    2008年   アメリカ   148min

9月6日より、ロードショー

幸福が現実となるのは、それを誰かと分ちあったときだ。 ---同感。



--------------------------------------------------------------------------------------------------

2007 9/18 L.Aプレミアにて。

ショーン・ペン監督と。
んー、やっぱり普段はサエないな〜 エミール・ハーシュ。



顔ちっちゃい☆ 『スピードレーサー』で共演のクリスティーナ・リッチも来てました。



ヴィンスってやっぱり大男 



クリックしてね ←please click



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (40)   Trackbacks (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TOKYO! | TOP | トロント映画祭 2008 ラインナッ... »

40 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (ジジョ)
2008-08-20 04:12:41
私も観てきました♪
重すぎず、軽すぎず。でも後でしっかり何かが残る感じがしました。
自然が美し〜☆きれいな映像で確かにいやし効果もあったかも☆

しかし最後の写真、、、ほんとヴィンスって大きい!!


ジョジョさん☆ (mig)
2008-08-20 10:18:01
こんにちは♪

そうなんですよね、重すぎず軽すぎずっていうバランスがちょうど良くて。
あとでじんわり残るラストが悲しくも良かったですね
ヴィンスのこの大きさ、異常ですよね?!(笑)
こんにちは☆ (dai)
2008-08-20 11:44:51
TB&コメントありがとうございます♪

migさん観られたんですね!
私も飽きずに観れたし、映画としては悪くないと思ったんですけど、ラストがどうなるか知っていたのと、彼の行為をどうも認めることができなかったことで、感情移入できませんでした・・・。
でもこの映画で一期一会って大切だなあって思いましたね。
TB/コメントありがとうございました。 (KGR)
2008-08-20 14:03:41
私は、自暴自棄になっての結果で
自業自得だとは思いません。

自立すること、他人に頼らないことを
「物理的に一人になる」ことで体験しようとして、
失敗したのではないでしょうか。
気になる〜 (ひめ)
2008-08-20 19:48:21
ショーンペンが脚本もやっているんですね〜。
気になる気になる!!
ショーンペン出演の作品がそろそろ見たくなっているけど
これもすごく気になります。
近くの映画館でやっていたら、見に行こうっっ

最後の写真のヴィンス・ボーンの大男っぷりにびっくりしました〜(笑)
Unknown (ANDRE)
2008-08-21 00:36:19
TBありがとうございました。

2時間半観るのは辛いかなと思ってたものの
最後まで飽きずにじっくりと観られる作品でした。

最後にいたる理由が、
本当にあっけないミスで、
そこが妙に現実味があって印象深いです。

エミール・ハーシュ、
自分も観ながら、ディカプリオっぽいと思いました!
dai さん☆ (mig)
2008-08-21 09:28:53
こんにちは♪
こちらこそありがとう〜
そうかぁ、、、
daiさんは知ってて観たのですよね〜
わたしは結末知らなかったから、
ハッピーに終わるよりいいなってちょっと最後で☆したかな?
ちょっと長すぎだったけどじっくりみせたという感じでしたね。
KGRさん☆ (mig)
2008-08-21 09:31:31
こんにちは。
そうですね、わたしも自業自得だと思いませんよ。
何事も経験は大事だしやってみることはいいけど
命を落としては何もなりませんよね、、、
ああいう時には食べ物はよほど気をつけないと
と本当、怖くなっちゃいました、、、、
ひめちゃん☆ (mig)
2008-08-21 09:34:12
ひめちゃんもショーンペンは気にナル人?
これね、二時間半と長いからそこ覚悟してみてね
でも不思議と退屈にはならなくて
さすが編集賞ノミネートされたせいか
編集の力で?うまくみせてるなぁって。
ひめちゃんの感想楽しみにしてるネ
ヴィンスやたらデカイよね〜(笑)
ANDREさん☆ (mig)
2008-08-21 09:36:38
こんにちは♪

最近観られた映画が重なっているみたいですね☆
そうなんですよね、最後の失敗はとても現実的。
普通だったらハッピーに終わるでしょうし。
実話の映画化は多いけどこちらは悲しいエンドでした、、、、
エミールハーシュは今回すごく良かったですよね
観たい! (マリー)
2008-08-22 08:38:06
こんにちは〜〜♪
コレ気になってました!
上映決まったので、嬉しい〜〜〜。
観たら又来ますね。

普段のエミールくん、なんでこうなっちゃうんだろ。
凄くステキに見える時も多いんだけど(苦笑)
マリーさん☆ (mig)
2008-08-22 11:50:57
わーい♪
気になっていましたか
ぜひ観てみて〜!
マリーさんの感想聞きたいな

この映画の中ではね、エミールくんすごく
ハマってたし頑張ってたし(上から目線

それになんかカッコ良く撮れてましたよ!
ショーンペンのカメラマジックかな?!(笑)
こんばんは (chikat)
2008-08-26 00:52:06
映像は奇麗で、自然が素晴らしく、そんな意味ではいやし効果もあった気がしますが、全くこの青年にこれっぽっちも感情移入できなかったので不完全燃焼の時間が長すぎて、逆にストレスになりそうでした。
やっぱり、トシなのかしらね。
ホントでかいー! (minori)
2008-08-26 22:20:19
migさん、こんばんわー。
遊びにくるのが遅くなっちゃいました。
それにしてもヴィンス、びっくりするほどデカいですねー。周りが小さいのかなあー。エミールは確かにこうやってみるとあまりパっとしないですね。でもよかったと思いますがね、この役。
映像もよかったし音楽もよかった。ちょっと考えさせられたけどそれはいい意味で、という感じでした。
chikatさん♪ (mig)
2008-08-27 22:43:56
こんばんは★

ありゃぁ、、、そうだったんですね。
確かに感情移入しないとダメかも、、、?
時間長いから、退屈しちゃうとつらそうですね。。。
わたしはなかなかいい映画だと思いました
ラストが実話ならではで良かったな
minoriさん♪ (mig)
2008-08-27 22:45:39
こんばんは♪

ほんとにヴィンスってデカイらしいけど
この画像で一目瞭然ですよね(笑)

そうそう、エミールくん普段ぱっとしないけど
普通っぽいから逆にいいのかな?
(ひどい言いよう?
でも今回はスピードレーサーよりハマってたと思いマス☆
こんばんわ (moviepad)
2008-09-06 23:36:01
migさん、こんばんわ

確かにエミール、ちょっとディカプリオに面影が似てましたね。
ちなみにショーン・ペンが映画化を企画したときは
主役はディカプリオをイメージしていたそうです。
ただ、マッカンドレスの両親から映画化許可がおりるまでに10年かかったため...。
さすがに今のディカプリオじゃこの役は無理でしょう(笑)

エミール君、アカデミー賞主演男優賞ノミネートがかなり有力視されていたのに...。残念でした。

自分は小説の映画化くらいしか予備知識がなかったのでラストで実話と知ってびっくり!
個人的にはとっても重い作品でした。
一瞬 (latifa)
2008-09-07 15:55:15
migさん、こんにちは!
一瞬だけど、ショーンペンか?って位、そっくりに見えたシーンが幾つかあってビックリしました。
スピードレーサーの時はダメだったけど、この映画ではなかなか名演していましたね。
でもmigさんちで普段の姿見たら・・やっぱりいけてない・・・(^^;)

migさんは一人旅よりも誰かと一緒の旅が好きなのですね?^^ 私は両方好きです。誰かと一緒に分かち合う旅も大好きだし、一人旅だと、現地の人と知り合う機会が2人以上の時より断然多い気がするんです・・(←私の場合デス)そういう点では一人旅も気楽and誰かとの出会いという点で好きです☆
★moviepadさん★ (mig)
2008-09-07 22:53:58
こんばんは♪

そうだったんですねー、どうりで雰囲気が似ていた?
最初はショーンペンが出るのかと思ったら
全く出ずに監督に専念したんですね。
じっくり撮りすぎ?な感じもしなくはないんですが
不思議とラストまで飽きずに魅入りました☆

あれだけ痩せこけちゃったのもスゴいですよね。
現実味あってほんと怖いです
★latifaさん★ (mig)
2008-09-07 22:56:49
こんばんは♪

そうなんですよ!やっぱりlatifaさんも
思いました? 今回はすごく良かったですよね
たまにかっこよくみえたし(笑)

でも、ほんとに普段はイケてません

なるほど〜
人と知り合う、、、、

ほんとそうですね。
わたしはさびしくて1人旅出来ないだけなんです
ひとりでレストラン入るのは平気なんだけどなー
こんにちわ (睦月)
2008-09-12 10:14:44
ショーン・ペンって映画監督としても才能あるんだなあと
再認識した作品です。
淡々としているのに、最後までどっぷり見入ってしまいましたー。

主演の子、劇中ではとっても素敵に見えたけれど、
普段はたしかにサエないですね(苦)。

でもあの痩せっぷりは凄まじかったー。
ある意味、マシニストよりも壮絶でした(涙)
★睦月さん★ (mig)
2008-09-12 11:25:29
こんにちは♪

そうだよね〜、わたしも同じくです、

そうそうスピードレーサーではパッとしなかったけど
普段もパッとしない

でもこの役ではぴったりですっごくいい感じだった。

あ、わたしもマシニスト思い出しちゃった★
負けてない程凄かったよね〜!
睦月さんとこあとでお邪魔しますね。
こんにちは〜〜♪ (ひろちゃん)
2008-09-13 17:09:50
migさんは何も知らずにご覧になったみたいで
ラストは意外だったんですね。。。
私が観た時も試写会だったんですが、頂いた
チラシと映画の前の簡単なトークで、ラストを
知ってしまったので、そう言う意味では、migさんが
うらやましいですぅ〜〜

エミール、私もディカプリオに見える時
ありました^^でも、素顔は、やはり
タイプじゃないかな(^^ゞ

質のいい作品で、自然の景色も美しく素敵な作品
だと思いましたが、もう少し時間短かったらとかも
思ってしまいましたσ(^◇^;)

私も一人旅はキライ!
って言うか方向音痴ですし、怖がりなので(笑)
キライとか言う前に、できないんですが(ーー;)
★ひろちゃんー★ (mig)
2008-09-14 10:38:08
こちらにもありがとうございます

事前にこれから観るって時に話すなんてそれってヒドいですね〜!
ネタバレですよね!
知りたくない人だっているのに。

ちょっと普段このエミールくんモサイけど
この映画ではなかなかカッコ良くみえましたよね
わたしもタイプじゃないけど

うんうん、そうですねちょっと長いですよね〜

一人旅もいいものなんでしょうけどね、
誰かと一緒がいいです♪
ディカプリオ (カオリ)
2008-09-18 01:01:05
こんばんは〜先日見てきました。
E・ハーシュ、私もディカプリオに似てるかな?と思いましたよ〜。特に若いときの、ですが・・・

しかし・・・普段はホント冴えない感じですね。やっぱりもうちょっとワイルド感を出すといいのでしょうかねー。
★カオリさん★ (mig)
2008-09-18 12:10:35
こんにちは♪

そうなんですよね、
いまはディカプ、オジサンになっちゃって貫禄でてきましたもんね(笑)

このエミールくん、どの写真みても
この映画以外の写真かなりイケてないんですよ〜
映画の演出マジックかな?
でもラストシーンすごく痩せて役者魂感じました
見てきました (くまんちゅう)
2008-09-20 15:05:16
どんな大冒険なのかと思ってたら
アラスカでは意外とこじんまりしてました
他の場所の出会いは良かったのに
アラスカに固執しすぎちゃったのか
明確な目的が無かったのが悲劇の元だと思います。
エミール君は、アシュトンに見えたりデカプリオに見えたりしました、ひげの有る無しで?
最後はベールのマシニスト張りの激変でしたね、役者って大変ですな・・・
★くまんちゅうさん★ (mig)
2008-09-21 12:02:24
コメントありがとです

くまんちゅうさんも楽しめたかな?
(楽しむような映画ではないケド、、、)

いやーんアシュトンと一緒にしないで!(笑)
アシュトンもっといい男なんだからぁ

ほんっと最後のヤセぶりはスゴかったですね!
あれには大拍手です☆
Unknown (風情♪)
2008-09-21 13:52:49
こんにちは♪

残念なことにクリスのような生き方や考え
方に全くもって共感できるもが無かったこ
とと、後半のダルさも手伝って…と言った
ところです。

ウェインのありきたりのセリフではあるん
ですが「頭でっかちになるなよ」の言葉が
印象的でした♪ (゚▽゚)v
★風情♪さん★ (mig)
2008-09-22 09:32:08
こんにちは♪

ちょっと長過ぎですよね
わたしは結構興味深く観れました〜

ショーンペン監督はなかなかヤルなぁ!って感じで次回も注目してます♪
ヴィンスでかい! (miyu)
2008-09-28 17:40:22
あはは、本当デカイですね〜。
ってかリッチ嬢の顔が小さいのかエミール君の顔が
大きすぎなのかって感じもしなくはないですけど(*≧m≦*)ププッ
あ、普段は冴えないエミール君ですが、
この映画の彼は良かったですよね〜
migさんがおっしゃってるように1人で出来るもん!
ってのは大事だけど、それでも分かち合う喜びや悲しみがあっていいんですよね。
★miyuさん★ (mig)
2008-09-29 12:21:28
ヴィンス、もともとデカイひとだとは思ってたケド
単体じゃなくこうやって皆と並べるとほんっとデカイのよね〜(笑)

miyuさんはエミールのファンだったのですね。
この映画はショーンペンらしいなって思ったナ。
ラストは重くて悲しいけど
ああいう悲惨な方が個人的には好みなの。
なかなかいい映画でしたね。
今日観てきました! (ケイコ姉さん)
2008-11-09 04:53:54
こんにちは。

すごーく好きなジャンルではあるんですけど、途中途中どうしても上温湯隆の「サハラに死す」を思い出してしまい純粋に鑑賞出来ませんでした(T-T)。

同じ実話でもサハラに死すの方がより熱くより悲惨だったので、これを知らなければ映画をもっと楽しめたかもしれません。
★ケイコ姉さん★ (mig)
2008-11-09 12:02:08
こんにちは♪

そうですか〜、、、
わたしは普段だったらこの長さに飽きてくるところですけど
最後まで展開が気になって、&サバイバル生活?
が興味深くて楽しめました☆
楽しくはないラストですケドね
悲しいラストでしたね、、、
おはよーさんです (SGA屋伍一)
2008-11-21 08:23:32
ども。いつもお世話になってます

クリスの母・・・ あのミストの鬼ババだったのか!
いやー、全然わからなかった。あんときゃメチャクチャいらつきましたけど、今回はホロリとさせられちゃいました。さすが女優ですね・・・

エミールくんのやせっぷりはすごかったですね。あのスチール、ダイエット食品の宣伝に使ったらかなり効果あるんじゃないでしょうか。いや、みんなひくかな(笑)

自分は彼がアラスカに向かったのは、普通にチャレンジ精神だったんじゃないかと考えています。登山家が高い山に登りたがるようにね。その結末は残酷なものでしたけど、彼は彼なりに満足して逝ったと思いたいです
★伍一さん★ (mig)
2008-11-22 23:37:42
こんばんは♪

あはは
そうそう、ミストの鬼婆はこの人デス。
けっこう昔のにもちょこちょこ出てるんですよね〜!
あは、ダイエットの宣伝ね★

うん、なるほど。
そういう見方もありますね!
それにしてもあれだけ頑張ってたのに
まさかあんなもので死んじゃうなんて、
無知ってやっぱり怖いですねぇ、、、、
やっぱり伍一さんはわたしと歳近いですね、
わたしの方が上だったみたい
こんにちは♪ (ゆかりん)
2009-03-25 12:44:32
遅ればせながらやっと観ました。
画面いっぱいに広がる大自然が美しかったですぅ。
主人公がいろいろな人たちと出会いが良かったですね。
特に革職人のじいちゃんとのシーンが好きですねぇ。
エミールくんは「スピードレーサー」の時よりこっちのほうが良かった。
そーそー、私も何となくディカプリオに似てるかもと思いましたよ〜
★ゆかりんちゃん★ (mig)
2009-03-26 19:35:39
こんばんは♪

これなんとなくもうゆかりんちゃん観てると思ってた!
なんか、いい映画だったよね〜♪
雰囲気とか、サバイバルな話って好きだから飽きずに観ちゃった♪
ほんとエミールくんね、スピードレーサーのときはかなり魅力なかったよね
目線に注意ダゾ! (マー)
2011-06-30 22:49:07
この映画は特別な映画だよ
俺は男女差別なんてするつもりは
無いけど、そう聞こえても仕方ないと思うくらい、この映画は男の映画だよ。男にグッとくる映画なんだ。女性のコメントにだんだん腹がたってくるぐらい、男にしか理解できない
究極の映画だよ。エミールの、まさに体当たりの演技も含めて全部が。
 男って、馬鹿だからね。
マーさん (mig)
2011-06-30 22:58:59
私は映画って個人個人で楽しめたかどうかで、楽しめたり何かを感じればそれでいいと思いますよ。

感じ方は人それぞれだから。
私もこの作品好きですよ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

55 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
イントゥ・ザ・ワイルド (ジジョの五感)
「そして僕は歩いて行く。まだ見ぬ自分と出会うために」 よく既婚男性から聞くセリフ。 「旅に出たい」 それも、 「海外の誰も居ない湖畔に一人」だったり、 「海外の秘境の山に一人」だったり。 男性にとっての「旅」は冒険で、 女性が思う以上の何か特別な意味が...
SeanPennの「Into the Wild」 (犬連れ国際結婚)
2007年も、後、もう少しで終わろうとしているが、今年、映画館で観た映画で忘れられない、そして、忘れてはいけない映画に、Sean Pennの Into the Wild がある。この映画は、Sean Pennが10年ほど前に、その映画のモデルとなったC...
イントゥ・ザ・ワイルド (Memoirs_of_dai)
優秀な人間は時として奇行起こす 【Story】 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れる...
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/8/5、有楽町朝日ホールでの開催。 最前列4列は座席ではなくイスを並べてあった。 運悪く、とても姿勢の良い男性が前に座ってしまった。 ところがこの男性、上映の途中でやおら立ち上がり、 頭をかがめるでもなく、堂々とゆっくり歩いて席を移動。 暫くして傘を忘...
映画:イントゥ・ザ・ワイルド試写会 (駒吉の日記)
イントゥ・ザ・ワイルド試写会(九段会館) 「僕は一人歩き出す」 1990年というと日本はバブル期終盤、アメリカはもう少し早い時期に終わってて逆風が感じられるくらいだったのかなあ。親からの抑圧や社会の閉塞感から自由になりたい、と将来有望な青年が全てを捨て...
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「イントゥ・ザ・ワイルド」の試写会に行ってきた。ショーン・ペンが監督・脚本、エミール・ハーシュ主演で、実話の映画化。大学を優秀な成績で卒業した主人公クリスが、家族もお金も車も捨てて家出して、アレクサンダー・スーパートランプという偽名を使ってバックパッ...
映画「イントゥ・ザ・ワイルド」@試写会 (Andre's Review)
into the wild 2007年 アメリカ @試写会(9月6日公開予定) 珍しく2日連続試写会。ショーン・ペン監督で全米でベストセラーになったノンフィクション「荒野へ」を映画化した作品。観る前は2時間半という長さにちょっと不安を感じていたんですが、観始めたらあっとい...
DVD「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「イントゥ・ザ・ワイルド」 監督:ショーン・ペン 出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホルブルック、ブライアン・ディアカー...
BON VOYAGE!! (まさタローなんでも徒然日記)
日常を忘れて旅に出よう!!九段会館に試写会に行ってきた。。。『イントゥ・ザ・ワイルド』原題: Into the Wild 監督・脚本: ショーン・ペン 製作総指揮: デビッド・ブロッカー、フランク・ヒルデブランド、ジョン・J・ケリー 製作: アート・ラインソン、ショーン・...
「イントゥ・ザ・ワイルド」を観る (紫@試写会マニア)
監督がショーン・ペン。これだけで魅力は感じていた。実話のベストセラー「荒野へ」の映画化、「イントゥ・ザ・ワイルド」を観てきました。いいもの観たな、と思っています。 私は‘試写会マニア’なので当たれば大概の試写に出かけるが、仕事もあるし体調も(今はこれ...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (てんびんthe LIFE)
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 よみうりホールで鑑賞 これまた、主人公に思い入れができなくて、私には受け入れられない作品でした。 監督はあのショーン・ペン。 途中でほかの監督さんたちのように自分でも少し登場するのかとも思ったのですがそんなことはあり...
『Into the Wild』イントゥ・ザ・ワイルド (キマグレなヒトリゴト)
ナイーヴすぎた彼の軌跡。 ぽちっとプリーズ。 Into the Wild
イントゥ・ザ・ワイルド (映画のメモ帳+α)
イントゥ・ザ・ワイルド(2007 アメリカ) 原題   INTO THE WILD    監督   ショーン・ペン    原作   ジョン・クラカワー 『荒野へ』(集英社)    脚色   ショーン・ペン       撮影   エリック・ゴーティエ           ...
「イントゥ・ザ・ワイルド」良かったけれど、ちょっと長過ぎ・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
丁寧に作ってあって、とても良かったけれど、少し長すぎたかな・・・。4つ☆〜4つ☆半
「イントゥ・ザ・ワイルド」良かったけれど、ちょっと長過ぎ・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
丁寧に作ってあって、とても良かったけれど、少し長すぎたかな・・・。4つ☆〜4つ☆半
イントゥ・ザ・ワイルド (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
若者が欲するピュアな孤独を描いた秀作。大学卒業と同時に家族や金銭、車を捨てて、真の自由を求めてアラスカの荒野を目指す青年クリスが、彷徨の果てに悲劇的な最期を迎えるまでを静かにつづる。一歩間違えば甘ったれた青年のドジな物語なのだが、若さとはいつも必要以上...
イントゥ・ザ・ワイルド (5125年映画の旅)
大学を卒業したクリスは、金も車も捨てて、家族に何も告げる事無く放浪の旅に出る。様々な地をさまよったクリスは、旅の集大成としてアラスカに向かう。 アカデミー賞俳優ショーン・ペンが監督したロードムービー。クリス・マッカンドレスという青年がアラスカの奥地で...
イントゥ・ザ・ワイルド (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。 ジョン・クラカワー原作、ショーン・ペン原作、エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、ジェナ・マローン、クリステン・スチュワート、ブライアン・ディアカー...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 (2008) / アメリカ (NiceOne!!)
監督・脚本:ショーン・ペン原作:ジョン・クラカワー出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ウィリアム・ハート、ヴィンス・ヴォーン鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>1990年夏、アトランタの大学を優秀....
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
上映時間は、148分。 かなり長め。日本的、生半可な、東南アジア方面への「自分探し」卒業旅行感覚とか、そんな生ぬるさはこの映画には皆無です。尺の長さ故、「中だるみするかな?」と鑑賞前は感じていましたが、一つ一つのエピソードの出来がとても良い感じに仕上が...
イントゥ・ザ・ワイルド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 真理の探究・原理への挑戦・果てなき逃避  
*イントゥ・ザ・ワイルド* (Cartouche)
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (c) MMVII by RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved. {{{   ***STORY***             2007年  アメリカ 1990年...
★イントゥ・ザ・ワイルド(2007)★ (CinemaCollection)
INTOTHEWILDそして僕は歩いて行くまだ見ぬ自分と出会うために映時間148分製作国アメリカ公開情報劇場公開(スタイルジャム)初公開年月2008/09/06ジャンルドラマ/青春【解説】若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの大自然に立ち向かっていった一人の...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 同世代だから感じる苛立ち (はらやんの映画徒然草)
1968年生まれ。 エンドロール前に実話を元にしたこの作品の主人公クリス・マッカ
イントゥ・ザ・ワイルド (りらの感想日記♪)
【イントゥ・ザ・ワイルド】 ★★★★☆ 試写会(22) 2008/09/8 ストーリー 1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業し
「イントゥ・ザ・ワイルド」@日比谷/新宿/恵比寿+23 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 26オープニング土日興収: 1373万円『シャンテシネ/テア
★「イントゥ・ザ・ワイルド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。
イントゥ・ザ・ワイルド (映画を観たよ)
旅は憧れ。
イントゥ・ザ・ワイルド (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&青春  監督:ショーン・ペン  出演:エミール・ハーシュ      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ウィリアム・ハート      ジェナ・マローン 【物語】  1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、 ク...
イントゥ・ザ・ワイルド  INTO THE WILD (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
ALONE → LONELINESS■ストーリー1990年夏。何不自由しない裕福な家庭に育ったクリス・マッカンドレス。アメリカ・ジョージア州アトランタの大学を優秀な成績で卒業後、貯金のすべてを慈善団体に寄付し、クレジットカードを裁断し、現金を燃やして放浪の旅に出る。コロラ...
イントゥ・ザ・ワイルド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンド...
イントゥ・ザ・ワイルド (2007・アメリカ) (白ブタさん)
試写会に行ってきました(^^♪
INTO THE WILD そのまま帰って来れなかったのか。 (労組書記長社労士のブログ)
【36-18-】  今日から10月、今月は下半期のスタートということで、いろんなことが変わります。 ◆ 政管健保→協会けんぽに ◆ 厚生年金の保険料 149.96/1000(労使各々74.98/1000)→153.5/1000(76.75/1000) ◆ 姥捨て山医療制度、失礼、長寿医療制度(←嘘つき)...
荒野へ〜『イントゥ・ザ・ワイルド』 (真紅のthinkingdays)
 INTO THE WILD  優秀な成績で大学を卒業したクリストファー・ジョンソン・マッカンドレス(エミール ・ハーシュ)は、誰にも告げるこ...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 (ラングランド "WaiWai"ブログ)
ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説『Into the Wild』を ショーン・ペンが監督、映画化した壮大なロードムービー。 日頃、「どこか遠くへ行きたい」などと現実逃避的に考えることは、誰しもがあるはずです。 ただし、この主人公の場合...
イントゥ・ザ・ワイルド (だらだら無気力ブログ)
何もかも捨てて、放浪の旅に出てアラスカを目指した青年の姿を描いた ドラマ。原作はジョン・クラカワーの『荒野へ』。優秀な成績で大学を卒業したクリス。両親を嫌っているクリスは 義務で大学を卒業したことで、自由を求めて家族を捨て放浪の旅にでる。 道中、彼はいろ...
イントゥ・ザ・ワイルド (Movies 1-800)
Into the Wild (2007年) 監督:ショーン・ペン 出演:エミール・ハーシュ、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、ハル・ホルブルック アラスカの山中で死体で発見された若者が死に至るまでの2年間の軌跡を追った物語。 主人公は実在の人物で、残された日記や手紙...
イントゥ・ザ・ワイルド☆ショーン・ペン監督作品 (銅版画制作の日々)
 彼が最後に呟いた言葉は、”アラスカの罠にはまった”でした・・・・・。 9月30日、この日は、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」とこの作品を鑑賞しました。東宝シネマズ二条で観た「イントゥ・ザ・ワイルド」、俳優ショーン・ペンが監督した2001年の「プレ...
イントゥ・ザ・ワイルド (eclipse的な独り言)
 すごいもの、観てしまった。そんな感じです。(10月8日 日比谷 シャンテ・シネ
イントゥ・ザ・ワイルド (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  すべてを捨て去り、一人でアラスカまで旅をする青年を描くヒューマンドラマ。実話をアレンジした話であるが、この青年がなぜ自分採しの旅に出る必要があったのかを、時間を前後させながら克明に描いてゆく。  それにしても、この青年の心は、余りにも繊細で純...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 2008-No66 (映画館で観ましょ♪)
ショーン・ペン監督作品 『スピード・レーサー』に主演したエミール・ハーシュが 18キロも減量して演じている。 『 そして僕は歩いて...
270「イントゥ・ザ・ワイルド」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
そして僕は歩いていく、荒野へ  1990年夏、アトランタのエモリー大学を優秀な成績で卒業した22才の青年・クリス・マッカンドレス。卒業祝いに両親から新車を買ってやるという申し出を断り、預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げず、無一文で旅に出る。  ...
イントゥ・ザ・ワイルド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
将来を約束された青年の自由を求める旅路 裕福な家庭で育った青年が目指したのは絶対的な孤独の地アラスカだった。 名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の死を遂げた青年の旅の...
『イントゥ・ザ・ワイルド』@テアトル・タイムス・゙スクエア (たーくん'sシネマカフェ)
映画友から薦められたこととショーン・ペン(監督)、実話なことで観たいと思い「イントゥ・ザ・ワイルド」鑑賞。(c)MMVIIbyRIVERROADENTERTAINMENT,LLCandPARAMOUNTVANTAGE,ADivisionofPARAMOUNTPICTURESCORPORATION.AllRightsReserved.原題:INTOTHEWILD監督・脚本:ショ....
荒野の呼び声 ショーン・ペン 『イントゥ・ザ・ワイルド』 (SGA屋物語紹介所)
首都圏より三ヶ月ばかり遅れて上映。でもこれはまだ都心でも細々とやってるのかな? 
「イントゥ・ザ・ワイルド」:魚籃坂下バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あそこに見えるのはテレビ屋か?もうすぐアナログテレビは見れなくなっちゃうし、地デジ対応テレビでも買っていくか? {/hiyo_en2/}それより、これを機会にテレビのない生活でもしてみたら? {/kaeru_en4/}そんな野蛮な生活できるかい! {/hiyo_en2/}そうい...
イントゥ・ザ・ワイルド (虎猫の気まぐれシネマ日記)
そして,僕は歩いて行くまだ見ぬ自分と出会うためにあらすじ: 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れるための放浪の旅に出る。労働とヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。アラスカ山脈の人気のな...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました
イントゥ・ザ・ワイルド (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INTO THE WILD公開:2008/09/06製作国・年度:上映時間:148分監督:ショーン・ペン出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホル...
イントゥ・ザ・ワイルド (サムソン・マス=ラーオの失脚 −日曜日の映画たち−)
    = 『イントゥ・ザ・ワイルド』  (2007) = 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は、車や財布を捨て、自由を手に入れるために放浪の旅へと出る。 ヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。 アラスカ山脈の人気のな...
イントゥ・ザ・ワイルド (Addict allcinema 映画レビュー)
そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために  
イントゥ・ザ・ワイルド (こんな映画見ました〜)
『イントゥ・ザ・ワイルド』 ---INTO THE WILD--- 2007年(アメリカ) 監督:ショーン・ペン 出演: エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、 ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー 、ヴィンス・ヴォーン、 クリステン・スチュワート...
Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜 (むーびーふぁんたすてぃっく)
「Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会...
映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス...
イントゥ・ザ・ワイルド/Into the Wild(映画/DVD Blu-ray) (映画を感じて考える〜新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評)
[イントゥ・ザ・ワイルド] ブログ村キーワードそして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うためにイントゥ・ザ・ワイルド(原題:Into the Wild)満足度:★★★★☆オススメ度:★★★ ...