我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ぼくを葬る/Le temps qui reste/ TIME TO LEAVE

2006-05-03 02:00:03 | 劇場&試写★6以上

フランソワ・オゾン作品、実はこれが初めて。
ワタシと正反対、アメリカ映画よりもヨーロッパ系映画好きの父に
オゾン監督の「まぼろし」を勧められてたのに観ていないまま、、、、
昨日、たまたま銀座で試写の前に時間がぴったりだったのでふらっと観る事にした☆

ーーーーーーぼくを葬る(ほうむる、)と書いて(おくる、)と読む。

年に1作、コンスタントに監督/脚本作品を送り出しているオゾン監督
「まぼろし」では"最愛の人の死"、今回は"自分の死"

余命わずかと突然宣告された、
その彼の心情が、痛い程伝わってくる。。。


パリ在住の人気カメラマン、ロマン。
余命わずかと宣告されながらも病院での治療を拒絶する。
彼は、愛する恋人に別れを告げ、一人で死を受け入れる決意を固めていく....。


この祖母が、何とジャンヌ・モロー
"自分と似てるから"という理由で、たった一人にだけ真実を打ち明ける。
お上品な雰囲気は健在だけど、どこか貫禄が出て...。
おばあちゃんと、心の深いところで繋がった信頼関係が素敵



1928年生まれ、現在78歳。
98年のドリューバリモア主演「エバー・アフター」以来で見たなぁ。
映画出演はこれが4年振り。  ああ、美しかった~



死を前に、大事な人をカメラに納めるその姿は本当に見ていて切ない。。。
特に、ちょっとした気持ちの行き違いからうまくいかない姉を
遠くからこっそりと見つめるシーンには胸が詰まってしまった。


そして、最愛の人に別れを告げる、、、、

同性だった。のにはビックリ
逆に、そこが良かったのかもしれない、何となくそう思う。
相手もまたキュートで素敵な彼
「ブロークバックマウンテン」とは真逆で、泥臭さのないカップルだなぁ。
美しすぎる。

愛してるのに、愛を素直に伝えずに、突き放すのがやるせなくなる、、、、
突然、別れを告げられて去って行く相手の後ろ姿に、、、
 「ゆるしてくれ....」と。
心では泣いてるのに、、、、。

原題の「le temps qui reste」は、「残された時間」

残された時間の中で、何ができるんだろう。
この作品の中では、自分の人生、家族、幼年期と和解して全てクリアにする。
少年時代の自分の幻影が時折現れて、過去の自分と向き会うシーンが切ない。

そして、最終的に "何かを残す"という決断をする。

ちょっと、本気???とツッコミたくなるような大胆行動に驚きもするけど、
その決断もアリなのかもしれない。

人は、この世の最後と言う時、自分の生きた証として本能的に
やっぱり何かを残そうと考えるものなのかな、

余命三か月。。。
相手の反応、同情が嫌だから言わないとロマンは言ったけど
ワタシだったら言ってしまう気がする、
でも実際は直面しないとわからないかも。



7/10
同性愛ということもあり、好みに分かれるかもしれないけど
そのリアリティさ、には拍手☆
フランソワ・オゾン監督が熱狂的なファンに熱烈な支持を受けるのも何となくわかった。
あらゆるシーンが胸を打つ
ほぼ出づっぱり、主演のメルヴィル・プポーの演技がとにかく最高に素晴らしい
予期もしなかったのに、目にじんわりと涙が

エンドロールの波の音と沈みゆく夕日が、ただただ美しい余韻を残した。。。。


公式サイト
2005年 フランス 81min
監督/脚本  フランソワ・オゾン
メルヴィル・プポー/ジャンヌ・モロー/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

メルヴィル・プポー 来日インタビュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2年くらい前にサラポーリー主演でヒットした、同じく死を宣告された主人公のストーリで言えば、
死ぬまでにしたい10のこと」よりも、断然こちらの方が良かった

ジャンヌ・モロー出演作では、「死刑台のエレベーター」がやっぱり



人気blogランキング←please click
現在、5位にランクイン 嬉しいです
いつも読んでくれて&応援もありがとう~~

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (19)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイロビの蜂/The Constant G... | TOP | 週刊☆パリスヒルトン観察日記 »

19 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
も、観たよ。 (とく)
2006-05-03 03:15:39
ま、僕生きフランス版てとこですな。主役のマロンの人がかなりイケテル。でも、GAYの役。音楽がいいね。かなりの、悲愴感。ラストもいいですな。★★★
残す (charlotte)
2006-05-03 08:00:11
ナイロビの蜂も実は興味あるんだけど、migさんはこちらがいいのね!

とてもせつなさが伝わってきました。

激痩せしちゃったメルヴィル・プポー、本当に逝っちゃいそうでした

ラストの余韻がだいすき

私は誰かの記憶に自分を残すと言うより、自分の中に思い出として残したという気がしました。
とくさん。 (mig)
2006-05-03 09:51:20
ご覧になったんですね、観まくり、なんですねー

オゾンの他の作品も観るつもりです。
cherlotteさん☆ (mig)
2006-05-03 09:58:41
コメント朝しようと思っていたら、先にありがとう~

ちょっと遅れて観ましたー。

観るつもりはなかったんだけど、観て良かったです



ラストが、どういう風に「ぼくを葬る」のかな、と

思って観てたのだけど

ああいう風だったとは、、、、



そうそう。誰かに遺すのではなくって、

自分の記憶です。



「まぼろし」も観なくては



同じ日に観たので比べちゃったけど「ナイロビの蜂」

よりこっちの方が頭に残りました、、、、、、
Unknown (りお)
2006-05-03 19:11:14
ホントにラストシーンは美しいの一言でした。



migさん、他のオゾン作品はご覧になってないのですね。

わたしは「8人の女たち」と「スイミング・プール」しか観ていませんが、どっちも結構いいですよ。

特に「8人の女たち」は



わたしも「まぼろし」に挑戦しなくては。。。
りおさん☆ (mig)
2006-05-04 02:08:14
こんばんは♪



「8人の女たち」は評価されていますよねー、

「スイミングプール」は評価が分かれてるみたいですけど。。。

まずは、「まぼろし」かな。

もーしつこく友達にも言われてるので(笑
ジャンヌ・モロー (パールちゃん)
2006-05-04 09:38:46
キレイでしたか?ステキなおばさまですよね~!!「Eva」が一番好きですがヴァネッサ・パラディの「奥さまは魔女」や「ニキータ」で見た時は前よりキレイでビックリしました!

まぼろしとスウィミングプール私も好きです!
パールちゃん☆ (mig)
2006-05-05 00:02:26
パールちゃんも、

「まぼろし」と「スイミングプール」観てるんだぁー

沢山観てるのね



よぅし!観るぞ~



なんか、キレイさはあんまり残ってなかったカモ(笑

でも雰囲気あってお金持ちそうなイメージ(笑
こんばんわ☆ (orange)
2006-05-05 04:59:27
migさん☆こんばんわ。

TBありがとう~ございました♪

何か悲しい話なのに、最後にちょっと希望が見えてしまいました。人生の選択?洗濯の美しさが心に響いてきましたね♪

彼の強さや精神力って中々持ち合わせられないものだと思います♪
orangeさん☆ (mig)
2006-05-05 10:13:59
こんにちは~♪



あんな風なラストだとは全く想像していませんでした、、、

わざと愛する恋人や家族を遠ざけてしまう

主人公の姿は観ていて切なかったです。。。

ワタシだったら相手には言ってもらいたいし

自分でも、愛する人たちと最後まで楽しい思いでを残してから逝きたいと思う、、、(←あくまで理想



オゾン監督自身も同性愛者だというから、

かなりパーソナルな作品になってますね。
こんにちは♪ (ミチ)
2006-08-05 22:21:08
暑い毎日が続いていますが、migさんはお元気でお過ごしでしょうか?

夏は大作ばかりでいまひとつ映画ファンには寂しい日々です。

頼りになるのは単館系作品!

オゾン作品は4本ほど見ていますが、独特の雰囲気があって「フランス映画を見たな~」という気にさせてくれます。

ゲイのラブシーンもなんだか美しいんですよね(笑)

劇場が暗くなっても波の音が響いていて余韻を残しました。

第三部は「子供」を亡くすがテーマらしいので、落涙必至かしら?
ミチさん☆ (mig)
2006-08-05 23:24:13
ちょっとだけお久しぶりでした☆

暑いですね~!! 



ほんと、そうですね。

単館作品に期待かけてマス★



オゾンのは、これで気にいったので数本観てみました。

ええ、美しい画を撮る監督ですね

やっぱり自分もゲイだから、美意識が高いんでしょうねー。



次回作も観てみようと思ってます
mig様へ (とんちゃん)
2006-10-18 01:52:22
いやいや ご無沙汰しました~~^^

たまに 覗いてはいたんですが、mig様

噂とおり 大変お綺麗な方ですね~~~★

ところで

今年はゲイもの、多いですよね~



「ブロ山」よりも こちらがお好きですか・・・? 確かにゲイものだと 出演する男が綺麗でなくては 観るに耐えないですね~~^^

綺麗な映像でした。 静かで・・・・子供達に 幼い日の自分の面影を 観るシーンは

泣けました。

mig父さんは ヨーロッパ映画がお好きなんですか? (*'▽'*)わぁ♪ 

私の父は やくざ映画が好きですよ~~(笑)
とんちゃん☆お久しぶりね♪ (mig)
2006-10-18 09:16:35
エ、、、

そんな誉めてくれちゃってー。おはずかしい、、、、



とんちゃんのところ、他のPCから観た時には必ずチェックしてますよー。

コメントなかなか書けなくってごめんなさい



ブロ山(笑 よりもこっちがよかったなぁー。



そうなの、ウチのパパさん、

アメリカ映画があまり好きじゃないらしく

スピルバーグなんて観る気しないとか。

でも、『キルビル』は好きで絶賛してたんだよー

こないだは『SAW』を観させて、なかなかハマったっぽい



ヤクザ映画、いいじゃないですか~

今後もよろしくね
Unknown (baoh)
2006-10-23 00:29:22
こんばんは。



こういう「死」をテーマにした映画って感想が書き辛いですよね~・・・「海を飛ぶ家」といい、「みなさん、さようなら」といい、モヤモヤしまくりです。



私には「死ぬまでにしたい10のこと」くらいのソフトなのが丁度いいカンジです。といいつつ手元には「まぼろし」があるんですが・・(笑)



オゾン監督なら「スイミング・プール」がmigさんの好みのような気がします。謎解きのわけわからん系(笑)
baohさん☆ (mig)
2006-10-23 09:50:48
そっか~baohさんモヤモヤ感が残りましたか~

わたしが書きにくいのはやっぱり中途半端で

あまり言いたいことがない作品かな



「まぼろし」これから鑑賞ですか☆

わたしは「まぼろし」よりもこっちが好きかな。



ちょっとbaohさんー

笑っちゃったじゃないのー

謎ときのわけわからん系、





大好き
Unknown (アガサ)
2008-01-10 12:39:47
こんにちは。
私も「死ぬまでにしたい10のこと」は何となく違和感を感じてしまいました。
でもってコチラは胸にズーンときました。
とても素晴らしい作品だったと思います。
しかし、余命3ヶ月なんて言われたら、周りに言ってしまいますよね。
思いっきり優しくして貰いたいデス。
弱い人間なんでしょうね、私は・・・。
Unknown (uko)
2012-12-16 12:04:06
どうしてみなさん、勝手に「本能」にしちゃうんですかね…ハァ…
異性愛至上主義を押し付けて観たら楽しめないと思うんですが…
ukoさん (mig)
2012-12-17 00:12:18
もう観てからだいぶ経つのであまり細かいこと覚えていませんが。。。皆さん、それぞれに感想は違いますし
恋愛至上主義押し付けて観ているわけではないですよ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

29 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
生きた証 「ぼくを葬る」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_suki/} ぼくを葬る 多分、好みが分かれるんだろうなぁ、って感じの映画です。 主人公がゲイなので、ゲイのSEXシーンに抵抗のある方や、雰囲気勝負のフランス映画が苦手な方、には観ることをおススメしない映画ですね。 私は好きな映画で ...
僕を葬る (シャーロットの涙)
「まぼろし」で‘最愛の人の死’を描いたF.オゾンが‘自身の死’に挑む。‘死についての3部作’第2章…「僕を葬る・・・TIME TO LEAVE」 美しい容姿、最先端をいくカメラマン。充実した毎日を送るがある日突然仕事中に倒れ、自分が余命いくばくもない病魔に侵さ ...
ぼくを葬る (Pocket Warmer)
邦題:ぼくを葬る(おくる 原題:Le temps qui 英題:TIME TO
ぼくを葬る (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シャンテシネにて鑑賞 ぼくを葬(おく)る/LE TEMPS QUI RESTE 2005年/フランス/81分 監督: フランソワ・オゾン 出演: メルヴィル・プポー/ジャンヌ・モロー/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ 公式サイト 31歳の新進フォトグラファー、ロマンは仕 ...
ぼくを葬る (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
パリでファッションフォトグラファーとして成功を収めようとしていたロマンは、ある日、医師から余命が3カ月であることを告げられます。同棲中の男性の恋人にその事実を告げずに、別れを切り出し、家族にも何も言えずにいたロマンですが、祖母には真実を話します ...
「ぼくを葬る」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Le Temps qui reste」2005 フランス 監督、脚本はフランソワ・オゾン(スイミング・プール/2005、ふたりの5つの分れ路/2004)。主演のロマンには「愛人・ラマン/1992、ル・ディヴォース・パリに恋して/2005」のメルヴィル・プヴォー。ロマンの祖母ローラに ...
死を迎える準備できますか?【ぼくを葬る】 (犬も歩けばBohにあたる!)
大好きなフランソワ・オゾン監督。その最新作「ぼくを葬る」を見た。 「葬(ほうむ
「ぼくを葬る」心情変化が掴みにくい (小生の映画日記)
ストーリー: パリで活躍しているファッション・フォトグラファーのロマン(メルヴィル・プポー)は、ガンで余命3か月だと宣告される。化学療法を拒み、家族や恋人にも病気のことを話さず、たった1人で死を受け入れることを決意する。そんなとき、夫に問題があっ ...
ぼくを葬る<おくる> (映画通の部屋)
「ぼくを葬るおくる」 Le temps qui reste / TIME TO
ぼくを葬る (とにかく、映画好きなもので。)
 パリでファッション・フォトグラファーとして活躍していたロマン(メルヴィル・プポー)は、医者から余命3ヶ月という宣告を受けてしまう。彼はガンの為、もう残り少ない余生に立ち向かう為に・・・  恋人に別れを告げ、家族にも秘密を抱え ...
余命が少なくても、人生は変わる。『ぼくを葬る』 (水曜日のシネマ日記)
余命3ヶ月と宣告された、ひとりの男性の物語です。
映画 『ぼくを葬る』 (Death & Live)
『ぼくを葬る』  2005年原題 : Le temps qui reste監督 : François Ozon 予告でも使われていたけれど、死期迫る主人公が、ジャンヌ・モロー演じる祖母に向かって言うセリフがいい。 「ぼくと似ている・・・ もうすぐ死ぬ」 な ...
ぼくを葬る (そーれりぽーと)
毎回凄い才能を見せつけてくれるフランソワ・オゾン監督の最新作「ぼくを葬る(おくる)」 大阪では残念な事に上映されていないのですが、幸いGWは東京で遊んでいたので観て来ました。 ★★★ 「まぼろし」に続く“死についての三部作”の第二部なのだそうです。 ...
『ぼくを葬る』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
オゾンの話術にハマる。深く感動、せつない余韻。 な・の・に!あのシーンでまた笑いが起きる起きる・・・。ったく~ パリで活躍するファッション・フォトグラファーの31歳のロマンは、余命3か月だと宣告される。\"死\"というテーマは安易に使ってほしくは ...
感想/ぼくを葬る(試写) (APRIL FOOLS )
4月22日公開フランソワ・オゾン監督作、映画『ぼくを葬る(おくる)』。余命3ヶ月と宣告された31歳売れっ子フォトグラファーの、生に迫る。 ぼくを葬る 観る前は『死ぬまでにしたい10のこと』をちょっと浮かべてて、実際ベースにあるものは同じなんだけど(そ ...
映画『ぼくを葬(おく)る』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:LeTempsQuiReste(フランス)公式HP上映時間:81分監督・脚本:フランソワ・オゾン出演:メルヴィル・プポー(ロマン)、ジャンヌ・モロー(ローラ)、ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ(ジャニィ)、ダニエル・デュヴァル(父)、マリー・リヴィエール(母) ...
ぼくを葬る (knockin\' on heaven\'s door)
Le Temps Qui Reste Directed by Francois Ozon 死をテーマにした映画というのは、どうしても観るのが辛いものがある。いつか人が死ぬということを誰もが知りながら、普段それを自身にとって身近に考えることはない、目を向けたくない事実。いつかは誰にでも ...
ぼくを葬る(おくる) (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:メルヴィル・プポー/ジャンヌ・モロー/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ/ダニエル・デュヴァル/マリー・リヴィエール/クリスチャン・センゲワルト/ルイーズ=アン・ヒッポー/アンリ・ドゥ・ロルム/ウォルター・パガノ/ウゴ・スーザン・トラベルシ/ ...
ぼくを葬(おく)る (映画評論家人生)
OS名画座 「8人の女たち」「スイミング・プール」と異彩な映像で人間を問うフランソワ・オゾン脚本、監督作品である。目前に迫る、予定された死を題材にする映画は多い。そして、驚き、苦しみ、諦め、意欲、生
ぼくを葬る(おくる) (ネタバレ映画館)
 31歳の若さで余命わずかと診断されるなんて・・・これはキラがノートに書き込んだために違いない。
映画レビュー#33「僕を葬る」★★★★☆ (Production Rif-Raf)
基本情報 「僕を葬る(Time To Leave)」(2006、フランス) 監督:フランソワ・オゾン(スイミング・プール、8人の女たち、まぼろし) 脚本:フランソワ・オゾン 製作:オリヴィエ・デルボスク、マルク・ミソニエ 出演:メリヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、 ...
映画「ぼくを葬る(おくる)」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ぼくを葬る(おくる)」 「まぼろし」で“最愛の人の死”を描いたF.オゾン監督が、“自身の死”をテーマに描く三部作の第二章。 余命三ヶ月と宣告された時、人はどんなふうに死と向き合うのだろうか。 この映画の主人公ロマン(メルヴィル・プポー) ...
ぼくを葬(おく)る (小部屋日記)
Le temps qui reste (2005/フランス) 【DVD】 う~ん、心にドーンとひびく映画。 余命3か月と宣告された31歳の男性が自分をみつめ直す。 恐いほどリアルで驚きました。 あまりに悲しいと泣けないといいますが まさにこれがそんな作品。 パリに住む31歳の写 ...
ぼくを葬る (とんとん亭)
「ぼくを葬る(おくる)」 2006年 仏 ★★★ パリで、ファッション・フォトグラファーとして活躍していたロマン (メルヴィル・プポー)は31歳で、医師から余命3ヶ月の病だと 知らされる。突然、あと3ヶ月で死にますよ~~。 そう言われたら・ ...
ぼくを葬る(おくる) (雑記のーと Ver.2)
「ぼくを葬る(おくる)」を観た。 不治の病で余命3ヶ月を宣告された、若きフォトグラファーのロマン。彼が選んだ道とは、化学療法を拒み、たった一人で死とまっすぐ向き合うことだった。死を意識して初めて彼は何を知り
『ぼくを葬る』 (Sweet* Days)
ぼくを葬る 監督:フランソワ・オゾン CAST:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー 他 STORY:カメラマンのロマン(メルヴィル・プポー)は体調を崩し、医者から末期癌で余命僅かと宣告される・・・・ この作品、『スイミング・プール』のフラ ...
ぼくを葬る(DVD) (ひるめし。)
余命3ヶ月。あなたならどう生きますか?
『ぼくを葬る』 (千の天使がバスケットボールする)
フランソワ・オゾン監督の映画には、無駄がない。余分な装飾も製作者側の”プロフェッシャナル”な情動操作も省略され、シンプルなつくりである。それでいて、行間から奥の深い感情がしのばれ、そして監督の静かな視線が観客を見つめている。その視線を受け止めるには、哲...
ぼくを葬る (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『余命3ヶ月――。 あなたには何が残せますか?』  コチラの「ぼくを葬る」は、葬ると書いて「おくる」、余命宣告を受けたゲイの青年の人生の終焉の迎え方を描いたR-15指定のヒューマン・ドラマです。R-15指定ではあるけど、ビックリする程ハードな描写もあるので...