我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

カサノバ/Casanova

2006-06-22 03:00:22 | 劇場&試写★5

ジョニーデップとディカプリオ共演の感動作「ギルバートグレイプ」以降は、
'95 ジュリアロバーツ「愛に迷った時」
'99 シャーリーズセロン「サイダーハウスルール」
'00 ジョニーデップ「ショコラ」
'02 ケビンスペイシー「シッピングニュース」。。。。
あまり好きじゃない作品が続くので全く期待もしていなかった
ラッセ・ハルストレム監督作品

今回の、ヒースレジャーが恋多き男カサノバに扮した本作は...。
とりあえず観てきました 

お相手は、イロイロあった後またジュードロウと復活した、シエナミラー。


貴族の令嬢から娼婦まで、
どんな女性をも虜にしてしまう、恋愛の達人"カサノバ"


1725年、ヴェネチアに役者の子として誕生。30歳のとき政治的な理由で脱獄不可能と言われた
「鉛の牢獄」に投獄されるが、脱獄したため一躍時代の寵児になる。
没年1798年までヨーロッパ中を旅し、ルイ15世、フリードリヒ大王、カタリーナ女帝らの宮廷に招かれた。
その波乱万丈の生涯を綴った「回顧録」には、130人とも言われる愛し愛された女性達との愛と冒険の日々が記されている。
当時はあまりにスキャンダラスなためその信憑性が問われたが、現在は様々な研究者たちによって内容のほとんどが裏付けられている。

 

エロティックで、優雅な身のこなし、惚れるよりも惚れられる。。。。
そんな惹き付けられる魅力が出てないと作品自体がNGになってしまう危険が。


カツラ姿ではけっこうヤバいかな?と思ったけど (笑
カツラがとれると格好良さは出てた。その身のこなしは素敵

思ってたよりコミカルに描かれる
話の大きな展開も特にないし、真面目に延々やられたらちょっと退屈になるような作品だけど
ちょこちょこと笑えるように作られてて笑いを誘っていた☆

ただその笑いが劇場全体でワハハと笑いに包まれるというより、
シェイクスピア喜劇のようなテイスト。古典的な笑い
ワタシのツボにはあまりはまらない笑いだった。。。

5/10
う~ん。。。。。いまいちノレなかった。
ストーリー展開が割とありきたりなので、
キャラクターたちにハマることが出来るかがポイント☆
だけどそこまで個性豊かな面々、、、というほどでもないし。
このヒースレジャーが演じるカサノバをどう感じるか、で評価も変わってきそう。
ラストは重くなりすぎず、爽やかで良かったけど。


ココが見どころ!というくらいの盛り上がる見せ場も無いし、
かといってつまらない~という風でもない。
二人の恋愛の行方が、実はどうでもいいと思って観てたワタシ。
(じゃあ何を見るんだ、、、)
もっとモテ男、カサノバならではのテクを見せて欲しかったけどな。

ラブストーリーは、ある程度どちらかの人物に感情移入して、
応援するとか共感するとかしないと楽しめる部分が半減してしまうから、
そういう意味であまり楽しめなかった。



そもそもシエナミラーが好きじゃないのが原因のひとつかも?

初めは好意を全く抱かなかった二人が、やがて惹かれ合う、、、というのは
ラブストーリーを面白く見せる為の王道☆


個人的に思うのはーーーーーー
ヒースレジャーって、カサノバやるにはフェロモン足らない気がする
モテ男、というよりも少年のようなカサノバ、デシタ☆
それはそれでいいんだけどね
もうちょっとモテ男ならではのエロスが欲しいところ、、、。


この作品の別の見どころは
300年ほど前の景観を求め60箇所以上のロケハンを決行して取り込んだ
ヴェネチアの素晴らしい風景
セント・マーク・スクエア、大作映画でこれまでに大規模な撮影が行われたことのなかった
サンマルコ広場、有名なサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会、ドゥカーレ宮殿など
ちょっとだけ旅行した気になれるのも映画の素晴らしいところ

今回、規則正しい風記委員みたいなジェレミーアイアンズ。

いつもの、完全悪役ではないけどやっぱりちょっとヤな奴だけど
ちょっとおかしなキャラ☆


シエナの母には、監督の妻でもあるレナ・オリン。
妖艶な色気。

あらゆる作品に出没してイイ味出すオリバープラット
今回も笑い担当
カサノバよりも、こっちの二人の方が応援したくなっちゃった 
ホント、いい役者です



公式サイト
CASANOVA  2005年 アメリカ 118min
【staff】
監督  ラッセ・ハルストレム
脚本  ジェフリー・ハッチャー/キンバリー・シミ
【cast】
ヒース・レジャー/シエナ・ミラー/ジェレミー・アイアンズ
/レナ・オリン/オリバー・プラット

ラッセハルストレム監督の次回作

「Harry&Caresse」
「Hoax」
「Daughter of the oueen of sheba」と続々待機中☆




人気blogランキング←please click

現在4位にランクイン
いつも読んでくれて&応援もホントにありがとう~~




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YSL 純金入りグロス☆★ | TOP | M:I:III/Mission:Impossible ... »

31 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
カサノバ見たの~?! (きゃんでぃー)
2006-06-21 20:47:14
わお。。。 カサノバをご覧になったんですね。。。



私はこれ、、今年一発目の映画館で見たんだけどね、、、



migさんのレビューは、さてさて どんなものなのかなぁ?楽しみ
おおう! (きらら)
2006-06-21 22:11:28
私も今日観て来ましたー

結構楽しめたけど。。。↑きゃんでぃーさんはダメだったようですね。

さて、migさんは・・・?ドキドキ



続き楽しみにしています
きゃんでぃーさん&きららさん☆★ (mig)
2006-06-22 00:27:38
ファンじゃないけど気に成なるからやっぱり観ちゃった~

そうそう、きゃんでぃーさんは今年の1本目に選んでいたのを覚えてるよ~★



きららさん、新宿だったのね。

ワタシは渋谷!同じ日でしたかぁ♪惜しい(!?)



明日朝までにはupしまーす
ひとつ疑問 (ふる)
2006-06-22 07:18:49
migたん

は映画で寝ないのかな?



寝たってレポート読んだ記憶ないけど。

寝たけど、そう書いてないだけか



追伸:某ミュージカル「オ○ラ座の○○」前から4列目で寝たのはふるたんでーす。
コンニチハ (april_foop)
2006-06-22 08:10:49
TBありがとうございましたー。

私も、そんなにハマれなかったタチです。

もっと多彩な恋愛劇かと思ってたらそうでもなく、モテ男っぷりがイマイチわからず、フツーの男女の恋物語でしたね。
ジェノバの商人★ (パフィン)
2006-06-22 08:29:17
migさんはコスチュームもの好きじゃないのですね、ユマ・サーマンのアイヴォリー作品も苦手と書かれてましたもん



ワタシは現代以外の衣装を見るのが好きです。

この映画では、フランチェスカの婚約者でジェノバの

商人に笑わせてもらいました

くすくす笑いの連続でしたが・・・。



ヴェネチアの眺めも楽しめた~、遠くて自分じゃ

いけないから~~
ふるたん☆ (mig)
2006-06-22 09:31:19
マジメにお答えします



基本的に、レビューを書くからには寝ちゃったら

=書いてはイケナイと思うんだけど、、、

ほとんど劇場で観て寝ることってナイですよん。

集中してるからかな。



そうはいってもどうしてもうっかりうとうとする場合も。

そんな時は、うとうと、、、と正直に書く

面白いと当然寝るはずもなく

つまらない場合のみですねぇ。。。。



あ、でも去年「コープスブライド」観た時に

熱あってムリして観たので薬飲んでて

部分、部分でちょっとづつ寝ちゃって、、、

一応レビュー書いてマス

それ一度だけですね、その後ちゃんと観直しました
april_foopさん☆こんにちは (mig)
2006-06-22 09:39:13
はじめまして☆

コメントありがとうございます

結構、評判良いみたいですね♪

全くダメという事ではなかったんですけど、、、

ストーリーがとくに面白いという感じを受けなかったですー。

笑うところでも何故かあまり笑えず、、、、、、。

ワタシの場合はツボが合わない、という感じでしょうか、、、。
パフィンちゃん★ (mig)
2006-06-22 09:46:39
パフィンちゃんは存分に楽しんだんですね☆



鋭いツッコミきちゃった

自分でもそれを疑ったんだけど。。。

違うみたいです(笑



ユマのアイヴォリー作品、、、

「金色の嘘」は確かにだめだったけど

同じくユマのコスプレもの、「危険な関係」(リメイクものの)は好き♪

「恋におちたシェイクスピア」とか「アマデウス」とか

コスチュームものでも

好みなのはいくつかあります



でもパフィンちゃんみたいに

その時代のコスチュームを楽しむ、という見方はしていないです、、、

その辺り含めて楽しむのは正解だと思います

ヴェネチアはいつか行ってみたいーと思わせました
初めまして♪ (Moe)
2006-06-22 13:41:19
☆以前挙げていらした「好きな映画」

かなりかぶってて楽しかったです。



オールマイティというより、無難な映画でしたね~。

ほどよく面白く退屈しないけど、これといって人に強くすすめる程でもない?

恋愛の達人が惚れてしまうほどの知的な魅力を女優に感じられなくって、最初はちょっとつまらなかったです。

レナ・オリン、オリバー・プラット、ジェレミー・アイアンズ他・・脇がよくって救われましたね~。

でもヒース・レジャーは本当に楽しそうに演じていてこんなカサノバもありだな~と思わせてくれました

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★5

Similar Entries