我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

カサノバ/Casanova

2006-06-22 03:00:22 | 劇場&試写★5

ジョニーデップとディカプリオ共演の感動作「ギルバートグレイプ」以降は、
'95 ジュリアロバーツ「愛に迷った時」
'99 シャーリーズセロン「サイダーハウスルール」
'00 ジョニーデップ「ショコラ」
'02 ケビンスペイシー「シッピングニュース」。。。。
あまり好きじゃない作品が続くので全く期待もしていなかった
ラッセ・ハルストレム監督作品

今回の、ヒースレジャーが恋多き男カサノバに扮した本作は...。
とりあえず観てきました 

お相手は、イロイロあった後またジュードロウと復活した、シエナミラー。


貴族の令嬢から娼婦まで、
どんな女性をも虜にしてしまう、恋愛の達人"カサノバ"


1725年、ヴェネチアに役者の子として誕生。30歳のとき政治的な理由で脱獄不可能と言われた
「鉛の牢獄」に投獄されるが、脱獄したため一躍時代の寵児になる。
没年1798年までヨーロッパ中を旅し、ルイ15世、フリードリヒ大王、カタリーナ女帝らの宮廷に招かれた。
その波乱万丈の生涯を綴った「回顧録」には、130人とも言われる愛し愛された女性達との愛と冒険の日々が記されている。
当時はあまりにスキャンダラスなためその信憑性が問われたが、現在は様々な研究者たちによって内容のほとんどが裏付けられている。

 

エロティックで、優雅な身のこなし、惚れるよりも惚れられる。。。。
そんな惹き付けられる魅力が出てないと作品自体がNGになってしまう危険が。


カツラ姿ではけっこうヤバいかな?と思ったけど (笑
カツラがとれると格好良さは出てた。その身のこなしは素敵

思ってたよりコミカルに描かれる
話の大きな展開も特にないし、真面目に延々やられたらちょっと退屈になるような作品だけど
ちょこちょこと笑えるように作られてて笑いを誘っていた☆

ただその笑いが劇場全体でワハハと笑いに包まれるというより、
シェイクスピア喜劇のようなテイスト。古典的な笑い
ワタシのツボにはあまりはまらない笑いだった。。。

5/10
う~ん。。。。。いまいちノレなかった。
ストーリー展開が割とありきたりなので、
キャラクターたちにハマることが出来るかがポイント☆
だけどそこまで個性豊かな面々、、、というほどでもないし。
このヒースレジャーが演じるカサノバをどう感じるか、で評価も変わってきそう。
ラストは重くなりすぎず、爽やかで良かったけど。


ココが見どころ!というくらいの盛り上がる見せ場も無いし、
かといってつまらない~という風でもない。
二人の恋愛の行方が、実はどうでもいいと思って観てたワタシ。
(じゃあ何を見るんだ、、、)
もっとモテ男、カサノバならではのテクを見せて欲しかったけどな。

ラブストーリーは、ある程度どちらかの人物に感情移入して、
応援するとか共感するとかしないと楽しめる部分が半減してしまうから、
そういう意味であまり楽しめなかった。



そもそもシエナミラーが好きじゃないのが原因のひとつかも?

初めは好意を全く抱かなかった二人が、やがて惹かれ合う、、、というのは
ラブストーリーを面白く見せる為の王道☆


個人的に思うのはーーーーーー
ヒースレジャーって、カサノバやるにはフェロモン足らない気がする
モテ男、というよりも少年のようなカサノバ、デシタ☆
それはそれでいいんだけどね
もうちょっとモテ男ならではのエロスが欲しいところ、、、。


この作品の別の見どころは
300年ほど前の景観を求め60箇所以上のロケハンを決行して取り込んだ
ヴェネチアの素晴らしい風景
セント・マーク・スクエア、大作映画でこれまでに大規模な撮影が行われたことのなかった
サンマルコ広場、有名なサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会、ドゥカーレ宮殿など
ちょっとだけ旅行した気になれるのも映画の素晴らしいところ

今回、規則正しい風記委員みたいなジェレミーアイアンズ。

いつもの、完全悪役ではないけどやっぱりちょっとヤな奴だけど
ちょっとおかしなキャラ☆


シエナの母には、監督の妻でもあるレナ・オリン。
妖艶な色気。

あらゆる作品に出没してイイ味出すオリバープラット
今回も笑い担当
カサノバよりも、こっちの二人の方が応援したくなっちゃった 
ホント、いい役者です



公式サイト
CASANOVA  2005年 アメリカ 118min
【staff】
監督  ラッセ・ハルストレム
脚本  ジェフリー・ハッチャー/キンバリー・シミ
【cast】
ヒース・レジャー/シエナ・ミラー/ジェレミー・アイアンズ
/レナ・オリン/オリバー・プラット

ラッセハルストレム監督の次回作

「Harry&Caresse」
「Hoax」
「Daughter of the oueen of sheba」と続々待機中☆




人気blogランキング←please click

現在4位にランクイン
いつも読んでくれて&応援もホントにありがとう~~




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (31)   Trackbacks (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YSL 純金入りグロス☆★ | TOP | M:I:III/Mission:Impossible ... »

31 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
カサノバ見たの~?! (きゃんでぃー)
2006-06-21 20:47:14
わお。。。 カサノバをご覧になったんですね。。。



私はこれ、、今年一発目の映画館で見たんだけどね、、、



migさんのレビューは、さてさて どんなものなのかなぁ?楽しみ
おおう! (きらら)
2006-06-21 22:11:28
私も今日観て来ましたー

結構楽しめたけど。。。↑きゃんでぃーさんはダメだったようですね。

さて、migさんは・・・?ドキドキ



続き楽しみにしています
きゃんでぃーさん&きららさん☆★ (mig)
2006-06-22 00:27:38
ファンじゃないけど気に成なるからやっぱり観ちゃった~

そうそう、きゃんでぃーさんは今年の1本目に選んでいたのを覚えてるよ~★



きららさん、新宿だったのね。

ワタシは渋谷!同じ日でしたかぁ♪惜しい(!?)



明日朝までにはupしまーす
ひとつ疑問 (ふる)
2006-06-22 07:18:49
migたん

は映画で寝ないのかな?



寝たってレポート読んだ記憶ないけど。

寝たけど、そう書いてないだけか



追伸:某ミュージカル「オ○ラ座の○○」前から4列目で寝たのはふるたんでーす。
コンニチハ (april_foop)
2006-06-22 08:10:49
TBありがとうございましたー。

私も、そんなにハマれなかったタチです。

もっと多彩な恋愛劇かと思ってたらそうでもなく、モテ男っぷりがイマイチわからず、フツーの男女の恋物語でしたね。
ジェノバの商人★ (パフィン)
2006-06-22 08:29:17
migさんはコスチュームもの好きじゃないのですね、ユマ・サーマンのアイヴォリー作品も苦手と書かれてましたもん



ワタシは現代以外の衣装を見るのが好きです。

この映画では、フランチェスカの婚約者でジェノバの

商人に笑わせてもらいました

くすくす笑いの連続でしたが・・・。



ヴェネチアの眺めも楽しめた~、遠くて自分じゃ

いけないから~~
ふるたん☆ (mig)
2006-06-22 09:31:19
マジメにお答えします



基本的に、レビューを書くからには寝ちゃったら

=書いてはイケナイと思うんだけど、、、

ほとんど劇場で観て寝ることってナイですよん。

集中してるからかな。



そうはいってもどうしてもうっかりうとうとする場合も。

そんな時は、うとうと、、、と正直に書く

面白いと当然寝るはずもなく

つまらない場合のみですねぇ。。。。



あ、でも去年「コープスブライド」観た時に

熱あってムリして観たので薬飲んでて

部分、部分でちょっとづつ寝ちゃって、、、

一応レビュー書いてマス

それ一度だけですね、その後ちゃんと観直しました
april_foopさん☆こんにちは (mig)
2006-06-22 09:39:13
はじめまして☆

コメントありがとうございます

結構、評判良いみたいですね♪

全くダメという事ではなかったんですけど、、、

ストーリーがとくに面白いという感じを受けなかったですー。

笑うところでも何故かあまり笑えず、、、、、、。

ワタシの場合はツボが合わない、という感じでしょうか、、、。
パフィンちゃん★ (mig)
2006-06-22 09:46:39
パフィンちゃんは存分に楽しんだんですね☆



鋭いツッコミきちゃった

自分でもそれを疑ったんだけど。。。

違うみたいです(笑



ユマのアイヴォリー作品、、、

「金色の嘘」は確かにだめだったけど

同じくユマのコスプレもの、「危険な関係」(リメイクものの)は好き♪

「恋におちたシェイクスピア」とか「アマデウス」とか

コスチュームものでも

好みなのはいくつかあります



でもパフィンちゃんみたいに

その時代のコスチュームを楽しむ、という見方はしていないです、、、

その辺り含めて楽しむのは正解だと思います

ヴェネチアはいつか行ってみたいーと思わせました
初めまして♪ (Moe)
2006-06-22 13:41:19
☆以前挙げていらした「好きな映画」

かなりかぶってて楽しかったです。



オールマイティというより、無難な映画でしたね~。

ほどよく面白く退屈しないけど、これといって人に強くすすめる程でもない?

恋愛の達人が惚れてしまうほどの知的な魅力を女優に感じられなくって、最初はちょっとつまらなかったです。

レナ・オリン、オリバー・プラット、ジェレミー・アイアンズ他・・脇がよくって救われましたね~。

でもヒース・レジャーは本当に楽しそうに演じていてこんなカサノバもありだな~と思わせてくれました
カサノバだめ? (yuu)
2006-06-22 20:39:03
ヒース君 ほんとに時代劇顔ですから~

ロック・ユーを観てからカサノバはいかがかな?

と思ったのですが 同じようでした(笑)

こんな役は結構お似合いかな



なにしろ この映画は聞き所 いっぱいで

思わずサウンドトラックを買ったけど

家に 大体同じ曲があった( ;^^)ヘ.. 



映像につられて音楽に聞き惚れてしまいました
ふふふっ☆ (きらら)
2006-06-22 22:25:10
やっぱりmigさんダメだったかぁ~っっ

シエナ・ミラーじゃなかったら、1コは増えたかしら?

でも彼女に対しては批判コメント多いですね~。キラワレ者???



私はこの映画、結構楽しんじゃいました♪

でもmigさんのレビュー見てたら、確かにもっとカサノバテクを見せてもらいたかったかも!
Moeさん☆はじめまして♪ (mig)
2006-06-23 00:00:25
こんにちは見てくれてありがとうございます、



え?そうなんですか~

好みが似てるんですね☆



そうです、そうです。

カンペキというより無難という、、、

キャストがきちんとしていたのと、

ヒースレジャーの予想外のカサノバ、、、、。

同感です

ワタシの思ってることを代弁してくれてます(笑



またのコメント、お待ちしています
yuuさん☆お久しぶり♪ (mig)
2006-06-23 00:05:04
確かにー☆

ヒースはなかなか良かった、

音楽も♪良いですね♪



でもyuuさんとは逆?で

モテ男というからには

そのセクシーさをもっともっと出して

魅力に繋げてほしかったかな、

やや幼い感じだったのが残念、、、。



ヒース、うん

「ブロークバック」のよりもこっちの方が

良かったかナ、、
きららさん☆2度目ありがと (mig)
2006-06-23 00:10:34
アハハ、、、

☆5の基準は”ふつう”です



ダメじゃないけどハマりもしなかった~。

これはもう好みの問題だなぁ、、、やっぱり。

きららさんは楽しめたのね



いつもイイ人のオリバープラットが良かったな☆

今日も1本、試写行ってきたので

明日upします♪

毎日あそびにきてくれて、ありがとー
フツー (きゃんでぃー)
2006-06-23 01:35:14
私ね、、セリフが理解できなくて、、 まわりが笑ってたのに 一緒に笑えなかった。。。。



カサノバって題名を見ると、「あぁ~、見たなぁ。。」って思うくらいの作品で、 とくにすんごく印象に残る映画じゃなかったっけ。

もうDVDになってるから 字幕を付けて ほんとに笑えるのか?ちょっと試しながらもう一度見たいかも。。



昨日ね、一本 かなりいい映画を見たの! 日本で公開されるかなぁ~~。。。

あとでレビューを書こうと思ってるま~~っす
この作品は、中盤以降の後半の流れやヴェネチアの風景に大きな見応え感じました (たろ)
2006-06-23 02:34:10
こんばんは。

コメントとトラックバックを失礼致します。



この作品は、全体的には少し改良の余地を感じながらも中盤以降の後半の流れやヴェネチアの風景に見応えのある映画であったと思います。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



きゃんでぃーさん☆ (mig)
2006-06-23 10:25:42
う~ん。。。

セリフ、笑えたかなぁ?

字幕は勝手に替えちゃうしなー



ヒースレジャーのお付きの人(名前忘れちゃった)とのやりとりやシエナミラーの弟の役割がすごく良かった☆



脇のキャストの力も大きいね♪
たろさん☆ (mig)
2006-06-23 10:28:24
TBとコメントありがとうございます



ええ、ヴェネチアは行ったことがないので

かなり興味ひかれました

現地オールロケというのはかなりの見どころですよね



いつもご丁寧にありがとうございます
見てきました~! (charlotte)
2006-06-23 21:52:24
う~ん、migさんも☆5か。

なんとなく同じでしたよ。

面白かったんですけどね~。

ちょっとヒースにはエロティックさが足りないです!!

私はジェレミーの方がむしろじいちゃんだけど色っぽいって思っちゃいますもん。爆

喜劇なら涙出るくらい笑わせてくれ~っ

あはは・・・
charlotteさん☆ (mig)
2006-06-24 01:36:24
わお

charlotteさんもそれほどでも、、、派ですか

意外に好評でちょっとびっくりだったけど。

ジェレミーもセクシーだったよね~

今はワタシにはちょっとジイさんすぎ 笑



ほんと、喜劇にしてはあんまり笑えなかったなぁ。



charlotteさんとはやっぱり評価似てる、かナ☆





バトン、来週にはやるのでもうちょっとお待ちを~
Unknown (ななな)
2006-06-26 15:18:48
migさん、こんにちわ。

私も二人の恋はどうでも良かった(笑

途中からヒースもどうでも良くなりました(ダメじゃん!)

結末解りきってるからもう少しだけロマンチックにして欲しかったです。

そしたら二人の恋だって楽しめたかも。

結局は楽しんじゃったんですけどね♪
なななさん☆ (mig)
2006-06-27 00:16:11
こんにちは♪



あれ?ヒースもどうでも良くなっちゃったら

残りはオジさんしかいないよ☆(笑



ねー、ロマンティックさが足りなかったね。

マジメにやってるよりは良かったかな。

思ったよりもコメディ入ってましたもんね☆



ヒース (kino)
2006-07-05 07:59:38
TBありがとうございました。

私もシエナ・ミラーが気に食わないのと、

ヒースに色気が足りないのでは?と思いました。

でも、脇の皆さんは個性的で、お話も賑やかで

面白かったですけど・・・。

kinoさん☆ (mig)
2006-07-05 13:48:13
やっぱり~(笑



kinoさんも書かれてましたけど

ジュードの女の趣味は、、、、



シエナのファッションセンスも、、、



ヒースレジャーはカサノバなら

もっと色気なくっちゃね!
Unknown (sally)
2006-07-08 20:04:47
migさん、こんにちは♪

シエナは『アルフィー』より良かったかな(笑)

でもあまり若さが感じられないのは何故?

かなり若いですよね、彼女・・・



ヒースは寡黙な『ブロークバック~』の方が個人的には良いです~^^





sallyさん☆こんばんは♪ (mig)
2006-07-09 02:07:44
んー、シエナ、わたしは「アルフィー」の時のほうが

まだ可愛い感じだったと思うんですけど、、、

今は、、、



ヒースについては意見が(好みが)

いろいろと分かれるみたいですね☆

ワタシは、、、、昔が一番よかったかな?



コメントありがとうございます
こんばんは~☆ (kira)
2007-10-10 02:05:45
migさんも、シエナがダメですか~?
ワタシも微妙でした・・これって結構重要ですよねぇ~。
でも、今、この時代のコスチュームに結構はまってるので(笑)
いろいろ中途半端で絞りきれてない感はありましたが
けっこう楽しめましたヨ。
あまりエロくないヒースも、ひらひらが似合ってて萌え~でした
kiraさん☆ (mig)
2007-10-10 12:17:14
シエナ、なんだかダメ派なんですよね~。
ゴシップでいつもみてて、どうも好きになれなくって。
そうそう、ヒースってエロさあまりないですよね~?
なんでかな。
kiraさんとこに夜お邪魔しますね♪
いつもありがとです
ヒース (なな)
2007-12-20 11:43:41
可愛くてチャーミングに演じてました,というか

楽しくてたまらないように見えたけど

なんせ,あのイニス役の後だから,気軽に演じられたのでしょうね。

いろんなカップルが登場しましたが
私も,オリバーとレナの熟年カップルがほほえましかったな~

ま,深く考えずに楽しく観れる作品ってことで・・
ななさん☆ (mig)
2007-12-20 23:15:23
こんばんは♪ヒース、お好きですか
いい役ですもんね、楽しそう♪
そうですね、わたしは笑いのテイストが微妙な感じだったけど(ツボにこなかった
気軽な作品かナ?
あとでお邪魔しまーす

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

43 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画~カサノバ (きららのきらきら生活)
 「カサノバ」公式サイトあらゆる女性を、その魅力でとりこにするカサノバ(ヒース・レジャー)は、不貞や異端行為の罪で死罪を言い渡される。ヴェネチア総督のとりなしで何とか無罪放免となったものの、まもなく始まるカーニバルが終わるまでに良家の子女と結婚 ...
★「カサノバ」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年6月17日の劇場公開日のナイトショウで観てきました。 ひらりん的には「カサノバ」って聞くと・・・ ちょっとエロチックなイメージだったけど・・・ 予告編では「恋愛至上主義」・・・なーんてキャッチコピー。
カサノバ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ラムの大通りのえいさんのblogで情報得てから、公開楽しみにしていた 『カサノバ』が、ついに公開されましたが・・・またもや越境コースかいっ(爆) 行くだけで、かなり疲れるんだけどなぁ。。。 と、思いながら初回1000円で上映時間11時からなら・・・ ...
カサノバ (パフィンの生態)
ラッセ・ハルストレム監督、2006年 ”CASANOVA" 『ショコラ』で心温まるメルヘン的な物語を見せてくれた 監督によるカサノバの”たった一つの恋”を描いた 痛快なラブストーリー{/3hearts/} 「パイレーツ・オブ・カリビアン」のノリで楽しめた!! ヴェネツ ...
『カサノバ』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:ラッセ・ハルストレム CAST:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー 他 18世紀のイタリア、ヴェネチア。町中の女性と浮き名を流すジャコモ・カサノバ(ヒース)は、修道女との情事によって、教会に追われていた。後ろ盾を建てるため両家の子女との結婚を ...
映画@カサノバ/CASANOVA (sattyの癒しのトビラ)
あらゆる女性を、その魅力で虜にするカサノバは 不貞や異端行為の罪で死罪を言い渡される しかし、ヴェネチア総督の計らいで 何とか無罪放免となったものの、カーニバルが終わるまでに 良家の子女と結婚するよう命令される そんな彼の前に、女性の解放を唱える美 ...
映画:カサノバ (駒吉の日記)
カサノバ@シネマイクスピアリ 「今が一生続くことさ」 濃密なラブストーリーかと思いきや、コスプレラブコメだった・・・ シェイクスピアの喜劇を思わせるような展開は意外でしたが洒落てて楽しかったです。 「マンジャーレ カンターレ アモーレ」のイ ...
カサノバ (「しつこく」もろもろ日記)
ヒース・レジャーはブロークバックマウンテンの印象が 強くなってたんですが、この作品では世紀の色男役。 見てからも似合ってたのかなというのは 個人的には微妙でしたが、それは私の好みの問題かー^_^; 脇役もレナ・オリン、ジェレミー・アイアンズなど豪華! ず ...
『カサノバ』 (ラムの大通り)
----カサノバって人、よく映画になるよね。 「うん。チラシの言葉を借りれば <恋愛史上最も名高いプレイボーイ>。 その道を究めた人のドラマと言うのは、どんなものであれ、 それだけでオモシロいけど、 それが色恋ごととなれば、さらに映画向きってことじゃない ...
「カサノバ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Casanova」2005 USA 監督は「サイダー・ハウス・ルール/1999」「シッピング・ニュース/2001」のスエーデン人ラッセ・ハルストレム。ハルストレムの作品は少々暗いイメージがあるが、コレは滅茶軽快なドタバタ・ラヴ・コメディ(IMDbによると、アドベンチャー ...
ヒース・レジャー Heath Ledger 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),4 April 1979,Perth, Western Australia, AustraliaCandy (2006) カサノバ Casanova (2005) ブロークバック・マウンテン Brokeback Mountain (2005) ブラザーズ・グリム The Brothers Grimm (2005) ロード・オブ・ドッグタウン Lord ...
シエナ・ミラー Sienna Miller 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),28 December 1981,New York, New York, USA 本名 シエナ・ローズ・ミラー Sienna Rose MillerStardust (2007) Interview (2007) Camille (2006) Factory Girl (2006) カサノバ Casanova (2005) アルフィー Alfie (2004) レ ...
ジェレミー・アイアンズ Jeremy Irons 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),19 September 1948,Cowes, Isle of Wight, England, UK 本名 Jeremy John IronsThe Night of the Iguana (2005) Fantôme de l'opéra (2006) (TV) Poslednji krug u Monci 2 (2006) エラゴン/遺志を継ぐ者 Eragon ( ...
レナ・オリン Lena Olin 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),22 March 1956,Stockholm, SwedenAwake (2006) Devil You Know (2006) エイリアス "Alias" TV Series Bang Bang Orangutang (2005) カサノバ Casanova (2005) ハリウッド的殺人事件 Hollywood Homicide (2003) 16歳の ...
カサノバ CASANOVA (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ヒース・レジャー、シエナ・ミラー主演 老人が自叙伝を書いています それは老いたジャコモ・カサノバです 彼は世界中に名を馳せたプレィボーイ そんな彼が唯一恋に落ちた女性 フランチェスカの事を綴って行きます 18世紀のベネチア カソリック教会支配力 ...
試写会鑑賞 銀座テアトルシネマにて ~ ラッセ・ハルストレム 「 カサノバ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 雨の金曜日です。 今日は、一足先に銀座テアトルシネマにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ラッセ・ハルストレム氏の新作映画について。 上映に先立ち、映画パーソナリティーの襟川クロさんが司会を務めて、恭子さんと美香さんの叶姉妹、エッセ ...
カサノバ (~映画とはずがたり~)
官能を極めること、それが何よりも重要だった。 私は女性のために生まれ、つねに女性を愛し、 愛されるよう努めた。             ― ジャコモ・カサノバ 「回想録」より 『サイダーハウス・ルール』、『ショコラ』の 名匠ラッセ・ハルストレム ...
『カサノバ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
特に興味があったわけでもなく、応募した記憶も全くないのだけれど 最近あまり試写会に当たっていないので
カサノバ (悠雅的生活)
魅惑の伊達男、Viva Casanova!!
カサノバ (悠雅的生活)
魅惑の伊達男、Viva Casanova!!
カサノバ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
誰よりも女性に愛された男――ジャコモ・カサノバの甘美な恋の冒険を描く、究極のラブ・ストーリー 惹かれあう男と女の永遠の秘密が今明かされる  数々のスキャンダルを巻き起こした伝説のプレイボーイ、カサノバが真実の愛に目覚めるまでを描いた史劇ロ ...
【劇場映画】 カサノバ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 18世紀、ヴェネチア。ある男が修道女との情事の末、教会の役人たちに追われている。彼の名はジャコモ・カサノバ。娼婦から淑女まで、落とせない女性はいないと評判のプレイボーイだ。逃げ込んだ大学の講堂で、彼は女性解放を説く演説を目にする。 ...
カサノバ (映画を観たよ)
恋愛至上主義? なんか変な言葉。 何だかんだで楽しんできました。それだけなんですけどね。 最初はこの軽~い感じでコメディちっくな所が嫌でした。もっとまじめなラブストーリーを想像していたんです。 展開も何か普通な感じで途中で飽きかけそうになっちゃいま ...
カサノバ (とにかく、映画好きなもので。)
   ヴェネチアにある男がいました。  彼の名は、ジャコモ・カサノバ(ヒース・レジャー)。  百戦錬磨の恋愛の達人でもあり、どんな女性でもたちどころに落としてしまうプレイボーイ。  彼は、ある修道女との情事が露見しそうになり ...
カサノバ (Alice in Wonderland)
カサノバと聞くとカナダ留学の時に出会ったカサノバというあだ名のメキシコ人の超色男を思い出します。その時に初めて知ったカサノバですが、ヒースが演じるということですごく楽しみにしていた映画で今年65本目です。 18世紀、ヴェネチア。ある男が修道女と ...
カサノバ(2005/アメリカ/ラッセ・ハルストレム) (CINEMANIAX!)
【テアトルタイムズスクエア@新宿】 18世紀のヴェネチア。巷はどんな女性も虜にしてしまう究極のプレイボーイ、カサノバ(ヒース・レジャー)の噂で持ちきり。当のカサノバは、修道女との戯れが役人に見つかり御用となってしまう。結局、今回は総督の計らいで ...
「カサノバ」 (しんのすけの イッツマイライフ)
「カサノバ」、とても楽しい映画です。 大人の映画かと思いきや、 子供を連れて見に行ってもとっても喜んで見れると思いますよ♪
カサノバ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”CASANOVA”監督=ラッセ・ハルストレム。女性を喜ばせることを使命と考える伝統的イタリア伊達男の元祖=カサノバの「イタリア式恋愛狂想曲」。 その彼をしても難攻不落の女性が登場。しかも、男装も厭わないフェミニズムの闘士だとしたら。☆☆☆☆
カサノバ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ヴェニスの誘惑、カサノバの魅惑  
カサノバ バはバカ映画のバだった (引っ越してきたよ)
見てない人はまだ読まないように! この男にどんな修羅場が待ってるやらと、ひやひやしながら見てたら、最後はなんと関係者一同団結しまくり いやあ、めでたしめでたしあちこちの女に手をつけるなら、恨まれてはいけな
「カサノバ」 エロエロ度が・・・ (目の中のリンゴ)
ヒース・レジャーとシエナ・ミラーというところに あまり惹かれなかったのだけど、ラッセ・ハルストレム監督ということで 興味があって観てきました。 「カサノバ」(CASANOVA 2005年 アメリカ) 水の都ヴェニスを舞台に繰り広げられる、 世紀のプレイボーイ・ ...
カサノバ (knockin' on heaven's door)
Casanova Director:ラッセ・ハルストレム Cast:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ カサノバなる人物は名前以外良く知らないのですが・・・観ようかどうか迷ったけれど、ラッセ・ハルストレム監督作ということで観て来ました。見た ...
映画 『カサノバ』 (Death & Live)
『カサノバ』  2005年 原題 : CASANOVA 監督 : Lasse Hallström 18世紀っていうか、今でもあるみたいだけど、公開処刑って強烈すぎるよな。 それでも黒山の人だかり。 なんだか、イヤになるよな。 人が人を裁いて、時代によって罪と ...
カサノバ (きぶんしだい)
日本~デトロイト間の飛行機の中で3本の映画上映 その中で私が真剣に見た2本のうちの一本がこの                                 『カサノバ』 ヒース・レジャー&シエナ・ミラー主演の恋愛映画。 『ショコラ』で一躍有名 ...
カサノバ (映画通の部屋)
「カサノバ」 CASANOVA/製作:2005年、アメリカ 112分 監督:ラッ
真・映画日記『カサノバ』 (CHEAP THRILL)
朝、いつも通っているスタバにあまり見かけない店員さん(女の子)がいたので声をかける。 やはり、最近入ったそうだ。 このバイトが終わったら学校だそうだ。 「4限からなんで…」 いいなあ、楽で。 会社に着くまではブルーマンデー気分。 しかし、会社に ...
カサノバ (Blossom Blog)
カサノバ CASANOVA 監督 ラッセ・ハルストレム 主演 ヒース・レジャー シエナ・ミラー アメリカ 2005
カサノバ (mama)
2006年:アメリカ 監督:ラッセ・ハルストレム 出演:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ、オリバー・プラット、レナ・オリン 史上最も有名なプレイボーイ「カサノバ」を主人公に描く痛快恋愛コメディ。18世紀のヴェネチア。修道女との情事...
カサノバ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】あらゆる女性をその魅力で虜にするカサノバ(ヒース・レジャー)は、不貞や異端行為の罪で死罪を言い渡される。ヴェネチアの総督のとりなしで、なんとか無罪放免になったものの、まもなく始まるカーニバルが終るまでに良家の子女と結婚するよう...
カサノバ (to Heart)
私は女性のために生まれ、つねに女性を愛し、愛されるよう務めた。     ジャコモ・カサノバ「回想録」より 原題 CASANOVA 製作年度 2005年 上映時間 112分 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 ヒース・レジャー/シエナ・ミラー/ジェレミー・アイアンズ/オリヴァー...
<カサノバ>  (楽蜻庵別館)
2005年 アメリカ 112分 原題 Casanova 監督 ラッセ・ハルストレム 原案 キンバリー・シミ  マイケル・クリストファー 脚本 ジェフリー・ハッチャー  キンバリー・シミ 撮影 オリヴァー・ステイプルトン 音楽 アレクサンドル・デズプラ 出演 ヒース・...
カサノバ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
実はこれはレンタルで二度目の鑑賞。一度目はリリースされてすぐに観てみたのだけど,その頃は,私的にまだヒース=イニスのイメージにとらわれていて冒頭,華麗な宮廷風の音楽をバックに,スクリーンに映し出されたセクシーなヒースの流し目を見るなり、「冗談だろ」と...
カサノバ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋愛至上主義 100万もの恋か、ただひとつの愛か…』  ってなワケでコチラの「カサノバ」は、6/17に公開になった伝説のプレイボーイのラブストーリーをラッセ・ハルストレム監督が描いた映画なんですが、今日は映画の日~♪って事で観てきちゃいましたぁ~v( ̄Д...