我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES

2008-12-23 21:34:28 | 劇場&試写★6以上


リドリー・スコット監督最新作。
ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな〜。


名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、
アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。
電話一本で遠く離れた場所から、やすやすと指令を出すCIAの上司。

監督に頼まれてなんと28キロも増量

現場で身体張って命がけで動くのは部下のディカプリオ。

レオも昔に比べると貫禄出たよな〜って改めて思っちゃう。
太ったけど、童顔ながらますますいい男になったような?


リドリー・スコット監督作って好きなのが多い。(たまに弟のトニーの作品とごっちゃになるケド)
この物語は、ウォール・ストリート・ジャーナルやワシントン・ポストに執筆しているベテラン・ジャーナリスト、
デイヴィッド・イグネイシアスのリアルな小説「Body of Lies」に基づいたもの。
脚本したのは『ディパーテッド』でアカデミー賞を獲得したウィリアム・モナハン。

6/10


やっぱり、上手い俳優二人の演技バトルが見もの

今回はディカプリオを中心として話が展開する。
ディカプリオが、いつ命を奪われるか分からない状況で任務を遂行してるのに対し、
上司であるラッセルは、現場にいない。遠くから指示するだけ。
家族と話しながら電話に対応したりかなりのんき。部下の意見も全く無視の冷酷なヤツ。
そんな二人の対比とやりとりが面白かった。
CMで言ってるような、ふたりが嘘で騙しあうという感じではなかった。


それは多分、本篇における“嘘”が、駆け引きというより意思疎通の乏しさ、
現場と指揮者側との緊迫感の違いからくる意見の対立に映ってしまうから。
そういうこともあってか面白さでグイグイと引込まれるというほどでもなかったかなー。
もしかしたらこの映画の宣伝自体も嘘(騙し)だったのかもー

映画自体は少々長く感じてしまったな。
自分を手当した看護婦が出て来た時点で、ディカプリオと恋に落ちるのは予測つくし
その結果彼女がどうなるかもある程度想像つくから意外な展開ではなかった。

でもこの女性の存在と、家族での食事に招待されるシーンは
ちょっと男クサくむさ苦しい中?で唯一安心してみていられるシーン。
(余計なラブシーンとかなくてよかった 笑)

CIAとヨルダン情報局のハニの考え方、対応の対比も興味深いところ。

そうそうこのハニさん(マーク・ストロング)、アンディ・アガルシア風の風貌で 
この人の存在、役割がなかなか良かった。


9.11以降、アメリカの悪い部分を見せる映画は増えていて、この作品でも、アメリカの対応の悪さや
自国の大使館を爆破するなど姑息な工作が、的を射て指摘されている。
アメリカの痛いところを鋭く指摘されてるわけで、
二大スター共演、巨匠監督の新作にも関わらずアメリカではコケちゃったというのも、
そういう意味では分からなくもない。

現場とCIA本部、上司と部下、ヨルダンの情報機関、
それぞれに駆け引きがあって、嘘と嘘が入り乱れ、重要な情報が伝わらなかったりするという事実。
自分たちが普段見ているTVのニュース(事件)もどこまでが本当でどこが嘘か分からないよなぁ〜、、、。


テロ組織のリーダーを捕まえるために活動するCIA工作員フェリス。
イラクでの任務で重傷を負った彼は次にヨルダンに潜入するが、現場を知らない上司ホフマンと対立。
フェリスは独自の作戦を実行していくが...。



 公式サイト
BODY OF LIES   2008年  アメリカ  128min
12月20日より公開中〜




--------------------------------------------------------------------------------------------------

ディカプリオの次回作は御存知、ケイト・ウィンスレットと『タイタニック』ぶりの再共演
『レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで』
12/15 L.Aプレミア



ゴールデングローブ賞にもノミネートされ、評判は上々

これ、先月だけど11/21 L.Aで ロサンゼルスレイカーズデンバーナゲッツ戦を
ザック・エフロンと見に来てたレオ様。


一時はザックと同じように 女の子たちからキャーキャー言われたレオも今は昔。
現在のアイドルと並ぶと大人顔




ラッセルさんは、、、
役作りで28キロ増量したはいいけど もとにもどらなくて大変
写真は11月初旬頃


ウルサイ



皆さま、楽しいクリスマスを〜


クリック応援してね


←please click




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (44)   Trackbacks (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップ☆News | TOP | 2008 わたしがハマった10のこと ... »

44 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
あっちゃ〜 (miyu)
2008-12-23 21:58:53
ラッセルさんやっぱりモトに戻ってないんだ(;・∀・)
ダンディな役は当分ムリかしら?
う〜ん、確かにこの予告やコピーこそが一番の嘘、
騙しかもっつ〜migさんの意見に納得しちゃいますね〜。
あたしはばんばん予告やCMが流れる前に試写会で観たのだけど、
見終わってただけにこの予告やCMはなぁ〜って思ってしまいましたもの。
CMの嘘も見抜けない? (くまんちゅう)
2008-12-23 22:36:41
他の映画よりは騙された感じはしなかったですが
確かに嘘の部分もありますね〜
役者も巧かったし、テンポも良かったので
楽しめました
ラッセルさん体型もどってないのね
それよりも髪型ヤバくない?
★miyuさん★ (mig)
2008-12-23 22:44:28
すばやいコメントまたまたありがとう〜♪
そうだよ〜、きっともうそこから嘘なのね、、、、(泣)

ラッセルさん、、、、
もしかしたら役作りで痩せたっていうのも
嘘かもねー
★くまんちゅうさん★ (mig)
2008-12-23 22:48:28
CMはなんだか二人の頭脳戦、嘘の付きあい。
みたいなイメージ。
騙されはしないけどちょっと違うかなぁって感じ

最後の方ではちょっとまだ終わらないのかなって思っちゃったケド、、、
ふたりが上手いから見応えありました〜。

あはは!くまんちゅうさんのコメント読んで笑っちゃったけど
そうだよねー!そこつっこまなきゃネ。
わたしこの写真1ヶ月以上前から持ってたから
見慣れて感覚マヒしちゃってたみたい(笑)
こんばんは! (アイマック)
2008-12-23 22:50:47
レオさま、熱演してたよね。
アンディ・ガルシア風のハニさんがポイントゲッターだった。
migさんのいわれるように、ここまで鋭く指摘されると、アメリカでコケたのもわかるね・・

今、『レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで』の原作読んでます。
ケイトは役柄にぴったりだと思う。まだ60ページあたりですが・・^^;
migさんも楽しいクリスマス、お過ごし下さいね〜
migちゃん〜* (kira)
2008-12-23 22:56:23
凄い!
レビューも早ーっ
でもちゃんと素敵なレオくんの画像も貼ってくれちゃって、
嬉しいわ〜

アメリカバンザイじゃない作品なので
興行的にはキビシイかもですが、こういう作品に出るところがスキ(笑)
次回作も楽しみです
あーやっぱり。。。 (rose_chocolat)
2008-12-24 00:38:02
ラッセル・クロウ、体重戻すの大変そうですよね(笑
(人のこと言えないけどw)

髪型、確かにやばい(爆
何かに似てるのよね。。。 思い出せませんがw
メリークリスマス☆ (きらら)
2008-12-24 06:47:19
migちゃん、オハヨー

私も例にもれずラッセルクロウで笑っちゃった☆
体型もそうだけど、なんなのー!あの髪型
しかもなびいているところがまた笑えるね☆

映画はね、私も「長いなー」って思っていたら128分もあったのね。1時間半くらいのつもりで観にいっていたから、そりゃ当然か

そいでは〜!
良いクリスマスを
みた。 (とく)
2008-12-24 07:25:10
とく的には、普通におもしろかった。
ただ、とく的には、リドリー・スコットは、好きな監督さんの一人なので、若干、ハードルが、高くなっております。
でも、ラッセル・クロウ、使うんだろう?
とく的に、かなり、いけてないんだよなー。
今日は、今年、最後の映画いってきまーす。(たぶん。)
migさん、見てた作品でした。レビュー、読んでませんよ。
とくの家には、しばらく、サンタさんはきてまえん。
嘘? (たいむ)
2008-12-24 17:13:33
migさん、こんにちは。
>ふたりが嘘で騙しあうという感じではなかった。
ですよね、ですよね?嘘って日本語のニュアンスがちょっと違うのかもしれませんが、嘘はアイテムみたいなもので、それがどうこうってドラマじゃないように私も思いました。

巨体となってるラッセルさんが心配です(^^;
メリークリスマスですっ (ゆかりん)
2008-12-24 19:27:54
ラッセルさん・・・だ、大丈夫かな^^;

長く感じるところもあったけど私としてはなかなか面白かったです〜。
あまり騙しあうという感じではなかったですね。
レオも良いけれど、ハニさん役のマーク・ストロングが素敵でしてねぇ(笑)
ちょいミーハー気分で観てしまいました。
migさぁ〜ん♪ (ルールー)
2008-12-24 23:57:34
メリークリスマス
migさんはきっと素敵な聖夜を過ごしていそうですね☆
12月は超忙しくて、おまけに風邪まで引いちゃって、ホントご無沙汰してましたー

ところでこの映画、今日映画の日だしってことで観に行きたいとずっと思っていたのに寝込んでいて行けなかったのだけど、やっぱり面白そう♪
わたしもリドリー・スコットモノは好きな映画が多いし、今年はあと「アラビアのロレンス」観に行くだけで終わりかなと思っていたけど、なんとか具合よくなったら観に行こうかな。
しかしラッセル・クロウ・・・
健康が心配だね。(苦)
★アイマックさん★ (mig)
2008-12-25 10:18:43
こんにちは♪
メリークリスマス
二大スター共演なのにね〜、、、
わたしはそこまで面白いとは思わなかったんだけど
興味深い、という感じで観てました

レボリューショナリーロード原作読んでるんだ!
わたしは読む場合いつも映画の後です(笑)
アイマックさんの読んでから観る、レビュータノシミだな☆
★kiraさん★ (mig)
2008-12-25 10:20:43
メリークリスマス
早い?

旅行行くのでもうギリギリ急いで書いちゃった。
そうなの〜、kiraさん喜んでくれるかなと思って♪
こういうのにも出ちゃうレオくん、
いい俳優だわ〜☆
次回作も楽しみ
★rose_chocolatさん★ (mig)
2008-12-25 10:22:46
メリークリスマス

ラッセル、やばいよねぇ〜(笑)
一時はアメリカでセクシーな男の代表格みたいに
言われてたのに〜。

誰か、じゃなくて何か、に似てるんだ〜!(爆)
★きらりん★ (mig)
2008-12-25 10:25:12
メリークリスマス

あは、皆さんそっちにいっちゃうよね〜
こんなの載せたら(笑)
すごい髪型してるよね、
この写真前からあたためてた?から
見慣れちゃってそこつっこみ忘れた〜

きらりんも楽しいクリスマスをね、、、!
Unknown (mig)
2008-12-25 10:27:42
メリークリスマス

リドリースコット作は好きなんだけど
真面目な映画よりもマッチスティックメンとか
グラディエーターみたいなエンタメ作品の方が好きだな。

あれ観て来たんですね〜、あちらは
今年の拾い物的映画でした★
★たいむさん★ (mig)
2008-12-25 10:30:37
メリークリスマス

そうそう、ちょっと嘘の意味合いが違いましたよね、宣伝の仕方が。

ラッセルさん、、、、、
ふとりっぱなしの上にロンゲになっちゃって


今後も彼の姿を見届けたいと思いマス(笑)
★ゆかりんちゃん★ (mig)
2008-12-25 10:33:13
メリークリスマス
ラッセルさん、撮影終えてからだいぶ経ってるはずなのにヤバいね〜(笑)

ゆかりんちゃんは好きって納得★
こういう男のドラマじゃないけど男クサいの
好みでしょう?

うん、ハニさんなかなかカッコ良かったよね〜♪
ゆかりんちゃんJBの観たのね!あとでお邪魔するね。

★ルールーさん★ (mig)
2008-12-25 10:37:07
メリークリスマス

風邪ひいちゃったの!?
大丈夫??この時期インフルエンザも流行ってるから
気をつけてね、、、
わたし的にはこの映画、オススメってほどではないんだけど、、、、
でも惹かれるんだったら是非劇場で♪

ラッセルさん、やっぱり皆びっくりするよね
ロンゲがなびいててかなりキモい感じだけど
二児の父で頑張ってるのよね
こんにちは〜♪ (ミチ)
2008-12-25 10:40:08
メリークリスマス

スコット監督は本当にラッセルが好きよね〜。
でも、どーしてもラッセルじゃなきゃいけないっていう役でもなかったような(汗)
もちろん、ラッセルが演じてくれたからこそイヤ〜な感じは出てたのだろうけれど。
画像のラッセルを見ると、増量した20キロは果たして元に戻るのかどうか心配になっちゃう〜
人の心配より自分の心配しろってラッセルに言われてしまいそうですが・・・・
★ミチさん★ (mig)
2008-12-25 11:14:42
メリークリスマス

そうですよね〜どうしてもラッセルじゃなくても別に(笑)

うんうん、ラッセルさんなんだかイヤな感じでてるんだもん。
プライベートでもワガママらしいし(笑)

あはは、ミチさんはこんなんじゃないから大丈夫でしょう!
それにしてもラッセル今でも戻らないって、、、
今後もずっとこうなのかも?
酷い、醜い (にゃむばなな)
2008-12-25 20:12:50
うわ〜と思いましたよ、ラッセル・クロウの写真と見た瞬間に。
これがグラディエーターですか?
デニス・クエイドからメグ・ライアンを奪った男ですか?

ラッセル・クロウのダメっぷりはどこまでいくんでしょうね。
ちょっと心配です。
こんばんは〜♪ (ひろちゃん)
2008-12-25 20:55:55
今頃ですが・・・

migさん、メリークリスマス
素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか?

コピーは、どちらのウソが世界を救うか?みたいな
感じでしたが、内容はそういうものでは
なかったですよね(^^ゞ

とは言え、リドリースコット監督とは相性が
いい私
面白かったですし、好きな作品です^^

レオもラッセルも演技は上手いですが、お顔は
私の好みではなく(^^ゞ今回、私の心を射止めたのは
アンディガルシア似のマークストロングでした

男っぽい役が続いたレオ、全然感じが違いそうな
『レボリューショナリー〜』が楽しみです
増量クロウ (ぷちてん)
2008-12-25 21:04:12
や〜〜、ラッセル・クロウの増量は監督命令でしたかあ。
でも28キロの増量は、元に戻すのは大変ですよねえ。
年齢が上がるとなおさら・・・なんだか自分のことを話しているような親近感(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

硬派なこの映画、アメリカではこけちゃったんですね。
まあ、派手さを求めるとね。
意外と自国では受け入れがたいのかもしれないですねえ。

レオ様は今度はケイトと共演でなかなか評判もよろしいようで、私もそちらを期待します。
Unknown (ゆかりん)
2008-12-25 21:28:31
migさん、全てお見通しですね〜
ええこういう男クサイ映画大好きですよん。
こんばんは (ノラネコ)
2008-12-29 01:01:56
最後のクロウの写真凄いですね。
昔のピーター・ジャクソンかと思った(笑
二大スターの映画かと思ったら、クロウの役は思いのほか印象が薄くて、物語的にもキャラ的にも、一番美味しいところを持っていったのはマーク・ストロングなのでは、と思いました。
ハニ怖いです。
Unknown (honu)
2008-12-29 17:14:52
migさん、こんにちは♪
ホフマンになりきる為の体重増量にはいたく感心していたのに、撮影が終わってもいまだそのままとはねぇ・・・(-_-;)
ニューイヤー前には、せめてヘアカットくらいして欲しい。
★にゃむばななさん★ (mig)
2008-12-30 00:09:09
こんばんは♪

そうそう!メグライアンを奪ったオトコ!
懐かしいー(笑)

いまひどい有様になっちゃいました
★ひろちゃん★ (mig)
2008-12-30 00:12:40
こんばんは♪

お返し遅れてゴメンナサイ!
今日夜、帰国しました〜

ひろちゃんとこにもあそびにいくのが遅れちゃうかもだけどご了承を、、、、

レボリューショナリーロード、楽しみですネ!
★ぷちてんさん★ (mig)
2008-12-30 00:15:24
28キロの増量て凄すぎですよね!
もとに戻すのも大変だろうなぁ。。

次回のケイト再共演作も楽しみですね★

帰国したばかりでやることたまってるので遅れるかもですが
年内、おじゃましますネ
★ゆかりんちゃん★ (mig)
2008-12-30 00:16:35
あはは、やっぱりー
ゆかりんちゃんのこのみはもう
なかなか長い付き合いになってきたのでわかってきたわ
★ノラネコさん★ (mig)
2008-12-30 00:18:01
こんばんは♪
ピータージャクソン監督!そういえばいきなり激やせしましたよね(笑)
なつかしいー

ノラネコさんの2008bestも楽しみ♪
★honuさん★ (mig)
2008-12-30 00:19:50
こんばんは♪

あはは!ほんとニューイヤー前にはねぇ
この髪はヒドすぎですよ〜(笑)

年内のリストでhinoさんとこにもお邪魔しまぁーす♪
こんにちは (なな)
2009-01-03 09:50:04
うわー,ラッセル,やっぱ元に戻ってない〜
髪の毛もカッコ悪いじゃないですか。
「グラディエイター」のときのように
さっさと体を絞ってほしいです。
でも年齢的になかなか難しいのかな?
作品自体はとっても見ごたえありました。
レオはいい具合に貫録出てきたよね。
ラッセル(涙) (かつかつ)
2009-01-03 16:37:53
管理人さん、ご無沙汰してます。
ラッシーかなりヤバい・・・。
いや、「アメギャン(アメリカン・ギャングスター)」見た時もアゴのお肉ばっかりどうしても気になってしまいましたが(汗)

「グラディエーター」のラッシーよ戻ってきて!と言いたいです・・・。
★ななさん★ (mig)
2009-01-03 22:01:30
あはは、皆さんそこまずつっこむよ〜

こんなのヤバすぎよねー(笑)

そう、グラディエーターの頃なんてなかなかいい感じで
SATCでは4人の憧れのスターみたいな位置にあったのに

ラッセル、次回ではちゃんとヤセてるかな?
(って映画のことに触れてないし 笑)
★かつかつさん★ (mig)
2009-01-03 22:03:09
こんばんは♪

ラッセルのこの写真みたら誰もがつっこみたくなりますよねー(笑)

あ、管理人さんではなく名前でお願いします

グラディエーターの頃は良かったですよねー
(ってまた映画のハナシしてません 
TBありがとうございました! (junf)
2009-01-08 12:54:22
初めてお邪魔します、junfと申します。

私はラッセル・クロウがかなり好きなのですが、映画で見る限り、ちょっと太ったかな?くらいにしか(ひいき目?)思ってませんでした。
う〜、掲載して頂いた写真ではかなり……。ちょっとイタイ。
「グラディエーター」のような彼をまた見たいです(^o^)

これからもよろしくお願いします♪
★junfさん★ (mig)
2009-01-08 21:10:53
はじめまして

コメントありがとうございます♪
ラッセルさんファンなんですね、
これわりと最近の写真なんですが
体型元には戻してないようですねぇ、、、

でもやろうと思えば逆にいつでも引き締まるのかな?

こちらこそ、これからも宜しくお願いしますね☆

今年も宜しくお願い致します。 (小米花)
2009-01-10 23:25:57
migさん、コメント入れてくださってありがとうございます。
いつも情報満載のブログ、楽しみにしています。

>自分たちが普段見ているTVのニュース(事件)もどこまでが本当でどこが嘘か分からないよなぁ〜、、、。

私も同感です!

最近感じるのは、女子フィギュアスケートの試合の結果。
ネットでも制御してるように感じます。
日本でTV放送されるときは明らかに結果が出ているはずなのに、ネットでも結果が出ていない・・・。
私の勘違いかな・・・。(^_^;)

アメリカサイトは検索してみたことがないのですが。。。
そんな事、お感じになったことありますか〜?
映画に関係のない話でごめんなさい。
migさんはアメリカサイトなどよくご覧になっておられるようなので、ちょっと書いてみました。
★小米花さん★ (mig)
2009-01-11 00:20:33
こんばんは♪

そんなこと言って頂けてすっごく嬉しいです

そうなんですか、、、?
わたしはスポーツ記事とお笑いには全く疎くて
全然みないんですよ〜
ゴメンナサイ。。。。

海外サイトはニュースとゴシップ記事だけよくみてます(笑)
というかあんまりそれすら調べる時間もとれず
ゴシップ書く為にみてるって感じです(笑)

今年もよろしくお願いします


リバウンドには気をつけましょう(バスケもダイエットも) (SGA屋伍一)
2009-01-26 21:54:30
migさん、こんばんは
まだ札幌ですか? 今日は本州の方もけっこう寒かったです・・・

こないだあるところで「男性が合コンしたい職業ランキング」というのを見たんだけど、1位は看護師さんでした。やっぱし仕事に疲れると優しいナースに癒されたくなるのは、万国共通なのかな、と
ちなみに女子の1位は「医師」。やっぱり医療系だけど、男性側とは選ぶ基準が違うような・・・

>自国の大使館を爆破するなど姑息な工作

ええ! これ本当にやってたんですか! ずいぶんもったいないことするな〜と思いながら見てたんだけど

自分は最近はラッセルさんのお腹が笑えなくなってきました。どうして冬場ってこううまいものが多いのか・・・
★伍一さん★ (mig)
2009-01-27 23:18:34
こんばんは♪

まだ札幌なのーっっ
だからママとかがずっとpcやってるんで呆れててちょっとやばいです
こっちも寒いですぅ。

ランキング、看護婦さんが1位ですか?!
なるほどー皆やっぱり優しく癒されたいのかな?

お医者さんが1位っていうのはやっぱりお金目的??(笑)

ラッセルさんのデブり具合はリバウンドっていうより
もうこれがフツウになってきちゃってるみたい

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

68 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ワールド・オブ・ライズ (LOVE Cinemas 調布)
私的にはお正月映画最大の注目作品2つ(もう一つは『ミラーズ』)のうちの1本。レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウが共演。そして監督はリドリー・スコット。CIA工作員の中東を舞台にした話です。原題は「Body of Lise」。これはどう訳したらいいんでしょう。...
ワールド・オブ・ライズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待...
[映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美幼女賞は?    ◇   ◇ 「これはッ!!」と言う、特...
「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 (はらやんの映画徒然草)
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
「ワールド・オブ・ライズ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました〜現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がする...
ワールド・オブ・ライズ (小部屋日記)
Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー/アロン・アブトゥブール/アリ・スリマン ...
ワールド・オブ・ライズ (to Heart)
どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム・モナハン 監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/...
【試写会プレゼント】『ワールド・オブ・ライズ』試写会 (ディカプリオ&ラッセル・クロウ共演作!) (映画+小説+家族=MyLife)
【映画名】  ワールド・オブ・ライズ 【当選者数】 20組40名様 【プレゼント】試写会ご招待 【日時】   12月3日(水) 開場18:00/開映19:00 【場所】   東京国際フォーラム(有楽町) 【応募締切】 2008年11月18日(火) 【提供サイト】goo映...
ワールド・オブ・ライズ (Yuhiの読書日記+α)
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ...
兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』 (水曜日のシネマ日記)
テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。
ワールド・オブ・ライズ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ヒゲ面のレオとメタボのクロウ共演のスパイものだが、米国と中東の価値観の違いが面白い。死と隣り合わせのCIA工作員フェリスと、安全な場所から指令を下す上司のエド。彼らの潜入捜査を描く。中東のテロという素材は目新しくないが、敵はおろか味方さえ信じられない状...
ワールド・オブ・ライズ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。デイビッド・イグネイシアス原作、 リドリー・スコット監督。レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー。原題はBODY OF LIES。訳せば「嘘の塊」ぐらいだろう...
ワールド・オブ・ライズ 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
【44-21-】 映画館においてあるチラシで観て興味津々。 なんせ『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコットが監督で、出演が最近とみに演技派になっているレオナルド・ディカプリオと、そして言うまでもない名優ラッセル・クロウなんやもん...
『ワールド・オブ・ライズ』 (Body of Lies) (Mooovingな日々)
イラクでの新しいテロ組織のリーダーをおびき出す作戦に失敗し、負傷したロジャー・フェリスは中東を駆け回るCIAの敏腕工作員。全ての活動は安全な電話回線を使用したCIAのベテラン局員エド・ホフマンの指示によって彼の命も左右される。 ヨルダンへ移動したロジャーは英...
『ワールド・オブ・ライズ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BODYOFLIES監督:リドリー・スコット原作:デイビッド・イグネイシアス脚本:ウィリアム・モナハン出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Stor...
*ワールド・オブ・ライズ* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** ロジャー・フェリスはCIAで最高の腕を誇るスパイ。世界中の戦場で常に死と隣り合わせの彼の任務を決めるのは、遠く離れた安全な場所で、時には子供の世話をしながら命令を下すベテラン局員エド・ホフマン。彼らの目的は、地球規模の破壊...
ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies (いい加減社長の映画日記)
直前まで「K-20 怪人二十面相・伝」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ」の方が安全ということで。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな? 「ワールド・オブ・ライズ」...
劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」 (日々“是”精進!)
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました今年ラスト!!!「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコ...
映画 『ワールド・オブ・ライズ』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像...
ワールド・オブ・ライズ (Akira's VOICE)
信念で動く人間たちのドラマ。  
【ワールド・オブ・ライズ】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 「CIAの優秀なエージェントのロジャー・フェリスの任務は、爆破テロ組織のリーダーを見つけ捕らえること。危険に囲まれての潜入捜査は
ワールド・オブ・ライズ (映画鑑賞★日記・・・)
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。
[Review] ワールド・オブ・ライズ (Diary of Cyber)
I and the public know What all schoolchildren learn ? Those to whom evil is done Do evil in return. W.H.オーデン『もうひとつの時代』 誰かを傷つけた者は、必ずその復讐を受ける。傷つけられたのと同じ、血をもって贖う復讐を。 人類が文明を築き...
「ワールド・オブ・ライズ」ジャパンプレミア (今日という一日。)
「ワールド・オブ・ライズ」の試写会に行ってきました。当初は監督の舞台挨拶の予定があったらしいのですが、体調不良のため急遽来日をキャンセルとのこと。簡単なディカプリオのビデオメッセージのみで上映開始です。 映画はテロリストとCIAとの駆け引きが中心となっ...
「ワールド・オブ・ライズ」みた。 (たいむのひとりごと)
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
ワールド・オブ・ライズ(2008年) (勝手に映画評)
もはや定番の、中東モノの映画です。やっぱり、中東の現状が収まらない限りは、映画の舞台となるのは続くのでしょうか・・・。冒頭”この映画はフィクションである”と言う旨のクレジットが出ますが、同時に”現実にもこの様な事は行われている”と言う旨のクレジットも出...
★★★★ 『ワールド・オブ・ライズ』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"BODY OF LIES".   リドリー・スコット監督。  レオナルド・ディカプリオが出演していなければ、初日に見に行ったりはしなかったはずの...
レオの粉骨砕身〜『ワールド・オブ・ライズ』 (真紅のthinkingdays)
 BODY OF LIES  欧米各国では、イスラム原理主義者による爆破テロが頻発。CIA中東局工作 員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、...
映画 【ワールド・オブ・ライズ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・オブ・ライズ」 ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作をリドリー・スコット監督が映像化。 おはなし:ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は中東で命がけで活動するCIAの敏腕工作員。遠くワシント...
ワールド・オブ・ライズ (Diarydiary!)
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − BODY O
ワールド・オブ・ライズ (心のままに映画の風景)
危険な現場で任務を遂行するCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、 安全なアメリカから指示をするエド・ホフマン...
ワールド・オブ・ライズ (めでぃあみっくす)
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行わ...
★ワールド・オブ・ライズ(2008)★ (CinemaCollection)
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
ワールド・オブ・ライズ (ぷち てんてん)
久しぶりだわ〜〜、映画館に行くの♪二か月ぐらい行ってなかったような気がします。あ、いやいや一カ月の間違いだわ(笑)でも、相当長く映画館に足を運んでなかったと感じるわけです。「地球が静止する日」キアヌを見るか、ワールド・オブ・ライズ」のディカプリオを見る...
ワールド・オブ・ライズ (ももママの心のblog)
中東を舞台とした、騙し、騙される殺伐とした嘘を主題とした秀作。主演二人の演技が見たくて行ったが、果たしてガチンコ演技対決が見もの。アメリカではヒットしなかったためか、宣伝も地味。しかしフィクションとはいえ、現実にこういう事態が起こっているのだろうと考え...
ワールド・オブ・ライズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
テロ組織を相手に、熾烈なスパイ戦をくり広げる男たちの偽りに満ちた世界! 世界一の嘘をめぐるアクション・サスペンス超大作! 物語:中東のCIA工作員フェリス (レオナルド・ディカプリオ) はとあるミッションで失敗し、大怪我を負う。 傷の癒えたフェリスはラング...
ワールド・オブ・ライズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価★★★★ 上空からの監視は晴天時は地上から丸見えだった(笑)
ワールド・オブ・ライズ   BODY OF LIES (映画の話でコーヒーブレイク)
今の世の中グーグルアースやストリートビューを使えば、私達のような一般人でも 世界中の場所をかなり詳細に見ることが出来ます。 フィクションである映画の中で個人を特定するくらいの精度ってことは 本物の諜報活動をやっているCIAのような組織は、どの程度まで情報...
映画「ワールド・オブ・ライズ」 (FREE TIME)
映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。
騙し騙され・・・☆『ワールド・オブ・ライズ / BODY OF LIES』 ☆ (honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ共演&『ブラックホーク・ダウン』や『エイリアン』を監督したリドリー・スコット作品なので、アメリカでの興業成績は芳しくなかったけど、観てきました〜! 頭脳戦を展開するストーリーを主軸に描かれてるから、全体的にはお...
「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り...
【100.5Kg】 「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
すっかり日付も替わってしまいましたが、今日は映画を観てきました。
『ワールド・オブ・ライズ』 (ラムの大通り)
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったもの...
ワールド・オブ・ライズ (Movies 1-800)
Body of Lies (2008年) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング 欧州各地で起きた爆弾テロの首謀者を捕らえるべく策を企てるCIA局員を描くサスペンス・アクション 命がけで前線で活動する者、後方からただ指示...
ワールド・オブ・ライズ (へでいくっ!)
フトッテルクロウ&ミケンノシワガフカプリオ 最新鋭の武器にばかり目が行ってしまって、その武器で人が死んでいるということが、あまり気にならないのは、恐ろしいことだと思う。アメリカが撤退しないと、この戦争はいつまでたっても終わらないんじゃないの〜。 今も継...
ワールド・オブ・ライズ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
いやー,まいった。いかにも密度の濃い,見事な作品だ。リドリー・スコットらしい,ずっしりとした重い手ごたえを感じる作品。対テロという使い古されたテーマだけど,実際に現地で繰り広げられる緊迫感あふれる情報戦が息詰まるほどにスリリング。 「フィクションだけど...
ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES (銅版画制作の日々)
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・ク...
ワールド・オブ・ライズ (利用価値のない日々の雑学)
新年最初のレビューだが、2008年末の未鑑賞作品である。リドリー作品であり、また、久々のディカプリオであり、この作品すら観られなかったのだから昨年末の忙しさは例年以上であったのだと我ながら驚く。しかし同時に、「原作を先に読んでおくのだった・・・」と後悔し...
「ワールド・オブ・ライズ」 (cocowacoco)
映画 「ワールド・オブ・ライズ」 BODY OF LIES を観ました        リドリー・スコット監督 2008年 アメリカ 最初に謝罪。 いつもに増して、ハチャメチャあちこち文となってます。 (苦手な文章を、まとめる気力がなし・・・) <ネタバレあり> コン...
ワールド・オブ・ライズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
レオ&ラッセルの「ワールド・オブ・ライズ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}中東の大規模なテロ組織を追跡するCIA。現場で体を張って現地人も使いこなして任務を遂行するフェリス(レオ)と、安全なところから主にモニターで指示する上司のホフマン(ラッセル)。壮絶な情報戦のキーとなるのは「嘘」だった……{/映画/}   一...
映画感想『ワールド・オブ・ライズ』 いろいろな意味で面白いで... (レベル999のマニアな講義)
内容CIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、本部のエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)の命令で、世界各地で行われた連続爆破事件の組織の首謀者アル・サリームを追っていた。ある日のこと。現地スタッフの死というダメージを負いながらも、組...
★「ワールド・オブ・ライズ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
ワールド・オブ・ライズ (ネタバレ映画館)
飛行機は快適だったよ。機内で『タイタニック』も観たし・・・
ワールド・オブ・ライズ (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はレオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ競演の社会派サスペンス「ワールド・オブ・ライズ」を観てきましたよう!  世界中の危険地域を舞台に活動するCIA工作員のフェリス(ディカプリオ)。フェリスの上司で常に本部から指示を出すホフマン(ラッセル...
ワールド・オブ・ライズ (こんな映画見ました〜)
『ワールド・オブ・ライズ』 ---BODY OF LIES--- 2008年(アメリカ) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員...
[映画]ワールド・オブ・ライズ (落とし穴には気をつけろ!)
レオナルド・ディカプリオ VS ラッセル・クロウ。なかなかの名勝負ですね テロリストの親玉を捕まえるため、中東で潜入捜査するフェリス(レオ)と、安全なところで冷徹な命令を下すホフマン(クロウ)。フェリスは豪胆さと誠実さとを併せ持っているとても魅力的な人物。...
ワールド・オブ・ライズ (週末映画!)
期待値: 80% リドリー・スコット監督の社会派映画 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロ
ワールド・オブ・ライズ を観ました。 (My Favorite Things)
第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。
走れ不正直者 リドリー・スコット 『ワールド・オブ・ライズ』 (SGA屋物語紹介所)
そろそろ公開最終週でしょうか。監督リドリー・スコット、主演レオナルド・ディカプリ
349「ワールド・オブ・ライズ」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
誰の嘘が優ったのか?  世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員フェリス。一方、彼の上司はもっぱらアメリカの本部や自宅など平和で安全な場所から指示を送るベテラン局員ホフマン。そんな生き方も考え方も全く異なる彼らは、ある国際的テ...
【映画感想】ワールド・オブ・ライズ(レオナルド・ディカプリオ×ラッセル・クロウ)[2009-055] (映画+小説+家族=MyLife)
アメリカCIAと中東のテロ組織との戦いを描いた『ワールド・オブ・ライズ』。今も世界のどこかで行なわれているであろう、終わりの無い対テロ戦争の一端が垣間見える作品です。 しかし、アイドル俳優だったディカプリオが見せる傷だらけでヒゲ面の顔は、あの「タイタニッ...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売! (MOVIE レビュー)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品...
「ワールド・オブ・ライズ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
嘘つき合戦・・
『ワールド・オブ・ライズ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
映画『ワールド・オブ・ライズ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
103.ワールド・オブ・ライズ■原題:BodyOfLies■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月27日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□製作:ドナルド・デ...
【映画】ワールド・オブ・ライズ…看護師には萌えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こう...
ワールド・オブ・ライズ (ひめの映画おぼえがき)
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD] 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴ...