我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

デス・プルーフ / DEATH PROOF

2007-08-03 12:01:13 | 劇場&試写★6以上

 

 

タランティーノが来日して舞台挨拶、ジャパンプレミアに行って参りました~

タランティーノが(の映画が)大好きなので、今年1番くらいに楽しみにしてた、久しぶりの新作
あ、リンチの新作のときも言ったかにゃ


生タラちゃんは、前作『KILL BILL』の時ユマ・サーマンと来た時にみたので二度目だったけど
今回はかなりびっくり偶然を体験してしまった
場所は六本木ヒルズの映画館。予め指定席との座席交換が必要で午前中に行ったら、ちょうど真ん中☆
同行者はタランティーノ好きの父。
始まる直前になにやら隣のカップルがスタッフの人に言われて、少し前の関係者席に移動させられてた。
しばらくするとわたしたちのところにも来て、「タランティーノが観客と一緒に観たい」というので
3人分の席が必要で移動してもらえないでしょうか?と。
結局、父だけが少し前の関係者席に移動して、、、、、
タランティーノ、登場
かなりご機嫌で舞台挨拶を終えた後、なんとその空けた座席に、、、
ええ~
タランティーノ、わたしの隣に座って観た
タラの同行者には恰幅のいい男性と、『KIll BILL』にも出演して腕をユマに斬られた
ジュリー・ドレフュス。もしかしてつき合ってるのかも?

そんなワケで、タラちゃんの隣で鑑賞してきたの~!!ありえね~!(笑)

席つくと握手をして、あなたの映画の大ファンですって告げました
父は席交換の謝礼としてプレスシートをもらい、、、それ結局わたしがもらっちゃった♪

ペン持ってたらサイン入れてもらえたのにな~。ザンネン!!
肝心の映画は、、、、、

今回も、タランティーノのあそび心たっぷり、面白かった~!

この新作は、盟友ロバート・ロドリゲス監督の『プラネットテラー』と同時公開にした
"グラインドハウス"というもの。
それは1970年代にアメリカにあった、低予算のB級ばかりを2、3本上映してる劇場の総称。
タラはそれを今に蘇らせるために、わざとフィルムにキズやノイズつけたり、コマ送りになったり途中でフィルム切れで場面飛んだり(笑)



生足(と脚)フェチのタラ、最初のショットからもう足のショット!!
今回、撮影監督をも務めたタラ。
腰から下のショットがやけに多い。なめるように撮る。

主演のカート・ラッセルに足いじらせるシーンまで(笑)

前半と後半に分かれてて、出てくる女の子たちががらりと変わるんだけど
これも相変わらずタランティーノ映画特有の、ダラダラと無駄話が続く。延々と。
古いマニアックな映画の話とか。タラが得意な分野を女の子たちが話す。
後半は1970年代カークラッシュ映画の話題。車オタクの女の子たち。
前半はとくにじーっと、虎視眈々と獲物を観察してるかのようなカートラッセルの目線を脇に
ガールズトークが続く。いつまでたっても何もおこらないのでじれったい。
このあたりはちょっと長いな~と感じる。


はじめは もしかしたらこれ☆4くらいかも
って内心ちょっとがっかりしてたんだけど、

そこはタランティーノ、繋がる後半のエピソードではモノクロからはじまったかと
思えばいきなり画面がカラーに!
とたんに目覚めたような色の世界
これももしかしたら当時のグラインドハウス映画の特徴なのかもだけど、
タラの遊びとして面白かった


内容話すと30秒で終わっちゃうくらいの単純な話。
映画にしても、これって短編映画にちょうどいいよ、って感じ。
それをタラ特有のダラダラトークを盛り込み、じっくり撮って
後半で一気に加速!!というスタイル。
ラストにはスッキリすること間違いなし!!
何も知らない方が楽しめる。
でもタランティーノ映画をこれまで観てきた人ならより楽しめる1本


今回もキャスティングが絶妙で、、、、

カート・ラッセル、、、、、一見普通のダンディーなおっさんに見えて
実は変態  どういう変態(というかサイコ)なのかはあえていいません
ドクロのついた不気味なシボレーを乗り回す!



ところで、タイトルの「デス・プルーフ」っていうのは
デス=死  プルーフ=防水とかの意で
"耐死仕様"という意味。 いくらぶつけても中の人は死なないこの車で、、、、、。



お約束で自分も登場。


ロドリゲス監督の方では主演を演じるローズ・マッゴーワンはこっちにも。
色白美女


後半のガールズ4人組(映画スタッフと女優組)にはロザリオ・ドーソン&トレイシー・トムズの『レント』組や
『ダイハード4.0』でブルース・ウィリスのムスメ役を演じたばかりの
メアリー・エリザベス・ウィンステッド

たぶんタラ、『ファイナル・デッドコースター』で目をつけたと思われる。
今後も注目の若手女優

皆よかったけど、いちばん頑張ってたのが
『KIll BILL』でユマのスタントをしてた、ゾーイ・ベル!!

一人だけオバさんに見えなくもないけど29歳。
この人のおかげでこの映画が成功したとも言えるほんと身体張った演技
スタントなし(自分がスタントマン)
女優として表舞台にたつのはこれが初めて。

撮影も全くCG使わないカーチェイスシーンは必見の面白さ




ちょい役のこの子、あのシドニー・ポワチェの娘。
こんなかわいい娘っ子いるんだ~。




9/10
タランティーノ流、ガールズムーズム−ビー×カーチェイス映画!
前半がとにかくダラダラとどうでもいい会話が続くので退屈する人もいるかも、、、
でも途中からスピードは加速。ちゃんと展開していき、カークラッシュシーン最高
ラストに近づくに連れて面白くなる
『KIll BILL』にも出てた、親子のカウボーイ刑事がでてきて重要な推理をしたり、
女の子の携帯の着メロが、『KIll BILL』でエルドライバーが口笛してる「TWISTED NERVE」だったり。。。
タランティーノ好きにはぜったいたまらない1本になってます♪
タランティーノがとくに好きじゃないって人でもラストにはスッキリ。
基本的にはおバカなB級ギャグ映画なので、笑って観られる懐の広さも必要。
時間の経過とともに、ああ、面白かったなーって思える不思議な映画。
あ~、クセになりそう!





サントラの方も、買ったばかりの数回聴いただけじゃあまり良いって思わなかったけど
だんだんクセになる曲ばかり♪
今回もタラのこだわりの選曲が生きてます



 公式サイト
Quentin Tarantino's  DEATH PROOF   2007年   アメリカ   113min

超カッコいい予告編は こちら

9月1日よりロードショー。  R-15
第60回 カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品




------------------------------------------------------------------------------------

カンヌ映画祭にて。




カート・ラッセルは妻のゴールディ・ホーンを同伴。
娘はケイト・ハドソン☆(カートは義父)





ーーー観る前は「タラが隣にいるし、ようし、大袈裟に笑ってやろう!」なんて思ってたのに
あれれ?いつまでたってもぜんぜん笑えないよ~。
タラ本人はちょこちょこ、ひとりで声あげて笑ってる。(そっちの方が笑えた)
ところが 前半のダラダラトークが長いなぁって思ってたあたりから
視界に入ってたタラの長いあごが、、、いえタランティーノが
いきなり寝ちゃった
自分の映画で寝るなッ!!

はかってないけど6.7分は寝てたかな。
お疲れだったのね。

そして一度目覚めてからはまた一人で爆笑したりしてて、だんだん後半の面白さが加速するあたりで急に客席を気にしだして、
客がどこでウケるのか体前のめりになって見だした。
だからなんかちょっと落ち着かなかったけど   なかなか面白い経験でした♪
わたしも結構ちょこっちょこ後半は笑えたし
観賞後は、もちろん拍手喝采。盛り上がって終了となりました~。

あ、タラちゃん、もうすぐ公開の三池崇監督の『スキヤキ・ウェスタンジャンゴ』に
スキヤキと銃の達人、ピリンゴ役として出演してるらしく夫婦役を演じた桃井かおりも花束贈呈で登場。
そちらもちょっと気にナルなー。


本来、ロドリゲスのと二本立てて観るのが趣旨のこの映画、
米国外では上映期間を変えて別々の上映となっている。が

この度、東京/大阪で8月24日~31日の8日間限定で二本立て上映決定!!


また観たいな♪  





人気blogランキング←please click


クリックしてくれるとうれしいな

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (81)   Trackbacks (82)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンタスティック・フォー ... | TOP | ハリウッドゴシップ☆News »

81 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
やってくれたねぇ~! (yue)
2007-08-03 12:14:51
びっくりしたよー
これはなかなか出来ない体験!
yueが持ってるお気に入りの面白い本
「死ぬまでにしたい101の事」に入っちゃうねー映画をスターの隣で観るー

しかも!タラちゃんときたら更に特別1000ポイントあげちゃう
だって真横、30cm距離でアゴしゃくれが見れちゃったんでしょ こりゃ参りました~。
サインよりもツーショットが欲しかったね

マッゴーワンもけっこう好きだから観なきゃ。
ぎゃああ! (きらら)
2007-08-03 12:17:05
migちん☆

おもしろい出来事ってなんだろー?ってすごく気になってたから早速ケータイでチェック♪





…ってすごーい!!

タラの舞台挨拶だけでもうらやましーのに、隣で鑑賞してしまうとは!!

さすがmigちんだね~☆

しかし途中で寝ちゃうタラがかわいい☆



映画のとこはあとでPCから読むね~

今リトルチルドレン観てきたの。

面白かった☆
すごーい♪ (ALICE)
2007-08-03 12:44:53
記事読んでて鳥肌が立ってしまったよ。
migさんすごーい!!!
タラのお隣で見るなんて本当にありえねー!

映画も面白かったみたいですね。
感想はあえて観てからにします。

私は難波の二本立て狙ってます。
楽しみだなぁ~♪
タラちゃん (きゃんでぃー)
2007-08-03 13:12:48
いやぁ~~~ん、、migちゃんったら、、タラちゃんと同席しちゃったのぉ~~~~~??
激羨ましすぅ~~~~

、、で タラちゃんのアゴが、、って部分で プッと吹き出して笑っちゃったよ。。あはは。。
そ~だよね~~、、 私も目の前で見たら、、きっとアゴが気になって 目線がそこへ集中しそうあはは。。ウソウソ。

この映画、評価高いね~。 そうっかーー、、タラちゃん好きだったら 気に入っちゃう一本なのね
これは見なくっちゃ!!
この映画のこと知らなかったから、、さっそく旦さんに知らせなくっちゃ~~~~~
貴重な体験! (alice)
2007-08-03 15:25:50
本当に面白い体験したのですね~~
お父様タランティーの好きだったら今回の席を替わってあげたって言うのが結構良い思い出になりますね。

私はやっとハリポタ観てきましたよぉ~~
まだ感想書いてませんが、またアップしますね
こんにちは、タラちゃんです (ふる)
2007-08-03 16:56:16
いやいや~
日本の女性は美しいですね~
しかも私のファンだなんて~
じゃぱんに来てほんとによかったでつ~

そんなわけない

しかし、タラちゃんのアゴってやっぱ長かった?

追伸:しばらくブログから離れる予定なので、また復活したら遊んでね
Unknown (MASA)
2007-08-03 17:14:45
すげ~
そりゃ映画どころじゃない?!
っつかタラ美女二人に囲まれて鑑賞っすか
そっちのが羨ましかったりして
自分の映画で寝てるタラ、、、、ウケた、、、

デスプルーフ、観たいっす♪
コメントありがとうございます (zattchi)
2007-08-03 18:49:12
いつもありがとうございます
すごい!!!!
あの方の隣にいたんですねぇ・・・
いいなぁ
本当に面白い人ですよね
すごく好きになりました
映画も最後「THE END」って出た瞬間、最高でした
はぁ、昨日は楽しかったですね
yue (mig)
2007-08-03 23:47:42
びっくりでしょ~

タラちゃんのあごしゃくれね、リースよりすごいよね(笑)
あ、香水のいい匂いがほのかにしてたよ~

そうだね、サインなんてもらっちゃえば意外といらないもんねー、タラとのツーショットって想像しただけで
なぜか笑える~
きらりん☆ (mig)
2007-08-03 23:50:46
わざわざ携帯からありがとー

見えにくかったでしょ、

そう、寝ちゃうなんてかわいいよね(笑)
でもそのあと起きてバリバリノってて
ちょっと落ち着きなくて音楽に合わせてちょっと足揺れたりしてこどもみたいだったよー

リトルチルドレン、観たのね~♪
upしたら見に行くね
となりって… (やまたく)
2007-08-03 23:53:16
…すごいですね(笑)
ボクも見ましたが、今年見たなかではNO.1!
「クセになりそう!」っていうの、すごーく分かります★
DVDも先行予約しておきたいくらい。

「プラネットテラー」でのタラの役もウケました。
ALICEちゃん☆ (mig)
2007-08-03 23:53:31
鳥肌?!すごい(笑)

二つまとめて観た方が、間にうその予告編とか作ってて
ニコちゃんとか出ちゃってるみたいよ、一瞬だけど。
わたしも同時上映、狙ってまた観たいなー。
ほんとにラストはスカッと壮快

サントラもおすすめよ♪
ALICEちゃんも楽しめるといいなー♪
きゃんでぃーさん☆ (mig)
2007-08-03 23:57:26
きゃんでぃーさんもタラちゃん好きよね♪

だったら楽しめると思うけど、最初の方は相変わらずのぐだぐだ会話が続くので
いくらなんでも長い!って思っちゃうかもだけど
後半(違う女の子たち)がでてくるあたりから面白くなるのでくじけずに観てね

旦さんも楽しめるといいけど、、、、。
わたしはタラの映画好きだからやっぱりすごく楽しめちゃった。
タラちゃんのあご、、、
舞台にいた遠くからでも目立ってたよ(笑)
aliceさん☆ (mig)
2007-08-03 23:59:59
こんばんは♪

ふふ、父もタランティーノ好きで今回の映画も気に入ってたから、ふたりしてそのあとお寿司屋さんで映画の話で盛り上がっちゃった☆
それもいい思いでかも

ハリー観たのね☆レビュー待ってますー
タラふるたん (mig)
2007-08-04 00:02:18
あはは。。。(←笑)

あごは長いというか、しゃくれてたよ~



夏のお仕事ご苦労様、いってらっしゃい♪

MASAさん☆ (mig)
2007-08-04 00:04:48
デスプルーフ、おすすめっす
男の人はとくに楽しめそう♪

いやぁ、ジュリードレイフュス、美しかった~
自分の映画で寝て、おおウケして、、、忙しいタラちゃん、
可愛かった~
zattchiさん☆ (mig)
2007-08-04 00:06:54
こんばんは☆いつもありがとうございます♪
ほんと楽しめましたね~♪

ラスト、さく!とThe END!!カッコイイですよね~
おバカだし(笑)

ほんとタランティーノらしい映画でした☆
やまたくさん☆ (mig)
2007-08-04 00:10:48

やまたくさんも観られてるんですね♪

タラちゃんの隣、ほんとびっくりでしたヨ
やっぱり楽しめました??
意見一致して嬉しいな~
あの面白さはタラならでは、ですよね☆
わたしもDVD早く欲しいなー、
観た直後よりだんだん面白さ蘇ってくるんですよね♪
きっとキャストや音楽もいいからだと思います。
もちろんセリフもね☆


Unknown (マイマイ)
2007-08-04 00:56:31
す、すごすぎますね~!!!
隣でその映画を作った監督が座っちゃうなんて…
私の中では相当ありえない出来事です!!!
でも、一生に残る試写会ですね

映画自体は、たぶん私には合わないだろうと思うんですが、
読んでて笑ったり納得したりする部分たくさんありました(笑)
監督寝ちゃったりとか~(笑)

これはかなり自慢もんですね
Unknown (りお)
2007-08-04 07:34:31
た、タランティーノの隣で鑑賞!?
すごーーーーーーーーーい!!!!!
隣が気になって、映画に集中出来なさそう(笑)
貴重な体験しましたねmigさん!!
Unknown (Baoh)
2007-08-04 09:31:48
すご!一般人にはなかなか出来ない体験ですね~、やっぱりmigさん、セレブつぽい(笑)映画のあとタラにナンパされませんでしたか?あ、隣にお父さまいらっっしゃったら無理か(笑) 

大阪でも2本立てでやりますね!私も見に行く予定です。メアリーエリザベス目当てで(笑)
マイマイさん☆ (mig)
2007-08-04 21:16:54
こんばんは♪
タランティーノの映画はご覧になったことはあるかな?
人を選ぶかもだけど、エンターテイメント性に優れて面白い映画を撮る人なの、もし機会があったら観てみてね☆
コメントありがとう
りおさん☆ (mig)
2007-08-04 21:26:46
うん、いい偶然でした

あのね、タラがいるっていう緊張はなかったんだけど
音楽にノって揺れたり、寝たり、はりきって皆の様子みたり、
落ち着かないのが気になったよぉー(笑)
でもこどもみたいでカワイイ
タラちゃん、ますます好きになっちゃった♪
baohさん☆ (mig)
2007-08-04 21:30:30
一般人だよ(笑)
わたしよりも、お隣にハリウッドの美しき本物のセレブが座ってるんだもん、すごく仲良さそうだった☆
baohさんに観てもらうため、メアリーちゃんの画像探したよ♪
可愛かったからきっとbaohさん満足しますわ
感想がタノシミ~♪(最初の方、つまらん!って言いそう
生タラが隣、、、、!!? (NANA☆)
2007-08-05 20:32:42
migさんー!すっごいですね

ヒルズの劇場広いでしょうに、とととなりですか!
私だったら映画に集中出来ないかもです、
以前もティムバートンと写真撮ってらしたし、ユマサーマンとか、、、映画祭とか、、、
羨ましいです 海外の映画祭、私もいつか行ってみたいな。
新作、評価高いですね!観たい~
NANA☆さん (mig)
2007-08-06 08:47:44
こちらにもありがとう♪

隣で観るなんてちょっとめったに出来ないですよね
今年もトロント映画祭行くので、またレポしたいと思ってるので
お楽しみに、、、♪
NANA☆さんもこの映画楽しめるといいな
えええーーーっ!!! (隣の評論家)
2007-08-07 20:55:54
migさん、ご無沙汰しております。
TB&コメントありがとうございました。
この中に何人か映画ブロガーがいるんだろうとは思ってたんですけど。まさか、タラ氏の隣にmigさんがいたとは!!!!!
タラ氏の方を何度も振り向いていた私なので、間違いなく無意識にmigさんも視界に入っていたのではないかと思いますー

そう言えば、私『プラネットテラー』の試写会にも当選しちゃいました!こっちはジャパンプレミアではありませんけど、とっても楽しみです。
こんなところで運を使い果たしてしまうのかー
というマイナス思考ではなくて、またジャンジャン応募してみたいと思っています
タラちゃんの隣 (ムラ☆Yoshi)
2007-08-07 23:27:00
mig姉さん、お元気でなによりです。

普段の努力と偶然が重なり凄い出来事が発生だね、さすが!

あの生アゴを間近で観れたなんて
カナリ面白い体験でしたね。
どうせならアゴだけ写真でも良かったかもね(w

この映画も気になるね~、ダラダラのトークは英語じゃ全ては聞き取れないだろうなぁ、でもいっちょ観てみようかな~。
最近はスイスの田舎にいるので映画館無いし、あってもドイツ語吹き替えなので全然映画を観れてないんだよね~~悲しい。
隣の評論家さん☆ (mig)
2007-08-08 11:04:14
こんにちは☆

評論家さんもいたとは!
ぜひお会いしてみたかったです^^
タラちゃんは落ちつかなくて、周りが楽しんでるか気にしたり、ちょこっと寝たり、音楽にノリノリで足動かしたり
面白かったですよー(笑)

プラネットテラー、わたしもたぶん行くので同じ会場かな??
もし見かけたら声かけてね
タラ、ヘンな役で出てるのよね♪楽しみ♪
ムラへ☆ (mig)
2007-08-08 11:07:09
久しぶり~!!
タラの隣になっちゃったよー
ちょっとー!アゴの写真なんていらないよ!(笑)
タラ映画好きのムラ(好きだよね?)にも是非観て欲しいなーと
思ってたけど
今スイスそれは映画大変だね~
観れたら観てね!
まだまだ色んな国廻ってるのかな?
スイス、いいなー行ってみたい国だよ
体に気をつけてね
こんばんわ (睦月)
2007-08-09 01:32:22
TB&コメントありがとうございました。

すっごい盛り上がりですね。さすがです。

やっぱりあの場にmigさんいらっしゃんたんですね(笑)。でも、まさかタランティーノの隣に座っていたあのラッキーな人々がmigさんだったなんて・・・全然気づかなかった。視力が悪くて(泣)。

握手とか求めてました?あれ?違う人かな?

私は指くわえて、その様子を見てました(哀)。
うらやましいなあ♪

この作品は4つ★にするか3つ★にするかでかなり悩みました。最後のスパートの爽快感だけでもう満点くらいの勢いがありましたが・・・やっぱり心を鬼にして3つ!

あの意味のないダベりに飽き飽きしちゃう人が多いだろうなあって思ったので(苦笑)。

睦月さん★ (mig)
2007-08-09 23:33:09
こんばんはー★

睦月さんはどのあたりにいたのかなー?
視力悪いのね、、、
握手とかは前の席の人がタラが席に着くなりもとめてて、
わたしも映画始まる前に握手してもらいましたよ
わたしはおすすめ度じゃなくて自分が楽しめたか度、で決めるので
心を鬼にしないの(笑)
思った感情+好きかどうかで☆の数決めちゃう♪
またきっと試写でニアミスすると思うから、その時はまたお喋りしましょうね★
声かけてねー
いいね。 (とく)
2007-08-13 22:15:49
いや、いや、フリートークが、長い長い。「バニシングポイント」やら、「プリティインピンク」あたりの所は面白かったけど。こちらの試写場もラストは大爆笑に拍手喝采でした。とくは、笑ってました。明日はロドリゲスの方観て来ます。
とくさん☆ (mig)
2007-08-13 23:47:42
試写行かれたんですね~♪
そう、途中の会話も楽しめればいいけど
普通の人(タラみたいにオタクじゃないと)
なかなか楽しむのはコアな人ですよね!
ラストのマンガみたいなオチ、大好きです♪
あ、わたしもデスプルーフ、試写観ますよ
間違い、、、 (mig)
2007-08-13 23:48:31
デスプルーフではなく、プラネットテラーです☆楽しみ♪
こんばんわ~ (ななな)
2007-08-30 20:46:38
migさん♪
こっちも超楽しかったですー
ホント前半どうなるかすごく心配で、このままだったら寝ちゃうよって思ってたから。
でももう最後はテンション上がっちゃってニヤニヤしっぱなしだったよー!

にしてもスゴイ体験!migさんタラの寝顔も見たってことね(笑
タラでも客席を気にしたりするんですね。なんか我が道を行く!って感じだから、そんなイメージが何となくないのです。
そしてやっぱりタラのアゴはしゃくれてたのね(笑
なななちゃん☆ (mig)
2007-08-30 23:12:18
こんばんは☆
やっぱり最初の方はヤバい?て思っちゃったかな?
会話がどうでもよくなっちゃうとねー。
でも最後はもうガンガンいっちゃうよね
あはは!寝顔まではさすがに、上映中だから顔まじまじみれなかったけど視界に入ってたの、寝てるーって。(あごがみえてた、、、なんてね
イヤイヤ、かなーり観客の様子気にしてたよーすごかったもん。
皆最後は拍手喝采で満足して帰ったよー
面白かったね♪ (ALICE)
2007-08-31 15:31:11
こんにちは☆

migさんはこっちのが☆1個多いね。
私も両方面白かったんだけど
初めに見たロドリゲス映画の方がインパクト
強かったかなぁ。別々に観たらまた違ったかな?

ガールズトークに絶妙のキャラ、そして
考えられないストーリー展開!
音楽から何からすごく良かったですね。

早くDVD発売にならないかなぁ~
ALICEちん☆ (mig)
2007-08-31 23:37:24
こんばんは♪

そうだね~、わたし、ロドリゲスも大好きだし今回のも面白かったけど、音楽&キャストが気に入ったので若干やっぱりタラの勝ちかな☆
ラストの爽快感、スパっと終わるところがまた素敵☆
ほんと早くDVDで何度も観たいなー!
東京の二本立ても毎回最初と最後の回は満席だったみたい!
すごいなー さすが☆
楽しかった! (きらら)
2007-09-01 20:22:47
migちゃんとかその他みなさんが「面白かったー」って言っていても
私はどうかなーなんて思っていたの。でもすっごく面白かったよ

ダラダラトークもタラならでは!って感じで、そこそこ楽しかった
一部記憶飛んじゃったけど
そしてあのカーチェイス!
女性が強いってのもカッコイイよねー♪ホントすごかった!
私も一発殴ってみたかったな♪

これ、タラもいる試写なら観終わったあとすごかったんだろうねー。イイナ
こんばんは☆ (ゆかりん)
2007-09-01 22:23:07
やっと観てきましたよ~♪
女の子たちの会話が長くてちょっと退屈気味だったんですが、途中からテンション上がってきました。
カーアクションはもう最高でした~。
特にゾーイ・ベルの身体張った演技は素晴らしかったですね。確かに老けて見えるケド(笑)

タランティーノのお隣で観てたmigさんすごい!!
隣が気になって仕方なかったでしょ。
きらりん☆ (mig)
2007-09-01 22:43:53
わたしもきらりんが今日観るって聞いて、
ダイジョウブかなー?ってちょっとシンパイだったの
でも楽しめたみたいで良かったー☆
やっぱり途中は眠くなったかー(笑)
やっぱりね、キャストがいいよね、タラの映画はいつもそう思っちゃう。
レントの二人組も、ゾーイ(スタントマン)もかなりハマってたし♪
ロドリゲス版も、ブルース様とかLOSTのサイードとか出てるし
タラはアヤしいエロオヤジだし、きらりんゼッタイ
そっちの方が楽しめるはず
観てね!(しつこい)
ゆかりんちゃん☆ (mig)
2007-09-01 22:47:05
最近観てる作品がかぶらないね~(笑)
やっぱり皆途中がタイクツになっちゃうのねー
でもちゃんとラスト(後半)で巻き返しちゃう、
あの引力すごいよね☆
もうね、気になるのは後半の盛り上りで身をのりだしてきたこと!
音楽にあわせて足、ノリノリでリズムとったり寝たり、、、
やっぱり落ち着かないひとだったわ(笑)
Unknown (あざみん)
2007-09-02 12:17:18
migさん、こんにちは~♪
昨日ようやく観てきました~!
前半の女の子たちのおしゃべりにはウンザリで少々退屈でしたけど
後半のカーチェイスとかでは画面を食い入るように見つめて
しまいました!!とても楽しかったです~♪
22日公開のプラネット・テラーも指をくわえて待ってます(笑)

それにしてもmigさん凄い体験をしたのですね~。
監督が隣だなんて!貴重ですね~♪
ダラダラ会話は我慢・・ (メビウス)
2007-09-02 14:03:47
migさんこんにちは♪

テキサス州編とテネシー州編ともにある女性のダラダラな会話は自分もあまり共感できる部分がなくてあくび数回、眠気を誘発されそうだったんですけど、それを作ったタランティーノ本人が寝てるっていうのが笑ってしまいました♪

でもあの病院にいたカウボーイ親子って『キルビル』にも出ていたんですね。どの場面で出ていたのかすっぽり記憶から抜け落ちてました(^^;)
見ました! (kazupon)
2007-09-02 17:40:29
migさん
こういうエクスプロイテーション映画、昔から
興味大アリで、予告編集のビデオとかよく
見てたもんで(苦笑)もう最高でしたよ!
それにしてもそのタランティーノが横で、
なんて素敵な運をお持ちなんでしょうか。^^
しかもジュリードレフィスも!彼女はしばらく
日本にいた経歴だったと思うので、同行してもら
ったんじゃないのかな?
完全版上映のことを全然知らなくて、今更
見逃したことを後悔しまくっております!
そんなに混んでなかったけど、ラスト大爆笑
起こってましたよ。タラちゃんさすが!
あざみんさん☆ (mig)
2007-09-02 22:29:45
こんばんは♪
そうかぁー、やっぱりガーズルたちのダラダラトーク、うんざりしちゃいました?
わたしもダイジョウブかぁ?今回?!
って最初ちょっと不安になったけど(タラ寝てるしー 笑!)
でもやっぱりタラ映画です♪
あれでは終わらせない!
ロドリゲスのも面白いので(たぶんこっちの方が万人ウケするはず)
なのであざみんさんの感想、待ってまーす
メビウスさん☆ (mig)
2007-09-02 22:34:14
こんばんはー♪
そうなの!  でもきっと疲れてるんだろうなーって
ひじでゆすり起せば良かったじゃん、ナンテ言われたけど
(笑)
でもすぐ起きてノリノリになったりして。
カウボーイの親子、
キルビルではユマが花嫁姿で撃たれたあとエルパソの教会に車に乗ってやってきて、ユマにツバ吹きかけられてました
Unknown (へー太)
2007-09-02 22:35:46
タランティーノ映画好きのmigさんがはじめは 「もしかしたらこれ☆4くらいかも」というあたりまでは事前に読んでいたので、もしかしたら自分はそのまま終わるかもしれないと恐る恐る見に行ったんですけど、かなり楽しめました。

二本立て上映の時に観ておけばよかった・・・

サントラはいいですよねー。今聞き込み始めてます。聞きながら映画のこと思い出して、どんどん美化されてる感じがします。時の経過とともに、つまらなかった部分が記憶から無くなって面白かったー、と思えてきますね。
待ってました! (mig)
2007-09-02 22:39:01
kazuopnさん☆

間違いなくkazuponさんは絶賛だろうと思ってました♪
でも評判いいですよねー
最初のダラダラトークは評判よくないけど(笑)
ちょっとない体験でした{/kirakira/
そうそう、ジュリー嬢、日本にいましたよね~
今タラちゃんとつき合ってるウワサがあるの、
ほんとかも。
すごく仲良さそうで見つめ合って笑ったりしてました

ずーっと完全版で二本立てで上映すればいいのにー☆
でも回転悪くて元とれないんでしょうね、、、仕方ないか。。。。
DVD買ったら、ウチで連蔵上映したいな♪
ヘー太さん☆ (mig)
2007-09-02 22:58:18
おおー、最近映画観てないみたいだし
これ観られるとは!
しかも楽しめたみたいでうれしいな

そうそう!ほんとそうなのですよ~。
おっしゃるとおり☆
音楽聴いてると、だんだん相乗効果でっどっちもよくなってくるの、
不思議よね~^^

ロドリゲスの方も是非♪
きっとヘー太さんなら楽しめます
TBありがとう (umikarahajimaru)
2007-09-03 02:13:40
コンバンハ
ワタシハタランティーノデス
アノトキノトナリノキレイナカタガmigサンデシタカ
ワタシハイネムリシタノヲミラレテトテモハズカシーデス……

というのはまあ冗談ですが、TBありがとうございました。
ゾーイ・ベルは、スタントではなく、女優としての主演映画も決まったみたいですね。
日本に来れば、絶対、大注目されたのに……、なんて私は考えますが、どうでしょうか。
今回の『デス・プルーフ』は、最終的にはとても面白かったんですが、残念ながらタランティーノ・ファン以上の広がりは得られていないって感じがしますね。なんだか、盛り上がってるっていう感触はあんまり感じられていないんですよね~。
ちなみに、タランティーノがジャパン・プレミアを客席で一緒に観たことについて、今配布されてる「R25」で、タランティーノが少ししゃべってますよ。見ましたか?
生タラの隣?!凄~い!! (あん)
2007-09-03 13:22:07
タランティーノ、美女4人に囲まれて嬉しそうですね。
ゾーイさんて、ドレスアップすると意外と綺麗なのね~。
タランティーノさんの隣なんて凄いです。でもって、その様子も面白い~。
あっ↑の『R25』で『今回東京でもファンのみんなと観たんだけど、マイクがケガをした場所にウィスキーをかけて”AHHHH”って叫んでいるシーンで決壊(笑)みんなAHAHA!!って大爆笑さ』と言ってましたけど、ホントにそこで決壊しました?(笑)

あの~『R25』を読んでたら、タランティーノをまた取りあげたくて...。
そのエントリーで、migさんのここの記事ご紹介させて頂いてもよろしいでしょうか?
突然のお願いですみません。よろしくお願いします。
umikarahajimaruさん☆ (mig)
2007-09-03 22:57:20
あははノリがいいですね~☆

umikarahajimaruさんの情報量、すごいなーほんと。
感心しちゃう。
ゾーイベル、主演映画はどうなんでしょうね。
女優としての魅力あるかと聞かれたら、、、、?です
今回はよかったですけどね
R25ってあのフリーペーパーですよね?
もらったことないんですよねー、
見たかったな

コメントいつもありがとうございますー


あんさん☆ (mig)
2007-09-03 23:00:43
こんばんは♪
あんさんの記事も面白かったですー☆
タラちゃん似てるけど美少年すぎ!(爆)

今日も三池監督作でタラみてきましたよ
あー、そうかも、確かにあのあたりで笑いが起こり始めたかな?
(笑)
前半はぜんぜんで、タラひとりで笑ってたのが逆にウケちゃった。
タラ大好きなので、ぜひまた取り上げて下さい~
もちろん、わたしのこんな記事でよければどうにでもしてくださーい
2本立て (たいむ)
2007-09-04 18:50:05
こんにちは。
2本立て懐かしいですよね。しかも、エンドレスが昔は当たり前だったのにねぇ。

さすがはB級、されどB級。やはり何かが違いますね。1本立てでも満足でした。

こんにちは♪ (ミチ)
2007-09-04 20:21:37
全然見る気なかったんですけど(オイ!)、せっかく映画の日で1000円で見れるし~と思って見に行ったら大正解!
グダグダの会話が一転してスピード感溢れる展開になって、その緩急のつけ方が前半後半で二度楽しめて上手いな~って思いました。
すっかりゾーイのファンになっちゃった☆
たいむさん☆ (mig)
2007-09-04 20:29:12
二本立てはむかーし観たことあるけど、
あちらのB級二本立てとは違いますよね~
わたしも大満足です☆
タラちゃんならでは♪ロドリゲスのも面白いですよ♪
コメントいつもありがとうございます
ミチさん☆ (mig)
2007-09-04 20:31:11
こんばんは♪
ゾーイのファンになったとは!すごい
カラーになるあたりからグッと加速していきましたね。
ミチさんの評価低くなくてなんだかうれしい
こんばんは! (由香)
2007-09-05 20:59:12
migさん、スゴイ!!
タランティーノが隣で観ていたなんて!!
しかも自分の映画で寝るなんて(笑)、お疲れだったんでしょうね。
私はタランティーノの映画をあまり観たことはないのですが、なかなか楽しめました♪
特に最後の終り方が好きだったわ。唐突で・・・思わず吹き出しちゃった!
由香さん☆ (mig)
2007-09-05 23:01:29
こんはんは♪
笑えるでしょう?
すごく偶然でした☆
すぐ起きたけど、よっぽど疲れてるんだぁーって思いましたよ
でも自分の映画で寝るな!ってかんじですよね(笑)
これを機に由香さん、もっとタラの映画観て下さいー
凄い! (キング)
2007-09-06 01:02:41
タラと一緒に鑑賞(!)
映画以上にそちらの方が気になってしまったでしょうね。

でも個人的にはタラよりロドリゲスの「プラネット・テラー」方が好きだけど、この2本は今年のベスト候補ですね
キングさん☆ (mig)
2007-09-06 23:25:39
こんばんは♪
そうですねー、じっっとしてないで落ち着きないから
ちょっと目障りーって思っちゃいましたよ(笑)
でも面白かったですー。
あ、わたしもあっちも好きです
わたしも両方ベストはいりそうです☆
コメントTBありがとうございますー。
あとでお邪魔します♪
エエ人 (aq99)
2007-09-07 19:09:19
タラ横で見れるなんて、スゴイですね~。
で、ちゃんと反応見たいから一緒に見るってこれもスゴイ!!
舞台挨拶あっても、すぐ帰る人、多いでしょ。
よっぽど、自分の映画が好きな人なんやね~。
ちょっと、エエ話やわ~。
すごいー! (とらねこ)
2007-09-08 06:07:08
すごいですね~!そんなことがあったなんて!
いやービックリしちゃいました。
ちょっとない経験ですよねー!
でも、「タラの長いアゴが・・」とか、ナニゲにmigさん面白~い!きゃははっ★
aq99さん☆ (mig)
2007-09-08 08:57:23
そうなんですよ~、タラいい人です
キルビルの時に本物みたけど、あの時はユマに夢中で、、、、
今回は貴重な体験で面白かったです
そうなの、ほんと自分の映画気に入ってるっていう感じ。
監督によっては満足いかないって人も多いけど、
タラちゃんて毎回満足してる感じですよね(笑)
とらねこさん☆ (mig)
2007-09-08 09:00:42
おひさしぶりとらねこさんコメントありがとう
そうなのですよ~。
もう2度とないでしょうね(笑)
でも気が散っちゃってねー 
アゴが視界にはいってくるしー(爆)
こんばんは! (パピのママ)
2007-09-10 22:53:16
凄~い!!、やっぱりmigさんてついてるね。
監督の隣に座るなんて、びっくり!!
タランティーノ監督もお客さんの反応が気になるんだね。
でもお疲れで寝ているなんて、migさん映画楽しめました?・・・
最初はつまらなかったですが、後半盛り上がって最後はカートが可哀そうになりました(笑)
パピのままさん☆ (mig)
2007-09-11 09:47:57
こんにちはー

そうなんですよ、結構そういう偶然の運は強いみたい
わたしはそんな中でもばっちりたのしんじゃいましたよー
皆やっぱり最初は退屈になっちゃうみたい。
タラちゃん同伴? (ボー)
2007-09-16 06:40:25
とは、すごい!
私も、そんな目にあいたいものです。あ、タラちゃんでなくて女優さんと。

映画はもう、グラインドハウス風を狙ってるわけなので、B級っぽくて正解なのでしょう。
いろんな女の子を見られる楽しみもあった映画でした!
Unknown (アガサ)
2007-09-16 14:01:51
こんにちは。

ホント、migさんすごーい!!
一度でいいから、そんな体験してみたい・・・(出来ればデヴィッド・ウェンハムの隣で←ファンなんです)
あのDJギャルが、シドニー・ポワチエの娘と知ってビックリしました!
お父さん・・・いいんですか・・・こんなんで?
お尻・お尻・脚・お尻・と、フェチ全開で笑ってしまいた♪
すごっ (kenko)
2007-09-17 19:28:33
タランティーノの隣り観たなんてスゴすぎッ
これは孫の代まで語り継げますねぇ~

グラインドハウスとか全然知らなかったんですが
ガールズトークをタルいとすら思わず楽しめちゃいました~
ボコられるカートラッセルに爆笑
早くプラネットテラーが観たいです
ボーさん☆ (mig)
2007-09-21 01:21:39
タラちゃんでなくて女優さんと (笑)

作った本人とというのがポイントです一応(笑)
コメントありがとうございます☆
帰国したてでお返事遅れちゃいました、またあそびにいきますね☆
アガサさん☆ (mig)
2007-09-21 01:23:56
コメント、旅行で不在中にありがとうございました☆
シドニーポワチェのムスメ、今後も出てくるのでしょうか??
なかなか可愛いですよね☆
タラの趣味全開なのに、ちゃんと一般人も楽しめる不思議な映画でした☆
kenekoさん☆ (mig)
2007-09-21 01:26:06
孫の代までに笑いました☆
おおー、ガールズトークも楽しめたんですね
プラネットテラーはどうでしたかぁ??

わたしはどっちも好きです
Unknown (りお)
2007-09-21 03:51:51
どうしようかと思っていたんですが、チケットを貰ったので観てきちゃいました。
意外に楽しめましたねー
割り切っていたからかな?(そうでないと、なんだこりゃで終わりそうな気もする…)

タランティーノ本人が寝ちゃったなら、観客のわたしたちがうとうとしても許されるよね!?(笑)
りおさん☆ (mig)
2007-09-22 23:05:30
タラはいちばんつまらないところで寝てたかも、、、、
カラーになってからが急に面白くなったカンジだったなー。
ま、よくも悪くもB級だからネ
わお!タランティーノと・・・。 (mezzotint)
2008-01-09 01:33:02
migさん
TB・コメントありがとうございます
いいじゃないですか。タランティーノと同席なんて羨ましいなUSAバージョンもいいけど・・・。
生タラちゃんと一緒なんて最高ですね。
USAバージョン、最高でした。カットされていても、違和感感じないし、それ以上に2作品ともなかなか
です。フェイクのせいかな?
DVD、楽しみですね。
mezzotintさん☆ (mig)
2008-01-09 22:44:08
こんばんは♪

こちらこそ、いつもありがとです

生タラは去年一番の思い出ですね~
年末にはすっかり忘れかけてたけど、、、、

DVDはもうほんと楽しみ♪またこういう企画やってほしいですね☆
すご~い! (ひめ)
2008-09-01 21:34:23
生タラちゃんの隣!
ちょっとドキドキしちゃいますよね~(笑)

そして、映画はほんと遊び心たっぷりで楽しかったです。
タランティーノ監督って足フェチなのかな~~。
ひめちゃん☆ (mig)
2008-09-02 00:57:43
すごい偶然でしょ?

もう1年たったんだ~

ドキドキッてより笑っちゃった~

そうなの!タラちゃんは足フェチで有名だよ!(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

82 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「デス・プルーフ in グラインドハウス」試写会 (ミチミチ)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 監督・脚本・撮影 クエンティン・タランティーノ CAST カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル・・・story スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセ...
クエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino 俳優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),27 March 1963,Knoxville, Tennessee, USAスキヤキ・ウエスタン ジャンゴ Sukiyaki Western Django (2007) デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (2007) プラネット・テラー in グラインドハウス Grindhouse (2007) ホス...
ロザリオ・ドーソン Rosario Dawson 女優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),9 May 1979,New York, New York, USAPoor Things (2008) Sin City 2 (2008) Zack and Miri Make a Porno (2008) Killshot (2007) デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (2007) Descent (2007) プラネット・テラー in グラ...
カート・ラッセル Kurt Russell 俳優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),17 March 1951,Springfield, Massachusetts, USA 本名 Kurt von Vogel Russellデス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (2007) プラネット・テラー in グラインドハウス Grindhouse (2007) ポセイドン Poseidon (2006) 夢駆け...
ローズ・マッゴーワン Rose McGowan 女優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),5 September 1973,Florence, Italyデス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (2007) Black Oasis (2009) プラネット・テラー in グラインドハウス Grindhouse (2007) ブラック・ダリア The Black Dahlia (2006) チャームド~...
マーリー・シェルトン Marley Shelton 女優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),12 April 1974,Los Angeles, California, USAOur Lady of Victory (2007) The Fifth Patient (2007) デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof (2007) プラネット・テラー in グラインドハウス Grindhouse (2007) The Last K...
感想/デス・プルーフ in グラインドハウス(試写) (APRIL FOOLS)
キレまくりのスリル&スピード! 『デス・プルーフ in グラインドハウス』9月1日キラーチェーン公開。テキサスに集まったガールズたちはバーで夜遊び。そこに現れた顔に傷のある中年男スタントマン・マイク。なにげない会話で彼女たちに近づき、家へと送る車中でこの男が...
デス・プルーフ in グラインドハウス  (naguCo.com)
ジャパンプレミアに行って来た!! 生タランティーノにも逢ったよ~~{/heartss_pink/} キュートなオタク少年が良い大人に成長しました。 みたいな感じ。 舞台挨拶後はなんと客席でみんなと一緒にご鑑賞{/hikari_pink/} オイラの1ブロック隣の同じ位置にお座りでした...
映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」に関するトラックバックを募集しています。
デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画通の部屋)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」GRINDHOUSE/ DEATH P
「デス・プルーフ in グラインドハウス」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「デス・プルーフ in グラインドハウス」 監督:クエンティン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ、トレイシー・トムズ、ローズ・マッゴーワン、ジョーダン・ラッド、...
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (セガール気分で逢いましょう)
遂にタランティーノの新作がベールを脱ぐ。 作品ごとに既存の映画の枠組みを破壊する
「デス・プルーフinグラインドハウス」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カート・ラッセル)前半は みなさん書かれてますが 退屈・...
グラインドハウス (八ちゃんの日常空間)
やっぱ個人的にはタランティーノの方が自分にはあってるなぁ~。
映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年60本目の劇場鑑賞です。「グラインドハウス」の“U.S.A.バージョン”を観ました。「キル・ビル 」「キル・ビル Vol.2」のクエンティン・タランティーノ監督作品。元スタントマンが、愛車を凶器にセクシー美女たちを次々に血祭りに上げるさまと、そんな恐怖の殺人鬼....
デス・プルーフ in  グラインドハウス (映画を観たよ)
さぁ、もう1本♪
デス・プルーフ in グラインドハウス (Alice in Wonderland)
今年70本目の映画です。それが二本立ての二本目が記念すべき70本目になって少し嬉しい感じもします。今年も100本以上は映画を観ることが出来そうですね。 テキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そ...
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (試写会帰りに)
グラマラスで露出過多な女の子達勢揃いの、お色気B級ホラー映画かと思いきや、後半、タフ過ぎる女の子達 VS 殺人鬼のCGなしのガチンコバトルに思わずのけぞります。ラストは痛快、拍手喝采!! 「これはガールズムービーだったんだ!」と終わった瞬間に気づきました(^○^) ...
映画~デス・プルーフ in グラインドハウス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ドレスコードはスリルとスピード60~70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画「グラインドハウス」。そのタランティーノバージョンにあた...
デス・プルーフinグラインドハウス (映画鑑賞★日記・・・)
【Quentin Tarantino's Death Proof】公開2007/09/01(09/01鑑賞)製作国:アメリカ R-15監督・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ製作:クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シ...
「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。 {/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。 {/hiy...
デス・プルーフ in グラインドハウス (2007) 113分 (極私的映画論+α)
 Quentin Tarantino\\\'s Death Proof ややこしいタイトルだから「デス・プルーフ」だけでいいと思います(笑)
デス・プルーフ in グラインドハウス (お気楽に映画で極楽)
今日は1000円で映画が観れる日!六本木で観て来ました♪ネットで席予約って便利な世の中ですな~。かなりの人でした。昔っぽさを出すための映像演出は逆に新鮮でした。でも携帯使ってたり、お店に並んでる雑誌が最近のものだ
デス・プルーフ in グラインドハウス (C'est Joli)
デス・プルーフ in グラインドハウス’07:米 ◆監督・脚本:クエンティン・タランティーノ「キル・ビル」シリーズ◆出演:カート・ラッセル 、 ゾーイ・ベル 、 ロザリオ・ドーソン 、 ヴァネッサ・フェルリト 、 シドニー・...
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の日。「タランティーノだから観て置こうか...」これだけで十分、映画を観る気にさせてくれるのです。今日もポップコーンを楽しみに劇場へ...。
デス・プルーフinグラインドハウス (B級パラダイス)
これまた待ってましたの作品です。一週前くらいに六本木の映画館でUSAバージョンのを上映してたんでしたっけ?とりあえず私は完全版まで我慢しました(笑)
デス・プルーフ in グラインドハウス (It's a Wonderful Life)
今年の公開ラインナップの中でもひときわ楽しみに していた作品。 タランティーノは勿論、ロバート・ロドリゲス作品も大好き! に加えて今回は「グラインドハウス」の再現だとか。 タランティーノ編を早速観てきました。 いや~フィルムや音のブチ切れ具合とか、...
デス・プルーフ in グラインドハウス(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ヴァネッサ・フェルリト/
デス・プルーフ in グラインドハウス(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ヴァネッサ・フェルリト/
悪漢の諦観 「KILL BILL Vol.2」 (品格のない社怪学好きによる「あることないこと」雑記帳)
VOL.1 とは一転。 1のような荒唐無稽・奇想天外な侍+カンフーアクションの派手さは無いが、冷酷非道非情な悪党どもの激情を静かに、しかし激しく描いていて、ずしりと哀愁漂う・・・。 殺し屋ザ・ブライド(ウマ・サーマン)の復讐の標的は、ついに、かつてのボスであ...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (てんびんthe LIFE)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 面白いかつまらないか、賛否両論のタラちゃん作品。実際自分の目でみてこないと解らないと思ったので映画の日の初回鑑賞です。だいたいタラ作品ってストーリーを追うものじゃないから、そ...
B級の極み 「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (平気の平左)
評価:75点
度肝を抜かれました! ゾーイ・ベル in 『デス・プルーフ』 (海から始まる!?)
 クエンティン・タランティーノの最高傑作と評判も高い『デス・プルーフ』。  タランティーノ自身が、「あのガールズ・トークがリチャード・リンクレーターみたいでどうも……」と語っていますが(自分で書いたくせに)、やっぱりあそこが全然面白いと思えなくて(『バニ...
デス・プルーフ in グラインドハウス [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★☆☆ http://www.grindhousemovie.j
デス・プルーフ in グラインドハウス (生まれてから今まで観てきた映画全部)
さてぶっ続けで幕間の予告が始まります(何だかわけの分からない食べ物のCMも入ります)。うろ覚えですがナチ収容所の狼女みたいな映画、これはたぶんイルザや女体拷問人グレタのパロディでしょう。何をやってもいけないと
デス・プルーフinグラインドハウス (描きたいアレコレ・やや甘口)
クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観た~! ”グラインドハウス”とは60~70年代のアメリカに沢山あった低予算のB級映画を2~3本立てで上映する映画館のこと。 はじめは、ロドリ
デス・プルーフ in グラインドハウス (龍眼日記 Longan Diary)
初めて知ったのだが60~70年代に隆盛を極めたB級低予算映画を 2~3本立てで上映する劇場をグラインドハウスというそうだ。 タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んでこれを再現した作品が 「グラインドハウス」。 そのタランティーノのパートが「デス...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」みた。 (たいむのひとりごと)
「エログロ下品、でも・・」に期待?が持てるお話を頂き、”考え中”を返上して早速鑑賞に出かけた。タランティーノ監督の来日時に、ゲスト出演された番組での内容紹介で興味は持っていたから、この決断は素早かっ
映画 【デス・プルーフ in グラインドハウス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デス・プルーフ in グラインドハウス」 クエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。 ちなみに“グラインドハウス”とは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上...
デス・プルーフ inグラインド・ハウス (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:クエンテイン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル(スタントマン・マイク)    ゾーイ・ベル(ゾーイ・ベル)    ロザリオ・ドーソン(アバナシー)    ヴァネッサ・フェルリト(アーリーン)     昔の・・・B級映画好...
デス・プルーフinグラインドハウス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイク...
映画「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 1日、映画の日と言うことでTOHO CINEMAS川崎、スクリーン5にて「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞した。 客入りは6~7割くらいで映画の日で初日なのに、ちと寂しい状況。男女比率は圧倒的に男が多く9:1くらいに感じた。 映画の話スゴ腕...
「グラインドハウス <USAバージョン>」(2007年 米 191分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス 出演 ローズ・マッゴーワン     カート・ラッセル     クエンティン・タランティーノ かねてから話題になっていたタランティーノ&ロドリゲスによる作品。 アメリカでB級映画を2~3本立て上映...
「デス・プルーフ」  Death Proof (俺の明日はどっちだ)
本編が始まる前に上映されたロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』の予告編がまるで『シン・シティ』テイストたっぷりで、とてもワクワクさせられただけに、無意味にガールズトークが延々と続く前半はどうなるかと思ったけれど、ジョン・カー...
「デス・プルーフ inグラインドハウス」 やきにくのたむら (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
会話の妙味が魅力のタランティーノですが、今回の娘っ子たちのトークに琴線は触れまへんでしたわ。 やっぱりオタ会話でないと・・・。 脚フェチやないし・・・。 デコっぱちに磨きがかかって、いつのまにか、たむらけんじに似てたオーナー:タランティーノ(たぶんふんど...
#122.グラインドハウス その2『デス・プルーフ』 (レザボアCATs)
『グラインドハウス その1『プラネット・テラー』』に引き続き、USAバージョンのレビューです。上の『プラネット・テラー』との合間に予告編を挟んで、いよいよ、タランティーノ監督の方が始まったのでした~。
デス・プルーフinグラインドハウス「耐死仕様」 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 70年代の頃に映画館で観たようなレトロっぽい雰囲気を敢えてフィルムのキズやリールのコマ飛びなど
デス・プルーフinグラインドハウス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
究極のスリルと最強のヒロイン。スッキリ爽快なガールズ・スラッシュ・ムービー誕生! その車が走り出す瞬間、男の欲望は燃えさかり、女の本能は剥き出しになる! 1作目:夕暮れのテキサス。オースティンのラジオ局の人気DJジャングル・ジュリアは、親友のシャナ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (そーれりぽーと)
何かとつるんでやるのが好きなクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二人が、今度はあえてB級カルト映画をそれぞれ1本ずつ撮った企画“グラインドハウス”。 今回は、先に上映されたタランティーノ監督作『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観てき...
「デスプルーフinグラインドハウス」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
力は抜けてるけど、細かいところに気は抜かない。(たぶん)実は、とても恥づかしい話ながら、Q.タランティーノ作品。初めて観ました。作風は結構好みに近いはずなのですが、なぜかこれまで縁がなかったんですよね。本作は、敢えて粗い映像や音声に編集することで、場末の...
デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。 (My Favorite Things)
スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。
映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』★★★★☆ (てっしーblog)
(大ネタバレ注意)  70年代のB級アクション映画に大オマージュを捧げたカーアクション映画。やってくれたねぇ、タランティーノ!  タランティーノ監督と私は同世代。私は彼のような超映画オタクではないけれど、同じような映画を見て育ったせいか、映画の嗜好はよ...
[映画] 『デス・プルーフinグラインドハウス』 - 美女と血と笑い (First Penguin : ファースト・ペンギン)
代表シリーズ『Kill Bill(キル・ビル)』で知られるクエンティン・タランティーノ監督が友人ロバート・ロドリゲス監督とタッグを組み、「Grindhouse(グラインドハウス)」映画を再現した。「グラインドハウス映画」は、六十年代から七十年代のアメリカで盛んだったイン...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (或る日の出来事)
グラインドハウスとは? アメリカで1960年代から70年代にかけて、暴力・エロス・ホラーなどにあふれた低予算のB級作品を、2~3本立てで上映していた映画館の総称なのだとか。 クエンティン・タランティーノ監督(以下、
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (すきなものだけでいいです)
希薄な“女の友情”の被害者が、また一人・・・。 よろしかったら、とりあえずここらで一押し・・・! ← ← 念願叶って参上した劇場のカウンター。 「デス・プルーフ一枚。」 と、店員さんに威勢良く声を掛けると、
デス・プルーフinグラインドハウス (C note)
グラインドハウスって?アメリカで上映された完全版を、アメリカ以外の国ではバラバ
★「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (ひらりん的映画ブログ)
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
デス・プルーフ in グラインドハウス (バビロン21)
前回の日記に書いた通り、仕方なく観てきました。 タランティーノの「デス・プルーフ」。 以下、感想を記します‥‥ 「グラインドハウス映画入門」などという本に参加させていただいた 分際で、こんな事言うのは気が引けるんだが‥‥‥‥ (内容も含めて)ズタズ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (八ちゃんの日常空間)
毎回、通常上映で拍手が起こる映画なんて、そうザラにはないよね。 まさに「爽快」! さすがタランティーノ! グラインドハウス万歳!
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞デス・プルーフ in グラインドハウス/Quentin Tarantino's Death Proof 2007年/アメリカ/113分 監督: クエンティン・タランティーノ 出演: カート・ラッセル/ロザ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。 面白かった!ENDマークが出たときはスカッとして思わず大笑いしてしまい...
DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス (銅版画制作の日々)
    クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「...
デス・プルーフ in グラインドハウス (ネタバレ映画館)
着メロはダリル・ハンナの口笛・・・
デス・プルーフinグラインドハウス (TRIVIAL JUNK Blog)
悪気はなかったんです!! <公式ページ> タランティーノが趣味丸出しで作った、昔のB級アメリカ映画のレプリカ企画。 映像の独特な荒れ方や文字フォントのバタ臭さには、その時代の映画にさほど詳しくなくても思わずニヤリとするでしょう。 内容的には例によって...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・ブロードメディア/監督:クェンティン・タランティーノ) Q・タランティーノ企画による、その昔隆盛を誇ったB級ピクチャー2本立の復活を目指した作品の1本(もう1本は盟友
064)デス・プルーフinグラインドハウス (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
「デス・プルーフinグラインドハウス」にてスタント役を務めたゾーイ・ベル。彼女が以前にも務めたスタント役とは? 1)スピード 2)キル・ビル 3)シン・シティ 4)マトリックス 正解は次号にて。。 by織田 拳 RANKING
デス・プルーフ in グラインドハウス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エクス...
グラインドハウスUSA版 (C note)
なんとなんと!!すっかり諦めていた『グラインドハウスUSA版』が、広島でも1週
GRINDHOUSE★USAバージョン5日間の限定上映だ! (銅版画制作の日々)
マチェーテナチ親衛隊の狼女・Don’t/ドント・感謝祭     ↓     USAバージョンはこの順番で展開して行きます プラネット・テラー監督:ロバート・ロドリゲス出演:ローズ・マッゴーワン   ブルース・ウィリス   フレディ・ロドリゲス   ジョシュ...
GRINDHOUSE★USAバージョン5日間の限定上映だ! (銅版画制作の日々)
マチェーテナチ親衛隊の狼女・Don’t/ドント・感謝祭     ↓     USAバージョンはこの順番で展開して行きます プラネット・テラー監督:ロバート・ロドリゲス出演:ローズ・マッゴーワン   ブルース・ウィリス   フレディ・ロドリゲス   ジョシュ...
デス・プルーフ in グラインド・ハウス (eclipse的な独り言)
 もう最高です。タランティーノ!私が住んでいる田舎では、劇場で観れなかったんです
デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル 2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★ 『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔がドロドロと溶ける様や、台車に乗っかったでっかいハリボテから人々が笑...
デス・プルーフ in グラインドハウス (sin-chronicity)
元スタントマンが愛車を凶器にセクシー美女たちを次々に血祭りに上げるさまと、そんな恐怖の殺人鬼に敢然と立ち向かうスタントウーマンとの壮絶な死闘をCGに頼らない迫真のカー・ア...
デス・プルーフ in グラインドハウス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車「デス・プルーフ」に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。 ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目をつける。 車をぶつけ...
『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想...
デス・プルーフ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 Quentin Tarantino's Death Proof 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 113分 監督 クエンティン・タランティーノ 脚本 クエンティン・タランティーノ 撮影 クエンティン・タランティーノ 出演 カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン ローズ・マッゴ...
グラインドハウス (Akira's VOICE)
「デス・プルーフ」 「プラネット・テラー」 
【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。...
デス・プルーフ in グラインドハウス (ひめの映画おぼえがき)
デス・プルーフ プレミアム・エディション 監督:クエンティン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッ...
デス・プルーフ in グラインド・ハウス (ともやの映画大好きっ!)
(原題:GRINDHOUSE:DEATH PROOF) 【2007年・アメリカ】DVDで鑑賞(★★★★☆) かつてアメリカでB級映画ばかりを上映していた映画館【グラインドハウス】を、クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が現代に復活させるべく、ホラー映画を競作...
『デスプルーフ』(映画)(2007)ー怒りの効用、炸裂するカースタントセラピー (マンガデシネ)
 クエンティン・タランティーノ監督作『デスプルーフ』を観た。この時期(2007年頃)の映画は必死に社畜として順応するために脇目もふらず車輪の下でゴリゴリされていた為、観て ...