我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメたまーに日記
12周年✨ありがとです❤️TBは受付送信共にやめました

ムーンライト/MOONLIGHT

2017-03-23 10:38:02 | 2017年 劇場公開映画☆5 

 

 

 

ラ・ラ・ランド」と取り違えるという前代未聞のミスがあった今年のアカデミー賞作品賞の受賞作。

エクス・マキナ」や「AMY/エイミー」などの配給でヒットを飛ばした映画会社A24と、

ブラピの制作会社であるプランBが製作した低予算で作られたインディペンデント作品。


タレル・アルヴィン・マクレイニーによる "In Moonlight Black Boys Look Blue" が原案

監督・脚本のバリー・ジェンキンスはまだ36歳、本作が長編第2作で受賞という快挙。

 

アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、

助演女優賞(ナオミ・ハリス)、編集賞、撮影賞、作曲賞と8部門でノミネートされて

作品賞、脚色賞、助演男優賞合計3部門を受賞

 

受賞を受けて、全国公開に拡大して公開日まで前倒しに。作品賞受賞の力はすごいね。

試写にて鑑賞。

 

 

やっぱり作品賞受賞ということで、今年の頂点に立ったということで期待が高まるわけだけど

アカデミー賞会員が選ぶのはやはり「ラ・ラ・ランド」みたいな華やかな夢と希望を描いた

切なくも楽しい作品よりも、

メッセージ性というか、社会派の今の時代こそな、地味でもじんわり伝えるこのような作品を好むんだよな

と思ったな。

それぞれの時代の主人公シャロンを3人の俳優が演じる。

リトル=アレックス・ヒバート

 

アシュトン・サンダース

 

ブラック=トレヴァンテ・ローズ

 

麻薬常習者の母親、ポーラにナオミ・ハリス。

 

 

近所の麻薬ディーラーのホアンに、マハーシャラ・アリ。

 

その妻には、R&Bシンガーでもある、ジャネール・モネイ。

 

 

友人、ケビンも少年期と大人になってからを二人が演じる。

少年期=ジェイデン・パイナー。

大人になってからは舞台俳優でベテランのアンドレ・ホランド。

 

 

黒人の少年、シャロンのアイデンティティとの葛藤を描く。

 

ラストちょっとネタバレあり

 

5/10(52点)

 

 

作品としての理解はできても、個人的に感情の共感が無理でした。

うーん、個人的にはやっぱりオスカーは「ラ・ラ・ランド」にとってもらいたかったけど

そんなこと言っても仕方ない。笑

 

ところどころ全て唐突で、映画として「作った感」がどこかあったなー。

リアルじゃないというか。

学生時代にイジメをするドレッドヘアの男が、突然 自分の唯一信頼する、ときめいた男の子に

「俺が一人選ぶから、メタメタに殴れよ」と言われて指示通りに殴る。

そのことから、キレて仕返しに殴りに行き自分を見つめるきっかけになり肉体改善含めて変わろうとする。

 

イジメや育児放棄、父親不在の中での、父親代わり、ダメな母親に代わる二人の心を許せる人と

唯一、自分を認めて触れてくれた存在。

同性愛を自分の中で認めながら、それをそのまま殻に閉じ込め成長した少年は。

 

これまでの作品賞受賞作品とは違って、一人の少年の成長を3人の人物で描いたパーソナルな作品。

オバマが支持された時期は短くも終わりを迎え、黒人がノミネートされていない、受賞はできないと批判された去年の

ホワイトアカデミーの反動とも思えたかな、、、、

まさに今だから受賞した作品とも言えるような。

深く書けば色々とあるけど、見た後でもちょっと語りたくなるような内容だったな。

日本ではきっとあまり受けは良くない気がする。

 

直接的な性的シーンはないにしろ、海辺でキスしちゃうシーンや、大人になってから

電話がかかってきて、彼を想像してしまってベッドでアレとか

あと、びっくりだったのがラスト。

再会した彼は女性と結婚するも別れ、子持ちの彼の家に泊まることになり

部屋でもたれかかって、寄り添う姿でラストシーン。

 

あの時の君にしか触れられてない、ってまさかの爆弾発言。

えー

イケイケの麻薬ディーラーに変貌して高級車に乗って、総金歯までつけててそりゃないよ今までチェリーボーイ?

ありえんでしょって思っちゃった。

 

いや、だからこそ、そこまで誰とも接することも親しくなることもしないできだと言うところの深刻さを描いてるとおもうけど、 生活してきた環境とか、親とか自分周りの成長過程の問題が大きいと思う。

いろいろな黒人社会の背景含めて描きながらも根本的に伝えたいベースは

純愛。

そして、全編通してすごくベタ。


純粋なボーイズラブ(今風にいうなら)

 

再会してからの彼は素敵な人になってて、役者が良かったな、魅力的で惹かれるのはわかる。

あのダイナーでのシーンは良かった。

でもそこでかける曲の歌詞がストレート過ぎて赤面。ベタベタだわ〜。笑

 

これまでのオスカー受賞作とは違って、じっくり描くというより全て唐突。

淡々としながらシンプルに描いてはいるんだけど、伝えたいこともわかるけど、、、という感じ。

 

お母さんもほんと、親代わりによくしてくれてる人からのお小遣い

子供から巻き上げて、かなりのろくでなしで腹が立ってたキャラだけど、

最後は施設に入って「人の役に立ってる今が幸せだ」みたいなことで自分の居場所を見つける。

好きだった彼も、コックとして働き男手ひとつで子供を育ててるけど

「稼いでもちょっとにしかならないけど、バカやってた昔よりもいい」と言い、今に満足をしてる。

 

自分の中の気持ちを抑えてきた彼が、自分らしさと安らぎを再確認して

解放していくのはきっとこのあとからなんだろうね。

 

 

学校では“チビ”というあだ名でいじめられ、麻薬常習者の母親からは育児放棄をされているシャロンはマイアミの貧困地域で暮らしている、内気な性格の男の子。生活の中で行き場を失ったシャロンだったが、彼にとっての唯一の救いは、自分の親代わりになってくれる、近所に住む麻薬のディーラーの男・ホアンとその妻、そしてたった一人の男友達のケビンだった。そんな日々の中、シャロンは、ケビンに惹かれている自分に気づく。しかし、このコミュニティではこの感情は受け入れてもらえないと幼いながらも勘づいていたシャロンは誰にも、もちろんケビンに対してもそのことを伝えられずにいた、、、。

 

 

 

 公式サイト

Moonlight           2016年       アメリカ      111min

3月31日より、公開〜

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お嬢さん/아가씨 /THE HANDMA... | TOP | 哭声 コクソン/THE WAILING »

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
作品賞⭐︎ (tomoco)
2017-03-23 14:46:46
migちゃん点数低っ
アカデミー授賞式前夜に見たけど友人との第一声が「作品賞は難しいだろー」だったわ笑

そうなのよー、
社会派に転ぶと思いきやまさかのピュアなラブストーリーでびっくり。
情報もセリフも少ないから全て唐突に感じるのわかる。自分から前のめりに行かないとなのよね
シャロンを演じる3人も全然似てないし、
良くも悪くも語りたくなる映画ではあるよね。

ダイナーでのあの曲と、大人になったシャロンにタイソンかよ!って突っ込んでその二ヶ所だけは笑ったわ

オスカーsoホワイトの反動と半トランプムーブメントの今だから獲れたっていうのは同意。
それでも、映像は美しかったしナオミハリスとマハーシャラアリの演技は素晴らしかったからよしとするかな
tomocoさん (mig)
2017-03-25 07:54:12
いやー笑笑!
ホントだよー、タイソンか!って笑える。
全然別人だよね、かわりすぎ。
肉体改造したという設定になってるから、見た目ではわからない
人は見た目では判断するけど、
俺のことなんにも知らないくせに。
ってセリフがあるんだよね、
実際昔アスリートの役者なんだってね
あったときまた話したいね
なんか、嘘だーって思っちゃう私は純粋じゃない証拠だわ 笑
間に合わなかった~ (maru♪)
2017-04-01 02:10:32
おつかれ~ 公開日に間に合わなかったよ~

描きたいことは分かるんだけど、自分でいろいろ考えなきゃいけないから、
映画慣れしてない人には難しいと思うわコレ。
ダメとは思わないけど集中力が続かなかったわ

見終わって話したけど、やっぱり去年の白人オンリーノミニーへの反発対応って感じするんだよね~

maruちゃん☆ (mig)
2017-04-02 11:37:39
おはよう!
うん、やっぱりでもブロガーさんの評判もよろしくないよね。
これは今だからとれたんだよね、
なんかなーパッとしなかった。
そう。このくらいの小粒作品なら過去にもあったし特別すごいよかったって話でもないよね。
こんばんは (yukarin)
2017-04-02 20:33:00
アカデミー作品賞とったからと軽い気持ちで観るとイタイ目に....観て損はないと思うけど余韻が残るとか素晴らしいとかっていう感じではなかったかなぁ。
なぜ「ラ・ラ・ランド」じゃなかったんだろう...と思うところもあったわ^^;
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-04-05 00:34:54
何だかんだ言っても、この映画も基本はベタなんでしょうね。
だから「ククルクク・パロマ」も使っちゃう。

見る人を選ぶ作品なので、評価も分かれているみたいですね。
最近のオスカー作品はそんなのが増えているのかな~。
yukarin⭐️ (mig)
2017-04-05 00:47:52
こんばんは〜
なんか、ピンとこなかったわ。
映画って感じがして、脚本も唐突でいて
あまり語らないってったってアバウトな描き方だと思う。
ララランドみたいなわかりやすいものよりやはり会員たちとしてはこちらなんだろうなぁ。
にゃむばななさん⭐️ (mig)
2017-04-05 00:50:06
こんばんは。評価割れてますよねー
そうですよね。
私も本文中に書いたけど、かなりベタ。
そこが苦手でもありでした私は。
同性愛とか否定は全くしないしわかるけど、
かなりパーソナルな話でしたね。
こんにちは (ここなつ)
2017-04-17 18:07:04
こんにちは。
ええ、私もあのダイナーで満を持してジュークボックスからかかるあの曲のベタさ(&安っぽさ)には、逆にぐっときてしまった程でした。
それにしても、本作のナオミ・ハリスはアッパレ!!ジャンキーである「母」も凄かったけれど、ホームにいる時の老女の演技も凄過ぎだと思いました。
ここなつさん☆ (mig)
2017-04-17 23:16:49
こんばんはー
そうですね、キャストは良かったし、、、
でもなんかなぁ、、、ピンときません
こんにちは~~ (マリー)
2017-04-18 15:10:45
やっと書いたのでお邪魔しまぁす。

なんか、ララランドに対してこちらの反応が皆様薄い・・・っていうか、観てない方も多いよね。
題材的に仕方ないのかなぁ。
やっぱあっちの方が好きだな~って私も思う。

ものすご~~く切ないのだけど、感情移入がいまひとつ出来なくて。候補のなかでは、LIONの方が共感できたんだ~。

でも映像はきれいだった。
マリーさん⭐︎ (mig)
2017-04-20 11:12:03
日本人には受けないよね。あまりに作った感じもするし。これはほんと、昨今の白いオスカーとかいうのに対してやはり入れたんだと思うね、今までの受賞の振り返ると、個人レベルの悩みといっちゃなんだけどマイノリティーを描いたものは、受賞までには至らないわけだし
プロデュースがブラピの会社というのも強いんだと思う、それでも夜は明けるもだし。
私もライオンとか、希望と夢のハリウッド描いたあちらとかのがふさわしいと思ったなー

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics