我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ジャック・メスリーヌ/フランスでパブリック・エネミーNo.1と呼ばれた男 Part.1&Part.2

2009-11-12 13:59:01 | 劇場&試写★6以上


「どんな映画もフィクションの部分があり、一人の男の人生を忠実に描き切る事は出来ない」

という前置きでそれぞれ始まる前後編。
まとめて観て来ました~。2本まとめてレビュー

別々料金で同じ期間上映、計4時間超えっていうのがひっかかったけど面白そうだったし、
一番の目的は NYのメキシカンレストランでこの間偶然会ってからというもの
ますます気になる存在になっちゃったマチュー・アマルリックが後編に出てるから★(単純!)
あのあとマチューさんの映画、改めてまたいろいろ観直し中なの


1970年代のフランスに実在した銀行強盗ジャック・メスリーヌの生涯を、パート1、2に分けて構成した実録犯罪ドラマ。

本物のジャック・メスリーヌ氏。

いやこれ、フランスではパート1、2ともNo1を記録したというけど
両方とも面白かった




20キロも増量してフランスのパブリックエネミーナンバーワンと呼ばれた男、
ジャック・メスリーヌになったのはヴァンサン・カッセル。


今年のフランスアカデミー賞 セザールで監督賞と主演男優賞共に受賞。
先日の東京国際映画祭でも最優秀男優賞受賞した

イースタン・プロミス」でのワルっぷりも記憶に新しいけど、
毎度、この方本当にチンピラとかギャングがお似合い。

監督は「アサルト13 要塞警察」のジャン・フランソワ・リシェ。
脚本には、アブデル・ラウフ・ダプリと、ジャック・メスリーヌご本人!



part1. Mesrine: Part 1 - Death Instinct
1959年以降、メスリーヌが強盗を重ねた後、カナダへ逃亡、投獄→驚異の脱獄劇。
それにより、「社会の敵、ナンバーワン」になるまでを描く。

part2. Mesrine:L'Ennemi public n°1
カナダから欧州に舞い戻ったメスリーヌは、再び強盗を働き投獄される。
獄中の手記を自伝として地下出版し、その後すぐに脱獄、強盗と、
“社会の敵 No.1”の生活をスターのように謳歌していたメスリーヌだったが、
彼の悪評を立てたジャーナリストを拉致監禁したことで世間から集中批判を浴びると潮時を感じ、恋人シルビアに宛てた遺言を録音する……。


ノワール編と題されたPart1での共演は
ボス、ギドにジェラール・ドパルデュー。



Part2、ルージュ編ではいよいよお目当てのマチュー・アマルリックが登場
脱獄キング、フランソワ・ベス。

相変わらず眼力すごいぞ!  


そして最後の恋人、シルヴィアを演じるのは「スイミング・プール」のリュディヴィーヌ・サニエ。
エロ可愛い。

キャストそれぞれの感想も↓のレビュー内で


7/10


32回の銀行強盗と4回の脱獄という信じられない犯罪を巻き起こした男メスリーヌが
どうやってそんな事がなしえたのか
という興味と、テンポの良さ(早すぎるくらいの展開のスピーディさ)で、飽きさせない。

警察が馬鹿すぎなのか、ジャックメスリーヌが頭いいのか
そんなバカな~!と言いたくなるような、マンガのような技?で
簡単に逃亡したり、張り込まれてる病院に軽々と入り込んだりする無鉄砲な様が観ていて面白い。

このメスリーヌには必ずいつのまにか女が横にいる。
こんな犯罪者、誰が愛するのよ~って思うけど
そこは男としての彼の魅力と(例えヒゲもじゃで、ハゲのズラ、でっぷりお腹でも)

犯罪していながらも、ある種スターのようなカリスマ性を備えてたからなんだろうなー。
ナンパされて家に連れて来られた何も知らない女2人も、そこでTVみて犯罪者だと知って怯え、帰ろうとするも、
開き直ってオレがメスリーヌだ。テレビなんて嘘っぱちさ。の一言で
次の瞬間にはキスしちゃってたり。(犯罪者、怖いって!)

この男、千の顔を持つ男と言われるほど、変装の達人
あらゆるシーンでそれを武器に捕まるのを逃れてたらしく、映画でもそれが再現されてるけど
指名手配中なのにズラにメガネだけで警察の前に現れたり
素人目でみてもバレバレなのに うまくいってるのに驚く(笑)

こんな頭にメガネかけただけ、とか。

お金を奪うのは金持ちからのみ、友情は大切にし、女にはフェミニストでロマンティック、なんてあるけどそれが徐々に変わっていく。




根っからのワル(?)ではなく、元は普通の男だったようなことが冒頭で描かれるけど
段々と悪の道に踏み込み、愛する女性にすら「オマエと仲間なら迷わず仲間を選ぶ!」なんて
銃を口の中に押し込んで言い放つ横暴さ!
自分の言う事は絶対。逆らったら容赦ない、ぶち切れたら最後。
子供みたいな幼稚な性格をみせる。

そのくせ天真爛漫さ?を武器にというか、犯罪を犯しながらも本人は革命家気取りでメディアをうまく利用としたり頭は切れる。

その辺りの人物描写がきっちりされているところが上手い。
もちろん演じるヴァンサン・カッセルは完全にハマってる。

脱獄シーンなんて 今度はどうやってやるのか興味持って観ちゃうし、
うまく行くように応援すらしちゃう。


part2ではリュディヴィーヌ・サニエの、おちゃめでエロカワイイ魅力が。
大金で宝石を買うシーンなんか、シュガー・ヒルの「Rapper's Delight」をBGMにちょっとポーズしたり、
シーンとしてはちょっとだけどpopになってて好きなシーン


最後までこの女性だけは愛してたらしい、二人の日常のささいなシーンもよかった。


1での冒頭の2~4、6~8分割のシーン、いつそこに繋がるかと観てたんだけど
2の終盤、繋がった時はこうなるのね、と納得。



こちらもpart2で登場のマチュー・アマルリック

刑務所の中で知り合う二人。最初のシーンで腕立て伏せするマチュー演じるフランソワ。
一緒に脱獄し、しばらくコンビを組んで生活するが考え方の不一致で別行動になる。

脱獄王ってことだったから、もっと凄いキャラで大物なのかと思ったら
007 慰めの報酬」での悪役同様、意外と小物。
劇中ではヴァンサンに「チビ」とか「小物」とか言われてて可愛そう(笑)
実際、身長もヴァンサンが大きすぎるせいなのか二人並ぶとほんとにマチューがちっちゃく見えた

性格的な面でも対照的な二人はなかなかいいコンビだっただけに
もうちょっと観たかったなー。
脱獄王のわりに、なんか情けない感じでいい所なく途中から出なくなっちゃったのが残念。

前後編で長いけど、次々と展開がスピーディで長さも感じさせないし
見応えたっぷり。
ジャック・メスリーヌ自身も脚本に参加しているだけあって
実話の映画化として面白く作られた成功例の作品☆
ヴァンサン・カッセルのなりきった演技ももちろん見どころ。
アクション好き、自伝映画好きの方には特に

part1,2ともそれぞれ面白かったけど、
マチューとサビエ嬢のシーンあるせいもあってpart2の方がより好みだったかな。
ファッション、小物、ヘアメイク、フランスの高級車...。
60年代から70年代の当時の再現がリアルで映像的にも雰囲気も楽しめた♪





 公式サイト
Mesrine: Part 1 - Death Instinct /L'instinct de mort  2008年  フランス   113min
Mesrine: Part 2 - Public Enemy No.1 / L'ennemi public n°1  2008年  フランス   133min

11月7日より、ぞれぞれ別々に公開中~(※2本立てではありません)





無料動画サイトには負けたくない~!
応援して下さってる方、ありがとう 下のハートマークを押してね 
ランキングクリックしてね








『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリス・ヒルトン観察日記☆パ... | TOP | ハリウッドゴシップ☆News »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
パブリック・エネミーって・・・ (ノルウェーまだ~む)
2009-11-12 17:05:59
migちゃん、おはよう☆
パブリック・エネミーっていうと、こちらでは6月に公開、日本ではこれからのジョニデのパブリック・エネミーと同じ人なのかな?
時代的にはこちらのほうが近年のようにも感じるけど…
マチューの眼力すごいね~
役柄が眼力にまけちゃうのかな…
大絶賛ですね (バラサ☆バラサ)
2009-11-12 18:00:03
香港ノアールや任侠が好きなわたしには、彼の身勝手さが気に入りませんでした。
ボスの器でないな。ボスでないけど。

話としては、まあ面白かったです。

ヴァンサン・カッセルの腹には感服しました。
面白かったねぇ (KLY)
2009-11-12 21:04:18
先週末の公開で何を見ようかって思った時に、これだけは絶対観るんだって決めてたんです。千の顔を持つ男なんて言われてたんですね。自分の記事でも百面相には触れてるけど、それは知りませんでした。でもシルヴィアとの出会いのシーンは笑ったなぁ。笑ったっていうか「ぶっ!」って感じで。おいそうくるか!と。(笑)
migさんの言うとおり、身代金で買い物しまくる様子は、何だか普通のラブストーリーっぽくてポップでよかったですよね。サニエ嬢、何気に凄く好みです。若い頃のシャルロット・ゲンズブールにちょっと似てる気がしました。^^
こんばんわ! (タケナカ)
2009-11-12 21:23:06
「母なる証明」を観て来てコメントしようと思ってたんですが、こちらもかなり気になります。
評価高いんですね。ジョニー・デップ主演、マイケル・マン監督の映画のフランス版みたいな感じなのでしょうか?^^
同一人物? DVDもやっぱり2枚組ではなく別々になるんでしょうかね?
マチュー・アマルリック他の共演者も気になります。

「母なる証明」良かったです!おっしゃるようにオープニングとラストが秀逸でしたね。韓国映画も侮れませんね。
一瞬・・・ (マリー)
2009-11-12 22:40:54
パブリック・エネミーって文字見て、ジョニーかと思ってドキドキしちゃった!!

でも、こちらも面白そうだね~。
ヴァンサン、何気に好きなんです。
あと、いつもエロかわのリュディヴィーヌも好きなの。(『スイミング・プール』お気に入りです)
なんか大人っぽくなったなぁ~彼女。
ストーリーにも惹かれるわ♪
★まだ~む★ (mig)
2009-11-12 23:33:40
こんばんは♪

そうなのー、わたしも同じひと?ってちょっと思って調べたら、こちらはフランス人
あちらはもっと更に昔でジョン・デリンジャー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC
なんだよね。
ふたりとも社会の敵って言われてたようだから紛らわしいけど!

マチューさんは所詮主演ではないのでこれは仕方ないけど
「潜水服は~」は凄く良かったyo♪
★バラサ☆バラサさん (mig)
2009-11-12 23:35:34
こんばんは♪
ゴメンなさい、お名前いまさらですが気づきました
・がつぶれて丸かと思ってたんですが、、、

これ、まあヴァンサンがボスにはあんまり見えないし
ボスではないし(笑)
カリスマあるようにもあまりみえないんだけどとにかくハマってたし惹き込まれましたよ~☆

★KLYさん★ (mig)
2009-11-12 23:38:59
KLYさんすぐさまupしてましたもんね~!
早!って思いましたヨ☆

長いからどうしようと思ったんだけど
たまたま1日突然開いたので久々に3本はしごしちゃった♪

面白かった~。
マチューさんは主演じゃないからそこまででないにしてももうちょっと二人の絡み、みてたかったです。
サニエ嬢可愛いですよね。
子供みたいなあどけない可愛さがあると思う
シャルロットさんはわたしは好みではないんだけど
どこか昔のに似てるってわからなくもないですね
★タケナカさん★ (mig)
2009-11-12 23:42:29
こんばんは♪

マイケルマン監督の方は、また違う人物のようです、
記事内に書き忘れちゃいました。
こちらはフランス映画ですけど
キャストもいいし、見応え有りました♪
確かに、これDVD化してもバラバラ売りなんだろうなぁ~
そしてセット売りもするでしょうね、
是非時間あるとき観て下さい~。

母なる証明も良かったですよね!
そういえば韓国映画ショーケースもう始まりますね☆
★マリーさん★ (mig)
2009-11-12 23:45:15
さすが、ジョニー関連の反応は鋭いですね!

これ、まだ~むへのコメントにも書いたんだけど
別人のお話のようです。
マイケルマン監督作ってけっこうニガテだから
ジョニーさんが良くても楽しめるかどうか、実は心配です~。

マリーさん、サニエ嬢お好きですか?
だったらこれ是非観てみて~!
ストーリーも、マリーさんも好みそう!
こんにちわ^^ (kanako)
2009-11-13 14:04:06

ヴァンサンカッセルだー

彼のイメージはオーシャンズ12のナイトフォックスです笑
でもフランスを代表する俳優なんですよね
オーシャンズ当時かなりハマってジェヴォーダンの獣とかクリムゾンリバー観た覚えがあります。

これDVD出たらチェックしてみようかな
マチュー (hino)
2009-11-14 12:22:39
migちゃん、雨だけど映画や楽しいことで大丈夫のことと思います(^^)q

渋いの観て来たね~。2作品料金の4時間超え@@
マチューだ!あれから(笑)、マチューは名前も顔もmigちゃんとのツーショット写真と共に覚えちゃった。
へ~潜水服~にも出ているんだあ。あれも実話なんでしょう。重すぎるかなと思って普段スルーしてたけどいつか観てみたいと思ってました。

実話もの好みです。反対にミュージカルっぽいのがとたんに入り込めなくなる夢のないひと(^^;

アメアイ(アメリカンアイドル)にタラちゃんってのは、候補者達に指導した回があったのだ。あのマジックで皆が変わっていく姿が面白かった~。
あの巨匠と隣り合わせで観たってすごいよね~。

ちょいと関係ないけど、トップ2のAdamのBlack or White です↓
http://www.youtube.com/watch?v=V5qMKhKeY_8

ジェシカのアゲチンと1804号室と扉をたたくひとの以前のmig記事、読み返してみました。

良い週末を~!!
★kanakoちゃん (mig)
2009-11-15 11:20:14
こんにちは♪

そうそう、オーシャンズにも出てるよね~★
わたしもこの人、別に好きではないけど
出演作はほぼ制覇してるんだよね、
悪役に欠かせないフランスの名優!
奥さんはイタリアの宝石、(笑)モニカベルッチだしね
これも、なかなか面白いので是非DVDででも観てネ★
ヴィゴと出てた「イースタンプロミス」もオススメ♪
★hinoさん★ (mig)
2009-11-15 11:26:10
はーい♪

そう、これなかなか面白かったヨ!
2の方は時間間違えて、一回夜に家帰ってまたレイトショー出直して観たんだけど
その価値はあったナ♪

マチューさんはセザール賞とった二作
「そして僕は恋をする」←タイトルの方が良かった
「潜水服は蝶の夢を見る」なんだけど
潜水服~、話はすごい惹き込まれたってワケでもないけど
しゃぶしゃぶ食べたあと観たらちょっと寝たの(詳しくは時間あるときレビュー見てね 
すごくいい演技でした~、hinoさんにも観て欲しいな。
わたしも今日にも借りようと思ってて。
ミュージカル駄目??
わたしは大好きなんだあ

アメアイ(笑)の、夜みてみる!
ありがとー★

おおー、映画観たのかな?
昔の記事も読んでくれたのね
今日はいいお天気!
hinoさんも楽しい一日をね
近々会おうね~
観れてよかったー。 (rose_chocolat)
2009-12-06 20:46:13
これ、去年から観たい観たいと思っていただけに、やっとこさ間に合って何よりでした。
個人的には大満足。 

これがこの緻密さだけに、『パブリック・エネミーズ』って一体どーなるんだろうと思いました。。。
★rose_chocolatさん★ (mig)
2009-12-06 22:39:13
こんばんは♪

おおー、良かった!
パブリックエネミーズ、ジョニーさんはカッコイイけど。。。。ってらしいですね(笑)
わたしはきっとこちらの方が好みかも
って今から覚悟?してます
 (とらねこ)
2010-01-22 20:18:27
こちらにも~♪
migさんもとっくにご覧になられていらしたんですね!
と思ったらなんと、マチュー・アマルリックにお会いしたことがおありだったのですね。す・すごい。
しかもNYでバッタリ、だなんて。
migさんてどうしてそんなにたくさん会えるんでしょう。羨ましい!
で、この作品、なかなかおもしろかったですよね。
やっぱりヴァンサン・カッセルがやると、全然迫力があって。
本物のジャック・メスリーヌも、なかなかな面構えですね~。
これ、写真だけ見ると、ちょっとエドワード・ノートンとかいいかも?なんて思ってしまったんですけど・・・
☆とらねこさん (mig)
2010-01-23 21:38:42
こちらにもありがと☆

そうなんですよ~、実は写真も撮ってもらったのでブログにも載せちゃいました
なんか自分でもやたら会えるなぁって思うんだけど、
そういう運はあるみたいです(笑)

うんうん、この映画好きですよ~見応えありましたよね!
前後編は続けて新宿で観ちゃいました★
でもお金倍かかるってどうよ、、、、って感じですよね~。
あ、ノートンうまいしカリスマ性もありますもんね♪

とらねこさんのとくにホラーレビューいつも楽しみに待ってますよ

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

19 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵NO.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月8日(日) 16:25~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:700円(買っていない) 『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵NO.1と呼ばれた男』公式サイト フリーパス鑑賞11本目。 フランスの実在したギャング、...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編 (LOVE Cinemas 調布)
フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれたギャング・スター、ジャック・メスリーヌを描いたクライムストーリー。2部構成の第1部で、本作は軍を除隊したジャック・メスリーヌがギャングとしてのし上がる若かりし頃の話だ。主演は『イースタン・プロミス...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編 (LOVE Cinemas 調布)
ギャング・スター、ジャック・メスリーヌを描いたクライムストーリー。2部構成の第2部で、本作ではフランスに戻ってから銀行強盗を繰り返し、やがて社会の敵(パブリック・エネミーNo.1)と呼ばれてから、悲惨な最期を遂げるまでを描いた。晩年のジャックを演じるために...
『パブリック・エナミー・ナンバー1』 (東京国際映画祭 その4) (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男』 強盗と脱獄を繰り返した実在の犯罪者ジャック・メスリーヌの生涯。 「L'Instint de mort」/「Mesrine:L'Ennemi public n°1」 (コンペティション部門) 監督:ジャン=フ...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(バプリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
フランスに実在した伝説のギャング、ジャック・メスリーヌの壮絶な半生を2部構成で描く大作。Part1 ノワール編では、1959年、ジャック・メスリーヌが、アルジェリア戦争で非情な戦場の実態を体験し、60年代、パリに帰還後、幼馴染に誘われて次第に悪事に手を染め、若いチ...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(バプリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
フランスに実在した不世出のギャング、ジャック・メスリーヌの半生を2部構成で描く大作の完結編。Part2 ルージュ編では、70年代、フランスに舞い戻ったメスリーヌが、犯罪と脱獄を繰り返したあげく“社会の敵No.1”と呼ばれるようになる過程と、壮絶な最期を遂...
*ジャック・メスリーヌ/フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編。Part2 ルージュ編* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** part1*1959年、アルジェリア戦争に行ったジャック・メスリーヌは上官の命令で初めて人を殺した。その後、パリに戻ったメスリーヌは、幼なじみのポールに誘われて歓楽街へ繰り出し、娼婦サラと出会い関係を持つ。そして父親が紹介してく...
「ジャック?メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック?エネミー)No.1と呼ばれた男」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
Part 1 ノワール編 「L'instinct de mort」...aka「Mesrine: Killer Instinct」 2008 フランス/カナダ/イタリア ジャック?メスリーヌに「アレックス/2002」「スパイ?バウンド/2004」「オーシャンズ13/2007」のヴァンサン?カッセル。 ジャンヌに「ロシアン?ドー...
映画『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エ... (しょんぼりしょぼしょぼしょぼくれ記)
原題: MESRINE: L'INSTINCT DE MORT  製作年度: 2008年  監督:リチャード・カーティス 出演:ヴァンサン・カッセル、セシル・ドゥ・フランス、ジェラール・ドパルデュー 上映時間:114分  満足度:90点 結局、書くことないからまた映画感想文です。 男...
憎めない男。『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男』 (水曜日のシネマ日記)
フランスに実在した伝説のギャングスター、ジャック・メスリーヌを姿を描いた作品です。
『ジャック・メスリーヌフランスで社会の敵(パブリック・エネミー... (NiceOne!!)
原題:MESRINE:L'INSTINCTDEMORT/MESRINE:PART1-DEATHINSTINCT (ノワール編)   MESRINE:L'ENNEMIPUBLICN°1/MESRINE:PART2-PUBLICENEMY#1 (ルージュ編)監督:ジャン=フランソワ・リシェ出演:ヴァンサン・カッセル、セシル・ド・フランス、ジェラール・ドパルデ...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵NO.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月8日(日) 19:00~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:700円(Part1と共通。買っていない。) 『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵NO.1と呼ばれた男』公式サイト フリーパス鑑賞12本目。 金持ちからしか...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編 (だらだら無気力ブログ)
フランスとカナダで<社会の敵No.1>と呼ばれた伝説のギャング、 ジャック・メスリーヌのがギャングになったところから射殺されるまでの 壮絶な人生を映画化したクライムドラマ。 Part1・2の2部作で構成されており、Part1では、メスリーヌが ギャングの...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編 (だらだら無気力ブログ)
フランスとカナダで<社会の敵No.1>と呼ばれた伝説のギャング、 ジャック・メスリーヌのがギャングになったところから射殺されるまでの 壮絶な人生を映画化したクライムドラマ。 Part1・2の2部作で構成されており、Part2では、メスリーヌが カナダから...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No1と呼ばれた男 (シネマ大好き)
フランスで社会の敵№1と呼ばれた、ジャック・メスリーヌの生涯。Part1、Part2の2編上映で、稀代のギャングの軌跡をじっくり描いていた。 アルジェリア独立戦争で、捕らえた敵が尋問される惨い場面。上官の命令で彼らを殺すが、除隊で帰ってきた家は、ごく普通の...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミ... (kaoritalyたる所以)
2010年初の映画鑑賞は、2本立てのフランス映画からです。ブロガーさんから好評だったので、楽しみにしつつ、やっぱり見るなら続けて観たい!と時間調整がつかず、本日の鑑賞になりました。ジャック・メスリーヌ 【Part1】postedby(C)kaoritaly何と言っても、社会の....
■2. ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵<パブリック・エネミー>No.1と呼ばれた男 Part1ノワール編 (レザボアCATs)
'08年、フランス原題:Mesrine: Part 1 - Death Instinct 監督:ジャン=フランソワ・リシェ製作:トマ・ラングマン脚本:アブデル・ラウフ・ダプリ、ジャック・メスリーヌ撮影:ロバート・ガンツ音楽:マルコ・ベルトラミヴァンサン・カッセル  ジャック・メスリーヌジ...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1959年、犯罪王の覚醒。 32回の銀行強盗、 4回の脱獄を繰り返した男。』  コチラの「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編」は、フランスとカナダという大西洋をまたぐ2つの大陸で「社会の敵No.1」と呼ばれた伝説のギャング...
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1979年11月2日。 40人の警官、21発の銃弾─ 男の美学、完結。』  コチラの「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編」は、「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編」の後編です。前編の...