我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ペーパーボーイ 真夏の引力/THE PAPERBOY

2013-07-30 01:05:10 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 

トロント映画祭観客賞ほか、数々の映画賞を席巻した「プレシャス」の監督、リー・ダニエルズが、

ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。

海外版ポスターでみてから、ジャケ買いというかもうキャスト監督含め、気になって気になって。

ある殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく。

ってことで、今月いちばん楽しみにしていたこの作品、公開して早々観てきた


ペーパーボーイ=新聞配達。には

弟、ザッくんことザック・エフロン。

出演シーンの半分以上?は上半身ハダカの白ブリーフ姿で

40代の年上ビッチに惚れちゃう童貞君、青年ジャック。

その兄ウォードには、はい、マコ様!

マシュー・マコノヒーは、公開中の「バーニー みんなが愛した殺人者

と、来月公開の「マジック・マイク」とに出演でこの夏、軽いマコ様祭り

 

 相棒の駆け出し記者と共に、事件の真相を記事にするため翻弄する。

 

その二人の兄弟の協力を得て、会った事もなかった囚人に惚れて

監獄から出そうと試みるビッチ、シャーロットに、ニコール・キッドマン。

脇役するようなアバズレ系女優を起用せず、ニコールってとこがすごい。

ふちどりアイラインにタバコにエロさ全開ポーズ。

いつも上品系のニコールはこんなビッチもハマる!

ガス・ヴァンサントの「誘う女」系。(←このニコールもほんと好き

 

その囚人ていうのがどこぞのワル顔した悪人かと思いきや、

ジョン・キューザックだから拍子抜け?

でもまぁ、悪人でもこなすよね、さすが。

(ジョンキューザック出演作にハズレなし!(殆ど)「2012」は例外。)

 

 

8/10(83点)

 

 

 

くらげに刺された時の応急処置って知ってる

この映画からすると、おしっこをかけると良いらしい。

本当なのか!? あとで調べてみよう

 

 脚本が面白いってよりも、この映画 なんか変で面白い。

夏のじめじめした湿度を感じる映画で、爽やかさとは真逆。

じっとりしていて、どこか狂った、おかしな吸引力で惹き付ける魅力がある。

それと、1970年代という古臭い雰囲気が映像に出ていて、

古い名曲や、

シーンの合間でかかるほんとに古くさーいドラマでかかるような曲とかがいい。

 ニコール演じる妖艶でビッチな40オンナと、

それに惹かれているのになかなかじれったいオクテな若者ザッくん。

この二人の距離も面白く追いつつ、ジョン・キューザックが実の犯人なのか?

(でぶっちょの警察殺し)という真相を追い、

そして兄貴、マコ様の隠された部分が、じわじわと明らかになる。

 

妖しい、じっとりとした、まとわりつくような湿度に覆われ、暑い夏にぴったりの映画

 

 え?暑い夏に観たくない?

豪華スターの競演と書くと華々しいけど

 それぞれが、これまで以上の違った一面を見せつけながら絡み合う

ニコール、開脚に舌、離れた場所から混じりあわないfack

その時マコさまは、、、!

ザッくんの目線、、、!

 

もともと20以上離れた年下の男になんて全く興味なしのシャーロット。

「あなたの顔におしっこかけるとしたらそれは私よ!」と

「他人にかけさせるもんか」とか言いながら

くらげにカラダと顔中刺されたザッくんにおしっこかけるニコールの姿がスゴい。

これだけでこの映画代もととれるんじゃない? 違

 

会ってもいない囚人なんかに恋しちゃって、

会ったらすごいことになっちゃって、

でもやっぱり思ってたような男ではなくてー。

バカな女だな、シャーロット。

っていう展開がいい。

そして後で後悔して出す手紙がまた何とも。

 

しかし、もう全ては遅過ぎた。

沼の奥でみたもの、待ち受けるものとは

 

この先の展開を知りたい人はコメントにて。

 

ちょこっとだけネタバレ書くと、

囚人のジョンキューザックは何とか終身刑は免れ、釈放されて

ニコールと沼に戻って住むことになるが

色々嗅ぎ付けたペーパーボーイのザッくんがニコールからの送られた手紙を読んで

助け出しに兄と沼に向かう。

そこには、既に殺されたニコールが家に放置され、

犯人はそこに、いた。 ついに兄弟は踏み込んでいくが兄は一発で首を切られて即死。。。。

 

あやしくて、いかがわしくて、へんな魅力にとりつかれたい方はこの夏、ぜひ劇場で

 冷房の効いた部屋で、DVDでみたりしたらちょっとちがう

暑い~夏の日に、どうぞ

 

フロリダ州の小さな町で鬱屈した日々を過ごすジャックにとって、うだるように暑い1969年の夏はいつにも増して退屈な季節になるはずだった。はからずも 大学を中退し、父親の会社で新聞配達をしている彼は、取りたててやりたいこともないし、ガールフレンドもいない。そんな時間をもてあましたジャックのもと に、ある日突然、思わぬ任務が舞い込んでくる。マイアミ・タイムズ記者の兄ウォードが、ある殺人事件の死刑囚の冤罪疑惑を取材するために帰省し、その助手 を務めることになったのだ。さらにジャックは獄中の死刑囚の婚約者シャーロットにたちまち心を奪われ、胸が張り裂けそうなほど切ない想いを募らせていく。 やがて殺人事件の深い闇に分け入り、叶わぬ恋に身を焦がすジャックが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような現実。かくしてイノセントな若者の最も刺激的な夏は、生涯忘れえぬ残酷な夏へと変貌していくのだった……。 

 

 

 

公式サイト

THE PAPERBOY          2012年    アメリカ      107min

7月27日より、公開中~

 

 

カンヌ国際映画祭にて

 

ちなみに、リー監督は黒人だから毎回黒人出すのね。

自分がゲイだから、今回あの方にもゲイ役やらしてました☆

そしてザッくんは監督の好みとか。

 

 この意外な顔合わせが本作の魅力でもあります

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (16)   Trackbacks (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マジック・マイク/ MAGIC MIKE | TOP | ニューヨーク、恋人たちの2日間/... »

16 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんとに (hino)
2013-07-30 11:38:22
意外なキャストたちだねー。
ニコールがビッチ役だなんて !

マコさん、なんかいいね。

ジョンキューザック最近観てなかったから、久々に会いたなー。
熱海で、二回目観た作品の名前。なんだっけ?なんだっけ?
ミグちゃん持参のあれ、面白かったー。

クラゲくん (hino)
2013-07-30 11:44:53
クラゲに刺されたらオシッコって日本でも言うねー。世界共通?!

私はねー、三陸の海中であそんでたら足にビニールでもかかった?と思って水中覗いたらクラゲだったの!蹴りまくって刺されなかったけど、さすがにパニッたという経験が 笑

ニコール! (xtc4241)
2013-07-30 17:08:33
migさん、こんにちは(いま7月30日17:00頃です)

僕も見に行きましたよ。
フジロックからバスで早朝帰った後、13:40からのやつにね。
それほど見たかったのです、ニコールの女優魂を。
いや、想像以上にやってくれました、ほんとに。
それにしても、migさんのレビューで使った写真、いいのばかりですね。
ニコール・キッドマンのビッチ姿を現したものばかり。
僕もブログに書きました。migさんほど、見ごたえはないけど。
よかったら見てほしいです。
ゆきえちゃん (mig)
2013-07-31 09:09:01
おはよー!
そうなの、これなかなか変な映画だけど
評判よいよ☆
ここまでビッチじゃないけど
誘う女のニコールもよいよ!
今度貸すよ。
あ、アイデンティティーね♪
何度観ても面白いよ~(^ν^)
ゆきえちゃん (mig)
2013-07-31 09:12:44
そんな経験あるの!?笑
しかも日本でも共通なのねー!
調べたところ、アンモニアがいいらしいのはら確かだけど尿にはそこまで入ってないから効果なく
迷信だって! 映画ではバッチリ良くなってたけどね

ゆきえちゃんもやらないように(^∇^)
xtcさん (mig)
2013-07-31 09:18:12
すごいなー、フジロックのあと?
ニコールファンには今回たまりませんよね、
あんなエッチなのは誘う女以来かな?
こないだのイノセントガーデンはそこまでじゃなかったし。
ニコールだけじゃなく、この作品全員
がよくて、雰囲気も暑苦しくて古いのも良かった。
ありがと、写真はどれも毎回かなり選んで
載せてるのでそこに時間かかってます
(^.^)
自分の記事でやっとで他の方のとこ
行けないのだけど時間あるときのぞいてみます
こんにちは♪ (non)
2013-08-01 17:09:35
この作品、見たいですわ~
面白そう(^^)
予告見てめっちゃ興味沸きました☆

くらげにおしっこ…どっかで聞いたことあるような気がします^^;
nonさん☆ (mig)
2013-08-02 01:13:55
こんばんは♪
そうなんですよー、変な映画nonさんダイジョウブ?笑
ぜひ観て欲しいなー、感想聞きたい♪

迷信らしいです、くらげにおしっこ。 笑

濃密 (q  観たー)
2013-08-02 22:18:26
 実は 昔から マシュー・マコノヒーが好きなので
 わーい! マシュ・マコが出るーっ!
という 感覚はあったけど
人間模様がねっとり。
二コール・キッドマンは、やっぱなにやっても上手いし
濃いメイクと体に張り付くミニドレス謎の多い妖艶な女も画面に出ても「ニコール!」
ウォードが真相を解明するプロセスと、ジャックがシャーロットに深入りするプロセスとを並行してたから
あ。。私 くらげの・・・もだけど
 ワニ!!!! ワニーーー!!! あれれれーー?!?!
絶対  来るーーっ!て思ったのに
♪ ジョン・キューザックのイメージが変わったー
qちゃん。 (mig)
2013-08-03 23:29:19
マコ好きだったのー??
私もそうなんだけど
qちゃんも好きな俳優めっちゃ多いね
ワニは映画ではよくキケンな象徴であやしい雰囲気で出てくることおおいなぁって感心してた。
ジョンキューさんは意外とこういう変な役もやってるよ、いい人役もハマるけどこういうむさ苦しいのもハマる、
マルコビッチの穴とかね。
古い名曲 (まっつぁんこ)
2013-08-04 19:37:30
アル・ウィルソンの“Show and Tell”がフィーチャーされていてセンスいいじゃないかと思いました。エンディングでもかかってました。
まっつあんさん★ (mig)
2013-08-06 15:44:38
そうですね、曲もどれもよかったですよ!
すっかり遅れての感想ですけど、、 (kira)
2013-08-14 07:53:25
面白かったです!
キャストも時代の雰囲気を出しながら、濃厚過ぎるほどの演技でした!
クラゲの応急処置法、デマだったんだあ~

>自分がゲイだから、今回あの方にもゲイ役やらしてました
そうだったのかーー!です
実はあの露見するくだりはかなりショックだったんですよ~。ビビリました
kiraさん☆ (mig)
2013-08-14 13:19:01
面白
過ぎです~ヘンすぎて 笑
ニコール体はって、シャロンストーンばりでしたね!
女優魂♪
クラゲシーンもびっくり。
あんたなんかにさせるか、みたいな 笑

マコ様のゲイ?
意外とほんとに思える感じするほどハマってますよね 
あんな綺麗な奥様いるけど。
遅くなりました! (mezzotint)
2013-08-31 22:35:48
migさん

今晩は☆★
お久しぶりです。FBでは時々お世話になっています。
この作品はおっしゃるように何か変でしたよね。
ニコールは驚きました。単にお人形のような美しさだけ
だと思っていましたが、、、。なかなかあの見事な演技には
脱帽!マコさんはゲイでお尻丸出しで凄かったですね。
キューザックの悪役も見ごたえあったし、、、、。
いろんな意味で本当に変でしたが、面白い!!
mezzotintさん★ (mig)
2013-09-04 08:31:03
お久し振りです~
FaceBookのほうはマメにされているんですね、
ツイッターではみかけないような。。。?
私はFaceのほうはほとんどやる気なくて 笑

本文にも書いたけどニコール
誘う女というガスヴァンサントの映画では
こんな感じです、ハマるんですよね~
これ、変で面白い映画でした 笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

26 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画:ペーパーボーイ 真夏の引力 The Paperboy 腐臭がねっとりとこびりつく、ってもしかして凄いかも (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
1969年。場所はフロリダ州モート郡の田舎町。 そこで一癖も二癖もある面々が集合する。 殺人事件の死刑囚に冤罪の可能性があるとしてべく、新聞記者2人(マシュー・マコノヒー、デヴィッド・オイェロウォ)が街に来る。 ここに姿を現す取材の依頼主で、まわりを圧倒....
「ペーパーボーイ 真夏の引力」:映画の文法を破壊するヘンすぎ怪作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』は、その軽めの青春映画みたいなタイトルとは真逆
ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数々の映画賞を席巻した『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。ある殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく。主演は、『ハイスクール・ミュージカル』...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 予測不能という言いかたがもっとも似合う映画。
ペーパーボーイ 真夏の引力 (心のままに映画の風景)
1969年、真夏のフロリダ州モート郡。 大学を中退したジャック(ザック・エフロン)は、父親が経営するローカル新聞の会社で、配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。 ある日、大手新聞社に勤める兄...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (Said q winning)
ストーリー:1969年フロリダ、ある問題によって大学を追われた青年ジャック(ザック・エフ ロン)は、父親の会社で新聞配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。ある日、新聞記者の兄ウォード(マシュー・マコノヒー)が、以前起こった殺人事件 で死刑の判決が出た人間...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (あーうぃ だにぇっと)
ペーパーボーイ 真夏の引力@一ツ橋ホール
ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★*☆☆ (センタのダイアリー)
ニコール・キッドマンはアメリカではセレブたちの間でファッションリーダー的存在らしい。 そういうイメージの彼女だからこんな下衆な女を余裕もって演じることが出来るのだろうが、そんなイメージのないア...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (佐藤秀の徒然幻視録)
白人たちの長い暑い夏 公式サイト。原題:The Paperboy。ピート・デクスター原作、リー・ダニエルズ監督。ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キ ...
『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 (Days of Books, Films )
The Paperboy(film review) マイアミの市街地から西へ車で
ペーパーボーイ / 真夏の引力 (映画の話でコーヒーブレイク)
ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒーにジョン・キューザック。 日経の評価も高く、アメリカ南部を舞台に、このメンバーで繰り広げられるサスペンスというので 見てきました。 マシュー・マコノヒー主演の硬派サスペンス「リンカーン弁護士」を....
「ペーパーボーイ 真夏の引力」 (或る日の出来事)
なんたって、ニコールにブッタマゲタ!
ペーパーボーイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ペーパーボーイ―真夏の引力』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)印象的だった『プレシャス』の監督リー・ダニエルズの作品でもあり、ニコール・キッドマンが出演するというので、映画館に出かけてみました。  本作の舞台は1969年のフロリダ。ジャンセン家でメイドだ...
「ペーパーボーイ 真夏の引力」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Paperboy」 2012 USA 1969年、フロリダ。人生の目標を失ったジャックは大学を中退し、地方新聞のオーナーである父親を手伝い新聞配達で退屈な日常をやり過ごしている。ある日、新聞記者の兄ウオードが黒人の弁護士ヤードリーを伴い帰省する。そして保安官殺しで...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (風に吹かれて)
壮絶で辛すぎる ひと夏の経験ニコールのビッチぶりがすごい!公式サイト http://paperboy-movie.jp原作: ペーパーボーイ (ピート・デクスター著/集英社文庫)監督: リー・ダニエル
ペーパーボーイ 真夏の引力(2012)◇◆THE PAPERBOY (銅版画制作の日々)
 覗いてはいけない、禁断の闇 またまたお久しぶりです。ようやくシネマに出かけて来ました。7月末以来です。気になっていた映画はほとんど終了してしまい、、、、。この作品も来週までということを知り、慌てて観に行って来ました。 暑いこの時期にお薦めですかね。じ...
「ペーパー・ボーイ~真夏の引力」 (ここなつ映画レビュー)
すごく面白かったです。最近、「華麗なるギャッツビー」やこの「ペーパー・ボーイ」など、アメリカ現代文学の珠玉が映画化されていて、やはりそれはハリウッドのCG満載の荒唐無稽物とは一線を画していて見応えがある。いや、もちろん、荒唐無稽物が悪いと言ってる訳で...
時代と暗部を (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「ペーパーボーイ 真夏の引力」を鑑賞しました。 青年ジャックは新聞記者の兄ウォードが以前起こった殺人事件で死刑の判決が出た人間が 実は無罪かもしれないという可能性の取材を手伝いをすることに 取材の過程で死刑囚の婚約者シャーロット出会...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (♪HAVE A NICE DAY♪)
この方々が凄いんですけど・・・ 予想していたのと全然違ってました これは・・・えーと・・・。サスペンス?と思いきや? 一応サスペンス??うーむ・・・。 ストーリーよりも、異常な人間に重点を置いてる感じです。 皆さん、それぞれ身体張ってます。色々と....
底なし沼~『ペーパーボーイ 真夏の引力』 (真紅のthinkingdays)
 THE PAPERBOY  1969年の夏、フロリダ州モート郡。ジャック(ザック・エフロン)は水泳選手 としての将来を棒に振り、大学を中退して実家に戻っていた。父親(スコット・ グレン)の経営す...
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-62.ペーパーボーイ 真夏の引力■原題:The Paperboy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:101分■料金:1,000円■観賞日:8月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作:リー・ダニエルズ□原作・脚本:ピート・デクスター◆ニコール・キッ...
ペーパーボーイ~真夏の引力~ (はるみのひとり言)
テアトル梅田で見て来ました。1969年のフロリダ州。大学を中退し父の会社で新聞配達をしてるいたいけな青年ジャックくん。母親は幼い頃に家を出て行き、一緒に暮らす父の恋人とは馴染めず、心を許せる相手は黒人メイドのアニタだけ。ある日新聞社に勤める兄が、4年前に起...
『ペーパーボーイ 真夏の引力』 (映画大陸)
 この映画のタイトルの頭の部分に「林家」と付けるだけで、なんだか芸能人の誕生日をスラスラと言えるような気がしてしまうのは、僕だけでしょうか?   ・・・はい、いきなり ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (こんな映画見ました~)
『ペーパーボーイ 真夏の引力 』---THE PAPERBOY---2012年(アメリカ)監督:リー・ダニエルズ出演:ザック・エフロン、ニコール・キッドマン 、マシュー・マコノヒー 、ジョン・キューザック 、メイシー・グレイ、デヴィッド・オイェロウォ 、スコット・グレ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (映画三昧、活字中毒)
■ DVDにて鑑賞ペーパーボーイ 真夏の引力/THE PAPERBOY 2012年/アメリカ/107分 監督: リー・ダニエルズ 出演: ザック・エフロン/ニコール・キッドマン/マシュー・マコノヒー/ジョン・キューザック/メイシー・グレイ 公式サイト 1969年、07月12日、フロリ...
ペーパーボーイ 真夏の引力 (いやいやえん)
ニコール・キッドマンがけばい年増女を演じてます。そして彼女に恋するのが新聞配達のザック・エフロン。 ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザック。 記者のウォード・ジャンセンは、黒人の同僚と、実家で新聞配達を手...