我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

グッドナイト&グッドラック/Good Night, and Good Luck.

2006-05-05 00:05:55 | 劇場&試写★5

50年代のアメリカで、ニュースキャスターの鑑と讃えられた伝説の男、
エド・マローとマッカーシーの伝説的な闘争

テレビ 政治を描いた、ジョージ・クルーニー監督としての第2作目。
製作には、またもスティーヴン・ソダーバーグ監督が参加。


先日のアカデミー賞では、この作品での監督賞は逃したものの、
「シリアナ」で助演男優賞受賞


ジョージも勿論出演。自分を押さえた控えめな演技が好印象


父親が実際、長年ニュースキャスターで
常に"ニュースを誠実に伝えること"に精力を注いできた人らしく、
初監督作品「コンフェッション」に続いて
テレビ業界を舞台にした、シリアスな社会派ドラマ


ハマリ過ぎてて、全然気づかなかったけど、主演はデヴィッド・ストラザーン


粗編集が終わったばかりの状態で、一番最初に観せたのが父親。
その時、「よくやった」とたったひとこと
最高の賛辞を送ってくれた、、、、という
ジョージクルーニー、入魂の一作

すべてがモノクロ映像で、当時のドキュメンタリー映像なども交えながら
一人のエド・マローという人物を通して
"ジャーナリズムとは、真実をもたらすものではなかったのか?"を問いかける。

その中にはマッカーシー上院議員が役者のようにそのまま実際に登場してる。
役者が演じると、似てる似てないなどという見方がでてしまうから、
本人の映像を使う必要があったらしい。
そこが真実、リアリティを生んだ一因。
全体的にドキュメンタリータッチで作られていて、'50年代のテレビが普及し始めた頃の
報道の在り方を唱えてる。


スタジオからニュースを読むのではなく、副調整室から
締めの言葉は「Good Night, and Good Luck.」 
こんな誉め方、ミーハーだけどその姿は渋くて格好いい~


下まつげの濃い三人組☆
内、一人は、麻薬所持で度々逮捕されてるロバート・ダウニーJr.


マッカーシーという名前は知っていても、実際どんな悪どいことをしてた人なのか、
とか当時の全米の恐怖とか、
全然知識もないワタシが観るのはそもそもどうかと思ったんだけど。。。。

ジョージはこの作品で監督としての力量を思う存分発揮、
十分認められるだけの作品を創り遂げたと思う☆

押し付けがましくもなく、クールにそれは完璧といってもいいんじゃないかな。
テレビは何の為にあるのか、
報道を通してやるべきことが突き付けられる。
報道陣は観るべきだと思うし、真の正義、ジャーナリズムとは?
というのをまざまざと見せつけられる映画。



"面白く感じる”ような作品では元々ないのかもだけど、
ワタシの☆評価はその作品の出来上がりを評価するものじゃなくて
自分が観て楽しめたか、お勧め度が基準なので、、、、

5/10
そういうことで、観る人が観れば素晴らしい作品とは一目瞭然☆ だと思う。
あとはそれぞれの感じ方次第。(何でもそうだけど)
政治に感心が深い人ほど楽しめる作品、かな。
マスコミ各誌が絶賛するのも頷ける。
興味のある方は是非!


ワタシにはちょっと好きではないジャンルなのです、、、、
でも観て後悔はしてない☆

お勧めしておきながら、自分はあんまり好きではないという。。。
決して嫌いとかじゃないの、退屈はしなかったし。(言い訳?)
でも引きこまれるーってこともなかったのよね、正直な話。

ラストのマローの言葉が、全てを要約している。


全編通して一人のシンガー、ダイアン・リーヴスが歌うジャズがすごくシャレてて
心地良かった~

サントラ、良さそう

こちらでダウンロード&試聴可能みたい♪

 公式サイト
5月13日より全国各大ロードショー
現在、六本木ヒルズシネマにて公開中☆



ジョージクルーニーの、熱意と勇気に拍手~

次回監督作は社会派映画ではなく、
コーエン兄弟が書いたダークコメディ作品、"Suburbicon"


人気blogランキング←please click
現在、5位にランクイン 嬉しいです
いつも読んでくれて&応援もありがとう~~


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊☆パリスヒルトン観察日記 | TOP | セレブの子供☆part 2 »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これも見たい! (きゃんでぃー)
2006-05-05 01:08:53
こちらではもうDVDになってリリースされてます。 これも見たいんだよねぇ~~!!

報道とは真実を伝えること、、。私もそう思うし、そう願っている。。。 最近の報道は どちらかよりっていう報道のされ方だったり、キャスターの個人的感情が入ってしまったり、、 ほんとうにコレが真実なのだろうか?って思える報道が多いですよね。 いろんな情報を取り込むことが簡単になったからこそ、ちゃんと自分で判断ができるようじゃないと、気が付いたら流されていそう~



社会派の映画も好きなので、これは見ます!!



ところで、RENTを見ました! なかなか良かったっすね。 英語が理解できず、っていうところが多々あったのですが、それでも楽しめました。 トラックバックも送らせて頂きました~~
はじめまして! (ふる)
2006-05-05 01:21:02
かっこいいブログですね!

自分も映画好きだったり小説好きだったりするのですが、うまくそれを表現できません。



過去の記事読みました。「必見」に「時計じかけのオレンジ」が入っているのを見て、にんまりしてしまいました。

また、ジョージ・クルーニーは初めて見たのはERのダグ役で、女ったらしのイメージが強かったのですが、その後役者、映像作家としての活躍には目を見張ります。

また、遊びに来ます。
きゃんでぃ~さん☆ (mig)
2006-05-05 10:02:32
え~、もうDVDになってるんだーやっぱり早いねそちらは



そうそう、ジョージクルーニーはあんな甘いマスク?でも

訴えるべきことにはきちんと誠実に

熱意をもって取り組んでいるのが尊敬するに値すると思う



「レント」よりも、会話などが英語が難解そうだよ~、

きゃんでぃーさんのレビュー、楽しみにしてまーす
ふるさん☆ (mig)
2006-05-05 10:08:03
はじめまして



カッコイイ、だなんて

ありがとうございます



ふるさんのblog見せて頂きました~

書いてらっしゃること、言葉が面白いです☆



あの動物の写真、コメント笑わせてもらいました♪

キリンって可愛い顔してますよね~



また遊びにいかせてもらいます、

なかなかコメントできないかもしれないですけど、、、



ジョージクルーニー、本当に見ためとは裏腹に、

今後も期待出来る監督さんになりましたー

是非、この作品も観てみて下さい

「時計じかけのオレンジ」は、キューブリックの傑作ですよね。

30年以上経った今でも新鮮に観られるのは凄いことだと思います
訪問ありがとうございます (ふる)
2006-05-05 14:52:45
私のくだらなブログに来ていただいたとは、恐縮です。通常は写真日記ではないので、文字だらけなのです。で、写真だけ載せようかと思ったのですが、「らしくない」というツッコミが予想できたので、いいかげんなコメントをくっつけました。

「キリリン」はほんとにかわゆいです。



しかしジョージ・クルーニーがまさかマッカーシズム取り上げるとはビックリです。ぜひ見たいと思います。また、先日キューブリックの伝記を読んだのですが、彼の手法には驚くばかりです。
ふるさん☆ (mig)
2006-05-06 01:19:20
こんばんは☆

コメントありがとうございます



また遊びに行かせてもらいますね。



キューブリックの伝記ですかー。

内容が濃そうです



またこの作品観られたら是非感想お伺いしたいです。
キューブリック (ふる)
2006-05-07 01:40:22
キューブリックの伝記はさすが、伝説の天才だけあってたくさんありますよね。

ヴィンセント・ロブロットの「映画監督スタンリー・キューブリック」は破天荒な彼の人生だけじゃなく、映画監督としての彼の天才性、特に撮影技術にかなりスポットライトを当ててました。

映画史上最も映像がきれいだと言われる(?)バリー・リンドン。昔のアイルランドは太陽の光しかなかったんだから、ライト使わないと言い出す。そのため露出の明るいレンズ開発(?)したり、ステディカムを最初に使ったのも彼だそうです。後は、カメラのモニターもやはり最初だとか。

読んでますますファンになりました。

追伸:グッドナイト~いつ見られるか分かりませんが、見たらぜひ感想書かせてください。
こんばんは (kaz-net poteto)
2006-05-07 03:01:52
はじめまして、TBありがとうございます。

最初から最後まで、シリアスな映画でしたね。

ジョージ・クルーニーのキャラを考えるとちょっと驚きですが、終始緊張感のある作品でしたので、反対にそれがリアルでした。



マローのカリスマ性や原動力は、今の世の中でも充分通用するような気がします。

こんにちわ☆ (orange)
2006-05-07 16:21:57
migさん☆こんにちわ~。

この映画は、本当にジョージ・クルーニーに拍手したいです。

社会派好きには、たまらない作りの映画でしたね♪
ふるさん☆ (mig)
2006-05-07 23:41:30
こんにちは、

なるほどー。詳細教えて下さりありがとうございます☆



そうなんですね、やっぱり巨匠と言われるだけある人です、

「グッドナイト~」のレビュー、書かれたら読ませてもらいます
kaz-net potetoさん☆ (mig)
2006-05-07 23:45:00
コメントありがとうございます。

ジョージクルーニー、色々な作品の製作にも携わっていますよね、今後も俳優としてだけでなく裏方としてのジョージも楽しみですよね
orangeさん☆コメントありがとう♪ (mig)
2006-05-07 23:53:35
こんばんは~。



この作品、メッセージは伝わるんですが、

あんまり好きな感じじゃなかったかな



ジョージクルーニー、本当に今後に期待出来そうです!

楽しみですね
こんにちは (ラフマニノフ)
2006-05-08 11:22:36
おじゃまします。



この作品、エンターテイメントに欠けるので、好き嫌いが分かれると思いますが、ジョージ・クルーニーの想い、は伝わってくる作品ですよね。



私もマローのスピーチには感じ入るところがありました。でも、吸い過ぎには注意した方がよいかもしれません(笑)。
ラフマニノフさん☆こんにちは (mig)
2006-05-09 01:26:02
たばこ、凄い吸ってましたね~



50年代当時、あんな感じだったのでしょうねー。

それにしても色々な伝記が映画化する中、

メディアに対しこうあるべきと

謳った作品はあまりない気がするので

そういう意味でも、観る価値はありますよね、好きか嫌いかは置いておいて(笑
こんばんわ (ななな)
2006-05-09 18:03:29
決して嫌いじゃないけど好きじゃない気持ちよく解る(笑

観て損はないけど・・・何か好きじゃないな~って。

報道関係者だったり興味がありありの人が見ると見方がだいぶ変わってくるんでしょうね。

私にはちょいと難しかったです。

でも嫌いじゃない 爆
なななさん☆こんばんは♪ (mig)
2006-05-09 22:46:31
そうそうワタシもそれなの(笑



いまいち踏みこめないのは徹底したクールさにあるのかなぁ、、、、

大人の映画!って感じですよね。おもいっっきり社会派で。



ジョージクルーニー、次は社会派作品ではないって言ってるので次回作ではコーエン兄弟の脚本で思いきり笑えるコメディ

でも作って欲しいな~
こちらにもこんばんは! (Ken)
2006-05-11 23:52:21
migさん、こちらにもどうも!

僕はこの作品、結構痺れましたです。

煙草片手に巨大権力にクールに立ち向かうエド・マローさんがカッコイイ!抑えた映像も50年代のファッションもジャズも。

これからはスクエア・オヤジの時代だ、と確信した次第です(笑)。

kenさん☆ (mig)
2006-05-12 13:13:13
こちらにもコメントありがとうございます

くる人にはキますよね~(笑

ヘンな言い方

ジャズ、も良かったし、

エド・マロー自身が本当にカッコイイ生き方をしている方で、その真実を伝えるという熱意今に至っても尊敬されてる人物として興味深いですよね
みてきました~ (カオリ)
2006-05-13 13:08:38
エド演じるストラザーン、カッコよいです!タバコ、目線、最後の決まり文句。そして言葉を武器にするとはこういうことなのだと・・・G・クルーニー監督にも拍手!でした。
カオリさん☆ありがとう~ (mig)
2006-05-14 01:07:15
カッコ良かったですよね、

大人の映画でした☆

カオリさんのアメーバブログさん、混んでいてみられなかったので後でTBお返しします~

いつもありがとう♪
TBありがとうございました (can)
2006-05-17 00:05:15
私もこの映画の類は苦手分野に入るのですが、鑑賞後は"観てよかった~"って思いました

ジョージ・クルーニーにはヤラレちゃいましたね~
Canさん☆ (mig)
2006-05-17 01:31:40
こんばんはー

コメントありがとうございます♪



そうですね、観ておいて良かったと思えます。

クルーニーはスゴイひとです。

製作も色々やってるし、

自分もイイ男なのに、今回裏方で全く我が強くない、控えめな演技、そこに力量を感じます☆
ジョージ (kazupon)
2006-05-18 20:29:16
migさん、テレビのスタッフがみんなものすごい

挑戦をやろうとしているのに、結構クールに

仕事を淡々とこなしているカンジがこの手の

糾弾ものには珍しくて自分にはよかったです!

ただ退屈だと思われるのも凄く判ります(笑)

映画の感想もmigさん所とかみなさんのいろんな参考になるレビューが読めて、テレビの一方的な

紹介よりも最近は充実しているなぁとこの映画を

観て改めて思ってました。

テレビって観てて違うと思っても反論できないですもんね~やっぱりある意味強引なメディアだから

こそ、正しくあるべきというこの映画の主題には

ちょっとひきつけられました。
kazuponさん☆ (mig)
2006-05-18 23:39:03
なるほど~。そうですね!

テレビは娯楽番組は何となくつけてるけれど、

実はニュースが一番興味あります



どれだけ正確に、私見をどの程度交えて話すのか、

キャスターの立場、メディアの役割というものを訴えかけられてこんな作品は多分なかったのでやはり

ジョージは成すべきことを自分の立場でやリ倒したということなんですよね。



それにしても近年は社会派といわれる考える作品、多いですね
観ましたが (jamsession123go)
2006-05-20 16:41:25
こんにちは、jamsession123goです。

先週観ましてさっきようやくレビューを公開しました。

ジョージ・クルーニーなので、期待してたのですが、彼の個人的な思い入れがあって、力が入りすぎたんじゃないでしょうか。

予告編を観て期待してたのには、及ばなかったですね。

ちょっと残念です。
jamsession123goさん☆ (mig)
2006-05-21 01:29:37
こんばんは♪

そうですかー、

ジョージは頑張りすぎましたか、、、

頑張ってたとは思うんですけど

あんまり好きじゃなくてのめりこめなかったのが正直なところです、、、、
実は・・・ (charlotte)
2006-06-12 21:18:17
こんばんは~

頑張ってスパムTB消してますよ…とほほ

ところでかなり遅くなりましたがやっと見に行ってきました。

熱かったなあ~、メッセージ。

でも、映画的な娯楽さは感じずドキュメンタリー風に見えてしまった。汗

こういうのが好きな人には、はまる作品でしょうね。

migさんに白状するとやっぱりうとうと…
charlotteさん☆ (mig)
2006-06-12 21:49:58
こんばんは♪

TBありがとう~



そう、すっごく暑い、じゃなかった熱い、クルーニーさん。

うとうとなるのも分かりますよぉ



こういったお堅い作品ワタシはあんまり好みじゃないのです、、、☆

メディアに好評なのもわかるしいい作品、だったんだけど



charlotteさんは「デスノート」観るのかなぁ。。?

マンガを読んでない人の意見楽しみです是非♪
こんにちは♪ (ミチ)
2006-07-04 18:34:49
タバコって好きじゃないんですけど(たしかmigさんもそうでしたよね?)、この映画のマローのタバコはあまりにカッコよかったですね。

セルフプロデュースの小道具になってたみたいで。

あんなに煙もうもうの部屋なんて今は考えられないわね。

白黒のおかげでとっても男性がダンディに見えました(笑)
ミチさん☆ (mig)
2006-07-04 23:32:18
こんにちはー

そうなんです、スキじゃないどころか

大きらいで、、、



でもほんと、カッコイイ

ダンディな男の世界でした。



今日試写で観た「サンキュースモーキング」も

タバコがテーマの作品で

(ケイティホームズが出て話題)

でも一度もタバコふかすシーンでてこないの、

それはまたそれで凄かった(笑

なかなか面白かったですよん☆
素晴らしい映画 (granpa66)
2011-10-05 10:12:27
ジョージ・クルーニーのこの映画の基になった本「やむを得ぬ事情により」を1971年に読んで以来私のバイブルです。その時は早川書房から「ジャーナリスト選書」シリーズとして発刊され新聞やラジオの分野の本も出ておりましたがすぐに廃刊になってしまいました。この映画公開の折、映画館の入り口で売っていましたが装丁も全く変わっていて買う気にはなりませんでした。きっとたくさんの在庫が残ったのではないかと思います。それが日本という国ですものね。
granpa66さん☆ (mig)
2011-10-05 23:03:59
こんばんは☆昔の記事にコメントありがとうございます。
なるほど。。。

ちょっと私には難し過ぎたかもしれません。
エンタメ映画が基本好きなので、、、、

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

58 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
真のジャーナリズムとは 「グッドナイト&グッドラック」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_suki/} グッドナイト&グッドラック ジョージ・クルーニー監督作品。 すごい社会派の作品ですね。 戦後赤狩りと言われる共産党を弾圧する活動に対して、異を唱えたニュースキャスター、エド・マローの話。 エド・マローを演じるデヴィッド ...
『グッドナイト&グッドラック』 (ラムの大通り)
----この映画アカデミー賞6部門ノミネートニャんだって? えっ、監督がジョージ・クルーニー。本当? 「うん。共同脚本に出演も兼ねている。 で、製作総指揮が今や彼の盟友スティーブン・ソダーバーグ」 ----いつの時代のお話なの? 「1950年代のアメリカ。 そこで ...
「グッドナイト&グッドラック」 (kaz-netブログ)
29日からTOHOシネマズ六本木ヒルズにて独占先行ロードショーが始まりました。
『グッドナイト&グッドラック』★★☆・・ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『グッドナイト&グッドラック』公式サイト制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン 上映時間;93分 配給;東北新社 監督;ジョージ・クルーニー出演;ジョージ・クルーニー/デヴィッド・ストラザーン/ロバート・ダウニー・jr観賞劇場:5/4(金)ヴァージンシ ...
グッドナイト&グッドラック (映画通の部屋)
「グッドナイト&グッドラック」Good Night, and Good Luck
報道の真意を問う【グッドナイト&グッドラック】 (犬も歩けばBohにあたる!)
こんなにもいぶし銀がそろった映画を観たのは久々! ジョージ・クルーニー監督・出
『Good Night,and Good Luck.』 (моя комната (私の部屋))
初めてメガホンを取った『コンフェッション』が高い評価を得たジョージ・クルー二ーの監督第二作で、アカデミー賞の有力候補に挙げられている話題作。ジャーナリストを父に持つクルー二ーのパーソナルな思いが込められていると同時に、今また繰り返されようとして ...
おすぎ・SMAP 稲垣吾郎絶賛!「グットナイト&グットラック」モノクロが魅力的 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「シリアナ」で第78回アカデミー賞 助演男優賞を獲得した ジョージ・クルーニー監督作品 「グットナイト&グットラック」がまもなく公開されます。 1950年前半に 国民的ニュースキャスターと言われた <エド・マロー>の真実の物語です。 映像は、時代背景 ...
ジョージ・クルーニー George Clooney 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),6 May 1961,Lexington, Kentucky, USA 本名 George Timothy ClooneOcean\'s Thirteen (2007) Michael Clayton (2006) The Good German (2006) グッドナイト&グッドラック Goodnight, and Good Luck (2006) シリアナ Syriana ...
ロバート・ダウニー・Jr Robert Downey, Jr. 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),4 April 1965,New York, New York, USAThe Sangraal (2006) Poe (2006) Zodiac (2006) Fur (2006) Lucky You (2006) The Shaggy Dog (2006) A Scanner Darkly (2006) A Guide to Recognizing Your Saints (2006) グッドナ ...
グッドナイト&グッドラック (見た映画を書き留めておく)
鑑賞日:2006年5月2日 場所:TOHOシネマズ六本木 監督:ジョージ・クルーニー 出演:デヴィッド・ストラザーン 、ロバート・ダウニー・Jr 、パトリシア・クラークソン 、     レイ・ワイズ 、フランク・ランジェラ 製作年:2005年 製作国:ア ...
現代の日本社会にも通じる問題。『グッドナイト&グッドラック』 (水曜日のシネマ日記)
1950年代のアメリカを舞台に、 人気TV番組のキャスターであったエドワード・マローと、 「赤狩り」を主導したマッカーシー上院議員との闘争を描いた作品です。
グッドナイト&グッドラック (とにかく、映画好きなもので。)
 放送の良心とは何なのか?人の生きる権利とは何なのか?  子供の頃から放送局という所は巨大なテーマパークだと思っていた。  実は、僕の父を始めとして・・・親戚にテレビ関係者の多い家庭に生まれた僕にとってテレビというものは、 ...
23 グッドナイト & グッドラック (毎週水曜日にMOVIE!)
このブログをはじめてから、初めていく映画の日。ぜんぜんいけなかったんだよねー。それを利用していってまいりました。ジョージ・クルーニー監督「グッドナイト&グッドラック」 ジャジーな雰囲気で始まり、全編モノクロ。50年代のアメリカの雰囲気を、とても ...
『グッドナイト&グッドラック』を観た (TV視聴室)
ジョージの兄貴の作品が2本。演技者としての『シリアナ』を観るか?監督&脚本家としての『グッドナイト&グッドラック』を観るか? それが問題だ…。
「グッドナイト&グッドラック」 (てんびんthe LIFE)
「グッドナイト&グッドラック」 「政治とジャーナリズム」シンポジウムつき試写会 ニッショーホールで鑑賞 アカデミー賞の監督賞にノミネートされたジョージ・クルーニー監督第2作目。これだけで見に行く価値はあると思われました。が、私にはちょっと内容が ...
グッドナイト&グッドラック (映画を観たよ)
赤狩り? そんなことも解らず見に行ってきました。 ご丁寧に上映時に時代背景の説明をつけてくれたので何とかちょい解りつつ観たのですが・・・ ホント渋い映画。 ジャーナリズムという仕事に興味はなくはないんだけど結構淡々としているので興味がないと観ている ...
映画:グッドナイト&グッドラック (駒吉の日記)
「グッドナイト、そしてグッドラック」 モノクロの映像効果もあいまってかなんだかドキュメンタリーを観ているような気分になってました。 耳障りのいい楽しく面白いことだけを放送すればいいのか、その影響力を自覚していて真実を伝え筋を通そうとした人々の ...
【映画】グッドナイト&グッドラック (セルロイドの英雄)
\"Good Night, and Good Luck.\" 2005年アメリカ監督)ジョージ・クルーニー出演)デヴィッド・ストラザーン ジョージ・クルーニー ロバート・ダウニー・Jr パトリシア・クラークソン ジェフ・ダニエルズ フランク・ランジェラ レイ・ワイズ満足度 ...
グッドナイト&グッドラック(05・米) (no movie no life)
またもや行ってきました、歴史講座・資料&ワンドリンクつき・プレミアムナイト1000円。今回は、「ホテル・ルワンダ 」のときよりも講座が1時間と長めだったので、すごく良く理解できました! 私も高校時代に世界史はやってたんですが、やはり改めて聞くと違い ...
グッドナイト&グッドラック (Pocket Warmer)
邦題:グッドナイト&グッドラック 原題:Good Night, and Good
グッドナイト&グッドラック (週末に!この映画!)
期待値:77%  アメリカのニュースキャスター、エド・マローとスタッフたちの物語。 1950年代に行
グッドナイト&グッドラック  (奥様的部屋)
久しぶりのロバート・ダウニーJr.出演作 赤狩りと闘ったニュース・キャスター、エド・マローの活躍を描いたモノクロ作品 実は、外国の政治モノ、モノクロ、俳優の監督・・・と私の苦手要素がたくさんある、普段だったらまず、よっぽどのことが無い限り観ないジャ ...
【 グッドナイト&グッドラック 】 (もじゃ映画メモメモ)
1950年代、上院議員マッカーシーによる”赤狩り”に立ち向かったニュースキャスター、エド・マローと番組スタッフたちの社会派ドラマ。 日本人には馴染みが薄いでしょうか、”赤狩り”って何?って人は概要くらいは勉強した方がいいかもしれません。史実としての ...
グッドナイト&グッドラック (ネタバレ映画館)
 国内に自由がないのに、他国に自由を与えるなんて無理だよなぁ・・・
「グッドナイト&グッドラック」   \"Good Night, and Good Luck.\" (MIWOのレタスなLOGBOOK)
クレジットロールが果てたとき、思わず拍手したくなった。
グッドナイト&グッドラック (It\'s a Wonderful Life)
テレビがまだ黎明期だった時代、情報を発する側だからこそ 権力者の不正な行いを、視聴者に真実と公平さを持って放送した 伝説のキャスターエド・マローとそのスタッフ達の物語。 ジョージ・クルーニーの監督第二作は、モノクロームの映像が 50年代をス ...
グッドナイト&グッドラック GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー主演 1950年代アメリカ 共産主義者による破壊活動が行われていると 共和党上院議員ジョセフ・レイモンド・マッカーシーが論じます そして国務省職員の中にも205人共産主義者がいると告発したのです これを発 ...
『グッドナイト&グットラック』遠い日の東と西。 (キマグレなヒトリゴト)
心地いいJAZZとハラハラする舞台の裏側。 『Good Night, and Good Luck』という台詞のバッググラウンドには こういうお話があったのか。 グッドナイト&グッドラック ぽちっとプリーズ。
シネマ日記 グッドナイト&グッドラック (skywave blog)
モノクロの画面、スタンダードナンバーのジャズボーカル。50年代を見事にかもし出し、まるで当時製作された、ドキュメンタリー映画を観ている錯覚に陥るでしょう。 50年代ア
グッドナイト&グッドラック(2005年) (勝手に映画評)
タイトル グッドナイト&グッドラック ---感想--- 時は、マッカーシズムの嵐吹き荒れる1953年のアメリカ。その不適切な活動を食い止めるべく立ち上がった伝説的ニュースキャスターエド・マローとその仲間達を描いた社会派映画。『テロとの戦い』が最優先される現 ...
グッドナイト&グッドラック (Kinetic Vision)
全く違う二つの「声」が対決する。マッカーシー上院議員とエド・マロー。番組の合間に流れるジャズを除けば、二人がそれぞれ自分の主張を語っているとき、場面を盛り上げるような余計
映画@グッドナイト&グッドラック/Goodnight, and Good Luck (sattyの癒しのトビラ)
1950年代、全米に吹き荒れた“赤狩り”旋風 ソ連との冷戦によるマッカーシー議員の共産追放運動 共産党員やそのシンパの嫌疑をかけらた者は職を失い、裁かれ。。 公聴会で他人を告発することを強いられるなど 国民は恐怖のどん底に突き落とされていた。。 そんな ...
グッドナイト&グッドラック (映画をささえに生きる)
全編モノクロ映画です。白黒映像に漂うタバコの煙の白さが美しい。しかし吸いすぎにはご注意を。エド・マローは呼吸器系のガンになりました。それに狭いスタジオで吸ってると副流煙で周囲に迷惑が掛かります・・・あ、登場人物全員吸いまくりだから別にいいのか。
グッドナイト&グッドラック (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
         グッドニュース&グッドラック(2006年、アメリカ、東北新社) http://www.goodnight-movie.jp/ ? 監督:ジョージ・クルーニー 出演:デヴィット・ストラーザン、ロバート・ダウニー・Jr、パトリシア・クラークソン、他       ...
グッドナイト アンド グッドラック ([踊]Dance!Dance!Dance!)
毎月17日が伏見ミリオン座の日ということでリーズナブルな料金で見られる日というのをこないだ知ったので行って来た。最終回ということであまり人が入ってなかった。人気俳優ジョージ・クルーニーが監督、スティーブン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニーが設 ...
グッドナイトアンドグッドラック (シネマ日記)
GOOD NIGHT AND GOOD LUCK.とはジョージクルーニーがデートした女性にいつも言う言葉…というのは、今年のアカデミー賞の司会者ジョンスチュワートが飛ばしたジョーク。ジョークを解説するほど野暮なこたぁないんだけど、英語のジョークなので一応解説を入れますと ...
「グッドナイト&グッドラック」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2005年・米/監督:ジョージ・クルーニー) 俳優のジョージ・クルーニーが脚本(共同)・監督を手掛けた社会派映画の力作。 1950年代に全
グッド・ナイト&グッド・ラック (eclipse的な独り言)
 ジョージ・クルーニーの監督作品です。白黒です。短いです。よってモーニング・シ
『Good night & Good luck』 (きぶんしだい)
アカデミー賞主要6部門ノミネート作品                『グッドナイト&グッドラック』 を観てきました☆ ●あらすじ● 1954年、アメリカ。 百万人の民衆が一人のジャーナリストに託した 自由の夢。 当時のアメリカでは共産党の人 ...
これもまたハリウッド映画、「グッドナイト&グッドラック」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 映画の本質とは関係ないが、1950年代のテレビキャスターはタバコをふかしながら、カメラに向かってしゃべっていたんだ、とやけに気になった「グッドナイト&グッドラック」(ジョージ・クルーニー監督)。今では考えられないほど、放送局は紫煙いっぱいの世 ...
[ グットナイト&グッドラック ]ジャーナリスト宣言! (アロハ坊主の日がな一日)
[ グットナイト&グッドラック ]@新宿歌舞伎町で鑑賞。 「私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト 宣言。」かっこはいいが、今さら感のある朝日新聞のCM。 しかしもしかしたら。このご時勢だからこそ必要なメッセ ージなのかも。 同じく ...
マッカーシズムとは「グッドナイト&グッドラック」 (再出発日記)
監督:ジョージ・クルーニー出演:ジョージ・クルーニー、デヴィッド・ストラザーン、ロバート・ダウニー・jr、パトリシア・クラークソン、ジェフ・ダニエルズ50年代、一度吹き始めた「反共主義」「赤狩り」という名前の恐怖は、アメリカ社会を「萎縮社会」に ...
グッドナイト&グッドラック (泥海ニ爆ゼル)
「グッドナイト&グッドラック」(2005) ジョージ・クルーニー監督の「コンフェッション」に続く第2作。半世紀前のアメリカの伝説的ニュースキャスターとその番組スタッフを描いた社会派作品。アカデミー賞主要6部門ノミネート、第62回ヴェネチア国際映画祭3部門 ...
映画 『グッドナイト&グッドラック』 (Death & Live)
「拘束を試みて米兵の命を危険にさらすより、爆撃で殺すことを選んだ」 すげー思考回路だな。ザルカウィを殺すためにいったい今まで何人の犠牲者を出したと思ってるんだ。民間人だって亡くなってるんだぞ。 イカれた米国。されど米国。 国のトップがイカれたこと ...
グッドナイト&グッドラック (シャーロットの涙)
テレビの情報や宣伝というものがどれだけ虚構なものか私達は知ってるだろうか。 まずテレビというものは自分が受身に徹してしまう、ある意味洗脳の賜物。 例えば、健康番組で取り上げた商品が翌日に売り切れるといった、宣伝効果は抜群の箱。 目の前に流れてきた ...
グッドナイト&グッドラック (メルブロ)
グッドナイト&グッドラック 上映時間 1時間33分 監督 ジョージ・クルーニー 出演 デヴィッド・ストラザーン ジョージ・クルーニー ロバート・ダウニー・Jr パトリシア・クラークソン 評価 5点(10点満点)  日比谷シャンテシネで観賞。相変わらず ...
■47号 ジョージ・クルーニー インタビュー (ビッグイシュー応援団(第三期))
映画「グッドナイト&グッドラック」の制作したクルーニー。 アメリカを守るためにはアメリカ的なモノを犠牲にするしかないのか? 魔女狩りについての団長の解説も。
グッドナイト&グッドラック (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
自由と平等の国、アメリカ。そのアメリカの自由が、どうもこのところ怪しい...。9.11以来、テロへの恐れからくる疑心暗鬼に支配されてしまったような雰囲気さえ漂い、「自由の国」の意外な脆さが浮き彫りにされています。 本作は、時代を第二次大戦後の冷戦 ...
グッドナイト&グッドラック (CinemA*s Cafe)
http://www.goodnight-movie.jp/ 愛するジョージクルーニーがアカデミー監督賞にまでノミネートされたこの映画。 いざ、映画が始まると「あぁ・・ジョージがカメラ越しにあれやこれやと指示しながら撮影したの
「グッドナイト&グッドラック」 GOOD NIGHT,AND GOOD LUCK (俺の明日はどっちだ)
時代は東西冷戦が現実のものとなって次第に緊張感が高まっていた1950年代初頭。テレビの黎明期でもあったそんな頃アメリカ中を恐怖に包み込んだマッカーシー旋風が吹き荒れる中、権力に屈することなく真のジャーナリズムを貫いたテレビキャスター、エド・マローの ...
映画「グッドナイト&グッドラック」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グッドナイト&グッドラック」 “赤狩り”の嵐が吹き荒れる1953年のアメリカで、ニュースキャスターのエド・マローたちは真実を報道することを決意する。タイトルはマローが番組の最後に必ず言ったセリフ。 全編白黒映像で重厚な雰囲気が漂う。当時 ...
グッドナイト&グッドラック (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 93分 監督 ジョージ・クルーニー 原作 - 脚本 ジョージ・クルーニー 、グラント・ヘスロヴ 音楽 - 出演 デヴィッド・ストラザーン 、ジョージ・クルーニー 、ロバート・ダウニー・Jr (allcinema ...
グッドナイト&グッドラック (Good Night, and Good Luck.) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・クルーニー 主演 デヴィッド・ストラザーン 2005年 アメリカ映画 93分 ドラマ 採点★★★★ 映画ばっか観ている私ですが、それで別に賢くなるわけでも殺人鬼になるわけでもありません。ただ一つだけ身をもって感じるのが、映像の持つ強大な影響力と、その...
『グッドナイト&グッドラック』 (Sweet* Days)
グッドナイト&グッドラック 通常版 監督・脚本:ジョージ・クルーニー CAST:デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー 他 ヴェネチア国際映画祭主演男優賞、脚本賞 他受賞STORY:1950年代、米ソ冷戦下のアメリカ。マッカーシー上院議員により共産...
「グッドナイト&グッドラック」 (ひらりん的映画ブログ)
ハリウッドを代表する俳優ジョージ・クルーニーが監督した作品。 2005年度オスカーで6部門にノミネートされてた力作。
<グッドナイト&グッドラック>  (楽蜻庵別館)
2005年 アメリカ 94分 原題 Good Night, and Good Luck 監督 ジョージ・クルーニー 脚本 ジョージ・クルーニー  グラント・ヘスロヴ 撮影 ロバート・エルスウィット 出演 デヴィッド・ストラザーン  ジョージ・クルーニー  ロバート・ダウニー・ジュニ...
映画評:グッドナイト&グッドラック (映画と写真のブログ)
1950年2月。 マッカーシー上院議員が「国務省職員に205人の共産主義者が勤務している」と告発。 これを切っ掛けに、アメリカ全土に赤狩りの嵐が吹き荒れる。 誰もが自身の投獄を恐れ、家族や親しい隣人に疑いを向けた時代。 マスコミすら、政治的圧力と恐怖心...