我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES

2010-01-27 12:42:11 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click


ペドロ・アルモドバル×ペネロペの4度目タッグ

ゴールデン・グローブ賞「外国語映画賞」にノミネート。

アルモドバル監督作は、
「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」「ボルベール」女性讃歌三部作もいいしどれも好きだけど
ガエルが女装する「バッド・エデュケーション」が(ストーリー)脚本では一番(前にも書いたな)

これすっごく楽しみにしてたの、
今回も、やっぱりアルモドバルな、映画でした〜
試写にて鑑賞。

それにしても アルモドバル作品の日本のチラシは毎回素敵
今回はシンプルだけどそれもまたいいな。


ペネロペはかけだしの女優役ということで、
表情がくるくる替わり、いつにも増して魅力的




たまーに、若かりし頃のいしだあゆみ(古!)っぽい時があるけど
綺麗で可愛い〜。子猫や子犬みたいな愛くるしさのあるところが好き。
こんな子だから、じいさんや、監督まで虜にしちゃうのもムリもない。


劇中、女優になってるシーンでは「ヘップバーンみたい」と言われるシーンもあったけど
ヘップバーン+マリリン・モンロー?
これなんてもろそうじゃない?

ヘップバーンよりむしろ、このペネロペ演じるレナの生き方そのものが
マリリンと重ね合わせてみていた。

映画監督ハリー役で、自らの人生を振り返って語るのは、
アルモドバル監督作は「バッド・エデュケーション」に次ぐ二度目、ルイス・オマール。





レナに執着し、パトロンとして側にいる男に「宮廷画家ゴヤは見た」のホセ・ルイス・ゴメス。

気持ちワルいじいさんっぷりもすごく良かった!
マリリンが歳いった男にパトロンになってもらってたりしたのとなんかこの辺
重なっちゃった。



ほか、「ボルベール」にも出演したブランカ・ポルティージョなど。

音楽は昔から組んでいる アルベルト・イグレシアスで、今回も素晴らしい。


2008年、マドリード。脚本家のハリー・ケインはかつて映画監督だったが、
14年前のある事件をきっかけに視力を失い、実名のマテオという名も封印した。
事情を知るエージェントのジュディット・ガルシア(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子・ディエゴが、ハリーの生活や仕事を手助けしている。
ある日、ライ・Xという男が自分の監督作の脚本をハリーに依頼する。
内容が“父の記憶に復讐する息子の物語”と聞き、自分向きではないと断る。
が、ハリーはその男が実業家エルネストの息子であることを思い出していた。
ハリーの過去に興味を持つディエゴに求められ、ハリーはマテオ時代のことを話し始める。
1994年、新進監督だったマテオはコメディ映画を撮ろうとしていた。
エルネストの妻になったレナは一度諦めた女優になる夢を追いかけるため、オーディションに申し込む...。



真実が明らかになって見えてくる、もうひとつの愛


7/10(75点)



観たあと、「なるほど〜」って感じでした。
初めの20〜30分はペネロペ(レナ)と男、別々にストーリーが進行していくので
ちょっと混乱するんだけど、観ている時の疑問なども全てきちんと最後までみていると分かり、繋がってくるのが面白い。


劇中、監督に「あなた、リメイク、続編、伝記物はやらないって言ってたでしょう」っていうセリフがあって、
それこそがペドロ・アルモドバル監督の信念じゃないかなって思えた。
まさに、いつもオリジナル。まったく新しいものを見せてくれる。

このハリーが監督作としての新しい脚本を、同居しているエージェントのジュディエットの息子、ディエゴと共に考える
ヴァンパイアの話が「トワイライト-初恋-」に偶然似てた (笑)

それはさておき、観ていく中、ぐいぐいと惹き込んでいくオリジナルな脚本はさすが!
ペネのセリフが劇中の映像に直接吹き替えるシーンも面白い。
映像は、部屋の感じはもろアルモドバル映画って感じだし、
赤いドレス、赤いシャツ、赤いカーテン、赤いトマト、赤がところどころで効果的に鮮やかに使われる。

封印されていた過去の記憶が明らかになるにつれ、もうひとつの愛が見えてくる。
描いていたのはひとつの愛だけじゃなかった。

途中、なんだかクラッシック映画を思わせるシーンなんかもあるんだけど
きっと監督の好みなんだろうな、「死刑台のエレベーター」やジャンヌ・モローなんて言葉も出て来たり



ペネロペは今回もまた惜しみなく、ちょっとだけどヌードで綺麗な胸もまた披露。
大胆なシーンもこうでなくちゃね!

じいさんは死んでません。


相変わらず女性心理を上手く描くアルモドバル監督!
キャスト皆、それぞれ素晴らしい作品でした〜。
公開したら、全て内容を知ってる上でもう一度観たい!
時間が経ってまた、やっぱり面白かったなと実感。
何度も繰り返し味わうことの出来る、素敵な映画がまた誕生した。
やっぱりいいな、小説の映画化、続編、リメイクでもない映画は新鮮






英語原題の「BROKEN EMBRACES」、抱擁が中断する意味だけど観終えたあとで
ああ、たしかに。「抱擁のかけら」かも。って思えた。


劇中劇はコメディで、わけ分かんないんだけどこれもまた面白い。(笑)




マリリン風ポスター。



LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES  2009年  スペイン  128min
2月6日(土)より、ロードショー




カンヌ映画祭にて。







アルモドバル監督、ミューズのペネにべったり。
いやもうほんとにこの映画のハリー監督は自分なのでは?
こんなブロマイド?撮ってるし。

口にしてるし。






1/23、ロサンジェルスのシュライン・オーディトリアムで行われた、
オスカー前哨戦とも呼ばれている2010年俳優協会賞/SAG Awardsにて。
ドリュー・バリモアと。



ペネロペ出演の次回作、ロブ・マーシャル監督がフェリーニ映画をリメイク!
「NINE」はいよいよ3月19日日本公開決定
めちゃくちゃ楽しみ






ランキングクリックしてね
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「映画秘宝」選!2009年ベスト&... | TOP | エクトプラズム 怨霊の棲む家 /T... »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみ! (あすか)
2010-01-28 06:45:37
これ、すごい楽しみなの。
ペドロ・アルモドバル×ペネロペ作品大好き!
またまたペネロペの魅力溢れる作品って感じだね。

こっちでは3月にDVDだから、まだもうちょっと待たなきゃだなぁー。
NINEも楽しみ!
★あすかちゃん (mig)
2010-01-28 11:28:58
わーい、あすかちゃん好きそうだと思って、
観てないかなぁってちょうど思ってたの!

そっか、DVDまだだったのね。
感想楽しみにしてるよ〜♪
NINEもやっと来月よ
ペネロペ×アルモドバル監督 (はな)
2010-01-28 21:12:53
こんばんは〜
私もこの組合わせ、好きです☆観たいな〜楽しみです。
★はなさん (mig)
2010-01-28 22:35:37
こんばんは♪
今回も良かったですよ〜☆
好みにわかれるかもだけど、アルモドバルのがお好きな人はぜったい好きだと思います
色彩。 (BC)
2010-01-29 01:39:08
migさん、こんばんは。

私はアルモドバル監督作の色彩が好きなのでこの作品楽しみ☆

ペネちゃんは『ボルベール』から演技が良くなってきましたね。(*^-^*
☆BCさん (mig)
2010-01-29 17:46:32
こんにちは♪

BCさんもお好きなんですね☆
あはは、それ以前はダメでしたか?

わたし、昔からぺネ大好きな女優さんです
感想楽しみにしてます♪
わたしも公開したらまた観るつもりです〜。

こんにちは (michi)
2010-01-30 09:21:15
ペネロペ、美しかったですね〜。
映像も鮮烈でした。

私はエルネストの息子が強烈で。。。笑!
14年経って、あの怪しさがなくなってて
よかった〜!
☆michiさん (mig)
2010-01-30 23:12:02
こんばんは♪

ペネ、綺麗でしたよね

そうそう、わたしは触れなかったけど
あの息子の存在はかなりキーでしたね!

また観たいって思ってマス★
体調悪くて (latifa)
2010-02-06 14:04:47
migさん、こんにちは〜。
おおおー8つ★が出てますね。
私は、これ体調悪いのに無理して見たせいか、3つ★半って処になっちゃった。
元気な時見たら、もっとアップしてたかもしれない(^^ゞ

>途中、なんだかクラッシック映画を思わせるシーンなんかもあるんだけどきっと監督の好みなんだろうな、「死刑台のエレベーター」やジャンヌ・モローなんて言葉も出て来たり
 うん、うん、あったね!!私も反応しちゃってた。自分が好きな映画の名前も結構あがっていたの。

それにしても、ペネロペは今が旬(前からだけど、まさに油が乗りまくり)ですねー。
同性から見ても、こりゃ〜絶対死んでもかなわねー!って人だわん。(いや、誰も比べてないって!)←比べるのもおこがましい・・
おぉ〜! (miyu)
2010-02-07 16:50:16
migさん評価高いですね!
あ〜でもアルモドバル監督作品で一番好きなのが
「バッド・エデュケーション」ならなんとなく納得、
雰囲気的にはあれに近かったですものね。
あたしは「ボルベール」が好きだったので、
少しハズレてはいたのですが、これもやっぱり面白かったです。
そうそう!あの「トワイライト」風のお話、
女性側がヴァンパイアではあったけど、
人間とヴァンパイアの恋のお話だものね〜w
まぁ盛り上がってたのはエッチの話題ばっかだったけどw
☆latifaさん (mig)
2010-02-08 11:42:25
こんにちは♪

これは好きずきありますね〜
(まあどんな映画もそうだけど )

あはは!latfaさん面白い☆
ペネ、わたしより年下だし同性だけど
この色気には参りますよね〜
おやじ2人がトリコになっても不思議じゃない
(笑)
☆miyuさん★ (mig)
2010-02-08 11:44:12
かなり立て込んでてコメントお返し出来なくてゴメンね、

時間あるときいきまーす

ボルベールかぁ、、、
わたしは逆にボルベールはそこまで、じゃなかったんだよね。。。

ドラマ性がある方が好きなの。
劇中劇も良かったなー☆
トワイライトに似てましたよね(笑)
オードリー (佐藤秀)
2010-02-08 21:53:18
>「ヘップバーンみたい」

私の記憶では「オードリーみたい」だったと思いますけど、今は別人の春日さん連想しそうでこれで良かったのかも。
ところで、私が気に入った最初に出てくる悩殺美女の写真一枚もないよ〜。
あはは (KLY)
2010-02-08 22:21:27
私も佐藤秀さんと同じく一番最初の彼女キラ・ミロのスタイルの良さと美しさに惹かれましたー。(笑)
それはさておき、実に色んなペネロペが見られていいです。キュートだったりゴージャスだったり、真面目なスーツだったり。やっぱ何着ても似合うよねぇ。
劇中劇『謎の鞄と女たち』もしっかり長めに見せてくれたのが嬉しかったです。劇中のレナの美しさはこれで永遠になった訳でまさにこれこそが映画なんですよね。
アルモドバル監督はこの作品でペネロペの色んな美しさを永遠に残そうとしたのかななんて思いました。
佐藤秀さん☆ (mig)
2010-02-09 12:39:02
あ〜そうでしたっけ、そういうご指摘ありがたいな 笑
オードリーだといまは確かに春日ですね〜

それにしてもkLyさんも佐藤さんも、やっぱり男性目線だなー
私あの美女は全く眼中なくて写真もスルー 笑
KLYさん (mig)
2010-02-09 12:41:44
おっしゃる通りペネロペの魅力を知ってるアルモドバル監督ならではの、最大限に魅力生かした映画ですね
惚れてるからこそ!
新しいタイプの作品。 (BC)
2010-02-10 22:26:17
migさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

アルモドバル監督は今までの作品にあったようで今までの作品にはなかったような
新しいタイプの作品を提供してくれますよね。

ペネちゃんはラース・フォン・トリアー監督の次回作『メランコリア』に主演するそうですね。
高評価ですね (やまたく)
2010-02-11 11:20:21
ごぶさたしていますー。
感情の入り組んだ、
よくできた脚本ですよね。
体当たり演技のできるペネロペは
本当に偉大な女優だと思います。
アルモドバル監督ならではの映像表現も
ばっちり楽しめました!
☆BCさん (mig)
2010-02-11 22:48:43
こんばんは☆
こちらこそ先にいつもTBありがとう♪
BCさんはそこまででもなかったのかな?
でもあるようでないような懐かしいけど初めて観るような?
そんな感覚好きです。

そうそう、ラースフォントリアー作なんですよね〜
「ダンサーインザダーク」は好きだけど、、、ペネが出るとなればどんなのかなぁ
気になります♪

☆やまたくさん (mig)
2010-02-11 22:52:00
こんばんは♪
お久しぶりですネ。
同感です〜。ペネとは完全に相性いいし、
魅力も存分に引き出すからいいものが出来ますよね。
ハズれないというか。
わたしも今回も楽しめました☆
来月のNINEが楽しみ♪
こんばんはー♪ (kira)
2010-02-12 00:11:49
migちゃんの反応したジュディエットのセリフ
>「あなた、リメイク、続編、伝記物はやらないって言ってたでしょう」や
>トワイライト
>ジャンヌ・モロー
全て共感〜
この作品はアルモドバル監督がペネの美しさをとどめる為の作品のように感じました!

でも、やっぱり「ボルベール」ほどには迫るものもなく、でした〜。
ペネは本当に綺麗で素晴らしかったです
こんばんわ♪ (maru♪)
2010-02-12 01:39:59
TBありがとうございました。

切なくて美しい映画でしたね。
映像の美しさは相変わらずでした。
そして女性を痛めつけるの好きですよね(笑)

ペネロペの痛々しい美しさが印象的でした。
コスプレかわいかったです!
私も『NINE』すごく楽しみです♪
よくも悪くも (rose_chocolat)
2010-02-13 08:26:04
アルモドバル作品、かなあと。
あの終わり方とかまさにそうですね。

でもペネロペはこれが一番綺麗に感じました。
ボルベールよりもね!
KLYさんとこで話題になってた、冒頭の美人さんも綺麗だったけど(笑)
これって監督の自伝っぽい感じがすごくする。。。 苦笑
migさん♪ (mezzotint)
2010-02-13 11:16:38
こんにちは♪
TBありがとうございました。
アルモドバル監督、かなりぺネちゃんに
入れ込んでいるようですね。
マテオはまさに監督の分身でしょうね。
ぺネちゃん、魅力的ですからね。
お話も良かったですね。
ルイス・オマールさん、あんまり好みじゃあ
ないけれど(笑)でも物語が進むにつれて
素敵な方に見えてきました。
☆kiraさん (mig)
2010-02-13 21:52:21
こんばんは♪

ボルベールは忘れちゃったんだけど
お母さんが失踪してってハナシでしたよねー、思い出したらそちらの方がやっぱり面白かったかな?
んー、最近忘れっぽくって(笑)
でもどちらも好きですー
★maruさん☆ (mig)
2010-02-13 21:54:51
こんばんは♪

こちらこそありがとうございます。
そうか〜、そうですね完全にsですよね
(笑)

バッドエデュケーションが一番だけど
アルモドバル×ペネ、
過去の作品も観直してどれが一番か確かめたいな〜
NINEも楽しみですね
★rose_chocolatさん★ (mig)
2010-02-13 22:02:37
ふふふ、よくも悪くもってところからroseさんは
あまり好みの監督じゃないのね〜

うん、女優役だけあって美しい&カワイイペネ

監督の自伝ってより、願望じゃないかな?(笑)
★mezzotintさん (mig)
2010-02-13 22:11:17
こんばんは★

こちらこそTBありがとですー
うんうん、マテオはまさに監督の分身
ほんとそうですよね、願望でしょう(笑)
わたしもマテオは全くタイプじゃないけど
3様の愛を描いた作品でしたね
朝一で (オリーブリー)
2010-02-22 02:46:34
9時始まりなんて早いので観たからか、ちょっと乗りきれませんでした。
ぺネは凄く綺麗だったし、アルモドバルだわ〜な映画でしたね!
☆オリーブリーさん (mig)
2010-02-22 21:23:23
ありゃ
そうなんですね〜
話はそこまで面白いってほどじゃないかなー??
わたしはなかなか好きです♪
こんばんは☆ (kenko)
2010-04-09 22:14:03
migさん、コメントありがとうございました♪

ほんと、あちらのポスターも日本のもセンスよくて
ステキですね。
マリリン風のもなかなかいいな♪

ちょっともったいない見方をしてしまいましたが
いろんなペネロペを見ることができてよかったです。
映画の中のペネはとってもキュート!
自分とこではあまり書きませんでしたが
パトロンじいさんの変態っぷりもツボです!

ディエゴのヴァンパイア映画は「トワイライト」に似てるんですね〜
そういえば未見。観てみようかな?
☆kenkoさん (mig)
2010-04-11 00:51:00
こんばんは♪

いえいえなかなか最近どなたのとこにもいけずで、、、、
ペネカワイイですよね〜、
アルモドバルは魅力を知り尽くしてる感じ。
NINEでも良かったけど。
「トワイライト」未見でしたか!?
意外とイケると思うナ!kenkoさん観てみて下さいー♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

41 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
抱擁のかけら (DVD YouTube CINEMA)
ペドロ・アルモドバルとペネロペ・クルスによる組み合わせによるあまりにも濃厚な“愛”の物語。2008年と1994年と2つの時間軸で物語は進行...
「抱擁のかけら」:浅草雷門バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}まっ赤な人力車なんて、派手ねえ。 {/kaeru_en4/}「抱擁のかけら」にでも出てきそうな人力車だな。 {/hiyo_en2/}ああ、ペドロ・アルモドバル監督の新作ね。赤いドレスに、赤い靴、赤いセーターに、赤い車。たしかに、赤が目立つ映画だった。 {/kaeru_en4/}情...
抱擁のかけら (試写会) (風に吹かれて)
ある愛の記憶読唇術の女性はプロフェッショナル[E:good]公式サイト http://www.houyou-movie.com2月6日公開監督: ペドロ・アルモドバル盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス
抱擁のかけら (とりあえず、コメントです)
ペドロ・アルモドバル監督が再びペネロペ・クルスを迎えて作り上げた最新作です。 視力を失った脚本家の心に仕舞われていた愛の追憶と共に、 愛のために全てを失った美しい女優の人生が描かれてしました。
抱擁のかけら (あーうぃ だにぇっと)
1月28日(木)二回目の観劇@一ツ橋ホール ゲストは山本モナ。 真っ赤なドレスに身を包んでやって来た。 映画の見所を語る。 KYなこともある彼女だが、今日の話は参考になった。 最後に「すなおさ」についての持論を展開。 すなおになりすぎるのも考え物というよ...
「抱擁のかけら」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ペネロペの魅力が満載の映画。
『抱擁のかけら』 (ラムの大通り)
(原題:Los abrazos rotos) ----これって、今日から始まった映画だよね。 ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの黄金コンビ! 「そう。始まった映画について話すときの通例で、 ストーリーはほとんど省略しちゃうけど、 ざっと、こういう流れ。 主人公は執筆...
抱擁のかけら (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪14...
映画レビュー「抱擁のかけら」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Broken Embraces◆プチレビュー◆視力を失くした男がたどる愛の誕生、崩壊、再生の道。アルモドバルの物語はいつも原色で濃厚だ。 【70点】 盲目の脚本家ハリー・ケインは、実業家エルネストが死亡したことを知る。直後にエルネストの息子がハリーを訪れ、ある脚本を依...
抱擁のかけら (LOVE Cinemas 調布)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマ...
【抱擁のかけら】 (日々のつぶやき)
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ホセ・ルイス・ゴメス    愛から逃げて、愛と出逢う 「目の見えない脚本家のハリー・ケインの元にある映画の脚本依頼を持ちかけてきた男ライ・X、彼は14年前ハリーが事故に合う前マテオ...
◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。
抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ 今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ〜もちろん視覚的にも〜。  盲目の脚本家のハリー・ケインは...
映画批評「抱擁のかけら」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2010.2.9 公開中の「抱擁のかけら」。 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル ...
抱擁のかけら (to Heart)
愛から逃げて、愛と出逢う 原題 LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES 製作年度 2009年 上映時間 128分 脚本・監督 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/ルイス・オマール/ブランカ・ポルティージョ/ホセ・ルイス・ゴメス/ルーベン...
[映画『抱擁のかけら』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆やや長さを感じるが、よくよく考えるとどこのシーンも省けない、そんな傑作であった。  ペドロ・アルモドバル監督は、私の認識では「映画文法に忠実なデビッド・リンチ」で、  多くの斬新な構図や、一風変わった登場人物、暗喩に充ちた物語を展開させつつも、多くの...
『抱擁のかけら』 (・*・ etoile ・*・)
'10.01.28 『抱擁のかけら』(試写会)@一ツ橋会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。ノーマークだったけど、試写会募集記事を見たらペネロペ・クルス×ペドロ・アルモドバルだったので即応募! 見事当選したので、バレエのお稽古サボって行ってきた。 トークイ...
抱擁のかけら (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
盲目の脚本家、ハリー・ケインは、かつて、マテオ・ブランコと名乗る新進気鋭の映画監督でした。彼は、14年前、交通事故にあい視力を失ったのですが、その事故で、恋人だったレナを亡くしています。レナは、マテオが撮影していた映画の主演女優。二人は激しく愛し合います...
美しすぎる女〜『抱擁のかけら』 (真紅のthinkingdays)
 LOS ABRAZOS ROTOS  BROKEN EMBRACES  盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男 から映画を共作しよ...
『抱擁のかけら』(2009)/スペイン (NiceOne!!)
原題:LOSABRAZOSROTOS/BROKENEMBRACES監督・脚本:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルベーン・オチャンディアーノ公式サイトはこちら。<Story>盲目の脚本家のハリー・ケイン(ル...
抱擁のかけら☆LOS ABRAZOS ROTOS (銅版画制作の日々)
 愛から逃げて、愛と出逢う MOVX京都にて鑑賞。いやあこれだけぺネロぺちゃんを見るだけでも価値がある作品ではないでしょうか?まさに彼女あっての、この作品だと思いました。いろんなぺネロぺに出会えます。モンロー風だったり、ヘップバーン風だったり。。。。同性...
抱擁のかけら (シネマ大好き)
視力を失くし、エージェントのジュディエット(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子ディエゴ(タマル・ノバス)の助けを借りて、脚本家として生活するハリー・ケーン(ルイス・オマール)。ある日、知人だったというエルネスト(ホセ・ルイ・ゴメス)の死亡記事を読ん...
[映画][2010年]抱擁のかけら (タニプロダクション)
ペドロ・アルモドバル監督&ぺネロぺ・クルス氏の組み合わせの新作。 どういう物語なのか知らずに観賞。 久しぶりに、自分の心の中のどこかをくすぐられているような、そんな感覚になりながらうまいこと最後まで構成に翻弄されながら観てしまったという感じでした。 実は...
*抱擁のかけら* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年 スペイン 盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは...
『抱擁のかけら』 ('10初鑑賞21・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 2月13日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 14:25の回を鑑賞。
★「抱擁のかけら」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末レイトショウは、 ペネちゃん作品を見るためにららぽーと横浜まで行ってきました。
抱擁のかけら (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ペネロペ・クルス] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年11本目です。 【あらすじ】 2008年、マドリード。 14年前のある事件で視力を失って以来、「ハリー・ケイン」と名乗って脚本家の活動をしているマテオ・ブラ...
『抱擁のかけら』:映画的語り口で魅せる昼メロ愛憎ドラマ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの再々々々タッグのこの作品、『オール・アバウト・マイ・マザー』や『ボルベール 帰郷』のような毒気はないが、ドラマドラマした物語を映画的表現でコレでもかコレでもかと魅せる作品となった。
『抱擁のかけら』 赤いノワール (Days of Books, Films )
色彩あふれる官能的な映像で、ファンにはおなじみの愛と裏切りの物語が展開される。今
「抱擁のかけら」 (古今東西座)
実はスペイン映画が苦手だ。この『抱擁のかけら』を監督したペドロ・アルモドバルの『アタメ』、ペネロペ・クルスのデビュー作『ハモンハモン』を短い間で観たことがあったのだが、その2本を観て感じたことはスペイン人の思考回路が理解できん!ってこと。映画自体に難解...
抱擁のかけら (心のままに映画の風景)
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。 現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名...
【劇場映画】 抱擁のかけら (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは封印していた過去に向き合う。今から14年前、失明する前のハ...
抱擁のかけら (キノ2)
 鮮やかな花柄のカーテン、ミントグリーンの壁、オレンジ色のソファ、真っ赤なドレス。とりどりの色。リズミカルな色。ヴィヴィッドな色。豊穣の色彩。モノトーンとか同系色とか、われわれは日ごろ、なんと色についてストイックなんだろう。色はこうやって組み合わせても...
抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS (ゆるーく映画好きなんす!)
全ての愛の形を愛おしく描くアルモドバル・・・でも自分は今回ペケです! 『 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS 』 2009年 スペイン 128分 監督 : ペドロ・アルモドバル 脚本 : ペドロ・アルモドバル 出演 : ペネロペ・クルス、ルイス・オマー
抱擁のかけら★★★★劇場23本目:悲しいけど素敵な恋愛映画 (kaoritalyたる所以)
今日が上映最終日となっていたので、何とか手前の仕事を片付けて観に行ってきました。ペネロペはキレイで可愛いですね〜。18歳位の時の『ハモンハモン』からほとんど変わってないように見えるボディと、キュートな笑顔に色気もたっぷり(笑)素敵な女優さんになったなぁ〜...
抱擁のかけら (映画的・絵画的・音楽的)
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、な...
『抱擁のかけら』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。 ...
『抱擁のかけら』 (シネマな時間に考察を。)
愛とは抱擁であり、壊された愛は<抱擁のかけら>となる。 『抱擁のかけら』 英題:Broken Embarances 2009年/スペイン/138min 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール 【introduction】 『オール・アバウト・マイ・マ...
抱擁のかけら (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:スペイン 監 督:ペドロ・アルモ
mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バ...
抱擁のかけら(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
抱擁の数だけ、愛が生まれ抱擁の数だけ、愛が壊れそれでも抱擁の記憶が、未来をくれた──14年前の事件で、名前と人生を変えた男が、 封印した愛の物語物語: 2008年、マドリード。 ...