我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

恋の罪 / Guilty of Romance

2011-11-13 00:03:53 | 劇場&試写★6以上

 

ランキングクリックしてね
←please click

 

 

 

以前観たんだけどまだレビュー書いてない「自殺サークル」「エクステ」、

実際の事件を基に脚本が自身の手で脚本が書かれた「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」に続き、

1990年代に渋谷区円山町ラブホテル街で実際に起きた「東電OL殺人事件」からインスパイアされて、

監督・脚本を手掛け作り上げたサスペンス(&エロティク)ドラマ。園子温監督最新作

 

 

仕事と幸せな家庭があるにも関わらず愛人との関係を断ち切れない女刑事を水野美紀。


 

エリートながらも狂ったように体を売る売春婦で助教授を冨樫真。


 

変貌するセレブ妻を、最近 園監督と結婚が発表されたばかりの「冷たい熱帯魚」の神楽坂恵。

という女性三人がメインなんだけど、本当の主演は身体を張って清楚で従順な妻いずみを演じたこの人。

 

 

7/10(76点)

 

こんな映画面白いなんて、わたしもヘン?

 

普通じゃどうにもつまらなく感じるようにできちゃってるのか?というのは前にも書いたけど。

この映画が嫌い、つまんないって言う人がいてもそれはそれでぜんぜん分かる。

でもこれは園監督ならではの映画だね、やっぱり。

わたしは特に園子温ファンではないけど、視点とか台詞、脚色の仕方に面白さを感じる。

 

おっぱいとかsexとか(直接的sexシーンが長くあるとかじゃないけど)、そんなに長映ししなくてもいいじゃんってくらい撮ってたり

これもう、園監督の思うまま。欲望のままに撮ったんじゃない?

しかし女優だからと言っても、自分の妻になるひとにあんなことやこんなことやらせちゃってすごいな。

だからこそ美しく撮ってたし、彼女の映画といってもいいんじゃない?ってほどの役だったけど。

水野美紀もああいう事件扱うわりには暇じゃない?とか思うし

脱ぐ必要ないのにそこは話題性と監督が見たいから?(たぶん)で全部脱いで出しちゃってるし、

冨樫真は初めて見たけど妖怪人間のベラばりの口調と二面性がハマってて 台詞とかいちいち面白かった 

美津子語録が出来ちゃうくらい。

「愛がなければお金をとらなきゃ」

 

そして母親との恐ろしい本音の会話が最高。


助教授かと思えば生徒とのトイレでのsexを見せ付けたり、夜は恋メイクで渋谷のホテル街徘徊する風俗嬢になってたり。

 

いずみは美津子の講演での言葉に初発される。 そして人生は大きく変わっていく。


 

90年代が舞台のせいか、やや古臭さも感じる。

「ああ、夫がいるのよ」とかいいながら夫が席をはずしたときにこっそりキスとか

電話がなって外みると愛人が車停めて待ってて、とか

奥様が見るわざとらしい展開の昼メロに、いつもの園節というか、猟奇的な部分を足した感じ。


日常に物足りない何かを、性への欲望で満たしてる。

愛する男がいながら他の男で埋め合わせ。

このダンナがまたいい。 「冷たい熱帯魚」に出たかったけど出れず、本作で念願の出演とか。

こんなナイスバディで従順な妻持ったんだから 手をつけないのありえないしもったいないんじゃ?笑

 

 

美津子といずみを結びつける重要な役どころであるカオルを演じるのが、本作が映画初出演となる小林竜樹。

 

どんな女も持つ二面性。 男にとってはこわい?

 

最後の方では最初の人間性が壊れていき、もう開花されちゃって別人。

あれでいいのか? でもそれが本来の姿で、望んだからそうなったのか?


 

被害者になる人間は途中から明確になる。


観てる間、引っ張るのは結局のところ、誰が何の目的で、どういう手順で殺害に至ったのか、という過程。

ラストでそれがもちろん明かされる。あのマネキンと死体をつなぎ合わせるとか そんなことあの人できるの?という疑問も残ったものの

勝手にいづみも殺されたのだと思ってたし

生きて、城を探しながら彷徨い続ける。別人のようにたくましくなって、、、、 

そして、水野美紀演じる刑事も 今までなにしてたんだろう、、、と気づく という展開は

「冷たい熱帯魚」でもそうだったけど、個人的にはラストが好きじゃない。

とはいえ、ひとつの事件を エンターテインメント作品として昇華させてる園監督の手腕はさすが。

 

むきだしの欲望、 そうでもしないと得られない生の実感。

恋は、罪なの?


 

どしゃぶりの雨の日、ラブホテル街にあるアパートの一室で女性の惨殺死体が発見される。事件の捜査にあたる刑事・和子は、仕事と幸せな家庭を両立しながらも、愛人との関係を断ち切れずにいた。事件を追う和子はやがて、一流大学で助教授をつとめるエリートの美津子、人気小説家の妻で清楚な主婦・いずみの驚くべき秘密を知り、深みにはまっていく。

 

 公式サイト

 恋の罪                 2011年/日本/日活/144分/R18+

11月12日より公開中~

 

舞台挨拶にて。

 

園監督次回作「ヒミズ」も楽しみ。

 

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 


応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラビット・ホール/ RABBIT HOLE | TOP | NO NAME FILMS☆ユーロスペー... »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2011-11-13 00:38:06
最寄りのMOVIXさいたまに来ているので
明日or月曜で予定。

シネコンに来ているのってはじめてかな?
谷さん★ (mig)
2011-11-13 21:52:10
こんばんは。
ごらんになったかな?どうでしたかー?
札幌では唯一一箇所での上映でシネコンじゃなかったですよ~
Unknown (Unknown)
2011-11-14 09:26:54
これはおもしろそうだわ!!
migちゃんも感心するほどなんだね。

東電OL殺人事件ってーと、これにインスパイアされた小説家も多く、桐野夏生のグロテスクもすごかったなあ。
余談だけど、夫が事件の起こった物件知ってました。すぐそこだよ 笑

みぐちゃんが言ってたのって ファイナルデステネーションだったよね。
1を借りたら観たことあったのだった。
今2を借りてるよー。

北海道三昧、してきてねー
興味深い (ノルウェーまだ~む)
2011-11-14 09:52:46
migちゃん、おはよー☆
色々な意味で興味深い作品だね。
園監督だから、やっぱり観ないとだよね。

「恋は罪なの?」ってことは、恋をしているってことなのかな?
レビューを読むと欲望がむき出しになっているってことで、そこに「恋」が感じられないんだけど・・・
Unknown ()
2011-11-14 13:03:48
本題に入る前に前フリを書いて見ました。

テアトル新宿、満席。

TwitterでKLYさんが同じ劇場かと期待したら・・・・

本音トーク以降がもう個人的に笑いっぱなしで。
それ以降は最後まで見れちゃったって感じ。
事件の顛末が終わった後のいずみはともかく
それ以外のラストはいいなぁと。
Unknown (まみっし)
2011-11-14 17:34:49
migちゃん、

こんな邦画もあったのね。
『ガンダム』の新作しかチラシが見えてなかったよーん。
個人的に性欲もりもり出てくる映画やドラマって興味薄いのですが、女性の持ちえる二面性の描き方が凄そうだね、この映画。

情欲の行き着く先が殺人事件っていうのが最も怖いと思う。継続して思い通りに行かないのが一方通行の情欲みたいね。
。。。。ナーンて知ったかぶりしていられるのは幸せな証拠かな?
ちょっときもいけど (まどか)
2011-11-14 21:09:03
こんにちは。

これも観なくては~
冷たい熱帯魚、良かったけど、ホント、ラストが残念な感じでしたねー

シャーロックホームズ、3月なんですもの
それまで、変な映画とホラー映画三昧にしますわ
変な映画は、ナイトショーのみだったりして、なかなか大変ですが・・・


ゆきえちゃん、かな? (mig)
2011-11-14 23:27:38
内容からするとゆきえちゃんだよねー?
名前ない。

お☆ファイナルディスティネーション、観てたのね!
さすが、運命系?は観てるのね。

そうそう、これ渋谷のホテル街。
殺人おきた場所知ってるのね。
怖いよね~
かなり脚色してあるけどこういう風に面白く作ってるなら大歓迎。
どこまで本当なのか調べたくなるわ。
ゆきえちゃんもぜひみてみて!
まだーむ☆ (mig)
2011-11-14 23:30:53
ちょっとつっこみたい部分やいらないだろーってとこなどいろいろあるんだけど
そこ含め面白いの。

まだーむも楽しめるはず、冷たい熱帯魚楽しめたんだもんね☆

そして鋭い!さすがまだーむ
私もタイトルはうん?って感じだったんだけど
実はあのなかの一人は恋をしてたってことなのかも。
愛、ではなかったのかもって。
感想まってるよー!
谷さん★ (mig)
2011-11-14 23:32:55
前ふりですか?あのTB?

いずみのラストはなんだかなぁ。

そしてあのラスト、水野真紀のは
最後に傑作風にしてるような感じなのが気に食わない(笑)
まみっしさん☆ (mig)
2011-11-14 23:34:50
こんばんは♪

無事にロンドンに帰られたんですね!
またお会いしたいです☆

これねー、ぜひまみっしさん、ゆきえちゃんと観てほしかった!
今度帰国されたらぜひDVDで見て下さいね☆
園監督作はほかに「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」もいいです
まどかさん☆ (mig)
2011-11-14 23:41:47
こんばんは♪

ジュードのコンテイジョン観られてないですか?
いつかなー、感想まってます♪

そうそう、これも私としてはラストが好きじゃないんですよね~
やっぱりエンドって大事。
それまではすごく面白かったのでまどかさんもぜひ
migさん (xtc4241)
2011-11-15 10:20:45
こんにちは(いま11月15日10:20頃です)

おもしろかったです。
確かにラストの、ここはどこだか「わからへん」
というところはちょっとな~、ありふれてるな~と
思わないでもなかったのですが・・・。

それ以外は、余計なことを考えさせないような、
怒涛の展開!。
その監督の才能(想像力と具現性)を感じましたね。
キム・ギドク監督、migさんが敬愛するハイネ監督にも近いものを感じました。
僕もブログに書きました。よければ、見てください。
Unknown (KLY)
2011-11-15 13:56:48
昨日の夜はケーブルインターネットの障害でブログ関係一切何も出来ず…orz
ようやく更新できたよ。

それにしても流石は園監督。エログロ作品をきっちりエンタテインメントに仕上げてくるんだよなぁ。このエンタテインメント性を排除しちゃうと韓流になっちゃう気がします。
しかし女性の本質って難しい。お金があっても愛を求めるのは解るけど、幸せでも浮気はする。ある意味男性と同じ部分はあるけれど、だからといって全く同じじゃないワケで。「愛が無いならお金を取れ」ってところがその一番違う所だと思うけど。
『ヒミズ』も期待してます^^
観ましたよ! (mezzotint)
2011-11-16 13:01:01
migさん
こんにちは!ちょっとご無沙汰です。

昨日鑑賞して来ました。まだ記事書けてませんが。凄かったね。私もこれ好きです。
同じく私も変かも(笑)
「コンデイジョン」も一緒に観たんですが。
こちらの方が数段惹かれました。
また記事アップしましたらお邪魔しますね。
今週土曜日、監督シアターに来るらしいんです。
時間の都合で行けないのでちょっと残念です。
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-11-16 21:58:21
この映画を見て改めて男性は女性とは比べ物にならないほど、単純で薄っぺらくて平和な生き物だと思いましたよ。

女性はみなニ面性を持っている。しかもそのニ面性が予測できるものじゃない。
これは本当に怖いです。
ですから女性に逆らうのは極力避けて生きていくことにします。
Unknown ()
2011-11-17 03:39:34
水野真紀さんだと別人。
水野美紀さんね。

この作品に満島ひかりさんが出ていたら
ものすごいことになった予感。
(もちろん彼女が脱ぎOKならば、ですが)

xtc4241 さん☆ (mig)
2011-11-17 21:32:46
こんばんは~、

あ、ハイネではなくハネケですね。
ハネケとはまた違うと思うんだけど、
初期の頃より最近の園監督作の方が強烈で好みです。
ただ、最後のほうが 単純に変で終わらない「傑作」を意識した感じにとれるのが好きじゃないんですけどね、個人的には。
それでも観てる時は十分惹き込まれますね☆

KLYさん☆ (mig)
2011-11-17 21:37:04
こんばんは☆
そうなんだ~
KLYさんは毎日きっちりupしてるって感じなので気付かなかったけど、、、
やっぱりKLYさんもこれ楽しめたのネ☆

うん、そう韓国映画に雰囲気は似てるんだけどどこかやっぱり個性的。
エロス、を今回は十分感じる作品で
チュウガクセイとかに観せたらやばいんじゃないかな?(笑)
「愛がないならお金をとれ」は私も園通りだと思うなー、
しかも5千円でさせるとか、安売りしすぎ(笑)
結局快楽のためのsex、ってことにもなってくるような。



mezzotintさん★ (mig)
2011-11-17 21:48:44
こんばんは☆

お久し振りですね~
私もこのところ札幌とか、次の旅行の準備で慌ただしくて、、、、
おお、園監督舞台挨拶でそちらへ行くんですね。
園さん自体は、ツイートをみかけたり、風貌含め嫌なんだけど(笑)
にゃむばななさん☆ (mig)
2011-11-17 21:50:19
こんばんは☆
アハハ、 そうですね~
女性が特に、とは思わないけど確かに2面性は持ってますね~。
男性は単純だなぁって思う時も多々あるし(笑)
TB来てないですね??
谷さん☆ (mig)
2011-11-17 21:52:36
あ、そっか。
その二人って似てるんですね~
どっちも好みじゃないですが(笑)

ひかりちゃんが出てたら余計にわたしもみたいけど、
貧乳すぎでこの作品にはあわないし
脱いでも萌えないんじゃないかと
あ、谷さんファンなのにごめんなさいね
母親が (オリーブリー)
2011-11-20 23:02:53
笑いと恐怖のお茶会でした!
あの母親物語も観たいです(笑)

絡みが多くて長いので、女からするとちょっと退屈と言うか…。
神楽坂恵って、時々、安藤美姫に見えてしまう(苦笑)
オリーブリーさん☆ (mig)
2011-11-22 08:56:05
おはようございます♪

ほんとあのお茶シーン面白かった!
あら、、、
エッチなシーンとか独特ですよね。
監督曰く「裏セックスアンドザシティ」
女性は観てガールズトークして
男性には「エマニュエル夫人、日本版」みたいなこといってたけど
SATCらしさかけらもないから!!とつっこみたいです(笑)

楽しめちゃいます、こういう強烈な映画☆
私は神楽坂さんて、クラスにそっくりな子いたなぁって思いながらみてました
10点満点だと6~7点くらい (rose_chocolat)
2011-11-24 01:00:37
かな? さっき観てきました。

Cold Fishよりはこちらのほうが好きだし、言わんとすることも大事かなって思うんだけど、
あまりにも盛りだくさん過ぎて、頭の中がうまく整理できません (^_^;)

あとこれってタイトル『恋の罪』じゃなくて、『性の罪』だよねえ(笑)
roseさん☆ (mig)
2011-11-25 02:26:51
roseさん、冷たい熱帯魚は今ひとつだったんですね~

私はちょっと強烈すぎなとこが好きだな、園監督作は。
うん、タイトル、監督にとってはこれ
愛じゃなくて恋らしいけど。

Unknown (ふじき78)
2011-12-26 23:55:02
こんちは。

結局、マネキンがどうのこうのはもうどうでもいい感じでしたね。きっと、あの婆さんが大量のガンマ線を浴びた事があって、激怒すると緑色の大女になったりするんですよ、きっと。
ふじきさん☆ (mig)
2011-12-27 12:27:10
こんにちは。

あの殺人現場ですよね、
園監督節炸裂でしたね~
それにしても妻になった神楽坂恵を思い切り押し出した作品でした
水野美紀はなんだか毛色が違う感じ。
強烈! (ノルウェーまだ~む)
2012-01-16 15:09:51
migちゃん、ようやく観たよ~
私も園監督が奥さんになる人をあんなふうに撮影して喜んでるだけ?って思っちゃった。
でも色々事件のこと調べたら、かなり深いんだなーって思ったよ。
人形の部分はインパクトのみってかんじで、あまり必要性を感じなかったよね。
それに「城」と壁に書いたのは結局、誰だったんだろう?
まだーむ★ (mig)
2012-01-16 16:03:24
イエイ!観たのね!!まだやってたのね♪

ふふふ。ほんとだよね~。
ナイスバディだしそりゃ見せつけたいだろうけどさ。
うんうん、いろいろ映画のネタになる事件だよね。
怖いけど。
そう人形のは関係なかった。あれはほんとはなかったんじゃないかな。
城って書いたのはあのスプレー持ってた最初に道で会った男だよ。

タラのとこにも早々ありがと!
今からまだーむの記事いくね★
こんにちは♪ (maki)
2012-06-04 13:34:46
男性監督ながら女を描くのが上手いなあとは思うのですが、なにか、女性で嫌な事でもあったのかと思うほど女性の淫靡で淫らな凄みがかった狂気的な作品でしたね
特におばあさんが凄い。
「城」にはきっと誰もが永遠にたどり着けないんじゃないかなと思いました
見つけたと思うのは幻想で、決して手に入らない象徴のようなものが「城」なのではないかと。
makiさん☆ (mig)
2012-06-05 11:02:30
こんにちは☆
園監督は男性のエッチな目線をそのまま描くんですよね。欲望とか。
実際妻にした女優をすっ裸にして出しちゃって、なんか気持ちワルい(笑)
だけど半分自慢もあるんだろうなぁって

うん、城についての見解、その通りだと思いマス。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

26 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
恋の罪 (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 園子温監督の映画を劇場で観るのはこれが初。 解説 新作を発表するごとに注目を集める『冷たい熱帯魚』の園子温監督が、1990年代 に実際に起きた殺人事件に触発されて撮り上げたサスペンスドラマ。 それぞれ立場の違う3人の女性たちが織り成す...
恋の罪 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
堕ちていく女の恍惚と狂気を描く「恋の罪」は、実在の殺人事件にインスパイアされた物語。鬼才・園子温監督は、徹底した女目線にこだわっている。どしゃぶりの雨の日、渋谷区丸山 ...
恋の罪 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Guilty of Romance。園子温監督、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、小林竜樹、五辻真吾、深水元基、内田慈、町田マリー、岩松了、大 ...
演劇的祝祭空間。園子温・監督『恋の罪』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。1990年代、渋谷区円山町のラブホテル街で起きた実際の事件をベースに「冷たい熱帯魚」の園子温監督が描く最新作『恋の罪』。出演は水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉、二階堂智、津
恋の罪(2011-094) (単館系)
今回個人的に最寄りのシネコンで恋の罪が上映されることが わかってそこで見ようと思っていたのだが・・・ 昨日、プリンタが壊れていたことがわかり東川口のヤマダ電機 でプリンタを注文し、まだ時間がある...
恋の罪 (LOVE Cinemas 調布)
『冷たい熱帯魚』の園子温監督が1990年に起きた東電OL殺人事件にインスパイアされて制作した衝撃と官能の問題作だ。主人公となる3人の女性に先ごろ園監督との結婚が発表された神楽坂恵、『踊る大捜査線』シリーズの水野美紀、『凍える鏡』の冨樫真らをキャスティ...
恋の罪  監督/園 子温 (西京極 紫の館)
【出演】  水野 美紀  冨樫 真  神楽坂 恵 【ストーリー】 殺人課の刑事・吉田和子は、ラブホテルで浮気の最中に呼び出され、渋谷区円山町の殺人現場に向かう。そこにあったのは、マネキンと接合された無惨な女性の死体。彼女は私的な興味を覚えながら、捜査を進めて....
恋の罪/水野美紀、冨樫真、神楽坂恵 (カノンな日々)
鬼才・園子温監督の実話系シリーズ(そんなシリーズ知りませんけど(笑))です。1990年代に渋谷区円山町のラブホテル街で起きた実在の殺人事件にインスパイアされて創作した3人の女性た ...
恋の罪(2011) (銅版画制作の日々)
 ようこそ、愛の地獄へ! 評価:+5点=85点 園子温ワールド全開!やっぱり期待通り凄かった。かなりきわどい作品ではありますが。。。。。 私的には好みです 冷たい熱帯魚は色で例えると灰色でしたが、こちらは色で例えるとやっぱり赤色かピンクかな。で、底知れ....
恋の罪 (心のままに映画の風景)
渋谷区円山町の古いアパートで、マネキンと接合された女性の死体が発見された。 殺人課の刑事・吉田和子(水野美紀)は、失踪した女性のリストから捜査を進めていく。 売れっ子小説家の妻いずみ(神楽...
[映画『恋の罪』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆バイトで疲れた後に見たのだが、その力強い演出に、二時間半、夢中で見た。  ストレスが溜まる展開かと思いきや、普通に面白かった。  ・・・生真面目過ぎる夫(序盤から変な夫だったが…)との生活に、人生の希望を描く上でも、性的な欲求にしても満たされぬ思いを...
恋の罪 (とりあえず、コメントです)
1990年代に渋谷で起きた殺人事件をベースに創り上げた園子温監督最新作です。 実はこれまで園子温監督作品は気になっていたのに未見でした。 今回はやっぱり怖そうなのですけど、女性たちの姿を描いた作品だったのでチャレンジしてみました。
「恋の罪」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:日活 監督:園 子温 脚本:園 子温 製作:鳥羽乾二郎、大月俊倫 企画:國實瑞惠 プロデューサー:千葉善紀、飯塚信弘 「愛のむきだし」、「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、十
『恋の罪』 言葉とカラダ (Days of Books, Films )
Guilty of Romance(film review) 小生がやってるニフ
恋の罪 (rambling rose)
ラブホテル街の片隅の廃アパートで見つかった女性の惨殺死体。その捜査を担当した刑事・吉田和子は、やがて事件に関わったとされる女性達へと近づいていく。
No.282 恋の罪 (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵を主演に迎え、実在の事件をもとに描く愛の物語。21世紀直前に起こった、東京 ...
映画『恋の罪』の過去作コラージュから園子温監督の決意表明を受け取る (「実存浮遊」から柔和な路上を歩き瓦解した世界に埋没する)
■ 東電OL殺人事件という隠れみの 園子温監督の最新作『恋の罪』(Guilt of Romance)はすごい映画です。 表向きは東電OLにインスパイアされた映画という触れ込みだが、裏には園子温作品のファンに対する...
恋の罪 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年12月20日(火) 18:30~ テアトル新宿 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『恋の罪』公式サイト 園子温の「冷たい熱帯魚」に続く基地外映画なのだが、これも前作同様、実話にインスパイアされていると言っている。それというのは、アレか...
『恋の罪』を銀座シネパトス2で観て、無駄に濃密やねえふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★どっと疲れるが、納得できる疲れだ】 園子温だねえ。 嫌がる方へ、嫌がる方へ、話を持っていきつつ、的は外さないみたいな。 あまりにぶちまける原色が ...
恋の罪 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1990年代、渋谷区円山町ラブホテル街で起きた実在の殺人事件からインスパイアされた禁断の世界を描く「冷たい熱帯魚」の園子温監督作。出演は「花子の日記」の水野美紀、「凍える鏡 ...
恋の罪 (映画的・絵画的・音楽的)
 昨年のことになりますが、『恋の罪』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)この作品は、『冷たい熱帯魚』の園子温監督の手になる昨年2作目のもので、今度もどんな目覚ましい展開の映像を見せてくれるのかと、大きな期待をもって映画館に行ってきましたが、期待に違わ...
「恋の罪」性と生 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
1997年に渋谷円山町のラブホテル街で実際に起きた「東電OL殺人事件」からインスパイアされたオリジナル・ストーリーを衝撃的な作風で人気の園子温監督が映像化。 公開中の「ヒミズ」が期待度高いので、今のうちに観ておかなくちゃと思って・・・・
映画『恋の罪』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-4.恋の罪■英題:Guilty Of Romance■配給:日活■製作年・国:2011年、日本■上映時間:144分■観賞日:1月9日、新宿武蔵野館(新宿)■入場料:1,800円□監督・脚本:園子温□撮影:谷川創平□照明:金子康博□編集:伊藤潤一◆水野美紀(吉田和子)◆...
恋の罪 (いやいやえん)
男とは違って女には期限がある。「女」として見られる期限だ。心と体の乾きを感じている女性たち。堕ちていく女の恍惚と狂気が、ねっとりと絡みつく。実に淫靡で見終わった後の脱力感、そして安堵感が大きい。 奔放
恋の罪 (銀幕大帝α)
11年/日本/144分/エロティック・ミステリー・サスペンス/R18+/劇場公開(2011/11/12) -監督- 園子温 過去監督作:『冷たい熱帯魚』 -脚本- 園子温 -出演- *水野美紀…吉田和子 過去出演作:『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』 *冨樫真…...
恐ろしきは女の欲望 『恋の罪』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:園子温出演:水野美紀、冨樫真、神楽坂恵日本映画 2011年 ・・・・・・ 8点