我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

トラッシュ!-この街が輝く日まで/TRASH

2015-01-14 23:55:55 | 劇場&試写★6以上

 

 

 「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」などの

スティーヴン・ダルドリー監督×「ラブ・アクチュアリー」「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」など

監督としても名高いリチャード・カーティスが脚本。

この二人がタッグを組んだのだから、面白くないわけがない

 

イギリス人作家アンディ・マリガンの児童文学をブラジルを舞台に映画化。

 

ゴミを拾って生活している3人の少年を演じたのは、オーディションで選ばれた無名の少年たち。

 

子どもたちを優しく導くアメリカ人神父役にマーティン・シーン。

あまりに老け込んでたので、あれ?これ誰だっけ~、って思いながらみててエンドロールで確認

 

彼らを見守る若き女性オリビアに、アメリカ版リメイク「ドラゴン・タトゥーの女」などのルーニー・マーラ。

 

 

 

 

 

ヒップホップなどのノリの良い軽快な音楽は

「セントラルステーション」や「シティ・オブ・メン」などの、アントニオ・ピント。

 

 

ある重大な秘密が隠されたサイフを拾ったことから悪徳警官に追われる身となった少年たち。

知恵と勇気で追手の警察をかわし、暗号を読み解き謎の核心へと迫っていく!

 

 

7/10(77点)

 

 

テンポよく、爽快

つっこみどころも多いし、かなりうまいこといきすぎだけど面白かった♪

ちょっとダニー・ボイル監督作風かな?

「シティ・オブ・ゴッド」や「シティ・オブ・メン」が好きな人は好きだと思う。

でも重さはなくもうちょっと軽く見られる作品。

大金をせしめるという目的ではなく、「正しいこと」をしようとして

不正を暴きだそうとする3人の子供たち。

 

危機一髪、捕まる直前に下に放り投げた財布がたまたま通りかかった

ゴミ廃棄場へ向かうゴミの収集車で、ちょうどそこに財布が入ったのだと

何でわかったのかとか、

読み書き英語で習い始めてちょうど動物習っててわかった謎解きとか、

聖書を金払って受け取るとか、肝心なロッカーの場所や、事の発端である

重大な罪を犯している政治家の家がすぐわかったり、

警察の銃が全部的外れたり、聖書の暗号を簡単に解いちゃったり

ルーニー・マーラ演じるボランティアの女性の存在とか

(たまたまビデオカメラ持ってて録画できたり、刑務所ついてってくれたり)

ご都合よく出来てたりつっこみどころありまくり。

やっと見つけたキーとなる少女の墓。

そこからひょっこり現れたピアというボスの側近で財布の主の男の娘。

どこに隠れてたんじゃいとツッコミたくもなるが

 

でもそんな様々なことをも流せちゃうほど、スリリングで

社会派作品でもありながら重さもなく、映画的でエンタメ性も強く

わりと誰でもすんなり楽しめる作品 

トラッシュ=ゴミ。

貧乏人=ゴミと見なされるこの社会で生き抜くこどもたち。

正しいことは何なのか、希望ある未来につながるラストは想像していた通りとはいえ

爽快感を残し、ゴミ山からゴミを集める生活から一転、

誰からも指示を受けない天国、憧れのビーチで魚を獲る。

不正を暴く事でお金では得られない自由を手に入れた。

 

 

ルーニー・マーラでも、マーティン・シーンでもなく

オーディションで勝ちとった、ブラジルで実際に暮らす3人の子たちがメインで

リアルにキラキラと躍動感をもって描かれた快作

 

 

 

ブラジル、リオデジャネイロ郊外。ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日ゴミ山の中でひとつのサイフを拾う。そのサイフには世界を震撼させる重大 な秘密が隠されていた。警察はサイフの大捜索を開始し、街は大混乱に陥ってしまう。しかし少年たちは自らの信じる“正しい道”を選ぶため、サイフに隠された謎を解き明かす決心をする。執拗に追跡してくる警察の手をすり抜け、少年たちは知恵を働かせ、ひとつの真実に近づいていく。彼らが命をかけて追い求めた真実はやがて、この街全体の希望へと輝いていく―。

 

 

映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』 予告

 公式サイト

Trash          2014年   イギリス=ブラジル     114min

1月9日より、公開中~

 

 

子供ってほんと1年しないうちにあっという間に大きくなっちゃうね

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薄氷の殺人/白日焰火/Black Coal T... | TOP | 第87回 アカデミー賞 ノミネート... »

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Caine)
2015-01-15 00:26:06
スティーヴン・ダルドリー×リチャード・カーティスっていいよね!
どっちも大好きなんだよ。ベタでわざとらしいっていう人もいるけど、俺この人達の作品でドラ泣きするタイプだから(笑)
まあこの作品は泣く作品じゃなかったけど、「だってそれが正しいことだと思うから」
ってあのセリフが最高に素敵でよかったな~^^b
キラキラして眩しい (ノルウェーまだ~む)
2015-01-15 17:45:08
migちゃん☆
子供たちが輝いていたね!
この手の作品が大好きなので、とっても気に入ってしまったわ。
確かにダニーボイルっぽいところあるけど。
ラスト、欲張らないところがまたいいわ☆
おっと! (mezzotint)
2015-01-16 00:19:22
migさん
今晩は☆★
遅まきながらおめでとうございます!
この作品、危うく見逃すところでした。
まだ上映されているので、来週観に行こうと思います。
今年もぼちぼちマイペースですが宜しくお願い致します。
caineさん★ (mig)
2015-01-16 20:23:51
そう、ベタだけど、ツッコミどころもあったけど
面白くみれたよね、
少年たち、新人ながら逆にリアルだったし!
さすが、脚本リチャードカーティス
まだーむ、 (mig)
2015-01-16 20:25:24
まだーむも早くも見に行ったのね、
うん、まだーむ好きそう。
ノリ、テンポ良くて飽きさせないでみれる
重くないエンタメに仕上がってたよねー
mezzotintoさん★ (mig)
2015-01-16 20:27:06
こんばんは!
あ、まだだったんですねー、
これお好きだと思います!
ぜひ見に行って下さいね★
今年もよろしくお願いします。
こんにちは☆ (kira)
2015-01-17 12:30:41
そうそう
上手くいき過ぎ感満載なんだけど、
少年たちに引っ張られて乗せられましたね♪
少年モノ、としての限界をいく脚本は流石でした~
kiraさん☆ (mig)
2015-01-18 23:43:02
少年たち、オーディションで役を掴んだってこともあって
うまいけど慣れ過ぎじゃない感じがリアルでよかったですよね。
こんばんは (ノラネコ)
2015-01-22 00:29:14
「スラムドッグ$ミリオネア」+「シティ・オブ・ゴッド」ってテイストでしたね。
御伽噺なんだけど、それは現実のアンチテーゼになっていて、お客さんを楽しませながら、ちゃんとテーマを伝えてくる。
リチャード・カーティスとスティーヴン・ダルドリーの特質がうまく合った作品だと思います。
ノラネコさん★ (mig)
2015-01-22 00:59:37
こんばんは、
ですね~。そんな感じ。
うんうん、二人の相性よくて
子供たちもリアルに描かれてて楽しめました。
ただラストがチラシでネタバレ、、、、
面白かった~ (真紅)
2015-01-28 13:02:38
migさん、こんにちは★
これ、期待通りの面白さでしたね!
子どもたちがかわいかった、、、あ、子どもと言えばyueさん、ご出産おめでとうございます。
(遅ればせながら)
初産で4000超えってかなりしんどかったんじゃないかな?
これからが楽しみですね^^
真紅さん★ (mig)
2015-01-29 14:02:05
こんにちは、重くもなく
エンタメ強くなかなか面白かったですよね、
そうなんです~
ありがとうございます!
ハーフの赤ちゃん、今の時代LINEやSkypeで
海外でもいつでも顔みれて
ほんと便利な時代、
妹はわりと小柄なので4300g産むの相当
キツかったみたいです!
ラファエル! (latifa)
2015-06-09 13:57:54
migさん、こんにちは☆
シティ・オブ・ゴッドが好きなので、当然この映画も好みでした。
最後に現在の3人の姿が見れて、嬉しかったー。
ラファエルが特に成長して、カッコよくなった感じ!
latifaさん☆ (mig)
2015-06-10 00:58:13
こんばんは~
そうですよね、シティオブゴッドも良かった。
こちらも良かったですよね♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

20 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 2015年1月10日 TOHOシネマズららぽーと船橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』 を鑑賞しました。 パスポートの19本目! 間におかわりで『フューリー』見てたわ。 仕事も忙しくなってきたので、ペースダウンですね。 今日は3本見たけど、クタクタで体力の衰えも感じた 【ストーリー】  ブラジル・リオデジ...
『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』 (こねたみっくす)
恐れるな。事は成された。 イギリス人のスティーブン・ダルドリーが監督を、イギリスを拠点に活動するニュージーランド人のリチャード・カーティスが脚本を担当し、ブラジル人の ...
トラッシュ!-この街が輝く日まで- (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) なかなかよくできた映画であることは間違いない。
トラッシュ!-この街が輝く日まで- (心のままに映画の風景)
ブラジル・リオデジャネイロ郊外でゴミ拾いをして暮らすラファエルは、ある日ゴミ山で一つの財布を見つける。 ほどなく警察が現われ、サイフを血眼に探している様子に、何か裏があると悟ったラファエルは、友達のガルド、ラットと協力し、警察には内緒にする。 案の定...
トラッシュ!この街が輝く日まで  (to Heart)
製作国 イギリス/ブラジル 上映時間 114分 原作 アンディ・ムリガン『トラッシュ』(KADOKAWAメディアファクトリー刊) 脚本 リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・ダルドリー 出演 マーティン・シーン/ルーニー・マーラ/ヒクソン・テヴェス/エドゥアルド・ルイス/...
トラッシュ! この街が輝く日まで (はるみのひとり言)
映画館で観ました。リオデジャネイロ郊外。ゴミ捨て場でゴミを拾って暮らしているやんちゃな少年ラファエルは、ある日ゴミの中から財布を拾います。財布の中身は、お金、ID、アニマルロト、カレンダー、少女の写真、コインロッカーの鍵。警察はすぐに謝礼金を掛けて捜...
トラッシュ!-この街が輝く日まで- (ダイターンクラッシュ!!)
2015年1月11日(日) 16:10~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) 正しいことをする。 『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』公式サイト 清々しいまでのブラジルの政治家と警察の腐敗っぷりに対して、少年たちの...
No.473 トラッシュ! この街が輝く日まで (気ままな映画生活)
ブラジルのリオデジャネイロを舞台に、ゴミ拾いをして生活している少年たちの起こした行動が、やがて街に希望をもたらしていく様子を描いたドラマ。リオデジャネイロ郊外で毎日ゴ ...
「トラッシュ! この街が輝く日まで」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・イギリス/ユニヴァーサル=ワーキング・タイトル 配給:東宝東和 原題:Trash 監督:スティーブン・ダルドリー原作:アンディ・ムリガン脚本:リチャード・カーティス製作:ティム・ビーバン、
トラッシュ!-この街が輝く日まで-/マーティン・シーン (カノンな日々)
劇場予告編を初めて観たとき『シティ・オブ・ゴッド』を思い出しましたが、こちらは『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー監督がブラジルを舞台にゴミを拾って生活する ...
トラッシュ!-この街が輝く日まで- ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
天使が、舞い降りた街。 ブラジル、リオのスラムを舞台に、ある暗号を秘めた財布を拾った事から、三人の少年が街を牛耳る巨悪と対決する。 「ビリー・エリオット」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーヴン・ダルドリー監督、「戦火の馬」「アバウ...
「トラッシュ この街が輝く日まで」☆今年のベスト入り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
とにかく、この手の映画が大好き! まだ1月だけど、加えて多分今年も年間ベストは作らないと思うけど・・・・・間違いなく私の今年のベスト5には入る。 いや、ナンバーワンだと断言してもいいくらい☆
No.473 トラッシュ! この街が輝く日まで (気ままな映画生活)
ブラジルのリオデジャネイロを舞台に、ゴミ拾いをして生活している少年たちの起こした行動が、やがて街に希望をもたらしていく様子を描いたドラマ。リオデジャネイロ郊外で毎日ゴ ...
正しいことだから~『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』 (真紅のthinkingdays)
 TRASH  リオ郊外のゴミ集積場で働く14歳の少年、ラファエルは、ゴミの中から財布を 見つける。警察がその財布を探していると直感したラファエルは、仲間のガル ド、ラット(ガブリエル)と共に、財布が秘めた謎に迫ろうとするのだが・・・。  大...
トラッシュ!-この街が輝く日まで-  (風に吹かれて)
心は貧しくない 公式サイト http://trashmovie.jp 原作: トラッシュ (アンディ・ムリガン著/MF文庫)監督: スティーヴン・ダルドリー  「リトルダンサー」 「愛を読むひと」脚本
「トラッシュ! この街が輝く日まで」 (ここなつ映画レビュー)
かなり良かった。あの、私から涙拭くハンカチを手放させない「リトル・ダンサー」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーブン・ダルドリー監督の作品だと思うと、「かなり」という修飾語は割愛されるかもしれないけれど。ちなみに今回はハンカチの必要は...
トラッシュ!−この街が輝く日まで−★★★★ (パピとママ映画のblog)
ゴミ山に暮らす3人の貧しい少年が、ある財布を拾ったことから絶望の街に奇跡を呼び起こしていくドラマ。監督は『リトル・ダンサー』『愛を読むひと』などのスティーヴン・ダルドリー、脚本を『ラブ・アクチュアリー』などロマコメの名手リチャード・カーティスが手掛ける....
正しいことをする。 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「トラッシュ! この街が輝く日まで」を鑑賞しました。 リオデジャネイロ郊外でゴミ拾いをして暮らす3人の少年はゴミ山で一つの財布を見つける その財布には世界を揺るが秘密が隠されていた。 少年たちは自らの信念に基づきと財布に隠された謎を....
「トラッシュ!」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったのだけれど・・・ 4つ★
トラッシュ!この街が輝く日まで (いやいやえん)
【概略】 ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日、ゴミ山の中で財布を拾うのだが…。 ドラマ ブラジル、リオデジャネイロ郊外のスラムが舞台。ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日ゴミ山の中でひとつのサイフを拾う…。中身は、お金、ID、ポケッ...