我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

リトル ☆ ミス ☆サンシャイン/LITTLE MISS SUNSHINE

2006-12-26 10:32:26 | 劇場&試写★6以上

サンダンス映画祭はじめ、多数のメディアが絶賛!
秋に行ったトロントで『ブラックダリア』と同日公開だったので、
こっちを観るかちょっとだけ迷ったけど結構すぐに日本上陸でした
でも英語じゃなく、日本語でちゃんと観て正解★
セリフのやりとりが絶妙だし、
言葉の細かなニュアンスがわからないとダメな映画だから。。。


グレッグ・キニアがパパ、トニ・コレットはママなのは知ってたけど、
何が驚いたって
ゲイの叔父が、スティーヴ・カレルだった


ひげもじゃに顔を覆われてて、コレ誰じゃぁ?って思いながら観てたの、
エンドロールでわかってびっくり

全然、気づかなかったよぉー。これだもん。

え?そのままじゃんって?イヤ、何かチガウ
コメディ俳優として、ウィルフェレルと共にあちらではかなり知名度のあるお方。
日本では『40歳の童貞男』でやっと少し知られるようになったくらい?

じいちゃんに頼まれてエロ本を買ってる姿を知人に見つかるシーン、笑えた


ま、この人のことはさて置き。。。

アリゾナ郊外に住むフーヴァー家。

リトル・ミス・サンシャインコンテストに繰り上げ入選した娘オリーヴ。

ニーチェに陶酔する喋らない兄、○○未遂した叔父、"負け組"否定の父親、
わりとフツーのママ、そして老人ホームを追放されたヤク中おじいちゃん。
個性豊かなへんてこりん家族がおんぼろミニバス(でもカワイイ!)でカリフォルニアを目指す~。

クラッチ壊れたリ、ドアまでハズれちゃう




バラバラな家族が織り成す、ほんわかロードムービー


後半のミスコンシーン、ちょっと太めなオリーヴのダンスが最高


他の、子供なのにケバメイクをして大人みたいな顔になった女の子たちと比べ、
全くフツウな感じでとてもミスコンって感じじゃないこのコが
おじいちゃんから学んだ奇妙なダンスを一生懸命披露する姿、可愛い

それまではあんまり笑えなかったんだけど、
このシーンですっかり心持ってかれた
ココ、けっこうツボにきちゃった 
一番の見どころ。

パパたち皆までヘンな踊りで娘を応援する姿にもちょっぴりジーン。。。。



7/10
この作品、既に日本でも評判がいいみたい。
この映画でよく出てくる "勝ち組""負け組"って言葉、好きじゃないの。
世で言ういわゆる「負け組」に属する人だって、
ヤル気と向上心があればそれは負けなんかじゃないって思う。

この作品では人間は勝ち負けじゃない、人の痛みや気持ちを理解することが大切、
ということをシニカルな笑いの中で訴えてる。
『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』などのウェスアンダーソン監督作品に系統ちょと似てるかナ。


指名された監督はミュージックビデオなどを手掛けていた映像作家夫婦、
ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファレス。



毒舌なエロじいちゃん、アラン・アーキンもかなり良かった~
でも、あんなになっちゃうとは。。。。(笑)


公式サイト
絶賛公開中~
LITTLE MISS SUNSHINE  2006年 アメリカ  101min
第19回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品
ドーヴィル映画祭グランプリ受賞作品
シドニー映画祭、サン・セバスチャン映画祭観客賞受賞作品






人気blogランキング←please click

 クリックしてくれると嬉しいな♪♪
いつも読んでくれて&応援もありがとうございます

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (65)   Trackbacks (82)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリス またまた来日☆★ | TOP | インビジブル2/Hollow Man 2 »

65 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ☆ (りんたろう)
2006-12-26 11:39:55
僕もスティーヴ・カレル気づきませんでした(^-^;芸達者な方ですね。
ラストのコンテストシーンに感動、涙してしまいました(>_<)☆
ほのぼのとして観終わった後幸せな気持ちに☆

TBさせていただきます☆
ステキ☆ (きらら)
2006-12-26 11:51:05
migち~ん
この映画ホント良かったよ!
あ、、、 (きらら)
2006-12-26 11:57:01
途中で押しちゃった

あのじいさんが良かった☆ダンスシーンもかわいらしいし、
みんなでバス押して、追っかけて乗るのもよかったよね♪
そーいや、あのバスと同じ感じので、黄色のワーゲンをこの間巣鴨で見かけたの~
とってもうれしかったよ!

昨日の試写はまさに"ソレ"だったのぉ!
なぁんだ!もう少しでmigちんに会えたのね
試写前の抽選会の商品がロクシタンセットだったんだよぉ~!欲しかったな、、、
私もこの映画大好き~ (wako)
2006-12-26 14:13:12
TBありがとうございました。
もうすごく気に入りました、この作品。
単体だとあまり面白くないかもしれない人々が
集まると絶妙な空気を作り出してますよね。
一緒にたくさん笑って、泣いて、この家族が
好きなんだぁと感じました。
Unknown (akky)
2006-12-26 15:24:38
こんにちわー。
TB&コメントありがとうございました☆
スティーヴ・カレルこんな役もできるんだーってちょっと関心してしまいました!どーも童貞のイメージが強いもので(笑)しかもゲイってとこがツボでしたW
極めて真面目すぎるコメント (ふる)
2006-12-26 18:43:31
>じいちゃんに頼まれてエロ本を買ってる姿を知人に見つかるシーン、笑えた

これは他人事じゃないぞ

ガキだった頃、自分のじいちゃんじゃないけど、
近所のじいちゃんに
「お釣りやるから買ってきてくれ」
と言われて、1万円冊にぎってビビリながら買いに行った。
売ってくれなかったので、変装して行った。
成功してお釣りゲットしたけど。

リトル・ミス・サンシャインてタイトルなんかいいね
ミス・サンシャインじゃ、
おいおい60階建てかよ、違った60歳かよ(意味不明)

>この映画でよく出てくる "勝ち組""負け組"って言葉、好きじゃないの。

俺も好きじゃない。昨日の負け組が明日の勝ち組かも知れないし、じゃあ、勝ち・負けの間の人たちは「引き分け組」なの?と思うし。

一日遅れの
メリー・クリスマス
こんばんわ♪ (ななな)
2006-12-26 19:50:18
migさん♪
この映画大好きでした。
ラストのオリーヴのダンスは可愛かったですよね~!
でも踊る前は「えっ?もしかして・・・ホントに踊るのか!?」ってすっごい心配になってしまいましたよ(笑
もうすっかり家族の一員気分でした♪
でもじいちゃんのダンスのおかげで家族がちゃんと一体になれたって感じでしたし、良かった良かった
ホント温かかったですよね~
ロードムービー (charlotte)
2006-12-26 21:10:17
こんばんは☆
とってもハートフルで楽しい作品でしたね♪
オリーブちゃんってば、どうして予選で2位(繰上げ1位)になったのか、私はその辺が知りたい!爆
よっぽどレベルが・・・
ミスコン出場者達は素人さんたちでしたが、ちょっとこわい位大人びててあまり可愛らしさがなかったですねー。その点、オリーブちゃん意外とちゃんとすれば可愛いじゃんと思ったり。
勝ち負け関係なくその人の存在はあくまでも一番
あのおんぼろワーゲンもね!~~~
りんたろうさん☆ (mig)
2006-12-26 22:10:07
TBありがとうございます☆
(でも入っていなかったみたいです
やっぱりですか??
わたしも観終えてからビックリでした(笑)

毎回イメージが違ってて面白い人ですよねー。
りんたろうさん泣いちゃったんですね
ミニシアター系の秀作という感じでした
きららちん☆ (mig)
2006-12-26 22:14:21
満点だもんね

このバス、見かけたの~?カワイイ
きいろってところがまた☆

皆で押して乗るシーンって他に何かの映画で観たの、
何だったかなー。。。

きらりんー、イイナー
やっぱりアシュトンかぁ
行ってたら、ニアミスだったのね☆

妹があっちでもう観てて、お勧めって言ってたの
海猿とは違うみたいよね(←って、海猿は知らないケド)

観終えてから読ませてもらうね♪
WAKOさん☆ (mig)
2006-12-26 22:16:41
いつもお世話になっていますー。

まさにそんな感じでした個性的な家族たち、
おじいちゃんはいきなり死んでびっくりだったけど、
あったかいお話でしたね☆

皆に人気あるのも納得です。
コメントありがとうございますー
akkyさん☆ (mig)
2006-12-26 22:20:13
こんばんは!
こちらこそ☆
今朝upしてすぐに遊びにきてくれて嬉しかったですよ~


スティーブカレル、やっぱりコメディアン俳優ですよね♪
笑いどころけっこう持っていってました☆
あ、おじいちゃんもか。

なんかちびまるこちゃんみたい(笑)
ほのぼの~{/hikari_pink/
コメント&TBありがとう~
ちと早いけど、来年も宜しくです♪
ふるたん☆ (mig)
2006-12-26 22:42:07
また面白い過去を隠し持ってるねー
さすがふるたん。

あははー、そうそう、
間は引き分け組よねー
ほんと、今日の負け組が明日の成功者になるかもしれないもんね☆
おじいちゃんのセリフ、負けなのは努力もしないであきらめることだみたいなの良かったよ~
なななちゃん☆ (mig)
2006-12-26 22:45:46
こんばんは
コメントTBありがとうー♪

うん!ほのぼのしてて良かったね~♪

わたしはね、ココまできて踊らないってことはナイよね?!
って期待しちゃた

でもおよそ想像つかなかった踊りで、、、、(笑)
ツボにきちゃったー☆
charlotteさん☆ (mig)
2006-12-26 22:50:36
コメントありがとうー

ほんとほんと☆オリーヴちゃん、どこがミスコンなの?って感じでカワイクナイーって思ってたんだけど
だんだんと可愛く見えてたから不思議

ケバい子供ばっかりであの中では一番子供らしくって
いいなと思えたけどまさかこれで優勝??って思ったら
そういう展開じゃなくって良かった(笑)

確かにジョンベネちゃんとかもケバメイクだったし、
本当にあんな感じなんでしょうねー。
オンボロバス、可愛かった
Unknown (あざみん)
2006-12-27 19:30:00
migさん、こんばんは~。
とってもあたたかくてハッピーになれる作品でしたね♪
みんなみんな憎めないキャラで最高に笑えて最高に泣けました。

おじいちゃんから教わったオリーブのダンスは素敵でしたよ~。
眼鏡とってお化粧したらなかなかの美人さんで吃驚!
おとなびてちょっと恐かった他のお子ちゃまたちより断然
魅力的な女の子でした♪
あざみんさん☆ (mig)
2006-12-27 23:23:24
こんばんは

あざみんさんとこに
実はTBとコメント両方ともできなかったのー
きてくれてありがとう

ほんと、皆いいキャラでしたよね!
そうそう、メガネはずせはずせ、、、と心でつぶやいちゃった、ラストのステージは他のコたちより子供らしくて可愛かった
あざみんさんリンクして下さってるの、ありがとう
gooのは入りきらなくて、年明けにでも
何人かの方のをまとめてリンクの中にいれようと思ってます♪
今年残りわずかですけど来年も宜しくお願いします☆
年末のベスト、今年ももうすぐupしようと思ってます
ミニバスが主役! (まてぃ)
2006-12-27 23:28:20
勝ち負けって何なんだろう?って思っちゃいますよね。ゲイの伯父が別れた彼氏に会ったり、お兄ちゃんが色弱とわかって夢破れたりしてるけど、最後のダンスシーンからはみんな楽しんでたみたい。
ほんわか映画でしたね。
まてぃさん☆コメントありがとうございます (mig)
2006-12-27 23:38:06
そうですねー、本当そう思います。
皆あのダンスでひとつになれてよかった

この作品、貶してる人ほとんどみかけませんね。
やっぱり愛される映画なんですね
楽しかったぁ♪ (ALICE)
2006-12-28 01:05:41
本当にこの映画はよかったぁ!
楽しくって声を上げて笑っちゃいました。
登場人物がみんなラブリーでしたよね。
ダンスは初めは目が点になりそうだったけど
家族の応援で一致団結するところなんて
思わず涙でした。
スタンディングオベーションだったのにも納得です。
Unknown (ジジョ)
2006-12-28 08:28:34
はじめまして(^-^)
わたしも、この映画大好きです☆
あたたかいキモチになれる映画をみるのは
ほんと幸せです♪
ALICEちゃん☆ (mig)
2006-12-28 10:46:30
ALICEちゃん、満点だったね

これは万人受けというか、きっとダメだって言う人はかなり少ないんじゃないか?と思える良い作品でしたね♪

あのダンス、ああくるとは思わなかったから、
それまであんまり笑えなかったのに、
一気に吹き出しちゃってハートもってかれちゃった

あとは皆個性的で良かったよね~♪
ジョジョさん☆ (mig)
2006-12-28 10:48:57
こんにちは
コメントTBありがとうございました☆

そうですよね、わざとらしい感動させようという作品と違って、笑わせながらも泣かせる、みたいな映画って
なかなか素敵です
これからもよろしくお願いします♪
TBありがとう♪ (マダムS)
2006-12-28 18:43:34
こんにちは♪
なるほど、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』に通じるものもあるかもしれませんね~♪
お爺ちゃんから学んだハレンチダンス!笑えました~
マダムSさん☆お久しぶりですー。 (mig)
2006-12-28 21:55:04
こんばんは☆なかなかコメントしないでごめんなさい


シニカルな笑いと個性的な家族というところなどもちょっと似てますよね☆
あのおじいちゃんもいい味でした!
まさかいきなり死んじゃうとは

マダムSさん、今年1年ありがとうございました☆
また宜しくお願いしますね
今年一年ありがとうございました。 (albrecht)
2006-12-29 18:13:35
mig様
albrechtです。
>ゲイの叔父が、スティーヴ・カレルだった!
僕はコレを目当てに観にいって、映画そのものがすばらしいので感動したクチで~す!
スティーヴ・カレル含め、家族全員が勝ち負けなんか関係なしで全員主役!というのが伝わってくるすばらしい映画でした。
albrechtさん★ (mig)
2006-12-29 22:19:13
こんばんは!
わー、スティーブカレル目当てとは
本当、ツウですね!

皆さん絶賛していてこの作品はやっぱり誰からも愛される作品なんだなぁーとあらためて思いました♪

あったかい映画っていいですよね
来年も宜しくお願いします
Unknown (りお)
2006-12-30 01:55:52
ゲイの伯父が一番ビジュアル的に好みでした(笑)
「40歳の童貞男」は観ていないんだけど、あのポスターはちょいキモ(失礼!)なのに、ヒゲ生やすとああなるのか~
不思議です。

ホント心温まるイイ映画でした
TBさせていただきました♪ (dai)
2006-12-30 11:44:55
こんにちは☆
ちょくちょく立ち寄らせて頂いておりますが“流石”といつも納得して見させていただいております。

フランクがじいちゃんに頼まれてエロ本を買っている姿を見つかるシーンは私も思わず笑ってしまいました(笑)。スティーヴ・カレルは童貞からゲイまで幅が広いですね。
りおさん☆ (mig)
2006-12-30 12:10:54
こんにちは!
アハハ!!
あんなビジュアルお好みだなんてさすがりおさん

映画ブロガーさんたちの評価、かなりいいけど
わたしも好きだけどベスト10には入らなかったのー
りおさんもベストつくるのかな?楽しみにしてますよー。
daiさん☆ (mig)
2006-12-30 12:24:50
こんにちは!
そんな、いつもみてくださってありがとうございます

お世話になっています★

スティーブカレル、日本ではコメディアン俳優のウケが悪いですけど、面白いですよねー
今年一年、あそびにきてくださり感謝しています。
来年も宜しくお願いします
2007年もよろしくお願いします (かめ)
2006-12-31 04:46:42
TBありがとうございました。
アリゾナのかめです。

今年もお世話になりました。
来年も楽しいブログを書いて下さい。
自分も来年こそは、もう少し、頻度よく更新するように心がけます。
よいお年をお迎え下さい。

余談
スティーヴ・カレルは、来年あの「ブルース・オールマイティー」の続編(?)の「Evan Almighty」に主演で出演します。
アメリカではもう劇場でトレーラーが流れ始めました。
今から、楽しみです。
かめさん☆ (mig)
2006-12-31 10:51:32
こんにちは!

こちらこそ、お世話になりました☆
かめさんは新作早いので皆さん楽しみにしてると思うので、
是非来年はガンガン
upしてくださいね!楽しみにしてまーす
わたしもマイペースに頑張ります☆

おおーブルースオールマイティ続編ですか?
ジムキャリー出るのかなぁ??
楽しみですね♪

来年もどうぞ宜しくおねがいします
Unknown (baoh)
2007-01-04 01:40:58
オリーブのぽっこりおなかがかわいかったです(笑)

劇中は結構クスクスできたんですけどね~・・個人的にはラストがちょっと「?」でした。ちょっとひねくれた見方しちゃったのかもしれません(笑)

それにしてもあの無言の息子、ノッポさんに見えて仕方なかったんですけど・・・似てません?(笑)
baohさん☆ (mig)
2007-01-04 19:01:29
お返事遅れちゃいマシタ!

うんうん、でもそういう人もいるみたいだし意見は色々あって当然なのです(←妙に冷静??)
あはは!!のっぽさんねー

あのコ、ガエル君の先日の新作にもヘンな役どころで出てたの、いつかチェックしてみてね☆
そっちではのっぽさんじゃないと思うケドー☆

ってのっぽさんて確か60近いんじゃ、、、?
Unknown (風情♪)
2007-01-06 12:36:34
明けましてオメデトウです。
今年も見捨てずに遊んでやってくださいね♪

薄気味悪いミスコン出場者の中でオリーブ
の普通っぽさがとても輝いて見えたりで普通
であることがこんなにも浮いた存在に見えて
しまう本作ってスゴイですよね♪ (゜▽゜)v
関西人にバカ受けです。 (TATSUYA)
2007-01-06 13:52:33
migさん、達也です。
今年お初の劇場映画として、
梅田のシネ・リーブルで観てきました。
関西人のリアクションは、最高です。
グランパのキツーイトークや突っ込みに、場内大爆笑。
ここはグランド花月かい! と、こっちが突っ込みたくなるほど。
達也的には、スパッと切った潔いエンディングと
良い意味で予定調和を裏切る(生き返らない、
優勝しない)展開が、
この映画の完成度を上げていると感じました。

みんなハグしたくなるキャラですが、
やっぱエロエロのグランパが、イッスねー。

年初めからいっぱい元気をもらった、素敵な映画です。
風情♪さん (mig)
2007-01-07 00:11:12
あけましておめでとうございます!

見捨てるわけないじゃないですかぁー!
リンクもありがとうございます
こちらこそこれからもよろしくお願いします☆
風情♪さんのも入れさせてもらいましたー。
この映画は本当人気ありますよね、
ほのぼので良かった!笑いもあって、、、
しかし本当、子供のミスコンって気味悪いですよね(笑)
TASTUYAさん☆ (mig)
2007-01-07 00:14:27
こんばんは☆
いい作品から始まりましたね!

そうそう、この作品おっしゃる通り
意外な展開というのもよかったですね。
グランパ、最高でした☆
あの踊りといったら、、、、
劇場で皆一体となって笑って観られるのってイイですよね♪

今年もよろしくお願いします♪
Unknown (kazupon)
2007-01-09 20:33:44
migさん遅ればせながら観てきました。;;
多分映画では"looser"ってセリフを
「負け組」って字幕にしてましたよね。
でもこの映画でそれにこだわってる父親が
一番ダメだってのが前半で、実はそんな人でも
結構光るところ沢山あるんだよってのが映画の
後半だったように思いました。
ほんわかいい映画でした~そういえば
「40歳の童貞」まだ見てないんですよ;;
kazuponさん☆ (mig)
2007-01-09 23:42:27
大丈夫、まだまだ送れてはないですよー

そうですよね今までだったら負け犬、だったのに。。。。
勝ち組とか負け組って、現状で判断するよりも
おじいちゃんのいうように
やろうとする意欲があれば、負け犬じゃないですよね!

40歳の童貞男はきっとkazuponさん好きそうな気が。。。
でも思ったほどオタクって感じじゃなくて、
消極的なサラリーマン風なんですよ!(笑)
migさん、こんにちは! (アイマック)
2007-01-10 12:37:15
実はgooの方だけに、この記事がTBできないのです・・・
昨日も数回トライしたのですが、やっぱりダメ。。
てことで、ご容赦くださいませ~

これ、面白かったですよ~
心が温かくなりました。
風刺もきいてるし、ユーモアもちりばめられていて
さじ加減がいい。
あのミスコンのダンスシーンは圧巻でしたね!
私も笑えたけどジ~ンときましたよ。
ラスト、車を押しながらみんなが飛び乗るシーンは
幸せ家族そのものでした♪
アイマックさん☆ (mig)
2007-01-11 10:06:35
こんにちは
コメントとTBありがとうございます♪

そうなんですねー、
禁句ワード入っちゃってるのかな?自殺とか死とか
わたしも最初にダメだったの
○○に変えたらOKでしたよ☆

一見バラバラだけどあっか家族の物語でしたね~

ことしも宜しくです
やっと・・・ (由香)
2007-01-13 10:29:51
migさん、こんにちは!
TB出来たかなぁ~
禁止ワードに引っ掛かったみたいで、
gooへのTBが出来ませんでした
記事を直したら、ただでさえ薄い記事が
もっと薄くなっちゃって・・・

ところで、私はお兄ちゃんのポール・ダノに
注目して観ていました。
ちょっと他では無いような独特の顔つきと表情。
不気味(ゴメンナサイ)だけど印象的です
由香さん☆ (mig)
2007-01-13 23:23:46
こんばんは☆

TB OKですよー
薄いだなんて(笑)そんなこと全然ナイですよ。

あのおにいちゃん、
ガエルくんの『キング罪の王』にも妙な兄キ役で出ていましたよーブキミでした(笑)
こんばんは♪ (ミチ)
2007-01-13 23:52:56
先日スティーブ・カレルの「40歳の~」を見たばかりだったので、すぐに気がつきました!
なんせ彼は鼻が立派だもの(笑)
遅ればせながらの公開だったのですが、みなさんの高い評価が分かりました!
ミスコンの少女たち、いまひとつカワイイ子がいなかったような(汗)
あのジョンベネちゃんがいかに可愛かったかですね。

相互リンクの件、ありがとうございます!
私のところではブックマークに入りきらないので「お友達ブログのリンク集」として一挙に掲載しているのですが、それでもよろしいでしょうか。
不都合でしたら仰ってくださいね。
地方都市ゆえ全ての映画の鑑賞が遅いですが、これからもよろしくお願いいたします
ミチさん☆ (mig)
2007-01-14 00:01:26
あ、、すぐ気がついたんですね☆
わたし彼でてる作品たくさん観てるのに
全然気づかなかったんですよー(笑)

誰じゃぁ?これ?ナンテ

そっか鼻。。。(笑)

ほんとほんと!ジョンベネちゃんって可愛いなぁなんて思ってたので思いだしちゃいましたよ。

あ、わたしもずっと入れて頂いてる方のでいっぱいで、、、、
ミチさん同様に、下の映画ブログの方のところにいれさせてもらえたらと思っています

ミチさんとは同じgooですし、
いろいろ語るのが楽しいので♪
ではこれからもどうぞヨロシクです
ダンス (aq99)
2007-01-15 19:39:57
私は逆で、それまで笑ってたけど、あのダンスは眉をひそめてました。
理由がどうあれ、自分の娘が、あんなダンスを踊るのは・・・。
「なに教えとんじゃ!クソジジイ!!」
と思いました~。
今年のベストに (kino)
2007-01-15 21:55:45
migさんこんばんはー。
コメントとTBのご無沙汰しておりまして、溜まり放題ですみません。
この映画は今年第一弾の鑑賞で、エエもん見せてもらいました。
スティーブ・カレルは鬱な役も似合ってましたね。
オリーヴちゃんのぽっこりお腹が可愛かったし、
胡散臭いポジティブさのグレッグ・キニアもよかったです。
今年のベスト10映画にいれよう(笑)
aq99さん☆ (mig)
2007-01-15 23:13:35
あははー
父親目線で見るとまた違うのですね☆
わたしはグレックキニアまであんな踊りしてる~!
ププっていう意味での笑いもありました
kinoさん☆ (mig)
2007-01-15 23:16:45
こんばんは♪
おいそがしいのでしょうからムリしないで下さいね☆

この映画を年の最後や最初に選ばれてる人、多いようですね。
あったかくって、はじまりにもおわりにもいい感じ♪

グレッグキニア、最近よくでますよねー☆

kinoさん、ベスト10まだでしたか?
楽しみにしていますー
笑い~ (未来)
2007-01-17 00:44:17
もう、あちこちに笑いのネタが満載!
いや・・ここは笑ってもいいのか?・・って
戸惑いながらも笑っちゃう。
この家族、問題を抱えたヘンな人たちばかりでしたが
どんな困難も乗り越える、まさに‘負知らず’ですね。
童貞 (kossy)
2007-01-17 08:37:24
「40歳の童貞男」はまだ見てないのですが、フランク伯父さんと同一人物だったのかぁぁぁ。
こりゃ、早速レンタル店に行かねばと思いつつ、いつも貸し出し中なんですよ・・・(涙)
こんばんは☆ (mig)
2007-01-17 22:10:00
未来さん

コメントありがとうございます♪
本当、笑えるけどあったかいところが素敵ですよね☆
皆に評判よいのもそこですよね。
おじいちゃん突然ポックリでびっくりでした




kossyさん

kossyさんの評価が楽しみですよー♪
多分、気に入る、かナ??
わたしもスティーブカレルには前から注意してたのに(笑)
騙されました!ヘンなヒゲで
Unknown (とりこぷてら)
2007-01-20 02:51:04
オリーブちゃんかわいかったです。
女性はちょっとふくよかなほうが魅力的で良いと思いましたです。
TBさせていただきました。
とりこぷてらさん☆ (mig)
2007-01-20 10:12:12
TBコメントありがとうございました♪

そうですね、あんな大人びたメイクの子供たち、
ブキミだし、子供は自然なのが一番☆
わたしも女の子はふっくらのほうが可愛いと思ってます
こんにちわ。 (michi)
2007-02-02 15:31:41
本作品、ようやく観に行く事ができました。
言葉では表しにくい暖かさが伝わってくる映画でした。
笑いあり、感動あり、観にいって本当に良かったです。
michiさん★ (mig)
2007-02-02 22:55:02
こんばんは

まさかアカデミー作品賞に入るとは思わなかったけど、
すごく評判もいいですよね★
誰でも楽しめる作品だと思います
TBありがとう♪
観てきました。 (jamsession123go)
2007-02-04 11:19:47
こんにちは、jamsession123goです。

>ゲイの叔父が、スティーヴ・カレルだった

全然気づきませんでした。
早く40歳の童貞男を観なくちゃ(^_^;)
ポール・ダノは? (umikarahajimaru)
2007-02-18 09:01:55
こんにちは。
この映画、サンダンスでもスティーブ・カレルの新作ということで注目を集めたって、公式サイトにも書いてありますけど、そうなんでしょうか。
日本で言うとしずちゃんの新作が注目される感じでしょうか? 違うか?
私は、リチャード・リンクレーターやポール・トーマス・アンダーソンやスパイク・ジョーンズらに気に入られてるポール・ダノも興味深いと思うのですが。
こんにちは! (mig)
2007-02-18 11:35:01
jamsession123goさん

わー、コメントのお返事抜けていてごめんなさいっっ
もう遅いですね、、、、

40歳の童貞男、その御覧になったでしょうか??
夜になりますがあとであそびにいきますー





umikarahajimaruさん

そうですねー、あちらではスティーブカレルって
ちょっと一目おかれてますもんね。
日本では全然だけど。。。。。
あ、いわれてみれば、、、、ポールダノ
やっぱりでも日本じゃまだ知名度が、、、ですね
夜になりますがTBお返しにお伺いしますね
かわいい~ (ひめ)
2007-06-13 02:08:54
アビゲイル・ブレスリンちゃんがかわいすぎ~
migさんの記事で授賞式に出てるのがありましたよね。
ウィル・スミスの息子くんと一緒だったなかな?
あれ見てから気になってたんですけど、超かわいかったです。
でも、他の家族もみんなかわいかったですよね~。
おじいちゃんが一生懸命あの振り付けを教えたって想像するとおかしいです(笑)
ひめちゃん☆ (mig)
2007-06-13 02:38:42
観たのね~♪
そうそう、よく覚えてるネ♪

ウィルのコと一緒に映ったのあったねー
この映画、人気あるのよね☆
ほのぼのしてて、笑えてよかった

明日遊びにいくね~♪
こんにちは (ゆかりん)
2007-10-21 18:26:18
ゲイのおじさんが童貞の人だったとは驚きました。ぜんぜん気づかなかった~見終わってから知りました。画像を並べるとなるほど。
エロじいちゃんはいい味だしてましたね。そんなじいちゃんの振り付けで踊るオリーヴがすごく可愛かったです。あの中で一番可愛かったのでは?
ほかの子たちが気持ち悪かったですもん。
見終わったあとに幸せな気分になりますねー
ゆかりんちゃん☆ (mig)
2007-10-22 21:39:57
こんばんは♪
そうでしょう(笑)
ゲイのおじさんが童貞の人!なのよー(笑)

この人、あちらでは人気あるんだよね~。
ジムキャリー主演の「ブルースオールマイティ」の続編、この人が主演で日本でも公開の予定あったけどさすがに中止(DVDのみ)に変更したみたい。
この映画、評判いいよね♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

82 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
リトル・ミス・サンシャイン (Cinematheque)
アリゾナに住むフーヴァー一家は、"リトル・ミス・サンシャイン"コンテストに繰り上げ参加することとなった娘オリーヴを連れてカリフォルニアに向けて出発。独自の成功論を振りかざす家長リチャードとバラバラな家族を
勝ち組?負け組? 「リトル・ミス・サンシャイン」 (平気の平左)
評価:85点
映画~リトル・ミス・サンシャイン (きららのきらきら生活)
 「リトル・ミス・サンシャイン」公式サイトすっごく期待していました!本年度、東京国際映画祭「最優秀監督賞」「最優秀主演女優賞」「観客賞」受賞作品小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で ...
感想/リトル・ミス・サンシャイン(試写) (APRIL FOOLS)
おーもーしーろーーーい! デス。ダメ一家の珍道中ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』12月23日公開。成功論者で著書出版をもくろむ父ちゃん、ニーチェ狂で沈黙する兄ちゃん、ヤク吸引系エロじーちゃん、ゲイ&鬱の叔父ちゃん、それらをまとめる母、で、ミス ...
【リトル・ミス・サンシャイン】 (NAO-C☆シネマ日記)
 ・・夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く・・{/hiyob_uru/} 個々に色々な問題を抱えた家族の再生を見せるハートフルなロードムービー。 一言で・・『とにかく良かった{/ee_3/}{/ee_3/}{/good/}』 ロードムービーは退屈になりがちだけど、 今作はコミカルな部分 ...
*リトル・ミス・サンシャイン* (Cartouche)
{{{       ***STORY***       2006年    アメリカ アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・クィーンになる事。コンテストのビデオを研究したり、大好きなおじいちゃん指導の元、ダンスを特訓したりと訓練 ...
映画:リトル・ミス・サンシャイン試写会 (駒吉の日記)
リトル・ミス・サンシャイン試写会@新宿明治安田生命ホール 「お前は世界で一番きれいな女の子だよ」 ママ役のトニ・コレット(イン・ハー・シューズの姉役)以外は知らないので、なんだかドキュメンタリーフィルムを観ているような気分になりました。 ...
リトル・ミス・サンシャイン (映画のメモ帳+α)
リトル・ミス・サンシャイン(2006 アメリカ) 原題   LITTLE MISS SUNSHINE        監督   ジョナサン・デイトン                   ヴァレリー・ファリス     脚本   マイケル・アーント       撮影   テ ...
リトル・ミス・サンシャイン ~東京国際映画祭~ (映画を観たよ)
コンペティション作品 すでに知っている方もいると思うのであらすじは省き! こういう映画すんごく好き!!大好き!!もう愛しくなる!!! すごく楽しくって心地よい映画でした。 見ていて思わずくすりと笑ってしまって自然と見ているうちに笑顔になってしまうん ...
リトル・ミス・サンシャイン (映画通の部屋)
「リトル・ミス・サンシャイン」LITTLE MISS SUNSHINE/製作:2
リトル・ミス・サンシャイン~東京国際映画祭にて (シャーロットの涙)
夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く・・・{/car_pink/}~~~ 監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス プロデューサー:デイヴィッド・T. フレンドリー         マーク・タートルトーブ/ピーター・サラフ    脚本:マイケル・アーント  ...
『リトル・ミス・サンシャイン』 (セガール気分で逢いましょう)
ついにこの最強のインディペンデント映画、『リトル・ミス・サンシャイン』が日本にや
リトル・ミス・サンシャイン (龍眼日記 Longan Diary)
黄色いフォルクスワーゲンワゴンがプヒ~ッと壊れたクラクションを 鳴らしながら走る走る・・・ 目指すはカリフォルニア「リトル・ミス・サンシャイン」コンテスト会場。 すごい一家だ。 ポンポコリンのお腹に大きな眼鏡のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリ ...
リトル・ミス・サンシャイン/グレッグ・キニア、トニ・コレット (カノンな日々)
今年の東京国際映画祭の時にも観たいなぁと思ってたんだけど既に一般公開が決まってたので結局スルーしたわけなんですが、面白そうだなと思ってたら東京国際映画祭でも好評だったようで最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞を受賞しちゃいましたよ。今年のコン ...
『リトル・ミス・サンシャイン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
ヤバイです。これは凄く面白い! yanksのツボにピッタリとハマりました。ホント、最後は大爆笑で涙がとまりませんでしたから...。
ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督「リトル・ミス・サンシャイン」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 出演 グレッグ・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット  この映画は「押す」映画である。押し切っていく。映画である。  「リトル・ミス・サンシャイン」コンテストをめざす少女(末っ子)を乗せて黄 ...
リトル・ミス・サンシャイン (B級パラダイス)
冴えない家族が織りなすとってもハートフルなお話でした。笑えてちょっぴり泣けて心があったかくなりますよ~。
リトル・ミス・サンシャイン (Alice in Wonderland)
クリスマスに一人で映画、しかもクリスマス気分満開の空中庭園で・・・ しか~し!今日ここでこの映画を観てよかった~!って心から思えるような素晴らしい驚きに愛がいっぱいつまった映画でした。 サンダンスを始め、多くの国際映画祭で、スタンディング・オ ...
リトル・ミス・サンシャイン (ジジョの五感)
「夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く」 映画祭で見逃した、すごく見たかった映画。 ブラッド・ピットの様なイケメンも、 スカーレット・ヨハンソンの様な美女も出てきませんが、 登場人物すべてが、個性的で魅力的☆ 末娘オリーヴのミスコン出場の為 ...
『リトル・ミス・サンシャイン』 今年の見納め♪ (Brilliant Days)
今年はこれが最後になりそうです! 劇場鑑賞見納め作品としては、私的に大ヒット! 爽やかで温かい涙で締めくくれて本当に良かったです鍊 第19回東京国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞を受賞した他、サンダンスを始め、多くの国際映 ...
負け犬ファミリーのロードムービー。~「リトル・ミス・サンシャイン」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、どこにでも病んでる家族はいるもんでしょうが 全員が全員ココまでスゴイとは。(笑) 成功論をまくし立て 勝たなきゃ意味がないと力説する父親 (でも、あてにしてた契約が取れずに収入が入ってこない) ヘロイン中毒で女好きのおじいちゃん (え~マジで ...
映画レビュー#38「リトル・ミス・サンシャイン」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「リトル・ミス・サンシャイン(Little Miss Sunshine)」(2006、アメリカ) 監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 脚本:マイケル・アートン 製作:アルバート・バーガー、デヴィッド・T・フレンドリー 出演:グレッグ・ギニア、トニ・コ ...
『リトル・ミス・サンシャイン』 (Albrecht's Alternativity@ココログ)
プロフィールだけみるとかなりイヤミな感じだけど、会ってみるとみんないいヤツ・・・
リトル・ミス・サンシャイン (Good job M)
公開日 2006/12/23監督:ジョナサン・デイトン出演:アビゲイル・ブレスリン/グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル 他【あらすじ】アリゾナ州に住むオリーヴの夢は、ビューティー・クィーンになること。小太りの眼鏡っ子だが、美人コンテストのビ ...
リトル・ミス・サンシャイン (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞 リトル・ミス・サンシャイン/LITTLE MISS SUNSHINE 2006年/アメリカ/100分 監督: ジョナサン・デイトン 出演: グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/ポール・ダノ/アビゲイル・ブレスリン 公式サイ ...
映画「リトル・ミス・サンシャイン」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Little Miss Sunshine 夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フー ...
映画「リトル・ミス・サンシャイン」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Little Miss Sunshine 夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フー ...
150.リトル・ミス・サンシャイン (レザボアCATs)
嫌味のない笑いと、無理のない展開、これに心からの感動まである、本当に3拍子揃った傑作のように思う。一人ひとりのエピソードも、すごく良く描けていて、すんなりとした呼吸を感じる様は、見事の一言。お正月一番オススメの映画!なんて声高に言いたいです。ま ...
★「リトル・ミス・サンシャイン」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.12.23劇場公開作品っていろいろあって・・・ 「大奥」は、フジテレビくさいし・・・ 「鉄コン筋クリート」は絵がごちゃごちゃしてそうだし・・・ 「シャーロットのおくりもの」は動物が喋ってそうだし・・・ まっ、後々これらの作品も見ることにはなるん ...
リトル・ミス・サンシャイン (Memoirs_of_dai)
Winners And Losers 【Story】 小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテスト“リトル・ミス・サンサシャン”で優勝することだ。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつか
【劇場映画】 リトル・ミス・サンシャイン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・クィーンになる事。コンテストのビデオを研究したり、大好きなおじいちゃん指導の元、ダンスを特訓したりと訓練に余念がない。そんな彼女の元に、朗報が舞い込む。カリフォルニ ...
Little Miss Sunshine (リトル・ミス・サンシャイン) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2006年9月15日鑑賞Tagline: Where's Olive?ストーリー7歳のオリーブ(アビゲイル・ブレスリン)がカリフォルニアで開催される美少女コンテスト "リトル・ミス・サンシャイン" に招かれたため、フラン
リトル・ミス・サンシャイン(映画館) (ひるめし。)
夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く
「リトルミスサンシャイン」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
記念すべき2007年の第一作に選んだのは、「リトルミスサンシャイン」でした。TXの「SHOWBIZ COUNTDOWN」内の全米興行成績で紹介されていたころから気になってはいましたが、日本で公開されてからの各所での評判も総じて良いようで、前情報はほどほどに期待を膨らま ...
リトル・ミス・サンシャイン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アリゾナ在住のオリーヴはミス・アメリカのコンテストの受賞シーンにとっても憧れているそんな彼女に、少女のためのミスコン ミス・サンシャインコンテストの繰上げ地区代表になったとの連絡が入る。大喜びのオリーヴなんだけど・・・オリーヴは美少女というより ...
リトル・ミス・サンシャイン (雑記のーと Ver.2)
「リトル・ミス・サンシャイン」をシネ・リーブル梅田にて鑑賞。 小太りの眼鏡っ子、オリーヴの夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャードや母のシェ
映画 『リトル・ミス・サンシャイン』 (Death & Live)
今年最初の映画が、コレです。 『リトル・ミス・サンシャイン』  2006年 原題 : LITTLE MISS SUNSHINE 監督 : Jonathan Dayton, Valerie Faris 主演の女の子は、眼鏡をかけていて、わざとイモッぽく ...
誰もが何処か病んでるけれども。『リトル・ミス・サンシャイン』 (水曜日のシネマ日記)
美少女コンテスト会場へ着くまでの、個性的な家族の様子を描いたロードムービーです。
リトル・ミス・サンシャイン (ショウビズ インフォメーション)
崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロード・ムービー。 サンダンス映画祭で評判を呼び、インディ作品としては異例の全米スマッシュ・ヒットを記録、話題を集めた。 監督は夫婦
「リトル・ミス・サンシャイン」 (ロコログ♪)
今年初の映画鑑賞。川崎チネチッタにて「リトル・ミス・サンシャイン」を観て来ました
リトル・ミス・サンシャイン (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&コメディ  監督:ジョナサン・デイトン  出演:グレッグ・キニア      トニ・コレット      スティーヴ・カレル      アラン・アーキン アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱え、母親のシェ リ ...
『リトル・ミス・サンシャイン』で、スタート。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
  走れ! 家族のオンボロLOVEワゴン。 07年の劇場での第一作目は、「ラムの大通り」のエイさんからお薦めいただいた ハートウォームなロードムービー『リトル・ミス・サンシャイン』。 結論から言うと、ホン
リトル・ミス・サンシャイン (Diarydiary!)
《リトル・ミス・サンシャイン》 - 原題 - LITTLE MISS SUNS
リトル・ミス・サンシャイン (skywave blog)
バラバラだった家族が、娘の美少女コンテスト出場のため、ワーゲンのおんぼろワゴンで、いざ出発!珍道中のはじまりです。 登場人物が一癖もある人物ばかり、人生をうまく生きて
『リトル・ミス・サンシャイン』 (Sweet* Days)
CAST:グレッグ・キニア、トニー・コレット 他 ゴールデン・グローブ作品賞、主演女優賞 他ノミネート STORY:小太りで眼鏡をかけたオリーヴの夢はミスコンで優勝すること。そんな彼女は理法予選で繰り上げ優勝し、決勝大会に出場することに。そして、 ...
「リトル・ミス・サンシャイン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Little Miss Sunshine」2006 USA 主演のリチャード&シェリル・フーヴァー夫婦に「恋愛小説家/1997」のグレッグ・キニアと「アバウト・ア・ボーイ/2002」のトニ・コレット。二人ともお気に入り俳優なのでこれは観逃せないと前から思っていた。監督はジョナサ ...
リトル・ミス・サンシャイン (It's a Wonderful Life)
この映画を昨年のベスト10に入れられている方が 多くて、これは観ないと!と年明け映画1本目に選びました。 あっ正確にはお正月に「カジノロワイヤル」2回目見たので2本目。 みなさんの評判もなるほど!の ダメダメな家族を描いた可愛らししいロードム ...
リトル・ミス・サンシャイン (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
ただゆるゆるしたロードムービーかと思ったら、 これまた大好きな絶妙な力の抜け加減!! 勝ち組と負け組って何だろうね。
リトル*ミス*サンシャイン 勝ち・負けなんて、関係ない! (銅版画制作の日々)
←クリックしてね涙と笑いと感動の物語 大晦日に観た『リトル・ミス・サンシャイン』、2006年を締めくくるには素晴らしい映画でした。バラバラ状態のフーヴァ一家が、おんぼろのフォルクスワーゲンミニバスで旅をしながら、最後には心一つに・・・・なってい ...
リトル・ミス・サンシャイン (小部屋日記)
Little Miss Sunshine (2006/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 出演:グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/アラン・アーキン/ポール・ダノ/アビゲイル・ブレスリン 滑稽な家族の再生物語。 笑 ...
人生はミスコンと同じぐらい馬鹿げているのか~「リトル・ミス・サンシャイン」の衝撃 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 いやー素晴らしかった。笑い過ぎて、涙が出た。例によって、予備知識ゼロで観た米映画「リトル・ミス・サンシャイン」(監督はジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻)。とんでもなくおかしく、途方もない傑作である。単に傑作とすればいいのに、わざ ...
【映画】「リトル・ミス・サンシャイン」評 (われおもふこと)
先日、東京国際映画祭http://blog.livedoor.jp/yamato26840/archives/51238351.htmlで観た映画が「リトル・ミス・サンシャイン」http://www2.foxsearchlight.com/littlemisssunshine/ (英語)http://movies.foxjapan.com/lms/ (日本語)―――だ。東京国際 ...
リトル・ミス・サンシャイン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
評判がいいので、今年最初の劇場鑑賞をこの作品に決めた【story】アリゾナ州郊外に住むフーヴァー家―家長のリチャード(グレック・キニア)は、「勝ち組・負け組」信奉者で、自分で考案した「9ステップ成功論」の持説を振りかざす。息子ドウェーン(ポール・ダノ ...
リトル・ミス・サンシャイン(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
すんごーく評判いい「リトル・ミス・サンシャイン」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:グレッグ・キニア 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、アラン・アーキン 、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン 上映時間:100分 ...
映画鑑賞記「リトル・ミス・サンシャイン」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.01.12 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ  美少女コンテストの出場が決まった少女と、お互いの不信感が渦巻く家族がオンボロなミニバスに乗り込んで、コンテストの会場へと向かう。  そこへたどり着くまでのトラブル満載の出来事が、家族を ...
映画「リトル・ミス・サンシャイン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リトル・ミス・サンシャイン」 サンダンス映画祭などで絶賛を受けた家族再生のロードムービー。 アリゾナに住むフーヴァー家は六人家族。 “9ステップ成功論”を唱え、「人生の勝ち組になれ!」が口癖なのに、自分は全く勝ち組になれそうもないパパ ...
リトル・ミス・サンシャイン (シネ・ガラリーナ)
2006年/アメリカ 監督/ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス <京都シネマにて鑑賞> 「ミスコンなんてクソだ!」 ひょんなことから少女向けのミスコンに代表として選ばれたオリーブ。おんぼろワーゲンバスに乗って、アリゾナからカリフォルニアま ...
映画* リトル・ミス・サンシャイン? ~「勝つ」人生って・・・ (有閑マダムは何を観ているのか?)
ところで、オリーブちゃん(アビゲイル・ブレスリン)の家族がすごい面子です。 おじいちゃん (アラン・アーキン) 残りの人生少ないんだし~ってことで、老齢ながらポルノ雑誌は大好きだし、コカインをやっちゃう快楽主義人生。  思ったことは何でも口に ...
「リトル・ミス・サンシャイン」 色々参考になるわ~ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
引き篭り&会話をしない息子。 うわ~、ウチのボクちゃん、あんなんになったらどうしょ~~。 パパがこんなだから、そういう素質は十二分にあるだけに、笑い事っちやない。 眼鏡っ娘。 うわ~、ウチの遠視で眼鏡かけてる幼稚園娘、美少女コンテストに出たいって言 ...
リトル・ミス・サンシャイン (future world)
映画ブロガーさんたちの、年末年始にかけてアップされてる2006年度映画ランキングの上位で、このタイトルをよく目にする~~ 気になり観に行ったが納得、昨年観てたら私もランクインさせたね! ってことは、今年のにランクインかな~。。 珍道中のロードム ...
リトル・ミス・サンシャイン (ネタバレ映画館)
アイスクリーム、ユースクリーム、好きさ~
「リトル・ミス・サンシャイン」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「リトル・ミス・サンシャイン」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★★  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年12月22日初公開  上映時間100分 みなさん、あけましておめでとうございます。ゆづです。 1月も17日になり、すっかり松の ...
「リトル・ミス・サンシャイン」 (the borderland )
ダメ人間好きなんですよ(^^;  しかもロードムービーなら面白くないわけがない!私がよく映画を観るようになってからだけでも、「サイドウェイ」、「トランスアメリカ」と毎年、ワクワクするような作品に出会えてます。そしてこれも前の2つに負けないぐらい ...
「リトル・ミス・サンシャイン」 (2006) (とりあえず生態学+)
止まる瞬間、動きはじめる瞬間 リトル・ミス・サンシャイン 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 100分 監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 脚本 マイケル・アーント 音楽 マイケル
リトル・ミス・サンシャイン (knockin' on heaven's door)
Little Miss Sunshine 2007年の始まりに、素敵な映画に出会いました。 青空の下を走る黄色いバン、ポンコツクルマに乗る欠陥家族のロード・ムービー。ミスコンに出場するメガネっ娘のために、家族がL.A.を目指します。
『リトル・ミス・サンシャイン』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
ほほえましくもやや謎。 フーヴァー家は、娘のコンテスト出場のためにミニバスでカリフォルニアを目指す。ロードムービー大好きなので、東京国際映画祭にコンペ出品されていた時から気になっていた本作。これはきっと一般公開されるに違いないと見込んで楽しみ ...
リトル・ミス・サンシャイン (そーれりぽーと)
年末年始の休暇に観るつもりが、ずっと風邪で寝込んだせいで結局行けず、そのまま観る気が失せてしまった『リトル・ミス・サンシャイン』 でも、アカデミー賞4部門にノミネートされたことだし、この週末は観たい映画も少ないしと言うことでとりあえず観てきました。 ★★...
リトル・ミス・サンシャイン(2006年) (jamsession123goの主観的映画レビュー)
勝ちにこだわること。 昨日書いたレビューをいったんアップしたものの、あまりの出来の悪さに、書き直して再度アップしたことをまずご了承いただきたい。 「格差社会」という言葉は国会で政治の争点になるほど「人気者」になった感があるが、そもそも「格差...
映画『リトル・ミス・サンシャイン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
8.リトル・ミス・サンシャイン■原題:LittleMissSunshine■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:100分■鑑賞日:1月27日 シネクイント(渋谷)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス□脚本:マイケル・...
「リトル・ミス・サンシャイン」アカデミー賞に意外と近い? (映画コンサルタント日記)
昨年の12月渋谷シネクイント他全国20スクリーンでスタート、ピーク時には45スク
応援したくなる?! 『リトル・ミス・サンシャイン』 (海から始まる!?)
 映画『リトル・ミス・サンシャイン』を観ていて、「あれっ、この人、見たことあるなあ」という俳優さんがいたんですが、劇場パンフを見ても、残念ながら主要キャスト以外の俳優については全く載っていませんでした(劇場パンフと公式HPは、内容がほとんど同じでした)。 ...
リトル・ミス・サンシャイン (eclipse的な独り言)
 この映画、今日観ることに意義があると感じています。(こじつけですが・・)
リトル・ミス・サンシャイン (明け方シネマ)
 いやもう泣かされたなぁ。涙涙、こんなに泣いたのは昨年の邦画の快作「フラガール」以来。  ただ「フラガール」が正面きってドン!と泣かせるドラマを作っているのに対し、本作は家族の絆に的を絞って、家族一人一人の問題を丁寧に描いていく。  アラン・アーキン...
リトル・ミス・サンシャイン (ひめの映画おぼえがき)
リトル・ミス・サンシャイン 監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン... 「夢
映画「リトル・ミス・サンシャイン」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「リトル・ミス・サンシャイン」に関するトラックバックを募集しています。
映画「リトル・ミス・サンシャイン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
ジョナサン・デイトン監督、ヴァレリー・ファリス監督デビュー作品。崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロード・ムービー。個性あふれるフーヴァー一家でそれぞれに問題を抱えているけど、妹オリーヴの美少女コンテスト出場が切...
リトル・ミス・サンシャイン (Little Miss Sunshine) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 主演 グレッグ・キニア 2006年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 2年連続で日本人が快挙を達成したってんで大騒ぎになったミス・ユニバース。世界一美しい女性を選ぶ大会で日本人が選ばれたのは嬉しい限りでは...
『リトル・ミス・サンシャイン』 (すきなものだけでいいです)
ご褒美なんて無くても、人生はきっと素晴らしい。 いつもクリックありがとうございます! よろしかったら今日も一押し。遠慮なさらず、ささどうぞ。 思えば去年の年末。 我が街のミニシアターで、ほんの少しの
リトル・ミス・サンシャイン…あの家族の三半規管が心配 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/gp29/}毎日暑い{/fine_face/}{/kaeru_fine/}{/fine_face/}ですなぁ{/pt17/} むしろ夕立でも降ってくれたほうが助かるぐらいの暑さ{/cat_3/} リビングぐらいの部屋になると冷房もあんまり効きません{/ase/} で、ほぼ一日中、寝室で過ごしてしまった今日です。 こんな暑さ...
リトル・ミス・サンシャイン (映画鑑賞★日記・・・)
【LITTLE MISS SUNSHINE】PG-122006/12/23公開 負け組家族の負け組脱出のお話・・・かな。アビゲイルちゃんが可愛すぎ♪
<リトル・ミス・サンシャイン>  (楽蜻庵別館)
2006年 アメリカ 100分 原題 Little Miss Sunshine 監督 ジョナサン・デイトン  ヴァレリー・ファリス 脚本 マイケル・アーント 撮影 ティム・サーステッド 音楽 マイケル・ダナ 出演 グレッグ・キニア  スティーヴ・カレル  アラン・アーキン   ...
リトル・ミス・サンシャイン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く』  コチラの「リトル・ミス・サンシャイン」は、12/23公開になった崩壊寸前の"負け組家族"が繰り広げる可笑しくも切ないハートフルなロード・ムービーなのですが、新年早々観てきちゃいました♪今年最初の映画館鑑賞作品なの...