我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

脳内ニューヨーク / SYNECDOCHE,NEW YORK

2009-11-16 22:02:00 | 劇場&試写★4 以下


批評家受けが良くても一般受けがいいとは限りません

1999年 「マルコヴィッチの穴」、2001年「ヒューマンネイチュア」製作/脚本 、
2002年  「コンフェッション」脚本 、「アダプテーション」製作総指揮/脚本、  
2004年「エターナル・サンシャイン 」製作総指揮/原案/脚本
チャーリー・カウフマン初監督作


カウフマン脚本作は「アダプテーション」はいまいちだったけど
他はどれも好きで特に「マルコヴィッチの穴」は何度も観てる好きな作品★
(スパイク・ジョーンズの初監督作品)

今回、初監督ということでどんな作品になってるのかずーっと楽しみにしてたの、
世界の映画賞8部門受賞、23部門ノミニー、海外評論家には評判良かったけど
たまたまみた日本の雑誌に載ってた数名の☆評価ではいまいち評が殆どだったので
あんまり期待しない方がいいかも?と思いながら鑑賞。
全米公開は去年秋。日本公開が遅れたのも観たらちょっと納得かなぁ。

製作には、長年のコンビであり新作「かいじゅうたちのいるところ」も待ち遠しいスパイク・ジョーンズ。




劇作家ケイデンに、最近では「パイレーツ・ロック」、近年では話題作に次々出演のフィリップ・シーモア・ホフマン。
脱いでるシーン最近やたら多い。
今回もまたベッドシーンもあったりでまた脱いでた。カンベンして~



女優陣は地味なのか豪華なのかわからない、地味系女優が多数出演


サマンサ・モートン、 エミリー・ワトソン、ダイアン・ウィースト


ヒース・レジャーの元妻で、その後交際してたスパイク・ジョーンズ監督とも別れた
ミシェル・ウィリアムズ。


ジェニファー・ジェイソン・リー、ホープ・デイヴィス、キャサリン・キーナー








画家の妻アデルと小さな娘と共にニューヨークに暮らす劇作家ケイデン・コタード。
彼が手掛けた作品は一定の評価を受け順風満帆に思われたが、
アデルは個性のない舞台演出を続ける覇気のない彼に失望、ついに娘を連れてベルリンへ去ってしまう。
劇場の受付嬢ヘイゼルを相手に孤独を紛らわすも、アデルへの未練から関係を進展できずじまいのケイデン。
そんな彼にある日、マッカーサー・フェロー賞(別名“天才賞”)を受賞したとの報せが舞い込んできた。
ケイデンは、その賞金全てを注ぎ込んだ突拍子な企画を思いつく。
それは、巨大な倉庫の中に、自分の頭の中にある
“もうひとつのニューヨーク”を作り上げるという壮大なプロジェクトだった。
集まった俳優たちに「舞台のニューヨークの中に自分の人生を構築、再現せよ」と指示し、準備を進めていくケイデンだったが…。




4/10




原題の SYNECDOCHE,NEW YORK「シネクドキ」の意味を調べると、
修辞技法のひとつで、シネクドキ(synecdoche)
隠喩の一種。上位概念を下位概念で、または逆に下位概念を上位概念で言い換えることをいう。らしい。

あるカテゴリと、それに含まれる個別要素
全体と、その一部分
物体と、その材料

例として「日本のアインシュタイン」→「アインシュタイン」を「天才」という意味に用いている。
「手(人手)が足りない」→仕事をする「人」が足りないという意。

なるほど。
「脳内ニューヨーク」っていうからには、脳内のニューヨークなんだろうなって分かるけど(そのまんま)
もっと幻想的で変で、妄想的なストーリーを想像してたんだけど
ちょっと違う感じ、はじめの方もなんだか惹き込まれるというよりは眠気誘うし
観てても124分が長く感じちゃった。

前半少し笑っている人もあった数カ所のシーンも、明らかに笑う箇所なんだろうけどどうも笑えず
一番面白かったのは、キャサリン・キーナーの個展の絵で
ヘンなメガネかけなきゃ見えないくらい小ちゃいの。

「マルコヴィッチの穴」では、7と1/2階にある かがまないと歩けない天井がやたら低いオフィスが出て来たりしてたけど
カウフマンらしい発想。

しかしこの映画の構想そのものがらしいと言ってしまえばらしいんだけど、
今までの作品よりずっとひとりよがり的な感じ、
今までが楽しませる脚本を書いてきたんだとすると、今回は自分のためにというか
自分が好きなように書きました。 という趣。

アメリカの批評家たちはこういうのを誉めたがるよなぁ~。
解説には愛とユーモアに溢れた視点とあるけどどうかな
シュールというほどシュ-ルではない気がするし、ユーモアってほど可笑しくもない。
単にわたしの笑いに合わなかっただけなのかもだけど。
元妻友人の影響と洗礼で可愛い娘が将来レズになり、
全身タトゥーからヘンな病気になって、、、っていうくだりもなんだかな、、、、。

人生への絶望感や挫折感、孤独を味わったことのある人間の方が、
よりこの男を理解出来るのかもしれない。


んー、なんか何と言っていいかわかんないんだけど
とにかくわたしは面白いなんて言えない。
いや、ひとことで言うと「つまんなかった」だなぁ。



露骨でちょっと下品なところも下品に思わせず、頭の良い下品さと思わせるところもこの脚本家、カウフマンのすごいところなのかも。


人生の主役はあなただけなんていうメッセージがストレートに伝わるような
ラストちかくもわたしにはわざとらしく感じちゃってノレず。

どうしてこの作品が合わなかったかといえば、
わたし自身が 「いつでもどうにかなる」的なめちゃくちゃ楽観主義者なので
前向きなメッセージを最終的には訴えてるにも関わらず、
主演の男が覇気がなさすぎで、もがいているだけで、愛を求めてるだけで、
結局は悲観的すぎる、ってところが根本から受け付けられないのかも...。

とここまで書いて、
あれ? でも「マルコヴィッチの穴」でも悲観的で超ネクラな男が主人公だったなぁ。
んー、、、、自分でもよくわからなくなってきた

完全に、観る人選ぶ作品。

音楽は「エターナル・サンシャイン」の時もすごく良くてサントラ買っちゃったほどなんだけど、
同じくジョン・ブライオンが手がけていて
特にエンドロールでかかる「Little Person」が良かった
視聴可能 (17曲目)




公式サイト
SYNECDOCHE,NEW YORK   2008年   アメリカ    124min
11月14日より、公開中~



---------------------------------------------------------------------------------------------

カンヌにて。






応援して下さってる方、ありがとう
ランキングクリックしてね





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップ☆News | TOP | Disney’s クリスマス・キャロ... »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
お尻がいっぱい (かえる)
2009-11-16 22:56:30
migさん、こんばんは。
今回のレヴューは(って本当はいつもそうなのかもしれないけど、時々しか読んでいない私の印象では若干いつもと違ったカンジがしたのです。勘違いだったらごめんなさい。)ただつまらないっていうんじゃなくて、なぜ自分がそう感じるのかを分析的に描かれていて、とても納得できましたよー。
私は悲観的な人間なのでw、この神経症な混迷ぷりはなかなかわかるものがあって面白かったです。
でも、正直言って、同じあたりをウジウジウダウダし過ぎな感じでしたよね。
面白かったけど、期待したほどではなかったかなというか。
スパイク・ジョーンズやゴンドリーが撮る方がいんじゃね?!っていう結論。
うが (KLY)
2009-11-16 23:12:40
今日実はこれ観るか、「副王家の一族」観るか迷って、結局「副王家の一族」にしたんだけど、migさんの★4はまずいなぁ。(笑)migさんめったに低い評価しない人だし。
まあ前売り買っちゃったんで、もう行ってきますけど、ハードル下げてあまり期待しないで行ってきますね。^^
☆かえるさん★ (mig)
2009-11-16 23:48:48
こんばんは♪

これ、なに言っていいのかわからなくなってきて書きづらかったです~
面白くないと言えばそれまでなんだけど、
どこが駄目だったんだろう。って自分でも問いただして考えちゃうような作品で。
これまでのカウフマンの脚本好きだったんで余計に、、、ね。

楽しめた人には 頭にくるレビューって思われるかな?なんて思ったりもしたんだけど
これが素直な感想なの(笑)
楽しめたかえるさんに そう言ってもらえて嬉しいな★
そう、おなじところをずーっとうだうだなの!そこもはっきりしろ!って言いたくなっちゃう

そうそう、これをスパイクリーやゴンドリーが撮ったら私また違ったかも。
映画って監督のものですよね~ほんと。
★KLYさん★ (mig)
2009-11-16 23:52:04
KLYさん、初日か日曜かなー?なんて思ったんだけど
他の観てたみたいですねー、

これね、批評家受けいいのは分かるんですよ、
こういうのを判るんだぞ、みたいな感じ。
この世界観をどれだけ楽しめるかにかかってますねー。
わたしはどうにも合わずで。
あ、わたしけっこう厳しい方だと自分では思ってるんだけど
3とかバンバンつけるし(笑)
最近はかなり吟味してから観てるから失敗も減ったってことかな

KLYさんのレビュー、楽しみにお待ちしてます♪
見当違いの高得点 (クラム)
2009-11-17 02:21:48
何言っていいのか分からなくなるっていうのはまったく同感ですね。
そもそも観る側を混乱させる設定や展開を狙って作ってる人たちでしょうから。
そういう意味では「マルコヴィッチの穴」も本作もそう大した差はないのかもしれません。
実は観る側の体調や思い込みで評価が変わったりするのかもしれません。

それを証明するかのように、ぼくは思わず高得点付けちゃいました。
しかも記事書いた後にいろいろな情報を当たってみると、この感想がどうにも勘違い。
まさに脳内暴走レビューとなりました。
まあ、見当違いであろうが考えさせられる映画は好きなのですが。
感覚の違い? (ノルウェーまだ~む)
2009-11-17 08:43:03
migちゃん、めずらしい~
評価低いのね。
でも、確かに笑いのツボも感動のツボもアメリカ人と日本人では違うもんね~
ポスターからしていかにも批評家ウケしそうなかんじだけど、そういうのはどうよ?って思うよね。
Unknown (mamezou)
2009-11-17 22:10:05
ご無沙汰してます。
脳内ニューヨーク…気になってはいたんですが、
見る人を選ぶ感じなんですね~(;^_^A

自分もブログを書いていて、レビューって難しいなと思うことがあります。
世間でどんなに評価が高くて人気があっても、自分には合わないこともあるし、
かと思うと、その逆のこともあるし。
私も以前、ある映画について批判的に書いたら、その作品を好きな
友人が機嫌を悪くしてしまって(;^_^A
でも、ブログはやっぱり、基本的には自分のためのものだと
思っているので、これからも正直に書いていきたいです。
migさんも、いつも楽しみにしてますので、頑張ってください!
相互リンクの依頼 (ミスターシネマ)
2009-11-17 22:38:25
migさん、こんばんは!

突然ですが、折り入ってお願いがあります。
今更と思われるかもしれませんが、相互リンクコーナーを作ろうと考えています。
migさんのブログもリンクしたいと思うんですが、いかがでしょうか?

相互リンクの依頼があれば、みんなのブログをリンクするわけではなく、今までに僕のブログを見てコメントした人を選んで、その方へ感謝の気持ちを込めたリンクコーナーを作ろうと思っていまして、migさんもそのひとりと考えています。

僕のブログはご存知のとおり、「必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!」で、アドレスはhttp://mr-cinema-review.seesaa.net/ です。

返事お待ちしてます~!
migさんへ♪ (mezzotint)
2009-11-17 22:58:39
今晩は☆彡
コメントありがとうございました!
遠慮なさらずいつでもコメントお待ち
しています。おぉ~何か微妙な感じですね。
こちらではもう少し公開が後です。
フィリップ・シーモア・ホフマンが出るので
楽しみにしていたのだけれど・・・・。
パイレーツ・ロックはようやく鑑賞して
きました。あれは良いですよね。
イギリスの香りバンバンで♪♪も乗り乗り
で、最高でした!また記事アップしたら
お邪魔致します。
☆クラムさん (mig)
2009-11-18 00:27:29
こんばんは♪

観ていたんですね!
そうですね、マルコヴィッチも難解、なんて言われてるけど
わたしはあれは大好きなんですよね~。

こちらは観てる時から面白さ感じずで
合わなかったなぁ。
クラムさんは楽しめたんですね。
わたしもあとで色々考えさせられる映画は好きです♪




☆まだ~む☆ (mig)
2009-11-18 00:29:12
こんばんは♪

あれ、評価低いの、珍しいかな??
まだ~むもきっとコレ、ニガテな気が勝手にしています(笑)

言いたいことは分かるんだけど、好みじゃない、作風だったよ~☆
★mamezouさん★ (mig)
2009-11-18 00:31:28
こんばんは♪

ありがとうございます~★
なんか、この作品うまく言えないんですよ。
それでも一気書きしましたけど、、、

死について、結局は言いたいというところも分かるんですけどネ、、、
でも興味あれば是非mamezouさんもご覧になって感想聞かせて下さい♪

みた。 (とく)
2009-11-18 11:42:15
わしも見たんだが、意味分からん。わしがあほなんかなと思ったんだが、いろいろ見てるとそういう人多かった。わしだけないんや!公式サイトにネタバレ相関図出てたが「だから、どうした!」って感じ。わしん時も少し笑ってる人いたがわしな~んもおもろくないし。NYってわりに、NYの景色出てこないがな。え、最期にメッセージあったんすか?わからん。つか、劇場入った時、関連商品だかが置いてあった「ヒューマンネイチャ」「アダプテーション」ってわし、全然ダメでした。嫌な予感がしたら当たってもうた。この映画は客を選ぶ。大体わし選ばれない。
★ミスターシネマさん (mig)
2009-11-18 20:12:50
こんばんは♪

リンクのお誘いありがとうございます♪
もちろん相互リンクは歓迎なんですが、
わたしのところgooブログでサイドバーに入れられるのは50個と決まってるため
よくコメント下さるかたに主に昔からリンクになってて
入り切らないので一番下のお友達リンクのところになりますけどご了承下さい★
宜しくお願いします
★mezzotintさん★ (mig)
2009-11-18 21:30:16
こんばんは★

こちらこそいつもコメTBありがとうです♪

あっちでも脱いでたし「その土曜日~」でも、、、この映画でも(笑)

これ、観る人を選ぶ映画ですので試してみて下さい~
★とくさん (mig)
2009-11-18 21:34:40
意味分からんていうか、わけ分からん!
ですね
あはは、とくさんが「だからどうした!」って言いたくなるのもわかるぅ。
ほんと勝手にしてっていいたくなる
なんか、最後のほうとかやけに死を意識した名作風にしてるとこがいやだったな~

分かる人には分かるよ、みたいな。。。
メッセージっていうのはこの映画のメッセージで
人は誰でも死ぬんだから、がむしゃらに生きてこうっていうような。
そんなのわかってるよ、って言いたくなっちゃうよね(笑)

とくさんの最後の一行笑えた~!
う~ん (KLY)
2009-11-21 00:36:56
とりあえず不思議な魅力は感じるけど、到底
面白いとはおもえないなぁ。何回か観た方が
魅力が解るような気がします。
とりあえず解りにくすぎですよ。いくら観てい
る側に考えさせたいとはいっても限度がありま
す。そういう意味ではハリウッドというよりは
ヨーロッパシネマのアメリカ風味みたいな感じ
もしました。
ラストのニューヨークの残骸はケイデンの心の
なかの心象風景なのかなぁ。関係ないけど、ウ
ィル・スミスの「アイ・アム・レジェンド」を
思い出しちゃった。(笑)
★KLYさん (mig)
2009-11-22 00:29:42
ごめんなさい、KLYさんからいっぱいコメもらってましたね、

これわたしはわかるわからないじゃなく、
もう本能的に好き嫌い、楽しめるかどうかにかかってると思うんですよね、
分かるかどうかっていうのはあんまり問題ではないというか。
多分作ってる方も理解してもらうかより自分のつくりたい世界作っちゃった感じだろうなぁって。

KLYさんも書いてたけど、これ誉めなきゃ頭悪いと思われそうっていう節はありますね、
わたしが読んだ(雑誌で★つける評)は数人が★評価低かったけど
こういうのは誉めたがる人多いですよね  笑

というか、わたし今日観て来た例の大作
そうとうダメで
言いたい事書いちゃった。自分の書いた記事upするのがコワイです。。。。(笑)
そうか~ (manimani)
2009-11-26 03:03:14
こんばんは。トラ+コメどうもです♪
で、そうか~人それぞれなんだなあ~
ワタシはけっこう好きでしたこれ。
わかるってことと好きになるってことは別物だとワタシは思っているので、かつ、批評家だって同じ人間なので、オレわかるんだぞって人ばっかりでもないと思うんだけどな~~

とか思いながら読んでおりましたら、

>人生への絶望感や挫折感、孤独を味わったことのある人間の方が、
よりこの男を理解出来るのかもしれない。

ああ、これだ^^;
ワタシがこれ好きな理由はwww

というわけでどうも~
★mamimaniさん (mig)
2009-11-26 12:26:39
こんにちは★

これ全く賛否分かれてますねー、
でもダメな人が多いみたいですね一般受けする作品ではないですよね~。
オススメもしにくいし。
(わたしはダメだったのでなおさらだけど)

そうなんだ、manimaniさん
渋いですね~、
いろんな深い経験されてる方のほうが楽天的に生きてる人間よりも共感出来る作品でした~
残念 (にゃむばなな)
2009-11-28 17:57:08
「映画ファンのみんなと一緒に楽しみましょう」的な面白さがこの映画にはありませんでしたね。
仰るとおり、チャーリー・カウフマンのひとりよがりな映画でしたよ。
★にゃむばななさん (mig)
2009-11-28 23:27:15
こんばんは★

お!にゃむばななさんてっきりこれ楽しめる派かと思ってた~

わたしも同感ですね、
独りよがり映画でしたねぇ~うん、
今日また予告篇みたけど「けっして面白いなんてゼッタイ言えない」ってまた思っちゃった(笑)
カウフマン (kazupon)
2009-11-30 13:45:57
migさん

おっかなり低評価だったんですね!
それはそれで納得です。
別にカウフマン好きなわけじゃないし、
主人公にも共感できないし(笑)愛とユーモアもあまり感じなかったけど、なんか面白い
映画でした。うーんなんだろう、結構残りまし
たです。
サマンサ・モートンって意識して観たことなか
ったですけど、印象に残りました。
★kazuponさん★ (mig)
2009-11-30 21:45:09
こんばんは♪

これねー、kazuponさんと楽しみにしてましたよね!ずっと前から。。。
kazuponさんはきっと好きだろうなーって思いました
だけどわたしはどうにもダメでしたよ~、、、
逆にくるものがなくて、、、、
勝手にしてって思っちゃったりして

あとでお邪魔します!
TBよろしく~ (真紅)
2009-12-03 20:49:30
migさん、こんにちは~。
「観る人選ぶ映画」全く同感です☆
ホント、これ「面白い」とは言えないよね、口が裂けても(爆)。
それでも、何かを考えさせられる映画でしたよね~。
カウフマンってほんと変人だな~って思いました。←暴言
でも、『エターナル・サンシャイン』大好きなんですよね。。ゴンドリーだからかな。。
☆真紅さん★ (mig)
2009-12-04 13:44:25
こんにちは♪

ほんと、面白いとは全然言えなかったぁ~。。。。
この人の脚本は好きなんだけどなぁ、、、
映像までやらせちゃうとまた変わってくるのか、、、。
カウフマン、人と
同じは嫌ってタイプですよね、うん 笑
わたしもエターナルサンシャイン好きなんですよ~♪

ケイトウィンスレットはちょっとミスキャストな気がしちゃいましたけど
Unknown (りお)
2009-12-10 06:31:24
予告を観て、これは思っていたのとは違うかも…??と思っていたのだけど、いざ観たらまったく違ったよ…
migさんの評価がイマイチなのも納得。
わたしは全然合わなかったわ。
★りおさん☆ (mig)
2009-12-10 11:51:53
わかるー、
わたしももっと低くてもいいなってあとから思っちゃった

負け惜しみじゃないけど
わかるわからないという映画ではないよね。
なーんかつまんなかった
ありがとうございます (クマネズミ)
2009-12-11 21:41:16
 migさん、こちらのブログにわざわざコメントを投稿して下さって、まことにありがとうございます。
 これからもよろしくお願いいたします。

 それにしても、この映画はよく分かりませんでした。といって、人を惹きつける不思議な妖気がこちらの脳内にも侵入してくる感じで、なんとか再挑戦してみたい気にさせられます!
リベンジしましたが。。。。 (mezzotint)
2009-12-11 23:46:55
今晩は☆彡
2回鑑賞しましたが・・・・。
2回とも場面は違うけれど(笑)
どうも相性悪かったようです。
おっしゃるように観る人選ぶ作品ですね。
かなり混乱しましたよ。
★クマネズミさん★ (mig)
2009-12-12 09:37:16
こんにちは。はじめまして★
たくさんTBまとめて頂いたのでお礼のみですけどいれさせてもらいました★

こちらこそ、これからも宜しくお願いします

これ、不可解で
人を楽しませるより自分の好きなように作った映画、という印象です
★mezzotintさん★ (mig)
2009-12-12 09:38:16
こんにちは♪

あはは、二度もトライしちゃったんですねー、凄い!
そして二度も寝ちゃうとは(笑)

これはでもウトウト指数高いですよねー!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

33 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画レビュー「脳内ニューヨーク」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Synecdoche New York [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆摩訶不思議系エンタテインメント。内容はひとりよがりだが、カウフマンの非凡な才能が垣間見える。 【65点】 NYに住む人気劇作家ケイデンは、ある日突然、妻と娘が出て行き途方に暮れる。...
『脳内ニューヨーク』 (Synecdoche, New York) (Mooovingな日々)
チャーリーカウフマン監督、フィリップシーモアホフマン、ミシェルウィリアムズ、サマンサモートン、キャスーリンキーナー、エミリーワトソン。 ケイデンコタードはニューヨークに住む人気劇作家。ある日突然愛する妻が娘を連れて家を出てしまう。 そんな時、マッカー...
「脳内ニューヨーク」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
絡まった糸は必ずしもほどく必要はない。「エターナルサンシャイン」等の脚本家C.カウフマンの初監督作品。このグループといえば、M.ゴンドリーが作った「恋愛睡眠のすすめ」はまったく好きになれなかった。独特の世界がハマるかハマらないか、当たり外れが大きいのを覚悟...
映画: C カウフマン初監督「脳内ニューヨーク」 肥大する幻想に取り込まれる感覚を楽しむ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
原題は、synecdoche new york 。 「マルコヴィッチの穴」Being John Malkovich、「エターナル・サンシャイン」Sunshine of the Spotless Mindの脚本家チャーリー・カウフマンが初監督。 これは期待しないわけにはいかない! 今年06月17日にも、「期待の映画、チャーリー・...
脳内ニューヨーク (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作・脚本: チャーリー・カウフマン キャスト ケイデン・コタード☆フィリップ・シーモア・ホフマン ヘイゼル☆サマンサ・モートン クレア☆ミシェル・ウィリアムズ アデル☆キャサリン・キーナー タミー☆エミリー・ワトソン エレン☆ダイアン・ウィ...
『脳内ニューヨーク』の生と死 (Days of Books, Films)
『脳内ニューヨーク』の原題は「Synecdoche, New York」って言う
「脳内ニューヨーク」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.11.17 公開中の「脳内ニューヨーク」。 監督・製作・脚本:チャーリ...
脳内ニューヨーク (LOVE Cinemas 調布)
『マルコヴィチの穴』の脚本家、鬼才チャーリー・カウフマンの記念すべき初監督作品。プロデューサーにこれまた『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが参加している。主演は『パイレーツ・ロック』のフィリップ・シーモア・ホフマン。現実のニューヨークの広大...
脳内ニューヨーク (メルブロ)
脳内ニューヨーク 290本目 2009-50 上映時間 2時間4分 監督 チャーリー・カウフマン 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン サマンサ・モートン ミシェル・ウィリアムズ キャサリン・キーナー エミリー・ワトソン 会場 シネマライズ 評価 4点(10点満点)  ...
脳内余生 (スムーズ)
●「脳内ニューヨーク」チャーリー・カウフマン監督(2009) (1)今まで脚本し
「脳内ニューヨーク」:千駄木三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに帽子屋があるとは知らなかったな。ひとつ、新調するか。 {/hiyo_en2/}あなたの場合、帽子よりそれを被る脳ミソを新調したほうがいいんじゃないの? {/kaeru_en4/}ああ、どうせ俺の脳の中はフニャフニャよ。 {/hiyo_en2/}きっと、ぬるま湯のお...
「脳内ニューヨーク」チャーリー・カウフマン (Mani_Mani)
脳内ニューヨーク公式サイト 脳内ニューヨークSYNECDOCHE,NEW YORK 2008アメリカ 監督・脚本:チャーリー・カウフマン 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、サマンサ・モートン他 最近時間があるのでいろいろと映画を観ており、 結果感想文がまったく追いつか...
脳内ニューヨーク (KINOMANIE)
2008年 アメリカ 原題:SYNECDOCHE, NEW YORK 監督・脚本:チャーリー・カウフマン 製作:スパイク・ジョーンズ他 音楽:ジョン・ブライオン 出演:...
『脳内ニューヨーク』 (めでぃあみっくす)
チャーリー・カウフマンは映画監督としては全くダメだと痛感した作品でした。やはりこの方は脚本家に専念すべき才能です。監督としては演出がダメダメなうえに、脚本のバランスもムチャクチャ。奇想天外な脚本家としてその地位を確立した彼だけに、本職の脚本までダメにな...
◎『脳内ニューヨーク』◎ ※ネタバレ含 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、チャーリー・カウフマン監督・製作・脚本、アンソニー・ブレグマン、スパイク・ジョーンズ、シドニー・キンメル製作、フィリップ・シーモア・ホフマン、ミシェル・ウィリアムズ、サマンサ・モートン、キャスリーン・キーナー、エミリー・ワトソン出...
脳内ニューヨーク (It's a Wonderful Life)
チャーリー・カウフマン脚本作というと以下の5本 ?「マルコヴィッチの穴」99年・監督スパイク・ジョーンズ ?「ヒューマンネイチュア」01年・監督ミシェル・ゴンドリー ?「アダプテーション」02年・監督スパイク・ジョーンズ ?「コンフェッション」02年...
映画『脳内ニューヨーク』 (健康への長い道)
シネマ・ポイントカード(会員証)の期限更新を兼ねて、『脳内ニューヨーク』をシネ・リーブル神戸にて17:20から。『マクロスF』は大入りのようですが、こちらは10数人。女性の一人客が多いのが意外ですね。 Story ケイデン・コタードは、ニューヨークに住む人気劇作...
Synecdoche New York / 脳内ニューヨーク (Akasaka high&low)
Charlie Kaufman(チャーリー・カウフマン)原作・監督の暗い映画がSynecdoche New York(脳内ニューヨーク)。 確かに日本語の題名は映画の内容を表現してますが、明るいイメージとポップなHPは鬼才の難解な作品とは正反対です。今回はPhilip Seymour Hoffman(フィリ...
迷宮劇場~『脳内ニューヨーク』 (真紅のthinkingdays)
 SYNECDOCHE, NEW YORK  NY在住の人気演出家ケイデン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、画家の妻 アデル(キャサリン・キーナー)と4...
脳内ニューヨーク (Movies 1-800)
Synecdoche, New York (2008年) 監督:チャーリー・カウフマン 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、エミリー・ワトソン、ミシェル・ウィリアムズ、キャサリン・キーナー 私生活で問題を抱える舞台監督が、自身の手がける舞台と現実の区別がつかなくなる話かな。 「マ...
脳内ニューヨーク (映画三昧、活字中毒)
■ シネマライズにて鑑賞脳内ニューヨーク/SYNECDOCHE, NEW YORK 2008年/アメリカ/124分 監督: チャーリー・カウフマン 出演: フィリップ・シー...
脳内ニューヨーク (cochi の blog)
脳内ニューヨーク☆☆☆☆☆☆面白いのかつまらないのかそれもわからない。見終えてただただ混乱が残った。この感覚は珍しいことです。エンディングの歌が流れた時、ほ
脳内ニューヨーク (映画的・絵画的・音楽的)
 「脳内ニューヨーク」をシネマライズで見てきました。  「パイレーツ・ロック」でさすがと思わせる演技を披露していたフィリップ・シーモア・ホフマンをまたまた見ることができるというので、早速映画館に足を運んだ次第です。  ですが、この映画は、これまで彼が出...
脳内ニューヨーク(2008) (銅版画制作の日々)
原題:SYNECDOCHE, NEW YORK 人生には“何か”あるはず 2回鑑賞しましたが・・・・・。不覚にもウトウト状態(汗)決して作品が嫌いではなかったのだけれど。結論から言えば、どうも相性が悪かったような気がします。 『マルコヴィッチの穴』や『エターナル・サンシャ...
『脳内ニューヨーク』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:SYNECDOCHE,NEWYORK監督・製作・脚本:チャーリー・カウフマン出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ミシェル・ウィリアムズ、サマンサ・モートン、キャスリーン・キーナー、エミリー・ワトソン観賞劇場 ; シネマライズ公式サイトはこちら。<Story>ケイ...
脳内ニューヨーク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
理想のニューヨークを本物のニューヨークの中に作る__人生に絶望した男の途方もない挑戦を描く奇想天外な物語。 「マルコヴィッチの穴」や「エターナル・サンシャイン」などの奇想天外なストーリー展開で知られる人気脚本家チャーリー・カウフマンの監督デビュー作...
ニューヨークアイラブユー!!! (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 2001年9月11日。 日本人24人を含む、2749人が犠牲になった同時多発テロから今日、11日で8年....。 当時の記憶は前にも書いたけど 今もなお、目に浮か...
■映画『脳内ニューヨーク』 (Viva La Vida!)
『マルコヴィッチの穴』、『エターナル・サンシャイン』でおなじみの脚本家チャーリー・カウフマンが、初めてメガホンを取った映画『脳内ニューヨーク』。 天才脚本家、天才監督にあらずというところでしょうか…。 アイデアはいいと思うんですが…。 <STORY...
mini review 10502「脳内ニューヨーク」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』の脚本家、チャーリー・カウフマンが監督デビューを果たすエンターテインメント・ムービー。人生に行き詰った人気劇作家が、自分の人生を再生す...
mini review 10502「脳内ニューヨーク」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』の脚本家、チャーリー・カウフマンが監督デビューを果たすエンターテインメント・ムービー。人生に行き詰った人気劇作家が、自分の人生を再生す...
『脳内ニューヨーク』 ('11初鑑賞106・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆--- (10段階評価で 4) 8月5日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
脳内ニューヨーク(2009)~同時多発追憶 (佐藤秀の徒然幻視録)
米同時多発テロ犠牲者への鎮魂? 原題:SYNECDOCHE,NEW YORK。チャーリー・カウフマン監督、フィリップ・シーモア・ホフマン、ミシェル・ウィリアムズ、サマンサ・モートン、キャスリーン ...
『脳内ニューヨーク』(映画)(2008)ー私を演じる他人は私、自己の新たな地平へのシネクドキ (マンガデシネ)
 フィリップ・シーモア・ホフマンが2月2日に亡くなったというニュースが流れて以来、哀悼の意を込めて何か未見の出演作品を観たいと考えていた。特にファンだったという訳では ...