我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

脳内ニューヨーク / SYNECDOCHE,NEW YORK

2009-11-16 22:02:00 | 劇場&試写★4 以下


批評家受けが良くても一般受けがいいとは限りません

1999年 「マルコヴィッチの穴」、2001年「ヒューマンネイチュア」製作/脚本 、
2002年  「コンフェッション」脚本 、「アダプテーション」製作総指揮/脚本、  
2004年「エターナル・サンシャイン 」製作総指揮/原案/脚本
チャーリー・カウフマン初監督作


カウフマン脚本作は「アダプテーション」はいまいちだったけど
他はどれも好きで特に「マルコヴィッチの穴」は何度も観てる好きな作品★
(スパイク・ジョーンズの初監督作品)

今回、初監督ということでどんな作品になってるのかずーっと楽しみにしてたの、
世界の映画賞8部門受賞、23部門ノミニー、海外評論家には評判良かったけど
たまたまみた日本の雑誌に載ってた数名の☆評価ではいまいち評が殆どだったので
あんまり期待しない方がいいかも?と思いながら鑑賞。
全米公開は去年秋。日本公開が遅れたのも観たらちょっと納得かなぁ。

製作には、長年のコンビであり新作「かいじゅうたちのいるところ」も待ち遠しいスパイク・ジョーンズ。




劇作家ケイデンに、最近では「パイレーツ・ロック」、近年では話題作に次々出演のフィリップ・シーモア・ホフマン。
脱いでるシーン最近やたら多い。
今回もまたベッドシーンもあったりでまた脱いでた。カンベンして~



女優陣は地味なのか豪華なのかわからない、地味系女優が多数出演


サマンサ・モートン、 エミリー・ワトソン、ダイアン・ウィースト


ヒース・レジャーの元妻で、その後交際してたスパイク・ジョーンズ監督とも別れた
ミシェル・ウィリアムズ。


ジェニファー・ジェイソン・リー、ホープ・デイヴィス、キャサリン・キーナー








画家の妻アデルと小さな娘と共にニューヨークに暮らす劇作家ケイデン・コタード。
彼が手掛けた作品は一定の評価を受け順風満帆に思われたが、
アデルは個性のない舞台演出を続ける覇気のない彼に失望、ついに娘を連れてベルリンへ去ってしまう。
劇場の受付嬢ヘイゼルを相手に孤独を紛らわすも、アデルへの未練から関係を進展できずじまいのケイデン。
そんな彼にある日、マッカーサー・フェロー賞(別名“天才賞”)を受賞したとの報せが舞い込んできた。
ケイデンは、その賞金全てを注ぎ込んだ突拍子な企画を思いつく。
それは、巨大な倉庫の中に、自分の頭の中にある
“もうひとつのニューヨーク”を作り上げるという壮大なプロジェクトだった。
集まった俳優たちに「舞台のニューヨークの中に自分の人生を構築、再現せよ」と指示し、準備を進めていくケイデンだったが…。




4/10




原題の SYNECDOCHE,NEW YORK「シネクドキ」の意味を調べると、
修辞技法のひとつで、シネクドキ(synecdoche)
隠喩の一種。上位概念を下位概念で、または逆に下位概念を上位概念で言い換えることをいう。らしい。

あるカテゴリと、それに含まれる個別要素
全体と、その一部分
物体と、その材料

例として「日本のアインシュタイン」→「アインシュタイン」を「天才」という意味に用いている。
「手(人手)が足りない」→仕事をする「人」が足りないという意。

なるほど。
「脳内ニューヨーク」っていうからには、脳内のニューヨークなんだろうなって分かるけど(そのまんま)
もっと幻想的で変で、妄想的なストーリーを想像してたんだけど
ちょっと違う感じ、はじめの方もなんだか惹き込まれるというよりは眠気誘うし
観てても124分が長く感じちゃった。

前半少し笑っている人もあった数カ所のシーンも、明らかに笑う箇所なんだろうけどどうも笑えず
一番面白かったのは、キャサリン・キーナーの個展の絵で
ヘンなメガネかけなきゃ見えないくらい小ちゃいの。

「マルコヴィッチの穴」では、7と1/2階にある かがまないと歩けない天井がやたら低いオフィスが出て来たりしてたけど
カウフマンらしい発想。

しかしこの映画の構想そのものがらしいと言ってしまえばらしいんだけど、
今までの作品よりずっとひとりよがり的な感じ、
今までが楽しませる脚本を書いてきたんだとすると、今回は自分のためにというか
自分が好きなように書きました。 という趣。

アメリカの批評家たちはこういうのを誉めたがるよなぁ~。
解説には愛とユーモアに溢れた視点とあるけどどうかな
シュールというほどシュ-ルではない気がするし、ユーモアってほど可笑しくもない。
単にわたしの笑いに合わなかっただけなのかもだけど。
元妻友人の影響と洗礼で可愛い娘が将来レズになり、
全身タトゥーからヘンな病気になって、、、っていうくだりもなんだかな、、、、。

人生への絶望感や挫折感、孤独を味わったことのある人間の方が、
よりこの男を理解出来るのかもしれない。


んー、なんか何と言っていいかわかんないんだけど
とにかくわたしは面白いなんて言えない。
いや、ひとことで言うと「つまんなかった」だなぁ。



露骨でちょっと下品なところも下品に思わせず、頭の良い下品さと思わせるところもこの脚本家、カウフマンのすごいところなのかも。


人生の主役はあなただけなんていうメッセージがストレートに伝わるような
ラストちかくもわたしにはわざとらしく感じちゃってノレず。

どうしてこの作品が合わなかったかといえば、
わたし自身が 「いつでもどうにかなる」的なめちゃくちゃ楽観主義者なので
前向きなメッセージを最終的には訴えてるにも関わらず、
主演の男が覇気がなさすぎで、もがいているだけで、愛を求めてるだけで、
結局は悲観的すぎる、ってところが根本から受け付けられないのかも...。

とここまで書いて、
あれ? でも「マルコヴィッチの穴」でも悲観的で超ネクラな男が主人公だったなぁ。
んー、、、、自分でもよくわからなくなってきた

完全に、観る人選ぶ作品。

音楽は「エターナル・サンシャイン」の時もすごく良くてサントラ買っちゃったほどなんだけど、
同じくジョン・ブライオンが手がけていて
特にエンドロールでかかる「Little Person」が良かった
視聴可能 (17曲目)




公式サイト
SYNECDOCHE,NEW YORK   2008年   アメリカ    124min
11月14日より、公開中~



---------------------------------------------------------------------------------------------

カンヌにて。






応援して下さってる方、ありがとう
ランキングクリックしてね





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップ☆News | TOP | Disney’s クリスマス・キャロ... »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
お尻がいっぱい (かえる)
2009-11-16 22:56:30
migさん、こんばんは。
今回のレヴューは(って本当はいつもそうなのかもしれないけど、時々しか読んでいない私の印象では若干いつもと違ったカンジがしたのです。勘違いだったらごめんなさい。)ただつまらないっていうんじゃなくて、なぜ自分がそう感じるのかを分析的に描かれていて、とても納得できましたよー。
私は悲観的な人間なのでw、この神経症な混迷ぷりはなかなかわかるものがあって面白かったです。
でも、正直言って、同じあたりをウジウジウダウダし過ぎな感じでしたよね。
面白かったけど、期待したほどではなかったかなというか。
スパイク・ジョーンズやゴンドリーが撮る方がいんじゃね?!っていう結論。
うが (KLY)
2009-11-16 23:12:40
今日実はこれ観るか、「副王家の一族」観るか迷って、結局「副王家の一族」にしたんだけど、migさんの★4はまずいなぁ。(笑)migさんめったに低い評価しない人だし。
まあ前売り買っちゃったんで、もう行ってきますけど、ハードル下げてあまり期待しないで行ってきますね。^^
☆かえるさん★ (mig)
2009-11-16 23:48:48
こんばんは♪

これ、なに言っていいのかわからなくなってきて書きづらかったです~
面白くないと言えばそれまでなんだけど、
どこが駄目だったんだろう。って自分でも問いただして考えちゃうような作品で。
これまでのカウフマンの脚本好きだったんで余計に、、、ね。

楽しめた人には 頭にくるレビューって思われるかな?なんて思ったりもしたんだけど
これが素直な感想なの(笑)
楽しめたかえるさんに そう言ってもらえて嬉しいな★
そう、おなじところをずーっとうだうだなの!そこもはっきりしろ!って言いたくなっちゃう

そうそう、これをスパイクリーやゴンドリーが撮ったら私また違ったかも。
映画って監督のものですよね~ほんと。
★KLYさん★ (mig)
2009-11-16 23:52:04
KLYさん、初日か日曜かなー?なんて思ったんだけど
他の観てたみたいですねー、

これね、批評家受けいいのは分かるんですよ、
こういうのを判るんだぞ、みたいな感じ。
この世界観をどれだけ楽しめるかにかかってますねー。
わたしはどうにも合わずで。
あ、わたしけっこう厳しい方だと自分では思ってるんだけど
3とかバンバンつけるし(笑)
最近はかなり吟味してから観てるから失敗も減ったってことかな

KLYさんのレビュー、楽しみにお待ちしてます♪
見当違いの高得点 (クラム)
2009-11-17 02:21:48
何言っていいのか分からなくなるっていうのはまったく同感ですね。
そもそも観る側を混乱させる設定や展開を狙って作ってる人たちでしょうから。
そういう意味では「マルコヴィッチの穴」も本作もそう大した差はないのかもしれません。
実は観る側の体調や思い込みで評価が変わったりするのかもしれません。

それを証明するかのように、ぼくは思わず高得点付けちゃいました。
しかも記事書いた後にいろいろな情報を当たってみると、この感想がどうにも勘違い。
まさに脳内暴走レビューとなりました。
まあ、見当違いであろうが考えさせられる映画は好きなのですが。
感覚の違い? (ノルウェーまだ~む)
2009-11-17 08:43:03
migちゃん、めずらしい~
評価低いのね。
でも、確かに笑いのツボも感動のツボもアメリカ人と日本人では違うもんね~
ポスターからしていかにも批評家ウケしそうなかんじだけど、そういうのはどうよ?って思うよね。
Unknown (mamezou)
2009-11-17 22:10:05
ご無沙汰してます。
脳内ニューヨーク…気になってはいたんですが、
見る人を選ぶ感じなんですね~(;^_^A

自分もブログを書いていて、レビューって難しいなと思うことがあります。
世間でどんなに評価が高くて人気があっても、自分には合わないこともあるし、
かと思うと、その逆のこともあるし。
私も以前、ある映画について批判的に書いたら、その作品を好きな
友人が機嫌を悪くしてしまって(;^_^A
でも、ブログはやっぱり、基本的には自分のためのものだと
思っているので、これからも正直に書いていきたいです。
migさんも、いつも楽しみにしてますので、頑張ってください!
相互リンクの依頼 (ミスターシネマ)
2009-11-17 22:38:25
migさん、こんばんは!

突然ですが、折り入ってお願いがあります。
今更と思われるかもしれませんが、相互リンクコーナーを作ろうと考えています。
migさんのブログもリンクしたいと思うんですが、いかがでしょうか?

相互リンクの依頼があれば、みんなのブログをリンクするわけではなく、今までに僕のブログを見てコメントした人を選んで、その方へ感謝の気持ちを込めたリンクコーナーを作ろうと思っていまして、migさんもそのひとりと考えています。

僕のブログはご存知のとおり、「必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!」で、アドレスはhttp://mr-cinema-review.seesaa.net/ です。

返事お待ちしてます~!
migさんへ♪ (mezzotint)
2009-11-17 22:58:39
今晩は☆彡
コメントありがとうございました!
遠慮なさらずいつでもコメントお待ち
しています。おぉ~何か微妙な感じですね。
こちらではもう少し公開が後です。
フィリップ・シーモア・ホフマンが出るので
楽しみにしていたのだけれど・・・・。
パイレーツ・ロックはようやく鑑賞して
きました。あれは良いですよね。
イギリスの香りバンバンで♪♪も乗り乗り
で、最高でした!また記事アップしたら
お邪魔致します。
☆クラムさん (mig)
2009-11-18 00:27:29
こんばんは♪

観ていたんですね!
そうですね、マルコヴィッチも難解、なんて言われてるけど
わたしはあれは大好きなんですよね~。

こちらは観てる時から面白さ感じずで
合わなかったなぁ。
クラムさんは楽しめたんですね。
わたしもあとで色々考えさせられる映画は好きです♪




post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★4 以下