我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

愛についてのキンゼイ・レポート / KINSEY

2005-09-07 00:00:07 | 劇場&試写★4 以下



タイトルからは全く魅かれなかったけど、
『ゴッドファーザー』のフランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、
脚本は『シカゴ』のビルコンドンと聞いてとりあえず観ておこう。と。
第62回ゴールデン・グローブ賞3部門(作品賞、主演男優賞、主演女優賞)ノミネート、
アカデミー助演女優賞ノミネートなどもあり、
日本公開後の評判も悪くなかったからそこそこの期待値で観ることに。

今から50年前、性のことを口にするのはタブーだった時代に、動物学者で昆虫の研究をしていた博士。
「性とはなんぞや?」「他人はいったいどんなSEXをしているのだろう」
「自分の愛情表現は普通か?異常か?」などという疑問から、キンゼイ氏は助手と共に各地を旅し、色々な年齢・職種の人々に直接インタビュー。
こちら本物キンゼイ氏→

相手が心を開いて正直に話してくれるように独自のインタビュー方式でプライベートを聞き出すことに成功、
350の質問を1万8千人に質問したその結果を、史上はじめて統計学的にまとめたレポート。
それが全米で話題を巻き起こして大反響を呼び、ブームになった
キンゼイ・レポート」多くの場合、自分がノーマルだと言うことをここで明らかにした。

※1948年に「SEXUAL BEHAVIOR IN THE HUMAN MALE」として男性版を出版、その5年後女性版を出版。

原題はまたしてもよくあるけど、名前そのまんま。
邦題で"愛についての"とつけたのは、ラストまで観ると正解だったと思える。
これは、「愛についての」レポートでもあるから・・・・。
ローラリニー演じる良き妻の愛に支えられながら、研究を続けるキンゼイ。

一度手にしたと思えた栄光が崩れていき地に落ちるときにも側には妻がいた。
前半は、相手をリラックスさせながらいかにして自分の性について語らせるかというレクチャーを、自分を相手に助手たちにさせるキンゼイ。

そこから自分と父親との関係や、過去の妻との出逢いなどがシンクロして進行していくんだけど、
これが丁寧に描きすぎているというのか、段々中だるみしていく。

ところどころの人々へのインタビュー回答シーンで「SEXするとドモリはなおりますか?」や、
「しすぎると死ぬ?」などと言った今では考えられない質問が出るところは当時ならでは。
他の人と比較が出来ないから、そんな質問は当たり前だったんだね。
妻が、キンゼイを愛してるにも関わらず、助手に「君とセックスしたい」と言われ、その場でキンゼイ本人に「したいからいい?」と了承をとるのはびっくり

後半で、「かなりの人数とやっているから参考になるはずだ」と断言する、
60くらいの絶倫じじい(オヤジ?)が
「俺は萎えた状態から10秒で射精出来る状態にまで持っていける」と言い、
助手が「それはありえません」と答えすぐに目の前で実践。というビックリ人間もいた。

講義のスクリーンにデカデカと、女性器に、男性器が入る瞬間(ここはあえて、お上品に表現)の写真が無修正で出てきたのにもビックリ。だからR-15か。。。。

愛とは科学や理論や蘊蓄では得られないし答えも出ない。
体感しないとね

こないだまで『バットマンビギンズ』で師匠をしていたかと思ったら
今度はSEX研究の博士になっていた。リーアムニーソンはまさにこのキンゼイにハマり役。
他の人だとちょっと考えられないほど。

助手役にはピーターサースガード・クリスオドネル(久々!)ティモシーハットン(懐かしいー)
そして、父親役には怪優ジョンリスゴー。
役者もみんなよかったけど、大胆な性描写・セリフも内容も過激な海外ドラマ、「Sex and the City」にハマリすぎて見慣れてしまったせいか?昔はこうだったのねーそりゃそうだよねー。
奥さんとの愛が、ステキだなー。とか
そのくらいにしか感じなかったのが正直なところ。


4(10段階)
悪い要素があるわけじゃなく、いい作品だと言うのはわかる。
でも、面白く感じられず・・・2時間が長かった
前売りだったけどこれに1500円の値は高いなー。


        
ストーリー

舞台は50年前、性について語ることはタブーだったアメリカ。キンゼイ博士(リーアム・ニーソン)は、他人の性体験をまとめたレポートを出版し、一大センセーションを巻き起こす。一躍有名になるも、その衝撃的な内容から激しいバッシングにより事態が暗転する。

監督:ビル・コンドン
製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:ビル・コンドン『シカゴ』
音楽:カーター・バーウェル『レディ・キラーズ』『アラモ』

CAST
アルフレッド・キンゼイ:リーアム・ニーソン
クララ・マクミレン:ローラ・リニー
ワーデル・ポメロイ:クリス・オドネル
クライド・マーティン:ピーター・サースガード
ポール・ゲブハルト:ティモシー・ハットン
アルフレッド・シークイン・キンゼイ:ジョン・リスゴー

愛についてのキンゼイ・レポート公式サイト

SEXに関する意識・実態調査~この映画の公開にあたり、
2005年日本人のセックスはどうなってるのか?楽天リサーチの調査結果。(の一部)
調査方法:インターネットによる自記式質問紙調査
調査対象者:20代~50代の女性、各年代250人づつ 計1000人
調査期間;2005年7月1日~3日

Q1 あなたのセックス体験人数は?  
経験人数 平均6.25人

Q2 セックスの初体験は?
平均 19.79才
最小 10才(ほんと?)  最大 38才

Q3 今の彼、夫とのセックスのペースは?
月、2,3回が多く、全体で22.7%

Q4 現在のパートナーとのセックスは100点満点で何点?
平均点は65.01点
(ん?!これっていいほうなのか?65点だったらやだね。

Q5 今、彼・夫とはセックスレスだ
気味も含めて58.8% 20代女性は約5割がセックスレス。
(ホントに現代ってSEXレスなんだ~。少子化にもなるわ

Q6 彼・夫の浮気は許せるか?
絶対に許せない54.3%
ばれなければ良い45.7% 
(えバレなきゃいいって人、こんなに多いの
ワタシは、ゼッタイ許さない!派だ。

Q7 S(サディスト)かM(マゾヒスト)か?
M 66.2%
世の女性の3分の2はどちらかと言えばマゾ。
(へぇへぇへぇへぇ。)


ムービーウォーカーのリアルタイム投票&リーアムニーソン動画インタビュー
Movie Walker



人気blogランキング←please click

(1日1回有効)
いつも読んでくれて&応援ありがとうじわじわともうすぐTop10

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (11)   Trackbacks (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コックリさん | TOP | ホワイト・ライズ / WICKER PARK »

11 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
へぇ~。。。 (septcandy)
2005-09-06 22:02:26
こんな映画もあったんだ。。。 

なかなか興味深い内容ですねぇ。 探してみよっと!



アメリカは土曜日から3連休だったんだけど、何処へも出掛けず、、結局DVD三昧な毎日でした。。。

あとでレビュー書くね。
Unknown (へー太)
2005-09-07 08:53:41
migさんはこの映画ダメでしたか・・・



まぁ、好き嫌いはありそうな映画ですからね。



楽天リサーチのアンケートも興味深いですね。



私も、「ばれなければ良い」の多さには驚きです。



でも、「ばれなければ良い」と口では寛大なことを言っておきながら、監視体制が厳しい人も多いような気がするので、「ばれなければ良い(けど、見つからないと思ったら大間違いだぞ!!絶対に許さないからな!!!)」の人が多いのかもしれませんね。
こんな映画が (ban)
2005-09-07 09:30:02
こんな映画があるとは驚いた。いったい、何のためにつくったんだろう?



キンゼイは統計の基礎すら知らず、勝手に調査票を送りつけて、返信されたものだけでレポートを書いたんだよね。だから、実際の性意識とはかけ離れた結果になってしまった。今ではキンゼイ・レポートは歴史的な価値はあっても、まともな研究者は取り合わないトンでも研究の代表みたいに言われてます。



どう考えても伝記映画が作られるような人間じゃないんだけど……。まあ、映画と実在の人物とは別だからなあ。
candyさん‥‥……━★ (mig)
2005-09-07 21:26:31
あとでみにいくね

ワタシ、昨日ほんとはカッチャーのゲスフー試写だったのに、ちょっと遅刻したら始まっちゃってたために観られなかったのー

くすん

近日なるべく観にいく予定ですー

Unknown (mig)
2005-09-07 21:30:06
そーなんですよね、肌にあわないというか。。。。ダメでした、

そっか見つかった日にゃ、コワイのかな。

悪さは必ずバレる。というのがワタシの信条です
へー太さん‥‥……━★ (mig)
2005-09-07 21:33:54
上のコメントはへー太さん宛ですー
ban (mig)
2005-09-07 21:41:09
そうでしたか、原作を読んでいる方なのですね。

ハリウッドもよっぽどネタがないのねーと思ってしまいます。

色々な面白そうな人物から映画化に発展させるんですね。ワタシはダメでしたけど機会があれば是非観てみてください
TBしました。 (かえる)
2005-09-09 23:17:36
私は冊子?をもらえなかったので、こちらの「実態調査」をおもしろく読ませていただきましたー。

映画も興味深かったけれど、そんなに心に響く作品ではなかったかなぁ。



>まともな研究者は取り合わないトンでも研究の代表みたいに言われてます。

というban様のコメントも耳寄りでした♪

そうなのか・・・
かえるさん☆ (mig)
2005-09-10 00:20:28
原作を読んでるヒトから見るとまた違って受け取れるからおもしろいよね~。

ワタシは、大体に置いて原作読んでないケド。漫画の映画化にしても、元々あるイメージって誰もがあるから、ヘンに期待もしちゃうしね~。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2006-03-16 06:13:46
キンゼイ博士がやった事は面白いと思うのですが、それがイコール映画としても面白いかと言われると・・・かなり微妙でした。:゜(。ノω\。)゜・。



ではでは、これからもよろしくお願いします。
Akiさん (mig)
2006-03-16 10:43:31
こんにちは♪

あんまりコメント残せずごめんなさい、いつもTBありがとうございます。

Akiさんの評価は全般にワタシと近いかもしれません☆



そうなんですよね、

題材の時代が現代とは全く異なってる状況で(性についての意識など)

それはそれで興味深かったりもするんだけど、

いまいち映画としては楽しめませんでしたー。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

11 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「愛についてのキンゼイ・レポート」 (てんびんthe LIFE)
「愛についてのキンゼイ・レポート」 松竹試写室で鑑賞 上映前に漫画家倉田真由美さんのトークイベントがありました。最近TVや雑誌での露出が多く顔は知っているけど漫画は知りません。漫画読まないし。ところがこの倉田先生、トークが上手。ワイドショーのコメンテー
愛についてのキンゼイ・レポート(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ビル・コンドン 【出演】リーアム・ニーソン/ローラ・リニー/クリス・オドネル/ピーター・サースガード/ティモシー・ハットン/ジョン・リスゴー 【公開日】2005/8.27
学者の頭の中はどうなっているのか? 「愛についてのキンゼイ・レポート」 (平気の平左)
評価:70点 愛についてのキンゼイ・レポート 18000人の性のアンケートをとったキンゼイ博士の伝記映画。 伝記映画となれば、下手をすると、退屈になってしまったりするのですが、この映画はきちんとエンターテイメントしており、みせるところは魅せてくれます。
「愛についてのキンゼイ・レポート」(2004) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
\"KINSEY\"監督・・・ビル・コンドン出演・・・リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード、ティモシー・ハットン、ジョン・リスゴー、ティム・カリー、オリヴァー・プラット、ディラン・ベイカー、他。・物語序盤・1940年代のアメリカ.
『愛についてのキンゼイ・レポート』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
個性を大切に!探求心ってスバラシイ! まっしぐらなキンゼイ博士の生き様に感心。 そんな奇人紙一重の夫を支える妻のひたむきさにもジーン。 興味深いおもしろさにあふれたトゥルー・ストーリー。 インディアナ大学の動物学を教えるアルフレッド・キンゼイ助教授は、
愛についてのキンゼイ・レポート (toe@cinematiclife)
偶然なんだけど、『ヴェラ・ドレイク』に引き続き、“性”をテーマにした映画を見ることになった。<STORY> 1910年代初頭のアメリカ。 性に対して極端に保守的な思想を持つ父親 (ジョン・リスゴー) の元で育ったアルフレッド・キンゼイ (リーアム・ニーソン)は、工学を
愛についてのキンゼイ・レポート (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 今どきの中学生でもしないくらいに幼稚な発想で全米を巻き込んで「性」に ついて調査しまくったキンゼイ博士の半生を描いた伝記映画です。 内容が内容だけに映画としてどー持って来るかなぁ~と思っていたので
愛についてのキンゼイ・レポート (色即是空日記+α)
全米18000人に聞きました。 ズバリあなたの性生活ってどんな?!   それを実際に研究したキンゼイ博士の伝記。 動物学者のキンゼイ博士。タマバチを収集して研究していたがあることに気付く。 すべてのタマバチは違っている。たとえ親子でさえも。 つま.
『愛についてのキンゼイ・レポート』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
愛についてのキンゼイ・レポート 製作総指揮:フランシス・コッポラ CAST:リーアム・ニーソン、ローラ・リニー 他 ゴールデン・グローブ賞作品賞、主演男優賞授賞、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞、アカデミー賞助演女優賞ノミネート アメリカの ...
映画『愛についてのキンゼイ・レポート』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Kinsey 男性の全裸はヘア付きで登場するけど、女性のオールヌードはない、モーホーのほうとイージーの話が中心だけど、これなら家族もママもOKさ・・ 50年も前の時代、生物学教授アルフレッド・キンゼイ(リーアム・ニーソン)、通称"プロ ...
「愛についてのキンゼイ・レポート」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今回も「映倫 R-15」指定のちょいエロ系作品かなっ。 といっても、大学教授が今までのタブーを破って、 性についてのアンケート調査を、まじめに行った・・・ という実話系の作品。