我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

クラッシュ / CRASH

2006-01-24 01:10:24 | 劇場&試写★6以上


"サンドラブロック主演"ではありません。
クローネンバーグのでもありません☆
豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ
ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、
ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品、5月に全米公開されて
9月にはドーヴィル映画祭でグランプリ、先日のゴールデングローブ賞、
脚本賞&助演男優賞ノミネート(マットディロン)
アカデミー賞ノミネートも確実との噂。

公式サイト

キリスト教徒ではないけど、観終えて
[汝、隣人を愛せよ]
という言葉が浮かんだ。

     

サンドラブロックを初め、
この脚本に惚れた役者たちが出演を熱望し、このキャストが実現。

いつも何かに怒っている サンドラブロック
コメディではない ブレンダンフレイザー


ベテラン警官 マットディロン
そのパートナー若き警官 ライアンフィリップ
TVディレクターの妻 サンディニュートン
もう一人の警官 ドンチードル、、、、、

ハリウッドの俳優豪華競演でも、いい意味で
地味でハリウッドらしくない作品☆


ヒーローもいないし、悲劇のヒロインもいない、わざとらしい過剰な演出もない。
いるのは人間味のある普通の人たち。
ぶつかりあったリ、何かに傷付いたリ傷つけたリ、憤りや恐れ、哀しみ。。。
そして喜び、、、。
単純に面白い!というよりも、色々な問題提起を含んでいて考えさせられる作品。
     

様々な人種が集まるロサンゼルス 24時に起こった一つの衝突事故。
36時間で交差しあう、それぞれの感情、それぞれの愛。

展開が早いので観てる最中はただ集中、
だんだんジワジワとくる良質な作品でしたー


ブレンダンフレイザーもマットディロンも大好きだし、
「ホテルルワンダ」での熱演に続きドンチードルが良かったのはもちろんの事、
一番良かったのがライアンフィリップ演じる若き警官。

善良な人間でありたいという焦りと葛藤の中で,一瞬の出来事に....。

サンドラブロックは、サンドラブロックじゃなくても良かった気もするケド、、、、


一つ一つのある数時間のエピソードを紡いだ物語の中で、
ロサンゼルスの物騒な夜の音に怯える鍵屋がその娘に語る
「羽のマント」のエピソードが感動的




7(10段階
心にキズを負った経験のあるひとには余計に心にしみる物語
(ワタシはそんなキズはないけど、ちょっとジンときた
この映画、口や文章であれこれ説明なんかするよりも、
自分で感じる映画
だと思うので、とりあえず観て欲しいな!


       

CRASH 2005年 アメリカ 112min
【staff】
監督・原案: ポール・ハギス
脚本・製作: ポール・ハギス / ボビー・モレスコ
音楽: マーク・アイシャム
【cast】
サンドラ・ブロック /ドン・チードル/マット・ディロン
/ジェニファー・エスポジト /ウィリアム・フィットナー /ブレンダン・フレイザー
/テレンス・ハワード /サンディ・ニュートン /ライアン・フィリップ

2月11日 公開
追記アカデミー賞作品賞と脚本賞にノミネートされました!
さらに追記アカデミー賞作品賞と脚本賞両方受賞しました!


サンドラの次回作は、

「The Lake House 」(レイクハウス)
「スピード」以来の、キアヌリーヴス共演



人気blogランキング←please click(1日1回有効)
いつも読んでくれて&応援もありがとう〜〜
現在9位にランクイン中〜 


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (68)   Trackbacks (164)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデングローブ★セレブ・フ... | TOP | ハリウッド☆ゴシップNews »

68 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお! (へー太)
2006-01-25 02:04:01
観たんですねー。



すごく期待している作品なので、migさんがのようだし、7個なので、一安心です。



公開がまちどおしい・・・
へー太さん☆ (mig)
2006-01-25 09:17:06
観てる時よりも観終えた時の方が

なんだかじんわりとする作品でしたー。



へー太さん、たぶん好きだと思うヨ

ドンチードルもまた良かった☆



始まる前に

ゴールデングローブ作品賞に

ノミネートもしたクローネンバーグ監督の

「ヒストリーオブバイオレンス」のCM観れたの、

こちらも期待できそうです

いつもトラバありがとうございます〜♪ (こっちゃん)
2006-01-25 12:04:26
コメント&トラバありがとうございました



言葉に出さなくても心が受け止める・・・

そんな映画でしたね



お気に入りになりました♪



あ、ところでこっちゃんはこっちゃんなので

こっちゃんで良いですよ

「さん」なんてもったいない



こっちゃんと呼んで下さい



それではこれからもヨロシクお願い致します〜♪
良いです〜♪ (yuu)
2006-01-25 19:48:42
観たんですね



なかなか 良い映画ですよね〜

この表現なんか 絶対に映画でないと出来ないもの♪



私は ただただ この脚本が凄すぎると思いました

役者さんは みんなおじょうずですから



も〜この脚本で大満足の映画でした♪
ドンチー!! (starblogger)
2006-01-25 22:16:19
こんばんわ。

情報ありがとうございます。



この作品、ノーマークでした。

さあ感動してください、という映画より後からじわじわ・・・がスキです。



ドンチー(ドン・チードル)出てるんですね。ドンチーは私としては要注目俳優。

ポスト シドニー・ポワチエ(古)。
こっちゃん☆へ (mig)
2006-01-25 22:59:55
こっちゃんと呼ばせていただくわ〜



コメントありがとう



ほんとほんと、

観て1日経った今でも、

ふわ〜っと

良かったなぁ、、、って。



こちらこそよろしくね
yuuさん☆ (mig)
2006-01-25 23:09:14
yuuさんお気に入りなのも納得



わたしも早くもベスト10には入ってくるかも〜、この作品。



さすが、ミリオンダラーベイビーといい、

しっかりとした脚本を書く人です。ポールハギスという人は。



今後の作品も期待だし、

脚本賞もしかしたらとっちゃうかも?!



しかし初監督作品でこれだけの作品とキャストからの熱い支持ってスゴイ
starbloggerさん☆ (mig)
2006-01-25 23:21:20
こんばんは



この作品は、必見ですよー♪

ドンチードルは、「ホテルルワンダ」

で実力を思いしらされました〜。

今回も、心情がすごく伝わるいい演技してます



観たら、是非またコメントくださいねっ
トラバを送っちゃった! (きゃんでぃー)
2006-01-25 23:55:34
ちょっと古い記事なんだけど、トラバを送っちゃいました!!

この映画、ボディーブローみたいなパンチでさ。。 じんわりぃ〜〜っとなる映画だよね。 すっごく考えさせられる。。。アメリカが抱える人種問題、人種の壁が少しでも日本の皆様が知る所となりますように。。。。  自由の国アメリカ、、だけど、自由にしていられない、、そんな人たちもいるのも現実です。

この前の ホテルルワンダと、このクラッシュの両方を 日本の皆様に ぜひ、見て欲しい作品だと思っています!! 



それにしても、、migさんのトップの写真。。クラッシュのポスター? これは日本用なのかな?? 初めて見たよ。。。
TBありがとうございました (yanks)
2006-01-26 06:16:06
ほんとにハリウッドっぽくない映画でしたよね。

「ホテル・ルワンダ」とあわせてドン・チードルが大好きになりました。
きゃんでぃーさん☆ (mig)
2006-01-26 09:39:05
そう!

ボディーブロー!

ってボクシング?のことはよく知らないけど 

カウンターパンチではない (笑



ロスらしい街の怖さも出ていて、人種問題や偏見、

現代の雨リかの問題を

どこにでもいる普通の人間たちの関わり、繋がりでそれぞれの心情が描かれる、、、、

もう一度観たいし、人にお勧めしたい作品だね



上のポスターは、日本版だけど

出回ってるチラシはマットディロンとサンディニュートンの例のシーン。

こっちの方がスキ

アメリカではもうDVD出てるんだもんねー。早い☆

きゃんでぃーさんが載せてたアメリカ版ポスターの

皆が出てる写真も、いいよね。
yanksさん☆ (mig)
2006-01-26 09:41:39
こんにちは

ドンチードル、今後の出演作も注目ですよね

あの哀しい表情が好きです。
早く見たい (charlotte)
2006-01-28 00:43:21
こんにちは〜

この作品早く見たくてうずうずしてます!

migさんが高評価してるなら尚更ですよ。

実はマット目当てでありますが、結構感じる映画みたいで今回の彼の演技に注目です。

前売りについてきたハートのカイロを持って鑑賞しますわ…笑 

個人的にじわじわくる作品には弱く、評価もあがります。ホテル・ルワンダも見に行かねば…
charlotteさん☆ (mig)
2006-01-28 01:43:03
是非〜観てほしい

そしてご意見聞きたいわぁ〜☆



ハートのカイロがついたんだ。 (笑

じわじわ系です。



ああ、「ホテルルワンダ」も是非

この2作、そして明日公開の

「白バラの祈り」もなかなかの必見作なので

時間があればこちらも是非に
Unknown (サミー)
2006-01-31 10:50:34
コメント有難うございます。

ほんと文章で表現するのが難しい映画ですね。

僕はじわじわというより、観ていてワンシーンワンシーンでガツンガツン来ました。・・・この表現もよく分かりませんが。とにかく観て感じる映画なんでしょうね。それだけ、テーマが深く難しいってことでしょうか。スゴイ作品でした。
サミーさん☆ (mig)
2006-01-31 18:24:18
なるほど、、、

ガツンガツンという感じ方、、、

色々な感じ方あるけど

心にくる作品ということには変わりないですね



1、2月は早くも良い作品けっこう出てきちゃいましたネ
Unknown (サミー)
2006-02-01 18:56:24
読み返してみればガツンガツンもじわじわもなんら変わりませんね・・・・。すいません、文章って難しいですね。いや、それだけ感情に訴えかけた映画だったということです!!良い映画といえば僕は「rize」が一番みたいですね〜。
サミーさん★ (mig)
2006-02-02 00:15:53
クラッシュ、アカデミー賞ノミネートされましたね



是非獲ってほしいなぁ〜。

脚本賞はとくに。

「ライズ」、、、評判いい感じですよね☆

ワタシは、、、

うーん、あんまり興味がわかないんですよね、、、、

是非観たら感想聞きたいです
こんばんわ☆ (orange)
2006-02-12 00:50:15


私もクラッシュ観て参りました。

確かに自分で感じる映画ですよね。

それぞれの人々の思いや葛藤、対立を上手な構成で描いた良作だと思います。

また遊びに来ますね。いつもありがとうございます♪
Unknown (へー太)
2006-02-12 09:53:37
観てきましたー。



migさんの言うとおりかなり好きなタイプの作品でしたー。



ホント後からじわじわ来るんですよね。



アカデミー賞、どれかとって欲しいですねー。
orangeさん☆ (mig)
2006-02-12 11:45:53
ご覧になりましたかー☆



すごく、じんわりしみる映画ですよね。

日常をさりげなく切り取っていて、、、

すごくリアリティありました。

へー太さん☆ (mig)
2006-02-12 11:50:02
へー太さん、必ず気にいると思いました





しかし、ミリオンダラーベイビー脚本といい

このポールハギスは今後も要注目ですね。



「羽のエピソード」ほんとすごく良かった

一瞬、どっきりしちゃったけど。



これは、ほんとにアカデミー賞、特に脚本、

とってもらわねば!(笑

とって欲しいです!ね
見てきました! (charlotte)
2006-02-12 20:25:43
見ました。

う〜ん、パズルしてる気分でした。

インパクトは少なくて地味だけど、私はこういう作風が好きです♪ 「羽のエピソード」で唯一涙がこぼれました!

でも、でも、マットはオスカー受賞は無理だと思ったのだけど… どうかな〜?

でも何か受賞して欲しいなあ
TBさせて頂きました! (Ken)
2006-02-12 22:29:57
migさん、こんにちは!

サンドラ・ブロック、決して好きなほうの女優さんではないですが、この映画の中では結構良かったような気がします。

というか、この映画の登場人物、みんな良かった!あれだけ人が沢山でてくるのに、みんなキャラがたってて。

>自分で感じる映画

この映画の感想を書くの、四苦八苦したのですが、結局はこういうことなのかもしれないですね!
Unknown (mig)
2006-02-13 01:44:08
charlotteさん



マットねー。ワタシはなかなか良かったな!

でも受賞は、、、ムリかも。。。??

以前も逃してるんですよね。

ノミネートだけでもすごいけどね☆

でもあんなことしといて、いきなりあの人助けるのは

?!ってちょと思いましたよ、、、

オマエ、、、単なるストレス解消なの??と。

うーん。脚本賞是非とってほしいな♪







Kenさん



こんにちは☆

キャスト、良かったんですが

ブレンダンのファンなので、イマイチあの役は活躍しなさすぎというか

ブレンダンじゃなくてもよかったようなカンジだワ。。。と思ってしまった

サンドラブロックは珍しくシリアスな演技、良かったですね。

あと、ドンチードルも

なかなか痛い映画でした (Mar)
2006-02-14 19:36:08
こんばんは

見応えありましたね。でも痛かったです。

人種差別していないようで知らないうちにしている自分と人種差別されてないようで人種差別されているアジア人。ほかの民族の方と接する時は気をつけようと思いました。
Marさん☆ (mig)
2006-02-14 20:46:51
こんばんは♪



静かに進行するそれぞれの日常。

その中での様々な涙。。。

人種差別問題は、人類が抱える永遠のテーマでもありますよねやっぱり考えさせられます。
こんばんわ (ななな)
2006-02-20 22:01:42
羽のエピソードはとても温かくて私も好きです!

他のものとは違って一つだけすんごい温かくて。

娘が飛び出した時はこっちが心臓止まるかと思いましたが。

見終わった後にじわ〜んってきますよね。

何かこういう余韻は久々かもです。

とにかく観てみないと感じられない気持ちですねよ。



こんばんは (ノラネコ)
2006-02-20 23:46:58
なるほど、汝の隣人を愛せよ、ですか。

人間の偏見とぶつかり合いは哀しい連鎖も生むけど、人はやはり人がいないと生きていけない。

そんな人間の寂しさから、最後は希望を感じさせてくれました。

余韻の長く残る素晴しい作品でした。
なななさん☆ (mig)
2006-02-21 01:25:35
ホント、娘が飛び出したとき

ドッキリしちゃった



マットディロンも、普段の生活のはけ口で

あんな事になっちゃって、

でも偶然に絡み合う人間たちの連鎖はなにげなくすごいですよね。

ロスの夜の怖い雰囲気が映像にすごく良く表れた作品でした
ノラネコさん☆ (mig)
2006-02-21 01:27:40
こんばんは♪



じんわりと、、、ずっとずっしりと心に残っている

そんな作品ってそうあるものではないですよね。。。。

脚本賞に値すると思います
ライアン・フィリップ (パフィン)
2006-02-21 23:37:32
migさんも注目でしたか!

彼の逸話が哀しさを出していて

ハッピーエンドにしないところに感心しました。



映画の帰りに下の階にあったZaraを

見てきました。白のエスニックっぽいチュニック

可愛かったです
パフィンちゃん☆ (mig)
2006-02-22 01:22:45
そう!

ライアンは哀しかった〜。

意外と触れてる人少なかったみたい

マットディロンが突然正義感に溢れるのは

ん?と思っちゃったけど、

皆それぞれがやり切れなさ、孤独、不安なんかを感じていて、、、

リアルな作品でしたよね、決して誇張したり主張したりせず。。。。

ワタシもラストがハッピーエンドだったら

評価もっと下がってましたー



アカデミー賞が楽しみ♪



もうすぐ3月ですね!早い!

はやく春になって、身軽な格好したいな〜
はじめまして・・ (meg)
2006-02-23 18:49:27
どうぞよろしくお願いします。

親娘のマントのシーンは素敵でしたね。

私には、そこが救いでした。

アメリカだけじゃないかもしれないけど、何層にも心の病が犇いていて、真っ直ぐに生きるのがとっても難しい感じがしました。差別ってつくづく嫌ですねー

では、また伺いますね。TBさせてくださいねー
megさん☆ (mig)
2006-02-24 01:27:03
こんにちは♪

コメント、TBありがとうございます。



差別問題は人類が生き続ける限り、なくなる事はないでしょうね、、、悲しいけれど。



こういったちょっと問題提起を含む作品が今年は多いですね。



映画を通して考えられますよね。



またいつでも遊びにきてくださいねっ
ほっとするエピソードの合間に (にゃんこ)
2006-02-24 06:30:48
まっとうな人にいきなり降りかかる皮肉な結果(ライアン・フィリップ)

優しい心が、伝わらない・・・(ドン・チードル)

なんか切なくなってしまいました。



観る前は、『スピード』みたいな映画?なんて

大きな勘違いしてましたけどね〜(笑)

主演サンドラ・ブロック&マット・ディロンのーー^^;;;
後引くウマさ (にら)
2006-02-24 16:02:49
日を経るごとに、思い返しては「ああ、そういえば」っていろいろ気付かされる映画した。



検事の奥さん役はサンドラでよかったと思ってます。

早口でペラペラと憎まれ口を叩くあたり、ネガティブな『デンジャラス・ビューティー』みたいでした。



演技だけじゃなく観客に「なんだ、いいヤツじゃん」って思わせる役柄に助けられて評価されてる感のあるディロンより、観客に嫌われそうな役を引き受けたサンドラ、あんた男前だぜ。



え?

サンドラって、ニューハーフじゃないの?



てなわけで、TBありがとうございました。
Unknown (mig)
2006-02-24 23:28:45
にゃんこさん

こんにちは☆

どのエピソードも印象的でしたね、

ただ「クラッシュ」といっても

なかなか伝わりにくいですよねー。

でもこれを変な邦題にされなくて良かったです





にらさん



そうですね、サンドラがやったからこそ

痛みが伝わる、いい味になってますもんね。

本当、後に引く映画でした。。。



きっとアカデミー賞もとれるかな?
Unknown (あかん隊)
2006-02-28 10:15:53
TBありがとうございます。重いテーマと衝撃的な展開に戸惑うばかりでしたが、観てよかったと思います。「差別」は、どこにでもあると思いますが、「人種差別」というのは、日本人にはそれほど身近ではないかもしれません。辛かった…。
あかん隊さん☆ (mig)
2006-03-01 00:43:12
こんばんは♪

そうですね、人種問題について。

考えるきっかけにもなります。

差別は、

人と人がいる限りおさまることはないと思いますけど

間違っている、ということに気が付くべきですよね。ひとリひとリが
こんばんは (八ちゃん)
2006-03-03 00:52:47
いつもありがとうございます。

いい映画でしたよね。でもちと自分のツボとはずれてるような気がして、納得いかないので、2回目行ってきました。

群像劇特有の「つなぎ」がめちゃくちゃスムーズで、最初のときは追いつけなかったのに、さすが今回はついて行けます。

いやぁ、良かった。

でもちと違う。客観的に観ている自分と、自分自身の主観での判断がずれているのです。非常に評価に苦しむ映画でした。自分的には。
八ちゃん☆ (mig)
2006-03-04 00:51:02
こんばんは♪

そうか、、、、凄いです

納得いかなくて2回目観てしまうとは☆



捉え方で随分変わってくる映画の典型ですね。

母に勧めたけど、

昨日友人と観たらしく

あんまろピンとこなかったって言われちゃったー

群集劇ということでも人を選ぶのかなぁー。

ワタシ的にはアカデミー賞は脚本賞!とって欲しいです
マットとライアン (kazupon)
2006-03-08 08:39:16
こんにちわ!なんとなく「ブロークバック・マウンテン」が受賞するのかな?と思ってましたけど、

違ってました^^

こういうアンサンブル映画結構好きなんですけど、

テーマは重いけど、観客に問題定義してくれる

面白いつくりかたの映画だと思いました^^

多くの俳優の中でもマット、ブレンダン、サンドラと

一番有名どころがイヤ系の役をやってるのが面白かったです^^

最初クロネンバーグの映画?と思いましたけど

よく考えたらいいタイトルですよね、これ。
kazuponさん☆ (mig)
2006-03-08 22:23:17
ほんと!まさか作品賞も獲れるとは!

ワタシは逆にアンサンブル映画は嫌いなんです、、、

でもこれは良かった、、、

そうですね。このサンドラ、いい人じゃなくて、人間味に溢れていて。

マットもすごく良かったー。あの2面性がアメリカなんですよね。。。ある意味。



クローネンバーグの「クラッシュ」はちょっと。。。ですよね (笑
Unknown (りお)
2006-03-11 03:35:23
こんばんは、はじめまして。

いつもへー太さんのところでお見かけしているので、はじめましてな気はしないのですが



いい映画でしたよね。号泣はしないけど、1つ1つのエピソードがほろりとくる…

素敵な映画でした。



TBさせてくださいね。
りおさん☆ (mig)
2006-03-12 00:45:01
こんにちは♪

遊びにきてくれてありがとう〜



サンドラが珍しく明るい役柄でなく、

日常に疲れ果てて不満を抱えた平凡な女性を演じてましたね。

サンドラじゃなくても、とは思ったけれど、

サンドラにはいい役柄だったと思います(分け分かんない文章



今後も宜しくおねがいします
TBありがとうございます (華やぐ時間)
2006-03-13 08:46:20
いい映画でしたね

観終わってから あれこれ思い浮べて余韻に浸れます

人が生きるということ  重層的に見せられた気がします

こういう映画に感動できる自分の年齢・越し方を肯定する思いです
華やぐ時間さん☆ (mig)
2006-03-13 09:26:03
こんにちはー



皆、何かの不安を抱えて生きている、、、

そこで起こる人間の交差。



良く出来た群像劇だと思いますね。
ジワジワと来て... (でんでん)
2006-03-19 20:33:42
migさんこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>だんだんジワジワとくる良質な作品でしたー



ジワジワと来て、知らぬ間に涙が流れてました。

特にあの『マント』の後、安堵の顔をしたペルシャ人店主が印象的でした。あんな事、あっちゃいけないんですよ。

とにかくいろいろと考えさせられる人間ドラマですね(^^ゞ
でんでんさん☆ (mig)
2006-03-19 23:47:23
こんにちは〜♪

いつもコメント残せずごめんなさい☆



ビッグな俳優が出ているのに、さりげなく地味で、

でも力強い作品、本当に最近は社会派といわれる、

こういった考えさせられる作品が多いですね。

TBさせていただきました (りょう)
2006-03-20 21:04:35
地味だけど、奥深い話でしたね。

じんわ〜りきます。
りょうさん☆ (mig)
2006-03-21 00:45:11
コメントありがとうございます♪

ええ、ほんとそうでした☆



楽しみだった作品でしたが、まさかアカデミー賞作品賞獲るとは!



また観たいです。



そういえば・・・ (冨田)
2006-03-28 23:22:49
・・・脚本に惚れて、自ら出演依頼をしたことを聞いていました。だから、出演者も豪華ですね。ただ、サンドラ・ブロックは目立つ。100人の中に入れても目立つ女優だから、ついついサンドラ・プロックのエピソードが複雑怪奇に絡み合ってくるのだろうと期待してしまった。私の固い頭がいけない気もする。

それにしても、いつも見事なホームページ。あまり面白くない映画であっても、優しく温かな眼差しで・・・時として、実際の映画より面白い。素人にもわかりやすい文章、華やかで読みやすい構成。まいったぁ。
富田さん☆ (mig)
2006-03-29 00:06:25
こんばんは☆

先ほどあそびに行かせてもらいました!

外のPCだとウィンドウズで上手くいくのですが、

自宅のだとmacなので、文字化けしてしまい、書くのが見えないまま書いてしまうのです、、、



そうですね、サンドラはワタシは好きなのでブレンダン同様、もうちょっと出番が欲しかったかなー、と思ってしまいました。

ドンチードルは「ホテルルワンダ」もでしたが、とても素晴らしい演技でした☆



あ、そんなに誉めて頂きなんだか

お恥かしいです

思った通りに遠慮もナシに書いてるだけですので

作る側ではないのでえらそうなコト言えないなーと思いつつ、

結構キツイこといったりもしてるんですよー、

でも「愛」を持って、オススメしたいと思っています
migさん、こんにちは (honu)
2006-03-31 07:15:34
サンドラ・ブロックはどんな役でも良いからこの作品に出演したいと熱望したのだそうです。

出てくる人達みんなが幸せにはなれなかったけれど、観た後の気分はなんとなくほんわかぁ〜〜としましたよね
honuさん☆こんにちは〜♪ (mig)
2006-03-31 09:43:59
いつもありがとうございます♪



そうらしいですね、

観た直後は、大絶賛!という風まではいかなかったのですが、

だんだん効いてくる作品だという印象でした



ポールハギス、監督としても脚本家としても

今後も大注目ですね
良かった! (はっち)
2006-04-08 07:19:51
お邪魔します〜♪

イイ映画だと思いました、連発される差別的な言動は、ちょっとひいてしまいましたが(汗)

ちょっと気になったのは、マット扮する黒人警官の行動。黒人差別の権化のような人間だと思ってたのですが、事故現場で命がけでクリスティンを救い出す・・・あの行動何故??

サンドラの役は、一番嫌いだったかな・・・
はっちさん☆ (mig)
2006-04-08 10:07:56
こんにちは♪



色々な人間が描かれていましたね。

ワタシもマットの演じる警官は

そんな、とっぴな。(極端)と思ったんですが、

あれもアメリカの一部の姿を象徴してるのかな?と。。。。

家庭では親の介護をする、仕事での責任感、その反動でのギャップ。。両面合わせもつ、その姿。



サンドラはイヤな奴でしたねー。

あれも、困った状況でひとりぼっちを痛感、孤独。身近な人の優しさに気付く、、、なんですよね。。。

サンドラはいらない感じもするけれど、

色々な人間模様がクラッシュするところがやはりみどころなんでしょうね

観終えたあとはじわじわとくる感じでした
マントに救われる (たましょく)
2006-05-08 13:01:00
 TBありがとうございますm(_ _)m



 あの「マント」のエピソードがもし無かった

ら、もっと暗い気持ちで劇場を後にしていたと

思いました。特にあの若い警官のエピソードは

やるせないなかったです。



 派手な演出はないものの、様々な人種、業種

の人間が交わることで起こる「衝突」が見事に

描かれたいたかと。
たましょくさん☆ (mig)
2006-05-09 01:16:55
こんばんは〜。



本当に、、、、。

どのシーンも切ないそれぞれの日常の出来事の中の

悲しみを表していて。。。

ドンチードルも「ホテルルワンダ」同様、

素晴らしい演技をしていました。



ライアンフィリップの若き警官、、、

本当、辛いですね。。。





アカデミー作品賞を取っちゃうとは。

ポールハギスの次回作も期待できそうですよね☆
やっと観ました (jamsession123go)
2006-05-27 14:29:35
こんにちは、jamsession123goです。

遅ればせながら、jamsession123goもようやく観ました。

良くも悪くもアメリカ社会の問題点をえぐり出して、さらし者にしてる点で、アメリカン・ビューティを観終わったときと幾分にた感じがしました。

この手の映画は、結構、日本から観て、わかりづらいところもありますが、じんと心に迫ってくる名作ですね。
jamsession123goさん☆ (mig)
2006-05-28 03:19:26
こんばんはいつもコメントくださりありがとう♪



ええ、そうです、

人種差別が根本のテーマとして

日本ではあまりなじみのないものではあるけれど

いつの時代もどこの国も、抱えてる尽きることのない問題ですね。

そうなんですよね、あとでじわーっとくるんです☆
サンドラ (kimion20002000)
2006-08-15 11:15:13
TBありがとう。

もう、サンドラ大熱演ですよ。

あんなに、醜く、わめき散らして、嫌な女だと思わせるような、演技は、はじめてみましたね(笑)
kimion20002000さん☆ (mig)
2006-08-15 11:23:04
サンドラのこういった役は

珍しいので思わず目を見張りますよねー、

秋公開の「イルマーレ」はどうなんでしょう、

暗いカンジですけど☆

楽しみです
Unknown (baoh)
2006-10-14 01:21:39
ようやく観ました!



(コメント欄より)

>しっとりした脚本

確かに!しっとりってカンジでしたね〜。そのあたりが好みの問題なのかもしれませんが、個人的には「ズッシリ」を期待してたので物足りなかったのかも(笑)





そして映画と全然関係ないんですけど、migさん、映画INDEXは作らないんですか?実はこの作品みたあと、TBしようと探したんですけど見つけられなくて途中で挫折してしまいました(笑)

でも、migさんくらいの記事のボリュームになると作業量が多すぎて今更作ってられませんね(笑)
baohさん☆ (mig)
2006-10-14 11:10:41
なんかね、あとからジワっときたの。



そうそう、INDEXね、作りたいんだけど、、、、ごめんなさい

見付けにくいよね。。。。

もうちょっとヒマができたときに。。。。
ヘッドライトと言うメタファー (TATSUYA)
2006-12-18 22:08:23
達也です。
硫黄島→ポール・ハギスつながりで、
『クラッシュ』を観ました。
もう皆さんとっくに詳細なレビューを書かれているので、
新たに気付いたことを1つ。
必ずペアの男女や仲間が登場する群集劇なのですが、
そのペアのメタファーが、車のヘッドライトではないかと言うことです。
そして、一台だけヘッドライトが片方の車が登場します。
これはクリントの流れを汲むポール・ハギスのレトリックではないでしょうか・・・。

@_@ トラバさせていただきます。
TATSUYAさん☆ (mig)
2006-12-18 23:13:29
TBとコメントをありがとうございます☆

そうでしたか〜。よく観ていらっしゃいますね♪
ごめんなさい、もう忘れちゃったんですけど、
とにかくポールハギスの脚本にも脱帽でしたけど、
監督としても素晴らしい仕事をする人だと思いますね。
トロントで先日、ポールハギスの日本未公開の作品を観たんですが、それも面白かったです。
レビューも書きましたが『ラストキス』という
意外にもラブコメです。
はやく公開すると良いなぁ。。。。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

164 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ドン・チードルのクラッシュ Crash (Audio-Visual Trivia for Movie & Music)
Crach ドン・チードル主演の”クラッシュ”はポール・ハギス監督がアメリカ社会の問題を提議する社会派サスペンス映画です。</p>
クラッシュ【2005年】 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
色んな映画を観ていると、時としてこんな映画に出くわすことがあります。 まるで自分の心を映しだす『鏡』のような.....『クラッシュ』はまさにそんな映画です。 こっちゃんが『クラッシュ』というタイトルを耳にしてパッ!と思い出す映画に、ディビッド・クローネン
クラッシュ CRASH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演 豪華な出演者達が織り成す群像劇 人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・ アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています  そこでの人種差別を真正面から描
『クラッシュ』 (ラムの大通り)
----この映画って、ものすごくたくさんのスターが出ている割には なぜか地味な感じがするよね。 「内容が内容だからね。 プレスに載っている解説を引用すれば 『ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、 思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し、 さまざまな人々の運命を導
サンドラ・ブロック Sandra Bullock 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),26 July 1964,Arlington, Virginia, USAGrace (2006) Premonition (2006) The Women (2006) The Lake House (2006) Infamous (2006) デンジャラス・ビューティー2 Miss Congeniality : Armed and Fabulous (2005) Loverboy (2004) ク.
ライアン・フィリップ Ryan Phillippe 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),10 September 1974,New Castle, Delaware, USA 本名 Matthew Ryan PhillippeChaos (2005) クラッシュ Crash (2004) リプレイ The I Inside(2003) 17歳の処方箋 Igby Goes Down (2002) ゴスフォード・パーク Gosford Park (2001) サベイ
ブレンダン・フレイザー Brendan Fraser 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),3 December 1968,Indianapolis, Indiana, USA 本名 Brendan James FraserSingularity (2006) Big Bug Man (2006) (voice) The Last Time (2006) Journey to the End of the Night (2006) Beach Bunny (2005) (voice) クラッシュ Crash (
ジェニファー・エスポジート Jennifer Esposito 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),11 April 1973,New York, New York, USAAmerican Crude (2005) TAXI NY Taxi: Taxi N.Y.C.(2004) クラッシュ Crash (2004) 恋のトリセツ 〜別れ編〜 Breakin\' All the Rules (2004) Jesus, Mary and Joey (2003) 変身パワーズ
サンディ・ニュートン Thandie Newton 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),6 November 1972,Zambia 本名 Thandiwe Newtonクラッシュ Crash (2004) リディック The Chronicles of Riddick (2004) シェイド Shade (2003) シャレード The Truth About Charlie (2002) It Was an Accident (2000) M:I−2 Missi
「 クラッシュ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ポール・ハギス 主演 : サンドラ・ブロック / ドン・チードル / マット・ディロン      公式HP:http://www.crash-movie.jp/ 各国の映画賞で22部門を受賞した作品です。 この作品の特執すべきは、あの 「 ミリオンダラー・ベイビー 」の脚本...
クラッシュ Crash (☆☆ 結婚します! た。☆☆)
これは 日本では2006年に公開予定だそうです。{/hiyob_eye/} 映画の冒頭、題名通り車どうしの『クラッシュ(事故)』から始まります。 しかし、、ストーリーが進むにつれ、 これは単なる事故の映画ではないことを思い知ります。。。。{/hiyoko_cloud/} 舞台は
『クラッシュ(Crash)』 (映像と音は言葉にできないけれど)
『ミリオン・ダラー・ベイビー』も重かったですが、これも相当きます。 結構有名な俳優が出ていますが、誰が主演というわけでもなく、短いタームで様々なエピソードが絡むところがこの映画の面白さです。
Crash (クラッシュ) (アリゾナ映画ログ)
2005年5月21日 Tagline: <B>You think you know who you are. You have no idea.</B> これは、たまたま映画館に着いた時、1番上映時間が近かったから観た作品。 とても重いテーマが幾つも交じり合っている。 人種差別、性的虐待、貧富差問題、銃・暴力等、今のア
『クラッシュ』 (サミームービーストック)
 スペースFS汐留で2月11日公開の映画を試写した。ラッキー。  ポール・ハギス監督作品。いや〜、この監督凄いね。もの凄い作品ですよ。112分考え込んじゃって偉い疲れました。まさに「人間」そのものを描いた作品だと思いました、これほど鮮烈に「人間」を描い...
『クラッシュ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した 『クラッシュ』の試写会に行ってきた。 会場は珍しく40代、50代の人が多い
「クラッシュ」 (試写会帰りに)
スペースFS汐留「クラッシュ」試写会。 映画の冒頭から延々と続く、登場人物達のあからさまな人種差別発言に、嫌悪感と疲労感がつのっていくような、あるシーンの前までに感じていた気分と、そのシーン以降、見終わった後の感想、感じ方がガラっと変わる映画でした。 差別す
「クラッシュ」Crash レビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
ロスアンゼルスは全てが溶け合い融合する“るつぼ”ではなく、混ざり合いながら決して
クラッシュ (映画通の部屋)
「クラッシュ」CRASH / 製作:2005年、アメリカ 112分 PG-12指
クラッシュ (Pop Life Seeker)
「クラッシュ (Crash)」  新宿武蔵野館で初回、客の入りは9割程度。  ある雑誌で「マグノリア」に「ミリオンダラー・ベイビー」のうまみを足したような作品と書かれていたのを目にして、かなり気になっていました。さらに様々なレビューでも軒並み高評価。群像劇
クラッシュ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ぶつかって傷ついて・・・そして生まれる人間愛  
クラッシュ (とにかく、映画好きなもので。)
   もう今日はこれを観に行くぞと決めていたので観てきました。  新宿武蔵館にて。    監督は「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家ポール・ハギス    これは脱帽です。もうこれしか言葉が出てこない。     本当に観に行って良かったと思える.
2006年の春は、まずドン・チードルを知ることから始まる。 (海から始まる!?)
 『オーシャンズ11』や『オーシャンズ12』にも、そういえば出てたかなといった程度の印象だった、ドン・チードル。ブラッド・ピットに、ジョージ・クルーニーに、それからそれから……という豪華キャスト陣の中では、存在感が薄くても仕方ありませんが、そのほかの作品にし
触れ合いたい 「クラッシュ」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} クラッシュ こういう映画大好きです。 群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。 さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした。 大本命
クラッシュ (シャーロットの涙)
連鎖する衝突。そこから繋がっていく人の運命。 ロサンゼルスは孤独な街。人種によって居住区が分かれているこの街で、偶然の事故が人種を絡ませる。そして差別偏見を浮き彫りにさせる。 監督はミリオンダラーベイビーの製作脚本でアカデミー賞ノミネートされたポール・ハギ
【映画】クラッシュ (セルロイドの英雄)
\"Crash\" 2005年アメリカ監督)ポール・ハギス出演)ドン・チードル サンドラ・ブロック マット・ディロン ブレンダン・フレイザー テレンス・ハワード クリス・”リュダクリス”・ブリッジス サンディ・ニュートン ライアン・フィリップ ラレンツ・テイト マ
映画: クラッシュ (Pocket Warmer)
邦題:クラッシュ 原題:Crash 監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロ
クラッシュ Crash (だらだら映画・和日和)
満足度★★★★☆ 人と人がぶつかり合うことで生まれた不思議な連鎖反応。 少しも目が離せない、少しずつ絡み合っていくストーリー。 ラストには喜びとも感心とも悲しみとも違う、奇
「クラッシュ」★ (映画って、いいね! -No Cinema,No Life-)
 久々に映画館に行きました。アカデミー賞授賞式も近づいてきたしねえ。とはいえ、賞を獲った映画が自分にとって好きな映画かというとこれはまた別な話。それが映画ってもんですよね
クラッシュ (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
冬のクリスマスが近づいたロサンゼルス。ロス市警の黒人刑事グラハムと同僚で恋人のリアは交通事故に巻き込まれます。グラハムは、その事故現場の脇で発見された若者の死体の捜査現場を目にします。そこから、時は36時間遡り...。 貧しい黒人、裕福な黒人、メキシコ人
クラッシュ (きょうのあしあと)
「人生は高速に流れ、僕たちはお互いに衝突し合う」 監督:ポール・ハギス 脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ 出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー、ブレンダン・フレイザー、テレン
「クラッシュ」 (It\'s a wonderful cinema)
 2005年/アメリカ  監督/ポール・ハギス  出演/サンドラ・ブロック      ドン・チードル      マット・ディロン  アメリカ・・・特にロサンゼルスは人種のるつぼだ。白人、黒人、アジア系、中東系、中南米系・・・ありとあらゆる人種が暮らしている
★「クラッシュ」 (ひらりん的映画ブログ)
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
クラッシュ (Marさんは○○好き)
これがL.A.いやいやアメリカの現実なの?と思うとなんとも悲しい現実。たまにアメ
クラッシュ (八ちゃんの日常空間)
自動車の衝突事故をきっかけに、次々と起こる人間ドラマを描いたものかなぁ、と思っていたら、群像劇だった。1日という短いスパンで人々の連鎖的に起こる「運命」を詩的に表現している。 シーンの移り変わりが自然なくらい、きれいに流れていくのでイマイチどんなつながり.
「クラッシュ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Crash」2004 USA/ドイツ 時はクリスマス・シーズン、人種のるつぼアメリカ、LAを舞台に二日間の出来事を描いた群像ドラマ。隠れ??ブレンダン、ファンなので、この映画は楽しみにしていた。まあブレンダンは主演じゃないし、出番も少しというのは解っていたが...。とり
クラッシュ (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞   作品賞  監督賞(ポール・ハギス)  助演男優賞(マット・ディロン)  脚本賞(ボビー・モレスコ、ポール・ハギス)  編集賞(ヒューズ・ウィンボーン)  主題歌賞(“In the Deep”) の全6部門にノミネートされてる本作を早速見に行ってきた
クラッシュ (映画君の毎日)
この映画が何故大規模な公開でないのかと思ったら、 見たことのない映画会社のオープニングで、 やはり映画会社の力の大きさが影響したのだろう。 物語はとにかくいろいろな出来事が起き、 観る人それぞれにそれぞれの感動を与えそうだ。 自分が一番応えたの
クラッシュ (週末に!この映画!)
期待値:94%  アカデミー賞ノミネート作品。 衝撃と感動のヒューマンドラマ。 予告編:ホームページ
『クラッシュ』の悲しみの連鎖 (Days of Books, Films)
アメリカ映画を見に行って、オープニングでユニバーサルや20世紀フォックス、あるい
クラシュ−(映画:今年24本目)− (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー 評価:90点(100点満点) 公式サイト 「それでも私たちは生きていくのだ」 (以下ネタバレあり)
クラッシュ (あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ)
これは今を生きる私達の物語です。 ロサンゼルスのハイウエイ {/cars_red/} 深夜に起こった事故現場から、偶然黒人青年の死体が発見される。 この事故が発端となって様々な人々の人生が交錯する。 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家でもある{/book/} ポール・ハギス
14 クラッシュ (毎週水曜日にMOVIE!)
アカデミーの前にはほんとは、作品賞はみておきたいです。なかなか日本ではそれができずに残念。 なので、これはがんばってみなくちゃと、行ってきました。ほぼ満席。すごいです。 「ミリオンダラーベイビー」脚本のポール・ハギスが監督。 ・・・それだけでいかばかり
映画「クラッシュ(crash)」観たいぞ (酒焼け☆わんわん)
ロサンゼルス、24時―。ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、思いもよらない”衝突”の連鎖を生み出し、さまざまな人々の運命を導いていく… 「crash(クラッシュ)」は「ブロークバック・マウンテン」と並んで今年のアカデミー賞最有力とのこと。東京ではもう公開が始
クラッシュ (映画を観たよ)
またまた重い、けど・・・ たくさんのエピソードは全てが繋がっている。 ほとんどが悲しみの連鎖でした。 誰もが主人公で本当に日常的な日々。 黒人、アジア人、ペルシャ人などと色んな人種がいる。そして今でもある人種差別。 その時は人種差別を扱った映画なのかなぁって
クラッシュ (ラチノイロイロ)
レディースdayだったので、昨日に続いて、映画鑑賞です。 クラッシュ 大好きなドン・チードルとマット・ディロンが出てるから。 マット・ディロンは、わたしの思春期のアイドルの
クラッシュ その2 (シャーロットの涙)
なんとなくあとからじわじわくる作品「クラッシュ」 先日公開後まもなく見てきたのですが、なんとも又見たい気持ちに押されて見てきてしまった。ネタばれなしではありませんからご注意を・・・ 先日見たときの感想はこちら 群像劇だとどうしても印象の薄いものもあると思う
クラッシュ その2 (シャーロットの涙)
なんとなくあとからじわじわくる作品「クラッシュ」 先日公開後まもなく見てきたのですが、なんとも又見たい気持ちに押されて見てきてしまった。ネタばれなしではありませんからご注意を・・・ 先日見たときの感想はこちら 群像劇だとどうしても印象の薄いものもあると思う
【 クラッシュ 】 (もじゃ映画メモメモ)
『ミリオンダラー・ベイビー』の製作・脚本を担当したポール・ハギス初監督作品。マット・ディロン、ドン・チードル、サンドラ・ブロックなどが出演する群像劇。 様々な差別や偏見を浮き彫りに、それぞれのエピソードが複雑に絡み合うストーリー展開。観ているうち...
クラッシュ(映画) (漢方薬剤師の日々&映画)
先日、ロサンゼルスを観光した。確かに暗黙の了解的な人種差別があると感じたけれど、世界中の人種がそれなりにうまく同居している自由な国と思われた。だが実際は想像以上に大変なようです。 『毎朝、イライラしているの・・・』 まさにアメリカのイライラを描いた作品でし
クラッシュ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観ている間、自分が映画の登場人物であるかの様な、不思議な感覚で物語に感情移入していた。 この映画は、アメリカの移民社会に暮らしたことのある人間には、まさしく人生に縮図のよ
クラッシュ (パフィンの生態)
ポール・ハギス監督、2005年作品。 ロサンゼルス、一つの自動車衝突(crash)から始まる物語。 10名近い人物の”衝突”の連鎖と内面を絶妙な匙加減で描いた作品。 大上段に構えて人種差別を批判するのではなく、誰もが他人を傷つけ、 傷つけられ、それでも誰かとつなが
クラッシュ (ようこそ劇場へ!)
CRASH、脚本・監督=ポール・ハギス。 僕の中では、ロバート・アルトマン監督の『ショート・カッツ』を超える群像劇は未だに現われていない。本作では『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本で脚光を浴びたポール・ハギスが、ロスアンジェルスに生きる人たちの人生の断片を交差
映画 * 『クラッシュ』 (複数恋愛進行中ブログ)
強盗、殺人、人種差別……事故や犯罪と隣りあわせの都市・ロサンゼルスの日常は緊迫している。白人警官が交通違反をトリしますふりをして黒人をいびる。同じ街角で別の黒人青年は差別に苛だち、白人の車を狙って強盗を繰り返す。ささくれだった心は弱者へとはき口を求め、追
クラッシュ CRASH (箱庭綴り)
  人はぶつかり合う。 人は人を傷つける。 それでも人は人を愛してゆく・・・ ★★★★★★☆ 愛が擦れ違い、哀しみが砕け散る、さらに激しい衝突が繰り返されていく・・・。
クラッシュ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
サンドラ・ブロック主演だったら・・・アクション映画? あ、主演じゃなかったんだ^^:::と気づいた鑑賞後(爆) 『クラッシュ』観てきました。 群像劇だったんだなぁ〜・・・ 『マグノリア』観たときの感覚に似ていて・・・でもラストはすべてがハッピー♪ってわ
『クラッシュ』 (ねこのひたい〜絵日記室)
上映中に聞こえる雑音は、日本の配給元「ムービーアイ」が入手したプリント用ネガフィルムのサウンドトラックに付いていたキズによるノイズじゃなくて、屁です。
クラッシュ 評価額・960円 (Blog・キネマ文化論)
●クラッシュを鑑賞。 クリスマス間近のLAのハイウェイで交通事故に巻き込まれた刑
『クラッシュ(ポール・ハギス)』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『クラッシュ(ポール・ハギス)』、映画館で観ました。 クリスマス間近のロサンゼルス
クラッシュ (Diarydiary!)
《クラッシュ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - CRASH ロス 24
クラッシュ(映画館) (ひるめし。)
それはあなたも流したことのあるあたたかい涙 CAST:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 112分 本年度アカデミー賞主要5部門ノミネートしている本作。そういうコトなんでかな
映画館「クラッシュ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンには、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の嫌な部分...
crash(20020218) (cococo)
衝撃的な映画だった。高評価されるのが、よくわかる。人間の心理と行動、内面と外面、
やっぱり『CRASH』良かったです! (35歳から英語勉強して良いかな?)
『クラッシュ』観ました。予想を裏切りませんでした。やっぱり良かったです。傑作というよりも秀作という感じでしょうか。ハッキリ言ってドカーンとくるような盛り上がりは有りません。
クラッシュ (*アンチハリウッド的* 映画論)
公式サイトはコチラ→ 【公開時コピー】 それは、あなたも流したことのあるあたたかい涙。 怒り、哀しみ、憎しみ、喜び----。 人の”こころ”の断面図を鮮烈に描く、感動の ヒューマンドラマ誕生。 【原題】Crash 【制作年】2004 【制作国】アメリカ 【監
■クラッシュ(HR) (CINEMA STADIUM)
at チネチッタ 1  2006 02/11 信じらんないような超ド傑作!!!!!!ホームランはホームランでもグランドスラム(満塁ホームラン)!!(ゴメン、などさん、、、急に思い立って、夜中に行って、先に観てしもた) 救われることでも思うように救われなかったり、救
「クラッシュ」 (Puff\'s Cinema Cafe Diary)
公式サイト AMC、公開5日目初回です。 レディース・デイということで、この手の映画としては人が入ってました。 で、上映5分間位、幕が完全に引かれていなくスクリーンの両端に少し
『クラッシュ』 (Brilliant Days)
珍しく予告編(トレーラー)が良く出来ていた! そこから想像するものを良い意味で裏切ってくれたシーンもありの、素晴らしい作品でした! アメリカ/ロサンゼルス・・あらゆる人種のるつぼ・・ ハイウェイで起こった一件の自動車事故が引き起こす 思いもよらない”衝突”の
「クラッシュ」 (或る日の出来事)
脚本が、うまい。 思わず2回ほど泣かされた。嗚咽しそうになるほど。しかも、ラストではなく途中でだ。 涙腺が弱いのは折り紙つきの私だが、他の観客からも鼻をすするような音が聞
クラッシュ (レンタルだけど映画好き )
ひとは ぶつかりあえる。 ひとは わかりあえる。 2004年 アメリカ 監督 ポール・ハギス 出演 サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワード/クリス・
ブラボー! と言いたくなった映画 (映画を観て日常を考える)
『クラッシュ』(Crash)を観ました。 まず初めに書いておきますが、私は賞などには全く左右されない人間です。賞にノミネートされていようが、批評家間の評判が良かろうが、自分にとって“響く”ものがなければ正直にそう言ってしまいます。 しかし今回は・・・、観終
クラッシュ (Enjoy Life♪)
ロサンゼルス、24時ーーー。 ハイウェイで起こった1件の自動車事故が 思いもよらない「衝突」の連鎖を生み出し、 さまざまな人々の運命を狂わせていく・・・ 刑事達、自動車窃盗犯、地方検事とその妻、 TVディレクター夫婦、鍵屋とその娘、 病院の受付嬢、雑貨...
クラッシュ (5125年映画の旅)
『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家 ポール・ハギスの監督デビュー作(脚本も兼任)。 さらにアカデミー賞6部門ノミネートなんだから 凄い。ミリオンダラー・ベイビーが好きなので 観に行きました。ミリオンダラー・ベイビーの DVDまだ観てないなぁ。 この.
クラッシュ (HIROMIC WORLD)
本日の1本目は「クラッシュ」 LAに暮らす様々な人種・職業の人々が、ぶつかり合い
クラッシュ (ERi’s room)
映画『クラッシュ』を観てきました。 前知識として、舞台がロスであること、マット・ディロン演じる刑事が人種差別主義者であることなどが頭にあったのですが、実際観てみて、人種差
映画 「クラッシュ」 〜 「アメリカを描く」ということ (SEA side)
 精緻に組み立てられた群像劇の傑作。「アメリカを描く」とはこういうことなのだろうなと思わせる。  人間は複雑な生き物だ。マクベスの魔女の台詞を借りれば「良いは悪いで、悪いは良い」、これが人間だ。登場人物はいずれも善人、悪人で割り切れる存在としては描かれて
[ クラッシュ crash ]他人と衝突し、自己を再確認 (アロハ坊主の日がな一日)
[ クラッシュ crash ]@日比谷で鑑賞。 人種のるつぼアメリカ。ロサンゼルスももち例外ではない。 クリスマス間近のロサンゼルス。この都会でおこるひとつ の出来事(自動車事故)から思いもよらぬ“衝突”(クラッシ ュ)の連鎖反応が生み出され、様々な人々の運命を
シネマ日記 クラッシュ (skywave blog)
人の’こころ’に棲む、怒り、哀しみ、憎しみを切り取って、切ないほど悲しく見せてくれます。 人種の’るつぼ’アメリカ・ロサンゼルス。うまくいかない人生に、苛立っている人
タイトルに隠された深い意味。『クラッシュ』 (水曜日のシネマ日記)
クリスマス間近のL.Aを舞台に、 様々な人種、階級、職業の人たちの目を通して描かれた人間ドラマです。
『クラッシュ』 CRASH (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
交通事故は天使のいたずらによって起きているのかも。 テーマに沿って見事に紡がれた群像劇にいくつもの感銘を受ける。 クリスマス間近のロサンゼルス、ハイウェイで交通事故が起きて・・・。群像劇が大好き。 皆がこうやってそれぞれにつまづきながらも生きているんだ
アカデミー賞対決!「ミュンヘン」&「クラッシュ」 (田中陽子の映画ほめちぎり)
世界が注目する最大の映画祭、第78回アカデミー賞授賞式が3月6日(日本時間)に開
本年度アカデミー作品賞・監督賞他6部門ノミネートの『クラッシュ』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
今回は、映画三昧ブログ開設1周年記念! というわけで最近、1週間以上も更新できなかったこともあり、 この1年間の反省と自戒をこめて『クラッシュ』について書こう。 コレ、今回のアカデミー作品賞候補5本の中で唯一見ている映画。 オスカー予想とは別に、とても
『クラッシュ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘のドリ(バハー・スーメク)。黒人青年アンソニー(クリス...
クラッシュ(2回目) (八ちゃんの日常空間)
自動車の衝突事故をきっかけに、次々と起こる人間ドラマを描いたものかなぁ、と思っていたら、群像劇だった。1日という短いスパンで人々の連鎖的に起こる「運命」を詩的に表現している。 シーンの移り変わりが自然なくらい、きれいに流れていくのでイマイチどんなつながり.
クラッシュ(2回目) (八ちゃんの日常空間)
自動車の衝突事故をきっかけに、次々と起こる人間ドラマを描いたものかなぁ、と思っていたら、群像劇だった。1日という短いスパンで人々の連鎖的に起こる「運命」を詩的に表現している。 シーンの移り変わりが自然なくらい、きれいに流れていくのでイマイチどんなつながり.
クラッシュ (メルブロ)
クラッシュ 上映時間 1時間58分 監督 ポール・ハギス 出演 サンドラ・ブロック ドン・チードル マット・ディロン ジェニファー・エスポジート ウィリアム・フィクトナー 評価 7点(10点満点)  映画の日ということで日比谷のシャンテ・シネへ。2月に続きまた
クラッシュ (impression)
人種のるつぼ、ロサンゼルス。 刑事、警察官、自動車強盗、地方検事とその妻、TVディレクター、鍵屋とその娘、病院の受付嬢、雑貨屋の主人…。 様々な階層の、様々な人種の彼らは、
人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇
Crash(2004,U.S.) (The Final Frontier)
なーんとなく気になっていたので観てみました。 クラッシュ クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハム(Don Cheadle)とその同僚でヒスパニックの恋人リア(Jennifer Esposito)。銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(Shaun Tou
Crash(クラッシュ) (街猫 in NYC=街猫日記 Part 2)
Crashを見て来た。 Reviewはこちら。 もうオスカーまでに見る機会もないと思ったがVillageの映画館でやっているのを見つけて、行ってみたのだ。 夫は評判の映画なので期待が高く、街猫はそうは言ってもたいした事ないだろうと思いながら見に行った。 そうすると.
クラッシュ (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
 豪華キャスト多数出演の、今流行の!?群像劇。  中心となる登場人物達の一連のストーリーを追うのではなく、複数の登場人物たちのエピソードをパラレルに描き、でもそれらが時
クラッシュ (Alice in Wonderland)
『バタフライ・エフェクト』に続きなんて素晴らしい脚本なんだろうかと感心させられた映画でした。心の痛い部分をわしづかみにされたような痛みもあり、ほっとするような感動のシーンもあり、日常的な出来事でありながら普段はタブー視されているような内容を何ともいえな...
クラッシュ (It\'s a Wonderful Life)
いつ観ようかな?って間にアカデミー作品賞受賞かぁ。。 オスカー中継はやっぱりNHKに戻して欲しいな。 別所哲也さん込みでお願いします! とはいうものの、「シカゴ」「ビューティフル・マインド」「アメリカン・ビューティ」 等、何故か作品賞受賞後に観た作...
『クラッシュ』 (takin\' it easy)
アカデミー作品賞を取ったけど 授賞式ではこの映画の関係者が一番びっくりしてた感じだったかも!? 確かに、いかにもオスカーを取りそうなタイプではないけど 映画の良し悪しというよりは 今まで届いた事のなかったお腹の下ーーーの 方までずっしりと響くかなりパ
クラッシュ (悠雅的生活)
ぶつかり合う 人間たち
『クラッシュ』★★★★★94点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
愛がすれ違い、悲しみが砕け散る。激しい”衝突”が繰り返されていく―。『クラッシュ』公式サイト制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン 配給;ムービーアイエンタテインメント上映時間;112分  PG-12監督;ポール・ハギス出演;サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マ..
クラッシュ  (アカデミー賞受賞作品) (HappyDays)
クラッシュ  (ネタバレ注意)これは、人間が誰でも持つ、自分と異質なものへの嫌悪感と、その嫌悪感を持つ自分に対する精神的疲れを表している。アメリカ人は、(イチオウ)誰に対してもオープンなように見える。ここでいう、アメリカ人ってWASPのことだけど。誰に対し...
クラッシュ/crash (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:ドン・チードル/サンドラ・ブロック/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジト/ウィリアム・フィットナー/ブレンダン・フレイザー/テレンス・ハワード/クリス・“ルダクリス”・ブリッジス/サンディ・ニュートン/ライアン・フィリップ/ラレンツ・テイト/ノ
クラッシュ (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞 クラッシュ/CRASH 2004年/アメリカ/112分 監督: ポール・ハギス  出演: サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート クリスマス間近のロサンゼルス。ロス市警の警部、黒人のグラハムは、相棒
『クラッシュ』運命を横糸に、人生を縦糸に紡ぐ傑作群像劇。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
どんな人にも、そう、どんな人にも歩んできた人生と歩んでゆく未来がある。運命を横糸に、人生を縦糸に紡ぐ群像劇の傑作。一度観ただけでは味わいきれない久々の名作の登場。
クラッシュ(2005年) (勝手に映画評)
タイトル クラッシュ ---感想--- 2006年アカデミー作品賞受賞作。下馬評では、「ブロークバック・マウンテン」が受賞と言う感じだったんですが、大どんでん返し。もっとも、監督賞は「ブロークバック・マウンテン」のアン・リーだったんですが。この結果は、「ブロークバッ
【劇場映画】 クラッシュ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差
「クラッシュ」〜地獄のLAに希望の雪 (万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記)
 本命視されていた「ブロークバック・マウンテン」を破って、見事アカデミー作品賞に輝いた「クラッシュ」(ポール・ハギス監督)をきょう観てきた。ロサンゼルスを舞台にした映画は数え切れないほどあるが、この作品ほど深く鮮明に、街の空気とそこに住む人々の喜怒哀楽(.
映画  ” クラッシュ ” (華やぐ時間)
街のひとつの時間のあちこちで  何人もの人のその時の場面が見せられる 誰が誰やら  この人が誰とどういう関わりがあるのか  最初はわからないけれど アメリカ社会の人種差別意識    まだ  あるんだなぁ 銃を携帯しても構わない日常の怖さ   ポケットに手を入
「クラッシュ」 (共通テーマ)
ロサンゼルス、24時――。ハイウェイで起こった一件の交通事故が、思いもよらない\"衝突\"の連鎖反応を生み出し、様々な人の運命を狂わせていく・・・(公式サイトより)。「アメリカ」
クラッシュ (KimagureMovieDiary)
アカデミー賞作品賞受賞しました。 人生は高速で流れ、僕たちはお互いに衝突しあう… 実に多様な人種が暮らしているアメリカ、映画の舞台はロサンゼルス。 人種はみな住み分けていて、お互い自動車事故でしか出会わない… アメリカの映画を観ていると、差別的なジ
『クラッシュ』 (自由人のひとりごと)
【データ】        監督: ポール・ハギス   (2005年・アメリカ) キャスト:サンドラ・ブロック、マット・ディロン、ドン・チードル、テレンス・ハワード・・・etc   上映時間:112分     年齢制限:PG−12 字幕:林完治        配給:ムービ
【映画】 クラッシュ ★★★★ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: ロサンゼルス。 ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。 しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。 ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、 アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。 人種
静岡シネギャラリーで「クラッシュ」を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日は本年度米アカデミー作品賞を受賞した「クラッシュ」を観てきた。しかも近場、
クラッシュ (がちゃのダンジョン 映画&本)
『クラッシュ』 (2004)CRASH上映時間112分製作国アメリカ ジャンルドラマ/犯罪 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が...
クラッシュ (壺のある生活)
クラッシュ crash (2004/アメリカ) 心に響きまくる一本 監督・脚本 ポール・ハギス Paul Haggis 出演 サンドラ・ブロック Sandra Bullock (Jean) ドン・チードル Don Cheadle (Graham) マット
映画レビュー#23「CRASH」 ★★★★★ (Production Rif-Raf)
基本情報 「CRASH」(2005、アメリカ) 監督:ポール・ハギス(ミリオン・ダラー・ベイビー:脚本) 脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ 製作:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ、ドン・チードル他 出演:ドン・チードル(ホテル・ルワンダ)、マット・ディロン(ド.
まさに人生は「クラッシュ」の連続 (That\'s the Way Life Goes)
[:映画:] 「クラッシュ」 アカデミー賞の作品賞を取ってから慌てて行った。 いろいろあって書くのを忘れていたけど、直後の水曜日でレディースデイのため、超混み満席でした。 新聞などの映画評がとてもよかったので、観ようとは思いつつ、人種差別がテーマと書かれ
「クラッシュ」 銃はコワイ! (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
透明マントの話、家に帰ったら、もうすぐ5歳になる娘にしたろうと思って見てたけど、やめ!やめ!!ぜ〜ったい、やめ! ウチの娘もあんなんやりそうやもん。 おばあちゃんの家にある仏壇とか、神社でお参りするたんび、「パパの花粉症がなおりますように〜」っていつも言っ
クラッシュ (SmallTalk)
『クラッシュ』(2005年/米国 原題:Crash)を見た。第78回アカデミー賞の作品賞を受賞した作品で、LAで起こった一つの自動車事故をめぐる群像劇。メインの登場人物だけで、1)黒人の刑事(ドン・チードル)2) その恋人でメキシコ系刑事(ジェニファー・エスポジド)3)ペ...
クラッシュ (ロッタのひなたぼっこ)
今年のアカデミー作品賞を獲得した、『クラッシュ』を観ました。 なんだか、アメリカの嫌なところを縮図にした映画でした。 特に、「9.11」以降、人種差別が「正当化」された後をあぶりだしているような気がします。 そんな混沌にいきなり放り込まれたような感覚にと
■〔映画雑談Vol.16〕第78回アカデミー賞(3月5日開催)を楽しむ! (太陽がくれた季節)
―その2・「映画鑑賞券争奪((^^)・アカデミー賞6部門4者予想、および、結果」篇(※含、『クラッシュ(2004/ポール・ハギス)』鑑賞プチ・メモ) ―&お陰様で、ブログ開設一周年を迎えました!! ●2006年3月8日(水)=予想結果篇 ⇒◆受賞結果〔>1:Movie Walke
「クラッシュ」  CRASH (俺の明日はどっちだ)
クリスマスが近づいているロサンゼルスを舞台に36時間という限られた時間の中で起こる、様々な怒りや哀しみ、そして憎しみや喜びといった人間模様が見事に描かれていくこの作品、そのあまりに巧みな脚本と見事な演出にほとほと感心させられてしまった。 正直言って重層的に
クラッシュ (CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>)
「ミリオンダラー・ベイビー」を書いたポール・ハギスの初監督作品となれば、大人の味わいの深いドラマが期待できる。レイトで観てきた。
クラッシュ (映画評論家人生)
ナビオTOHOプレックス ばらばらにスタートしたいくつかのドラマを、終わりに近づくにつれてひとつにする。本作のような方法は、これまでたくさん作られた。近作で高い評価を得たスティーブン・ソダーバーグ監
『クラッシュ』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「この世から犯罪をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、刑法などの法律をなくし、『犯罪』という概念をなくすこと」 と同じように、 「この世から差別をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、『差.
ポール・ハギス監督 『クラッシュ / CRASH』 ☆今年10本目☆ (honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜)
『クラッシュ』公式サイト:http://www.crash-movie.jp/原題:CRASH製作:2004年アメリカ監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/テレンス・ハワード 《公開時コピー》人はぶつかりあう。人は人を傷つ
ポール・ハギス監督 『クラッシュ / CRASH』 ☆今年10本目☆ (honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜)
『クラッシュ』公式サイト:http://www.crash-movie.jp/原題:CRASH製作:2004年アメリカ監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/テレンス・ハワード 《公開時コピー》人はぶつかりあう。人は人を傷つ
クラッシュ (琴線〜心のメロディ)
【2006年2月11日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 私が観た社会派作品の中では、『アメリカン・
「クラッシュ」 (るるる的雑記帳)
「クラッシュ」を観ました。 アメリカ・ロサンゼルス、ある一つの事故をきっかけに様々な人生が交差するそんな36時間。白人から車を奪う黒人青年。アラブ人と一緒くたにされ店を荒らされるペルシャ人。人種差別主義者の白人警官はさしたる理由もなく黒人夫婦を取り締ま.
■クラッシュ (ルーピーQの活動日記)
クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイで黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)は、相棒で恋人でもあるスペイン系のリア(ジェニファー・エスポジト)と追突事故に巻き込まれる。そこで彼は、偶然事故現場近くで発見された若い黒人男性の死体に引き付けられる・
クラッシュ (映画まみれ)
『クラッシュ』 (‘04/アメリカ) 監督: ポール・ハギス 傑作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手がけたポール・ハギスが脚本に加えて、自ら初めてメガホンを取った作品。 こう聞くだけで多くの映画ファンは期待をしてしまうけど、それに応えるだけの秀
クラッシュ (Akira\'s VOICE)
社会への警鐘と同時に, あたたかいメッセージも込められた群像劇。
クラッシュ 2006-18 (観たよ〜ん〜)
「クラッシュ」を観てきました〜♪ クリスマス間近のロサンゼルス、刑事のグラハム(ドン・チードル)と相棒リア(ジェニファー・エスポジート)は、高速で事故に巻き込まれる・・・グラハムは、偶然事故現場のすぐ側で黒人青年の肢体を発見する・・・
【映画】『クラッシュ』加害者の心の痛み (Badlands〜映画・演劇・音楽レビュー〜)
クラッシュ crash 作品賞、脚本賞、編集賞 (バンパク!)
アメリカ版有頂天ホテル?いや、群像劇っていう共通点しかないけど。
映画 『クラッシュ』 (Death & Live)
『クラッシュ』  2005年 Paul Haggis監督 この映画に主演ってのはいないよーだ。 アカデミー賞にノミネートされたのも、助演男優賞としてのマット・ディロンだし。主演賞にはノミネートないし。 ある事故を中心にその前後の人間模様を描いてるみたいなことがチラシに書
クラッシュ (オタクの魂forビギナーズ)
ウチの近所のシネコンでは上映予定がなかったはずなのに、急遽上映決定。 やはりオスカーを獲ったら上映してくれるワケですね。 で、遅ればせながら観に行ってまいりました『クラッシュ』。 最近のアカデミー賞の傾向と言いますか、こういった“テクニカルな脚本”
映画 『クラッシュ』 2回目 (Death & Live)
『クラッシュ』2004年原題 : crash監督 : Paul Haggisどうしても、もう一度天使に会いたくて、行ってしまった。3月の終わりに、スカラ座の大スクリーン。やっぱり良かった。いいところばかりの人なんていないんだ。悪いところばかりの人だっていないんだ。相手の
クラッシュ (cinema capsule)
オスカー作品賞を受賞した人間ドラマ。 アメリカの暗部を抉り出す ★「クラッシュ」 2005年アメリカ 112分 監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック    ドン・チードル    マット・ディロン    ブレンダン・フレイザー    テレンス・ ...
クラッシュ (ネタバレ映画館)
やっと見れた。オスカー授賞式が発表されてから観ると、最後の「中国人め!」という台詞をアン・リーがどう感じたのか興味あるところです・・・
クラッシュ (サウンドトラック秘宝館)
CRASH 監督: ポール・ハギス  音楽: マーク・アイシャム  出演: サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジート、ウィリアム・フィクトナー、ブレンダン・フレイザー、テレンス・ハワード 2004年 アメリカ映画 ...
「クラッシュ」することで分かること (再出発日記)
監督・原案ポール・ハリス 製作・脚本ホール・ハリス/ボビー・モレスコ 出演ドン・チードル/マット・ディロン/テレンス・ハワード/サンドラ・ブロック/サンディ・ニュートン久しぶり。『マグノリア』式映画。けれどもあの映画のように最後にとんでもないも ...
クラッシュ (何を書くんだろー)
「クラッシュ」 評価 ★★★★★ (4.3) 『あらすじ』  クリスマスが近づく冬のロサンゼルス。ある衝突事故に巻き込まれた刑事のグラハムは、事故現場 近くで、ある青年の死体を発見することに。その先日、黒人の若い二人組、アンソニーとピ ...
Crash クラッシュ (Polka dot movie)
公式サイト STORY ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。 日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。 ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2 ...
クラッシュ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 何と、何と! こーゆー映画だったのですかぁ〜。 てっきり、もっと感動するよーな映画だと思ってましたよぉ。 えっとですねぇ、正直言ってしまうとあんまり好きなタイプの作品ではないです。 が ...
クラッシュ (とんとん亭)
「クラッシュ」2006年 米 ★★★★★ 大都会ロサンゼルスの2日間を追う、群像劇。 いや〜〜待った。待った^^ アカデミー作品賞グランプリに輝いた時は既に 遅く、上映された後でした。DVD化を待って待ってやっと観れましたが期待通り! 冒頭の ...
クラッシュ (Crash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来なければ出来ないほど恐怖を感じ、差別し排斥することで身の安全を図 ...
『クラッシュ』 (映画館で観ましょ♪)
映画の軸となっているのは人種差別。 表に出てくる差別もあれば、心の中に潜む差別もある。 複雑に絡み合う人間関係。 誤解から生まれる憎しみ。 日々の暮らしの中で鬱積していく感情。 そして親子や夫婦の愛も。 たくさん
クラッシュ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  2006年アカデミー賞受賞作品だが、ネッ卜の評判はいまいちだった。それで映画館で観るのは敬遠して、DVD化されるのを待っていたのである。 この作品は、病める国・人種の坩堝・格差王国であるアメリカの光と闇を、いくつかの家族の悩みを通じ ...
クラッシュ (Extremelife)
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が極限にまで高まるアメリカのロサンジェルスを舞台に、次々と引き起こされる ...
クラッシュ (映画鑑賞★日記・・・)
『CRASH』公開:2006/02/11監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、 ブレンダン・フレイザー ☆story☆クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア。銃砲店で不当な ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
クラッシュ 〜新作DVD〜 (利用価値のない日々の雑学)
アメリカ、というよりも、舞台はロスなので、アメリカ全部を象徴しているのかどうか分らないが、内容的には色々考えさせる作品であった。しかしながら一方で、この作品は2006年オスカーの作品賞である。多分、作品賞を獲得していなければ(ノミネートされているから ...
Piso lujo granada (Piso lujo granada)
Restaurante sitges casa willi Venta nave industrial murcia Codigo mandar mensaje gratis cti Turismo merida venezuela Residencias universitarias de cantabria Axa seguro inversion Ferial ciudad mexico Gil carvajal seguro viaje Enamorar hombre libr ...
クラッシュ (雑記のーと Ver.2)
「クラッシュ」を観た。 クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア。銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨店経営者ファハド。白人に敵意を抱く黒人青年アンソ
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
『クラッシュ』 (**Sweet Days**)
クラッシュ 監督:ポール・ハギス CAST:ドン・チードル、マット・ディロン 他 第78回アカデミー賞 作品賞 脚本賞 編集賞 授賞 ロサンゼルス。様々な人種が行き交い、衝突し、それぞれに苦悩する様を描いた作品。 人種差別・・・決して解 ...
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
クラッシュ (獅子の手帳)
クラッシュ 監督: ポール・ハギス 出演: サンドラ・ブロック, ドン・チードル, マット・ディロン, ブレンダン・フレイザー, テレンス・ハワード 内容:人はぶつかりあう。人は人を傷つける。それでも、人は、人を愛していく。第78回アカデミー賞主要3部門受賞! ...
【洋画】クラッシュ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 アカデ
クラッシュ…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日「ダヴィンチ・コード」のDVD買ってきたことを報告させていただきましたが、でかいです箱{/face_acha/} 邪魔だなぁコレ{/face_ase2/} 実は買うつもりなかったんですが、 高い方だけにしか追加映像入っていない{/face_ase1/}なんて酷いです{/face_hekomu/} ...
120.クラッシュ (レザボアCATs)
第78回アカデミー賞作品賞と、脚本賞を受賞。監督は、『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を書いたポール・ハギス。NYに住む人々の群像劇。それぞれの人生で、決して交差しないと思われる人々が、思いもよらないところで、ぶつかり合う。人の思いと思いはぶつか ...
『クラッシュ』に、硫黄島の原点を見た。 (TATSUYAのレンタル映画レビュー)
壊れたヘッドライトは、何を語るのか。 クラッシュサンドラ・ブロック (2006/07/28)東宝 この商品の詳細を見る 硫黄島2部作からの関連で、『ポール・ハギス』の監督作品『クラッシュ』を観た。 『ミリオンダラー・
映画『クラッシュ』 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサンゼルスが舞台、群像劇だが、特に印象的・・というよりも衝撃的でさえあ...
クラッシュ (Addict allcinema 映画レビュー)
人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。
クラッシュ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。』  2/11に公開されて現在も全国で順次公開されていっているコチラの映画。もうすぐ発表のアカデミー賞でも主要6部門にノミネートされている話題作ですね。 ...
クラッシュ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
クラッシュ (Yuhiの読書日記+α)
ロスのハイウェイで起きた交通事故をきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々の人生が連鎖反応を起こすヒューマンドラマ。監督はポール・ハギス、キャストはサンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン他。 <あらすじ> クリスマス間近のロサンゼルス....