我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

レイチェルの結婚 / RACHEL GETTING MARRIED

2009-04-10 12:20:02 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click



プラダを着た悪魔』以降、出演作が続くアン・ハサウェイが 本作でアカデミー賞主演女優候補に


タバコ プカプカ アバズレ風、これまでのイメージとは全く違う
『プラダ〜』の新米エディターもハマってたけど
普通だと脇役専門のクレア・デュバルが演じるような、
黒ふちどりアイメイクのこんなちょいワルもピッタリ。見事に演じきっててオスカーノミネートも納得。


監督は『羊たちの沈黙』、『フィラデルフィア』など(がやっぱ一番有名かな)のジョナサン・デミ
脚本は、巨匠シドニー・ルメットの娘、ジェニー・ルメット。

レイチェルの結婚という華やかなタイトルとは裏腹に、実は結構暗い作品。

結婚するのは姉。(右)
親友の方が姉妹に見えるけど。

離婚してしまった母親役にはデブラ・ウィンガー。
娘の結婚式だというのに、どこか冷めてて他人行儀。

この人、大好きな映画『愛と追憶の日々』でシャーリー・マクレーンと母娘で
バトルシーンがあったけど、今度は母親役でやりあうシーンが。
『デブラ・ウィンガーを探して』なんて映画もあったけど、うーん、さすがに歳とったな〜。

姉の結婚相手がアフリカ系アメリカ人だったことがちょっと意外。
白人と黒人。国籍の違う相手の家族とのちょっとしたやりとりにも注目。


姉のレイチェルの結婚式の2日前。
キムは麻薬中毒の治療施設を出て自宅で9か月ぶりに家族と再会する。
しかし、両家の家族や友人たちが集まるリハーサル・ディナーの後、レイチェルとキムは言い争いになり……




6/10


描かれるのは結婚式メインではなく、久しぶりに揃った家族の内輪での問題を描いたホームドラマ。


ホームドラマというとちょっと軽い感じがするけど、一見幸せそうに見える家庭でも
多少なりとも抱えていたりする 家族個々の問題をリアルなセリフで見せている。
以前どこかで読んだ監督インタビューによると
「今までで一番美しいホームビデオを目指した」そうで、
一番美しいかどうかはさておき ほんとドキュメンタリー風に
誰かが終始、家族の3日間をビデオまわしっぱなしで撮ったような感じ。
普通はここは切るでしょ、っていう 式での友人のスピーチまで全てカットしない撮りっぱなし映像が流れる。
そのため、観客のわたしたちが式に招かれたような、バックマン家の人々の中に潜り込みその場にいて観てる感覚になる。

後半では様々な国の音楽に合わせて踊るシーンが延々?(5、6分?)流れるけど
それをずーっとみせられたりもするのであまりテンポはいいとはいえないかな。
2時間ある作品だけどそんなに長くしなくてもいいような気がしちゃった。

今はそれぞれバラバラに暮らしてるけど
わたしの家は大家族で兄弟が多い。弟も3人いるし姉妹は3人でわたしは長女。
この映画では姉という立場、妹という立場からのそれぞれの意見のやりとりや諍いを見せつけられる。
セリフも考えもとてもリアルで共感出来る人も多いはず。
わたしは姉にも妹の身にもなって考えながら第三者的に観てたけど
この姉レイチェル、少々傲慢だと思った。
妹ばかりに構うから孤独だった、、、なんて。
とわたしは感じたけど本人の問題だからそれは仕方ない(笑)

娘が心配のあまり過保護になる父親、それを疎ましく思う娘、、、、。
妹のキムは少々破天荒ではあるけど説得力ある意見をちゃんと持ってるし
犯罪を犯したわけではないんだからきちんと家族が受け入れてあげるべきなんじゃないかな。
キムは「こうするべき」という考えを押し付けないでといってたけどそれは間違ってないように思う。



ひとつの事故が原因でもつれてしまった家族。
思いを素直にぶつけあえるのは血の繋がった家族だからだと思う。

最後はあっさりしててなんだか尻すぼみになった印象なのが残念。

それでも、色々思う(考える)ところの多い映画。

時に喧嘩して、一緒に泣いたり幸せ共有したり、、、、
そんな 家族の大切さ、を感じることの出来る作品でした〜





公式サイト
RACHEL GETTING MARRIED  2008年   アメリカ    112min
4月18日より、ロードショー



デミ監督、現在65歳!


アン・ハサウェイ 『パッセンジャーズ』の時にも書いたけど
ケイト・ハドソンとの共演作 ブライド・ウォーズ』 ☆日本では夏に公開☆

ジェームズ・マカヴォイ共演、ジェーン・オースティン役に挑んだ
『ビカミング・ジェーン』
の2本が日本で公開待機中



それでは皆さま、楽しい週末を、、、



いつも応援クリックしてくれてる方、ほんとにありがとう
ランキングクリックしてね
←please click

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラン・トリノ / GRAN TORINO | TOP | ハリウッドゴシップ☆News »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えい)
2009-04-10 21:34:43
こんばんは。

あの美容院のシーンは痛い。
ああいうエピソード、よく考えますよね。
ダンスシーンは、
ぼくも長かったと思います。
でも、そう言うのも含めて
プライベート・フィルムなのかも。
★えいさん★ (mig)
2009-04-11 10:49:42
こんにちは☆

美容室のシーン、わたし
姉が勘違いしてるっていうのも考えられるんじゃ?とか思っちゃいました。
妹のことを実は深く根にもってる母とか姉が
なんか酷いなと思えて
キムに感情移入してました〜

完全なプライベートフィルムらしさが特徴の映画ですね。
先日初コメしたのですが・・・ (リノ)
2009-04-11 10:59:25
消えてしまったので再び投稿します^^;

いつも楽しく拝見させて頂いています。
映画大好きなのでとても参考になるし、
文章が女性らしくて、中身も楽しくて読んでいて
飽きません。

これからもお世話になると思いますので
宜しくお願い致します。
★リノさん★ (mig)
2009-04-11 11:03:20
はじめまして

え!そうだったんですか、何でだろう、、、、?
失礼しました

わぁ〜そんな風に自分では全く思ってないので
なんだか照れくさいけどとっても嬉しいです
ありがとうございます★

こちらこそ、これからもよろしくお願いします
こんばんはー (やまたく)
2009-04-21 02:43:24
撮影方法や音楽を含めて、
かなり独特なタッチの作品でしたね。
舞台劇っぽい雰囲気もありましたし。

家族の微妙なわだかまりを巧く描いていた気がしますが、
そのわだかまりを、
結婚式に絡めて見せようっていうんですから、
考えてみれば、けっこうしたたかな作品ですよね(笑

キム対母のガチン対決が、
すさまじかった気が。。。



☆やまたくさん☆ (mig)
2009-04-22 17:43:19
こんばんは♪

これって元は舞台でしたっけ?
ほんと舞台でもできそうな感じ?でした。

家族の繋がりにクローズアップされてて
細かいやり取りもセリフもリアルな感じでしたね
そうですよね〜、結婚式の話とは違ってて軽く裏切られました(笑)
いい意味で
観て来ました^^ (KLY)
2009-04-23 01:02:19
migさんこんばんは〜^^

ショートのアンも結構可愛くていいなぁと、改めて好きになってます。^^;

家族だから当然それぞれ愛してるんだけど、その愛の方向がちょっと狂っちゃうとバラバラになっちゃうのかなぁ。そんな風に感じました。
レイチェルの感じていた寂しさと、キムの感じていた孤独感って、何だかこういったら変かもですが、子供っぽいなぁと思ったり。

でも好きです、こういう感じの作品。^^
兄弟姉妹 (オリーブリー)
2009-04-23 19:07:41
migさん、こんばんは。

なんと!
6人も弟さんに妹さんがいらっしゃるの?!
ご両親すごい〜尊敬します。
これからますます大家族になるのでは?
楽しみですね〜♪

デブラ・ウィンガー、久しぶりでしたね〜目元は若い頃のままかな。
私もレイチェルって、うーん。。。でしたが、
やはり母親の立場から見ても、このママが問題ありだと思いました。
子供と正面から渡り合えない親はダメです。
もっと早くに一緒に苦しんであげるべきと思いました。
★KLYさん★ (mig)
2009-04-23 23:07:13
こんばんは♪

そうだそうだ、KLYさんはアンのファンでしたね^^

わたしはどうもあんまり、、、なんですが
今回のアン、お嬢さん路線より良いと勝手に思ってマス★
そうですよね、姉はちょっと子供っぽいのかもしれないですよね、
もうちょっと理解してあげて欲しい気もしました。
★オリーブリーさん★ (mig)
2009-04-23 23:09:31
こんばんは♪

あ、わたし含め6人です★
それでも多いですよね
そうですよね〜

わたしもこれ母親が悪いと思う、
過度すぎるのもよくないけど
愛情不足ってダメだと思うんですよね。
子供の頃にちゃんと注いであげないと、、、、
なんて親の立場でもないわたしが偉そうな事言えないんですけど(笑)
こちらも・・・ (有閑マダム)
2009-04-24 08:43:01
私は、姉のレイチェルに感情移入して観ていた方なのですが、観る人それぞれで思いが違ってきそうで、そこが面白いですね!

アン・ハサウェイは、軽いラブコメなんかばかりではなく、こういう意外な役にもどんどんこれからも挑戦していって欲しいなと思います。
彼女に対して、本作で「やるな!!」との気持ちが強かったです。
★有閑マダムさん★ (mig)
2009-04-25 10:24:50
こんにちは♪

そうですね、誰かに感情移入しちゃいますよねー、
色んなタイプがいて、、、

アン、お嬢様のイメージばかり定着してましたけど
こういうのもイケるんですね!わたしはこっちの方が良かったと思いマス★
本当 (miyu)
2009-04-26 20:31:13
アン・ハサウェイの演技はなかなか見応えあって
オスカーにノミネートされたのも納得でしたし、
シャーリーン・マクレーンにお褒めの言葉を
いただいていたのも納得でしたね♪
スピーチやダンスのくだりが長かったのは確かに!
でも、本当まるで一緒に式に参加しているような
気分は味わえましたね。
★miyuさん★ (mig)
2009-04-28 22:11:24
この映画、けっこう観てる人少ないのかな〜
あんまり話題になってないみたいだけど
miyuさんはやっぱり観たのね♪

リアリティある感じ、ホームビデオ撮影の雰囲気とかも良かったですね。
アンハサウェイは今後も注目かな★
こんばんは (ノラネコ)
2009-05-04 22:49:11
「パッセンジャーズ」ではがっかりしたのですが、こちらはなるほどオスカーノミネートも納得ですね。
こういうのも出来る、という良いイメチェンになったのではないでしょうか。
何でも心理学的には黒い縁取りのアイメイクには「自分に対する自信のなさ」が現れる事が多いとか。
しかし、似てない姉妹でしたね(笑
まあアン・ハサウェイと血のつながりを感じさせるくらい目がでかい役者は、なかなか探すのも大変だと思いますけど。
★ノラネコさん★ (mig)
2009-05-05 21:22:47
こんばんは♪

同感です、
あはは!でも最近はふつうの人でも
黒い縁取りメイクはブームなんですよ!
わたしもたまにグレーで囲んだりしちゃってます
さすがにここまでブラックにはしませんけどネ

しかしほんと目がでかいですよね〜(笑)
暗め (hino)
2010-03-03 22:24:13
ほんと、痛い〜作品だったね!

監督が「羊たち〜」「フェラデルフィア」を作ったひとなんだ〜!?意外でしたいっ@@

はすっぱアンハザウェイは、前の印象をくつがえす役でしたが、はまってたね。

母親役はデブラウィンガーに出てたひとだったんだ!!どっかで観たと思ってたけど、migちゃんのおかげですっきりしました。

おねーさんの結婚式さあ、インドのケーキありの、いろんなジャンルの音楽ありで、賑やかっちゃそうなんだけど観てるほうも疲れたよ。
旦那さん、いい人だったね〜。それが救いの映画だった。



★ゆきえちゃん(hinoちゃん) (mig)
2010-03-04 20:48:46
コレ観たのね★
そうそう、羊たちの〜とは違う感じでしょ?

アンハサウェイ、囲み目メイクもハマってたよね♪
女優はいろんな人に変身出来て楽しそうだよね〜(笑)

ゆきえちゃんたらあ、デブラウィンガーに出てたひとというより
デブラウィンガーその人だよ!(笑)
昔、シャーリーマクレーンと母娘「愛と追憶の日々」で娘役だったのよ〜
好きで、DVD持ってるんだけど買ってから一度も観てないの〜!

そうそう、結婚式のシーン、なんか散漫だったよねー。
評価されてる映画だけどそこまでかなって気も。。。実はあんまりもう印象にないし

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

32 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『レイチェルの結婚』 (ラムの大通り)
----アン・ハサウェイがアカデミー賞主演女優賞にノミネート? 彼女って最近『パッセンジャーズ』にも出ていたよね。 「うん。そうだよ。 しかし、こう言っては失礼かもだけど、彼女は化けたね。 これはもう一世一代の名演。 まだ、いくつか観ていないオスカーがらみの映...
「レイチェルの結婚」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.4.13 4月18日より公開される「レイチェルの結婚」。 監督・製作:...
レイチェルの結婚 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
心の病や薬物中毒の問題を支えあうのが家族。言うのは簡単だが実際には修羅場だ。姉レイチェルの結婚式に出席するためキムが帰宅する。彼女は依存症の施設から仮に外出を許可された身で、精神的に不安定だった。全編ホームビデオのような雰囲気で撮られた映像は、家族全員...
レイチェルの結婚 (LOVE Cinemas 調布)
アン・ハサウェイ主演の昨年度アカデミー賞主演女優賞ノミネート作品。監督は『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ。アン演じるキムの母親役に同じくアカデミー賞主演女優賞ノミネート3度のデブラ・ウィンガーも出演。実はタイトルは原題・邦題ともに『レイチェルの結婚』...
レイチェルの結婚 (心のままに映画の風景)
ドラッグ中毒更生施設の入退院を繰り返していたキム(アン・ハサウェイ)は、姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席する...
映画* レイチェルの結婚 (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
生まれたときに授かる「家族」とは別に、 結婚することによって、自分の「家族」をいちから作り上げるチャンスがやってきます。 もしかすると、生まれながら授かった家族の中で抱える問題や葛藤が大きければ大きいほどに、 結婚して新しく自分の家族を作り直したい、...
レイチェルの結婚 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『家族の運命を変えたあの出来事。 人生最良の日に明かされた秘密とは─』  コチラの「レイチェルの結婚」は、主演のアン・ハサウェイが第81回アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた4/18公開のヒューマン・ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪うん...
Rachel Getting Married / レイチェルの結婚 (Akasaka high&low)
レイチェルよりもノミネートされたAnne Hathaway(アン・ハザウェイ)よりも面白そうな結婚式が一番印象に残ったのがRachel Getting Married(レイチェルの結婚)。幸せな姉の結婚式にリハビリ施設から駆け付けた父親の注目を浴びたい妹が主人公。 面倒ばかり起こす確か...
「レイチェルの結婚」 愛情と鬱陶しさと (はらやんの映画徒然草)
家族っていうのは、近しいからこそ、なにかもどかしい存在であったりするものです。
レイチェルの結婚◇RACHEL GETTING MARRIED (銅版画制作の日々)
 家族の運命を変えたあの出来事。人生最良の日に明かされた秘密とは──。 4月28日、京都シネマにて鑑賞。「プラダを着た悪魔」、「ゲットスマート」のアン・ハサウェイが何と薬の依存症の患者という役どころで登場。彼女はこの演技が認められて、アカデミー賞主演女...
レイチェルの結婚 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ジョナサン・デミ監督、アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、デブラ・ウィンガー、ビル・アーウィン、アンナ・ディーヴァーズ・スミス、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル。ラストだけ観るとまるでインド映画のよう。キム(アン・ハサウェイ)...
レイチェルの結婚 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ジョナサン・デ
『レイチェルの結婚』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:RACHELGETTINGMARRIED監督:ジョナサン・デミ出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル、アンナ・ディーヴァー・スミス、アニサ・ジョージ鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<S...
レイチェルの結婚 (  Art- Mill  )
http://www.sonypictures.jp/movies/rachelgettingmarried/ この映画は『レイチェルの結婚』というタイトルだが、アン・ハサウェイ演じるキムを中心に物語は展開する。 アン・ハサウェイ(キム)
『レイチェルの結婚』/RACHEL GETTING MARRIED (CouchCinema*カウチシネマ / b)
アン・ハサウェイ、別人かと思いました。 お人形顔にあざを作り、たばこズパズパ。 落ち着きのない、感情的で繊細な主人公を見事に演じています。 姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式の為、施設から 退院してき妹キム(アン・ハサウェイ)。 自宅での...
レイチェルの結婚 (映画の話でコーヒーブレイク)
東京まで出る用事があったのでついでに公開館数の少ない本作を渋谷Bunkamura「ル・シネマ」で鑑賞。 アン・ハサウエイはアカデミー賞にノミネートされた作品だというのに公開館数少ないね。 ちょっと疲れる映画です。 何故疲れるかというと・・・ 結婚式を控え準備に忙し...
『レイチェルの結婚』に関する約15の覚え書き (海から始まる!?)
 アン・ハサウェイが主演している映画だということ、シドニー・ルメットの娘ジェニー・ルメットが脚本を手がけた作品であること、それらを含めて2008年の映画賞レースを席捲した映画であること、そのくらいを予備知識として観た『レイチェルの結婚』。
家族ゲームU.S.A. (宇宙のめいぐると)
「レイチェルの結婚」
水よりも濃く〜『レイチェルの結婚』 (真紅のthinkingdays)
 RACHEL GETTING MARRIED  矯正施設で治療中のキム(アン・ハサウェイ)は、一時帰宅を許される。最愛 の姉、レイチェル(ローズマリー・...
レイチェルの結婚★★★★劇場58本目:結婚式ホームビデオの傑作! (kaoritalyたる所以)
5/6の夕方に観に行った映画のレビューです。終始、ホームビデオを観ているような感覚・・というかそういう感じの撮影だったようです。ということで、映画を見ているというのではなく、結婚式のホームビデオをリアルタイムで見ているような、現実感がしっかりとありまし....
『レイチェルの結婚』・・・家族の絆とは (SOARのパストラーレ♪)
姉レイチェルの結婚式を前に、ドラッグ依存治療の施設から里帰りしてくる妹のキム(アン・ハサウェイ)。そんな彼女を迎える娘思いの父親。離婚して新しい生活を送る母親も帰って来る。こうして長女の祝福のために集結したバックマン家の面々だったが、知人たちを招いての...
「レイチェルの結婚」:四谷三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ここ四谷消防署には、女性防火組織があるのよ。 {/kaeru_en4/}女性防火組織? {/hiyo_en2/}そう。四谷消防署管内に住む女性の自主防災組織で、家庭の安全と地域の安全を女性の立場から推進している組織。 {/kaeru_en4/}じゃあ、レイチェルの結婚式にもぜひ出...
レイチェルの結婚 (Diarydiary!)
《レイチェルの結婚》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − RACHEL GE
【レイチェルの結婚】 (日々のつぶやき)
監督:ジョナサン・デミ 出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル、デブラ・ウィンガー 「更生施設から、姉レイチェルの結婚式の為に9ヶ月ぶりに帰宅するキム。 手作り結婚式の準備で大忙し
レイチェルの結婚 (ももママの心のblog)
アン・ハサウェイがアカデミー主演女優賞にノミネート。プラダを着た悪魔で、可愛くてすっかり気に入ったアン。アカデミー授賞式でも、とっても可愛かったです。この作品は必見だと思ったのですが・・・。
レイチェルの結婚 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
平凡な家族の葛藤をリアルに描き出すホームドラマ。 麻薬依存症の治療を受けているキムが、姉のレイチェルの結婚式に出席するため久々に実家に戻った週末を描いた群像劇である。 物語:コネチカット州に暮らすバックマン家の長女レイチェル(ローズマリー・デウィット...
レイチェルの結婚 (EURISKO2005)
 観たい観たいと思いながらロードショーでの機会を逸してしまった作品。DVDでやっ
mini review 09426「レイチェルの結婚」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『クライシス・オブ・アメリカ』などのジョナサン・デミ監督が手掛けた珠玉の人間ドラマ。ある一家の結婚式を中心に、優等生の姉と問題児の妹の抱える問題や、彼女たちを取り巻く人々の微妙な関係を包み隠さず映しだす。気性の激しい妹を演じるのは、『プラダを着た悪魔』...
レイチェルの結婚 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】キム(アン・ハサウェイ)は、姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席するため依存症の施設から退院する。家に到着した彼女は、結婚式の準備でごった返す家の中を抜け、2階でドレスの着付けをしていた姉と友人のエマ(アニサ・...
レイチェルの結婚 (2008・アメリカ) (白ブタさん)
アン・ハサウェイ主演のヒューマン・ドラマ。 こんなにシリアスな役柄の彼女は初めて見ました。
「レイチェルの結婚」 (或る日の出来事)
アン・ハサウェイが、依存症の更生者を演じる。
『レイチェルの結婚』 ('11初鑑賞98・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 7月22日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。