我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

ワン・デイ 23年のラブストーリー / ONE DAY

2012-06-09 12:10:36 | 劇場&試写★4 以下

 

 

 

初めて会話を交わした7月15日から、その「1日」だけを23年間に渡って描く

ちょっと変わった視点のラブストーリー。

 

イギリス、イタリアほか各国でベストセラー・ランキング1位となった同名の小説をもとに、

原作者デイヴィッド・ニコルズ自身が脚本を、監督は「17歳の肖像」の女性監督ロネ・シェルフィグ。

ということでちょっと楽しみだった本作。

六本木試写室での試写にて鑑賞

(上映後、ゲストの内田春菊さんのトークショー、どうでもいい自分の話で30分も、、、

映画に関係ないゲスト呼ぶのそろそろやめてほしい)

 

 

ちょっとマジメな女の子エマにはアン・ハサウェイ。

 

女たらしな自由人、デクスターにジム・スタージェス。

初めて出会った1988年、22歳から23年後の45歳までを演じるのはちょっとムリがあるか。

確かに古臭いが、、、、

 

良家のママ役、最近ではぶっ飛んだ母親役が続いたパトリシア・クラークソン。

本作では病気を患った役で大人しく出番はちょっと。

 

永遠のテーマ、男女の友情は成立するかという背景もありながら、、、

2人の男女は親友のまま終るのか、それとも結ばれる?

 

女にだらしなくてしょうもない男に惹かれつつ、

自分を愛してくれる男と付き合う。

 一人を思い続けるより手近な幸せの方?どちらが幸せ?どちらを選ぶ?

 

 

4/10(47点)

 

 

ちょっとネタバレあり

 

うーん。23年間の7月15日だけを切りとって描く

ってところが特徴であり、そこを強調したいんだろうけど

実際観てて別に何年のその日であろうがこちらとしては

そんなに毎年その日ちょうど会ってるのね、とかその日に偶然なにか起こるのねっていう

ちょっと現実離れした印象しか残念ながらおこらなかった。

冷め過ぎ?いやほんとそうだったの

 

ダメ男を好きになっちゃう人なら共感出来るのかもだけど、

最初の出逢いでsexが出来ずに終ってそのまま友人でいようとなって、

それでも女性の方が思い続ける。

あんな女たらしのダメ男なのに?優しさはあるけど結局は顔で惹かれてるんじゃないって思っちゃう。

 

後半では彼が出来ちゃった婚、自分もパリで成功するスタートを切り始め、

フランス人の優しい彼が出来たのにも関わらず、デクスターに戻るところが理解不能。

まぁそれが「恋」といってしまえばそれまでなんだけど。

 

前半はなにごとも起こらず、ただ2人の日常が面白いエピソードもとくになく

たんたんと描かれるので退屈、、、。

デクスターが結婚となったあたりでちょっと惹き込まれるも

その後の展開が いきなりの交通事故死ということでかなりあっけなく、、、

 

宣伝文句に「涙のラスト15分」ってあるけど、こんなんじゃぜんぜん泣けません。

アン演じるエマに感情移入出来る乙女な女性には受けるかもしれない。

 

ラブコメではないし、笑いどころも一切ない純粋なラブストーリー路線ではあるけど、

 

サブタイトルは「23年のラブストーリー」じゃなくて

「ダメ男デクスターの散々な一生」の方がいいんじゃない?

ってくらい、ツイてない男の話であるとも思えた。

妻に浮気されてもその後もちゃんと娘や元妻に会ってる。

娘がいることが彼にとっての唯一の救い。

でもデクスターなら、いつか彼女を忘れていくらでも前に進めるんじゃないかな。

なんてところで勝手に完結しちゃいました 

 

この二人に感情移入出来るかどうかでこの映画が好きか分かれそう。

 

一番良かったのはエンディングにかかる主題歌、エルヴィス・コステロの書き下ろし曲「SparklingDay」。

エルヴィス・コステロは「ノッティングヒルの恋人」の「She」で一般に有名になったけど

イギリスのロック界ではそれ以前から有名でCDも全部持ってるほど好きなの、

久々に歌声聴いたらやっぱり良かったな〜

CDひっぱり出してまた聴こう。

 

 

 

真面目でしっかり者のエマと、自由奔放で恋多き男デクスター。23年前の7月15日。大学の卒業式で、はじめて会話を交わしたふたりは、魅かれあうものを 感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの想いを秘めて、親友として毎年“7月15日”を過ごしていく。一緒に旅行に行っ たり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩をしたり。それぞれの人生を歩み、すれ違いを繰り返しながらもデクスターを想い続けるエマ。ある年の“7月15 日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられる。そしてさらに積み重なる“7月15日”。そして、“運命の7月15日”が2人に近づいていた…。

 

 

海外版ポスターはフランス映画っぽくてすてき

  公式サイト

ONE DAY   2011年   アメリカ   107min

6月23日より、ロードショー

  

 

2011/8/3 N.Yプレミアにて。

 

ロンドンプレミア

 

 

 

 

 朝から雨いよいよ梅雨?

それでも皆さま、楽しい週末を

 

 


応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハングリー・ラビット / SEEKING... | TOP | ショートショートフィルムフェス... »

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
えーっ(汗) (ノルウェーまだ〜む)
2012-06-09 23:00:38
migちゃん☆
4つか〜
来週、試写会行くのにぃ〜
純愛物見ない私が久々行ってみようかなーって思ったの。ひえー、どうだろう?
完璧感情移入できなさそう・・・(笑)
まだーむ☆おはよ♪ (mig)
2012-06-10 09:31:23
うん、まだーむたちあさってだもんね、
でもどうかなぁ。ラブもの苦手で主演二人にも興味なかったらつまんないかもー
感想待ってるー☆
男冥利 (まっつぁんこ)
2012-06-12 22:44:04
たしかに「ダメ男デクスターの散々な一生」なんだけど
男冥利につきる人生だなと思いました。
エマは最初から素直になった方が良かった。

「フランス人の優しい彼が出来たのにも関わらず、デクスターに戻るところが理解不能。」
だってエマは最初からデクスターにぞっこんなんだもの。フランス人の彼には迷惑な話だけど女子が去っていくのはよくあることでは?(経験談)(笑)

Unknown (KLY)
2012-06-12 23:32:29
単なる年表映画なので退屈極まりないですわ〜。
これほどまでに心が動かされない映画も久々かな。
アンじゃなかったら席立ってたレベルです…。
まっつあん☆ (mig)
2012-06-13 08:14:48
まっつあんは意外とダメじゃなかったのね〜
男冥利に尽きるったって、好きな女性死んじゃうんだよー!
妻には浮気されるし(自分もしちゃえばよかったのに)モテてたってそんな人生イヤ。
KLYさん★ (mig)
2012-06-13 08:17:12
そうそう、年表映画!
それにつきるー
前半から退屈だったから今回はもしかして意見分かれるかもって、KLYさん終ったあと「やー良かった」って言ったらどうしようかと思っちゃった(笑)
あのトークショーの前に帰れば良かった
エマ (まっつぁんこ)
2012-06-13 08:23:25
デクスターには子供もいるし失くしたのはエマだけ。(浮気はおたがいさまみたいなもの)
かわいそうだったのはエマでした。自転車漕いでるシーンで何かあるなと緊張して観て、あの結末。ふだんよく自転車漕いでるので自分の身に起きたように感じました。
コステロ! (xtc4241)
2012-06-13 14:17:24
migさん、こんにちは(いま6月13日pm2:10頃です)

アン・ハサウェイは、コメディのほうが似合うと思います。
超美人的でもあるけど、目鼻口は漫画のように大きい。ちょっと、人間離れしてもいますから。

それより、migさんもコステロファンなんですね。
フリークと言ってもいいですね。うれしい!
僕もコステロは大好きで、日本に来たときは2日連続で見に行ったりしました。
今度のフジロックフェスティバルにも来ますよ。
もちろん、僕は行きます。
3日目のグリーンステージはすごいですよ。
井上陽水、ジャック・ホワイト、コステロそしてレイディオ・ヘッドですから。
ポップだけど、一筋縄ではいかないアーティストたちです。
よければ、見にいかないですか?
高尾山みたいで爽やかですよ。
まっつあんさん★ (mig)
2012-06-14 22:35:20
こちらにまたもやありがとです☆
確かにエマはマジメすぎて純粋すぎたのかも。
交通事故はないよー
っって思っちゃったけど
まっつあんも自転車だから共感、なるほどー
xtc4241 さん☆ (mig)
2012-06-14 22:39:42
そうですね、
アンは確かにコメディ向きなのかな?
プラダを着た悪魔が一番ハマってたな。

コステロファンですか??
意外でしたなんとなく。笑
私はライブまではないんですがいっときめちゃハマりましたよ。
わー、フジロック来るんだ〜
今年も豪華ですよね。
井上陽水はどうでもいいけどレディオヘッド!
みたいのは山々ですが
行けないなー
残念。

こんばんは (dai)
2012-06-18 21:50:46
7月15日にここまで重なるのは現実離れですよね。そういう部分からしてもつまらなくなるんでしょうね。アイデアだけの作品でした。
daiさん☆ (mig)
2012-06-20 19:07:21
こんばんは♪

そうなんですよねー。
ほんとに。

記念日とか女の子は好きだし、ロマンティックだけどなんか惜しいな。
Unknown (まみっし)
2012-06-20 23:32:55
migちゃん、どうも。

やっぱり、ぎこちない恋愛に焦点を絞っていた映画だと思っています。楽しいのは、ほんの一瞬という、切ない恋愛。正直、こういう恋愛ってしたくないよね。
★まみっしさん (mig)
2012-06-21 10:01:09
おはようございます、

確かまみっしさんこの映画楽しめたんですよね、
切ない別れになっちゃってましたね、
でも1年に1日だけを23回も描くのちょっと難しいですね〜
アン演じたコは真面目だったんですね、、、
おめでとうございます。 (オリーブリー)
2012-06-26 11:16:51
ブログ7周年、おめでとうございます!!
これからも楽しく続けてくださいね♪

ジム・スタージェスはステキでしたが、性格イマイチ(笑)
わたしは思いっきり現実思考なんで、こんな長い間、ハッキリしない関係って無理だわ〜とイライラしちゃいました(苦笑)
オリーブリーさん★ (mig)
2012-06-26 22:57:11
ありがとうございますー★
あっという間ですね。
長いようで,,,


そうですね〜私も同じく。
やっぱりこれ毎回同じ日だけ描くってムリありますよね〜
よほどロマンティストじゃないと、、、笑
観たけど。。 (rose_chocolat)
2012-06-29 09:37:59
びみょー。
そんなに好きならなんで初めから2人とも素直にならないんだい? ってお話でしたね。

あと、わからんポイントとしては、デクスターが大して好きでもない人と最初に結婚しちゃったってとこで・・・。
まあこれだけの期間想い続けるなんてめったにできないと思うから、努力賞!?

もう半年過ぎちゃうねえ今年も。 早いわー。
書いてない記事何本ある事やら(汗) 
6月の箱作って、上半期ベストまでできるかなあ(笑)
roseさん☆ (mig)
2012-06-29 12:24:33
でしょう?
ほんとにそうですね。
あ、あれはできちゃった婚だったから仕方ないけどあのチャラ男でどうしてアンみたいな子と、、、、
なんかぜんぜん感情移入どっちにもできないのがダメ。
みんな上半期ベストとか出すのねー
TLでもちらほら。
でも私はまとめてだなぁ。
上半期ワーストとベストくらいだったらだそうかな?でも今年の1位候補がわかっちゃって面白くないかなって 笑
同じー (latifa)
2013-07-09 16:24:51
migさんも、この映画は、いまいちだったみたいですね。
私も、ダメだった・・・。

友達で、って前提だったけど、女子の方はずっと彼の事だけ好きで居続けてたわけで、その間、男子の方は何十年も、ちゃらんぽらんで・・・。
なんで好きなの?って、よくわからんかった。

最後の方は、予想外な展開だったけど・・・
☆latifaさん (mig)
2013-07-10 09:51:35
おはようございます☆
これは評判よくなかったですねー
というか意見割れたって感じかな。
私はまるでダメ。なんかねぇ。。。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

24 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ワン・デイ 23年のラブストーリー (食はすべての源なり。)
ワン・デイ 23年のラブストーリー(6/23公開) ★★★★☆(★4つ) どの1日も、あなただけを見ていた しっかり者のエマと自由奔放で恋多きデクスターが積み重ねた23年間の軌跡を描く 久しぶりにストライクなラブストーリーでした。 23年を通じてのファッションや...
ワン・デイ 23年のラブストーリー (あーうぃ だにぇっと)
ワン・デイ 23年のラブストーリー@なかのZERO
ワン・デイ 23年のラブストーリー/One Day/単なる年表映画でしかない (LOVE Cinemas 調布)
とある男女の23年間の恋愛感情と友情を、7月15日という1日のスポットを当てて描いたラブストーリー。ヒロイン役を『レイチェルの結婚』のアン・ハサウェイが、彼女が恋愛感情と友情を抱く男性を『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが演じている。監督は...
『ワン・デイ 23年のラブストーリー』 (ラムの大通り)
(原題:One Day) 「この映画、 原作がそうなっているってことだろうけど、 その発想がまずユニーク」 ----「23年。23回の7月15日。」という、あれ? 「そう。 23年前の7月15日、 主人公ふたりの出会いから現在までを、 毎年、その一日(ワン・デイ)に絞って描いてい....
『ワン・ディ -23年のラブストーリー-』 2012年6月12日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ワン・ディ -23年のラブストーリー-』 を試写会で鑑賞しました。 アン・ハサウェイは相変わらず奇麗だ でも、ジム・スタージェスとかいう男優がいい感じだったね(ホモじゃないよ) なんとなく、ライアン・ゴズリングやジェイク・ギレンホールに似ている感じがw (顔...
ワン・デイ 23年のラブストーリー (Memoirs_of_dai)
アイデア先行の23年間 【Story】 エマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)は親友として、23年間一緒に過ごしてきた。愛する気持ちを心に秘めていたエマだったが、ある年の7月15日...
ワン・デイ 23年のラブストーリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(14) 時間軸とアン・ハサウェイと衝撃シーン。
ワン・デイ 23年のラブストーリー (心のままに映画の風景)
1988年7月15日。 真面目なエマ(アン・ハサウェイ)と自由奔放なデクスター(ジム・スタージェス)は、大学の卒業式の後、一線を越えぬまま一夜を共にした。 友だち関係を選んだふたりは、互いに微妙な...
ワン・デイ 23年のラブストーリー (佐藤秀の徒然幻視録)
(40日の)雨の日 公式サイト。イギリス映画。原題:One Day。デヴィッド・ニコルズ原作、ロネ・シェルフィグ監督、アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン、 ...
ワン・デイ 23年のラブストーリー よかったのか悪かったのか・・・不思議な映画だ (労組書記長社労士のブログ)
【=30 -3-】 昨日、映画を観た後、友人とばったり会った、「女房です」と妻を紹介したら、友人は「赤の他人です」と連れの女性を紹介してくれた、なんかそうとう可笑しくて、その後もずっと思い出し笑いするに至った。  大学の卒業式後に出会ったエマとデクスターはす...
ワン・デイ 23年のラブストーリー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月30日(土) 19:30〜 TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』公式サイト 1980年後半の大学卒業から23年間7月15日だけを描くラブ・ストーリー。 奇抜なアイディアと、傑...
「ワン・デイ 23年のラブストーリー」:アン・ハサウェイを見る映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ワン・デイ 23年のラブストーリー』は、毎年7月15日だけを取り出して、二
ワン・デイ 23年のラブストーリー (とりあえず、コメントです)
23年の恋の行方を描いたアン・ハサウェイ&ジム・スタージェス主演のラブストーリーです。 どんな話かは予想が付いたのですけど、この二人の演じる物語を観てみたいなとチャレンジして観ました。 笑顔と苦悩の中で、23年間が走馬灯のように二人の間を過ぎていきました。
「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 幸せなカップルはいっしょに観ちゃダメ (はらやんの映画徒然草)
しっかり者で真面目、けれど自分に自信がもてないエマ。 ちょっとチャラ男なところも
人に歴史あり。『ワン・デイ 23年のラブストーリー』 (水曜日のシネマ日記)
ひとりの男性とひとりの女性の23年にわたる恋と友情を描いた作品です。
ワン・デイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワン・デイ―23年のラブストーリー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、全体としてはエマ(アン・ハサウェイ)とディクスター(ジム・スタージェンス)とを巡る典型的なラブストーリーながら、特徴的なことが2点あるように思われます。  一つは、二人は、...
「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 (或る日の出来事)
プールでは思うように泳いで進んでいけても、人生はそうは行かない。
ワン・デイ 23年のラブストーリー  評価★★★58点 (パピとママ映画のblog)
お互いに惹かれ合いつつ友人でいることを選んだ男女の、23年に渡るある特定の日を切り取り二人の移り変わりを綴るラブストーリー。ヨーロッパを中心にベストセラーになっている同名小説を、原作者自ら脚本を担当し映画化。 監督は「17歳の肖像」が第82回アカデミー賞に3部...
「ワン・デイ 23年のラブストーリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「One Day」 2011 USA/UK エマに「プラダを着た悪魔/2006」「ジェイン・オースティン 秘められた恋「ゲットスマート/2008」「パッセンジャーズ/2008」「レイチェルの結婚/2008」のアン・ハサウェイ。 デクスターに「アクロス・ザ・ユニバース/2007」「ラスベガ...
No.328 ワン・デイ 23年のラブストーリー (気ままな映画生活)
アン・ハサウェイ、ジム・スタージェスの共演で、ロンドンとパリを舞台に23年間に及ぶ男女の愛の軌跡を描いたラブストーリー。監督は「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ。しっかり ...
映画『ワン・デイ、 23年のラブストーリー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-56.ワン・デイ、23年のラブストーリー■原題:One Day■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:古田由紀子■観賞日:7月13日、TOHOシネマズ有楽座(有楽町) □監督:ロネ・シェルフィグ◆アン・ハサウェイ(エマ)◆ジム・スタージェス...
ワン・デイ 23年のラブストーリー (いやいやえん)
7月15日という一日だけに焦点をあてた演出は奇抜で新鮮さがあった。しかしその間の余白はある程度鑑賞者に任されるもので、二人にはその間それぞれ恋人やパートナーが出来たりしているのだけれど、満たされない何
ワン・デイ 23年のラブストーリー (こんな映画見ました〜)
『ワン・デイ 23年のラブストーリー』---ONE DAY---2011年(アメリカ)監督:ロネ・シェルフィグ 出演:アン・ハサウェイ 、ジム・スタージェス 大学の卒業式で意気投合して親友となった男女の23年に渡る切ない紆余曲折の道行きを、毎年7月15日の一日を切り取...
「ワン・デイ 23年のラブストーリー」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
う〜〜ん、期待したほど、面白くは無かったかも・・・。でも最後の方は、意外な展開でした。