我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

渇き。

2014-06-29 10:33:41 | 劇場&試写★6以上

 

 

「下妻物語」、「嫌われ松子の一生、「パコと魔法の絵本」、「告白

様々な原作を独特の世界観で映像化する中島哲也監督最新作

 

ってことで早速みてきました〜

 

 

原作は、第三回このミステリーがすごい 大賞受賞、深町秋生氏の「果てしない渇き」

 

 

ハイテンションでぐいぐい引っ張る

登場人物の相関図は最初から頭に入れてみると楽かも。


 元刑事のロクデナシ親父・藤島に離婚した元妻から連絡が入った。

成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子が失踪したという。

自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。

娘の交友関係をたどって行く先々で語られる「自分の知らない 加奈子像」に驚く藤島。

次第に明らかになってくる娘の正体に、やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる─

 

失踪した娘を探す元刑事藤島、に役所広司。

荒っぽくて口悪く、口癖はふざけんな!と ぶっ殺す。

真面目な印象強かったけど、ダメダメオヤジっぷり良かった。

 

元妻、桐子に黒沢あすか。

その娘役にモデル出身で本作が本格スクリーン・デビューとなる小松菜奈。

 新人ながら、名優たちにひけをとらない存在感と透明感を放つ。

天使と悪魔が密やかに静かに潜む。

 

チュッパチャップスなめてたりガムくちゃくちゃしてたり

軽薄でチャラいやたらにやけっぱなしの刑事 腹立つ 笑。

ロトぶき!  妻夫木聡。

 

 

同級生、森下。には橋本愛。

 

他に、二階堂ふみ。

医者役、國村隼。

 

「嫌われ松子〜」で監督とは色々あったといいつつ、今回も登場の

中谷美紀。中学時代の女性教師。

 

最初にチラッチラっと出てたのでこんなカメオでは終わるはずない、

どっかで暴れるでしょうこの人と持ってたけど後半やらかす男

 

そして途中の語りべ、いじめられっこの「ボク」に清水尋也。

 

 

底のない絶望  深い穴に落ちてゆくー。

 

映画「渇き。」予告編 役所広司、小松菜奈が出演

 

賛否両論必至

 

原作のあらすじ
元刑事・藤島秋弘のもとに、失踪した娘の加奈子を捜してほしいと、別れた妻から連絡があった。家族とよりを戻したいと願う藤島 は一人、捜査に乗り出す。一方、三年前。中学生である瀬岡尚人は手酷いイジメにあっていた。自殺さえも考えていたところを藤島加奈子に救われる。彼は彼女 に恋をし、以前、彼女がつきあっていた緒方のようになりたいと願うようになるが…。二つの物語が交錯し、探るほどに深くなる加奈子の謎、次第に浮き彫りになる藤島の心の闇。用意された驚愕の結末とは―?

 

 

 

ネタバレあり

 

 6/10(68点)

 

これはかなり意見分かれる作品だな。

のっけからハイテンション、ハイスピードですごいカット数と

切り替えの早さでテンポがすごい。

役所さん演じるろくでもない元刑事であり父親、藤島のキャラの濃さ。

娘がどんな人間なのか、母親は父親と離婚後 他の男に夢中で

父親藤島は仕事に夢中(だった)で娘はひとりほったらかし。

知らぬ間に、とんでもない仲間たちとつるみ、とんでもない女になっていた。

 

失踪した娘、加奈子。次々起る殺人事件。加奈子のまわりに聞き込み調査に乗り出し

娘の居所を探すのに放浪するロクデナシ父親。

 

妻夫木聡演じる刑事、あんなのいるか!ってくらい チャラい刑事は

この父親が何か絡んでいると睨んで常に追いかけてくる。

 

オープニングからずっとひき付けられて、中島ワールドに染まった映像を楽しんだ。

最初は8のつもりでいたんだけど、、、、

 

ラストの20分ダメだった〜

 

ミステリーとして、誰が最終的に加奈子をどこにやった、何をした

ってところで見入ってしまうのだけど

まず一人目の、一連の殺人事件の犯人として出て来た男。

最初に出て来たときから ぜったい何かで重要なことで現れるって思ってたらその犯人

狂ったように拳銃ぶっ放す、オダギリジョー。

愛してた(はずの)家庭を瞬時に破壊して妻まで殺しちゃう残忍さ。

それまでこの人物のキャラは描かれてないだけにこれは突飛すぎてついてけない。

この人が犯人でした、やらされてましたー。と言われても。

 

あと、最終的な犯人は?ってところで

結局女教師だったところでちょっとがっかり。

教師の娘が加奈子にそそのかされて、、、、という動機はあったものの

なんだかなぁ。な展開。

加奈子の死体を見つけるために、本人にスコップで掘らせて

逃げようとしたのを「ダメだちゃんと探せ」とか言いながら

夜になったら車の中に戻って松田聖子の「スイートメモリー」かかってたり。(これ、合わない)

 

選曲もいつも意外なところで(シーンで)意外な曲もってきたり

ポップだったりかっこ良かったりで楽しい、中島監督作品。

本作も途中で撃ち殺すシーンの中でアニメのカット一瞬挟み込んだり、

水中と水からあがったシーンなどをアニメーションにしたり、ディスコシーンで

プリクラ写真のカットのような手書き文字加えたりと

手の混んだ独特な映像で楽しませていた。

 

この原作は未読だけどおそらく中島監督だからこそ映像化出来たってくらいの

出来ではあると思うんだけど、とにかく最終的な展開はいまいちだった〜

途中まで引き込まれて面白かったからラスト残念。

 

 

 妻・ 桐子の不倫相手に対して傷害沙汰を起こし警察を追われ、妻とも別れて自暴自棄になった男、藤島昭和。ある日、桐子から娘の加奈子が失踪したとの連絡が入る。成績優秀で容姿端麗な学園のカリスマだった高校3年生の加奈子。そんな彼女が、何日も帰っていないというのだ。自ら捜索に乗り出した藤島は、娘の交友 関係を辿っていくうちに、優等生だとばかり思っていた加奈子の意外な一面が次々と暴かれていき、自分が娘のことを何一つ知らなかったことに愕然とする。おまけに行く先々で常軌を逸した狂った奴らに遭遇し、自身の暴走にも歯止めが掛からなくなっていく藤島だったが…

 

 公式サイト

渇き。       2014年   日本    118min

6月27日より、公開中〜

 

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (10)   Trackbacks (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オール・ユー・ニード・イズ・キ... | TOP | 1/11 「じゅういちぶんのいち」D... »

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-06-29 23:36:04
登場人物の中で一番マトモな教師が犯人というオチはいいのですが、その見せ方に不満があったのは確かですね。
個人的には中島哲也監督作品としてはラストのインパクトが弱い作品に思えましたよ。
こんばんは♪ (yukarin)
2014-06-29 23:53:43
思ってた以上にバイオレンスな作品でびっくり。
展開早いしついてくのが大変だったけど引き込まれて観てた....のにラストはちょっと残念かな。
とはいえ、加奈子役の子が新人とは思えない演技が良かったわ。
これは中島監督だから映像化できたのかもね〜。
Unknown (mig)
2014-06-29 23:58:43
にゃむばななさん☆

こんばんはー
一番まともな。まぁそういうことなんですかね?
しかしあの雪の中で掘ろうとしたり、とかオダギリジョーの件なども、私的にはいまひとつで
ラスト近くで失速しちゃった感じでした。それまでが面白かったので☆
yukarin☆ (mig)
2014-06-29 23:59:57
やっぱりyukarinもラストでだめだったー?
そう、中島哲也監督だからこその楽しい映像作品になってたよね。
レビュー内に、グロいって書こうと思ってたのにわすれてたー!
映像化〜 (cyaz)
2014-07-10 08:22:48
migさん、おはようございます^^

migさんが邦画をご覧になられるって珍しいですね^^
yukarinさんが仰るように、中島監督だから映像化できたのかも(笑)
三池監督ってのもありかな・・・なんて(汗)
そこまで見せなくてもってシーンも多々ありましたが、
にゃむばななさんが仰るように、
見せ方には問題が多かったかもしれません><
cyazさん☆ (mig)
2014-07-11 23:11:35
こんばんは〜
あはは、邦画けっこう観てるんだけど
圧倒的に洋画多いからかなぁけっこう
私っ、邦画みないと思われてるみたいで 笑
もともと原作は大変なものの映像化だったんでしょうね。
ラストの犯人とかがなぁ、、、、
オチは (りお)
2014-08-11 20:14:04
意外にふつーのところに落ち着いちゃったなあ、って感じ。
途中がごちゃごちゃしすぎているから、余計にそう思うのかな?

オダジョーの件は、わたしも、突然出てきて犯人ですとか言われても。。。と思いましたよ。
りおさん☆ (mig)
2014-08-12 23:46:08
こんばんは〜☆
ねーぇ。これはラストとか犯人とかオダジョーが
なんかなぁだったよね。
途中まで面白かったんだけど、、、、
まぁワーストに入れるほどじゃないと思うけど賛否両論だよね〜
Unknown (Nakaji)
2014-09-01 21:29:10
こんにちは。

本当にラストがなければ面白かったのにって思います。
そうそう意外にグロくてびっくりしました。
Nakajiさん★ (mig)
2014-09-01 23:36:46
こんばんは♪
そうなんですよねー
ラストはとってつけたみたいで
なんかオダジョー含めいやでした〜。惜しい、、、

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

36 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「渇き。」事件の真相に辿り着いた先に知る無茶苦茶な環境で起きたいけない理由を知らぬ者のルールなき無差別殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「渇き。」(R15+指定)は第3回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作「果てしなき渇き」を映画化した作品で、ろくでなしの元刑事が行方不明になった娘を捜索するが、その先 ...
劇場鑑賞「渇き。」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、ぶっ殺す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406280000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】渇き。STORY BOOK [ 中島哲也 ]価格:1,404円(税込、送料込) 宝島社文庫 577【2500円以上送料無料】果て...
『渇き。』 2014年6月25日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『渇き。』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はどうでしょう...私は『告白』のが好きだなぁ。 【ストーリー】  品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島...
渇き。★★★★ (パピとママ映画のblog)
第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』などの中島哲也が実写化したサスペンスミステリー。謎の失踪(しっそう)を遂げた娘の行方を追う元刑事の父親が、いつしか思いも寄らなかった事態に引きずり込まれていく姿を...
渇き。 (だらだら無気力ブログ!)
『告白』ほどの面白さは皆無。
『渇き。』 (2014) (相木悟の映画評)
めまいをもよおすダーク・アクション決定版! 人間の悪意が脳髄を刺激し、掻き回すクレイジーな怪作であった。 本作は、作品を発表する毎に圧倒的ビジュアル演出で観る者を飲み込む中島哲也監督作。第3回「このミステリーはすごい!」大賞に輝いた深町秋生のデビュー....
渇き。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/06/27公開 日本 R15+ 118分監督:中島哲也出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 愛する娘は、バケモノでした。 品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が...
渇き。 (花ごよみ)
  出演は役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、 二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョー、中谷美紀等 監督は『告白』の中島哲也。 深町秋生「果てしなき渇き」 が原作。 劇薬エンターテイメント、 と銘打っています。 突然、姿を消した高校生の娘、 加奈子の行....
渇き。 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。元刑事の藤島に離婚した元妻から娘の加奈子が失踪したと連絡が入ります。自分せいで家族を崩壊させた藤島でしたが、思い描く家族を取り戻したいと娘を探し始めますが、娘の交友関係や足取りを辿るうちに、恐ろしい娘の正体が明らかになっていき・・・な...
渇き。/役所広司、小松菜奈 (カノンな日々)
第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生さんの小説を『告白』の中島哲也監督が映画化したサスペンス・ミステリー作品です。予告編の印象からしてかなりぶっ飛んで ...
渇き。(2014) 118分 (極私的映画論+α)
そりゃあれだけ汗と血を出してたら「渇く」だろうなぁ(笑)
『渇き。』 (時間の無駄と言わないで)
俳優陣はみんな良かった。 でもそれだけだった。 つまらなかった。 ストーリーがどうこうって映画じゃないから、合う合わないが全てかと。 合えば凄く面白いんだろうけど、合わ ...
[映画『渇き。』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・話が、役所広司扮する、家族も職も全うな精神状態も失った男が、別れた妻から乞われて、娘の失踪を探って知った娘の実態・・・、  と知っていたのと、  この娘の視線が、なんとも「淫靡」なことで、絶対に見ねえ・ストレスお仕着せ作品だから・・・などと思っ...
渇き。 (Akira's VOICE)
鬼畜祭りだわっしょい!!  
渇き。 (そーれりぽーと)
中島哲也監督最新作!『渇き。』を観てきました。 ★★★★★ みんな痛々しい、と言うか全員イタいキャラ設定なところにグイグイ惹かれっぱなしでクライマックスへ。 『告白』までの作品に描かれていた心に抱える「闇の世界」により深く踏み込み、闇の世界全部盛り、中島...
「渇き。」:劇薬のダメージを覚悟せよ (大江戸時夫の東京温度)
映画『渇き。』は、『下妻物語』以来2年ごとに作品を発表して来た中島哲也監督が『告
渇き。 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「告白」の中島哲也監督の新作であり、予告編をみて非常に期待していたのですが、想像しているのと違って肩透かしをえた感じ。激しいバイオレンスは僕自身は良かったのですが、痛さに耐性がないと厳しいでしょう。中島監督自身が薬物を決めてすっ飛ばしている印象も受け...
渇き。  監督/中島 哲也 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  小松 菜奈  清水 尋也  妻夫木 聡 【ストーリー】 妻の不倫相手に暴行を加えて仕事も家庭も失った元刑事の藤島昭和は、別れた元妻の桐子から娘の加奈子が失踪したと知らされ、その行方を追う。容姿端麗な優等生で、学校ではマドンナ的存在のは....
映像のエグさより”あるある”感のほうが怖い。〜「渇き。」〜 (ペパーミントの魔術師)
・役所広司さんより佐々木蔵之介さんが好きで ・死んだ!と思った主要人物が実は生きてた!っていうのが好きで(ウケた(^_^;)) ・血を見るのが嫌で暴力ではなく話し合いで解決したくて ・ハッピーエンドが大好きで ・中島哲也監督の作品で好きなのは 『下妻物語』か『パ...
映画『渇き。』 (健康への長い道)
 珍しく、というか久しぶりに2日連続の映画鑑賞。予告編を観たときから役所広司さんの力の入った演技に心惹かれていました。  当作品は、公開初日からの8日間<6/27(金)〜7/4(金)>は学生1,000円ということで、客層は若めです。 Story 元刑事の藤島昭和(役所...
「渇き。」 (ここなつ映画レビュー)
他の人はどうか知らないけど、どうという事はない作品だった、私にとっては。役所広司の独壇場。帰りの電車の中でお綺麗な役所広司の「一番搾りプレミアム」の窓上広告を見た瞬間、激しく違和感を感じる位に。むろん、藤島加奈子役の小松菜菜奈も可愛かったし上手かった。...
『渇き。』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「渇き。」□監督 中島哲也□脚本 中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子□原作 深町秋生キャスト 役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...
「渇き。」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読。怖いもの見たさで鑑賞。中島哲也監督だし、分かっちゃいたけどやっぱりキツかった〜というのが一番の感想。でもどこかクエンティン・タランティーノ監督作品を意識したようなアニメチックな演出は、作品
渇き。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『渇き。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作(注1)は、役所広司の主演作であり、久しぶりの中島哲也監督の作品(注2)ということもあって、映画館に行ってきました。  本作の最初の方では、2012年12月24日という時点が示され、雪が降ったりするクリスマ....
映画「渇き。」 (FREE TIME)
話題の映画「渇き。」を鑑賞しました。
『渇き。』 (こねたみっくす)
鈍る痛覚、上がるテンション、そして満たされぬ渇き。これがシャブを打った感覚なのか…。 やはり中島哲也監督が世に送り出す映画は大人が楽しめる大人の映画です。『告白』と同 ...
どこまでも落ち続ける。〜『渇き。』 (真紅のthinkingdays)
 ヤメ刑事の中年男・藤島(役所広司)は、別れた妻から高校生の娘・加奈子 (小松菜奈)が失踪したとの連絡を受ける。加奈子の交友関係を洗い始めた 藤島は、自分が知らなかった娘の素性を知ると同時に、元職場である警察と、 非合法組織が絡んだ裏社会の抗争に巻き...
渇き。 (まてぃの徒然映画+雑記)
娘の加奈子(松島菜奈)が行方不明―離婚した妻から連絡を受けた元刑事の藤島(役所広司)が捜し始めると、親には全く見せていなかった加奈子の裏の顔が次々と明らかになっていく。執拗に追い続ける藤島は、加奈子を捜し出すことができるのか。。。 あんまり気持ちのい...
渇き(2014) (銅版画制作の日々)
 愛する娘は、バケモノでした。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。この監督作品、「嫌われ松子の一生」、「告白」が好きでかなり期待していました。もちろんえぐくて凄い作品だとは思ったんですけど、何だか今一つ意味が分からなくて・・・・。釈然としない感じで観終えました...
渇き。 (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞渇き。 2014年/日本/118分 監督: 中島哲也 出演: 役所広司/小松菜奈/妻夫木聡/清水尋也/二階堂ふみ 公式サイト 公開: 2014年06月27日 2013年08月、コンビニで、店員ほか3名が惨殺されるという事件が起きる。第...
「渇き。」 ブラックホールのような少女 (はらやんの映画徒然草)
ブラックホールは空間を歪め、それに引き寄せられたものが事象の地平面を越えれば光で
「渇き。」 (Con Gas, Sin Hielo)
父と娘の最悪のシナリオ。 「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」「告白」と、年間単位で連に絡む傑作・快作を世に発信し続けている中島哲也監督の最新作がいよいよ公開された。 当然大きな期待を持って観に行ったのだが、どうだろう。宣伝に出ている「劇薬」という...
渇き。 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
渇き。 '14:日本 ◆監督:中島哲也「告白」「パコと魔法の絵本」「嫌われ松子の一生」 ◆主演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 ◆STORY◆元刑事の藤島昭和(役所広司)の...
映画『渇き。』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-60.渇き。■配給:ギャガ■製作年、国:2014年、日本■上映時間:118分■料金:1,100円■鑑賞日:7月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本:中島哲也□脚本:門間宣裕、唯野未歩子◆役所広司◆妻夫木聡◆小松菜奈◆橋本愛◆二階堂ふみ◆清水尋也...
渇き。 (銀幕大帝α)
2014年 日本 118分 サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2014/06/27) 監督: 中島哲也 『告白』 アニメーション制作: STUDIO4℃ 原作: 深町秋生『果てしなき渇き』 脚本: 中島哲也 出演: 役所広司:藤島昭和 小松菜奈:加奈子 妻夫木聡:浅井 清...
「渇き。」 (或る日の出来事)
暴力まみれのスプラッタバイオレンスをポップで包んで、勢いで突っ走ったみたいな。