我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

白バラの祈り ゾフィーショル、最期の日々/SOPHIE SCHOLL-DIE LETZEN TAGE

2005-12-19 00:50:12 | 劇場&試写★6以上

夏に公開された「ヒトラー~最期の12日間」では、
ヒトラーの残虐さ,惨さを映画として観る(知る)ことが出来た作品だった。
この映画の中でタイピストをしていた秘書の女性が
「自分と同い歳のゾフィーの存在を知って、初めて罪に目覚めた」と衝撃的な発言をしていたんだけど、こちらの「白バラの祈り」では
当時、ヒトラー打倒を市民に呼びかけた実在のグループ「白バラ」に所属したミュンヘン大学の女学生、そのゾフィーを軸として描いた実話で
逮捕されてからたった5日で処刑された彼女の勇気を描いた作品。

第55回ベルリン国際映画祭のワールドプレミアでも大絶賛、3部門の賞を受賞。その他、ドイツ映画賞も独占。
第78回アカデミー賞の外国映画賞ドイツ代表にも選ばれた 

過去に同様のテーマで作られた作品と比較すると、
82年の「白バラは死なず」は抵抗グループの全体を描いた作品。
もう1本パーシーアドロン監督作品(観てないけど)82年の「Funf letzte Tage」では
同様の時代で、ゲシュタポ刑務所のゾフィーの同房者、エルゼゲーベル視点で捉えた映画。

今回、ずっと未公開になっていたという
ゲシュタポ尋問の原文記録が1990年になってやっと公開された事によって、
監督のマルクローテムントはこの映画製作に踏みきったよう。

謎だった過去が明らかになって、事細かに再現されたといっていい。

1943年のミュンヘン。ヒトラー独裁政権も末期的な局面を迎えた頃。
映画は、戦争終結とヒトラー批判を叫ぶ"白バラ"なるグループに属する二人の兄弟が、
定期的に配っているビラを学校構内に置きに行くところからスタートする。


悲劇はここから。



とにかく、尋問が長い!




忠実に、じっくり作ったという意気込みは伝わるけど
映画の半分以上1時間は続く。。。。。。
(実際には、最初の尋問で5時間も!)

真剣に引き込まれて観てても正直、集中力が一時でもゆるむともうダメ、
ウトウトしそうになっちゃう。

それでも、
頑なに無実を主張していたゾフィーも決定的な兄の自供、尋問記録によって打ち砕かれていって
ついには認めざるをえなくなる。。。
勇気ある、哀しい決断。最期のたばこ、最期の抱擁、
ラストの30分ではグイグイ引き込んでいく。

弱冠21歳のごく普通の女学生の熱意と勇気は必見

普通、ここまで(決心)出来ないよ~。

最期に言い残した
「太陽は輝き続けるわ」の言葉はかなり印象的、、、、。

それにしても、あんな処刑方法だとは!!
、、、、、ラストは衝撃的

一番、やられたくない殺され方だった、、、、、


7(10段階
ひたすら、暗い。
でも全部、真実。
「ヒトラー~最期の12日間」でヒトラーの残忍さに衝撃を受けた人は必見★

"実在の女バウンティー”の実話(「ドミノ」)なんかどうでもいいから
こういう事実の映画を観客に伝えていくべき
よっぽどこういう映画は観ておいた方がいいです!
※娯楽映画ではありません。(念のため)

追記★アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました!

お正月第2弾(2月)1月28日 ロードショー 
公式サイト

ちなみに、2006年にハリウッドでもこの白バラを描いた、
「The White Rose」(公式サイトはまだ)が映画化決定!
出演はクリスティーナリッチ/リーアムニーソン/ティムロビンス。





第78回 アカデミー賞 外国語映画賞 ドイツ代表

第55回 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(最優秀監督賞)受賞
              銀熊賞(最優秀女優賞)受賞
              全キリスト協会コンペ部門最優秀賞受賞

第55回 ドイツ映画賞 最優秀作品賞受賞
           最優秀主演女優賞受賞
           最優秀観客賞受賞

第18回 ヨーロッパ映画賞 女優賞受賞
             観客賞部門
             監督賞、女優賞(←オドレイトトゥやジュリエットビノシュを押さえて見事受賞!)

【staff】
監督:マルク・ローテムント 「Love Scene from Planet Earth」
【cast】ユリア・イェンチ  「ベルリン、僕らの革命」「ヒトラー~最期の12日間」
アレクサンダー・ヘルト  「シンドラーのリスト」「ヒトラー~最期の12日間」
ファビアン・ヒンリヒス  「ガンシャイ」
2005年/ドイツ製作/121min




人気blogランキング←please click
              
(1日1回有効)クリックよろしくね★
皆様の応援のおかげで現在7位あたりにランクイン~
読んでくれてそして、いつも応援ありがとう




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (28)   Trackbacks (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊★パリスヒルトン観察日記 | TOP | ハリウッドゴシップ★News »

28 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ユリア・イェンチ (えい)
2005-12-19 11:56:09
こんんちは。



あのラストは衝撃!

あんな処刑法がまだこの頃まで残っていたとは!?

このゾフィーを演じたユリア・イェンチは圧巻でしたね。

使い古された言葉ですが、

まさに乗り移ったという感じでした。
えいさんーーー★ (mig)
2005-12-19 23:34:23
こんにちは~★

ゾフィー役にはまさに彼女、ピッタリでした

ええ、完全に乗り移ってましたねぇ、、、



○○○○だと思っていましたが、

まさか○ロ○ンだとは!!!



本当にひどい話です
こういう映画好き! (きゃんでぃー)
2005-12-20 01:26:23
こういう『事実に基づいた映画』って好きなんです!

アメリカにもあるかなぁ? 一杯賞をとってるからきっとあるね、、探してみるわ!! ホテルルワンダとか、ヒトラーの話とか、、こういう哀しい事実をちゃんと伝えよう!っていう姿勢の映画って すごく共感しちゃう!!



ところで、、キングコングの記事は すっごい数のコメントとトラックバックですね

私も こっそりトラックバックを送ってみましたでへへ。。

なんかねぇ~、最近、、どうも気ぜわしくって、わさわさしちゃってるのよね。、、で いま 月曜日の朝なんですが、旦さんが普通に会社に出勤してくれて ほっと一息ついてます。。。。 ずっとコメントを残せなくってゴメンナサイでした

今年も あと10日ほどで終わっちゃいますね、、。 migさんも忙しいと思いますが お身体には気をつけてお過ごし下さいませ!!



この日曜日に 私もキングコングを見に行ってきたんですけどね、途中で音響が不具合を起こしちゃって、、なんとも耳障りな音がしてたんですの。。 少ししたら直ったんですけどね、。 映画が終わった後 出口のとこで係の人が「これ、お詫びの品です」って言って 渡されたのが 次回の映画のタダ券!! スゴイですよね!! ビックリしました でもラッキー!!!

このタダ券を使って 次の週末に「プロデューサー」を見に行ってきます! それともしかしたら、、はしごで「GEISHA」も!!! うふふ。。楽しみですぅ~~
きゃんでぃさんーーー★ (mig)
2005-12-20 10:05:33
えっとね、多分アメリカでも最近公開か、これから公開だと思うのでDVデャまだかも。。。

でも是非、観てね。



「ホテルルワンダ」はやっと日本でも来月14日から公開よー初日に観たい勢いダワ



キングコングはやっぱり皆さん観てるようで、、、

あらら音響が??それはヒドい

チケットもらうに値するわ! (笑



あーーープロデューサー公開よねぇーーーーーーー

ほんっとこればっかりは早く観たいーーーーー

絶対ぜったい面白いはず



ゲイシャも是非
TBありがとうございました (sumiko)
2006-01-27 21:01:57
愛知では3月にしか上映されていないのでまだ見ていないんですよ。

見逃さないようにしたいです。

こちらからもTBさせてくださいね。
sumikoさん☆ (mig)
2006-01-28 01:39:16
コメントありがとうございます。



絶対にご覧になって下さい。

事実として、必見の作品です。

衝撃的な事実です。。。。

またご覧になってから是非ご意見聞きたいですー
日曜日に観にいくぞ! (nikkou)
2006-01-29 00:17:38
トラックバック、ありがとうございます。

わたしは、この日曜日に観にいく予定。



うーん、しかし、これは、心してかからねばならない映画のようですねー。

「ひたすら暗い」そして「真実」。

…でも、きっと得るもののある映画なんだろうな、と、記事を拝見して、期待を抱きました。
nikkouさん☆ (mig)
2006-01-30 00:06:01
コメント有り難うございます☆

ご覧になられましたか??

是非感想お待ちしています~♪
撃沈・・・ (charlotte)
2006-02-03 18:17:52
こんにちは。見てきました。なんともまた暗い映画でしたわ…結構全部まともに受け取ってしまって、自分の精神もおかしくなりそうで辛いですよ。

あの尋問と裁判のシーン。尋問中は集中力が途切れそうに…ちょっとうとうとしました。

裁判のシーンではなんか圧倒されてしまって、怒り心頭、というより哀しくて。

さらに衝撃のラストで撃沈ですよ

笑える映画見なくちゃやりきれません~
charlotteさん☆ (mig)
2006-02-04 01:21:44
そう、暗~い映画、、、とことんね。



そうなの~、ワタシも尋問中あまりに長いんでまぶたがくっつきそうに、、、



でも事実なんですもんねー、何だか怖いし、凄い勇気だなって。



そういえば、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたのよね、、、。

ラストの衝撃はビヨークの「ダンサーインザダーク」に似てるけど、

こっちのはその方法があまりに強烈で、、、

確かに後味、悪いです、、、、。



2回コメント入るのはよくあることだし、毎回謝ってくれなくて大丈夫よこちらで勝手に削除します

さっき、2度目のコメントも間違えて削除しちゃったごめんなさい

笑える映画ねー、、、いっぱいあるなぁ、、、でもシャーロットさんがどれを観ててどれを観てないのかわからない、、、

笑える映画も、お勧め映画カテゴリに近々追加するわ
Unknown (へー太)
2006-02-04 08:37:03
やっと観てきました。



migさんの言うとおり尋問が長い!!



ちょっと寝てしまいました。



でも、すごい映画でした。



ホント、



>弱冠21歳のごく普通の女学生の熱意と勇気は必見



ですね。
へー太さん☆ (mig)
2006-02-04 10:40:56
待ってましたー。へー太さんレビュー。

そう、へー太さん、まだ行かないのかナ??ってちょっと思ってた



いや、ほんとに長いの、尋問が。



何度もうとうとしそうに、、、



この勇気、は本当に相当なものですね、とてもマネできない
こんばんは (ノラネコ)
2006-02-16 00:52:09
すごい映画でしたね~。

私は小市民なもので、ゾフィーの信念に感動しつつも、論破され精神的に敗北してゆくモーアにも感情移入してしまいました。

ちなみにあの処刑方はフランスでは80年代まで使われてましたよ。

あれはイヤですね。

銃殺してくれたほうがまだマシかも。
ノラネコ (mig)
2006-02-16 14:39:30
いつもコメントありがとう~♪



前半の、完璧で頑固な姿勢は凄かったですね。

80年代まで使われていた。。。。



絶対イヤです~
こんにちわ (ななな)
2006-02-17 12:32:36
同じく尋問シーンではちょっとうとうとでした~。

でも寝なくてよかった!

21歳であの信念ってホントすごいですよね!

私は普段信念ってモノを大切にしたことがないのでゾフィーの姿にはホント感心でした。



ただ見終わるととても気分が重くて・・・

最近こんなんばっかなので思いっきり楽しめる映画公開しないでしょうかね。

なななさん☆ (mig)
2006-02-18 02:33:14
重い、気分悪い、ですよねー



明るい映画。。。。

そういえば、最近重い映画が多いなぁー

社会派とか、感動系とか。。。



うーん、今公開のだと何があるかな?

明日公開の「ウォークザライン」も

決して楽しい映画じゃなかったし。

パーっと明るいコメディやって欲しい~☆

昔の(DVD)だったら

「ラットレース」とか

何にも考えず、良く出来て楽しめる映画
こんにちは♪ (ミチ)
2006-02-27 15:49:57
東京にてやっと見ることができました。

なんだかもう圧倒された2時間でした。

ゾフィーは決して「闘士」というかんじではなくてフツーの女の子でしたよね。

彼女のどこにあんな強い信念があったのかビックリです。

ユリアの演技は本当に素晴らしかった!

写真を見ると、実物のショル兄妹もなかなかステキですよね。
ミチさん☆ (mig)
2006-02-28 02:08:14
あ、東京に来てたのですね☆



この凄いところはやっぱり

普通の女の子、だったというところですよね。

ほんとに、とてもじゃないけどあの信念は真似できないワ
Unknown (orange)
2006-03-12 13:55:22
こんにちは☆

重くて淡々とした映画でしたね・・・

ゾフィーの生き様は、すごかったです。

信念を貫き通す事って、本当に難しい時代にこういう女性がいたという事に感銘を受けましたね。

尋問のシーンが見ごたえありました~☆

確かに・・・あんな処刑方法はイヤですね・・・

また遊びにきます~!
orangeさん☆ (mig)
2006-03-13 00:05:21
こんにちはー。

淡々としてました、、、

寝そうになっちゃいましたよ、、、

でも次第に引き込まれる、、、、。



実話ですから凄いですよね!

またいつでもお待ちしてますー
こんにちは (カオリ)
2006-03-21 20:21:56
TB返していただきありがとうございました!

ゾフィー見てると、人間って年齢や性別では計れないものだなあと思いました。



人々が目を閉じ、口をつぐんでいた時代、それは確かに過去の日本にもあったわけで・・・その辺も考えさせられます。



私も同じく最後のシーンはショックでした。勝手に「銃殺」による処刑だと思ってたので、これはちょっと・・・(鬱)
カオリさん☆ (mig)
2006-03-21 23:49:19
こんにちは。

本当にそうですね、、、、

途中尋問があまりに長いので中だるみしてしまったのですけど、

実際はもっともっと長かったんですよね。。。

凄い決意です。
Unknown (りお)
2006-03-23 03:33:38
こんばんは~

TBさせてくださいませ~



尋問、眠くなりましたかー。確かに長かったですもんね。

何故かわたしは眠くならずに、手に汗かいて観てました。

入り込みすぎたのかも
りおさん☆ (mig)
2006-03-23 14:49:28
こんにちは



いや、眠っちゃいけないんですけどねー。。。

淡々としてたのでつい(笑



ラストの衝撃、彼女の決意には本当感服でした。
確かな文章力と構成に圧倒 (冨田弘嗣)
2006-03-31 03:42:19
トラックバックありがとうございました。ときどき、ホームページを読ませてもらっていますが、観る映画の知識とその時代背景、まわりの知識が見事に文章化されているのに驚いています。私のような短文で思いつきで書くのとは大違いで感服。その上、ほどよく評論を散りばめてあり、映画への愛着が感じられるホームページです。これからもときどき覘かせてもらいます。宜しくお願いします。
冨田弘嗣さん☆ (mig)
2006-03-31 09:37:55
こんにちは♪

そんなそんな、またもそんなにお誉め頂くと

テレちゃいます

他のも読んでいただきありがとうございます。

昔から感想など書くこと、人に勧めることが大好きだったので



でも映画によっては適当な時もあります(笑



ワタシもなかなか時間が取れず、結構思いつきな文章なのではずかしいですよ、、、

オススメしていくのが目的だったので、

共鳴したファン同士、語りあえるこのブログのシステムって、

本当楽しいなと思います。

こちらこそ今後も宜しくお願いします。。。
こんにちは! (由香)
2007-04-16 18:27:51
migさん、こんにちは!
先日WOWOWで鑑賞しました。
『ヒトラー最後の12日間』を観た時にも感じたのですが、映画として好きか嫌いかではなく、こういう風に事実を真摯に伝えようとする映画を作るドイツって素晴らしいと思います。
ゾフィーの処刑には目が点になりました。
観ていて辛い映画でしたが、鑑賞して良かったと思います。
由香さん☆ (mig)
2007-04-16 23:35:43
こんばんは

そうですよね、ドイツ映画ってなんだか最近思うけど
良い映画多いですね~。
最近観た、『善き人のためのソナタ』もそうだし、、、。
ラストの処刑はドッキリでしたねー
『ダンサーインザダーク』思い出しちゃいましたよ、、、、

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

49 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 (ラムの大通り)
----これも実話なんだって? 「そうだね。ヒトラー政権末期の1943年。 『打倒ヒトラー!』の文字を町中に書き、 郵便やビラで国民に自由を呼びかけた “白バラ”と呼ばれた若者たちのグループ。 その紅一点、ミュンヘン大学の女学生 ゾフィー・ショルの最期の日々を描いたド
映画 『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 マルク・ローテムント (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
「ドイツ映画祭2005」で本作と『ヒトラー最期の12日間』が上映されたとき、舞台挨拶で『ヒトラー』のヒルシュビーゲル監督が、「この2作は対照的な内容です。そして、その両方を見て歴史のヴィジョンを描いてみることをオススメします」と語っていました。そう、こ
観たい映画 (ここで、そこで、いろんなところで)
最近、単館モノを良く観にいく。 映画自体、そんなに数を観ているわけではないけれど、触手が動くのは、単館モノと呼ばれる映画たちだ。 私の住んでいる地域には、複数のスクリーンを持つ大型映画館が一つあるのみ。 なので、単館モノはほとんど来ない。 そして、
白バラの祈り (眠られぬ夜のために)
1月23日『眠られぬ夜のために』第二部 「2千年前のパレスティナの文化よりもずっ
『白バラの祈り ゾフィー・ショル 最後の日々』 (flicks review blog II)
 1943年ミュンヘン大学において反政府の内容が書かれたビラをまいたとして秘密警察に連行されたハンスとゾフィーのショル兄妹の逮捕から処刑にいたるまでの5日間を、かつてソ連軍が
ゾフィーの勇気はどこから (眠られぬ夜のために)
『眠られぬ夜のために』第二部 「1月31日 あなたは、この人生において、よき人間
映画: 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日 (Pocket Warmer)
邦題:白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日 原題:Sophie Scholl
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々 (週末に!この映画!)
期待値:85%  反ナチ抵抗運動「白バラ」の物語。 一人の女学生が自分の信念を貫きます。 予告編:ホ
白バラの祈り (カケスのつぶやき)
東京ドイツ文化センターで映画「白バラの祈り」上映会とシンポジウムが開催されたので行ってきました。 「白バラ」は、ナチ政権下で若者を中心に抵抗運動を展開したグループで、1943年にメンバーが相次いで逮捕され、裁判とは名ばかりの場で死刑宣告を下されます。死刑とな
白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々 (シャーロットの涙)
ゾフィー・ショル、21歳。ヒトラー打倒を市民に呼びかけた実在のグループ「白バラ」の紅一点。・・・素顔は青春を謳歌するミュンヘン大学に通う一女学生。 1943年。ヒトラー独裁政権末期。非道な戦争を終わらせたいと誰もが言いたくても言えなかった時に、国民に「自由」を
目を見開け!良心に従え! 「白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_cool/} 白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々 反ナチスのグループ「白バラ」に所属したミュンヘン大学の女学生、そのゾフィー・ショルの最期の5日間を描いた作品。 これは中々すごい映画でした。 是非、「ヒトラー 最期の12日間」とあわせ
『白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々』★★・・・63点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』公式サイト 制作年度/国;\'05/独 ジャンル;ヒューマン               配給;キネティック  上映時間;121分   監督;マルク・ローテムント 出演;ユリア・イェンチ/アレクサンダー・ヘルト/ファビアン・..
映画「白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
映画「白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々」開映18:25@シャンテ・シネ 「白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最期の日々」  SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE 2005年 ドイツ  配給:キネティック 監督:マルク・ローテムント 製作:フレッド・ブライ
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』 (異国映画館)
2005年 ドイツ 公開日:2006/01/18 劇場鑑賞06/02/03           白バラの祈り      ゾフィー・ショル、最期の日々
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (toe@cinematiclife)
アカデミー賞 外国語映画賞 ノミネート作品 第55回 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(最優秀監督賞・最優秀女優賞)     全キリスト教コンペ部門最優秀賞 受賞作品 このブログをリニューアル・オープンしてから約半年強。 初めてのドイツ映画かな? ってことは、ドイツ映
白ばらの祈り (八ちゃんの日常空間)
悲しい映画のはずなのに、ラスト近くで目頭が熱くなったものの、頬に涙が流れることはなかった。 なぜなのだろう。 きっと八ちゃんのツボにはまらなかっただけなのかも知れない。
[ 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々 ]どっち側の人間なのか (アロハ坊主の日がな一日)
[ 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々 ]@ 日比谷シャンテ・シネで鑑賞。 ヒトラー独裁政権のドイツに、「打倒ヒトラー」を掲げた組 織があったのは思いもしなかった。 そのグループの名は“白バラ”。 本作は、“白バラ”の紅一点ゾフィー・ショル、21
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (Saturday In The Park)
ドイツ 監督:マルク・ローテムント 出演:ユリア・イェンチ     アレクサンダー・ヘルト     ファビアン・ヒンリヒス     ヨハンナ・ガストドロフ 1943年のドイツ・ミュンヘン。反ヒトラーを唱えビラ配りなどのレジスタン ス活動を繰り返す「白バラ
「白バラの祈り」見てきました。 (よしなしごと)
 最近メジャーな作品もそうですが、単館系とは行かないまでもあまりメジャーでない映画も見るようになってきました。例えば、沈黙の追撃や、グレートビギンなどです。今回は、ノンフィクション映画白バラの祈りです。
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
真の英雄は戦場や革命の先頭にいるとは限らない。 英雄という存在が、自己の良心と信念に基づいた行動を貫き通した人間だとすれば、ゾフィー・ショルは正しくその称号に相応しい。
白バラの祈り/ゾフィー・ショル、最期の日々 (映画を観たよ)
これまた実話。 最近こういう重いのが多い気がしますね。 反ナチ組織「白バラ」の女の子メンバーのゾフィーの死刑になるまでを描いているわけですが・・・ 前半は大学でビラまいて捕まっちゃいます。この辺はちょっとドキドキで見れたんだけどその後の尋問がかなりきつかっ
★白バラの祈り-ゾフィー・ショル最後の日々-@シャンテシネ:サービスデー午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
私にとっては『ヒトラー~最後の12日間~』に続く2本目のドイツ映画。 監督は違うが、『ヒトラー』との連作として併せて見た方が色々な意味で興味深いと思う。 シアターは『ヒトラー』と同じシャンテシネ。 公開から1ヶ月経つが、平日昼間(2/22Wed)なのにほぼ満席だった.
白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々 Sophie Scholl: Die letzten Tage (箱庭綴り)
 気高き魂の真実
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (腐ってもあやぽ)
(\\\'A`)<かなりの長文になります <img src=\\\"{_img_}sirobara1.jpg\\\"> 2週間前のレディースデーの昼間、日比谷シャンテシネでの観賞。中年の夫婦が目立ちました。館内は満員でしたが私たちだけ定職に就かない若者、或いは春休み中の
白バラの祈り  ゾフィー・ショル、最期の日々 (ひとりごと)
ゾフィーの勇気、気高さ、正義感に、ただただ、圧倒されるばかり・・・。 ついこないだDVDで観た「ヒトラー最期の12日間」よりも、こっちのほうが私にとってはよっぽど衝撃的でした。だって、主人公は狂人と化した哀れな独裁者などではなく、たった21歳の、希望に満
映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「白バラの祈り  ゾフィー・ショル、最期の日々」★★★★★ 数多くのナチス関係の映画を見、本を読んできたけれど、また素晴らしい映画に出会った。 ヒトラー政権を批判した実在のグループ“白バラ”のメンバー、ゾフィー・ショルが逮捕され、5日間の短い尋問
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (とにかく、映画好きなもので。)
     ヒトラー政権に立ち向かったある少女の話。  1943年のミュンヘン。第二次世界大戦の末期のドイツでは、スターリングラードでのドイツ軍大敗の噂が広まる中ヒトラー独裁政権は続いていた。  そんな最中、ヒトラー独裁政権を批判し、戦争終結を叫.
「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」Pal 独盤DVD (Preview Room)
久しぶりに映画らしい映画を観たという感じ!ドイツ映画「Sophie Scholl
白バラの祈り(05・独) (no movie no life)
待ちに待った上映。ギリギリで映画館に着いたらすでに1列目しか空いていない。昔「バック・トゥー・ザ・フューチャー3」を見て以来の1列目。やはりちょっと首が・・・ 上映期間は1週間、1日に1回の上映。しかしながらやはりこのような映画には自然と人が集まってくるのだ
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シャンテシネにて鑑賞 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々/SOPHIE SCHOLL - DIE LETZTEN TAGE 2005年/ドイツ/121分 監督: マルク・ローテムント 出演: ユリア・イェンチ/アレクサンダー・ヘルト/ファビアン・ヒンリヒス/ヨハンナ・ガストドロフ 公
白バラの祈り~ゾフィーショル、最期の日々 (シネマ日記)
ネタバレあり。「どんなに困難でも正直に生きる」それを正に死守して生きたゾフィーショルユリアイェンチと仲間たち。ゾフィと尋問官モーアアレクサンダーヘルトの息詰まるやりとりが心に刻まれる。残虐な拷問はないのに、キリキリと胃が痛くなるようなやりとりだ。しかしそ
白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々 (ゴスペル・聖書TV&Radio/Brand New Life)
ヒトラー政権に抵抗した21歳の女性がいたことを知っていますか? 日比谷シャンテシネで観た映画「白バラの祈り」が衝撃的でした。 ナチス政権に立ち向かう21歳の学生ゾフィーの物語。 印象的だったのが、ヒトラー政権により 死刑が決まったゾフィーの態度。
白バラの祈り ゾフィー・ショル最後の日々 (吾輩はナマケモノである。)
第二次大戦末期、ドイツの多くの国民がヒトラーとナチスの嘘と蛮行に気づいていたのです。 ただ、行動しなかった。命の危険を冒してまでは出来なかった。 そんな時代に、保育士としての教育を受け、ノンポリ(無政府主義)だが自分の良心に従って行動したゾフィー・ショル
「白バラの祈り」 (MIWOのレタスなLOGBOOK)
平和をテーマにした映画は、そこそこ観てきたが、そのなかでも秀逸といっていいと思う。
「白バラの祈り」 (MIWOのレタスなLOGBOOK)
平和をテーマにした映画は、そこそこ観てきたが、そのなかでも秀逸といっていいと思う。
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (映画評論家人生)
OS名画座 同時公開もあるが、大阪単館公開ものは、東京より約1~2ヶ月遅れてくる。東京公開を終え、同じフィルム(おふる)が、大阪へやってくるからだ。大阪まできて、次に広島や博多へ流れることもあるが、
白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々~ドイツの良心 (物欲エントロピー)
白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々をサロンシネマにて鑑賞。 反ナチ組織「
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
わてが丁稚の定吉だす。 「白バラの祈り」を観て来ました。 わての書き込みはトラックバック先での表示を念頭に置いて、上記2行に続いてキャッチコピーのような1センテンスでまとめてから本題に入る、というパターンを作ろうとしているのですが、この作品だけは1セ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (ネタバレ映画館)
 白バラのゾフィーのように信念を貫き通すこと。そんなことが若い頃の自分にできたであろうか。
シネマ日記 白バラの祈り (skywave blog)
制度とは道具であり、道具は意思を持たない。だが、使う人間の意思を表す。ナチスドイツにも無論、裁判制度はあり、裁判官、検事、弁護士が揃っていている。制度的としては、公平
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- (映画とはずがたり)
ヒトラー政権下で反ナチスを掲げ、 抵抗運動を行なった学生グループ“白バラ”の紅一点、 ゾフィー・ショルの壮絶な最期を描いた真実の物語! STORY:1943年のミュンヘン。 “打倒ヒトラー”を呼びかける組織「白バラ」のメンバーである ゾフィー(ユリア・ ...
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 Sophie Scholl - Die letzten Tage (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ユリア・イェンチ、アレクサンダー・ヘルト主演 第55回ベルリン国際映画祭銀熊受賞 最優秀監督賞&最優秀女優賞 1943年2月18日ミュンヘン  東部前線でドイツ軍は苦戦、敗北のニュースの噂が広がり 国民の間には 兵士を惨殺させたヒトラーへ対する不満が広 ...
白バラの祈り (Akira's VOICE)
永遠に語り継ぐべき若き女性の気高い勇気の行動。
『白バラの祈り -ゾフィ・ショル、最期の日々-』 (Sweet* Days)
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- CAST:ユリア・イェンチ 他 STORY:1943年2月、ドイツ、ミュンヘン。反ヒトラーのビラを大学に撒いた罪として、非暴力的レジスタンス「白バラ」のハンス・ショルと、妹のゾフィー・ショル(ユリア・イェ ...
『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』’05・独 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1943年、ドイツのミュンヘン。ヒトラーによる圧制を疑問視するハンスとゾフィーの兄妹は反ナチス組織"白バラ"のメンバーに加わっていた。そんなある日、ゾフィーは大学構内でビラをまいているところを見つかりゲシュタポ将校に連行されてしまう。や ...
「白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々」映画(DVD)感想 (Wilderlandwandar)
こちらもネット上で評判が良かったけど、公開時見逃してしまった映画「白バラの祈り
白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】1943年2月のドイツ、ミュンヘンで、ヒトラーの政策に反対し戦争終結を訴える非暴力レジスタンス『白バラ』のゾフィー・ショル(ユリア・イェンチ)は、兄ハンス(ファビアン・ヒンリヒス)と共に、大学でビラを撒いた罪でゲシュタポに捕らえられて...
白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ヒトラー政権に立ち向かった 二十一歳の女性ゾフィーの勇気に 世界中の観客がすすり泣いた感動の実話』  第二次世界大戦中にナチ独裁下のドイツで抵抗運動を行った非暴力主義の実在のレジスタンス・グループ「白バラ」の紅一点、ゾフィー・ショル(ユリア・イェ...
白バラの祈り (シネマと書店とライブハウス)
白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- [DVD]/ユリア・イェンチ,アレクサンダー・ヘルト,ファビアン・ヒンリヒス ¥4,935 Amazon.co.jp 昨日と同様に 第二次世界大戦中の物語です。 白バラ。 1942年から1943年において、ド...