我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

ブルーバレンタイン /BLUE VALENTINE

2011-04-26 10:50:16 | 劇場&試写★6以上


 

 

WARNINGラブラブ進行形カップルは決してデートで観ないように

 

 

ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ主演ってことしか前知識無く、まったくどういう話なのかも知らず鑑賞。

ライアンはいつも素晴らしい演技を見せるので注目

カンヌ映画祭ある視点出品、サンダンス映画祭でグランプリ。

ゴールデン・グローブ賞では主演の二人ともノミネート。

 

男女の出逢い。

初めはなにもかもが新鮮。

ちょっとした会話、一緒にする食事、キス、、、、

何年も一緒にいることで 二人の関係、空気に変化が訪れてくる、、、、

 

ハッピーエンドではないし、何か衝撃的でドラマティックな事件が起きるわけでもない。

ただ、あるカップルの出逢いと、一緒になってから次第に訪れる倦怠期と失望。

二人の気持ちの変わりゆく感情が、暗く静かにゆっくりと描かれる。

サンドラ・ブロック共演の「完全犯罪クラブ」(懐かしい)や、

ステイ」「きみに読む物語」「ラースと、その彼女」などでその演技力はお墨付き。

本作ではめっちゃ上手い歌も披露 彼女の前で弾語るシーン、素敵

 

過去シーンではいつものライアンだけど、現在のシーンでは禿あがっちゃってて

将来はこうなっちゃうのか、、、というくらいフツウのオッサン?に見えるのがやけにリアル。

 

故ヒース・レジャーとの間の1児の娘、マチルダちゃんがいて、

スパイク・ジョーンズ監督ともその後付き合って破局、とプライベートでも何かと恋愛が話題にあがる

ミシェル・ウィリアムズ。

いつの間にかこんなセクシー路線女優??(言葉はちょっと違うケド)ってくらい今回も脱いでいる。

普通っぽいのに可愛らしいところが男性ウケ良さそうな。

 

 

監督は本作が初監督作のデレク・シアンフランス。

20歳の頃経験した両親の離婚に衝撃を受けて、終わってしまう愛についてのこの作品を12年かけ準備。

 

 

二人は役作りの為にどっちがより太れるか、競争したんだとか。

ミシェルが約7キロライアンが約6キロ増量し、僅差でミシェルの勝利! 

毎食後のアイスクリームと、空腹のたび食べていたアボカドのサンドイッチが効いたらしい。

(恐るべしアイスの効果)

 

7/10(70点)

 

 

 

高校を中退し、ニューヨークの引っ越し屋で働いていたディーンは、大学で薬学を学ぶシンディと出会う。
若い二人は急激に愛し合うようになり結婚を急ぐが、数年後、夫婦生活に陰りが見え始める。
安定していない塗装職のディーンと、看護婦として病院で働くシンディ。彼女を心から愛しているディーンは、なんとか夫婦関係を修復しようとする。

 

 

 

最初から映像も暗いし、実は最初の20分くらいが眠くなってどうしようかと思ったんだけど、次第に惹き込まれていった。

出逢いと別れを描く純愛ラブストーリーだと思ってたんだけどそうではなく、

誰もが経験する、男女の出逢いと別れを 過去の映像と現在を交差させながら見せる。

そうすることで 昔はこうだったというのがbefore →afterのように失われゆく感情が伝わってくる、、、。

編集と映像のセンスもなかなか秀逸。

 

 

祖母の介護に行っていたケアハウスで偶然知り合った二人。次第に親しくなっていく。

学校では何となくつきあってsexしてしまった男との間にこどもが出来てしまう。

中絶を決心するも、手術をはじめたところで自分には出来ないとなり

自分との子じゃないと知った上で 「家族になろう」と言ってくれたディーン。

 

その数年後、、、、

最も幸福だった時を思い出し、夫婦の関係を修復するために、あと一夜努力しようと決意し一夜を過ごす。

 

夫のディーンが妻に対する態度は、暴力夫というわけでもないしアル中の描写もあるわけでもない、

一応愛をもって接してくれる。子供だってちゃんと可愛がってくれている。なのに妻、シンディがどうしてそこまで嫌がるのか初めはわからなかったけど、、、

 

才能ある歌や絵もやらず壁塗りの仕事で満足し、酒を飲み

ある日仕事先にまで来て、、、、。

もうすべてがうんざり、愛もないし続けていけない。

 

当初は輝いてたはずの気持ち、二人の愛が消えちゃうのは自然におきてしまうことでどうしようもないけど哀しい。

愛は一生のものでもないし、結婚の誓いのことば「汝○○は、この女(男) ○○を妻/夫とし、良き時も悪き時も、

富める時も貧しき時も、病める時も健やかなる時も、共に歩み、他の者に依らず、

死が二人を分かつまで、愛を誓い、妻/夫を想い、妻/夫のみに添うことを、神聖なる婚姻の契約のもとに、誓いますか?」

と宣言し合うけれど

そんな誓いは 絶対ではない。

 

ひとつの愛を継続し続けることは難しい。

でも、永遠の愛があるって、信じていたい。

 

楽しかった想い出がいくら美しく蘇ってきても、あの頃のようにはいかなくなってしまう

そんな、ひとつの哀しい男女の恋愛を描いたちょっと珍しいラブストーリー。

 

ラブラブカップルもだけど、これから結婚しようという人が観たら 

大恋愛の行く末、現実にちょっと打ちのめされてナーバスになってしまうこと必至なので要注意

 

ラストの花火にかぶるふたりの映像が印象的で素敵な映像だった

 

 公式サイト

BLUE VALENTINE     2010年   アメリカ   112min

4月23日より、公開中〜

 

 

2010/12 NYプレミア

 

 

 

ライアン待機中作品は日本未公開含め数本!

The Gangster Squad  2013

   Logan's Run         2012     
  
  The Ides of March   2011
 
  Crazy, Stupid, Love.  2011
 
  Drive                        2011
 キルスティン・ダンスト共演 2010   All Good Things

ミシェル、次回作は

マリリン・モンローの伝記映画「マイ・ウイーク・ウィズ・マリリン/My Week with Marilyn」ほか。

ミシェル          マリリン

 

最初は えー、だったけどなるほど似てるかも。

ローレンス・オリヴィエの主演/監督作品『王子と踊子』に出演していた当時の状況を描いた作品で共演はエマ・ワトソンほか。

MMファンとしてはかなり楽しみ

 

 

 

クリックしてくれると嬉しいナ。いつもありがとう

 
←please click

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップNews★People... | TOP | レクイエム・フォー・ドリーム /... »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
恋愛物でも・・・ (ノルウェーまだ〜む)
2011-04-26 17:19:14
migちゃん、おはよー
恋愛物でもイギリスですごく評判高かったから、?と思っていたら、そういう引き込まれる話になっているのね。
永遠の愛って無いのかな?倦怠感を愛がなくなったと表現するなら、そうなのかも。
私はラブラブの愛→家族愛→人間愛になるだけで、それを永遠の愛と表現すると思うのだけど☆
Unknown (KLY)
2011-04-26 22:34:25
そうそう、余りに生え際後退のさせ方が凄くて、最初は別の人かと思ったよ。(笑)
これがねー、男がのんだくれでヒモ状態だとか、女が一方的に自分の期待を押し付けてるだけなら話は違うんだけど、どっちの言うことも「そりゃお前がおかしい。」って断言できないんだよなぁ。
生き方が違うといえばそれまでなんだけど、でもむしろこのぐらいのいざこざとかすれ違いを抱えるカップルって結構いそうな気がするんだよね。やっぱりどちらかが折れて成立するのかな。
おひさし! (あすか)
2011-04-27 08:35:24
お久しぶりー!コメント有難う。
仕事が忙しくてなかなか遊びにこれなくてごめんねー!
これ、見たんだね。
本当にカップルや結婚前の人は見ないほうがいいよね。笑
私もたまたま一人で見たんだけどさ。

どんな理由があって二人がうまくいかなくなったのかってちゃんとは説明してなかったけど、それがやけにリアルだなと思ったよ。
実際毎日の積み重ねなんだろうなぁって。
小さいことが、最初は気にならなくても段々と積み重なっていって。
んー、むずかしいよね。

ライアン好きだから、これからの作品も楽しみ!
こんばんは (dai)
2011-04-28 01:37:28
なんとも物悲しさが残る作品でしたね。
必ずしも継続がいいとは思いませんが、
完全にハマるパズルのピースってなかなか
ないのかななんて思ったりしました。
まだ〜む☆ (mig)
2011-04-28 08:47:15
おはよー☆

まだーむ宅は仲良しで永遠の愛じゃない
ほほう、まだーむの愛の変化形、なるほど。。。
これはみせ方が、過去と現在の対比的に交互に見せるっていうのがよかったヨ☆
☆KLYさん (mig)
2011-04-28 08:49:55
おはよー☆

そうなのよね、どっちも酷い!とまではいかないんだけど、まぁ長くいると色んなことがあるでしょうね、
KLYさんやまだーむなんて長い愛を継続、ほんと尊敬しちゃう
わたしは長く続かないのよね(笑)
永遠の愛は理想なんだけど、ずーっと同じ人をお互い好きでいるってほんとすごいと思ちゃう
☆あすかちん (mig)
2011-04-28 08:52:39
おはよー☆

あすかちゃんは一人で観たのね、
ダーリンと観てたらちょっとひくかな?

>小さいことが、最初は気にならなくても段々と積み重なって

そうみたいだよね〜、
一緒に長く住むと色々見えて来るわけだし
お互いを尊重しあうのが大前提かなって気がするよ☆
二人がすごく良かったよね
daiさん★ (mig)
2011-04-28 08:54:42
おはよー☆


あれ?daiさんは継続が必ずしもいいと思わないの?(笑)
結婚しちゃったならそれは継続していかなきゃって思うナ、、、
継続できないなら、形だけの交際ってだけでいいと。
重いけどなかなか評判いいみたい。
やっぱり主演二人が良かったと。
仲のよさ (rose_chocolat)
2011-05-15 10:50:26
あっれ〜、前にここにコメントしたつもりだったんだけど、
忘れて帰っちゃったかな〜? 最近物忘れが激しい。。

カップルで観た人も周りにいるんだけど、
割と話が盛り上がったっていう感じなんで、必ずしも全てのカップルがこれ観てどよ〜んってわけでもないみたい(笑)
まっ、難しいね・・。 継続することって(笑)
☆roseさん (mig)
2011-05-15 23:35:38
こんばんは☆

忙しいからなかったんだろうな〜って思ってました(笑)

えー、ほんと?そっかなるほどそれは良く出来たカップル。
というか、お互いしっかり信頼し合ってればいいのかな。
付き合い始めたばかりのデートでだったりはキケンかも(笑

roseさんみたいに長く続いてるとまた思う所も違うかな興味深い〜
migさん、お帰りなさい☆★ (mezzotint)
2011-12-13 22:18:15
今晩は☆彡
ニューヨークレポ、まだアップされた分、
観てないので後で観たいと思います。

ミッシェルは今度はモンローなんですね。
やっぱり良かったんですね。
彼女の演技は本当に素晴らしいものね!!
もちろんゴスリングもヘア剃っての熱演で、
これまた凄かった!!
やっぱり上昇志向と現状維持では、なかなか
溝は埋まりそうもないでんですね。
愛するって難しいですね。色々勉強に
なりました。
mezzotintさん★ (mig)
2011-12-14 10:52:46
おはようございます。
ハイ、ぜひお時間あるときに観て下さいネ〜写真頑張って整理しました〜
続々up予定です☆

モンローの、良かったけど内容はファンじゃないと楽しめないかなぁ。けっこう描きは浅かったです。陰の部分を描いてるのは良かった。

ゴズリング、最高♪
ジョージさんとの共演作も期待ですね!

永遠の・・ (latifa)
2012-02-07 15:58:01
migさん、こんにちは!
永遠の愛、う〜〜ん、あって欲しいし、でも難しいのかなぁ〜。
私ね、70過ぎたご老人のご夫婦なんかを見ると、ほのぼのしていて良いなぁ〜、もうこの2人は別れたり浮気したりとか、そういうの無い域に達してるわけだし、なんて最近まで思ってたの。
ところが、よみうり新聞の相談コーナーってのがあって、そこに80歳とか90歳の方の相談が載ったりするんだ。79になって、2人愛人がいたのが解ったとか、浮気がどうたら〜とか、離婚がどうの〜とかね・・・。それを見て、かなりショックだったんだよねー。

と、映画とは無関係な事書いちゃってゴメンネ。

>スパイク・ジョーンズ監督ともその後付き合って破局
 え〜っ!知らなかった。
そうなんだー。そして、マリリンの映画の主演をやっていたのって、彼女だったのね?
女優として、ぐんぐん活躍中ですね。
latifaさん☆ (mig)
2012-02-08 20:23:02
こんばんは★

うわ〜それはそれは。
確かになぁ、お婆ちゃんとかでたまにみかけるけどずっと、自分はそうなる自信はないなぁって思ってました(笑)
でもね、妹が嫁いだノルウェーの彼のご両親が60歳越してるんだけど今でも超ラブラブでベッドも一緒だしっていう話を妹に聞いたところで
稀にそういう夫婦もいるのよね、ってびっくり感心でしたよ〜。
妹の彼もほんとに浮気の心配ゼロってくらい真面目に一筋だし(笑)偉い!

マリリンに化けたミシェルの映画
「マリリン7日間の恋」はNYで観て来ましたよ★
なかなか良かったデス。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-02-14 20:29:01
ラストの花火のシーンが本当に印象的でしたね。
陽気に花火を打ち上げる人たち、別れを選ぶ2人、親の離婚に泣く娘。
何とも切ないけど、どこか美しさを感じるラストシーンでした。
にゃむばななさん☆ (mig)
2012-02-15 23:05:47
こんばんは★
ですね〜
これ嫌いじゃないからまた観たいなー

ライアンやっぱりうまい!
これ好き☆ (tomoco)
2012-03-17 00:09:58
migちゃん
これ気に入ったから感想書いたわ〜
ライアンにはきみ読むでも泣かされたし、
うまいよね♪
わたしなんで『ドライヴ』楽しめなかったんだろ
くやしいよぉー
tomocoさん☆ (mig)
2012-03-17 10:08:37
おお〜感想したのね☆TBありがと!
今から朝ご飯なのであとでいくよー(笑)
ドライヴはきっと劇場で暗い中雑念や音もなく観たらよくなるかもー。
内容はそうでもないけどね〜
雨、ヤダ。。。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

28 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ブルーバレンタイン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Blue Valentine壊れかけた夫婦の、やるせない現在と幸福な過去の対比がリリカルで美しい。痛ましいストーリーなのに、不思議とみずみずしさが記憶に残る。努力して看護師の資格を取り ...
ブルーバレンタイン (ここにあるもの)
男はいつまでもロマンチストで、女は日常に目を覚ます。 これほどデートムービーに向いていない映画もないんじゃないか? どちらに感情移入するかは、観る人の恋愛体質によるとこ ...
ブルーバレンタイン (風に吹かれて)
すれ違ってしまったふたり公式サイト http://www.b-valentine.comディーン(ライアン・ゴスリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘フランキーと3人暮らし。シンディ
ブルーバレンタイン (LOVE Cinemas 調布)
一組のカップルの出会い・結婚・別れの全てを描いたラブストーリーだ。一見幸せな生活を送る2人を描きつつ、出会いから結婚までの回想が挿入される。主演は『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと本年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのミシェル・...
ブルーバレンタイン (シネマDVD・映画情報館)
ブルーバレンタイン 監督:デレク・シアンフランス 出演:ライアン・ゴズリング/ミシェル・ウィリアムズ 内容:6年間共に暮らしていた夫婦が倦怠期を迎える。2人の関係が徐々に冷めていく中で、2人は共に愛し合っていた日々を思い出し、関係を修復するためにモーテル...
ブルーバレンタイン (佐藤秀の徒然幻視録)
夫婦漫才 公式サイト。原題:BLUE VALENTINE。デレク・シアンフランシス監督、 ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル。やたら、オ ...
*ブルーバレンタイン* (Cartouche)
  ディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘のフランキー(フェイス・ウラディカ)との3人暮らし。長年の勉強の末、資格を取って病院で忙しく働く妻・シンディに対し、夫・ディーンの仕事は芳しくない。お互い相手に対し不...
ブルーバレンタイン (Memoirs_of_dai)
永遠…の儚さ 【Story】 結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫デ...
ブルーバレンタイン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 倦怠期の夫婦の行く末を、心に染みる映像美で描く。
出会い、結ばれ、別れる (笑う学生の生活)
25日のことですが、映画「ブルー・バレンタイン」を鑑賞しました。 あるカップルの出会いから結婚の日々 そして別れるまでの 1日ちょっとを描いてます ストーリーとしては 本当にそれだけ じっくりと見せていきます 壊れかけた現在を見せながら あい間で入る 幸せな時...
ブルーバレンタイン (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   『ブルーバレンタイン』  (2010) 結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)。 努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。 お互い...
ブルーバレンタイン (心のままに映画の風景)
結婚7年目を迎え、娘のフランキーと3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫婦は、平穏な家庭生活をおくりながらもお互いに不満を募らせていた。 あるカッ...
『ブルーバレンタイン』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
原題: BLUE VALENTINE 監督: デレク・シアンフランス 出演: ライアン・ゴズリング 、ミシェル・ウィリアムズ 、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 試写で観たコの感想を読んでて、かなり....
∴『ブルーバレンタイン』∵ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ映画、デレク・シアンフランス監督&脚本、ジョーイ・カーティス、カミ・デラヴィーン脚本、ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ウラディカ出演。
ブルーバレンタイン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブルーバレンタイン』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)この映画は、タイトルからすると若い女性向きのたわいもないラブストーリーなのかなと敬遠していたところ、実は悪くない作品だと聞き及んで、見に行ってきた次第です。  実際にも、話の中身自体はよ...
ブルーバレンタイン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
あるカップルの出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラヴストーリー。監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が“視覚表現の天才”と評され話題を呼んだデレ ...
いつかは消えてしまう感情について〜『ブルーバレンタイン』 (真紅のthinkingdays)
 BLUE VALENTINE  シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)とディーン(ライアン・ゴズリング)の夫婦は、 幼い娘フランキーと3人暮らし。夫婦はそれぞれに娘を愛しながら、互いへの 不満を募らせ...
映画『ブルーバレンタイン』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-30.ブルー・バレンタイン■原題:Blue Valentine■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:岸田恵子■鑑賞日:4月29日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円□監督・脚本:デレク・シアンフランス□脚本:ジョーイ・カーテ...
ブルーバレンタイン (A Day In The Life)
新作DVDにて観賞 解説 あるカップルの出会いから結婚、そして破局までを描き、サンダンス映画祭 やカンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。 壊れかけた夫婦には、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリング、 『ブロークバック...
「ブルーバレンタイン」、不滅の愛など無い? (カサキケイの映画大好き!)
■「ブルーバレンタイン」はミッシェル・ウィリアムスの為の映画? 彼女は良い役者さんだ。 自分の体を犠牲にしてまで、役柄の人物になりきろうとする。 結婚前の学生の役と、結婚し子供が小学校低学年の母親の役を 行きつ戻りつする役を演じる。 若々しい学生時代...
ブルーバレンタイン (食はすべての源なり。)
ブルーバレンタイン ★★★★☆(★4つ) ある夫婦の出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラブストーリー。 現在と過去の交錯が絶妙で、なかなか切ないですね。 あんなに愛し合っていたのに、今は罵り合い。誓いのキスと別れのキス。これが現...
ブル―バレンタイン(2010)◎●BLUE VALENTINE (銅版画制作の日々)
 愛を知る誰もが経験のある、しかし誰も観たことのないラブストーリー 評価:+5点=85点 永遠の愛はやっぱりありえないのだろう。気持ちなんていつまでも同じ状態で維持出来るもんじゃないと納得するも・・・・。 ということで、京都での公開はないだろうと思って....
No.303 ブルーバレンタイン (気ままな映画生活)
仕事が芳しくないディーンと、長年の勉強の末に資格を取り、病院で忙しく働くシンディの夫婦は、娘のフランキーと3人暮らし。2人はお互いに相手に不満を抱えていたが、それを口に ...
「ブルーバレンタイン」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
これは・・・!辛かった・・・。 でも、凄く良く出来てた! 4つ★半〜5つ★
『ブルーバレンタイン』 (こねたみっくす)
永遠の愛があることを信じたい。でも本当に永遠の愛なんてあるのでしょうか。 傷つけることでしか愛せなくなった夫と傷つけることを躊躇う愛し方をしてしまう妻の出会いから結婚 ...
「ブルーバレンタイン」 (或る日の出来事)
きれいな女は悪女だ。周りがチヤホヤするから(そうなっていく)。
『ブルーバレンタイン』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
今ライアン・ゴズリング、と言えば話題は断然『ドライヴ』なんだろうけど。 実は『ドライヴ』、1月に機内で観たけど期待が大きすぎたせいか う〜〜ん、、て感じになっちゃって。 確かに彼かっこいいしカメラワークや音の使い方もcoolでドキドキさせてくれたんだけど...
ブルーバレンタイン (いやいやえん)
これは痛い。痛くて上手い作品だ。結婚している人は身につまされる部分もあるだろうし、独身の人は恋愛と結婚が嫌になるかもしれない。でもこれが現実。 若い頃の愛に溢れた2人と、結婚後の愛だけじゃ足りなくなった2人の姿を交互に映し出す手法が上手くいっていて...