我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

J・エドガー / J. EDGAR

2012-01-19 01:58:41 | 劇場&試写★5

 

 

ランキングクリッ クしてね
←please click

 

 

アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを

レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作

またまた2時間超えの長さ!

まぁ、一人の男の長い人生を描く伝記映画だから仕方ないのか?

 


数年前(「チェンジリング」「グラントリノ)までは

「イーストウッド監督作にハズれなし!!」と言ってたわたしですがー。

インビクタス 負けざる者たち」「ヒアアフター」があまり、、、だったので

今回も伝記ものってことであまり期待はせずに試写にて。

 

 

人生の終盤にさしかかり、Jエドガー長官が部下に命じて回顧録を書き取らせるところから始まり、記憶は遡っていく。

22歳~77歳までを演じるレオは本作でゴールデン・グローブ賞ノミネート。(受賞はならず)

アカデミー賞のはおそらく確定。

(たぶん)コンタクトで黒目がちに、口も少し変えての特殊メイクで違和感なし。

 

実際のJ・エドガーになかなか似せてます!

 

 Jエドガーは、29歳でアメリカ連邦捜査局FBIの局長に就任し、死去するまで約半世紀にわたって局長を務め上げた、まさに"FBIの顔"的人物。

現場検証、指紋採取、筆跡 鑑定、そして捜査情報のデータ化と、現在の犯罪捜査の基礎を築いた功績を残し、国民的英雄と賞賛される一方で、

圧倒的な権力と情報収集力で政治家や活動家の言動を監視。そうした秘密情報をファイルにまとめ、ハリー・トールマン、ジョン・F・ケネディ、リチャード・ニクソンなど、8人の大統領に対してファイルの存在をちらつかせて、彼らを従えるまでの存在にのし上がる。

 

晩年までJエドガーに携わる秘書にはナオミ・ワッツ。

半分くらいは老けメイクで登場のナオミ。

ちょっと口あたりのそのメイクに違和感

 

面接で採用したFBI幹部クライド・トルソンとの隠されざる関係。

どこかで観たなぁって思ってたら

ソーシャル・ネットワーク」でイケメンの双子を演じた、アーミー・ハマー。

今回はレオの片腕に。

必ず1日1回、ランチかディナーを共にするというお願いをクライド自らが申し出。

いや~二人の取っ組み合いのシーンでいきなりコントみたいになるからびっくりした

 

エドガーの母親にはジュディ・デンチ。

 

脚本には「ミルク」のダスティン・ランス・ブラック。

私生活ではごく一部の人間以外には決して心を許さず秘密主義を貫いたという男の実像を描く。

 

J・エドガー。明らかな英雄でありながら、しかし、彼は常に黒い疑惑や、スキャンダラスな噂がつきまとう。

国家を守るという絶対的な信念は、そのためになら法を曲げても構わないというほど強く、狂信的なものとなり、それゆえ彼は正義にもなり、悪にもなった。

国を守るという大義名分のもと、大統領をはじめとする要人たち の秘密を調べ上げ、その極秘ファイルをもとに彼が行った“正義”とはいったい何だったのか?

 

 

5/10(51点)

 

伝記ものって、

興味なかった人物を、どれだけ興味深く描くか?って大事だと思う。

 

日本人が観るのと、あちらの歴史を深く知る(アメリカ人)が観るのとでは

映画としての楽しめ方も、また違う。

そんなわけでこれってやっぱりアメリカの歴史に詳しかったり、興味があるほど楽しめるだろう。

興味がなかった人でも身を乗り出して画面に夢中になれるような展開でもないので、

Jエドガーにある程度興味がないとつまらないだろうしどうでもよいと思えそう。

ドラマ性に富んでいるわけでもなくストーリーが盛り上りに欠け淡々としてるし。

最初の30分は眠気もきたけど堪えました(笑)

あとはやっぱり、レオの演技へ目がいくかどうか。

それまで関心もなかったり、知ることもなかったアメリカの歴史を知るには、

映画も立派な一つの手段になる。

それで へぇーっと思えるかどうかはひとそれぞれで。

例えば、オリバー・ストーンの「JFK」などは、とても映画らしい作りでケネディ暗殺についてを描いていたし

観ていて真犯人は!?という実際謎の事件として興味深く観れたけど、

 

本作では時代背景として、JFK暗殺のときとも重なり さらに「フロスト×ニクソン」でも描かれた

ニクソン大統領が、このエドガーの機密ファイルを狙ったり、

アメリカ共産党の結成、リンドバーグの息子誘拐事件、JFK暗殺事件。。。

と僅かながらもリンクする。

FBIの初代長官とか言われても正直、日本人のわたしにはピンとこなくて

「そうなんだ~」くらいしか思えなかった。

映画としての出来どうこうじゃなく、だから面白いかと聞かれたら 長過ぎる~!というのが

観た直後のわたしの正直な答え。

 

無知識でもすべてに興味持ってみれればいいけど、

ある程度Jエドガーの相関図を頭に入れた方が楽しめるかも。

 

イーストウッド新作だし!レオ様出てるし♡とか思って観ると期待はずれ、な人も出てくるかも。

 

同性愛、母への愛、国家を守るという信念を貫くプレッシャーと裏腹にあった画策。

イーストウッドの、国民全体、アメリカへのメッセージと

Jエドガーという一人の男の愛がテーマとして静かに、力強く伝わる1本。

 

公式サイト

J・エドガー        2011年     アメリカ  138min

1月28日より、ロードショー

 

 

2011/11/16  ワールドプレミアにて

 

 

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

1日1回、ポチっとよろしくね
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タランティーノが選ぶ、2011年ベ... | TOP | 映画秘宝 2011年ベストムービー... »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-01-19 02:09:15
今日は席ありがとう^^

私はエドガー自体に興味があるんでmigさんよりはもう少し楽しめた感じです。ただ確かに最初30分はちょっと眠くなった。彼が局長代行に任命されたて、思い通りに振舞い始めてからは面白くなってきたんだけどね。
ちと長いというのも同意だな。年を取ってからのシーンが意外と長かったと思うの。それまでは現在と過去を自伝を口述する形でいったり来たりしてたのに、最後の方は現在とほんのちょっと前ぐらいになっちゃったせいか、画代わりで生み出していたリズムがなくなっちゃった。
レオ様は相変わらず上手いとは思うけど、オスカーは?っていうとちょっと違うかなぁと^^;
UP早いね~ (ノルウェーまだ~む)
2012-01-19 13:15:00
migちゃん☆
私はこれから記事書くよ。
そうかー、クライド役はあのイケメン俳優だったのね!!わー、全然気が付かなかったわ。
老人になってからの演技もよかったよね!
ディカプリオじいちゃんより上手かったかも。
KLYさん★ (mig)
2012-01-19 21:14:52
うんうん、そうですね~
最初の導入部分からなんか惹き込まれなかったもんなぁ。
伝記ものでも、「ザ・ファイター」とか「ミルク」とか面白く観れたんだけど
クリントイーストウッド、余計な脚色なしにしてもちょっと映画としての面白味や盛り上りに欠けちゃったかな。
レオ様なりきってたし巧かったけど今回もダメそうかもねー
まだーむ☆ (mig)
2012-01-19 21:17:09
この間ちょうど観直したとこだったから、ソーシャルだったような?って思ったら双この人だった(笑)
確かに老人役の彼もレオに引けを取らないほど巧かったよね!
跳んできた♪ (kira)
2012-01-19 21:53:41
コメントみて跳んできたわ

うん。ハードル下げて観るつもりでいたのよ。
migちゃんと同じく、「「インビクタス 負けざる者たち」はそれまでとやっぱ違ったし、
「ヒアアフター」もそそられなかったんでパスしたし・・
やっぱり題材的にどうよ、って思ってた

観たらまたお邪魔しますね!
3ショット写真! (xtc4241)
2012-01-20 03:52:25
migさん、おはようございます
(いま1月20日3:40頃です)

はじめにクリント、レオ、ナオミの3ショット写真ありがとうございます(笑)
3人は僕のフェイバリットです。
この映画、migさんはあんまり興味をもってないと言ってたんで、ちょっとガッカリしてました。でも、こうやってすぐに記事にしてくれてうれしいです。
確かに、ちょっと情報量が多すぎた感がありますね。僕は「公・私・裏」3つの顔があったと思うんです。FBI長官としての公の顔、母親・副長官との関係を描いた私的な顔、それに大統領たちの秘密ファイルによって絶対権力をもった裏の顔。
それを50年間サイクルで見せるっていうんだから、情報を詰め込みすぎ。
だからといって、そのどれも掘り下げられなかったと見えてしまう。
そんな感じがありました。
でも、この3人への信頼感は揺るがない!
特にナオミ・ワッツの変貌はある意味ショックでしたが、migさんの3ショット写真で、やっぱり美しいと安心しました(笑)。
(よければ、僕のレビューを見てください)
ゆっきっき (hino)
2012-01-20 09:05:01
雪だねー。今日やっすみ 嬉!

エドガー 私もあまりなじみのない大物だけど
いちお、観なくっちゃだね。

ディかちゃんの老けメイク、誰かに似ているー
義父にも似ている 爆

写真みてすぐソーシャルのボート君だと思い出したよ!!ハンサムはよく覚えているみたい。またみれて良かったー!


ナオミ ワッツ、先日、愛する人を観たばかりだから、おおっ!と思ったよ。

↓まみっしの義妹からのフォロー

水仕事ってのは、家事のことだよー。

お湯出ても手が荒れるもんね。私も指一箇所切れて痛いです。かといってビニ手袋するのも手の感覚がにぶるのがいやでしないし。

雪だい雪だい!みぐちゃんはお出かけ?
私はホームピック行ったら、家でおこもりするんだー。 

良い一日を!!






こんにちは♪ (yukarin)
2012-01-20 12:45:16
あれ普通...
伝記ものはその人物に興味が持てるようにつくられてないとつらいよね。
ハードル下げて見ることにしますわ。
観たらくるねー。
レオ・・・ (マリー)
2012-01-22 00:35:34
こんばんは~~♪
レオの眉間に皺・・・の作品、最近多すぎて・・・
もうちょっと違うジャンルのに出てほしいなぁ~っていうか、表情が硬くないのが観たいの。

でも、この老け特殊メイク、違和感ないね~。年取ったらこんな風になるかもね。

なんだかんだ言って観ると思うので(笑)観たらまたくるねっ。
kiraさん★ (mig)
2012-01-22 10:49:05
もうすぐ公開ですよ~!
うん、でも内容にはきたいしない方がいいかも、、、、
レオ様も老け顔が半分くらいだけど、、、、
感想待ってまーす!
XTC4241さん☆ (mig)
2012-01-22 10:53:18
こんにちは、
イーストウッド作品は好きなのが多かったんですけど3作連続でダメでした~
ナオミさんもレオも巧いから、演技面では確実ですね。
やっぱりイーストウッド巨匠の作品はどんな役であれ、出演は名誉ですしね★
ナオミはリンチの「マルホランド~」でも
オナニーシーンとかすごい度胸がある女優さんだと思ってたので、老け顔くらいでは驚きません(笑)
一人の男の人生を(途中からでも)描くから、詰め込みすぎとは思わないけど
単に見せ方が単調すぎだったんだと思います~。


☆hinoゆきえちゃん (mig)
2012-01-22 10:58:49
おはよ★今日は仕事かな?
お休みの間に更新あるかなーと思ったけどなかったのね、
あの彼、そうこの写真ですぐわかるでしょ。ゆきえちゃんこれみる??
レオもナオミもソーシャルネット~の彼も巧いんだけど
どうにも単調な描き方であまり興味持ってみれるようにはなってなかったよー
家で観たら確実に寝ちゃいそう!
(お酒入ったら完全にout だよ、笑)

昨日は妹の結婚式で横浜行ってきたの、
今日は午後から出かけるよ☆
あ、水仕事ってそういうことだったの?知らなかった!(笑)
yukarin★ (mig)
2012-01-22 11:00:01
こんにちは♪

うーん、yukarinもどうかなー?
楽しめるのかなぁ。。。?
レオの演技だけで楽しむにしてもそこまで惹き込まれないし、、、、
ほんとはそろそろ賞とってほしかったけどね★
マリーさん★ (mig)
2012-01-22 11:02:33
そうだよね、確かにレオ様堅いのばっかりで
コメディとかラブコメとかは絶対に出ないよね(笑)
うんうん、老けメイクは自然だったけど
声の方は若いままだったなぁ。
ジャレッドレトのおじいさんになった時のしゃがれ声とは比較にならない、、、(歳の声になるようにいろいろやったんだってジャレッドは)
観たら感想まってるねー

こんにちわ (にゃむばなな)
2012-01-28 15:16:01
個人的にはこれは伝記映画ではなく、フーバーの愛を描いたラブストーリーだと思うんですよね。
ですから歴史的事件を深く描く必要なんてないと思って見ていましたので、私は結構楽しめましたよ。

ただこれだけ頑張ってもアカデミーにノミネートされないレオくんが本当に不憫でなりませんよ。
こんにちは。 (BROOK)
2012-01-28 15:50:41
ストーリーにあまり緩急がなく、
時系列は行ったり来たりしていましたが、
それでもイーストウッド監督の“魅せる”演出は冴え渡っていたと思います。
どこに?と問われると、難しいですが…。
イーストウッドらしい作品でした。
いやー、地味地味。真面目真面目。 (ボー)
2012-01-28 22:09:35
秘書さんって実際はブロンドじゃないんだね~。
…とナオミ・ワッツさんの話から入る、しょうもない私でした。(笑)
嫌いじゃないけど、もうちょっと引きつけてくれるものがほしいのは確かですね。
リンドバーグの事件とかでアメリカ人の興味を引いたかどうかというと…そうでもない気がしますし。
こんばんは♪ (yukarin)
2012-01-29 22:50:51
なんかねー個人的には良かったのよ。
最後泣けちゃったし。
伝記ものとは別の視点で観ちゃったせいかなぁ。
確かに盛りあがりはなかったね^^;
こんにちは。 (オリーブリー)
2012-01-30 14:31:33
同じく、ナオミの老いメークはちょっと…(苦笑)
フーバーさんより2歳ほどお若いみたいけど、いくならんでもあんなにシワあるか?と思えば、身体はまるで若者のように凛としていて違和感タップリでしたぁ~(汗)
映画としては物足りなかったけど、フーバーさんと言う人は興味深く拝見できました。

「アカデミー」の記事にTB送ったと思ってたんですが、入ってなかったのでまた送りました(今度は大丈夫かな…)
あっ、「スーパーチューズデー」楽しみにしてます♪
こちら(名古屋です)でも公開あって安心しました!
ライアン素敵でしたか?観たらまたお邪魔しまーーす♪
にゃむばななさん☆ (mig)
2012-01-30 17:04:55
んー。いやラブストーリーに特化はしていないですよね。
一応どんな人間だったか、母親とのことも描かれたり、、、
どちらにせよ面白くみせる演出が足らなかった様に思います。
前から真面目に描くイーストウッドですけどね~、、、。
BROOKさん☆ (mig)
2012-01-30 17:06:11
イーストウッドらしいといえばらしいんですが
二人のいきなりのキスや、関係性の描き方があまいような。。。
だったらもっとそちらをつっこんで見せて欲しかったです。
ボーさん☆ (mig)
2012-01-30 17:07:54
あれれ?そうでしたっけ?!
ナオミさんてマルホランド~の頃からもうブロンドのイメージなんですけど。
どっちが地毛なのかな~。
普段もブロンドだしそっちがほんとでは?
イーストウッド監督ってことで、
やっぱりフツウよりも期待しちゃう。
だから損かな?  笑
yukarin★ (mig)
2012-01-30 17:09:17
いまいち派と分かれてるみたいだけど
フツウだなぁ~。
なんかパンチとか、見せ場的なものが足らないような。
yukarinは楽しめたのネ★
ちょっとしたらもう忘れちゃいそうだなぁ。
オリーブリーさん☆ (mig)
2012-01-30 17:10:57
あ、名古屋だったんですね!!
ライアン、カッコ良かったですよ~♥
黒革手袋にも注目ですよ♪
あれほど似合う人はいない!(笑)

ってこの話になってませんが、、、
見られたら楽しみにしてまーす。
TB入ってるかな?
あとでみてみますね☆
もう御存知の通り観てきましたw (562_1992)
2012-02-03 16:20:52
Twitterでも言ったけど、映画館ガラガラで切なかったわ~ι(´Д`υ)
レオ、オスカーノミネートすら…(涙)
あたしはFBIやフーバー長官に興味あったので
割と楽しめた、というか結構良かったよ。
だけど寝不足で行ったせいもあって前半睡魔がw
なんといってもレオとアーミー・ハマーが良かった!
アーミー・ハマーは双子役で誰このイケメン?って
注目されたけど今回ほんと演技もいいなと思ったよ。
migちゃんがコント呼ばわりwする例のシーン、
あたし胸が潰れそうになるくらい切なかったよw
それにしても彼イケメンで育ちの良さそうな
(実際超ボンボンだけど)顔してるねぇ。
大麻で捕まったけど・・・(-_-)
ナオミ・ワッツも抑えた演技でよかったわー。
ジュディ・デンチはちょい怖かったw
アメリカの歴史背景やフーバー長官について
もっと調べてから観にいけばよかったな・・・
562_1992Tamaちゃん☆ (mig)
2012-02-04 09:45:47
おはよう☆
わー、いっぱいありがとうね!
そうなんだね~
もうちょっと興味そそるように描いてほしかったなぁ。
イーストウッドって真面目に描きすぎると思う、ふざけろってことじゃないんだけど
もうちょっとこう、遊びじゃないけど淡々と真面目じゃなく、、、うまくいえないけどね。
あら~、私も笑うとこじゃないと思いつつ
わーってちょっとひいちゃった。ごめんー(笑)
三人でこの映画観たんだけど一人は吉本のコントだって、
tamaちゃんぐっときたのね~。
テーマがテーマだし日本では決して誰もが知る人物ではないからいくらイーストウッドでもレオでもお客さん入らないのかなぁ。
こんばんは (ノラネコ)
2012-02-05 19:04:26
私はグラントリノ以降では一番良かったです。
強大な権力者を描くのに、彼が一番隠したかった内の内からアプローチするというのは、ある意味イヂワルというか、本当に人間を丸裸にする様な凄みを感じました。
まあわかりやすい面白さからは離れているし、好みのはっきり別れる映画だと思いますけど。
ノラネコさん★ (mig)
2012-02-06 22:44:05
こんばんは★

そうでしたか~、そうですね~明らかに面白い映画ではないんですよね。
そこがどうにも。。。
もっと知らない人でも興味持てる描き方
例えばフロスト×ニクソンとかみたいに出来ると思うのでした~
って、巨匠の映画に偉そう(笑)
こんばんはー☆ (kira)
2012-02-08 21:34:04
先週の土曜日に観たのに、大河の感想が入って遅くなっちゃった

覚悟(笑)して行った所為か、2時間越えも気にならなかったし、
ドラマ部分も面白くみれちゃった~
ゲイネタは基本だめなんだけど、これくらいなら大丈夫だったしね~

コレ、好みは分かれるけど、けっこう男子は好きな作品だと思うんだけどなー。
kiraさん★ (mig)
2012-02-09 10:49:30
おはようございます♪
うん、kiraさん大好きなレオくんがでずっぱりで頑張ってたものね♡
ゲイネタはあのちょこっとだけだったよね、
あそこで感動出来るかどうかにかかってるような、、、
イーストウッドの中では特に賛否あるようですね今回。
日本人には馴染みない人物だしねー、、、
Unknown (SGA屋カプリコ一)
2012-02-29 22:06:02
レオ君ファンはがっかりするだろうね~ なんせ半分くらいが老けメイクだから(笑) それを言うならブラピの『ベンジャミン・バトン』もそうだけど

最近よく『タイタニック3D』の予告が流れてるね。いやあ、あのころのレオ君は笑顔がさわやかだったなあ(笑)

わたしはこの作品もそこそこ楽しんで観たけど、できることならフーバーはイーストウッド自信が演じてほしかった。次の作品には久々に俳優として出るらしいので楽しみ
伍一カプリコ(カプリコでの登場回数最多) (mig)
2012-03-01 23:54:45
そうね~、
でもモノマネ大会じゃないんだからって
実在の人物の時はちょっと思っちゃう。だってマリリンやったミシェルとかサッチャーのメリルとか皆そっくりに化けて、、、、
そうそうサッチャーもいまひとつだったけどこういうよく知らない人は描き方でいかに興味持たせるかって大事だと思うの。

レオくん、今はもうすごい貫禄だからね~
伍一っちゃんも気をつけあれ!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

49 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「J.エドガー」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?
J・エドガー/J. Edgar (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』の...
『J・エドガー』 (ラムの大通り)
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半....
J・エドガー (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orチラシの印象】実話っぽくてワンマンなFBI長官のお話
J・エドガー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ...
『J・エドガー』 (こねたみっくす)
初代FBI長官、革新者、マザコン、同性愛者、秘密主義、権力者、正義を愛するアメリカ国民、そして近代アメリカの裏の歴史ジョン・エドガー・フーバー。 恐喝・盗聴・科学捜査を駆 ...
劇場鑑賞「J・エドガー」 (日々“是”精進! ver.A)
フーバーのもたらした、光と闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201280004/ キネマ旬報 2012年 1/15号 [雑誌] キネマ旬報社 2012-01-06 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-...
J・エドガー / J. Edger (勝手に映画評)
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ....
「J・エドガー」 (或る日の出来事)
FBI(アメリカ連邦捜査局)(Federal Bureau of Investigation)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァー(在位1924年~1972年)とは、どんな人物だったのか。
『J・エドガー』 ('12初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。
J・エドガー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ....
『J・エドガー』 2012年1月18日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『J・エドガー』 を試写会で鑑賞です。 フーバー長官って言う方が、日本では分かりやすいよね・・・ 【ストーリー】  1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、数々の戦争を...
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる (はらやんの映画徒然草)
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
J・エドガー (佐藤秀の徒然幻視録)
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ...
クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)脚本はダスティン・ランス・ブラック(ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」でアカデミー賞脚本賞受賞) 物語・F
ゲイ色強し。 【映画】J・エドガー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】J・エドガー FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描く。 クリント・イーストウッド×レオナルド・ディカプリオ 【あらすじ】 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕...
J・エドガー (心のままに映画の風景)
1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。 片腕となるクライ...
J・エドガー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。
J・エドガー (風に吹かれて)
FBIに48年君臨した男公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover監督: クリント・イーストウッドFBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガ
J・エドガー (Akira's VOICE)
その男,葛藤につき。  
映画「J・エドガー」 (FREE TIME)
映画「J・エドガー」を鑑賞しました。
『J・エドガー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
J・エドガー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     『J・エドガー』  (2011) 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。 し...
FBIを創った男~『J・エドガー』 (真紅のthinkingdays)
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...
『J・エドガー』 「強い男」の神話 (Days of Books, Films )
J.Edgar(film review) クリント・イーストウッドは『J・エドガ
J・エドガー(試写会) J.EDGAR (まてぃの徒然映画+雑記)
ディカプリオが、一瞬レスリーとダブりました。 FBIを創設して初代長官に就任し、8代の大統領に仕えたジョン・エドガー・フーバーを、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演で描く。物語は、晩年のフーバーがFBI創設前夜からの話を口述筆記させる...
J・エドガー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。 実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...
『J・エドガー』 (Cinema+Sweets=∞)
この間の映画の日は府中まで足をのばして、TOHOシネマズ府中で『J・エドガー』を観てきました。 映画の日だし、何本か観ようかなーと思っていたんだけれど、結局この日はこの1本の鑑賞しかできず、ちょっ...
J・エドガー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月4日(土) 16:05~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『J・エドガー』公式サイト FBI初代長官の話。 「アンタッチャブル」のような爽快な話ではなく、同性愛疑惑もあり吃音で実は小心者であると...
J・エドガー (to Heart)
だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 原題 J. EDGAR 製作年度 2011年 上映時間 137分 脚本 ダスティン・ランス・ブラック 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デン....
偉人の話かと思いきや・・・。『J・エドガー』 (水曜日のシネマ日記)
FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品です。
J・エドガー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長...
J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた (労組書記長社労士のブログ)
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...
J・エドガー/正義の、裏の顔。 (映画感想 * FRAGILE)
J・エドガーJ. Edgar/監督:クリント・イーストウッド/2011年/アメリカ FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーの物語 レオナルド・ディカプリオが20代から70代までをひとりで演じたことが話題になっているようです。アメリカの歴史についてとか、政治的な思想がどう...
J・エドガー(2011)☆★J. EDGAR (銅版画制作の日々)
 だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。デカプリオ&イーストウッド監督初のコラボが実現! 評価:=60点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 これは事前にジョン・エドガー・フーヴァーなる人物について知っておくべきでした。まだ未見の方、その方が良いと思いま...
J・エドガーという人 (笑う学生の生活)
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 イーストウッド監督、ディカプリオ主演 期待は高まるわけですが 50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官 J・エドガー・フーバーの話 ストーリーは淡々と語られていき 伝記のようですね ちょっと 盛り上がりに欠けたか...
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の映画日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J....
「J・エドガー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・アメリカ/配給:ワーナー原題:J. Edgar 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ダスティン・ランス・ブラック 撮影:トム・スターン 美術:ジェームズ・J・ムラカミ製作:クリント・イー
J・エドガー (映画的・絵画的・音楽的)
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
禁断のFB愛 クリント・イーストウッド 『J・エドガー』 (SGA屋物語紹介所)
いま最も精力的なジジイ監督でおられるクリント・イーストウッド。その最新作はFBI
[映画]J・エドガー (タニプロダクション)
新宿ピカデリー 点数・・・☆☆☆☆ クリント・イーストウッド監督の最新作 傑作! またイーストウッド監督がこういうゴリゴリとした反骨精神むきだしの作品をみせてくれたことも嬉しいけど、まさかこんなに濃厚な恋愛映画になってるとは予想もしてなかったなあ。 しかし...
J・エドガー (メルブロ)
J・エドガー(原題: J. EDGAR) 394本目 2012-06 上映時間 2時間17分 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー) 、 ナオミ・ワッ ...
J・エドガー           評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
「インセプション」のレオナルド・ディカプリオが、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーに扮し、創設から50年もの間、そのトップに君臨し続けた権力者の隠された生涯を描く。監督は「ヒア アフター」のクリント・イーストウッド。共演は「フェア・ゲーム」のナオミ・....
映画『J・エドガー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ...
J・エドガー (いやいやえん)
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
「J・エドガー」  !!(゜ロ゜屮)屮マザコンでホモかよ! (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
レオナルド・ディカプリオ主演映画来ましたよ[E:sign03] しかも[E:si
J・エドガー (こんな映画見ました~)
『J・エドガー』---J. EDGAR---2011年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 、アーミー・ハマー 、ジュディ・デンチ 初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯を、クリント・イーストウッド監....
【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした 早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに) 「J・エドガー」 (監督...