我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

トム・アット・ザ・ファーム/TOM A LA FERME/TOM AT THE FARM

2014-11-01 15:49:30 | 劇場&試写★5

 

 

デビュー作「マイ・マザー」や2012年「わたしはロランス」で評価を受けた、

まだ若き26歳カナダ出身監督 グザビィエ・ドランが、監督/主演/脚本/衣装/編集の5つを担当。


カナダのケベック在住の劇作家ミシェル=マルク・ブシャールの同名戯曲を基に、

同性の恋人・ギョームを亡くし、葬儀に出席する為に彼の故郷を訪れたトムと、ギョームには女性の恋人がいたと信じているギョームの母、

トムの存在を知ってはいたが、同性愛を知られないようにするため恋人であることを隠すよう強要する兄のフランシスらの

閉ざされた危うい人間関係。

危険な愛と暴力、罪、隠された過去を巡る物語。

 

グザヴィエ・ドランは若かりしジョニー・デップを思わせる

繊細な内に秘めた情熱みたいなものを漂わせる。

 

農場の田舎に拘束された恋人の兄、フランシスに少しづつ知らぬ間に

心は洗脳されていく、、、、

 

 

トムは逃げようと思えばいくらでも逃げられる状況、暴力的行為に及んだかと思うと

突然のダンス、、、、

 

頼んで来てもらったサラはこの雰囲気でヤバいと察知し、

逃げようともするが、お酒の勢いで結局フランシスの思うまま。

 

何かがトムを駆り立てる。

 

モントリオールの広告代理店で働くトムは、交通事故で死んだ恋人のギョームの葬儀に出席するために、彼の実家である農場に向かう。そこには、ギョームの母親アガットと兄フランシスが二人で暮らしていた。トムは到着してすぐ、ギョームが生前、母親にはゲイの恋人である自分の存在を隠していたばかりか、サラというガールフレンドがいると嘘をついていたことを知りショックを受ける。さらにトムはフランシスから、ギョームの単なる友人であると母親には嘘をつきつづけることを強要される。恋人を救えなかった罪悪感から、次第にトムは自らを農場に幽閉するかのように、フランシスの暴力と不寛容に服していく…。

 

閉塞的な環境、雰囲気の中 高まる狂気、狂っていく日常。

 

音楽はガブリエル・ヤレド。

 

 

5/10(57点)


25歳の若さで監督主演脚本…世界に認められ でも今作、私にはいまいちだなどうにかなる手前で見せない、

そんな演出もまどろっこしく感じちゃうタイプで特に大きな展開なく理由も全て明かさない、

田舎の農家で洗脳されてく怖さとか、狂気、異常な愛とかまぁわかるけどという感じ。

ナルシスト的な監督主演のグザビィエくん、魅入るほどに美しいと感じる人や

この閉鎖的な世界観に取り込まれちゃう方にはお気に召すだろうけど

そりゃそうなんだけど、好みに大きく分かれる作品。

やりきれない孤独とか、訴えたいことは理解は出来るけど作品として云々じゃなくて

雰囲気は嫌いじゃないけど、結局精神的なところをみせるだけにとどまる、

何か起る、とまではいかない曖昧さが わたしはいまひとつ。

衝撃さを求め過ぎ?


あ、監督ドランの友人でもあるケイレブくん(ランドリー・ジョーンズ)出演シーンは大幅カットされてたとか。

それとも全部カットされたのかな?

いるとしたらラスト近くの口裂け男の後ろからのカットが怪しいんだけど。


 

 映画『トム・アット・ザ・ファーム』特報・ロングバージョン

 

 公式サイト 

TOM A LA FERME         2013年      カナダ=フランス   102min

10月25日より、公開中〜

 

 

カンヌ映画祭で審査員賞を受賞した、新作「MOMMY」は2015年4月日本公開決定。

あれ、何かこれまた違う雰囲気ね。髪のせいだけ?

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (4)   Trackbacks (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ゲスト/THE GUEST | TOP | ニンフォマニアック Vol.2/NYMPH... »

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうだねえ。 (rose_chocolat)
2014-11-12 08:53:12
確かに心理っぽい感じではあって。
ドランは一貫したテーマがあるから、それを描いたものとしてはこれはいいと思った。
けど、ここから先、このパターンの映画が続いていくようだとちょっと厳しいよね。
『マイ・マザー』『ロランス』そしてこれと、全て共通テーマがあるから、観ている方が食傷にならないようにこれからは作って行かないといけないんじゃないかと思ってます。
Roseさん★ (mig)
2014-11-14 20:28:57
そこまで評価されるのが
私にはあまりわからない、好みじゃないからかなー
狙いすぎなとことナルシスト入ったとこがあまり 笑
Roseさんはかなり気に入ってる感じ?
なんかね (sakurai)
2015-01-26 12:44:07
あたしもあんまり好きじゃない。
んだけど、そうは言えないような、この人すごいんだから・・っていう雰囲気がどうも苦手です。
それなりに評価はするけど、そんなに好きじゃないです。
「ロランス」はすげーーと思ったけど、これからどうなるでしょうね。
同性愛路線一本?
sakuraiさん☆ (mig)
2015-01-26 22:52:27
こんばんは★
あーやっぱり??
なんかねー面白いかそんなにって感じですよね。
あと、自分大好きでナルシストがそのまま自分主役で監督もっていうのが好きになれないのかも。
まぁ多才で才能はあるのかもだけど。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

10 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『トム・アット・ザ・ファーム』 こんなふうにも撮れるんです (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』『わたしはロランス』のグザヴィエ・ドランの最新作。  この作品はドラン自身のオリジナル脚本ではなく、ミシェル・マルク・ブシャールの戯曲の映画化である。サスペンスフルな音楽を担当したのはガブリエル・ヤレド。  恋人...
「トム・アット・ザ・ファーム」 (ここなつ映画レビュー)
東京国際映画祭のワールド部門。「わたしはロランス」で評判を獲得したカナダ人のグザヴィエ・ドラン監督の作品。 とても良かった。映画的な、極めて映画的な。 友人(と表現していいのかな?)の死に際して、葬儀に参列するために彼の故郷の農場を訪れた主人公である...
【TIFF_2013】『トム・アット・ザ・ファーム』 (2013) / カナダ・フランス (Nice One!! @goo)
原題: Tom at the Farm [ Tom à la ferme ] 監督/エグゼクティブ・プロデューサー/製作/脚本/編集: グザヴィエ・ドラン 出演: グザヴィエ・ドラン 、ピエール=イヴ・カルディナル 、リズ・ロワ 、エヴリーヌ・ブロシュ 第26回東京国際映画祭『....
トム・アット・ザ・ファーム 〜 トウモロコシ畑のビッチ (まぜごはん)
そして・・・映画本編が始まりました。どきどきどき・・・ 亡くなった恋人ギヨームの葬儀に参列するために彼の実家の農場へやってきたトム。母はギヨームの恋人サラがなぜ来ないのか、と嘆く。 ギヨームの兄フランシスはお前がギヨームの恋人だったことは母にいうな、...
トム・アット・ザ・ファーム 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『ヘラクレス』を観ましたらシネコンのポイント カードが無料鑑賞1本分まで貯まりましたので、 普段あまり観ない感じの映画を観てみる事に、 カンヌ映画祭で話題を振りまく若干25歳の映画監督 兼俳優のグザヴィエ・ドランのサスペンス映画 『トム・アット・ザ・ファーム』...
「トム・アット・ザ・ファーム」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Tom à la firm」…aka「Tom at the Farm」2013 カナダ/フランス モントリオールの広告代理店で働くトムは交通事故で亡くなった恋人ギョームの葬儀に参列するため、ケベック州にある彼の実家の農場を訪ねる。そこにはギョームの母親アガットと農場を経営する兄フ...
妖気〜『トム・アット・ザ・ファーム』 (真紅のthinkingdays)
文字色  TOM A LA FERME  TOM AT THE FARM  恋人ギョームを事故で亡くしたトム(グザヴィエ・ドラン)は、葬儀のために 彼の故郷・ケベックへと車を走らせる。辿り着いたギョームの実家は閉鎖的 な田舎町に在り、母アガット(リズ・ロワ)と兄フランシ...
トム・アット・ザ・ファーム ★★★ (パピとママ映画のblog)
監督第3作「わたしはロランス」の劇場公開によって日本でも注目を集めるカナダの若き才能グザビエ・ドランが、カナダ東部ケベック州の雄大な田園地帯を背景に、閉鎖的な家族と地域を舞台に描いた心理サスペンス。恋人の男性ギョームが亡くなり悲しみに暮れるトムは、葬儀....
トム・アット・ザ・ファーム (迷宮映画館)
今度の色遣いは静謐。
「トム・アット・ザ・ファーム」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ドラン君の映画を見るのは2作目ですが、彼が役者をしているのは初めて見ました。