我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

アメリカンハッスル/AMERICAN HUSTLE

2014-02-05 01:37:57 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

'70年代後半に実際に起った汚職スキャンダルを基に、FBI捜査官に捜査協力を依頼された天才詐欺師が

政治家たちにオトリ捜査を仕掛けていくドラマ。

3月発表のアカデミー賞にて、作品賞含む最多部門でノミネート

 

ザ・ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督最新作

とにかくキャストが豪華

バットマンにX-Menのミスティークにアベンジャーズのホークアイ、、、、

それから、ん??ブラッドリー、たぬきの吹替なんてやってないけど

 

じゃなくて、

クリスチャン・ベール、ジェニファー・ローレンス、ブラッドリー・クーパー

エイミー・アダムス、ジェレミー・レナーという豪華キャストのアンサンブルで魅せる

 

この役作りのため、バーコード禿げ&でっぷり体系に体を作って出演は

クリスチャン・ベール。昔主演の「マシニスト」でガリガリになったときとまるで別人!

詐欺師のプロ、アーヴィン。

隣のくるくるパーマ、ブラッドリー・クーパーはFBI捜査官、リッチー。

 

アーヴィンの愛人で相棒の女詐欺師シドニーにエイミー・アダムス。

ほとんどずーっと衣装はハミ乳で見せまくり!

こちらもお色気では負けてません

アーヴィンの妻で二人の仲に嫉妬するロザリンはジェニファー・リーレンス。おとり捜査の邪魔者。

 

そして標的となり利用される、市民に愛される市長にジェレミー・レナー。

昔臭さがイイネ☆(後ろにちょこっと映ってるのはジェレミーの初子なんだって。)

 

あ、それから マイケル・ペーニャのホントは違うアラブ人役も良かったし

陰の大物として、出た~!って感じにクレジットなしで出演のデニーロも良かった♪

(前作にも出演してたしね)

 

 

 

愛、嫉妬、嘘。騙し騙され、豪華キャストのアンサンブルで魅せる社会派コメディドラマ




完全犯罪を続けてきた天才詐欺師アーヴィンと、そのパートナーにして愛人のシドニー。遂に逮捕された二人は、イカれたFBI捜査官リッチーに、自由の身と引き換えに捜査協力を強いられる。それは偽のアラブの大富豪を使って、アトランティック・シティのカジノの利権に群がる政治家とマフィアを罠にハメるという危険な作戦だった。ターゲットはカーマイン市長。しかし、アーヴィンの妻ロザリンが、アーヴィンとシドニーへの嫉妬から捜査をブチ壊す動きを見せる──。

 

 

 7/10(77点)

 

 

まず、音楽の使い方、最高!!

名曲たちばかりで、音楽好きならサントラ欲しくなること必至♪♪

 

諸事情でオンライン予約した席だったのに間に合わず、最初の15分ほどを見逃したのが残念。

それでも意味はすぐ理解できたから良かったけど

また時間あるときにみようかな。

 

アカデミー賞会員のおじいちゃんたち、こういうエンタメ作品を作品賞ノミネートに

するなんて時代が変わったのね~

と思うほど、普通にエンタメ作品。

キャストたちの個々のキャラを毎度魅力的に描くこの監督ならではの

今回もそれぞれのキャラが個性的に。

おかげで、悪いヤツなはずの詐欺師にも同情?というか

悪に見えなく思えてくるし、熱血FBIのブラッドリーがまたヘンなパーマだけど

可愛い

 夜になるとちゃんと自宅でカーラーすんのよ♡

 

批評家たちにやたらと毎度気に入られてるジェニファー・ローレンスは

前回のこの監督に引き続きだけど、本作も娼婦かっ!って思えるカッコで

寂しい悪妻&ビッチっぷり。

さすがにうまいけど、そんなオスカーあげちゃうほどか?

市長にもらったばかりの当時高価なオーブンに銀製のもの入れて壊したりと

やんちゃ。

 

鑑賞した日はかなり睡眠時間少なくて眠かったにもかかわらず、

引き込まれちゃってぜんぜん眠気もおきない!

これこそが映画を楽しめたって証拠!

トイレでの愛人と本妻の掛け合いも面白い

っていうかいきなり ぶちゅっとしちゃうなんて、監督の趣味? 笑

 

おちゃめなブラッドリーが可愛すぎる♡(しつこい)

 

うまい役者たちの絡み具合、掛け合いが最高。

まぁ、これがアカデミー賞作品賞ノミニー??って感じもしなくはないけど

面白いからいいんじゃない♪

映画を観た!って充実感をたっぷり味わえる作品というのはやっぱり今なかなか貴重。

実際2時間ちょい超えというのは長過ぎな感じも否めないけど

騙し騙されのエンターテイメント、つべこべ言わずに堪能しちゃうが勝ち♪

 

  公式サイト 

AMERICAN HUSTLE      2013年     アメリカ    138min

1月31日より、公開中~

 

 

 

 

さて、オスカーどれだけとるかな??

 

 


 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイティ・ソー/ダーク・ワ... | TOP | MUD -マッド-/MUD »

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
セクシー・エイミー (xtc4241)
2014-02-05 05:57:50
migさん、おはようございます。
いま2月5日5:40頃です。

2月に入ってどっちを先にみようかな。
「アメリカン・ハッスル」と「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。
僕はスコッセッシ-ディカプリオを選びました。
こっちは来週見に行く予定です。
それにしてもマイ・フェイバリットのひとりエイミー・アダムスがセクシー衣装ですね。
「人生の特等席」「メン・オブ・スティール」「オン・ザ・ロード」「ザ・マスター」などここ2、3年の間にいろんな監督の映画に出演してますね。
清純派から汚れ役、そして今度のセクシー役とみごとに演じきっている。ことしはアカデミー賞、是非、とってほしいを思います。
そうだ。「ダウト」や「ザ・マスター」で共演したフィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなりましたね。
いまの映画界で、もっとも個性的な役者だった。
ドラッグが原因ではないかと言われてますが、それだけ役者というのは精神的にきびしいものがあるんですね。残念です。
一気見? (ノルウェーまだ~む)
2014-02-05 10:08:58
migちゃん☆
すごねー!精力的に観ているのね♪
ブラッドリーのパンチパーマ、ウケたわ(笑)
後ろのほうはどうやって自分で巻くのかな?ママにやってもらうのかしら・・・

一番最初のポスター、面白い~よく見つけたね☆
こんにちは♪ (yukarin)
2014-02-05 12:42:35
ほんと豪華なメンバーだったよね。
冒頭からクリスチャン・ベイルのヘアセットとお腹にびっくりしつつ....
ジェニファーの貫禄っぷりに圧倒され...
ブラッドリーのカーラーにおちゃめさ...
エイミーの胸があいた服に....^^;
それぞれの演技合戦という感じで面白かったけど、ちょいと意識が飛んだ部分も(笑)

うわっ最初の15分は残念だったね。
xtcさん☆ (mig)
2014-02-06 11:29:47
こんにちは。
エイミーアダムスファンなんですね。
この作品それじゃうれしいと思いますよ、なにしろ
ハミ乳でずっと出っぱなしでエロティックです 笑
そう、フィリップシーモアさん。
オーバードーズらしく、悲しいけどドラッグでなくなったのはちょっと自分が悪いところもあるから同情できないかな。月に100万使っていたらしいです。

レオのも昨日みるつもりが熱でやめました
楽しみですよ☆
まだーむ☆ (mig)
2014-02-06 11:31:20
1月からもう観たいのが多すぎであと10本は観たいのがあるよーやばい。
精力的にってわけじゃなくてけっこう前にみてたのを全然書けてないのよーわすれそう。。。。
yukarin☆ (mig)
2014-02-06 11:33:16
うん、キャストとキャラがよかったよね♪
楽しかったー♪
この監督っていつもいろんなキャラを面白くみせる。
ハッカビーズで起用したジュードも出してほしかったな!そしたらオスカー候補なったか!?笑
冒頭15分残念すぎるからまた観るわ!
寒いですね~ (小米花)
2014-02-07 00:12:26
キャストと話の展開が魅力で楽しめたのですが、ちょっと期待しすぎてしまいました。

始めをカットしてしまったのですね~。
それでも話がすぐに繋がるのはさすがmigさんですね。

楽しかったので、ヨシとしました。
作品賞はねぇ~?ですね。
Unknown (風情♪)
2014-02-08 10:22:13
こんにちは♪

ダマしだまされのコン・ゲームを期待しちゃっ
ただけに愛憎劇中心に肩透かしを食らった感じ
だし、話が長いしでダレてしまったりで残念な
結果で終わってしまいました。

うわぁ~、出演者の集合写真でのJ・ローレンス
めちゃくちゃカワイイじゃないすっかぁ~!
ショートカット似合ってるしぃ。
役柄ではA・アダムスより一回り以上若いのに同
じ年齢くらい見えたけど、こうしてみるとやっ
ぱり若さが弾けてますな。
A・アダムスのハミ乳もイイっすよねぇ~♡
コレを機にボクもハミ出させてみようかと♪
ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘヘ
小米花さん☆ (mig)
2014-02-08 16:23:36
いやーほんとに大雪になっちゃいましたね!
ちょうど熱でちゃって仕事休んだのだけど
出ても帰りが危うかったからよかったかも。

キャラがいつもたっててこの監督のは面白いですね。
ブラッドリーのパーマ姿や激太りのクリスチャン
など、面白かったです♪
風情さん☆ (mig)
2014-02-08 16:30:40
ジェニファーローレンス、嫌いだけど
この写真は可愛くとれてますね。笑
あら?風情さんあまりお気に召さなかったんですね。
わたしは全く眠くならずに楽しみました。
最初の15分逃したのが残念~
オスカーこれでとったら驚くけど
キャラが毎度個性的で楽しいです。
ジェニファーローレンスよりも
ケイトブランシェット有力らしいですね。
アカデミー賞が楽しみ!
Unknown (オリーブリー)
2014-02-08 16:58:33
こんにちは。

面白かったですねー。
80年代の音楽も懐かしく、感情とリンクしてミュージカルみたいにも感じることができました。
オリーブリーさん☆ (mig)
2014-02-08 21:44:20
こんばんは。
アカデミー賞でこういうのが選ばれるってなんか変わりましたね。
選曲もまた良かったですね♪
テンポも速いし♪
音楽 (NAO)
2014-02-09 22:08:59
こんばんは~migさん。

都内は雪凄かったですよね。
湘南もかなり降ったので、昨日は参りました><

ジェニファー、若いのに貫禄ありましたね。
演技すごく良かったけど、個人的には「世界でひとつのプレイブック」の方が良かったかも?
お話は、私もちょっと前半だれた感じがして少し眠気が襲いました^^;
後半で目が覚めた感じ(笑)
あと、音楽がとっても効果的に使われていて良かったな~。
選曲のセンスの良さを感じました☆☆
MAOさん☆ (mig)
2014-02-10 14:50:13
こんにちはー
すごいつもりましたね!

あ、私はまったく眠くならなかったんですよー、
むしろ睡眠不足でみたのにまったくのめりこんじゃった♪
ジェニファーローレンスって
プライベートでもけっこうイケイケで
ズハズバいってるしこのタイプ
ちかいんじゃないかなーと。
音楽もよかったですね♪
冒頭のシーン! (真紅)
2014-02-15 20:18:38
migさん、こんばんは☆
雪、2週連続で大変ですよね。。大阪も降りましたよ。
で、これ冒頭のシーンが凄いインパクト(笑)なので、いつかDVDででも是非観てみてね!
最近、ブラッドリーって生田斗真くんに似てる、と思ってしまいます。。
真紅さん☆ (mig)
2014-02-15 22:53:12
こんばんは☆
すごかったですーー大阪もですか?
こちらもうほんと電車もヤバいし道が今日は雨でぐちゃぐちゃ。
冒頭はDVDでみます!必ずや。みたいの多すぎで二回目は無理で。笑
あ、斗真も離れ目だしたれ目だから確かに☆
どっちもタイプ斗真はエズラミラーにも似てます
最初の15分 (KGR)
2014-02-20 11:26:26
髪の毛に関連して、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパーの関係を示すシーン、
笑えました。

「モネ・ゲーム」はどんでん返しの意外性と言う点で少し思っただけで、
それ以外の面では全く共通点はありません。

脚本、演出、演技のいずれもこちらの方が良かったです。
KGRさん☆ (mig)
2014-02-21 21:04:12
最初の15分は髪関係のシーンだったんですか?!
それは気になるなー笑
これ、面白かったけどオスカー取るかどうかは
微妙ですよねー。結果楽しみ☆
こんにちは (たいむ)
2014-02-24 08:11:18
流氷を見に行ってて遅くなりました(笑)

>最初の15分
うわ~。冒頭の髪の毛シーンを見逃したってこと?
あのインパクトはなかなか(爆)
だから?ってもんだけど必見?!
たいむさん☆ (mig)
2014-02-25 19:43:38
あー、やはり髪の毛関係あるんだ?!
残念だわーー
もう一度みる余裕ないからDVDでてから
確認しますっ!!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

46 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『アメリカン・ハッスル』 2014年1月24日 明治安田生命ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アメリカン・ハッスル』 を試写会で鑑賞しました。 これはアカデミー賞を獲れるのか 私的には微妙だと思います 【ストーリー】  詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。彼らはFBI捜査官リッチー(ブラッド...
アメリカン・ハッスル (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 FBIに協力する詐欺師がマフィアから逃
「アメリカン・ハッスル」一九分けの下にある真実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
うーん、これがアカデミー賞6部門ノミネートなの? だとしたら、このCGで嘘ばかりの現代に、見事な肉体改造で醜く挑んだクリスチャン・ベイルへのご褒美というところか。 最後まで続く騙し合いの誰を信じてよいのかわからないモヤモヤの中で、真実はこのブヨブヨの体...
アメリカン・ハッスル/愛と欲望、そしてヅラ。 (映画感想 * FRAGILE)
アメリカン・ハッスルAmerican Hustle/監督:デヴィッド・O・ラッセル/2013年/アメリカ ややこしい愛、偽りの友情、隠せぬ欲望、そしてヅラ。 TOHOシネマズみゆき座E-7で鑑賞。まったくノーマークで、スルーリストに入れていましたが、アカデミー賞ノミニーという...
アメリカン・ハッスル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【AMERICAN HUSTLE】 2014/01/31公開 アメリカ 138分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニ...
デヴィッド・O・ラッセル監督『アメリカン・ハッスル(American Hustle)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。アメリカで起こった収賄事件「アブスキャム事件」を基に「ファイター」「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督が映画化した『アメリカン・ハッスル(America
アメリカン・ハッスル (Akira's VOICE)
真面目がいちばん!  
アメリカン・ハッスル ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材にしたサスペンスドラマ。自由と引き換えに、FBIが仕掛ける悪徳政治家検挙を狙ったおとり捜査に協力させられる詐欺師たちの姿を、スリリングに映し出していく。メガホンを取るの....
アメリカン・ハッスル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) クリスチャン・ベイルの痛々しさはいつ以来だろう。
映画『アメリカン・ハッスル』観たよ~ (よくばりアンテナ)
毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、 アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。 まずは1本目。 詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。 実話を脚色したってことらしい。 期待してな...
みんな自己中。『アメリカン・ハッスル』 (水曜日のシネマ日記)
政治家などの収賄スキャンダル事件を題材にしたサスペンスドラマです。
アメリカン・ハッスル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:American Hustle。デヴィッド・O・ラッセル監督、クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレン ...
劇場鑑賞「アメリカン・ハッスル」 (日々“是”精進! ver.F)
最後に笑う者、泣く者は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401310001/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/AMERICAN HUSTLE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別) 【送料無料】アメリカン・ハッスル 上 [ ロバー...
『アメリカン・ハッスル』 (こねたみっくす)
人は信じたいものを信じる。 詐欺師コンビがFBIに捜査強力して大物政治家を罠に嵌める爽快感はないものの、最後の最後で巧いこと詐欺師に騙されたというニンマリだけは確実に残る ...
アメリカン・ハッスル (試写会) (風に吹かれて)
髪の毛の話題はNG (≧m≦) 公式サイト http://american-hustle.jp1月31日公開 監督: デヴィッド・O・ラッセル  「ザ・ファイター」 「世界にひとつのプレイブック」 天
アメリカン・ハッスル AMERICAN HUSTLE (映画の話でコーヒーブレイク)
「人は見た目が9割」なんて身も蓋もないタイトルの新書がベストセラーになっていましたが、 イケメンでも服装や髪形、体型でこんなにも印象が変わるのか!っと驚きです。            「バットマン」でクールなブルースを演じるクリスチャン・....
アメリカン・ハッスル/クリスチャン・ベイル (カノンな日々)
1979年のアメリカで実際に起きた政治家などの収賄スキャンダル、アブスキャム事件を題材に映画化したドラマです。アカデミー作品賞にノミネートされ日本でもにわかに注目を集めつつ ...
アメリカン・ハッスル / American Hustle (勝手に映画評)
実話を下にした作品。って言うか、作品クレジットでは“いくつかの事実を含む”と言う感じでしたかね(笑)。ちょっと、脚色が強かったと言うことでしょうか。 下敷きとしたのは、1979年にアメリカ政界に巻き起こったアブスキャム事件。詐欺師グループをおとり捜査に使った...
『アメリカン・ハッスル』 (My Pace, My Self)
2月は観たい映画目白押しだから時間を無駄にできないということで、公開日1000円を利用して『アメリカン・ハッスル』を観てきました。 ※以下感想です。  ネタバレありですのでご注意ください。  
アメリカン・ハッスル (悠雅的生活)
人は信じたいものを信じる。 
アメリカン・ハッスル? (ダイターンクラッシュ!!)
2014年2月1日(土) 16:20~ TOHOシネマズみゆき座 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 面白かったと言わなければ、バカ認定されそうな巷の評価 『アメリカン・ハッスル?』公式サイト ブラッドリー・クーパーのFBI捜査官が、ヅラのクリスチャ...
アメリカン・ハッスル (こんな映画見ました~)
『アメリカン・ハッスル』---AMERICAN HUSTLE---2013年(アメリカ) 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: クリスチャン・ベイル 、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンストーマス・マシューズ...
『アメリカン・ハッスル』 (時間の無駄と言わないで)
クリスチャン・ベイルが何か物凄いコトになってる映画。 こんなに笑い所の多い作品だとは思わなかったわ。 主要人物のヘアスタイルが一九分け、パンチ、巨大リーゼント。 ヒロ ...
映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、....
映画:アメリカンハッスル American Hustle 破綻しカオス状態に陥るプロット(笑)を勝ち抜くのは誰だ?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
話題のド真ん中にいる今作。 先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。 アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。 (作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、....
「アメリカン・ハッスル」 (ここなつ映画レビュー)
アメリカらしい作品。軽快で練れていてキャラが立ってて。芸達者な役者陣に支えられて最後の最後まで楽しめる。 とはいえ「諸手を挙げて絶賛」とまではいかないのは何故なんだろう?題材も展開もすごく好きなジャンルなのにね。この監督デビッド・O・ラッセルとは相性が...
アメリカン・ハッスル (心のままに映画の風景)
アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)は、完全犯罪を続けてきた天才詐欺師だったが、ある時、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されてしまう。 アーヴィンとシドニーは、無罪放免を条件に、カジノ利権...
「アメリカン・ハッスル」 自分騙し (はらやんの映画徒然草)
ゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー賞にも多くの部門でノミネートされている
「アメリカン・ハッスル」American Hustle (2013 SONY=ファントム・フィルム) (事務職員へのこの1冊)
異様に太ったクリスチャン・ベイルが、禿げ上がった髪をなんとかする描写からスタート
『アメリカン・ハッスル』 (2013) (相木悟の映画評)
名優たちが織りなす、騙し合戦に酔いしれよ! まさに観る者を虚像テーマパークに誘い込み、人間の本質を笑い飛ばす一大エンターテインメントであった。 本作は、一時期、人間性の問題で映画界を干されるも、『ザ・ファイター』(10)で華々しく復活し、次作『世界に....
「アメリカン・ハッスル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「American Hustle」2013 USA アーヴィンに「ニュー・ワールド/2005」「アイム・ノット・ゼア/2007」「ダークナイト/2008」「ダークナイト ライジング/2012」のクリスチャン・ベール。 リッチーに「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ニューヨーク、アイラヴ...
『アメリカン・ハッスル』『なんちゃって家族』 (ラムの大通り)
(原題:AMERICAN HUSTLE/WE’RE THE MILLERS) ----あ~あ、とうとう 『アメリカン・ハッスル』、 お話をしてくれないまま。 『メイジ―の瞳』もそう。 『なんちゃって家族』なんてとっくに始まっちゃってるよ。 フォーンが天国に行っちゃったからって、 これはちょっ...
アメリカン・ハッスル (とりあえず、コメントです)
1970年代に起きた収賄スキャンダルをもとに映画化したサスペンスです。 予告編を観て、演技派が揃っている上に派手そうだなあと楽しみにしていました。 予想以上に大きくなる事件に、さすがはアメリカだなあと思うような物語が繰り広げられていました。
「アメリカン・ハッスル」 (NAOのピアノレッスン日記)
~彼らは生き抜くためにウソをつく~ 2013年   アメリカ映画   (2014.01.31公開)配給:ファントム・フィルム     上映時間:128分監督:デヴィッド・O・ラッセル脚本:デヴィッド・O・ラッセル/エリック・ウォーレン・シンガー音楽:ダニー・エルフマ...
アメリカン・ハッスル(2013)**AMERICAN HUSTLE (銅版画制作の日々)
 奴らは生き抜くためにウソをつく―― ファーストディに鑑賞してきました。またまたクリスチャン・ベイル、大変身。ぶよぶよに太って、1・9わけのヘアスタイル。頭はかつらのようですね。役作りに徹底しているのは凄いけど。なんだかこの姿は今一つだったなあと。イン...
アメリカン・ハッスル (映画好きパパの鑑賞日記)
 オスカー候補の作品で、アメリカでは大ヒットしたけど、正直、テンポが自分とあわないため、今ひとつ。エイミー・アダムスの熟女の色気と、ジェニファー・ローレンスの壊れっぷりには簡単しましたが  作品情報 2013年米国映画 監督:デヴィッド・O・ラッセル ...
「アメリカンハッスル」 (Con Gas, Sin Hielo)
上質な脂のノリ具合を堪能。 今年初めて映画館に足を運んだ。少しでも足が遠のくと、「観てもいいかな」くらいでは重い腰が上がらなくなってしまう。映画の記事を書いている人間でこれなのだから、配給会社の宣伝部があれこれ知恵を捻る苦労は想像してありあまる。 時....
アメリカン・ハッスル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。  映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。  主人公のアーヴィン(クリ...
『アメリカン・ハッスル』 えっ、あのジェニファーが (Days of Books, Films )
American Hustle(film review) 『アメリカン・ハッスル
詐欺師/懐かしの70年代 ~『アメリカン・ハッスル』 (真紅のthinkingdays)
 American Hustle  詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その愛人にして相棒のシドニ ー(エイミー・アダムス)。完全犯罪を常としてきたふたりだったが、遂に逮捕さ れてしまう。FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)は、彼らに...
映画「アメリカン・ハッスル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
TOHOシネマズ錦糸町、スクリーン4。 11列223席、このシネコンでは2番目に大きいスクリーン。 C列とD列の間に通路がある。 記録がなかったため、適当な位置が判らずE列を選択したが、やや下の感じ。 もう一つ二つ後でもよかった vitと呼ばれるオンライ....
アメリカン・ハッスル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ 【解説】 1970年代後半のアメリカを揺るがした政治家などの収賄スキャンダル、アブスキ...
アメリカン・ハッスル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「マイティ・ソー ダーク・ワールド」を観た後は 同じシネコンで上映していたクリスチャン・ベイルや ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムスなど 豪華キャストが共演した映画「アメリカン・ハッスル」 を続けて鑑賞です。 アメリカン・ハッスル 原題:AMERICAN HUST...
「アメリカン・ハッスル」みた。 (たいむのひとりごと)
第86回アカデミー賞では作品賞等10部門でノミネートされている話題作。1970年代アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を映画化したもので、詐欺師とFBIがタッグを組んだ”おとり捜査”
強烈なアンサンブルの強み (笑う社会人の生活)
映画「アメリカン・ハッスル」を鑑賞しました。 詐欺師アーヴィンと相棒で愛人のシドニーはFBI捜査官リッチーに逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる 架空のアラブ人富豪をダシにカジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするという...
「アメリカン・ハッスル」 (或る日の出来事)
エイミーちゃんの衣装!