我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ハート・ロッカー/ The Hurt Locker

2010-02-24 12:21:40 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click



各映画祭などでの受賞数、100近く
もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命


21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝 
監督賞、作品賞はじめ、6部門で受賞した。
本家アメリカのアカデミー賞と受賞作品・俳優が重なることが多い。

監督は、同じくアカデミー賞作品賞でノミネート中の「アバター」の
ジェームズ・キャメロン監督の元奥さん、キャスリン・ビグローということでも話題の1本

【追記】アカデミー賞作品賞、受賞!

男の友情を描いたキアヌ・リーブス主演の人気作「ハートブルー」を撮った人でもある。


原題の「ハート・ロッカー」は、Rock'n Rollのロッカーではもちろんなくて、
心をロックしておくという方の意。
イラクの兵隊用語で“爆発”のことを例えて、
「ハート・ロッカー(=行きたくない場所 棺桶)に送り込む」という使い方をするとか。

脚本は製作も兼ねたマーク・ボールのイラクでの取材体験が基になっている。
バグダッドで最も危険な地域に赴任しているアメリカ陸軍爆発物処理班に何週間も入り、行動を共にして間近で見続けたそう。

イラクにおけるアメリカ軍兵士の戦死理由の半分以上が“爆弾”であり、
爆発物処理に携わる技術兵の死亡率は兵士よりはるかに高いという。


世界で最も危険な仕事、日々死と隣り合わせ。命をかけた任務、爆発物処理班の兵士たち


この映画、フェイクドキュメンタリーという手法で作られたフィクション。
観る直前までは知らなかったんだけど、キャストの名前をよくよくみると
ガイ・ピアース、レイフ・ファインズ、デヴィッド・モースの名俳優たちも
三人のメイン兵士1人のエピソードにつき一人づつ、こっそり?出てる。

こっそりというのはほんとに目立たない程度の出演で決して彼らがメインに出て活躍するわけではない。

リアリティを追求するため、あえてメインキャストの3人には、有名スターを避けて若手の実力派俳優たちを起用したらしい!
ウィリアム・ジェームズ二等軍曹演じたジェレミー・レナー(「28週後…」)は主演男優賞ノミネート。

イーストウッドの「インビクタス」で感じた、分かりやすい有名俳優が演じてると、、、、と感じたけど
リアリティを生み出すためのそのあえて知名度低い俳優キャスティングは成功に思える。
馴染みのない俳優たちが出てることで、映画である、ことを忘れさせるような。
これでサミュエル・L・ジャクソンやキアヌがメインキャストだったら違うもんな~。


6(64点)


これまで爆弾処理班という危険な職業ということについて知る事もなかったし、
イラク側が無垢な子供の身体の中に爆弾を仕掛けていたり、
何も知らない一般人が人間爆弾の犠牲になったり、そんな現実に起きた恐ろしさも描かれる。

ただ個人的に思うのは、かなり絶賛されているし 確かに伝わるところも大きい
これまでの戦争映画とは違った角度から、また争う事の醜さを描いた作品だとは思うけど、
正直、これまでのアカデミー賞作品賞のタイプとは違うような気がするなー。
公開になる日にはもう既にアカデミー賞は発表されてるんだけど、
過去の様々な統計でみると本作かなりのパーセンテージで作品賞受賞確率が高いようで。

去年のアカデミー賞外国語映画賞受賞作、「戦場でワルツを」同様に、戦争の恐ろしさを新しい角度で描いてる。

わたしとしてはこの映画がとったらちょっとびっくりかも。
でも去年はおもいきりエンタメな「スラムドッグ$ミリオネア」がとったことを考えると、
久しぶりにこんな骨太作品が受賞するのも十分ありえそうな気も。
いかにも評論家たちが好みそうな、一切笑いもない重い作品だし。
前半はずーっと爆弾処理のシーンが続き、淡々としてるので惹き込まれるってほどでもなく多少眠くもなった(なんか最近よく眠くなるな

そんな、重いシーンが続く中、
ラスト近くで見せる、ウィリアム軍曹が、まだ赤ん坊の自分の子に話しかける姿、スーパーで買い物する姿。
日々死を感じながら生きる彼も誰かにとっては普通の、ひとりの父親であり人間なんだというのを実感するワンシーン。

妻には「LOST」のケイト、エヴァンジェリー・リリーでした。

今回もの凄く入る広い会場での試写だったんだけど、エンドロールの最中に席を立つ人が多かった。
面白い映画、というのとは違うのは当然だけど
 戦争を描いたものの中でも起伏のある展開でどのシーンも目を見張って惹き込まれるというものではなかったから
ちょっと思ってたのと違ったという印象でした~。
それでも多くの人に観て欲しい1本。


2004年夏、イラクのバグダッド郊外。
アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班では、任務中に殉職者が出たため、
ジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることになった。
サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とした爆弾処理チームは、
任務明けまで、常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。
しかし、ジェームズは遠隔ロボットの活用など、基本的な安全対策も行わず、
自ら爆弾に近づいて、淡々と解除作業を完遂していくのだった。
一般市民かテロリストかも分からない見物人に囲まれた現場で
任務のさなか度重なる悲劇を目の当たりにしたことで、
ある時ジェームズは冷静さを欠いた感情的行動に出てしまうのだった...。




 公式サイト
The Hurt Locker     2008年  アメリカ   131min(PG-12指定)
3月6日(土)より、ロードショー




ランキングクリックしてね
←please click



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (64)   Trackbacks (91)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コララインとボタンの魔女3... | TOP | フィリップ、きみを愛してる... »

64 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あすか)
2010-02-24 12:41:27
やっほー。
これ私も随分前に見たのに、感想書いてなかった!
思い出させてくれて有難う(笑)

確かに女性が取った男の戦場という視点でなかなか面白かったとは思うけれど、私もそこまで絶賛とまではいかなかったな。
でもアカデミー賞という点では、なかなか点数高いかもしれないねぇ。

おっと! (KLY)
2010-02-24 21:27:39
中野ZEROかな?
migさんは普通っぽかったんですね。私は結構気に入りました。というより二重三重に命を危険にさらしての爆弾処理の緊張感に圧迫感がすごかったなぁって。
あと、あのスーパースローの映像から通常に戻る演出が斬新でよかったです。

ところで今日の「フィリップ君を愛してる」はいたのかな?ゲイ苦手な私がかなりきにいってます。(笑)
☆6なのね (ノルウェーまだ~む)
2010-02-24 22:53:57
migちゃん、グットタイミングでの鑑賞だね。
英国アカデミーで6冠の「ハート・ロッカー」はすごい気になっていたので、レビューを読めてよかったわ☆
元だんなの「アバター」がファンタジーなのに対して、元妻の「ハート・ロッカー」が超現実的な骨太の戦争映画っていうところが、また面白いね。
普通に戦争映画っていうのが、もしかしたら最近少ないから受賞したのかな?
もっと感動的なのかと思ったわ…
そもそも映画って・・・・ (有閑マダム)
2010-02-25 08:47:41
この記事、楽しみにしていました。

アカデミー受賞発表は、毎年楽しみではあるのだけれど、こんな風に全然違うタイプの映画のなかから優劣を競うことそのもの、なんだかすごく無理があるな~とも、感じます。
評価する基準が、エンタテインメント性なのか、映画の新たな技術的な側面なのか、メッセージ性なのか、人の感情を揺さぶることなのか・・・・それを「総合的に」という一言ではまとめられないですよねー。

今年は、映画史上の節目的な映画としては、アバターが評価されていいと思うし、個人的な好みではイングロリアス~が一番好きでした!
★あすかちゃん (mig)
2010-02-25 09:38:02
おー、あすかちんも観てたのね♪

そうなのよー、わたしも同感。
個人的には戦争ものってもう出尽くされたから違う角度でみせるものに評価が言ってる気が。でも実際に戦争はどこかでまだ続いてて、、、
平和を願うのは永遠だよね。

あすかちゃん頑張って書いてね★
★KLYさん (mig)
2010-02-25 09:40:25

いや~、やっぱりKLYさんいたんだ!
といってもあれだけ入る会場でわかったら凄いけど(笑)

うーん、普通よりちょい上なので6ってところだけど元々男臭い映画ってそこまでハマらないの。。。
おまけにちょっと中弛みな感じが、、、
面白いとわたし絶対眠気こないんですよ
フィリップの方もやっぱりいたんですねー、
絶対KLYさんいると思ったの★
わたしもあの映画
笑いましたね~♪
まだ~む☆ (mig)
2010-02-25 09:42:41
おはよ♪

そうなの、6ってとこかなぁ私は。
批評家からは絶賛されまくりだけど
私どうもそういうのってハマりきれなかったりして。
感動ってほどの作品ではないんだけど
リアルな戦争を違う面からみせてくれたという感じかな。
でも子供に付けた人間爆弾のシーンはとても残酷で、まだ~む泣いちゃうかも。
アカデミー賞の行方、気になるぅ。
★有閑マダムさん (mig)
2010-02-25 09:47:40
おはようございます♪

待ってて下さって嬉しいな!
あとでコメしに伺います☆

そうですね、おっしゃる通り。競うのもなんだかなって思えますよね。
そのために(評価得るため)良い作品を作る事に一生懸命になってるってクリエーターも多いみたいだし。
それよりも、後世に名作を遺す、っていうことが大事だと思いますよね~。

わたしも有閑マダムさんと同じ♪
イングロは一番大好きだから応援してるし、(ダメだろうけど)
こちらは有力らしいけどアバターのエンタメ性の方が受賞には相応しいかなと。。。
どうなりますか!楽しみです★
戦争もの (hino)
2010-02-25 20:49:58
migちゃん、こんばんは。

こりでしたかー!
とっても好みそうなやつです。
女性が監督ってのも興味深い。


今日は暖かいね~、ようやく春かぁ
日中余裕なくってブログしてないくらいなんだけど、夜は黙々と映画観てますから、ご安心を~!
(どんなときでも、映画と共に!だよね^^)


hinoちゃーん (mig)
2010-02-26 10:30:03
こんばんは★
そうでしょ、そうでしょ??
でも忙しかったんだもんね~。
主婦は大変だよね

夜は映画観てるんだ!
切れ切れじゃないのぉー?

そうだ、かいじゅうたち~
観たのかな??何も言わないってことはダメだったのかなーって思ってたあ

明日からyueたちが来るよ~★
ゆきえちゃんも楽しい週末を
こんにちは☆ (ジジョ)
2010-02-27 03:56:19
わたし、この作品すごくズドン!ときました☆
冒頭の振りに、あのラスト…キョーレツでした、、

でも、眠くなる気持ちもわかります~。
途中「ずっと爆弾処理を観させられるのか!?」と
心配になりました、、^^;
すいません (onscreen)
2010-02-27 13:16:32
うっかりダブルでトラバしてしまいました。
お詫び申し上げます。
★ジジョさん (mig)
2010-02-28 11:03:08
こんにちは★

そうなんですよね~、わたしはちょっと途中退屈なところも正直ありました。
ものすごく期待してたから
最後でもそこまで、、、って感じで。
でも人間爆弾とかあっけですよね、本当に恐ろしい、戦争の真実が描かれていましたよね。。。。
onscreenさん (mig)
2010-02-28 11:04:07
いつもTBをありがとうございます。

謝らなくていいですよ~(笑)
よくあることですから★

わたしも時間なくて削除とかしませんし
気にしないで下さいネ。
すいません (Unknown)
2010-02-28 17:02:12
わたしも うっかりです><;
重複TD もうしわけないです けしといてくださ~ぃ
みた。 (とく)
2010-03-01 14:42:04
なんか、たんたんとしすぎかな~と、戦争映画の括りだと、あんましですな。冒頭の「戦争は麻薬だ」と、いう所に、かなりの嫌悪感。要はアメリカは戦争大好き!金儲けの為に、戦争を正当化してる!って事でしょ。アメリカのこういう所は、大嫌い!ベトナム、湾岸戦争、イラク、映画のネタには、困らないわけだ!オリバーストーンが、最たるもんだもんな~。あ~、やんなっちゃう。アメリカの偽善には。すんません。毒、はきました。
Unknown (mig)
2010-03-01 18:29:50
??どなたでしょう?

気にしないでくださいネ。
★とくさん (mig)
2010-03-02 01:09:06
そうなのよね~、淡々としすぎてたから最初どうしようと思っちゃった。
だから全体的に他のかたのように良い評価に出来なかったの。
評判はめっちゃいいけどー、、、、
んー、ある面からみたらそうとも言えなくないけど
でも戦争映画はもうすごく沢山観てるから
なんていうか、、、、、

でもどこかで現実には起こってて、
世界が平和になるまでつくり続けられるのかな、とも思ったり。
悲しい、、、。

毒吐くのは自由なんですが
わたしが誉めて気に入ってる映画に
ダメだしとかは困りますよーー
(討論したいわけでも掲示板でもないので)
Unknown (アイマック)
2010-03-03 12:57:28
こんにちは!
緊張感いっぱいの映画でした。
女性監督が描いた戦争映画かなと思いました。
感動ものとはちがうよね。
メタルな音楽はまってたよー。
★アイマックさん (mig)
2010-03-04 00:36:43
こんばんは♪

あれぇ~?
わたしあんまり緊張感、最後のほうにはゆるんじゃった。
面白かったけど、、、、(というか面白い映画ではそもそもない)
期待してたほどの話ではなかったかも。。。。
うん、音楽ハマってましたね!
映画好きの一本 (にゃむばなな)
2010-03-06 20:59:52
私が見た上映回でもEDロールで席を立つ人は多かったですね。
多分この映画は本当の映画好きが好む一本なんでしょう。
そういう意味では私はこの作品がオスカー受賞は十分有り得ると思いました。
エンタメ (kazupon)
2010-03-06 21:00:13
migさん

これもっとカターイ作品なのかなと思って
たんですけど、結構エンタメ映画だなと思いました。
確かに配役がキアヌとサミュエルだったら
もっと軽くなってる気がするなー。でも
その配役面白そうですね。サミュエルは
もっとF●●Kって言いそう。また数えてしまうじゃないですか(笑)
Unknown (りお)
2010-03-06 21:48:04
もしかして23日の中野かな?
だったらわたしも同じ会場にいたよ~

アカデミー賞、どうなるかねー??
個人的には「アバター」よりコッチだけどね!(笑)
Unknown (風情♪)
2010-03-07 11:19:05
こんにちは♪

ジェームズの命を顧みない行動は部隊を壊滅しかね
ないだけにどうかなと思う反面、一瞬で生死を分け
る中でしか生を実感できないことを思うとで、後半
では彼にかなり肩入れして観てました♪ (゜▽゜)v

>面白い映画、というのとは違うのは当然だけど

まぁ、映画だからオモシロいか否かが重要であるの
は解るんですが、本作のような作品はおっしゃる通
り違うと思うし、個人的にリアルさ綴った戦争映画
にエンタメ性はさほど必要ないと思うんですよね。
こんばんは♪ (yukarin)
2010-03-07 20:53:39
昨日これ観てから東京に向かってさっき帰ってきました♪
遅れて参上です。

あえて有名どころを避けたというのが良かったですね。この人大丈夫とか思ってしまうし・・・。
ドキュメンタリー風でへんにドラマが入ってない分、リアルさがあって緊張感ありました。

映画としての面白さはないんですけど、観る価値はある作品ですね。
★にゃむばななさん (mig)
2010-03-07 22:54:03
映画好きの1本??
私も映画好きなんですけどぉ。
にゃむばななさんほど絶賛にならなかったな。

映画好きが好むってより評論家受けする作品って印象でしたよ。

でも制作者側が賄賂的なことをやってるのはマイナスですよね。
たとえいい作品でもそれやっちゃダメだと思う。
やっぱりアバターな気もするけどどうかな。監督賞はこっちじゃないかな
結果楽しみ。
Kazuponさん★ (mig)
2010-03-07 23:00:50
こんばんは♪
ごめんなさいー、今札幌にいるんでTBお返しのみになっちゃって。

戦争映画とはいえお堅い感じではなかったんだけど
少々眠気もきちゃった、最初の方で。
メジャーなキャストだったら作品賞ノミニーもしなかったと思いますよねー、

今回、オスカーは色々あるからどうかな
監督賞だけな感じもするけど、、、
いよいよ明日~楽しみですね
★りおさん (mig)
2010-03-07 23:23:31
あれ?中野ゼロかな??
一緒だったんだ~☆

骨太な作品だったよねー、
でもこういうのより何となくアバターな感じするなぁ。
わたしはどちらも特に好みではないけど(笑)
★風情♪さん (mig)
2010-03-07 23:25:45
そうですね、戦争映画にはエンタメ性は不要ですね
私もそう思いマス。

いよいよ明日、どうなるかな~
これだけノミニーされてるけど
実際いくつとるかな?
楽しみですね!

★yukarinちゃん (mig)
2010-03-07 23:34:49
こんばんは♪

東京行ってたのね☆
わたしは今さっぽろ♪

ツィッター、yukarinちゃんフォローしたので宜しくネ。

うん、これは観る価値はありだよね★
でもアカデミー賞なのかなぁって気も、、、、
おはよ~♪ (きらら)
2010-03-08 10:34:53
migちゃん☆
そちらはどうですかー?楽しんでいるかな
今日はアカデミーだねぇ。実況中継あるかな??

コチラ、昨日見てきたよ~♪
なんか、、すごかった前半ちょー緊張しながら観てた。ドキドキとまらなかった。そしたら近くに座っていたばあさんが途中退席しちゃってた

私は中盤~後半がちょっとダレちゃったなー。
なんつーか、わかるんだけど、爆弾処理何回も続くから。。。☆
でもラスト付近(ケイトが出てきたあたり)からはまたよかったカナ
あああー結果どうなるんだろうね☆

あ!ペネの衣装、今年もカワイイネ
きらりん★ (mig)
2010-03-08 10:54:38
楽しんでるよ~♪

観られると思ってたらうちwowowじゃなくて
Jcomだったのー(泣)
だから速報だけみながら
今ツイッターの方で更新してくので
そちらを良かったらみてね

ハートロッカー、評判いいよね~
うん、わかるわかる
わたしも同じ感じよ。
こんばんは。 (オリーブリー)
2010-03-08 20:29:35
受賞しましたね!

そっか~migさんはこちらでは無い方が良かったのね(笑)
私は緊張感持たせられ物凄くのめりこんだので、こちらが取れて良かったかな。
女性監督初って言うのもサンドラも嬉しいね!

いずれにしても賞は後から付いてくるものだから、映画ファンとしてお祭りは盛り上がれました!
早く観たい作品もたくさんあるしねっ♪
★オリーブリーさん (mig)
2010-03-10 00:35:58
こんばんは♪

でもね、こっちがアカデミー賞っぽいとは思ったんですよ。
(当たる当たらないとかではなく)
ただ好みで言えばわたしはエンタメ派だけどあちらもアカデミー賞ほどでは、、、、
ってわけで他のがとって欲しかったけど(笑)

そうですね、でも賞とると次に規模が大きなものがとれるからって狙ってる人が多いのも現実なんですよね~^^
いままださっぽろなんでコメしになかなか行けずごめんなさいー
ロックンロール (たまさん)
2010-03-13 12:53:43
こんにちは。
劇中、結構へヴィな音楽をかけている主人公でしたし、“ロッカー”というのはそういう意味で捉えてもいいかな~とか思いながら見てました。実際は違いますが(笑)

眠気を感じてしまうところもあったかもしれませんね。戦争ものですが、案外あっさりした作風にも思えました。ドラマが少なかったです。

家族と接した後の、ラスト・シーンは印象的でした。
たまさん☆ (mig)
2010-03-14 00:31:22
こんばんは♪
あはは、そういう捉え方もありますね(笑)

ハードなロッカーだとまるで意味違う作品になりそうです~。そうですよね、
ドラマな部分が少なかったかなぁ。
こんにちは。はじめまして! (moondreams)
2010-03-14 16:13:04
「アバター」を抑えてのアカデミー受賞!ということで劇場で観てきました。ドキュメンターのような臨場感・シンプルなストーリーに感銘を受けました。

>前半はずーっと爆弾処理のシーンが続き、淡々としてるので惹き込まれるってほどでもなく多少眠くもなった(なんか最近よく眠くなるな)
・・・戦争・戦場の狂気に馴れてきた麻薬的効果かな(笑)。

ジェームズ二等軍曹が自分の子供に大切だと思えるもの(おもちゃ)が大人になると次第になくなっていくんだよと語りかけてるのが切なかった。・・・ジェームズの現在の宝物といえば、爆破処理の戦利品(爆破物の起爆剤、破片など)だったから。 重い映画でした!
★moondreamsさん (mig)
2010-03-15 00:10:25
はじめまして

コメントありがとうございます★
ドキュメンタリーっぽさ満点でしたよね。
そうですねー、ちょっと淡々としたところが眠気誘っちゃったんですが、
後半また良かったですね。

アカデミー賞受賞でますます多くの人が観る作品になりますね。
キツかったです・・・。 (Ageha)
2010-03-15 23:46:20
自分とこのレビューでも書いたんですが
これがね、「アクション映画」だったら
冒頭1枚目の写真、仲間がもうダメだ~って思ってても煙が消えたあとに
ワハハハハって歩いてくる、
多分スタローンとかブラピとかが主演だったら。(コラコラ)
そういう映画じゃないのよね、コレって・・・

アメリカに対して、
「上から目線」で平和守ってます的な偏見を持ってて
それがこういうこともしてまっせって見せられるとゴメンナサイ~というかなんというか。
(ムチャクチャ言うてますね、ワタシ)

家族に電話かけて無言で切ってしまったあのシーンが胸に痛かったです。

アカデミー賞にも視聴率みたいなのがあり、
盛り上げるために選ばれたんちゃうみたいな
作品があって、
逆にこういうとこで取り上げないと日の目を見ない地味だけどええ作品もあり
実際同じ土俵で評価するには
タイプが違いすぎる気がしました。
コレとアバターやカールって・・・。

アカデミー賞に求められるのてナンでしょう?
アバターやカールは老若男女楽しめる作品だった。でも楽しいものってどうも軽んじられる。
ハートロッカーは正直
ミーハーな自分は賞取ったからみたいなとこがあって
たまにはそういうの見なくちゃがある。
で、感想はというととにかく張り詰めたまま
最後まで見てどっと疲れました。
それだけすごかったともいえるのですが。
とにかくイタイ映画でした・・・。
☆Ageghaさん (mig)
2010-03-16 23:15:25
こちらにもありがとです★

重かったですね~。
観た時はまさかこれが作品賞とっちゃうなんて。
単館系映画が去年に続ききましたよね。

うーん。アカデミー賞の基準はあまり未だによくわからないです
去年の「スラムドッグ~」はわたしも 1位にしたんだけど香港のリメイク映画の「ディパーテッド」がとったときもありますしねー。
昔は本当にいい作品が選ばれてたんだけどなぁって

これがダメって言ってるんじゃなく、
時代をやっぱり反映してるかな。
アバターみたいな単純に娯楽作は
少しは環境問題とか訴えてるとしてもやっぱり受賞には繋がらないんでしょうね~。

こんばんは^^ (ひろちゃん)
2010-03-17 01:42:26
migさん、最近お疲れなんですね(笑)
よく眠くなるんですもん(笑)と言う私も
本日パルナサス観に行って(前売り券使う為)
半分寝てました(爆)

さて、この作品なんですが、観る前は、作品賞はアバターにと思ったのですが、鑑賞後はこの作品の受賞は仕方がないかなあと思いました。
migさん的には、なんか違うような気が
するんですね。

戦争映画は苦手なんですが、でも、この作品は
すごい作品だと感じました・・・
好きというのとは違いますがσ(^◇^;)

有名俳優、ほんとコッソリなんで(笑)ガイピアース以外気がつかなかったんですよσ(^◇^;)
★ひろちゃん (mig)
2010-03-18 00:42:33
こんばんは♪

ちがうのー、ひろちゃんとこにも書いたけど
いいわけじゃないんだけど、
ほんとに面白いのは全く眠くならないの、
正直なんです身体は(笑)

途中、淡々としてたんで眠気きたのは事実で~。
いい映画だとは思うケド、、、集中して入り込んだ作品ではなかったかなぁ。
「プレシャス」のほうがわたし的には作品賞かなって。
観る前から思ってます 
さてどうでしょう?

私は戦争映画、昔から観る方で、有名なのは殆ど観てます。
戦争がテーマの作品は永遠につくられるのかな、、、
世界平和が訪れるまで、、、、
緊張と弛緩 (クラム)
2010-03-22 00:56:36
眠気の件は分かるような気がします。
ただ、たぶん本当の戦場も淡々と生死の境を進むものなんだと思います。
普通は100%で仕事できる状態なんて1~2時間持てばいい方でしょう。
地道な爆発物処理に眠気を感じるのは人として正常な証拠です。

ある方が「戦争は麻薬だ」の下りが戦争を正当化しているとおっしゃってますね。
これは残念ながら正反対だと思います。
正気じゃなくなることの比喩だし、「麻薬」という単語を肯定には使わないでしょうし。

米国は、争いの連鎖を収めるためには力が必要だと本気で思っています。
ついでにお金も稼いじゃえと。
困った国かもしれませんが、他の国もそう違いはないと思います。
表向きは偽善ばっかりですよ。
こういうのが好き (ノルウェーまだ~む)
2010-03-22 08:11:54
migちゃん!賞を取ったからか、こちらでもまだやっていたので観たよー!
私はこういうのが好き☆
「アバター」じゃなくて、こっちがオスカーを手にして当然だよねって思ったわ。
私の場合は眠くなるどころか、目が乾いてしょうがないくらい見入っちゃった。
私イラクにいたからね、観ている間。
現場の臨場感で、すっかり疲れてしまったわ。
Unknown (vic)
2010-03-22 17:14:30
migさんが見た時も、エンドロール始まったらみんな席立っていました?
私が見た時もそう。みんな「なんだ~」って思ったような...

私も期待していたほどではありませんでした。
アカデミー賞って分からないな~。
★クラムさん (mig)
2010-03-22 22:10:43
こんばんは♪

なんかお久しぶりですね!

最近もう自分のblogで手一杯で他のところへもなかなか行けず、、、(いや前から??)

コメもいつも遅れてでゴメンナサイ。

うん、なるほど。
そうかもしれませんね。

眠くなるのは正常ですか 
オスカーとったから観た人たちは
あまりに退屈だって言ってますね。
まあラストとか見せ場はすごいんだけど
感じる事が大事であって、
基本は退屈な映画という気がします
★まだ~む (mig)
2010-03-22 22:12:44
まだ~むがそんなに気に入るなんて思ってもみなかったなぁ。

しかも、イラクに住んだことがあるの?!

こういうの、嫌いじゃないんだけど
戦争映画いっぱい観てるから今までと違った切り口というのがよかったのかな。
アバターとるよりこっちがオスカー向きだけど、
どっちかといえば戦争映画よりも人間ドラマとかがとってほしかったなぁって勝手な意見なの★
★vicさん (mig)
2010-03-22 22:15:35
こんばんは♪

ツイッターの方でも宜しくです

そうなんですってね、
オスカー後のお客さんは期待値あがってるせいもあるし
思ってたのと違うって思うようですよね。
わたしももの凄く期待してたのでそれほどかなぁと。。。
観るべきとは思ったけど、途中は退屈だったし、、、、。

アカデミー賞もわからないですよね、
香港の名作のリメイク「ディパーテッド」が作品賞になるくらいですしねー(笑)
観たー! (hino)
2010-03-23 22:03:35
migちゃん、私もイラクへ行ってきたよ!まだ~むと同時期。ブラボン中隊にて(爆)

migちゃんの影響で?辛口になったような私。
期待大きすぎて、アカデミー賞がこれかーなんて思っちゃった。

最後のほうの、車の中の2人の会話とかー、ちょっと長くとりすぎなんじゃとか、まったーりしてしまったよ。

でも要所要所で、緊迫、楽しめました。

忙しそうだから、返信とかコメントは無理しないでね~!

さすがにイラクには・・・ (ノルウェーまだ~む)
2010-03-24 09:24:28
migちゃーん!わははは・・・
さすがにイラクには住んでないよぉ~
っていうか、住めないしぃ。

この映画、しっかり人間ドラマだったと…
私は反戦映画とは思ってないんだわ。
爆弾処理班の3人の、心の微妙な動き~みたいな映画と…

でも好みがあるよね。
私はコレが好き!
Unknown (kanako)
2010-03-24 10:32:12
おはようございます~^^
私は眠くならずに観れましたよ(笑)
映画として、というよりは「爆弾処理班」というのを知るために…として、観て本当に良かったなと思いました。
女性監督って言われなかったら分からなかったかも。
それぐらい「骨太作品」ですよね><

アカデミー賞を受賞してしまうのは正直驚きですが、そのバックがついた事で観る人が増えた事は嬉しいかなって思います♪
hino(ゆきえちゃん)☆ (mig)
2010-03-25 22:44:10
メール、わざわざどうもありがとう!
今日でやっとバタバタ終わって
PCに向かえたよ、

また時間あるときにお邪魔するネ。
えー?ゆきえちゃん、
わたしに関係なく、はじめからズバズバ言ってるとこが面白いけど(笑)

アカデミーこれか、というわりには楽しめたのかな☆

 (mig)
2010-03-25 22:46:54
あ、そうか(笑)

まだ~むにはつぼだったのね☆

急に札幌くることになって
レオのシャッターアイランド試写行きそびれちゃったの、
第9地区とか来月も面白いのがいっぱいよ♪
☆kanakoちゃん (mig)
2010-03-25 22:49:09
まだ札幌で、コメントしにいけずごめんねー
そうだよね、
アカデミー賞受賞ってことで見る人が増えるのはいいことだよね☆

観ました~ (マリー)
2010-03-27 23:45:06
migさん~ こんばんは~♪
帰ってらしたかな?お疲れ様でした・・・

この映画、諦めていたけど賞を取ってくれたので~やってきました!よかった。

戦争映画苦手なんだけど、この作品は視点が違っていて見易かったです。
人の生死について考えさせられた・・・

あんな重装備で爆弾処理するのを、タバコとか吸いながら高みの見物。あなたたちって一体?と問いかけたくなったわ。。。

関係ないけど、キャサリン監督あのお歳であんなに美しくてステキ~~~。
目指しちゃおう!!って無理無理~~~
★マリーさん★ (mig)
2010-03-29 13:23:22
こんにちは♪

最近もうほんとバタバタで~
ありがとうございます

やっとさっき、ゴシップ書きました☆

女性監督が撮ったってところがまた凄いよねー、これ。

戦争を違うところから捉えてました

いまからメイクして仕事&スタバです



またマリーさんとこあとで行くね!
こんばんは~♪ (由香)
2010-03-30 23:38:32
きゃ~~~migさん♪
今ダレン・シャンに頂いたコメントを読ませて頂きました。
migさんのところへはコメントも残したい!って思うので、時間がある時に来ようと思っていて遅くなってしまいました~
春休みが終わったら時間が出来ると思うので、ガンガンお邪魔させて下さいね!

映画ですが、私は感想を書くのに時間が掛っちゃいました。何をどう感じたのかよく分からなくって・・・
あまり戦争映画は観ませんが、それでも今まで観た映画と違うなぁ~って妙に印象に残りました。
こんにちは~ (バラサ☆バラサ)
2010-03-31 19:55:52
「30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。」
の制限でしょうか、TBが付きませんので、コメントで。

アカデミー賞でしたね。
感動物が受賞するのが相応しいという思い込みがあるので、違和感はあります。
でも、過去にも「真夜中のカウボーイ」とか「フレンチ・コネクション」なんて取っているのですね。「ノー・カントリー」とかの最近だけでなく。

この映画は、私にとっては、意外にエンターテイメントでした。
★由香さん (mig)
2010-04-01 00:38:22
こんばんは♪

はぁい、またガンガン、お待ちしてまーす

お子さんいると春休みですもんね、
忙しいですよね~!
そんな中でも映画読書ちゃんとこなす由香さんスゴい。
わたし今日鎌倉いってきたけど激混みでした★
バラサ☆バラサさん (mig)
2010-04-01 00:41:46
こんばんは★

>「30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。」
にはしてないですよ~!
どんなに古い記事にもOKです。
なんでかな??
NGワード、goo
キビシいからかなぁ。ごめんなさいね

そうなんですよね、最近はエンタメ系もいれるようになったけど、
感動系とか人が死ぬのとか多いんですよね~

ビグロー監督の二の腕は見事でしたね (SGA屋伍長一)
2010-04-09 19:49:06
そういえばツイッターで授賞式を楽しんだのも少し前のことになっちゃいましたね
『ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ』『ディパーテッド』『ノー・カントリー』『スラムドッグ』・・・ と並べてみると、最近最近のアカデミー賞は、スリル感溢れる現代劇が続いてますよね。だから今年もこれかなあ~となんとなく思ってました

でも共通点というと、本当にそれくらいで、アカデミー賞の傾向ってのもわかりづらいでっす
最近の受賞作でmigさんが「これだったら文句なし!」っていうの何があります? わたしの場合は『ミリオンダラー』『ノーカントリー』『スラムドッグ』かな。『クラッシュ』は実は未見・・・
☆伍一さん (mig)
2010-04-11 00:46:03
こんばんは♪
もう1ヶ月以上経っちゃったものねー。
早くていやになるよー、、、、。

アカデミー賞の傾向は大体誰か死ぬとかそういうのが多いんだよね、
去年のは意外。
クラッシュも地味だけどいい作品。
でもアカデミー賞って感じはないかなぁ。

最近ので文句なしはスラムドッグでしょうやっぱり♪

ノーカントリーもいいけど
今思うとそれほどかな??っておもうし
ミリオンダラーもいいけど
そこまで?
って。
(笑)
またkokoだよ! (koko)
2010-06-11 18:15:28
私もこれ見てずっとmigちゃんのレビュー見直したいと思っていたんだけど、、、
今読み返してとーっても納得しちゃった!!


私ハートブルーが好きだったから(評判悪かったらしいけど笑)見てちょっと意外なかんじだったな~。
そりゃハートブルーみたいなわけないか(笑)
わはは。


それにね、ガイ・ピアーズが出てるの気づかなかったの!

ピグロー監督の強そうな美貌に惹かれてしまった(笑)キャメロンが好きそうだよね(笑)

kokoちゃん♪ (mig)
2010-06-13 11:15:46
おはよう★
3つもコメありがと
元気かなー?
ふふふ。なんか、絶賛されてるほど、というかアカデミー賞とっちゃうなんて凄いよね。
それほどかなぁって。
kokoたんは「ハートブルー」好きっていってたよね、
海好きな人はとくに好きなのよね♪懐かしいなー


うんうん、確かにキャメロン監督スキそうだし見かけもお似合いだったのにね(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

91 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ハート・ロッカー (しーの映画たわごと)
アカデミー賞では9部門にノミネートされたとか。「アバター」はまだ観ておりませんが、作品賞はこの作品にあげたいです。それくらい良かったと思います。娯楽映画の類ではないので、決して楽しい作品ではありませんがメッセージ性はすこぶる高い作品でしょうか。
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦...
The Hurt Locker / ハート・ロッカー (Akasaka high&low )
Jeremy Renner(ジェレミー・レナー)演じるワイルドな爆弾処理班の兵士が煙草をくわえたジャズプレイヤーにも見えた戦争物がThe Hurt Locker(ハート・ロッカー)。 ハリウッド初のまともなイラク戦争を題材にしたフィクション・ドキュメンタリーは女性監督が作ったと...
英国アカデミー賞 授賞式 (ノルウェー暮らし・イン・London)
「どこかでオリンピック中継はじまってないかなー」と、チャンネルをあちこち変えていると、「わお!アカデミー賞受賞式やってるぅー!」 アメリカのアカデミー賞ほど派手ではないけど、目の肥えたイギリスのBAFTA(ブリティッシュ アカデミー of フィルム&テレビジ...
『ハート・ロッカー』 (ラムの大通り)
(原題:The Hurt Rocker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ~あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞する...
映画* ハート・ロッカー/ The Hurt Locker (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
戦争 = 悪 という図式が頭の中に出来上がっていると、往々にして、軍隊や軍人の存在さえも 悪に参加する、胡散臭いようなものとして見てしまうことがあるのではないか、と思います。 また、戦争を扱う映画の中で反戦メッセージを込めたものの中には、 軍隊の中...
ハート・ロッカー (Sugar&Spice*)
 The Hurt Locker2007年、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の危険物処理班は、仕掛けられた爆弾の解体、爆破の作業を進めていた。だが、準備が完了し、彼らが退避し ようとしたそのとき、突如爆弾が爆発した。罠にかかり殉職した隊員に代わり、また新たな“...
■映画『ハート・ロッカー』 (Viva La Vida!)
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
ハート・ロッカー (ジジョの五感)
彼らは、数えきれない命を救う。たった一つの命を懸けてー。 キャスリン・ビグローが7年ぶりに手がけた長編作。 バクダッドで爆弾処理を行う米兵3人の命を懸けた38日間を描いた作品で、 骨太だけど、マッチョじゃない戦争映画。 残酷な現実や、心の痛みをまっすぐに...
ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート•ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本...
ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート•ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本...
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...
『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>2004年....
ハート・ロッカー (Digital Internet Video)
2009年6月26日全米4館で公開の「ハート・ロッカー」"The Hurt Locker"は2008年9月のヴェネチア国際映画祭でも評判を呼んだキャスリン・ビグロー監督に...
ハート・ロッカー (Digital Internet Video)
2009年6月26日全米4館で公開の「ハート・ロッカー」"The Hurt Locker"は2008年9月のヴェネチア国際映画祭でも評判を呼んだキャスリン・ビグロー監督に...
ハート・ロッカー (あーうぃ だにぇっと)
ハート・ロッカー2月23日(火)@なかのZERO 今週の試写会は、ハート・ロッカーとNINEだけ。 ハート・ロッカーはかなり気合を入れて応募して2枚ゲット。 開場10分前の18時20分になかのZEROに到着。 行列の最後尾は建物の横をぐるりとまわり、南側の公園のトイレの前。 ...
ハート・ロッカー (セガール気分で逢いましょう)
「300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、お手軽な文系スポーツ。今回のお題は『ハート・ロッカー』です。 手に汗が異常発汗。これは最高の娯楽であり、耐えがたい真実でもある。
ハート・ロッカー (小部屋日記)
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けて...
ハート・ロッカー (It's a Wonderful Life)
さほど強力なライバルがいないと思われる 今年の映画賞レースでは圧倒的に強いみたいですね。 アメリカ映画では低予算の部類に入る約1,000万 ドルくらいの制作費の本作、 昨年3月のアメリカ公開時も、評判は良かったもののさほど ヒットしてないし、キャストも地味...
『ハート・ロッカー』 (めでぃあみっくす)
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素...
ハート・ロッカー (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER 2008年/アメリカ/131分 監督: キャスリン・ビグロー 出演: ジェレミー・レナー/アンソ...
ハート・ロッカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカ軍の占領作戦が始まった2004年のバグダッド郊外で、爆弾処理班の軍人の日常を描いている。リアリティーを追求するビグロー監督の執念は、観客を戦場の現場に連れて行く。ドキュメンタリーのような映像からは、戦争の愚かさが痛いほど伝わる。
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
ハート・ロッカー (eclipse的な独り言)
 まだ書いていない感想文がいくつかあるのですが、記憶が確かなうちにこちらの方を書いておきます。(3月6日 清水MOVIXにて鑑賞)
分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』 (水曜日のシネマ日記)
イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の兵士たちの姿を描いた作品です。
ハート・ロッカー (心のままに映画の風景)
2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ...
『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。
ハート・ロッカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。
ハート・ロッカー (そーれりぽーと)
キャスリン・ビグロー監督が元ダンナ、ジェームズ・キャメロンの『アバター』とアカデミー賞を争ってる事の方が話題になってる『ハート・ロッカー』を観てきました。 ★★★★★ イラクで爆弾処理をするチームを超リアルに描いた本作、元旦那のイマジネーションを技術の...
ハート・ロッカー (元レンタルビデオ屋店長の映画感想)
オフィシャル・サイト  「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。テロの脅威が続く混沌のイラク・バグダッドを舞台に、爆発処理チームの
ハート・ロッカー / The Hurt Locker (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞9部門(作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、主演男優賞(ジェレミー・レナー)、脚本賞(マーク・ボール)、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)ノミネート。 監督が、この作品とアカデミー賞作品賞を争っている「アバター」のジェームズ・キ...
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は...
ハート・ロッカー The Hurt Locker (映画!That' s Entertainment)
●「ハート・ロッカー The Hurt Locker」 2008 アメリカ Voltage Pictures,Broad Media Studio,131min. 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、    レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィ...
ハート・ロッカー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン...
「ハート・ロッカー」 (或る日の出来事)
この緊張感の持続は、あまり経験したことがないくらい。もう勘弁してよって言いたいほど。すごく、いい意味ですよ。
ハート・ロッカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
防護服に身を包み、爆弾の配線を確認して信管を取り除く任務。戦場という名の日常。 死に最も近い米軍爆発物処理班の兵士たちを描き、本年度アカデミー賞最有力_。 物語:2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中...
ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍...
「ハート・ロッカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ハート・ロッカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・キャスリン・ビグロー 脚本・マーク・ボール この記事を今急いで書いております。 ただ今、3月8日の午前4時過ぎであります・・。 7日の...
[映画][2010年]ハート・ロッカー (タニプロダクション)
先ごろアカデミー賞作品賞等を受賞した、イラクで爆弾処理に就く男たちを描いた映画。 イラク戦争に関連する映画って少ないなあ、と思ってたんですが、僕はよく知らなかったのですが実はそんなに少ないわけでもないみたい。 話題にならず日本にもあまりやってこないとい...
「ハート・ロッカー」新宿武蔵野館にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
当直明けで新宿へ回り、武蔵野館で「ハート・ロッカー」を観てきました自分的には予定の行動だったんだけど、おとといの米国アカデミー賞で最優秀作品賞をとったばかりなので、平日の昼間なのに満員でしたねぇとにかくもう、あの「アバター」を押さえて、最優秀作品賞ほか...
ハート・ロッカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Hurt Locker。キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース。冒頭、文字のメッセージで「戦争は強力で致命的な中毒だ。なぜなら麻薬だ...
「ハート・ロッカー」 第9位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 47オープニング土日動員: 3万3776人オープニング土日興
ハート・ロッカー (風に吹かれて)
War is drugなぜ 再び戦場へ行く公式サイト http://www.hurtlocker.jp監督: キャスリン・ビグロー 「ハートブルー」「K-19」原題“The Hurt Locker”の
ハート・ロッカー (Akira's VOICE)
処理できないものは人間の心。  
「ハート・ロッカー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2008年:米/ブロードメディア配給原題:THE HURT LOCKER監督:キャスリン・ビグロー脚本:マーク・ボール イラク戦争下で、爆発物処理にあたる兵士たちの姿をリアルに描いて、本年度のアカデミ
映画『ハート・ロッカー THE HURT LOCKER』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞含む6部門を受賞。監督のキャスリン・ビグロー
映画「ハート・ロッカー(The Hurt Locker)」 (わかりやすさとストーリー )
『ハート・ロッカー』は時間感覚が秀逸だ。一般的には編集で時間をブツ切りにするのが映画だが、キャスリン・ビグロー監督は「時間」を操ることで緊張感・緊迫感を出し、作品の質感を高める。視覚よりも、聴覚や皮膚感覚で観る作品ともいえる。
ハート・ロッカー (映画通信みるみる)
第82回アカデミー賞で、 6冠(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、音響編集賞、録音賞)に輝やきました。 監督さんは、「ハートブルー」「K-19」...
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
ハート・ロッカー◆◇THE HURT LOCKER (銅版画制作の日々)
イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います...
映画レビュー「ハート・ロッカー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Hurt Locker◆プチレビュー◆爆発物処理班の兵士を通して戦争の真実と虚無感を描く秀作。スクリーンから片時も目が離せない。 【85点】 2004年イラク・バグダッド。ジェームズ二等軍曹は、駐留米軍の爆発物処理班ブラボー中隊の新リーダーとして赴任する。爆弾処理...
ハート・ロッカー (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー賞発表前の公開初日、完売で見れなかった本作見てきました。 流石に、アカデミー賞6冠獲得!     興行成績を塗り替えた「アバター」を抑えての受賞!     初の女性監督、監督賞獲得!     元夫(キャメロン){/v/}元妻対決で妻の勝利! な~んて、...
ハートロッカー (幕張コーポ前)
金曜の夜、ハートロッカー観てきました。見事にアバターをふっ飛ばしましたね笑アバターが幻想なら、ハートロッカーは現実。アカデミー賞を争った2作品ですけど、比べること自体、ちょっと変な気もしますね。広い意味で言うと、アバターも戦争映画か。THE HURT LOCKER「究...
ハート・ロッカー/THE HURT LOCKER (いい加減社長の映画日記)
ちょっと苦手とする戦争ものみたいだし、パスしようかと思ってたんだけど。 アカデミー賞を受賞してしまうと、見ないわけにはいかない。 ということで、平日ちょっと早めに会社を抜けて「ハート・ロッカー」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、平日の夕方ということで少なめ...
[映画『ハート・ロッカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...
劇場 『ハート・ロッカー』感想(ネタバレ有り) (【ふじっくす情報局】)
第82回アカデミー賞で見事6冠に輝き、名誉ある作品賞を受賞した 「ハート・ロッカー」についてのレビュー。 感想の後半はネタばれになって...
10-59「ハート・ロッカー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
爆弾処理班は必要だ  2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班では、任務中に殉職者が出たため、ジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。こうして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とした爆弾処理チーム...
ハート・ロッカー/ジェレミー・レナー (カノンな日々)
間もなく開催される2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートされているある意味今一番旬な作品ですね。賞レース自体にはあまり興味がないと言いつつも年に一度のこの映画の祭典は毎年とても楽しみだったりします。この作品と元夫であるジェームズ・キャメロン...
ハート・ロッカー THEHURTLOCKER (まてぃの徒然映画+雑記)
ヒリヒリとした緊迫感が続く2時間。今年のアカデミー賞受賞作、だからというわけではないけれど、結構ノミネートされてたので前売りを買って日曜日に行ったら、すでにお目当ての回は満員で、平日仕事が終わった後に出直したのでした。それでも6~7割の入りだったから、相....
『ハート・ロッカー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3...
ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!  (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ...
「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER (俺の明日はどっちだ)
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の...
「ハート・ロッカー」:築地三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ずいぶん頑丈そうなビルだな。 {/hiyo_en2/}テロに攻撃された場合でも想定しているのかしら。 {/kaeru_en4/}しかし、テロって言っても、人間爆弾みたいなテロもあるから、建物を頑丈にしても防ぎきれるとは限らない。 {/hiyo_en2/}「ハート・ロッカー」に描...
★ハート・ロッカー(2008)★ (CinemaCollection)
THEHURTLOCKER永遠を思わせる戦場。刹那を生きる男たち──。メディア映画上映時間131分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2010/03/06ジャンルアクション/サスペンス/戦争映倫PG12【解説】「ハートブルー」「K-19」のキャスリン....
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観た! (とんとん・にっき)
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観てきました。言わずとしれた第82回アカデミー賞受賞作品、女性監督では初めてだという。「ハート・ロッカー」は「棺桶」を意味するアメリカ兵の俗語。また戦争映画かとやや拒否反応を示しながら、観たのはイラクに駐留
ハート・ロッカー/The Hurt Loker (描きたいアレコレ・やや甘口)
うむむ、イラスト描くのが、難しい映画だった。 「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー(58)監督。 第82回アカデミー賞では作...
【ハート・ロッカー】 (日々のつぶやき)
監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ   永遠を思わせる戦場    刹那を生きる男たち- 「2004年のバグダッド、米軍のブラボー中隊は爆弾処理班。ある日作業中の爆発で...
ハート・ロッカー (5125年映画の旅)
爆弾処理班としてイラク戦争に参加したジェームズ一等軍曹。爆弾処理に危険な刺激を求めるジェームズは、ロボットによる安全な処理を拒み、危険度の高い任務にも積極的に取り組んでいた。自らの危険を顧みず、周囲にも損害を与えかねないジェームズの行動に、チームの仲...
戦争中毒~『ハート・ロッカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ...
映画「ハート・ロッカー」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
きょうから100館程度に拡大公開になるようだが、(3/27公開のところもある) 当初は47館とやっているところが少なく、どこで見るか迷った。 結局はお台場のシネマメディアージュで鑑賞。 ここはTOHOシネマズ系なのに、シネマイレージの対象外。 さて、「ハ...
『ハート・ロッカー』と西部劇のヒーロー (Days of Books, Films )
冒頭、「War is a drug.」というエピグラフが映し出される。見終わって
ハート・ロッカー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任...
「ハート・ロッカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...
「ハートロッカー」 (Con Gas, Sin Hielo)
24時間緊張を保てるとしたら、それは中毒でしかあり得ない。 この映画の上映時間は131分。その間、生命を削る兵士たちの闘いが切れ目なく描かれる。 正直言って疲労が溜まる。2時間ちょっとでこれなのだから、前線に派遣された者が味わう戦慄はもはや想像の域を遥かに...
No.024 「ハート・ロッカー」 (2008年 131分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 キャスリン・ビグロー 出演 ジェレミー・レナー    アンソニー・マッキー    ブライアン・ジェラティ しばらく映画とこぶさたで、ここもやや放置気味だったけど久々にみてきましたのが、アカデミー賞であの「アバター」吹っ飛ばした映画「ハート・ロッカ...
「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・・・・・・
ハート・ロッカー (悠雅的生活)
2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・
映画 ■■ハート・ロッカー■■ (Playing the Piano is ME.)
私がとても感動した「アバター」を抑えて アカデミー作品賞受賞。 しかも作品賞以外の賞も受賞し 今年度のアカデミー書最多受賞作品となった「ハート・ロッカー」 見るつもりはなかったけれど これは見ないわけにはいきません。
映画鑑賞記「ハート・ロッカー」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.03.22 鑑賞場所:シネプレックス幕張 彼らは、数え切れない命を救う。 たった一つの命を懸けて―。 <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  2004年、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の危険物処理班は、仕掛けられた爆弾の解体、爆破...
ハート・ロッカー (Every dog has his day)
 アカデミー賞効果でか、祝日の映画館は満席でした! みなさんよく分かってる通り、イラクの爆弾処理班を描いた作品。あの戦争以来「イラク戦争」を題材にした作品はいくつもあったんだけどこの「ハート・ロッカー」が初めて興行的に成功したんだとか。2時間を...
ハート・ロッカー (こんな映画見ました~)
『ハート・ロッカー』 ---THE HURT LOCKER--- 2008年(アメリカ) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。 アメリカ陸軍...
劇場鑑賞「ハート・ロッカー」 (日々“是”精進!)
遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、...
ハートロッカー / 75点 / THE HURT LOCKER (ゆるーく映画好きなんす!)
アカデミー賞も納得の反イラク戦争映画←反戦でないのがミソ! 『 ハートロッカー / 75点 / THE HURT LOCKER 』 2008年 アメリカ 131分 監督: キャスリン・ビグロー 製作: キャスリン・ビグロー マーク・ボール ニコラス・シャ
ハート・ロッカー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
「ハート・ロッカー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、 ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファイン...
「ハート・ロッカー」「戦場でワルツを」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方とも、アカデミー賞などを受賞した戦争映画。2つとも夏に家で見ました。 おそれながら・・・私は、両方とも、それほど・・・。特に好きとか、、ガツンと来る映画ではありませんでした。
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕...
『ハート・ロッカー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...
ハート・ロッカー (RISING STEEL)
ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作:キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッグ・シャピロ 脚本:マーク・ボール ...
ハート・ロッカー (いやいやえん)
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってし...