So many stars

~Keiko ONO~ Samba/Bossa Nova
ヴォーカル小野敬子のInformation&Diaryです。

8/2(水)ノチェーロ(六本木)です。

2017年07月31日 | 日記・エッセイ・コラム
◆8月2日(水)ノチェーロ
港区六本木6-7-9 川本ビルB1
Tel:03-3401-6801
with 鈴木厚志(key)

素晴らしいピアニスト鈴木厚志さんと久しぶりのDuo。
SambaやBossa Novaなどブラジル音楽のスペシャリストとして知られる厚志さんですが、
この日思いきって「アルフォンシ―ナと海」をやろうと思ってます。
なかなかできる機会がないので。
関連して、アルフォンシ―ナ・ストルニの詩集を電子書籍で発見、
スペイン語版は早々にあきらめて英語版を読み始めたのですが、まだあまり進んでいません。。。。
この曲、アルゼンチン、ブラジル、スペイン、メキシコ、イタリアとラテン語圏の歌手がたくさん録音していて音源が豊富で演奏がどれもすばらしい。
日本も方もたくさん歌っていますね。
youtubeでみたFado歌手の月田秀子さんの深い音色聴きいってしまいました。


ノチェーロぜひいらしてください。



やっぱりまだ鳩がひっかかっていて、(引きずるタイプ(:_;))
昨日近所の花屋さんへ行ったときにその一件を話したら、
花屋さんのご主人さすが生き物を扱う方だなぁと思ったのは、
多くの人は(特になぜか男性は)鳥の卵なんてって笑われておしまいなんだけれど、
とても真剣に聴いてくださって、そして気持ちは分かるけど貴重な経験したと思って気に病まないほうが良いですよと言ってくれた。
その後、しばらく生き物について話込んでました。
ご主人は農業高校の畜産科だったそうで、
忘れられないのが、授業で一人ずつ卵を渡され孵化させ、いつも自分の後をついてくるヒヨコを可愛がってニワトリに育てたら
ある日の授業で突然先生から各自ニワトリを連れてくるように言われ、なんとその日の授業は自分のニワトリの解体だったって。
そういうのって事前に知らされないそうで、みんな複雑な気持ちのまま解体してニワトリの丸焼きを作ったのだそう。
それ以来数年は鶏は食べられなかったって。
豚も屠殺場に連れて行く時は目から涙を流すんだそうで、着くと匂いや空気で察知するそうであきらめておとなしくなるのだそう。
畜産科ってすごいところだ。
命について飾りも弁解もなくダイレクトに教えてくれるんだなと思った。
ご主人がおっしゃるには、お肉は心から大事にいただくことにしてるって。

そろそろ見おさめのヒマワリとパイナップル(!)とピンクのカーネーション買いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パタリと来ない。 | トップ | おでこマッサージが良いらしい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。