So many stars

~Keiko ONO~ Samba/Bossa Nova
ヴォーカル小野敬子のInformation&Diaryです。

アルフォンシ―ナと海

2017年05月19日 | 日記・エッセイ・コラム
Alfonsina y el mar(アルフォンシ―ナと海)という名曲を今年になってからもう半年も練習しているんだけれど、
心がくっついたり離れたりしながらなかなか歌えないでいます。

アルゼンチンの女流詩人アルフォンシ―ナ・ストルニが46歳で入水したときに遺した遺書をもとにできた歌詞と、
アリエル・ラミレスの音楽が一体になって、とても美しい曲です。

メルセデス・ソーサをはじめ数々の録音。
エリスの娘のマリア・ヒタの歌い出しの透明さに感動したり。
最近お気に入りのジャズ(というか、もうジャンルがないなこの人は)歌手Silvia perez cruz 、
静けさに息を飲む演奏の波多野睦美、おなじみホセ・カレラス…もう本当にたくさん。

そんな中で最近見つけたのは、ブラジル随一の美しい声と言われるMPBの女王ジジ・ポッシとイヴァン・リンスのライブ盤。
『CANTOS & CONTOS VOL.2 - AO VIVO』というDVDに入ってました。
めずらしくキーを低めにしたジジの声もまたいいし、なんと言ってもイヴァン・リンスの音使い!
イントロ始まって3秒しないうちにあぁイヴァン・リンスの世界だなぁという、
(私にとっては)レアな「アルフォンシ―ナと海」です。


そしてこちらは波多野睦美さんのCD。ギターはつのだたかしさん。
美しいです。
アルフォンシーナと海
プーランク,ウィリアムズ,武満徹,ラミレス,ピアソラ,ヒナステラ,グアスタビーノ,ヴィラ=ロボス,つのだたかし
ワーナーミュージック・ジャパン


私もいつかライブで自分なりのアルフォンシ―ナと海を歌いたいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セッション | トップ | 収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。