So many stars

~Keiko ONO~Diary

手帳2017

2016年10月17日 | 日記・エッセイ・コラム
秋になると手帳がくたっとしてきて、すぐに来年の手帳に目移りしてしまう。
今年は英語手帳を使ってました。
英語手帳はまじめに使うと日々ひとつずつ単語を覚えられたり、短文が毎週書いてあったりしてとても良いのですが全然見ないで終わってしまいました、、、、!宝の持ち腐れ、猫に小判、馬の耳に念仏。
ちなみに英語手帳これです。
どなたか2017年は私の無念を晴らしてくださいませ。
英語手帳 2017年版 白色 (シャンパンホワイト・通常サイズ)
有子山 博美,クリス・フォスケット
IBCパブリッシング


ネットでBullet Journal(バレットジャーナル)というのを知り、来年のはこちらに飛びついた。
海外で流行中とのことで、詳しくはググってみてくださいませ。
用意するのはノートとペン。
A5じゃ大きすぎなのでB6サイズ。文庫サイズじゃ小さいのよね。
モレスキンとかも素敵。私はエディターズノートを。
大雑把に言ってしまうと、自分で作って行く手帳なのです。
マンスリーログと呼んでいる月ごとの予定表も、達人は美しく手作りしているけど、私はシール式のものを買って貼り付けておしまい。
プラス、日記帳みたいにどんどん日々のto do list やメモをしていくという、今はまだこんな荒っぽい使い方ですが、どんどん変えていけるのもまた良い。

この数日書いてあるのは、ライブのプランと19日のパピヨンの打ち合わせメモばかり。
寺前さんとひっさしぶりに会い、リハを。
10弦バンドリンの音色はチェンバロを思いださせてくれます。
これもまた久しぶりにバッハの無伴奏チェロ組曲がちらっと聴けて嬉しくなってしまいました。
いつもギターで歌うことが多いので、最初耳が慣れなくてちゃんと聴けなくて
歌いなれた曲もへんな風になってしまったのだけど、耳に集中すると自分の中でバンドリンの音色と声が響いてきます。
これって、リュートと歌のコンサートで感じた感覚と似ている。
最初、なにこの小さい音量は!とびっくりしたけど数分するとそれが心地よくて耳が生き生き喜んでる。
だから、ずっとイヤホンとかしているとかなり耳によくないんだろうなと怖くなってきました。
うすうすこういう人だとは知っていたけど、変則的なことを楽しんで参加してくれる寺前さん。ありがたい!!

このアースプラスのパピヨンエフェクトは、出会うことがない人との接点を持ってそこから何かを生み出して行こうという、
考えようによってはリスキーな催しなのです。
私は何度も佐竹さんに「よくこんなことしようと思いましたね!なんも考えてないでしょう」などと、いらだち紛れにひどいことを言ってしまったりしたのだけど、
心のどこかではやったことがないことをやろう創り出していこうという気持ちももちろんある。だから参加しているのだけど。
でも、ジャンルに守られていないからこそ、準備段階ではできるだけ土台をしっかりクリアにしておきたいという思いが強くて、
そのせいで主催の面々相手にカリカリしたり、バトルしたりしています。
でもみんなも舞台を軽くみているわけでは決してなくて、むしろ私などよりこのパピヨンに対する熱を持って捧げているから、
話すとちゃんと考えがあることが分かるし、耳を傾けてくれるからそこで修復できるのだけど、
私ってそんなに自分に自信がないのかな?と思うことも多しです。。。
でも、見にきてくれた人になんか不思議な集まりだったわー、時間とお金を無駄したわーなんて、
舞台が大きくても小さくても絶対に思わせちゃいけないと思うので、この内部の建設的バトルは当日まで続くのでしょう。
といいつつ、実は私もバトルも含めきっとどこかで楽しんでいるのです。摩擦が起きることが普通になってきてしまったこのごろ。
最近よくお腹がすくのは、エネルギー消費しまくりだからなのでしょう。

そして21日金曜のポルト外園くんとのサンバライブが心から楽しみ。
サンバの師匠は、「グル―ヴは音色だ!」と常々言いますが
外園くんの音色はホント春のひだまりのような温かさに満ちててほっとします。
柔らかいリオデジャネイロのサンバの風を運んでくれます。
それを感じるたびに、長くかかっても私は心の中に音楽をずっと育てていくぞとあらたに思います。
ポルトは日暮里駅南口から徒歩5分。
落ち着いた素敵な場所です。


日比谷公園「土と平和の祭典」でヘナアートをしてもらいました。金曜まで残っているといいな。
ちなみに「土と平和の祭典」の隣で野外公会堂ではリーゼントの皮ジャンのお兄さんがいっぱい集っているライブが開かれていて、出店の屋台では、アースな人々と、リーゼントな人々が入り乱れてお食事しているのを目にして、
このバランス感!日比谷公園さすがと思いました^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闇から | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。