So many stars

~Keiko ONO~ Samba/Bossa Nova
ヴォーカル小野敬子のInformation&Diaryです。

くるみ豆がかわいい

2017年03月13日 | 日記・エッセイ・コラム
サンバカンソンを歌うようにバラードを歌ってみようと思って
最近マイブームになった「My Foolish Heart」を練習してました。
私はたまたまサンバを勉強することで音楽に対する考え方をすべてここから学んでいるけれど、
クラシック音楽やJazzやほかの民族音楽の中にそれぞれの人がそれぞれ音楽のエッセンスを見出しているのだと思います。

第三弾のお味噌を作ろうと思ってくるみ豆220g入りを3つ買ってあったのだけど、
麹がどこへ行っても売り切れていて麹待ちでしたが、運よくスーパーに入荷されたので。
甘い匂いの中で練習しては、大豆の固さを確かめ、という繰り返しでへとへと。
くるみ豆を水につけてから茹であがるまでにどんどん増えていく~。
こねる作業がまた重労働でした。豆が3倍になるとこんなに大変なんだ!
姉のだんなさんのお母さんがいつも美味しいお味噌作ってくれるのだけど、
あんな高齢でこんな重労働をしていたなんて。




朝から走り回っていたのに(家の中を)、あっという間に夜になってしまって
どこへも出掛けないまま一日終えてはいけないと、散歩がてら味噌作りを教わったカフェみせるまさんへ。
なんと日曜は21:00で終わりだったそうで、Takakoさんが店内で一人お仕事してた。
どうぞと言ってくれたので悪いなと思いながらもビールを一本だけ。
Takakoさん同じくらいの歳だと思っていたら、なななななんと今年30歳になると知ってくらくら。
ボストンに留学していた頃ジャズが好きになったそうでいつもエラのCDがかかってて
5人くらいで満席の小さな小さなカフェですが、地域のコミュニティの拠り所になるようなところです。

さて、味噌作りが無事終わり。

ついでに1ヶ月前に仕込んだアンチョビを干してオイル漬けにしてさらに冷蔵庫で熟成させる。
アンチョビは絶対に買った方が安くて美味しい…!手作りはあんまりにもイワシすぎる。私は好きですけど。
梅干、梅酢、冷蔵庫にアンチョビが2瓶、熟成中のお味噌が5kgほど、酵素を入れてさらに美味しくなった糠床。
借りている3㎡の農園にはイチゴ、さ来週にはジャガイモ植え。
そしてここは歌舞伎町から数百メートル。
私はいったいどこへ向かっているのでしょうか。。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音楽のピクニック | トップ | 3/18(土)舵輪ライブです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。