So many stars

~Keiko ONO~Diary

おもいで

2017年02月22日 | 日記・エッセイ・コラム
今週は火、木、金と三回も舵輪にお手伝いに行く。ひぇー。

この週は運悪く誰もいなかったのだそうで。
マスターも出演者のブッキングに加え、この冬はお手伝いのブッキングもあって大変だなぁと思って空いてる日はお引き受けしてしまった。

昨日は南ひろみさんのトリオ。南さんの声はいい。
ギターのジーザス杉山さんとも久しぶりに会えた。
ちなみに本名は杉山泰史さんですが、端正なお顔立ちと長髪と少し面やつれした感じがあまりにもキリストに似ていることから(笑)みんなジーザスと呼んでしまいます。
お人柄もキリストみたいに穏やかでやさしい方です。
杉山さんとばったり会う時は十中八九私が泥酔しているので、たまにはきちんとしたところを見せなければ。

南さんの歌は、実は舵輪で知り合う前に偶然ライブでお聴きしたことがあるのでした。
学校卒業したばかりの20代の頃、一生の仕事として音楽療法士になる勉強をしようとしていたとき。
忘れもしない、とある音楽療法士の方を頼って遠い遠い病院に見習い雇用の見学に行き、
日本の音楽療法と病院の現場にいろいろびっくりして、
自分が学校でやってきた音楽だけじゃなんにもならんことを直感し、
心身ともにへとへとになって都内に戻ってきた日でした。
ちょうど、当時伴奏してもらっていたピアニストの方から、
四ツ谷の天窓というライブハウスに出るから聴きにこない?と誘われていて、心身喪失のまま寄ったのでした。
そこで歌っていたのが南さんでした。
当時まだジャズではなくてオリジナルのポップスのステージでした。

大学の音楽療法の授業で教えてらっしゃった生野里花先生の本にあった
「音楽療法士自体が音楽と仲良くなっておくこと、あるいは仲直りすることこれが何よりも重要」という文章を、
ライブを聴きながら思い出したのでした。
音楽は無理するものでも、人に押し付けるものでも、自分を大きくみせるためのものでもなくて、
ただただ音楽を音楽としてだけ伝えたいなぁと、その時に思いました。
そして、まずは自分が音楽ともっと仲良くなろうという気持ちになって、
音楽療法の見習いにはならず、自然にジャズやポップスに興味がわいてきて、
アフリカの楽器を習ったりインドやアラブの音楽に夢中になったりしながら、南米にたどりついたという。
一歩踏み入れてみると、世のミュージシャンはダメな人もだらしない人も最低な人もいっぱいいて(もちろん素晴らしい人もいます:笑)
でもやさしくて純粋に音楽していて、みんなが私の先生であり音楽療法士でした。

そんな遠くのことではないけれど、南さんに会うといつも懐かしく思い出します。
同じ店で歌うようになるなんて思いもしなかった。
人と人のご縁て不思議ですよね。


とあるお店の開店25周年の花輪から縁起ものだからと分けていただいたバラ。
大輪の花にキラキラがついていて、文字通り眩しい。
糠床の隣でもまったく庶民的にならないこのオーラ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅草舵輪でした

2017年02月20日 | 日記・エッセイ・コラム
土曜は舵輪でのライブ。気付いたら今年初。
10周年お祝い週間ということもあり、いらしてくださったみなさんのおかげで華やいだ雰囲気になりました。
寒い中本当にありがとうございました。
休憩時間にはPaulinho da ViolaのDVDが流れて、終始ポジティブなサンバのバイブレーションに満ちていました。


ギターの長澤さんはもう私には職人に見えて仕方ない。
音使いの職人ですね。
大抵の曲の音楽と歌詞に精通してらっしゃるので、安心感の上に遊び心がわいてほんと楽しくなります。
前日リハーサルというか雑談というかをしていて、ほんっとうに純粋に音楽に向かう姿勢がいつも変わらないんだなぁと
感動して元気もらって帰りました。
インストのオリジナル曲「旅立ちの鐘」すごくいい曲です。聴けて嬉しかった。


初共演の藤橋さんは、強く明るくいかにもパーカッショ二スト(ニスタですね)。
ジャンべ、カホン、コンガのセットにたくさんの小物楽器。
片手でガンザ、もう片手でコンガという、歩くポリリズム。
ブラジルの曲とラテンのパーカッションのコラボ、楽しかったです!
藤橋さんとは打ち上げまで一緒に流れて朝4時頃まで飲んでた。
最後までずーっと元気な方。ザミュージシャン。

舵輪は20:00から3セットありまして、長いのですが
自分の中では2セット+アルファという組み立て方をしていて、
3セット目はディープな選曲になったり、みんなで演奏できる選曲になったり。
ということでこんな感じになりました(笑)

歌でもうお一人参加していただきたかった方がいましたが、インフルエンザの病み上がりでいらしたのでまた次回。
お写真はすべてマスターの井ノ口さん。ありがとうございます。
パーカッションの二木さん(締めていただき感謝!)、土曜のお手伝いでクラリネットの優衣ちゃん、ベースの伊良子くん、ケンハモで岩田さん。
またやりましょうー。ありがとうございます。
ほとんど演奏にまわってしまいましたが、客席でがんばっていただいたみなさまも本当にありがとうございます。


次回舵輪は3/18(土)
with フルート畠山美津子さん、ギター長澤紀仁さん
この冬ためこんでましたサンバの名曲を少しずつ歌っていきたいと思います。
ご予定いただけましたらとても幸せです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2/18(土) 舵輪ライブ

2017年02月16日 | 日記・エッセイ・コラム
暦の上では春。
今日は本当に春のような暖かさです。
テーブルに桜が舞った☆


2/18土曜日は浅草舵輪でライブ。
お店の10周年アニバーサリー週間でございます。
2/14バレンタインデーがちょうど10周年だったそうで、
よみうりカルチャー終了後錦糸町から浅草へ寄りましたら、お祝いのお花がいっぱい。

この日はvo永野寛子さんの日で、寛子さんらしい細やかな気配りと楽しい雰囲気いっぱいのライブでした。

2/18舵輪、メンバーは、自由自在なギタリストの長澤紀仁さん、気鋭の女性パーカッショ二スト藤橋万記さん。
楽しみな初共演です☆
お手伝いはクラリネットの田中優衣ちゃんだそうで、
一曲一緒にやろうねと約束してありますのでこちらも楽しみに。

ピンクの衣装を着れば「紅じゃけ」、パーマをかければ「雷落ちてるぞ」、オフショルダーを着れば「ターザンか」と、
マスターの井ノ口さんの愛ある(?)つっこみにも慣れてきた今日この頃。
10年近く経つのだなぁとあらためて感謝でいっぱいです。
良い夜になりますように。よろしければぜひお出かけくださいませ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーグルト入りトマトチキンカレー

2017年02月15日 | 日記・エッセイ・コラム
上手ではないし器用でもないけど、気が向くと時間を忘れる
というのは料理だけではないが。。

レシピをと言っていただいたのでこちらに。
ナントカの一つ覚えのヨーグルト入りトマトチキンカレー。
カレーはこれしか作れない。
以前、甥っ子達に作ってあげたら馴染みがないカレーだったようで、
父が「外国に来たと思って黙って食べなさい」と子ども達を諭してた(笑)

材料:(2~3人分)
玉ねぎ 2個くらい
鳥モモ肉 2~3人分で1枚。ぜひともお肉屋さんで美味しいモモを仕入れてくださいな。
トマトの缶詰 1缶 
ヨーグルト 300gくらい 発酵した乳製品ならなんでも良いかと思います。サワークリームでも美味しかった。


スパイス:
あればホールのカルダモンとクミン
ガラムマサラ
カレー粉
※このMDHのチキンカレーマサラが一個あるととっても良いです。

ガラムマサラが大好きなので、むげん堂とかマルシェで見かけるといくつも買ってしまいますが、
でもどれか一つと言われたらこれかなぁ。

さて、作り方。
厚手の鍋とフライパンを用意。
鳥モモは一口大くらいの大きさに切って塩コショウ、少しガラムマサラを振っておきます。
あれば、塩麹につけてしまうとすごく柔らかくなります。(焦げるけど)

玉ねぎは薄切り。
オリーブオイルを多めに敷いたフライパンで中火~弱火でじっくり透明な茶色になるまで炒めます。
量は半分くらいになるまで。
とっても時間がかかるので、ビールでもぷしゅっとして、暖かい国の音楽など聴きながらがよろしいかと思います。

玉ねぎを炒め終わったら、鍋に移します。
そのままフライパンにオリーブオイルを少し足して、鳥モモ肉を焼きます。
中まで火を通さなくて良いけど、強めの火でしっかり香ばしく焦げ目がついたら玉ねぎのいる鍋へ。
フライパンの出番はここまで。

玉ねぎと鳥モモの入った鍋に、よくつぶしたトマトの缶詰、水(※)、塩(味をみつつ足して行く)、
ガラムマサラ、カレー粉、ハサミで中身を出したカルダモン、クミンを入れ、
蓋をして15分。
(※)無水鍋やSTAUBのように素材の水分だけで調理できる鍋なら水は大さじ1くらいで大丈夫です。トマト味が濃厚になります。
ステンレスや琺瑯の鍋なら蒸発するので200~300ccくらい入れてトマトとよく煮詰めます。

トマトと水分とお肉の油分が煮込まれて一体になっているのを確認したら、
良くかき混ぜたヨーグルトを入れてさらに5分~10分。
ここからは鍋の蓋をとって、中火から強火、木べら等で混ぜながら煮詰めにかかります。
ルーが入ってないのでとろみのあるカレーにはならないけれど、
材料が溶け合わさって少しだけとろりとした感じが出てきたタイミングが出来上がり。

ご飯は白米も、玄米も、ブレンドも、ジャスミンライスもどれも合うはず。
直火で炊飯する時は、火をつけるのは鳥モモをフライパンで焼いた後くらい。
熱々土鍋の蓋を開けるのと、カレーの出来上がりがほぼ同時になるタイミング。

付け合わせは、
夏場ならゴーヤの塩もみを酢漬けにして。
今の季節ならカブの塩もみや柚子大根なんて良さそう。
どっさりパクチ―、どっさりルッコラもおすすめ。

読みにくいレシピでしたね(*´ω`*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dialog in the dark

2017年02月13日 | 日記・エッセイ・コラム
大貫妙子さんのエッセイを読んでいつか絶対参加してみたいと思い続けていたダイアログインザダーク。
1988年にドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケ氏の発案によってうまれたソーシャルエンターテイメントで
参加者は見知らぬ人同士8名で一組、完全に光を遮断した空間の中へ入り、
暗闇のエキスパートである視覚障害者のアテンドで、生活空間を体験するというもの。
これまで世界39カ国以上で開催され、800万人を超える人々が体験。
大貫妙子さんのエッセイの中では、
視覚がさえぎられると大人はどうしても臆病になりがちで、子ども達のほうが自由だったとありました。

最近数ヶ月に一度視覚障害のある友人と会ってご飯食べたり散々お酒飲んだりしますが、
彼女の感覚の鋭さにいつもびっくりする。
近くにコンビニある?と聞かれて、道の反対側にあるよと入口まで案内すると一度で覚えてしまうとか
エレベーターの小さな音に反応して、今こっちが行っちゃったからしばらく来ないねとか。会話してる最中なのに。
それから前に一度ちらりと話したことなんかを詳細に覚えていてくれるとか。
もちろん本人の性格もあるのでしょうけれど。

そんなこともあって、大貫妙子さんのエッセイもとても興味深くて、
このダイアログインザダーク必ず行こうと思ってました。
本当は昨日の日曜に運良く空きがあったのだけど、発熱してレッスンも休んでしまって寝てました。
幸いインフルエンザではなかった。
なんのデトックスか分からないけど最近よく一気に発熱して一気に治るというのがたまにあります。
週末に多いんです。困っちゃう。

大貫さんのエッセイ当時(2006年)では、不定期開催だったそうですが、
現在は定期的に週末を中心に東京では外苑前の会場で開催されています。

ダイアログインザダークの温かい暗闇の後では蛍光灯の明かりが目に刺さると言います。
以前、古楽の都留音楽祭で5日間平均律ではない古楽器の音だけで過ごした後、
電車で新宿に戻ったら駅に停車するたびに聞こえてしまう電子音やらベルやらが、やはり耳に刺さりました。
食べ物も聞こえるものも見えるものもそうだけれど、
必要なものもそうでないものも知らず知らずに受け取りすぎな生活。
定期的に排出していくこと、感覚を研ぎ澄ませることを渇望してしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加