So many stars

~Keiko ONO~Diary

アレルギーから守る

2017年03月22日 | 日記・エッセイ・コラム
子どもをアレルギーから守る本 (だいわ文庫)
藤田 紘一郎
大和書房


この2か月ほど酵素を飲んでます。
ご近所で少しお安く分けてくれる方がいて、ものは試しと思って飲み始めたら、すぐにぽこっとしてたお腹がへこんだので。
マクロビの久司道夫氏のレシピという「Beauty Flora」というもの。
ブラジル、パンタナルの広大な土地で育った80種類の有機野菜や有機穀物を発酵させた6年熟成。
人工的な熟成ではないので熱に強いのだとか。
いろんな酵素が出回ってますが、値段と製造工程などなどよく調べてぜひ納得したものを。

時折少量を糠床に入れてあげると糠床が喜んでるみたいに発酵がスムーズになって良い香りになります。
それから、ほんのちょっとの量をジョーロ一杯の水で希釈して植木や花瓶に入れたり。

近年、夜から翌日の昼すぎまで15時間くらい胃を空っぽにするプチ断食の習慣が胃腸が楽なので普段は朝ご飯は食べないんだけど、朝の時間に酵素を飲むようにしたらしゃきっと身体が働き出す気がします。
昔は朝食べないとお相撲さんになるよとよく言われたものだけど。

アレルギーの原因は腸内細菌のバランスが悪いことなんだそう。
最近の食品にはほぼすべて添加物や農薬やいろんなものが入っていて、それが日常的に身体に入ってくるので、
人間の腸内は一昔前と全然違うのだそうです。
かなり気をつけていなければいけない。
ちなみに土曜のよみうりカルチャー講座の生徒さん達(会話中からの推定平均年齢67.3歳、すべて女性)は
誰ひとり花粉症の方がいなかった!
私も昨日くらいから風邪なのか花粉症なのか分からない鼻炎症状が出てきてしまって、
酵素、カカオニブ、カカオ茶、リンゴ酢、等々抗酸化作用系で攻めてます。そしたら今日は治ってた。(風邪だったのかも)
子どものアレルギーは本人のせいではないという点でとても気の毒です。
大人がきちんとした知識を持って環境を整えてあげることは何よりも大事です。
腸は脳みそよりもカシコイらしいですから。腸を元気に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柏駅東口

2017年03月21日 | 日記・エッセイ・コラム
の『細田ビル』エントランスに
トロンボーン奏者でありマジシャンであり、写真家である邑原希さんの写真作品展示中でして
中に一枚私を写してくれたものがあります。
お近くに行かれたらどうぞお立ち寄りくださいませ。
邑原さんの写真は個性的な視点で、雰囲気が温かくてどれも面白いですよ。

ちなみに私のはこれ。(許可をいただいてプロフィール写真などに使わせてもらってます。)
邑原さんが「慈しむように歌っている表情がいいと思った」と言ってくださって、
一層音楽を慈しんでいこうと思いました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガイモの植え付け

2017年03月21日 | 日記・エッセイ・コラム
ジャガイモの植え付けに自転車で行こうと自転車置き場に行ったら、
なぜかなかったので、電車で農園まで。
昨日乗って定位置に戻したはずなのに。と気になりつつも、ジャガイモの植え付けの日だったのです。
チャリなら15分、電車なら30分かかってしまう。

農園はもう春。大きなアリがたくさん働いてる。


昨日の講習は「うね作り」。
クワとシャベルでこのように二つのうねを作ります。

これで畳半畳分なんだけれど、かなりの重労働。服も手も土だらけ。

全体はこんな感じ。
1/4にイチゴ、対角線の1/4に昨日ジャガイモの種イモを受け付け。
5月にまた1/4スペースにナス、その次は残りの1/4にトマトだそうです。
楽しみだけど、ちゃんとできるのかお世話に行けるのか今からどきどきしてます。

ジャガイモのとっておき料理、タコじゃが。
マイジャガイモができたら作ろう。白ワインがいくらでも飲めてしまう美味しいおつまみなのです。

そして自転車。
夜、久しぶりに友人が遊びに来たので迎えに行く時に見に行ったら、、、戻ってた。
不思議な日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舵輪でした。3/18

2017年03月20日 | 日記・エッセイ・コラム
心身ともに穏やかで、気持ちもゆったり、温かい方々がいらしてくださり
良い夜でした。
お礼申し上げます。
こういう雰囲気の舵輪は、一瞬が永遠の時間のようでとても好きです。
来てくださった方とのんびりゆったり過ごせました。

長澤さんと美津子さんのインスト演奏はショーロとマルコス・ヴァーリ。

ショーロを弾く長澤さんはとてもレアでございます。
美津子さんのフルートの音色も骨太でかっこいい。


photo by Sちゃん。久しぶりなのに久しぶりな気がしない。ありがとう。途中でリップクリーム借りたりして助かりました。


photo by O氏。いつも芸術的な写真を撮ってくださいます。人物、とくにライブは被写体が動くから難しいのだそうです。花も光の加減が難しいのだそうです。


photo by 舵輪のマスター井ノ口さん。私これなんか絶対やらかしてますね。(覚えてないけど)

サンバの名曲は派手さはないけれど、誰の心にも寄り添う滋味がありますね。
JobimのInútil Paisagemはすごくブルースなんだよねって長澤さんが言ってた。

長澤さんとは4/6(木)日暮里ポルトにて。デュオ。引き続きサンバの名曲を。

舵輪、来月は4/22(土)with 岩谷耕資郎(gt)鈴木史門(pf)ごりごりです。楽しみです。
with 長澤紀仁(gt)畠山美津子(fl)トリオは5/27(土)です。
ご予定いただけましたら本当にありがたく幸せです。

昨夜は84歳のギタリスト、ジャズレジェンドの中牟礼貞則氏のギタートリオを聴いてきました。
背筋はピンとしていて、荷物も全部ご自身で運ばれるそう。こんなかっこいい84歳になりたいと誰もが思う方でした。
お話になる一言一言が心に響く。
昔はブルースは黒人じゃないとできないと思っていたけど、今一番言いたいことが言えるのがブルースです。って。
だんだんボーダレスになってきたというようなことをおっしゃっていて、
わーいい話だなぁと思いました。その直後に演奏したブルースがめちゃくちゃよかったです。
大大ベテランのトリオでしたが、ものすごくピュアで真摯な気持ちが伝わってくる素晴らしい演奏に活力もらいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりいそぎ

2017年03月17日 | 日記・エッセイ・コラム
これすごくおすすめ。
一家に常時一瓶。

実山椒の水煮。


成城石井で一瓶1000円で、私には高価だわと思ったけど、
素晴らしく人生が豊かになりました。
柚子とともに糠床の香り付けにも。
ピクルスにも、大根の塩漬けにも、鶏肉の煮物にも
パスタにも。

そして、とりいそぎ。
あした3/18(土)は浅草の舵輪でライブです。
この冬一途に仕込んだ曲をやります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加