★always party★

つまらない日もくだらない日も今日という日は2度と訪れない。だから毎日が特別なパーティーのように楽しく愛しく♪

おうち作り2

2017-03-20 16:02:12 | Weblog
米軍ハウス。
なんで好きなんだろ。
外国風住宅への憧れか。
戦後日本のギブミーチョコレートな憧れ、格好良さみたいなのが私にはまだ残っているようだ笑
だから、その時代のモノが自然と好き。
全てはファイヤーキングのマグとコーヒーから始まりまして。そことの相性かな〜

レトロとかアンティークとかヴィンテージとかっていう言葉にもからきし弱い。心がつい踊らされる。

時代が同じようなものであれば、自然とマッチするとかで。アメリカのものでもイギリスやフランスでも日本でも。

うまく融合出来ればよいのだがなぁ。

米軍ハウスは、日本の材料で完成させたアメリカ。そして、それは今となっては古き良きボロ。
米軍ハウスを真似たのがきっと小さな平屋なんだと思う。そして米軍ハウスがポツンとあったところで、今となってはアメリカ感は無くボロい平屋にしか見えない。
しかしボロい平屋ですらなんだか心惹かれてしまう。

いや、5人家族には平屋はさすがに現実的ではないのだけどね。(でも敷地はあるというなんだか贅沢な話だ)

駐在米軍の為に沢山の物資を敗戦後の日本に作らせたそうで、それらが日本の物作りの技術向上にも繋がったとかで。
きっと昭和レトロの家電製品なんかがそうなんだろうね。

米軍ハウスは1番近いところで、狭山にある「ジョンソンタウン」このネタは以前書いたけどね。
自衛隊入間基地、稲荷山公園の周辺
あと、1番有名なのが横田基地のある福生。
さらに、昭和記念公園の北側にもアメリカンビレッジが残っているそうだ!

大きな公園というのは、かつて旧日本軍の施設でそれが米軍に接収されて返還されて…と言う歴史をたどっている。その土地その土地での黒歴史の様になってはいるけれど忘れてはならない事だし、私には興味深い。

そこに残る土地の記憶をのぞくのがまた好きだわ。
変な趣味なのかしら。

この辺の米軍ハウスの街で1番成功しているのは
ジョンソンタウンなのかなと思う。

かつてのデザインも生かしつつ、どんどん新しく綺麗にしている。SNSのお陰で観光地として活気付いている。
オススメスポットではあるものの…

私としてはつまらぬ…
勝手な話ではあるが錆れ感、廃れ感が好きなのね。

廃れ感で言えば今は観光地化したものの客足がのびない横田基地の前の通りが好みかも。


あと、沖縄では外人住宅と呼ばれているらしいけれど沖縄のはまたこちらと少し違う作り。
台風対策で白くて四角いコンクリートで作られているのが特徴。
沖縄でも浦添で観光地化しているみたい。
いつか行きたいな。

あぁだいぶ脱線した…


トムとジェリーの世界観のような古いアメリカンハウスもいい
西海岸にあるような開放的な家もいい
でもそれが日本に溶け込ませて…

ってそれがいわば米軍ハウスなんだわね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おうち作り | トップ | おうちつくり3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む