そんな感じ2

好きなアイドルを見て聴いて、長々と語る

SeeK Vol.9

2017-04-05 23:05:54 | シャイニー2
まずは、日本ツアー100回公演おめでとうございます!!!
あの最初の代々木から、ってことなのかな。
じんとしますね。

SHINeeがたくさん頑張って来たこと。
SHINeeがコンサート一回一回を大事にして来たこと。
ファンは知っているから、この100回がどんなにすごいことか、きっとわかる。
みんなの感謝の思いがこもった、スペシャルなお祝いになったのではと思います。

SHINeeと一緒の至福の時間、これからも楽しんで行きたいですね。


Seekが届く幸せを、いつもありがとうございます。
表紙のSHINeeは春らしく、色合いも素敵です。
そして、次のページの写真に息を呑む。
しばし見惚れてしまった。

クラシックなベンツさまとSHINee。
それだけでも絵になる上に、構図の素晴らしさが、芸術的な1枚に仕上げているのではないかと思う。
故にずっと見ていられるし、見るたびに気持ちが入り込む。
この写真を見開きにした意味、わかる気がする。

今回は、特にファンクラブイベントにかける思い(ページ)が熱かった。
参加していなくても、行った気分にさせてもらえる、それが「Seek」のすごいところ。
写真の数、コメントの文字数、構成にどれほどの時間をかけてくれているのか。
スタッフさん、残業時間大丈夫でしょうか(笑)
伝わるのは、SHINeeへのあふれる愛と、ファンへの優しさです。

「Winter Wonderland」のメイキングページで、わかったことが2つ。
オニュくんのモップくんへの愛と、「リップシンクだけど歌ってたんだよ」、ということ。
イミフなんて言ってごめんね。
ちゃんと意味があったんだ。
まさかパイニーみたいに名前付けてないよね?
また嫉妬してしまうじゃないか(笑)

リップシンクでの歌唱。
貴重だからこそビデオに収めてくれて、ファンに聴かせてくれるなんて、ありがたくて泣きそうだよ。
オニュくん、特別な生歌をありがとう。
オニュくんはほんとに歌が好きなんだよね。

そうそう、12月にはワールドツアーの「SHINee World ⅴ」が日本で初開催という、ビッグイベントがあったんですよね。
自分にもっと行動力があれば、といつも思うんです。
初の東京ドームの時もそうだったし、この時も、「行きたい」という気持ちを持ちながらも、あと1歩どころか、何歩も及ばないんですよね。

恒例のチャレンジ&ゲーム大会は、読む側のこちらも、年に2回の超お楽しみ企画ですから。
SHINeeはいつだって可愛いし、SHINeeを知り尽くしたスタッフさんのコメント&ツッコミが、神です。

で、実は毎回勝手にMVP(笑)を決めてるんですけど、今回は初のジョンくんですね~。
ミノくんといえば負けず嫌い、ジョンくんといえば失敗嫌い(笑)
困り果てるお顔、どっかで見たことあるなぁ。
そうだ、ハローベイビーだ。

ちなみに前回のVol.8のMVPは、キーくん。
笑いの神様が何度も光臨してました。
とうとう靴下を脱いだヤル気姿に、わたくしの笑いのネジが飛んでしまい、お腹が痛くなるほどでした。
毎回接戦になるのはテミンくんなんだけどね(笑)

他にも、アイドルの美を堪能したかと思えば、インタビューでは、素の垣間見であらたな一面を知る。
「Seek」とは、充実度200%のSHINeeのファンクラブ会報誌なのです。










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衣装で語るクナクン | トップ | 100回記念 »

シャイニー2」カテゴリの最新記事