実家から持ってきた本2冊

2017-04-25 17:42:11 | 日記
本と言っても文学作品じゃなくて趣味の本と風土記みたいな軽い読み物です。



最初はこれ
皆さんよくご存知?のレーコード紹介本







買ったのは30数年前ですね
この本に紹介されているレコード全部揃えたかったけど
地方にいると手に入らないものもあるし、お金も無かったし、涙を呑んだ覚えがあります。







「まえがき」の前半に書いてあること、今でも通用するような気がする
というか当時からほとんど変わっていないような







何枚かレコードを持っていますが







機器がそれなりなんで、それなりの音でしか聴けない(悲)
使いこなし以前の問題







もう一冊はこれです
雪国では一家に一冊常備されているという?必読書







かんじき、使いましたよ、仕事でw
土樽の雪は深かった、ウサギは早かった、そして美味しかった・・・







今でも欠かせません



こういう文章をしばらく読んでいると
相方と話す時、何故かこんな感じで喋っている自分がいる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« レコードをデジタル化してみる | トップ | 植物園へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。