音楽を聴く

2017-01-30 16:57:53 | 音楽

前回「古代ギリシャの音楽」という音楽?をご紹介しました
ブログに書いていたら懐かしくなって、結局CDを買ってしまった。
CD買うのって10年以上ぶり







ついでにジャズのCDも一緒に







このCDはご覧のようにマイク2本だけで録音された正真正銘のステレオ録音だとか







再生に使ったプレーヤーはVH-7PC
当時、お祭り状態の時買ったものです
購入後2年位使ってその後は物置に、数年ぶりに電源入れたら動きました。







スピーカーはプレーヤー付属のもの







出てくる音は、まぁそれなり
本格的なオーディオの音には程遠いけど
居間で聞くからこの程度で十分だね、などと思って使っていたんですけど
なんとスロットイン式のCDがイジェクトしなくなりました。

ガーン
何回やってもウィーンって音がするだけでCDは排出されず
結局分解して取り出しました、まったくもう。





さて、どうしようか?これじゃせっかく買ったCDが聴けない・・・
財布の中とか、カミさんの目とか、どうせ居間で聴くんだし、などなど思いつつ

当初はネットワークCDレシーバー卓上コンポを買うつもりで物色していたんですが
ハイレゾは要らない、USBで音楽聞かない、ネットラジオ聞かない

一体型だと何処かが故障すると中途半端に使えなくなるのがイヤ
と言うことで単品のアンプとCDプレーヤーにしました

最初にCDプレーヤーを決めてその後アンプを物色
DENONかマランツに絞って、マランツ。

同じメーカーにするつもりはなかったんですけど評判悪くないみたいだし
値段も安いのでコレに決定、何とアンプの方が安いとは。

個人的にDENONをデンオンじゃなくてデノンと呼べって言うのは
もの凄く違和感が有ってパス。


2台重ねるとサイボーグ005の顔みたいって思うのは私だけ?







スピーカーはバックロードホーン以外考えられず。
置き場所も考慮してこれ1択、ホントはもう少し大きい方のが欲しいけど
良いんです、低音高音出なくても、紙臭い音でも
(昔の呪縛が残っている・・・)

けど昔現役の頃?では考えられない組合せ、マランツとバックロードホーン
今はマランツって言ったって日本(ベトナム)製だけど。







VH-7PCはチューナーとして使うことにします

生活臭漂いまくっているのはご愛嬌ということで







アンプの内部はスカスカ、風通しが良いです。
昔キットで作ったLF356を使ったプリアンプを思い出しました
ヒートシンクを弾くとチーン♪と澄んだいい音がします、この辺も音作りに役立っているのかな







シリーズ中一番安いからって、コネクターはちゃんと刺して下さいね

Before 右側の爪が半がかり



After






心配なんでCDプレーヤーも一応チェック




この組み合わせで出てくる音は・・・
以前の環境より少しだけ自分好みになりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 音楽鑑賞 | トップ | 音楽を聴くために »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デンオンはデンオン (nemu)
2017-01-30 22:14:37
CD買ったんですか?私も買ったのに、もったいなナー。
ジャズのCDは2~3枚しか持っていないんですが、今度聴いて下さい。
私のCDプレーヤーも昨年故障して、怖くなるような超高速回転が止まらなくなるなるものですから命の危険を感じ
手ごろなマランツに買い替えました。
USBの口が付いていたけど、何に使うんでしよう。
ipodにも取り込めるんなら嬉しんですけど。
ブログ8枚目の機器類の写真、整然としていて気持ちが良いんですけど
右上の赤や黒のケーブル類、マニアックな感じですね。光ケーブルですか?

denon (solo-pkay)
2017-01-31 11:55:44
nemuさん
コメントありがとうございます。

デノンってDenonの英語読みなんだそうで
昔から外人さんはそう呼んでいたみたいですね
なにも外人に合わせなくてもいいようなもんですけど。

右上のケーブルはLANケーブルです
訳あってNTTから借りている光ルーターのルーター部分とONU部分を分離して使っています
ですのでLANケーブルが多めになってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。