3台目の中華スマホ その2と番外編

2017-05-13 19:03:41 | 電脳

予備機として持っていたスマホを従兄弟に譲ったので、新たに予備機を購入しなければ。


エントリーモデル〜ミドルレンジの下クラスで
上限¥15K位として、今後2年(出来れば3年)は使えそうな物
コスパが良いだけじゃなくて、耐久性も重要です(虫のいい話)


そんな条件で選んだのがUlefone Geminiです
Ulefoneが好きって訳じゃないけど、今持っているPowerには満足しているし
1年位で壊れるような物を作っているメーカーじゃないと思うので(お願い長持ちして)


中華のお店、GearBestとかEverbuyingとかAilExprss(日本の楽天みたいなところ)
で値段を確認したらAilExprssに出店しているお店が安かったのでそこから買いました






4月28日夕方注文して5月11日配達、注文してから約2週間で到着です






ちなみに5月10日現在ではGearBestが安いです






買ってから気づいたんですけど
ワンランク下のこれで良かったかも、なんて






今回は自分にとって初めての色、ゴールドにしてみました






なんか光の加減でシルバーみたいだけどゴールドです






同梱品
指かけフック兼スタンドと充電器(出力1.5A)
ハードタイプの液晶プロテクター、ソフトタイプのプロテクターは貼付済み
USBケーブルと本体カバー、写ってませんが取説とSIMホルダーピン


以前購入したお店では日本のコンセント用に変換アダプターが入っていたんですが今回は無し
持っているから必要ないけど無い人は買わなければいけません
クイックチャージではないので100均で普通の充電器買ったほうが良いかもしれません。



ここからはスクリーンショットで

電源ON




SIMを入れず、スキップ




無視してスキップ




何もせず、次へ




無名で、次へ




無視してスキップ




全て無効にして、次へ




初期画面が立ち上がりました
変えるからいいけど、かなり派手な壁紙とアイコン




標準で入っているのはこれだけです、余計なアプリがなくて個人的にはヨロシ




一通り確認したらファクトリーリセットを行います




リセット後、今回は0:00じゃなくて午後9:00になりました。




売り?のデュアルレンズによるSLRモード(一眼レフみたいにボケる)
ちょっと目が怖いし、顔デカ!
確かにボケているけど一眼とは違います




もう一枚
ウ〜ン、ボケに関してはちょっと違う、コレジャナイ感がする




ちなみにα7M2にノクトンクラシック(35mmF1.4)だとこんな感じ
背景の柵などのボケ具合に違いが出ています

デュアルレンズのSLR写真に魅力を感じて購入すると肩透かし食らうかも。


カメラ以外は至って普通のスマホです
指紋認証も早いし普段使いに全く支障ありません
余っている0SIMを入れて運用することにします。




*** 番外編 ***

予備機があるのでUlefone Powerのアップデートを行いました
昨年3月に購入したのでAndroidのバージョンは5.1です



現在売っているPowerは6.0ですがワイヤレスアップデートでは6.0になりません




オフィシャルサイトには5.1を6.0にアップする方法が載っています
「以前買った人は自分でアップしてね」のスタンスです。

USBドライバーと書換ソフトと6.0のROMをダウンロードして書換えました


アップ後の使用感は
指紋認証がOSに組込まれたので以前より少し早く、少し正確になりました
それ以外は、、、まぁ普通です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 3台目の中華スマホ その1 | トップ | あおぞら市場と冷やし中華 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。