猫が所長の総合事務所 メール相談記

行政書士もすなる日記と言ふものを猫もしてみむとてするなり(るー貫之 :法律日記)
ってパクリか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BEN by Michael Jackson

2007-03-07 19:53:10 | 日常・趣味など(猫ブログあり)
BEN by Michael Jackson
 

Ben, the two of us need look no more
We both found what we were looking for
With a friend to call my own
I'll never be alone
And you, my friend, will see
You've got a friend in me
(you've got a friend in me)

Ben, you're always running here and there
You feel you're not wanted anywhere
If you ever look behind
And don't like what you find
There's one thing you should know
You've got a place to go
(you've got a place to go)

I used to say "I" and "me"
Now it's "us", now it's "we"


Ben, most people would turn you away
I don't listen to a word they say
They don't see you as I do
I wish they would try to
I'm sure they'd think again
If they had a friend like Ben
(a friend) Like Ben

ベン、僕らはやっとお互いが探し求めていたものに出会えたね。
。僕だけの友達の君がいるから、もう寂しくは無いさ。
そして僕の友達ベン、君も僕こそが友達と判ったよね?

ベン、君はいつもあちこち走り回って、邪魔者扱いばかりされ、
これまで後ろを振り返っても嫌なことばかりだったかな?
でも今度こそ自分の居場所を見つけたんだよね。

いつも「僕」と言っていた過去、
でも今はそれが「僕達」に変わったんだ。

ベン、人は皆、君を嫌って悪口を言うよね。
でも僕は彼らの言うことなんか聞かないよ。
皆だって僕と同じように君を見ようとすればいいのに・・・
でもベンのような友達が出来ればきっと
皆もそうなるに決まってるさ。

(好き勝手な和訳失礼しました。ご意見はご遠慮なく書き込みくださいw)
*************************************


今日は日中、ネット検索していて
いつの間にか横道にそれてしまい、
(こういうことってありますよね?)
偶然とても懐かしいこの曲と映画を思い出す機会を得ました。


中学2年の頃かと記憶していますが(35年も前か~)、
当時は深夜放送ブーム、文化放送「セイヤング」
ニッポン放送「オールナイト日本」を聞かないと
翌日学校で話題についていけないという時代。
(みのもんた氏も当時セイヤングでパーソナリティをしてました)

必然、洋楽にも詳しくなり、その頃初めてMichael Jackson
という黒人の少年が歌うこの曲を知りました。
黒人の少年の澄んだぶれの少ない(倍音構成が薄い?)声、
とても新鮮でした。


ほぼ同時にロードショーに続けて
さほど遅れずに「金曜ロードショー」かな?
テレビで放映されたのを見たんです。

映画(邦題名「ネズミが襲う日、ベン」?)

ストーリーは、
***************************
友達のいないある寂しい少年に、
ラットのベンという親友ができて、
日々を楽しく過ごすことが出来るようになる。

ところが何らかの原因でラットが大量繁殖して(環境問題への警鐘?)
人間社会を襲うようになり、それでも最後は人間の反撃に
よってほぼ絶滅に追いこまれる。
(だったと思いますが誤りはご指摘ください)

息も絶え絶えになったベンに少年は語りかける
「友達は君だけなんだ!、有難うベン!」
ちょうどそのシーンでマイケルのこの切ない歌声、
映画がこれほど泣けると初めて知ったときでした。

*********************

これほど素敵な歌声と、その後もカッコイイダンスで
世界を魅了した(Thrillerダンスを覚えようとビデオを
何度も繰り返し見ました)
その彼は今や・・・・


What made him as that?



当時この曲が大好きだった理由は実は他にもあります。

当時中学生だった私にも、取り組みやすい
基本文法に従った文体であったこと。
当時文中にある不定詞や関係代名詞は習っていませんでしたが
独学と勝手な想像力、飛躍力??で一生懸命
和訳していました(そこに充実感があるのですが)。


新曲が出るたびに和訳をして周囲の洋楽好きの友達に
披露するのが趣味になってしまっていたのです。
(中学卒業の頃は英語教師がアホに見えた!?)

ところがこれがロックなどになると、
そもそも和訳すること事態に意味があるのかどうか
単なる「叫び」のような言葉の羅列だったり・・・

その点カーペンターズ、サイモン&ガーファンクル、
エルトン・ジョンなどと共にこの曲は勉強になりました。

また発音も綺麗で聞き取りもしやすかったです。
レコードを買ってもその歌詞カードの聞き取り間違いに
気が付いて文を直せるほどこの曲は聞き取りやすかったですね。


では最後に今一度お聞きください

BEN by Michael Jackson

あ、また涙が・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事務所看板ネコがネコ風邪を... | トップ | 困った?登記実例集とか・・・ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナオ)
2007-03-08 08:11:45
何を検索していたのかは解りませんが、きっと思いっきり横道にそれてしまったんでしょうね(笑
自分はたまに横道にそれて買い物しちゃってたりしますw
商品が届いた時点で、何でこんな物を・・って後悔するんですけどねw

自分もCAPDは15歳から8年ほどやってました。
当時はまだCAPDを導入している人がほとんどいなく、注入した透析液の殻になったバックを繋げたまま腰に付けている状態だったことを覚えてます。
CAPDは蛋白質の制限がほぼ無いので、そのおかげで、成長期の後半になんとか身長を165cmまで確保できました(笑

あわせて読む